5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

財政破綻の可能性を語り合うスレ 4

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 01:40:42
日本は破綻するのかしないかじっくり話し合いましょうや。

■インフレ時の対応などはこちらで話し合ってください。
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1105506804/
■エロネタ、スレ違いの話題厳禁。
■荒らし等は放置推奨。
■前スレ
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1105607472/

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 01:41:13
関連スレ

☆☆2005年3月財政破綻秒読み開始☆☆
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1084442442/

★☆★経済破綻時に勝ち組になる方法★☆★
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1100236004/

2005年、平成大恐慌!
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1102681325/

インフレに備えて実は何かやってる奴の数→
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1036417768/

国債暴落はいつか 金、ユーロで資産逃避 パート2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1099753681/

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 01:41:55
同じく関連スレ

財政破綻まで秒読み 2010年債務不履行
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1087704907/

実はもうインフレが始まっているんじゃ。。
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1046473138/

ハイパーインフレになる時期を占うスレ。
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1038145628/

国債の価格が暴落 part4
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1023848792/

【日本国家破綻の兆候】データ・一覧
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1096700512/

4 :コテ:2005/05/10(火) 02:56:52
結局、友人に聞けとかしかいえないんなら、財政破綻が現在
問題であることを説明出来てないじゃないかあ。


5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 02:57:03
前スレ>>997
財政破綻は無いという結論で進んでるんだろ?後付けで「現状は」とか「どんなに借金してもとは言って無い」とか条件つけられたって困るよ

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 02:57:48
財政破綻がないということは無税国家誕生ということなので大歓迎です!

7 :コテ:2005/05/10(火) 03:00:33
>>5
あ〜 あなた議論するつもりないんでしょ〜。
揚げ足取りになってしまっているよ。残念だけど。
じゃあどうやったら財政破綻になるか説明しよっか?

>>6
財政破綻が無い事と無税国家誕生は全くつながりませ〜ん。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 03:05:27
つまり財政破綻はあるってことですか?

9 :コテ:2005/05/10(火) 03:16:08
論理的にはありますね。アルゼンチンをみればよいわけです。
ただ今の日本ではありませんよ〜。条件が全く違うからです。
それは前スレを見ればよっくわかりますからね。
そろそろ寝ま〜す。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 03:24:00
財政破綻はない→論理的にはある
財政破綻はある→条件が違うからない

???

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 03:27:47
財政破綻派はコテハンを付けず、破綻は無いという奴はコテハン付き。
さらに名無しはわからないとしか言わない。こりゃ決まったな。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 03:31:52
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 無税国家!無税国家!
 ⊂彡

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 04:01:22
韓国のようにIMF化に置かれた方が
むしろよくなくんじゃねえのか
韓国はIMFさまさまだろ
そのおかげでITが整備
されたんだしな

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 08:42:45
サッスガ人生の負け犬ニート君なだけありますね(笑)

妄想で自分を誤魔化しながら惨めな一生を送って下さいね

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 09:06:42
韓国の主要銀行が外資の支配下、サムスンの株の6割は外人が持ってんだろ。
でも、クソゴム印に支配されるよりいいかも。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 09:27:54
国債を現金に替えることが出来なくなる→破綻とするなら、
日銀が札を刷って国債を買取るので、買取をやめるまでは破綻しない。

金利が上昇すれば国債の引受手がいなくなる。→より有利な投資先に資金が
流れ、景気が上昇しているということなので、税収の自然増や増税による財
源確保に切り替えればよい。

大体こんなものですか?

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 13:58:05
>>5 >>16 どうもコノヒトハ税金を貪れば財政破綻しても変わらない香具師らしい

公共投資ってものは自分の懐に入れるケースが多いからね
それで財政が悪化すれば税金を取ればいい

本物のドロボー

18 :17:2005/05/10(火) 13:59:25
>>7 >>16 に訂正

どうもコノヒトハ税金を貪れば財政破綻しても変わらない香具師らしい

公共投資ってものは自分の懐に入れるケースが多いからね
それで財政が悪化すれば税金を取ればいい

本物のドロボー


19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 14:50:17
どこをどう読んだらそうなるんだかw

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 15:05:19
>>19

本人の言い訳かw
公共投資は入札と談合と丸投げの世界だからなあ
中間搾取層が多すぎる

中間搾取で血税を貪り、
景気が回復するとデタラメをでっち上げて資金源を増税に求める
クズ

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 15:31:34
>>18
コテ氏じゃないけど、公共投資が最終目的じゃない。
公共投資から、雇用の改善、雇用者の給与となり、
他業種の消費に転換していく。
職種の多様化に伴い、公共投資の乗数効果は過去より減ったが
減税よりも効果は大きい。

財政は、ここ数年の個人金融資産や名目GDPの伸びと比べ、
国債残高の伸びが大きい。
つまり財政再建政策を進めてきたら、バランスが悪くなった。
良かれと思って進めてる財政再建が、かえって財政悪化になったように思う。
という事は、やはりケインズに則った政策が必要ではないのだろうか。

ただ、他国で類を見ないほどデフレ不況が長すぎて
ちょっとくらい景気が良くなっても、将来不安から消費回復は慎重だろうから、
内需の閉塞感を打破し、安定した雇用と適度なインフレ、3〜4%程度の
経済成長を実現するために複数年度の積極財政が良いと思う。
それに伴って、赤字国債の相対的な負担減にもなってくるだろうし。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 19:45:02
>>16
日銀が無限に国債を買い取り始めれば、その時こそハイパーインフレに突入。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 19:50:39
結局気がつかずじまいでした(笑)

繰り返し書いております。
下の3つのカキコが同一人物
その部分に言い返さないとマズイ事に本人は気がつかない(笑)


預金封鎖のタイミングは?3


749 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/05/09(月) 20:04:24
>> 748

同感
荒らされているスレ見てて思う
ゴム印は
財政破綻によるハイパーインフレが困るのは解る
国債紙屑になれば責任取らされてゴム印制度に大鉈が振るわれる

だから預金封鎖で高齢者の金をとなる
景気の回復になるか否かは横に置いといてこの案を表に出せば高齢者が反対されるのが分かるから預金封鎖をやる気だと言えない。

結局ハイパーインフレ、財政破綻、預金封鎖のスレを荒らすしかなくなる。

(参考)
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1099290513/735
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1099290513/736
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1099290513/740



24 :コテ:2005/05/10(火) 20:06:16
>>18
日本じゃ財政破綻が来ない説明をしたのに、「財政破綻しても問題ないと思っている」
という指摘はしちゃだめだよ。その投稿の中に来るのは、「財政破綻はこれこれこの様
にして迫っている危機なのだ!だからコテの説明は間違い」これだよ。

>>20
公共事業で、盗みとも言うべき汚い事をしている役人や土建屋のおっちゃんがいるのは
本当だ。そして僕の説明では公共事業をせよと言っている。だから僕をクズ呼ばわりす
るのは分るよ。意外かもしれないけど実の所、僕もなんてクソな連中なんだろうと思ってる。
でも、公共事業のもう一つの面を知ってしまったんだ。それは市中に流れるお金の量が
増える事。これによって景気を下支えして来た事がわかった。
苦々しい思いだよ。公共事業という制度?を悪用して甘い汁を吸った奴は死んで欲しい。
だけど公共事業を打ち切ると、直接関係無い僕までじり貧になっちゃう。
公共事業の悪い面を潰して欲しいのは僕も同じ。だけどみんなの懐を支えていたのも本
当。ここで僕は現実的な選択をする事にした。
最近増税の話が政府の中でも挙がっていると報道されるけど、今増税をやると景気回復
なしでやる事になる。どうなるか想像できないかな。
またどこか不思議な点があったら教えてね。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 20:21:43
>>24
 一度氏ねw
 財政破綻が来ないを説明した ← 見てて子供でも笑いそうな屁理屈だけだったじゃないか
自覚ナシなら 精神科にw

26 :コテ:2005/05/10(火) 20:26:02
>>24
ふんふん。それならどうなったら財政破綻するの?
思い返すと一度も聞いてなかった気がするよ。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 20:34:32
>>26

精神科に行けw

28 :コテ:2005/05/10(火) 20:36:39
>>27
残念だなぁ。
理屈も何もなしで財政破綻するって言っていると思われるよ〜?
ここらでひとつぎゃふんと言わせなきゃ。

29 :コテ:2005/05/10(火) 20:50:24
うわーレス無いや。
本当に根拠無く財政破綻するって言っているのか、、悲しいよ。

30 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/10(火) 21:23:27
コテ氏と25氏、煽りは荒らしと一緒。
>>1のルールを読んでね。

それから、トリップ付けたほうが良いよ。

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/10(火) 21:30:33
ちがわい!根拠はあるんだい!


財政破綻したら無職が増えるんだい!


そしたら俺の仲間が増えるから恥ずかしい思いをしなくて済むんだい!

チクショウ
世の中みんな俺を馬鹿にしやがって!

32 :コテ:2005/05/10(火) 22:17:10
>>30
ああ、すみません。つい。
とりあえず、日常生活に戻ろうと思います。

33 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/11(水) 00:23:17
>>32
参考になったので、また書いてくだたい。

さて、
やはり個人消費は良くない。
景気回復が叫ばれた04年はマイナス。
http://www.sankei.co.jp/news/050510/kei093.htm

個人の貯蓄は減り、借金は増えてる。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20050510AT1F1001510052005.html

効果なんて無い構造改革を、まだ続けなきゃならんのかなぁ?


34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 00:53:29
おまいら、景気回復のために構造改革やってると思ってるのか?
アフォ

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 01:12:27
日本は世界第2位の経済大国だろ!
日本より下っ端の韓国や台湾では財政危機なんて起きてない!
ということは、日本は財政破綻しない!

強引ですか?

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 01:32:43
確かに札刷りまくれば破綻だけは免れるかもしれないけど、貨幣価値は大きく下がる
国は破綻しないかもしれないけど、実質的に国民の生活は破綻する
札を刷れば刷るほどに、現在の円の価値に比べて下がっていくからね
未来では、俺の700万の貯金じゃ米も買えないかもな

借金返さなければ国が破綻。借金返すために札を刷れば国民の生活が破綻
どっちも似たようなもの。必ず国民は犠牲になる
俺は2008年までに貯金を物に換えておくよ。何も起こらなかったら、また円に戻すだけのこと

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 01:43:09
>>35
政府は借金まみれ。
企業はウハウハ。
家計はトントン。

財政破綻とは政府jについて言っている。
いくら経済大国といっても、財布が違えば、政府は破綻する。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:15:23
早く財政破綻しておくれ
わくわくどきどき...

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:17:54
>>35
はしょりすぎてるがまぁそんなとこだろ。

>>36
札を刷りまくるとインフレになると思った国民は、買い貯めに走るだろう。
ドイツではここで商品が途絶えハイパーインフレとなった。
だが、日本はどうか?おそらく供給できてしまうのである。
程度問題だが、100兆200兆刷った位では国民生活が破壊されないのは容易
に想像できるだろう。


40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:22:24
>>39
そうはいかない。
一気に円安になって輸入物価高騰。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:25:17
>>40
次は輸出爆発。景気回復。
と、まぁその辺りは織り込まれているので円安にならない。


42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:32:22
>>41
輸出爆発は起こらない。
円ベースのコストが急騰する。
外貨で見た価格は変わらんのだ。

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:38:09
>>42
変わるだろう。国内の付加価値の方が大きいからだ。

44 :o:2005/05/11(水) 02:41:15
>>39 ただのアフォ

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 02:45:00
>>44
残念だったな。寝る。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 04:02:28
>>43
付加価値はどうか知らんがブランド力は下がる。
それらを踏まえて原材料費コストの上げを輸出拡大でカバーできるのかどうか、だ。

ブラジルはこれでよみがえった。…代わりにアルゼンチンが破綻したがな…

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 04:36:42
財政破綻したって銀行が潰れるだけではないかな。あと銀行と共倒れの一部の企業が。
財政破綻の道を容認してきたのは国民だよ。最終決定権をもつ国民が選択してきたの
だから財政破綻したっていいじゃないか。毎月サラ金から金を借りてそれで生活をしてき
たようなもので、そんなことをやっていればタダで済むわけがないでしょ。でもまあこれが
日本人のやり方だよ。破綻と復興を繰り返しながら生きていく民族。そして進歩しない民族。
社会問題でも同じことが言える。人が死んでから、破綻してしまってから物事を考え始める性質。
アホ。


48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 10:18:59
>>43
そんなことはない。
円暴落で輸入物価が高騰すれば、それにつれて国内物価もすべて上がる。
国内の付加価値の大小は問題ではない。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 12:09:09
97年に韓国が経済破綻したときはモノあまりの状態だったので
ハイパーインフレになんかならなかった
よって日本が仮に破綻したとしてもハイパーインフレになんかならない

それと他スレでも「預貯金をドルとユーロに・・」とか言ってるやつがいる
しかーし!!!
韓国が経済破綻したとき定期預金の金利が上がって(いきなり31%まで)
銀行に預けていた人間はおいしい思いをしたのだ!!!

どうだ、これでも外貨へ〜、金へ〜って言うか?


50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 12:10:46
>>46
製品のコストのうち、原材料費はわずかだ。
だから外貨から見た価格は変わる。
それが受け入れられない国は沢山ある。
そこで円を買い支えざるおえなくなる。
よって35は変な話じゃない事になる。

>>48
暴落しないと言っているのに、暴落した場合の話をしても仕方がない。

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 19:42:50
>>49
それで、韓国がそうだったから、当然日本もそうなるだろう、って考えてる訳?
じゃあ韓国は、あの当時GDPの倍以上の借金をしてただろうか?

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 20:03:01
>>49
同時に対ドルでのウォンの価値はあっと言う間に3分の一になったが…。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/11(水) 21:52:20
はやく銀行つぶしてくれ。今の日本の銀行いらねー。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 00:10:45
銀行が潰れるのであれば、銀行が融資してる多くの会社も一緒に潰れる
破綻してもしなくても、誰も被害を被らない状況にだけは絶対にならない

55 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/12(木) 00:30:35
それだけじゃすまない。
優良企業も決済が出来なくて破産。
雇用者の給料も振り込まれない。
カード決済もできない。
っていうか、ペイオフ解禁後にそんな事態なら
簡単に恐慌へ突入。 ありえない(w。

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 01:48:55
>>50
>暴落しないと言っているのに、暴落した場合の話をしても仕方がない。

そんなことはない。いずれ必ず暴落する。おまいが暴落しないと決めても何の効果もない。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 01:56:56
>>56
いずれとはどういう意味なのか。
10000000000兆円刷れば暴落するだろう。
しかし、上では100兆円や200兆円という
数字を挙げている。
程度問題だ。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 02:01:32
>>57
100兆円や200兆円で済む話ではない

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 02:33:45
国債の発行額の事を言っているのか。
一気に返す必要など無いのでこの話と絡めて
話すことは出来ない。寝る。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 02:35:23
国の借金=国民資産

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 03:21:20
>>60
国の借金=国民の不良資産

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 12:19:15
>>61
不良資産ではない。その証拠に君の過去の給料の中には、
また預貯金の中には、国債発行により市中に流れた金が含
まれている。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 12:50:46
>>62
全部そうなら、確かにその通りだw

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 13:06:23
>>60
四国の大橋
熊しか通らない高速道路
利用者のないハコモノ

すばらしい死産だ

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 13:10:47
全部、一部にどう違いがわるのかわからない。
説明して欲しい。

しかし、2ちゃんに掛かりっきりになりそうで怖いw


66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 16:46:45
>>49
韓国ウォンは最終的に4分の1まで下落している。

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 17:51:15
>>64
それは国の資産だ。国民の資産は金として受け取った。

>>66
それは救済措置にもなったはずだ。他の国がウォンを買い支えない
事によって、輸出が活性化したのではないか。確かめていないが。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 18:41:59
>>67
>それは国の資産だ。国民の資産は金として受け取った。

政治家、公務員、土建業者、特殊法人......
確かにみんな国民だよ
それで国民全体がが豊かになったのか?


69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 19:36:47
>>68
なった。その中で人数が一番多い土建業者を例に挙げる。
土建業者が金を貰うと、それで仕事をして瀬戸大橋などを
架ける。
その時土建業者としての雇用が生まれる。
土建業者従業員は必然的に給料を貰う。
土建業者従業員はその給料を使う。
土建業者従業員は携帯、服、食事、パソコン、家、etcを買う。
携帯、服、食事、パソコン、家etc業者は商品が売れ金が入る。
それら業者従業員は必然的に給料を貰う。
それら業者従業員はその給料を使う。主語を変えて最初に戻る。

もちろん君の給料の中にも反映される事になる。君が土建業者で
なくとも、君の会社と取引している客の金の中には、公共事業か
ら流れ出た金が入っているからだ。
こうして市中に金が回り、景気が良くなる効果が得られる。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 21:02:13
単なる紙である国債が円札に替わり、円札が道路や福祉に替わり、回り回って誰かの懐に溜まったのです。
最後は預貯金に、それで郵貯や銀行が国債を買うーーとぐるぐる回る。
これで誰が損したのですか、損した人はいませんね。
一方輸出超過で黒字大国、誰が困るのでしょう。何が困るのでしょう。

次を紹介します
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1205.htm



71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 22:09:16
>>69,70
穴掘って埋めれば経済が良くなるってか
それなら穴掘らずにばらまきゃいいだけの話
わざわざ環境破壊することはない

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/12(木) 22:40:59
>>71
対価無くして金を得れば、問題があるかもしれない。
韓国では何度も国民の借金を帳消しにしたので、それ
をあてにして社会が壊れているそうだ。

公共事業は所詮金なので何にでも、例えば緑を植える
事にも使える。広く薄く、市中に金を回すことが重要
なのだ。

ここでは、緊縮財政が間違っており、マスコミが嘘を
垂れ流している事が分ればよいと思われる。

73 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/12(木) 23:28:03
>>71
全ての人に永遠にお金をばら撒いてくれるなら良いけど、
好景気になれば財政支出は抑制されてしまう。

政府の経済目的は、物価・景気・雇用の安定であって
生活保護者を増やすことでは無いよ。

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 01:03:40
緑を植えるのはよいことだが、
今の構造では農水族と土建屋と官僚が甘い汁を吸うことになる
広く薄くというのは所詮無理
今の構造のままで景気を良くしても何の解決にもならん

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 01:20:38
>>69
今時、そんな子供だましの議論に引っかかる国民はいませんよ。
もしあなたが本気でそれを信じているのなら、ただの経済バカ。
嘘と知ってやっているなら悪質ですね。

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 01:27:26
>>74
なぜ一部の人間の腐敗を正す為に他人である国民が苦労しな
ければならないのか。注目する点がおかしい為に死ぬ者が出
る始末だ。
腐敗を正すのなら違う方法を考えたほうが良い。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 01:36:05
>>75
内容を出してください。

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 01:50:30
橋を3本掛け終わったところで、
その従業員をどうするかが問題なわけですよ。
また、ビッグプロジェクトをでっち上げるのかと。
もともとのプロジェクトが無理な財政支出だから、
つぎのプロジェクトで、財政は破綻状態に、
またそのつぎのプロジェクトで、、、、

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 02:04:39
振り出しに戻った感があるが、なかなかきつい仕事だw

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 02:10:00
>>78
前スレは読めるでしょうか?
そこで財政についてめちゃくちゃ書きまくったので、
ちょっと今しんどいんです。ごめんなさい。
出来ればそこを見た後に残った疑問を教えてくだされ
ば有り難いのですが。

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:06:41
自分は経済のすべてがわかったつもり、
自分なら国家の経済をうまく運営できる
と思ってる奴は病気だね。

82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:08:50
穴掘って埋めるがごとき公共事業で国家財政が永遠に安泰と思うなら、
札だけ任意にばら撒いて、国家運営してみろよ。

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:17:56
そうくるか。やっぱマスコミには勝てないな。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:19:29
なるほど、北朝鮮はいまだに政権も倒れずに
北朝鮮経済はまったく永遠に安泰であるかのように宣伝しておるわけだ。
わが国の公務員もそこをしっかりと見習っているわけだな。
すばらしい。
ならば、革命無罪と叫び、
この国賊公務員どもと玉と砕けて戦うしかなかろう。

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:35:12
国民がいくら餓死しようが、ピョンヤンだけ平穏ならば
国家運営は成功しているのだから、
県庁所在地の官公庁の周りだけにぎやかで、国民は貯蓄を召し上げられ、
過重労働で疲弊しきっても、
国家運営は安泰であると言い切られても仕方が無いのかもしれないな。
ならば、徹底的に官公庁を潰していかなければならない。
公務員粛清革命である。

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 03:44:56
>>85
そのためには際限なく国債発行できる構造を断ち切ること
郵政民営化も外資導入もその下準備に過ぎない
官僚や政治家が口出しできなくなったら、成熟国家としてすばらしい国になるよ

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 08:52:00
>>70
将来多くの人が困ることになる
老後の為とか万が一の時の為に、ほとんどの人は多額の貯金をしている
それが紙きれ同然の価値になったとしたら?

国債を際限なく刷りまくって貯金が将来無価値になるよりも
「日本は多少景気が悪いが無借金国家だ」
とかいう方が、多くの人にとって将来安泰だったはず

市中に金を回すだけでいいなら、借金なんかせずに預貯金に多額の税金かけるとかの方法もあったはず
それで充分だったんじゃね?というか、そっちの方が日本の隅々まで金が回ったんじゃないだろうか
一部の人間の金儲けのために借金漬けになってしまった感じだね

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 10:03:31
アルゼンチン:::他人から借りた金を期限までに返せなくなった→国家破産
日本:::::::身内から借りた金が返せなくなった→身内内でもめるだけ

 100年かけて返せばいいんだよ

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 10:19:17
>>88
身内内でもめるのなら問題ないのか?
形式的な「国家破産」は無くとも大問題だぞ
金の合計が合ってりゃ問題ないっていう馬鹿げた議論
こんなことを本気で信じているのか?

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 11:28:27
ようするに、財政は大丈夫って言ってる奴は
寄生して生きていたいだけの奴だから、
正味の理屈はなんにもないわけよ。

91 :生産者党党首:2005/05/13(金) 11:28:41
中国で大暴動が起きても世界にも日本にも発信されない情報封鎖がいかに恐ろしいことか
人権擁護法案が可決したらインターネットは規制されて、日本はさらにひどい情報封鎖国家となるだろう。

もし10億人の中国で天候不順による食料危機が起きれば、たちまち各地で数千万人の
暴徒が食料買占めを行った企業と金持ちを襲撃するだろう。武力鎮圧する政府と対立する暴徒の群れ。
それらの事件が全世界に与える影響は計り知れないが、発信側の中国や受け取り側の日本で
情報が完全に封鎖されていれば、情報が不確かな状態でパニックとなりたちまち世界的な規模での、
食料買占めが行われるだろう。そうなれば今度は世界各地で暴徒の群れが食料の奪い合いに発展する。

【中国】市民137人死亡 浙江省の5万3000人革命暴動★2[05/10]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1115833652/l50

浙江省東陽市で先日起こった「5万人の大暴動」の惨状でつ
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160010.shtml
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160058.shtml
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160103.shtml

http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160036.shtml
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160044.shtml
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160106.shtml
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160700.shtml

おまけ、中国のヤーサンが、市民をボコボコにする無法地帯、南京城。
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504160517.shtml

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 12:11:14
今年5月、ムーディーズが日本国債の格付けを2段階引き下げて「A2」にしたとき、
平沼経済産業相が「ボツナワよりランクが下なのは意図的だ」と怒った。

だが、大臣は勘違いをしている。

国債の格付けというのは発行体自体の返済能力を指している。
その日本政府が年間50兆円の税収しかないのに、600兆円もの国債残高を抱え、
しかも年々膨らんでいれば、デフォルト(債務不履行)を免れられないのは誰の目にも明らかだ。
 
大臣は反論して、日本人の貯蓄性が高いとか、外貨準備高が世界一であると言うが、それらは
国民や企業の財布であり、政府の財布ではない。
それを混同しているのは、将来、大増税するか、徳政令で政府の負債をチャラにするか、いず
れにせよ政府が民間の財布を当てにしていることを白状したようなものだ。

そういう意味でムーディーズの評価は正しいことになる。

 日本国債がデフォルトする前に、おそらく公的年金は支給開始年齢が繰り下げられて70歳
からになり、支給水準も現行の半分程度になるだろう。



93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 12:21:59
日本の経済運営は
北朝鮮のそれと同一の
精神構造からなされている。


94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 13:04:01
まぁ現政権はそうだな。
だから反対は正しいっちゃろ。

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 13:51:19
>>87
んじゃ不安をさらに煽るようだが、

将来不安な事が起るかもしれない
だから今借金を返さなくてはいけない

っていうんだろ?そういった問題意識
から緊縮財政にしたんだよな。
だけど結果を見ると新たな借金額増えただろ?
これはどういう事なのか説明してよ。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 17:00:38
いつも同じだけの給料がもらえるのは公務員だけ。
思考回路が、給与の増減とか借金の増減という
当たり前のことを受け付けないらしい。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 17:17:00
>>95
国債刷りまくって多少景気が上向いても意味がないのでは?
国債はあくまでも借金であって、将来の世代に責任押し付けてるに過ぎない
30兆円の借金をしたら、30兆円の収入UPが期待できるの?
期待できる収入UPは国債発行額の1/10以下。しかも毎年くり返して借金増やしてまで行う意味は?

理想だったのは、”借金”をしないで”政策”で景気対策を行うことだったと思う
例えばだけど、銀行に預けてる個人名義の預貯金の1割を強制的に期限付きの商品券に換えるとか
動かない金を動かす方法なんて、考えればいくらでも存在してたはず

景気対策の財源を”借金”でどうにかしようとしたのが根本的な間違いだった
”借金”してどうにかしようとした時点で、景気云々関係なく破産することは容易に想像できたのに
というか、すでにもう何をやっても手遅れなんだけどね

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 17:30:19
景気対策で50兆円投入したと仮定し、それで収入が5兆円上がったとする
翌年も同じことを繰り返し、その翌年もまた同じことを繰り返したとする
破産して当然。景気云々以前に、借金に頼った時点ですでに終わってる

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 18:13:22
なるほどなぁ。それでインタゲが必要になってくるのか。

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 18:31:41
>>97
借金を100兆円や200兆円日銀が引き受け帳消しにする事が出来るよ。
それは円を発行してそのまま返しちゃうって事なので、インフレ圧力
が掛かる。「そんなに発行したらハイパーインフレになる!」って
言われているけど、そんなこと無い理由は上の方に書いた。
公共事業は起爆剤でもある。ちょっと長い期間やらなきゃいけないけ
どね。今は消費マインド落ちているから。
景気対策や財政問題を解決出来そうな話は、現在でもさまざまな方法
があるけど、緊縮財政以外はどれもインフレを目指すものだ。この辺
りの話で付いていけなくなっているのかもしれないね。
インフレへの印象を変えないといけないからちょっと難しいと思うけ
ど、ちょっと取り組んでみてよ。


101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 19:08:26
開業医、歯科医の経費水増し税制と言うのがあって、
実際に掛かった必要経費より格段に多額の見なし控除をしている。
その差額がそっくり課税逃れされていて、それが国の財政の重い負担になっている。
この制度を廃止すると毎年国の増収は数千億から2兆円に達すると試算されている。
この制度が導入されてから48年間に国が得られなかった税収は、
利子も入れると丁度国の累積赤字と同じ600兆円程度になる。
開業医、歯科医の経費水増し税制がなければ、今程の財政赤字にはならなかったと言われている。
そのツケは、消費税値上げと言う形で回ってくる。

税金の無駄使いも含めて、不正一掃が必要な様だ。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 19:18:00
特別会計への道案内―387兆円のカラクリ
ISBN:4915479676 220p 21cm(A5) 創芸出版 (2004-11-25出版)
松浦 武志【著】 販売価:\1,890(税込)

特別会計は歳出合計で一般会計の約4.7倍の387兆円に達し、1960年
に比べると約109倍の規模に膨らんでいる。
また、公務員の定員にも逆転現象が生じており、平成15年3月時点では、
一般会計約53万人に対して特別会計は約56万人となっていた。
特別会計が実質的な予算の本体なのに、文献や報道、国会論戦のいずれを
見ても、その全体像を知りうる情報が絶対的に不足している。
本書はこの「特別会計」を正面から取り上げ、鳥瞰することを試みた唯一の
概説書である。

第1章 特別会計のすがた(メディアに登場しない特別会計;特別会計がわかりにくい理由 ほか)
第2章 特別会計の問題あれこれ(特別会計のすさまじい伸び;定員数の逆転現象 ほか)
第3章 特別会計についての取り組み(特別会計の見直しは40年前からの課題;
政府の最近の取り組み(財政制度等審議会報告書;総務省の行政評価) ほか)
第4章 特別会計総まくり(交付税および譲与税配布金特別会計;郵政事業特別会計、
郵便貯金特別会計、簡易生命保険特別会計 ほか)
第5章 特別会計なんていらない(特別会計に存在意義はない;いかに清算するか)

http://www.geocities.jp/fwkg2534/index.html

取り扱いインターネット書店
http://www.geocities.jp/fwkg2534/page_6.html




103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 19:19:25
そのような玉砕覚悟で敵に一矢報いるという発想ではいけない。

104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 19:43:54
>>82
>穴掘って埋めるがごとき公共事業で国家財政が永遠に安泰と思うなら、
札だけ任意にばら撒いて、国家運営してみろよ。>

だからそのばらまいた札を回収しなければ、穴が埋まってしまい、つぎの
回転が停止してしまうのです。
国債→円札→道路福祉→誰かの懐→預貯金→国債→

回転を続けるには溜まったところを掘って、すなわち円札を回収する
必要があるのは当然のことなのです。
溜まっているとこからですよ。間違いないように。
次を
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1205.htm


105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 20:28:41
>>87
>将来多くの人が困ることになる
老後の為とか万が一の時の為に、ほとんどの人は多額の貯金をしている
それが紙きれ同然の価値になったとしたら?>

預貯金は増えれば、
円札→道路福祉→誰かの懐→預貯金→
のサイクルが停滞しますね。だから預貯金がなくても良いように
福祉に重点を置くことが景気には必要なのです。
預貯金を減らすには貧富の差の縮小も必要ですね。

だから資本主義社会は福祉社会に進まざるを得ないでしょうね。



106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 22:34:18
そう言って、結局は権力者とその縁者だけの福祉社会になるのが、
過去の歴史が示す事実なんですよ。


107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 22:37:04
市場原理の利かない部分に、金を出しているなら、
そこは景気に関わらず、常に効率化と経費削減のプレッシャーを
掛けなければならない。
しかし、物理的に無理である。
だから、そういう部分はできるだけ存在すら無くすのが正解なのだ。

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 23:03:05
>>106
そうですね。今は土建福祉ですからね。
官僚の天下りなど利権既得権を排除することがより必要になりますね。
このためには、利権既得権排除のための規制以外は可能な限りの規制撤廃
これですね




109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 23:37:32
福祉政策の一種として考えた場合、公共事業というのは評価できる。
・働いた対価としてお金を与えるので、モラルの低下が少ない
・作られたものは、社会資本として蓄積される
・公務員のように、一生丸抱えではなく、景気がよくなればきること
 ができる

公共事業というと、環境破壊とか悪いイメージがあるが、植林なども
重要になってきている。さらに、電子政府などのソフトウェア関連の
投資も立派な公共事業で、これは公的部門の効率化に大きく役立つ。

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 23:50:19
>>107
>市場原理の利かない部分に、金を出しているなら、>

民営でも競争がなければ官営より駄目と思うのです。
JRは民営になっても運賃は高どまり。電気ガスも民営だが高いのです。
官でやるなら全ての情報公開する。それでおかしければ責任を追及する。
民営なら情報公開はできませんから市場原理の利かないところはむしろ駄目
又は、請負でも良いのです。これなら役人は必要ないですね。
民間でも大手は請負が多いのです。

アメリカ.ボルチモアMDの交通機関は全て公営ですが、合理化は徹底しています。
それで運賃も極めて安いし障害者や年寄りにも極めて優しいのです。
日本も見習うべきですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/880.htm



111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/13(金) 23:52:38
民営でも上場会社なら情報公開は義務だろ。

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 08:24:24
>官でやるなら全ての情報公開する。
官はまったく情報公開しないよ。国民が公務員の収入さえ知ることが出来ない。
JRは官の情報非公開と民間の利益至上主義のいいとこどりをしたんだ。最悪。

113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 08:29:04
公共事業と言っても、今はゴム印とドケンヤのための私益事業というか税金横領手段になっている。
公共事業は実際かかってる費用は1/5程度で、残りをゴム印とドケンヤで山分けらしい。

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 10:13:31
わが国の興亡は国賊公務員の粛清にこそあり。

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 11:26:08
>>111
>民営でも上場会社なら情報公開は義務だろ。>

民間には企業秘密があるのです。だから商法による結果の情報だけですね。

官営なら全て公開できるのです。やる気があればの話ですがね。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 11:28:48
開業医、歯科医の経費水増し税制と言うのがあって、
実際に掛かった必要経費より格段に多額の見なし控除をしている。
その差額がそっくり課税逃れされていて、それが国の財政の重い負担になっている。
この制度を廃止すると毎年国の増収は数千億から2兆円に達すると試算されている。
この制度が導入されてから48年間に国が得られなかった税収は、
利子も入れると丁度国の累積赤字と同じ600兆円程度になる。
開業医、歯科医の経費水増し税制がなければ、今程の財政赤字にはならなかったと言われている。
そのツケは、消費税値上げと言う形で回ってくる。

税金の無駄使いも含めて、不正一掃が必要な様だ。

117 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 11:40:05
>>107 >>110
上下水・電線・通信・道路等々、山岳部の多い日本では
大国と比較して、費用と時間がかかります。
ただし、地震や台風が多い国ですから、対策を十分に盛り込まなければ
いけません。 そのため過剰品質になってるのかも知れませんね。
それらを無視して(地震や災害を考慮せず)安くする事は
出来ると思いますよ。

それを主張してみては? 『災害対策を無視してでも、安くしろ』と
また、『安全や品質よりも効率化』を追求すれば良いでしょう。

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 11:43:17
>>117
その前に工事代金がすべて談合で高コストじゃねえか。

119 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 12:05:33
>>118
じゃぁ、奴隷制を作って、犯罪者や生活保護者を
強制労働でもさせるよう主張すれば?
これなら格安の公共事業ができるよ。

建築・土木も新しい工法や新技術など、
利益がなければ研究開発費を投入できない=
技術革新も出来ないんだが、それも否定するなら、
技術の退化を招く。

118氏の考えを突き詰めて行ったら、
公共事業や官営事業はインドや中国に
丸ごと委託したほうが言いと聞こえるな。

それと、公共事業や官営事業には
『採算を取れ』って言うくせいに、なんで
民間企業である公共事業引き受け会社は
『儲けるな』ていうの? 矛盾してるよ。

120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 12:13:57
>>119
談合やめればいいだけの話。
利益が出なけりゃ潰れればいい。
市場原理だ。
技術の衰退?あまたの大学の土木工学部で税金食らってる博士は
なんのために存在してるんだ?
インドに委託?多いに結構。
町の食物屋は店出しては潰れ、また出しては潰れ。
まともに存続するほうが少ないが、それでどうこう言う奴はいない。
みんな自分でリスクをとって、失敗の責任も取っているのだ。
なぜ建築土木だけが甘ったれるんだ?
がけ下、急斜面、地すべり危険地帯に家を建てる奴も自己責任だ。


121 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 12:21:51
なぜそういった甘ったれた精神構造がまかり通るのかといえば、
建築土木が、市場で仕事にありつけないような人間に、
仕事を与えるような福祉政策とつながってたからだろ。
それを切り離せば、なんのことはない単なる民間の一事業分野だ。
潰れて当然。潰れたらほかに転職しろと。
どこの民間業界でも当たり前のことだ。




122 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 12:58:21
談合を肯定してるわけじゃないんだが・・・。
どうして、こう『一時が万事』みたいな事を言うんだろうか。

それとも採算無視して受注しろ、それが当然?
もしくは手抜き工事でも良いから安くしろってことか?
安くなれば、外国へ丸投げしても良いのか?

むちゃくちゃだな。 営利企業の話をしてるならもっともだが、
国の話なのに。 昭和恐慌の勉強した方が良いよ。


123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 13:01:56
>>116
私は、民間病院や開業医の立派な建物を見ると
ああ…これも税金で建ったんだと思ってしまいます。


124 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 13:30:08
では突き詰めたら、こういうのが良いの?

*公共事業
上下水・電気・ガス・道路は
新規工事禁止・補修維持費も不可。
老朽化により耐久限度を超えたら、順次廃止。
道路は通行禁止。

*開業医
保険制度廃止。 すべて廃止。


125 :名無しでよかね:2005/05/14(土) 16:07:47
税金払うのやめましょう!

126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 17:33:30
>>117
>それを主張してみては? 『災害対策を無視してでも、安くしろ』と
また、『安全や品質よりも効率化』を追求すれば良いでしょう。>

災害対策のために金がかかるから、今度のJR西の事故があったの。
電気も災害対策のために米国の2倍も電気料は高いのですね。それなら
こんな危険な地震国に原発作るのがどうかしていますよ、原発は止めよう。
それで電気を安くしましょう。
それなら、原発のトラブル隠しも、原発の死亡事故も起きませんよ。
電力の怠慢で電気が高いのに、こんな屁理屈は止しましょう。
電力会社の信用丸潰れですね。





それを主張してみては? 『災害対策を無視してでも、安くしろ』と
また、『安全や品質よりも効率化』を追求すれば良いでしょう。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 18:30:48
利益が出ない云々抜かすまえにコストを見直せと。
出社もしない理事だの、顧問だのが業界にいったい何人いるんだと。
そいつらにいくら払ってるんだと。
そこを削減してから、利益やら効率やらの問題を言え。

128 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 21:12:42
>>126
? 石油利用の火力発電では原油価格に左右されるから、
有限資源の石油を使う限り価格高騰のリスクと、CO2排出が付きまとう。
放射能リスクは別問題。 火力発電で電気代が下がるとは思えん。
風力発電も不安定かつ絶対的な発電量は低かったはず。

>>127
あまりにもミクロの話が多すぎ。 新聞・テレビに毒され過ぎ。
まじで、歴史を勉強してくれ。 

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 21:50:10
売り上げが伸びないときに利益を出すなら、固定費を削減するのが
経営の定石だろが。
ミクロ無くしてマクロ無し。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 21:59:31
ばら撒きで生きてる集団は、利益を出す集団のおこぼれで
食ってるだけなのだ。
借金をしている以上は、全体で帳尻があって利益が出てないと続かない。
そこから逃れることはできない。先送りはできても
いつかは帳尻を合わせければならない。
マクロからみても、ミクロから積み上げても、
長期的に見れば出てくる結論は同じだ。



131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:05:20
なにごとも費用対効果の観点から逃れることはできない。
費用対効果を無視したものはおこぼれであり、
そのおこぼれのなかから、偶発的に経済発展を牽引するものが生まれるとしても、
かといって、そのおこぼれを費用対効果の縛りにあるものに代わって
経済の主軸にすえることはありえない。

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:08:51
そのおこぼれの中から偶然に成果が出たからといって、
おこぼれが傲慢になり幅を利かせて、費用対効果の経済的枠組みを
犯すのを、常に監視、抑制しなくてならない。
それにすらコストがかかるのだから、
おこぼれは常に最小限度に抑えておく必要がある。

133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:12:20
結論として、
行政機構は、おこぼれに属する集団であり、
経済的影響も関与度も常に最小限に抑えておく必要がある。


134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:24:21
しかし、費用対効果が確実に見込めるものならば、
民間だろうが行政だろうが、資金を投下するに値するのであり、
そこがおこぼれの行政とごっちゃになっているから
問題が起こるのだ。

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:28:24
>>128
日本は地震の安全対策として電気が2倍も高くつほど危険なのですね。
それなら原発は極めて危険です。当然止めるべきです。


136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 22:33:08
>>128
>風力発電も不安定かつ絶対的な発電量は低かったはず。  

海外にくらべ風力発電が極めて少ないのは電力会社の責任です。
ぜひ普及に努めて頂きたいのです。
風力発電03年の実績(NEDO海外レポートより)
日本   03年増加分+27万kw、合計   69万kw
ドイツ       +237       1401
アメリカ      +169        637
スペイン      +133        620
デンマーク     +247        311
 インド       +40        211
日本は余りにも少な過ぎます。

137 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 23:05:21
>>129
まず、普通の企業と政府を一緒くたにするのがオカシイ。
政府が行う事業は、(基本的に)すでに税金として利用料が徴収されている。
企業なら、その製品・サービスを利用しなければ良いのだが、
政府は有無を言わせず、誰からも強制徴収。

それなのに、>>134のように、もともとが税金なのにさらに黒字をだせ、
というのは税の2重取りではないのか?

単純に採算の取れる事業については政府が主体となって行うのは
民業圧迫であり、必要も無い。 むしろ政府の役割は
インフラや教育など事業としては採算が取れない、もしくは
低所得者もサービスを受けられるようにするのが、政府の
仕事ではないか。

もちろん、どうせ使うならより良いサービスにして欲しいが、
営利企業と同じ観点で動くのは間違っている。

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/14(土) 23:08:05
>>129
で、何?

139 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/14(土) 23:10:54
財政にしても、同様で、政府が儲ける為ではない。
景気は自然な循環サイクルがあり、ほって置けば景気不景気を繰り返し、
雇用が不安定になったり、物価が上がったり下がったりする。
そのような無策な状態だと、企業も計画的な設備投資や
安定雇用などできるはずも無く、不安定な社会となる。
だから、政府の役割としては不況の時は景気対策を、
好況の時は不況対策をして、企業活動と雇用の安定化を図る。

公務員の給料が高いだの安いだの(個人的には羨ましいが)は
枝葉の話。 
いまはまだ、財政支出ができる。 公定歩合で調整できれば良いが
ゼロ金利では効果も乏しい。 まずはデフレ不況を脱却しないと
財政再建も、景気も解決できない


140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 00:06:22
>>137
その採算の取れないものの予算に借入金を使ってはまずい
というのが上の趣旨。
採算の取れないことは、税収の範囲内で行うのが原則では
ないかということ。

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 00:10:57
行政だろうが、民間だろうが、
採算の取れない事業を再現なく借入金でやっていくことは不可能。
行政のやる不採算事業はつねに、税収という枠組みのなかで
制限されるべきもの。
そこで特別会計というのが問題になってくるわけだ。

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 00:14:02

政府の債務をチャラにする徳政令が一番現実的だと思うんだが、
何かまずいの?
国債の引き受けての多くは、日銀と大手金融機関でしょ。
多少のインフレと多少の金融破綻は起こるだろうが、
そこさえ乗り切ればゼロからやり直せるよ。
まあ、二度と国債は発行できないだろうから、プライマリーバランス
均衡が最低条件だろうけどね。


143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 00:44:13
>>142
わざわざ、んーなハードランディングを選択する方がよっぽど危ないって。

144 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/15(日) 00:51:31
>>140
では舗装道路はどうやって採算を取るのか?
通行料を取るのか?
否、あらかじめ税で徴収されてるし、移動の高速化や
流通の促進、自動車の普及などで知らず知らずに恩恵を受けている。

また、無限に政府支出を増やせと言っている訳ではない。
バブル期のようなインフレを防ぐ為には、政府支出を
減らす事が有効。 

税収の範疇でというのが、最終的な目標であるが、
既に書いたように景気循環により税収も変動する。
不景気のときは、税収以上に政府支出を増やし、
好景気のときは政府支出を抑える。
安定した雇用と景気の為に、政府支出の『のり代』を
認めないと、政府として機能しない。 政府の役割も既に書いている。 

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 01:39:46
>>144
財政破綻寸前、特別会計が一般会計より大きく膨らんでいる。
そんな現実を前になにも心に響いてこない書き込みだな。
不景気のときに財政支出を増やし、
好景気のときには、さらに財政支出が増える。
これがこの世の現実だ。
その現実を踏まえて、どうするのか。
結論として、そういう動きになるべくしてなる組織は
最初からその存在を許さないようにしていくしかない。

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 02:10:29
よし、おまいら、どうせ円なんて無価値になるって思ってるんだったら
どんどん物を買いまくれ
毎月の給料を右へ左へ使いまくって今のうちにいい目を見ておこうぜ
もちろん、ユーロやドルを買いまくってもいいが

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 02:30:19
そして景気回復!…あれ?

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 03:21:12
もう、政府が旗振って世の中が動く時代ではない。
東大出の官僚には気の毒だが、おまいらの役目は終わったよ。
おまいらが頑張るほど世の中悪くなる。

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 03:27:23
日本は改革のできない国民性。
どうせ自民党の支配が続いて税金を特殊法人に垂れ流す。
無理無理。

IMF支配が待ち遠しいな。
いや、まじで。

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 03:41:15
キーワードは「外圧」でしょ。この国では市民革命の経験がないわけで
自分の国民を自殺に追い込む政策を平気で続けるのを、他の国が見かねて「おいおい日本はアホかよ?」
と外圧がかかるわけだ罠。近代希に見る超お恥ずかしい国がこの日本でしたってことだ罠。    

                                                            終

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 03:55:27
IMFの支配ってなにするんだろ?
財政になにか注文つけるくらいしかできないんでそ?

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 04:08:41
>>150
その通り
外圧で日本が変わるよ
いい方向にね

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 07:02:49
いや、外国から見たら、日本は金持ち国家。
その金持ちが、なぜかごちそうを目の前にして、空腹にも
かかわらず、やせ我慢して食べるのをこばんでいる。
禅の修行か、理解不能なゲームをしているようにしか見えない
だろう。
わざわざ「そんなことして何が楽しいの?」といってくれる
親切な外国人はいないだろう。
あるいは「うまくいけば、自分が借りている金がちゃらになる
かもしれない」とほくそ笑んでるかもしれない。

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 08:56:19
IMFはゴム印のリストラを徹底的にやるよ。

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 09:09:27
貿易黒字国で外貨準備高も潤沢な日本が、IMFの支援を受ける状況って、どんなんだろう
日本政府が国債償還に必要な円の不足に陥って、IMFから資金供給受けるとかですか?


156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 09:12:24
今40代、50代の人達が一番悲惨な目にあいそうだ
ローンの支払いに負けずに貯めてきた預貯金、それに加えて退職金・年金で
老後は悠々自適の生活を送れるはずだったのにね
これらの苦労の結晶が無価値になるとしたら悲惨すぎる

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 09:51:26
「外貨準備高」についてイヤな噂を聞いた

「外貨準備高」の中身はほとんどが米国債らしいが、
アメリカは自国の財政悪化を理由にして
対外債務=日本を含む外国が持つ米国債を
紙切れにする計画を立てているらしい

・・・・アメリカって自国の利益のためならなんでもするのね・・・・

158 :オット:2005/05/15(日) 10:32:39
貿易不均衡をタテに債権放棄を要求、ですか。

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 10:53:18
IMFもアメリカに要求してるしね・・・・

「その赤字をなんとか汁!」

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 18:14:59
経済学の観点を前面に出して話をしてもだめだ。
彼らは経済学を知らないのだから。
彼らの世界はマスコミが組み立てたものだ。
もしくは、企業に勤めた結果、市場原理だ
けが重要と考えているのだ。経営学の影響
もあるかもしれない。

彼らの中の世界が推し進められれば、その
結果どうなるかは過去の例がある。だが、
それを知っているのも、ほぼ経済学をやっ
ている連中だけだ。やってない連中には
意味がわからない。
その世界観と戦っているのだから、彼らを
攻撃しても仕方が無い。逆効果でさえある。
その上でどうするか考えなければならない。

やってる連中にしか意味不明、だけども知ら
ない事の結果を受け止めなければならないの
は全員、って辺りが困難の元凶か。

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 21:16:41
>>160
知らないんじゃない。知ってても無視するだけ。
好景気に財政支出を言い出す経済学者は御用学者失格。
そういうことだ。
出直したまえ。

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 21:17:49
財政支出の削減を言い出す

に訂正。


163 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 22:03:16
そういう事を含めて知らないんじゃないか?

164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/15(日) 22:13:22
ん、意味わからんかったから適当に書いたが、それって

誰か分らないがA組織的に見ると、現在ここに書き込んでいる
経済学をやっていると思われる連中の話を聞いたら損をするか
ら内需拡大や公共事業にゃ反対だ。だから今は緊縮財政が重要
とかいう訳の分らんデマを広めて徹底的にいじめてやるんじゃ
いケケケ

って意味にしかならんが??もう一度書いたらどうか?

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 03:06:15
>>164
A組織の連中が埼玉のマンションに住み、既得権益集団が都心のマンションに
住んでたら、国家財政がどうだろうが、経済的にはA組織の負け。
既得権益集団をB組織とすると、B組織が今のシステムでは
財政支出の恩恵をA組織より大きく受けるとする。
ならば、そのシステムを変えるか、財政支出よりもB組織の解体を
先にしなければ、A組織には上記の理屈で言う勝ち目は無いわけだ。
ここで、B組織は利益独占、財政規律を乱す組織なので
A集団の属する政治権力にとっては、システムそのものを変えるより、
B組織の解体を主張するほうが理にかなってる。
A集団は、B組織の解体を真っ先に主張するわけだが、
利害絡まない第三者の識者がいるなら、システムを機会平等、自由競争に変えようと
主張するだろう。
だが、利害が絡んでないのでやらない。影響力がない。
結論として、財政支出の前にB組織の解体なのだ。


166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 08:21:37
>>165
うーむ。今度は色々な意味に取れるようになってしまったよ汗
その話だと、ここで話されている経済学徒vsそれ以外の人という
構図は実は組織の戦いであったり、既得権益集団が一般人だった
り、利害の絡まない第三者が全体像が見えない為に妙な主張を
してしまったりと、まぁ第三点についてはわかるが、結論を誰が
出しているのかもわからないし、、ちょっと本音を言わしてもら
うと訳がわからないんだが。
、、やっぱり理解していないのではないだろうか? 
いや別に悪気はないんだぞ。

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 09:18:02
>>166
君の言う経済学徒に統一見解があるとは思えないし、
あったとしても単に一つの価値観に過ぎない。
賛否はともかく、
単に君の頭が悪いだけかと思われ。

168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 09:24:59
B組織にJR、NTT、そして郵政、ゆくゆくは公務員
当てはめてみればいい。
これこそ日本の歴史とその未来じゃないか。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 09:29:40
だからね、デマとかいじめとか言ってる時点で相当に頭が悪いと思うわけ。
必然なのよ。

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 09:30:05
700兆円の借金がなかったと仮定すれば
日本の現状はどうなっていたでしょう

171 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 14:12:24
>168

その様な解釈は出来ない。

>好景気に財政支出の削減を言い出す経済学者は御用学者失格。

ここが165の結論だからだ。
この発言は誰がするのか?既得権益保持者だ。
好景気に財政支出の削減をしていれば借金がここまで大きく
ならなかった事が予想されるからだ。
ところが、165では突然庶民の味方になっている。
これでは意味が通らないと言っている訳だ。


172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 17:47:40
経常黒字が過去最高で、その半分ぐらいが所得収支黒字だってぇ!?
どうやったら破綻するの?

173 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 17:51:14
国内に魅力が、、、。

174 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 18:09:07
GDPはゆっくりながら成長してるんだな・・・・

175 :初心者:2005/05/16(月) 18:18:03
GDPは残業した分も含まれるから、普通にはたらくと先進国ではない

176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 18:30:20
GDPにはサービス残業分が含まれないから、適法に残業代を払うと超先進国である。なんちて。

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 18:35:55
>>171
結論? 皮肉ですよ。皮肉。
好況時に財政支出削減なんて言うのは、政治力のない経済学徒の戯言か
B組織の姦計だろうと思うのでね。
どちらにしても、そんなことは実現しないんだから聞いてもしょうがない。

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 18:53:05
ぶっちゃけ経済崩壊したらどうなんの?

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 18:56:40
>>177
話をそちらに合わせよう。
だがその場合、世の中の緊縮財政が重要だと思っている人は
すべてA組織の人間でなければならない。
AB組織以外の人間は、経済的な戦いに参加しなくとも、不況
期に於ける公共事業削減で割を食う事になるからだ。
この板で、テレビで雑誌で、緊縮財政が重要と言っている人
はA組織の人間だったのだろうか?
それは違うと言わざるおえない。

なぜなら、私も少し学ぶ前までは緊縮財政が重要と思っていた
からだ。

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 19:00:03
>>178
普通、経済崩壊=国家崩壊 だがこいつらが言ってる経済崩壊は
レベルが低いな。まあ、貧乏人が100%救えなくなる。
公務員が大量解雇。
日本の経済的地位が下がる。
豊かな国から急に貧国になったりしないけど・・・・・

181 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 19:53:11
今は緊縮財政じゃないよ。税収だけじゃ足りないから、郵貯や銀行預金、年金、保険金まで
使ってるバブル経済。バブルはまもなく弾けます。

182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 20:34:23
>>179
好況時に財政支出削減もやったことも無ければ、
緊縮財政もやったことがない。
終わり
まあ、自分の仕事とられたら、緊縮財政だとかいうんだろうけどな。
よそにまわってるだけですから。


183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 21:29:43
>>182
ではなぜこんな所にいるんだ?
あなたは、お上のやってる事には口出ししない、という精神なのだから
破綻の可能性などどうでも良いはずだろう?

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 22:09:27
>>182
>まあ、自分の仕事とられたら、緊縮財政だとかいうんだろうけどな。
>よそにまわってるだけですから。

この部分の意味がどうにも分らない。解説希望しますよ。

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 23:15:29
>>183
個人的には早いところ破綻してくれたほうが儲かるんだが、
愛国心からひどい破綻はしてほしくないなあという気持ちもあるんだよ。
ジレンマだね。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 23:33:04
>>184
歳出は横ばいなんだから、どこかが減ったらどこかが増えてるに
決まってるじゃないか。
あとは自分で気が済むまで調べてくれ。

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/16(月) 23:36:35
>>185
なるほどなあ〜。儲かる儲からないは、あなたの人生だから文句言わないよ。
しかし破綻したほうが儲かる職というのが思いつかないんで、良かったら教
えてくれませんか?
ただ、残念な事に、破綻はしないというのが、、ってまぁクドイから止めます
けど。


188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/17(火) 05:17:24
>>187
便所の壁に、コカコーラの調合比率は書かれないと思うよ。
永遠に。

189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/17(火) 11:45:58
破綻の仕方に依るが、アジア通過危機の場合は自国通貨が1/3〜1/4に暴落した。
つまりその前に外貨に替えておけば自国通貨だてで3〜4倍に。

暴落後に自国通貨してその後自国通貨が値上がりすれば( ゚Д゚)ウマー


190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/17(火) 13:57:58
ははは。俺も一口乗ろうかな。  ってばか!

疲れた。仕事にならね〜YO!

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/17(火) 22:27:17
はやいとこはじょうしろよ。

192 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/18(水) 11:23:04
朝鮮人に騙されてますってかw

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/18(水) 19:11:22
多額の預貯金は勝ち逃げの理屈

大増税で財政大拡大、円札は打ち出の小槌なのでぐるぐる回しましょう。
経済上からは多額の預貯金は、勝ち逃げの理屈で、経済を停滞させ社会悪と言えるのです。
1400兆円もの預貯金があるので大増税でも問題ないはず、それで財政拡大が活気ある
経済社会を作りますね。財政の限度額は労働力からの制限。
失業は国富にマイナス、これケインズの理論、
多額の預貯金がある限り景気対策としての減税は逆効果ですね。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=2000211&tid=
7pbaq3xa4n86ec0a1a2c0afidca4nbcz6ba4oc0a7a4abhsa4ab&sid=2000211&mid=3

194 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/18(水) 23:15:03
1400兆円の預貯金が有るとは言うけど、その内訳は
「自分や子供の将来のために貯金をしてる一般家庭」とかが多数を占めてるのでは?
家や車のローンを払いながらだからキツイ。それでも少しづつ貯金してやっと貯めた金。
そういう人達が将来の安息のために貯金してるんじゃないだろうか?

それを担保にして景気対策をするの?借金はいずれ返さなければいけないんだよ?
そりゃ債務者(日本政府)は円札を刷ればいいだけだからいいかもしれないけど
紙クズになった円札で受け取る債権者(銀行というか預金者)は、たまったもんじゃない
そんな事したら、債務者は暴落した円札で借金返済してもらうことになるんだから

預貯金が1400兆円有ると言っても、国民の個人的借金(ローン)を引いたら
ほとんど残らないのでは?家のローンなんか返済に数十年かかるんだよ

それに、景気対策で数十兆円投入しても継続的な効果なんて得られなかった
ただ莫大な借金だけが残っただけ

195 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/18(水) 23:40:24
預貯金が担保って違うんじゃねえ?

196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 00:46:31
確かに担保という表現はちょっと変だったかも。スマソ

銀行は数百兆の日本国債を買ってるけど、それは果たして銀行の金で買ってるんだろうか?
実際のところは、預金者の貯金を使って日本国債を買ってるだけで、銀行の金で買ってる訳ではない
預金者の金と日本国債を物々交換してるのと同じこと
国がおかしくなった時、全ての損害を被るのは預金者

197 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 04:48:12
>>196
だからなんで赤字とか借金だとか言ってんだよ。まずこれを読め。

A銀行はB君に毎日一万円づつ貸し出ししています。そしてB君は
彼女のC子ちゃんの貯金箱に、借りた一万円を毎日ないしょで入れていました。
C子ちゃんはなぜいつも貯金箱に一万円入ってるのか不思議に思いながら、
その一万円を毎日A銀行に貯金していました。それは一年間続きました。

さて、それぞれの家計を見てみると、A銀行は借入金365万円で365万円
貸し出してます。B君は365万円借金してます。C子ちゃんは365万円
銀行に預金してることになります。

ここでいうB君は国のことであり、C子ちゃんは国民のこと。

さて、一年後B君とC子ちゃんは結婚しました。では二人の家計は
どうなるでしょう。0円。借金もなければ預金もない状態。

こういうことなんだよ。日本に借金なんかない。
ただお金がぐるぐる回ってるだけ。最低限、まずその認識からスタートしてくれ。
だいたい国債の借金とやらが、本当に銀行に返ってきたら、
世界最大の郵貯規模の銀行が、あと2くらいできちゃうことになるよ。

198 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 05:21:21
貯金を自分の子供に残す。将来子供は自分の稼ぎ+貯金の購買力を持つことになる。
家を買うなどで、子供が貯金を取り崩した場合、所得以上の消費が出来たことになる。
その消費により経済が拡大すれば、その分税収が増え(親の代に積んだ)国債の返済
につながることになる。
親が積んだ借金を、親が積んだ貯金で返しているようなものといえる。


199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 10:42:14
>>197
ドアホ
どこの銀行が金利0で金を貸すんだよ。
おまけに国民と行政は結婚できるのかってんだよ。
キショッ
馬鹿につける薬はねーな。



200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 11:11:55
↑馬鹿は喪前だ

ついでに197氏ね

201 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 12:54:46
国の借金は、国民の預貯金で支払うから将来的に国は借金ナシになる
預金者は預貯金を使って国の借金を肩代わりすることになり、将来的に預貯金ナシになる
借金した金と貯金した金で相殺するからプラマイ0だ。だから金が廻ってるだけだと?

金が廻ってるだけとか言ってる奴は馬鹿すぎるな
破綻したら円資産が無価値になるだろが、将来どうするんだよ
国民に残るのはローンが残ってる資産だけだ。その資産価値も下がるから国民にとって大幅なマイナスだ
借金してまで金を無理やり廻したツケが将来必ずくる

プラマイ0には絶対にならないだろ?
紙クズと化した預貯金、大きく下落した資産。一体これのどこがプラマイ0なんだよ

202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 14:12:49
インフレになれば、世の中に回るお金が増えるので、働いて
いる人の所得も増える。そうなれば額面上は変わらなくとも
預貯金の相対的な価値は下がる。しかし一方で住宅ローンな
どの負債の価値も相対的に下がることもお忘れなく。
土地など固定資産の価値はその時の需給も影響するけど、価
格自体は、物価上昇分程度は併せて上昇するのではないでし
ょうか。



203 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 14:14:04
貨幣をいくらでも刷る無税国家を作ろう。
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1055374842/l50

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/06/12 08:40
国家予算はすべて、紙幣印刷でまかなおう。
国債さえ1円も発行する必要なし。
さすれば、常時、インフレになりデフレの心配はないし景気はいくらでも良くなる。
インフレで貨幣価値が極端に下がりゼロが増え過ぎたら適時、デノミすればよろしい。
例えば、1兆円=1新円にするとか、永久に繰り返せば良い。
このままでは、破産必至の日本国を救う手立てはこれ以外にないと思う。

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 19:53:23
どう破綻するか語ってから話し始めろ。な?
みんなおとぎ話聞かされても困るだろ。な?
ここ幼稚園のお遊技場にすると混乱する人も出るだろ? な?

これが三段論法だ。(ブー正解です

205 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/19(木) 20:31:13
久しぶりに見ると、荒れてるねぇ(w。

>>194
個人の預貯金1400兆に対して、借金は約300兆です。
差っぴき1100兆。
ただし、個人差が大きくて持っている人は極端に持ってるし、
普通の人はあまり貯蓄が無いというのが実態です。
あなたの実感はもっともです。

>>197
こう書いた方が判りやすい。 金融面のみ。

A(国)は、銀行からお金を借りて国民へサービスを提供する。
B(銀行)は国民からお金を借りて、国にお金を貸す。
C(国民)は、利息をもらって銀行にお金を貸す。

CからBへ、BからAへ、さらにAからCへと財の形は変わっても
ぐるぐると回ります。
サービスは労働、道路や社会保障にでも置き換えるんだけど、
結果として国がお金を調達しないという事は、国民が受け取るサービスも
減ります。

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 21:00:56
国民が受け取る(実質負担する)
要らないサービス、サービスにもなってないサービスは
むしろ減ってもらわなきゃしょうがないな。
そのぶん、その図で無視されてる純民間企業への金の流れが細る。
それが問題になってるのだが、まるで問題無いような書き口で
まったく萎えますな。

207 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/19(木) 21:23:39
>>124
あはは。

では教えてください。 何のどこがどんなふうに無駄なサービスなんですか?
このスレも含めてだけど、財政危機をもっともらしく訴える人ほど
貴方みたいに抽象的に無駄と言うばかりで、ちっとも理解できないんですよ。

ただし、貴方にとって必要・不必要を語られてもそれこそ『無駄』なので
キチンと答えてね、206さん。

208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 22:10:02
>>207
疲れる奴だな。
なんで、無駄なものに時間や金を費やさなきゃなんないんだよ。
その分、ほかのサービスモノ、自分に割り当てられたはずだろが。
ほんの一例だけどな、この前都庁に宅建の主任者登録しに行ったわけですよ。
すると、ガラーンとした新宿都心のでかいスペースに
俺しかいないのに、6人も受付がいるわけ。
もちろん混む日もあるだろうが、長い期間、ほとんどの日でまず無駄。
んで登録料3万だか払ってるんだが、アホらしい。
その登録料3万のうちどれだけがそいつらの人件費かと。
わざわざ交通費はらって出頭することもない。こっちの書類をちらっとチェックするだけなんだから。
民間であるような間違えようの無い書式にしとけば、郵送で十分だった。
あとの29000円はほかのすばらしい物、サービスに
時間は、365日の半日も俺のなにかに時間を使えたんだから、
そのすばらしい物、サービスに関わってる人の収入と、
おれの可能性が、
都庁で座ってるだけの人間に取られて、膨大な被害を被ったわな。
んで、民間ですばらしい物、サービスを作ってるところは、
都庁で座ってるだけの奴より低収入でやってるわけだな。
アホくさい。
こういうことの積み重ねで世の活力が失われていくんですよ。
官僚の国、共産主義が崩壊するのはそのせいだわな。
国の雇用の創出かなんか知らんが、こっちに余計なことをさせるなと。
まだ金だけ払ったほうがマシだろ。
これは俺個人にとって無駄だだけじゃなくて、経済発展にとっての無駄だ。
論破してみろ。

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 22:31:12
つまり核心は、循環してるマネーじゃなくて、
時間とストレス。
座ってるだけの奴も面白いわけないんだから
面白いことしようとしてすれば、もっといい仕事ができたかもしれんわな。
実際の経済発展は、技術、サービスの革新によるところが大きいのだから
人様の時間や意欲を、明らかに意味のないことに注がせて、
それを阻害するようなことしてはいかんな。

210 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/19(木) 23:10:43
>>208
論破もなにも、それだけ?
長い文章書いた労力はご苦労さんだが、
他に無いの? もっとたくさんあるでしょ?

漏れは国のサービスとして、公共事業とか、社会保障とか、
インフラを挙げてるんだよ。
まさか、『役所の対応が悪い』だけじゃないでしょ?
いくらなんでも。

211 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:11:21
貯金は700兆円で1400兆円も無い
保険とか株とかも全てひっくるめての個人金融資産合計で1400兆円
借金は700兆円超えている。既にこの国は終わっている

212 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:32:49
借金しなかったら民間で金使わない人が多いんで、端から順番に失業
して餓死していく国でもあるから借金だけを問題視してもしゃーない
のは分ってるが、公共事業しか対応策が今のところ開発されてないん
かいな? 
さっき書いてあった受付の人間のほーけた様な顔を思い返すと、奴も
本気だせば良い仕事をしたかもしれんと思う。だが奴にゃそんな仕事
は用意されとらん。探す気もなかったかもしれんが(これは問題だが)、
世の中が効率化されすぎてどんどん人が要らなくなってるのかなと考え
ると鬱になるね。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:39:39
宗教とパチンコに税金かけたらちょっとはマシになるだろ
あと、風俗も

消費税あげるより先にシル

214 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:41:14
>>208
国債の残高が膨らむのと、経済の効率化の問題は分けて考えないといけないよ。
いくら公共事業を減らしても、その分失業者を増やしたんじゃ、そっちのほう
がよっぽど無駄だ。

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:41:41
そーいうまともな方向には行かないよなぁ一向に。
不思議だなぁ不思議だなぁとか言って俺の人生終わりそう。

216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:43:02

 需要不足の経済状態から脱出するための理想的な経済政策は、
 政府貨幣発行を財源とする赤字予算を組むことである。

  ブキャナン(ノーベル賞受賞者)『赤字財政の政治経済学』



217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/19(木) 23:51:16
>>216
そうなんかぁ〜。
最近は企業が国と癒着しちゃって、民間じゃ人間の生活をしにくく
なっちまったんでちびしいよ。そうと分ってんなら早く金を流して
くれって感じ。

218 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:00:06
>>210
おまえは世の中なめてるんだよ。
宅建主任だけで、年間数万人でるわけよ。
そしたら、上の例でも年間数億円と、一人半日として10万時間を
座ってるだけの受付に無駄に消費したことになるんだよ。
それ、有望なベンチャーに投資し、10万時間分費やしてみろよ。
技術革新が起こるじゃねーか。
おまえはマネーだけで、世の中動くと勘違いしてんじゃねーか?
全部、人間で動いてんだよ。車の片輪だけ完璧なら
もう一方はどうでもいいけど、ちゃんと動くなんてありえねーんだよ。
もう10年ぐらい勉強してからほざけよ。
ま、甘ったれた学生のボクちゃんだろうけどな。
賢くしてやったと思って勘弁してやるよ。

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:07:34
m9(^Д^)ブキャナン!

220 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 00:08:34
>>218
キチンと説明できないと、最後は
『大人を舐めないでちゅね〜』か・・・。

マスコミの面白おかしい報道での知識でなく、
もっと、政府の役割と機能をじっくり考えてくれ。
それと、まじで昭和恐慌あたりの歴史を勉強したほうがいい。

221 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:09:35
>>217
構造改革派メディアや議員が邪魔してる

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:13:19
>>220
なんでわざわざ実体験を例に取って、
支出の無駄と経済の絡みについて、わかりやすく説明してやったのに、
マスコミの報道の知識なんだよ。アホか?
人の話もまともに聞けない奴が歴史だ?
笑わせるな。

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:18:26
国債の国民負担論は誤解だらけ

@不況期には、国債の国民負担論は誤解であり、負担など存在しない。
この誤解は、国債償還時の増税という、おカネの流れの一部だけを見て
いるから起こる。国債発行時の財政支出の増加分が民間に支払われて
いることを考慮すれば、負担はないことがわかる。また、国債を持って
いる人が得をするということもない。

A国債の次世代負担も、不況期には存在しない。国債が次世代に残される
ということは、同時にその分だけ余分の資産が次世代に残されることを
意味しており、国債が発行されなければ、その余分がないだけである。
国債発行の有無は、景気とも、負担とも、無関係である。

B国債が国民負担や次世代負担を引き起こすのは、好況期に国債発行で
調達した資金で、政府が民間よりも効率の悪い事業をする場合だけである。
すなわち、不況期の国債負担という誤解は、完全雇用を前提とする議論を
そのまま不況期に当てはめているから起こるのである。

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:21:49
貨幣の流通の部分のみを重視する奴は、
経済発展が技術サービス革新を主な原動力にしてることを
無視してるし、
そこは人間中心の問題だから、再現不可能で不確定な部分なので、
学問的に扱いづらいからわざと避けてる学者か、
そういう学者の言うことを鵜呑みにして
そこの論点がまったく頭に入ってないアホ学生だろ。
違うか?

225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:26:10
>>223
は?


226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:28:44
>>218
そんな所に敵がいるんじゃねえのよ。
さっきの受付のねーちゃんだけど、彼女らに払う金額と
それをベンチャーに投資した場合の金額を比べて、どっちが
技術的に優れた結果が出るかって考えてもだめなんよ。
失業者がどっちの方が減るかの方が重要って言われてる訳よ。
そりゃなんでかっていうと、技術的に優れた結果が出ても
それが雇用の創出を保障するとは限らないからなんだ。

もしここで技術の方が重要だと思って政策を実施したら、最終的
には少数のすぐれた技術者とその経営者が残って人口激減とかな
ると思わないか?経営と経済は違うってこのあたりなんかなー。


227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:32:58
223は俺もよくわからん所あるけど、ちょっと考えてみたほうがよさそう。
しかし難しいなぁ

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:34:02
>>226
は?受付のねえちゃんは、一万年経っても座ってるだけだが、
ベンチャー投資なら1000万人の雇用を生み出すかもしれんだろ。
マイクロソフトみろよ。国家経済なみの経済効果だろ。
アメリカの80年代の経済の凋落をなんとか防いだのはそこの部分だろが。
そこを無視して、ベンチャー投資より、失業対策で座らせるのを優先する
とか平気で言ってる馬鹿は、頼むから北朝鮮に行ってくれ。

229 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:38:05
>>228
ほらほら”かもしれん”っていう所だろ?
過去の投資額を累積したら現在価値何百兆円にもなる
だろうが、その中でものになったのが幾らあるかって
のも考えないと怖いっちゅー話よ。

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:39:19
現在世代(親)が国債発行で得た資金を払って、将来世代(子供)が働いている
時問を無理に自分のための仕事に向けさせるときに、将来世代に本当の負担が
生まれる。ところが、失業している時間に働かされても、将来世代が失うものは
ないのである。前者が完全雇用期に、後者が失業期に対応していることは明らか
であろう。

すなわち、構造改革派の言う次世代負担とは、完全雇用の場合に発生するもの
であり、失業期に次世代負担を心配する構造改革派は、ここでも完全雇用という
現実離れした空論にとらわれているのである。

だれも損せずに誰かが得をすることが可能な理由は、使われていない労働資源が
存在するからである。親子の例では、子供の余剰労働力を活用することによって
新たに生み出される便益を、親がひとり占めしている。しかし、このときもし国債の
資金を使った財政支出で新規雇用を作り、将来にわたって役に立つ社会資本など
の生産を行うならば、余剰資源は現在世代と将来世代の両方のためになる。この
ような用途としては、たとえば高齢者のための施設や産業廃棄物・ゴミ対策、教育
施設や都市インフラ整備などが考えられよう。

このことは、効率と世代間分配の両面において財政資金の使い道が決定的に
重要である、という原理が、次世代負担論議においても成立しており、失業者の
有効活用こそが、不況期における最優先課題なのである。

231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:41:12
いま行うべきは国債発行額の削減であり、その為に痛みを覚悟して公共事業や
特殊法人を削って財政支出を抑制せよ、という意見が堂々とまかりとおる。
こうした国債負担の理解は、現在のような失業期には、まったくの誤りであり、
実際にはそのような負担はないのである。

そうであれば、小泉や竹中の構造改革なる政策のほとんどが、何のために
やっているのかわけがわからない。無駄を省き資源の有効活用を図るという、
本来の経済政策の目的を達成するためには、まず失業こそをなくすべきである。

232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:42:34
失業対策で、ねえちゃんを無駄に受付に座らせることをやれば、
有益な民間人の出頭という無駄な手間をかけさせて、
技術サービス革新へ費やす時間が減るというしごく単純な話が、
そんなにわからんのか?
失業対策なら、役に立たない余計な仕事作るよりも
金だけ渡したほうがまだましだ。
わざわざ、天然の観光資源を破壊するような公共工事も同じことだ。

233 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:45:36
>>232
いや分る。それを超えて重要な問題もはらんでると思うんだ。

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:45:57
>>224

その通りだな。
経済「学」ばかり詳しくて実体経済を知らんヤシが多すぎる。

235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:47:57
>>229
それが世の中だ。誰にも将来の正解なんかわからない。
わかってる矮小な部分だけで全体をわかったふりするな。

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:49:07
>>235
確率の低いほうを選んでいるのはおまいの方だが、、

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:51:44
失業対策部門と新技術開発部門が両立しないことがわからない人ハーイ

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:52:51
どこに、受付のねえちゃんみたいな経済発展を阻害する
無駄な支出があるかは、個々のケースで体験が無いとわからないから、
経済問題の解決は人の話を聞かず、検証せず、机の上だけで考えてる奴には
永遠にできないことなんだよ。

239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:52:51
小泉首相の頭の中には、効率のいい部門と効率の悪い部門の2つしかない。
効率の悪い部門をどんどん小さくすれば、効率のよい部門が増えてくる。効率の悪い
部門を潰してしまえば、全部効率がよくなって、日本経済は再生すると考えるのです。

実際には、現在の日本経済には2つではなく、3つの部門がある。「効率のいい部門」
と「効率の悪い部門」、それと何にも働かない効率が最悪の「失業部門」です。
効率の悪い部門をどんどんと潰していったら、効率のいい部門が増えるのではなくて、
失業部門が増えるだけです。

240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 00:54:57
>>236
確率がいくら低くても
人間の発展、経済発展には不可欠なんだから、
そこについて考えるのをやめたら
猿と一緒だな。

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:01:02
なんども言うけど、経済発展に必要なのは、
貨幣の適切な流通と同時に、
人間の自由な時間と情熱が行動に変わる環境なんだよ。
それを阻害するような財政支出や社会システムは削らないと、
経済成長は望めない。
ソビエト連邦と同じ結果になるんだ。

242 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:02:48
>>238
おいおい、、ここをストレス解消にでも使っているのか?
俺だってしっとるぞ。こないだ国有地の竹を切るかどうかで
三人も来たからな。そういう話してるんじゃないのよ。
宅建も結構国語力いるだろ最近は。読めているはずだぞ。

>>240
失業率対策と経済発展、人類の発展を対比するのやめてよ〜

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:07:57
>>241
貨幣の適切な流通と同時って書いてるなら、現在の民間での競争
だけでは流通しないって理解しる!

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:08:00
>>242
おいおい、猿より楽にたのしく生きたいから人間だろ?
最近じゃ20代で働かされすぎて疲れて死ぬ
猿以下待遇の人間も多いが。

245 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:09:02
>>244
ふんふん。それでどうなるの?

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:16:28
>>243
いまだって、財政破綻寸前まで、公共部門に財政支出してんのに
何を馬鹿なこといってるんだ。
システムと配分の最適化をまず徹底的に議論して実行しろ。
俺一人に受付の姉ちゃん6人なんてことがぜったいに起こらないようにな。
民間に支出が生きるような予算の配分をな。
民間の邪魔になってるようじゃ最悪だ。
支出の話はそれからだ。

247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:22:01
>>246
そうだなぁ。財政破綻は全く無いって言ったらどう思う?
しかし財政破綻とはどっから仕入れたネタだ?

248 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:24:07
>>247
また人の財布と行政の財布が一体と思ってるアホ登場か。

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:25:07
>>248
そんな事するなんて生産性低いって思わないか?
どう不満なんだ。

250 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:28:10
日銀が恣意的に発行できる貨幣を、絶対に変わらない価値を持つ
俺の労働によって手に入れた大変貴重なものだと思うのは奇妙だ
と気づかないか?なにか違う仕組みが裏にあると思わないか?

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:31:55
>>250
中央銀行が恣意的に発行されたら困りますな。
貨幣の信用を保持することを仕事にしてるんだからな。
放漫非効率行政の保持のためにあなたの貯めた貨幣の価値を半減させます
なんて中央銀行があったら、そこの発行する通貨は使わない。
最悪、移住するね。
こんだけ移住の難しい日本にさえ、
アホな自国から逃げてきたトルコ人やブラジル人多いだろ?

252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:34:35
>>250
なにも半額にせんでもいいだろw
日々刷ったり減らしたりしてるんじゃわな。
通貨とは何かって俺も追及中なんだが、君
の言っている貨幣とは違うと思うな。
なにか奇妙な仕組みがあるとは気づかないのか?
本当に?

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:44:07
トルコやブラジルや韓国は半減じゃ済まなかったようだがな。
日本人がそこまで馬鹿だとは思いたくないが、
上のマネー経済盲信信者みたいの見ると
そうとも言えないかもな。
最高学府で勉強してあれじゃあな。

254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:47:23
>>253
ん?誰だそりゃ。
マネー経済妄信信者って言葉で思い出すのは竹中だが、、。

255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 01:55:36
システムの改善を置き去りにした
財政支出一方主張論者かな。

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 02:02:39
システムの改善は政府に言ってくれよ。
また同士を募る為に、掲示板でも活動したら
いいじゃないか。
でも、説明して欲しいのは、なぜ失業者対策
が嫌いなのかだ。その恩恵を受け取っている
ものがその恩恵を叩き潰そうとしているのは
気分がよくない。

257 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 04:25:14
わからん奴だな。
目先の失業対策に行政が安直な仕事を作ると、それが積み重なって
民間経済にマイナスの効果を与えるから
結局は失業問題にもマイナスの効果を与えると言ってるだろ。
本末転倒なんだよ。そんな緊急の失業対策が必要なら、
生活の金だけを配るだけでいいんだよ。
嫌ってるとかそんな低次元の話はやめろ。それこそ不愉快だ。

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 07:40:56
ただ、お金を渡すだけ、というのもひとつの考え方だけど、
あまり、賢いやり方とは思えないよ。
「公共事業=悪」という固定観念から、離れたほうがいい。
環境破壊がイヤなら、植林したり、河川の清掃をしたほうがいい。
新しい職場への移行が進まないというのなら、職業訓練を
させてもいい。
極端なこといえば、マラソン大会をして、参加者に賞金を渡す
のも一つの考えだ。
これですら「ただ、お金を渡すだけ」よりは、ずっとまし。

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 08:10:57
国債をどんどん発行すればいいというわけでもない。国民負担や次世代負担はないが、
金融的な意味では国債の無制限発行には問題がある。国債発行の本当の弊害とは、
つぎの二つである。

@国債が過剰発行されれば信用を失い、それが生み出す流動性の実質量が収縮してしまう。
A償還のために莫大な所得税が必要となれば、労働意欲が減退する。

@とは、国債を大量に発行すれば、将来の償還ができないのではないかという疑いが
出てきて信用を失い、国債価格が下がるということである。これは株価や地価が低下
するのと同じであり、日本に存在する資産価値が減少することを意味する。また、それを
裏づけとしている金融機関の信用創造までもが阻害される。そうなれば、日本全体の
流動性が収縮するから、資金供給が減って、企業は資金繰りに困るし投資も抑制される。
また、消費も冷え込むから、需要全体が減少して失業が拡大することになる。

Aについては、当初のおカネの受け取りと、償還時の税金による支払いの額が同じで
あるため、おカネの総量に変化はないが、増税時点で所得分配に影響を与えることに
よって起こる。そのとき、再分配の規模があまりに大きければ、各個人にとっては、
働く量と最終的に手にするおカネの額との関係が希薄になってしまう。そうなれば、
一生懸命働いても仕方がないと思い、働く意欲がなくなって、労働効率が大幅に下がる
ということである。

これらの事態が現実に起これば、労働資源の有効活用という経済政策本来の目的が
阻害されしまう。したがって、国民負担や次世代負担ではなく、この二つの意味で、
国債を無制限に蓄積してはならないのである。

260 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 08:56:46
細野豪志の両忘記(りょうぼうき)#43 『特別会計の闇』(2005/4/17)
http://www.goshi.org/index_main3.htm

■一般会計はトンネル会計
 特別会計と聞いてもピンとこない方が多いと思います。通常、国の予算といえば一般会
計を指します。社会保障費、国債、防衛費、交付金などに割振られた約80兆円の円グラ
フを皆さんご覧になったことがあると思います。
 しかし、予算の本丸は31存在する特別会計にあります。一般会計80兆円のうち50
兆円近くは特別会計に繰り入れられ、30兆円は借金返済と地方自治体に割り振られる交
付金です。一般会計はトンネルに過ぎず、我々は虚構の姿をみて一喜一憂していることに
なります。
■特別会計が幅を利かせる訳
 一般会計からの50兆円の繰り入れに加え、特別会計それぞれが独自財源を持っている
ため、特別会計の歳出合計額は、一般会計の5倍の約400兆円。この15年間で倍に膨
れ上がっています(一般会計は2割増です)。これ程、特別会計が水ぶくれしたのには訳
があります。
 第一に、予算の査定がほとんど行われないため、特別会計を所管している役所にとって
は予算確保が容易であることです。昨年、社会保険庁が、年金保険料を使ってグリーンピ
アなどの福祉施設や職員の福利厚生費に使いまくっていたのは国民年金特別会計でした。
電源特会では、一般会計で削られた予算が特別会計でしっかりと確保されている例もあり
ました。一般会計さえ格好がつけば面子が立つ財務省も実はグルなのです。塩川元議員
「母屋(本会計)でお粥(節約)、離れ(特別会計)でスキヤキ(贅沢)」という例えは
言い得て妙です。
 各省庁が特別会計を維持するもう一つのメリットは、天下り先の確保です。退職後、様
々な団体に天下り、高給を食んだ上で、何度も退職金を受け取る官僚OBは「渡り鳥」と
呼ばれています。渡り鳥が生存するためには、餌がふんだんにある水場が必要です。31
の特別会計から、各省庁の天下り先となっている特殊法人や財団法人、独立行政法人に対
する補助金や委託費の金額はあまりに巨額で、全貌を把握することは至難の業です。ここ
まで来ると、日本の予算は、あえて、分かりにくく細工されているとしか思えません。


261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 08:57:31
細野豪志の両忘記(りょうぼうき)#43
『特別会計の闇』(2005/4/17)

■特別会計の解体を
 幾つかの特別会計を調べる中で私が感じていることは、この国の800兆円にのぼる財
政赤字は、特別会計を解体することで、遠くない将来、解消できるのではないかというこ
とです。日本の財政に絶望的な展望を抱いていた私にとって、これは明るいニュースです。
独立採算を維持していた方が上手く機能する分野もあるでしょうが、一旦解体した上で、
必要に応じて新設すれば十分です。

 天下り法人のほとんどは特別会計からの補助金・委託金で成り立っていますので、特別
会計を解体すれば、ほとんどは存続できません。実は、郵貯、簡保の資金のほとんどは、
国債と天下り法人が発行する債券に投じられていますので、特別会計が解体されれば、出
資先を失う郵貯、簡保の規模は必然的に縮小する運命です。



262 :札刷ってばら撒け:2005/05/20(金) 09:41:28


 需要不足の経済状態から脱出するための理想的な経済政策は、
 政府貨幣発行を財源とする赤字予算を組むことである。

  ブキャナン(ノーベル賞受賞者)『赤字財政の政治経済学』



263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 09:57:59
>>261
>特別会計が解体されれば、出資先を失う郵貯、簡保の規模は必然的に縮小する運命です。

どちらを先にやるかかと言えば、郵政民営化そして縮小。
その結果として特別会計の縮小となる。
逆は難しいだろ。

264 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 10:03:25
>>257
低次元だから言ってるのよ。
だって腐敗が問題と言いながら、金ストレートで渡せとか
言ってるんだろ?
だから理屈ではない何かが君の思考を邪魔しているんだよ。

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 10:31:14
>>228
ちょっとまて。マイクロソフトやらの、つまり情報産業を
生み出したのはなんだ?軍事だろうが。インターネットは
軍事用に開発されたものだったんだから。

つまり情報産業という新産業は、軍事公共投資によって
生み出されたものなんだよ。あらゆるものがそうだよ。
車にしたって、電車にしたって、電話にしたって。

つまり民間に任せれば、新産業が生まれるってのは
大きな間違いで、公共投資こそが新産業を生み出すんだよ。
当然だろ。アメリカがあんなに戦争をやりたがるのも
それじゃないか?

266 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 10:44:47
>>259
俺はどうしても銀行が、「将来お金が戻ってくる」と考えて
国債を買ってるとは思えないんだけどな。

銀行からしたら、もはや永年国債を買ってるつもりなんじゃないか?
そして金利だけで充分に商売になると。そう考えてると思うな。

じゃあ例えば政府が、「今まで発行した国債を永年国債にします」
と言ったらどうなる?無論一時的に国債は暴落するだろうが、
一年を待たずして、元に戻ると思うよ。つまりまた国債が買われる。
だって国債は金利だけで商売できる商品だから。


267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 11:33:32
>>264
論破されまくってるのに、こりないね。
そっちにこそ理屈じゃない何かがあるとしか思えないが。
まず不況対策だといって、無意味で過剰な公共投資をすると
民間経済に大きな悪影響を与える。
それが重厚長大になればなるほど、
不況対策でやってたはずが、いざ好況になって、
そこを削減しようとすると、そこにかかわってた民間部門の売り上げもダメージ受けるから
ほんとに削減したら、そのせいでまた不況になると心配が起きる。
失業対策なんていう目的が、最初に来るような仕事は
はなからやらないほうが良いのだ。
金だけ渡すというのになにか問題を示唆してるんだろうが、
子供、老齢、障害、母子家庭、専業主婦
賃金労働せずに金をもらって生活してる人間はこの世にごまんといる。

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 11:51:58
>>266
不良債権になるリスクの低い適当な運用先が他にないからだと思います
よ。現金(札束)は日常払い出しに十分な量だけ金庫に入っていれば、
残りは運用した方が特ですよね。金庫に札束しまっておくだけでは増え
ませんから。
あと、国債は現金が必要な銀行には日銀が買い取ってたと思いますが。

269 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 14:40:27
>>267
ははは。あんたホントどうなってんの。
少なくとも宅建取ったて言ってしまったんだから、
それ相応の見識持とうと努力すりゃいいのに、論破
なんてそんな所に使わないんだよ。

前提知識として、日本は需要不足になりがちな国で
あってどうにか民需以外の方法で金を回さないと不
況になるとか、金だけ渡すのがどう問題かとか知ら
ないと経済の話なんて出来ないでしょうが。
子供老齢障害専業主婦なんて意味不明な頭いてー話もってくんなよ!

270 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 15:22:12
>>267
そうでは無く仕事を増やすことが重要なんだよ。
『金だけ渡す』ということは、労働をせずに所得を得てるってことでしょ?

では、あなたが不満に思った役所の受け付けはどうなるの?
貴方の見識だと、(充分な)労働をせずに所得を
得ている人になるんでないの?

働かなくて良いから金を渡せ、と言いながら、
働いてないからお金を出すな、は矛盾してるでしょ?

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 19:24:47
1働かなくてもいい、カネをやるから家で寝てろ

2働け、すればカネをやる

1は労働資源をまるまる無駄にしてるので論外。
2が正しい。

小泉構造改革はそのまんま1。
公共事業を減らして社会保障費を増やしてるから
「カネやるから家で寝てろ派」。
キチガイ政策もあと1年でようやく終わる。

272 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 19:44:29
>>270
仕事仕事ってね、
そんな意味のある仕事は言うほど簡単には作れないんだよ。
そして意味のある仕事じゃなければ、民間経済にマイナスになるてのは
実例を出して、何度も何度も書いた。
失業者が増えたら即座にどんな手を使っても無くせってのは
単なる宗教じゃないのか?
>>271
それが経済的には正しいからだ。
もっともこの10数年の不況は、民間経済の循環的な不況じゃなくて、
明らかに、政府日銀大蔵省の失敗が原因の不況だから、
多いに政府を批判するのは結構だな。


273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 19:58:48
>>270
そのような受付の仕事はもともと必要ないとすでに書いたが。
「意味の無い仕事をやってもらっては、民間人の経済の邪魔だ」と
それなら、金だけもらって家にいてくれたほうがましだと。
ちゃんと読んでるのか?
人の文章を読みも理解もしないで、一方的に批判するのは、
盲信してる人間にありがちなことだ。

274 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 20:13:44
民間投資って本当に効率的かなあと思うんですよ。
そりゃ個々の企業は生産性の向上を追及し、売上の拡大を図ろうとしているのかもしれないけど、
大体において、シェアを取ろうと同じエリアに競合店出したり、生産量上げるために工場増やしたりするじゃないですか。
でもシェア争いに負けて事業撤退とかしたら、その投資は無駄になるんですよね。空き店舗になったり工場閉鎖したり。
これでは競争が激しくなればなるほど、負け組みの不良債権が増えるような気がするんですが。
勿論競争のメリットとして市場の拡大や技術開発の加速があるとは思いますがね。

275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 20:20:29
宅建の受付の例は、あまりにも馬鹿馬鹿しくて、
誰にもその民間人のリソースの無駄な消費が明らかだから、
書いたのだが、それすらまともに理解できないような
人間が、「経済」を語るのか。
前にも言ったが、細かい論点の積み上げなしに、
経済を語ろうなんて、どだい無理な話なんだよ。
失業者さえ無くせば、経済が持続的に成長する?
財政が健全化する?
アホらしいな、詳しくその奇怪な現象の中身を
歴史からでもなんでも引っ張ってきて実例で説明したまえよ。
そのようなバランスを欠いた思想は危険だ。
もう十分に失業対策のための財政支出はされているんだ。
それでも失業が問題になるということは、
システムの最適化と効率化が足りないからだ。
高齢者を高給で雇っていて、若者が多く失業してるのは
システムの問題だ。支出不足の問題じゃない。

276 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 20:55:33
>>273
申し訳ないけど、>>257にある
『失業対策が必要なら、 生活の金だけを配るだけでいいんだよ』
ってのは貴方のレスでしょ?
人が多いから減らす、そして、その人は仕事が無ければ、
お金をもらう。 この論法はそれこそ意味無いよ(w。

しかし、『意味のある仕事じゃなければ』ってのは同意する。
公共事業などをとっても、可能な限り利便性効果の大きい、
あるいはより多数の人が受けられるサービスに使うべき。
とは言え、これまでの政府事業のそういう観点が無かったかと言えば
そうでは無いよ。 企業もそうだけど、新製品や商談が
100%成功しないのと同じく、国の事業も100%成功は困難。

それと、政府の失業対策が要らないって書いてるけど、さすがにこれは
恥ずかしいから二度と口にしない方が良いよ。

277 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:00:55
外国からの借金ではないから国の借金はいくら増えても問題ないとか
言い出す馬鹿がときどき湧いてくるが

そういう馬鹿に限って
国の借金がいくら増えても良いなら
税金を無税にして国の借金だけ無限に増やし続ければ良いのでは?と
致命的な欠陥を突かれると

突然発狂してワケの判らないことを喚き散らし出すんだが
一度くらい納得できるまともな説明を聴いてみたいもんだ


278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:03:30
>>277
今の経済状況をよく考えようね。

279 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:08:08
>>277
議論には仮定というものがあるんだよ。
そういうことも少しは考えてみようね。
動物から卒業めざしてガンバロウ!

280 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:09:06
>>275
このレスが俺宛かな。
見返したが、やはりあなたは登録に行ったと書いてある。
あなたは「私は宅建主任者である」と宣言したのだ。
リソースの無駄を思い、馬鹿馬鹿しく感じるのは道理だよなと同意した。
もうすでに語られ尽くした事実というものを前提として話し始める事があ
り、その前提を共有していなければ議論にはならない。
失業率の低下と経済成長は同義だ。逆にシステムを効率化する事で失業が
減ったり経済成長が遂げられると聞いたことが無いので説明してくれ。

また、なぜ失業者対策が嫌いなのかについても反応してくれ。嫌いと書いた
のは嫌っているとしか判断できない為。その根拠が矛盾しているからだ。
後余り長いのもきびしい。これについても再考をお願いしたい。

ついカッとなってしまったが、これについてはお詫びしたい。

281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:12:59
>>275
質問するけど、失業率を減らして
経済成長のインフレとかどうすればいいわけ?

282 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:13:15
なんか余程言ってはならないことを277が言ってしまったらしいなw

283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:15:11
>>282
自作自演してまで自説を披瀝したいの?

284 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:19:15
別に国の赤字なんていくら増えたっていい。
企業の赤字の穴埋めなんだから。
足りないからもっと垂れ流せよ。

285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:21:00
>>284
それには仮定が必要だよね。
デフレだから。失業率が高いから。潜在成長率が高いから。
金が余っているから。外国に金をたくさん貸しているから。
とかね。

286 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:21:04
>>278
>>279

よほど悔しくて仕方がないようだね。
キミたちにできるのはせいぜいこの程度だってことは良く判ってるよ。

もうキミたちにまともな説明は何一つ期待していないから。


287 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:23:01
>>286
だから頭をつかおうね。
積極財政派どういう理屈で国債の増加を容認しているか考えよう。
君は、まだスタートラインについていないんだよ。
ここに来て長いんだから、
自分が動物であることぐらい気づこうね。

288 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:24:56
よく言われる話に、借金がいくらになったら破綻するんだ?
という議論がある。

しかし裏を返せば、この議論はではいくらまでなら大丈夫なのか?
無限に借金を増やし続けて問題ないのか?という疑問には何一つ答えていない。


289 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:29:16
>>288
その発言は少しおかしいよ。
借金がいくらになったら日本は見捨てられるかというのが正しい。


290 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:29:17
ただ一つ言えることは、 無限に借金を増やし続けることだけは、不可能であると言うこと。
このことはネズミ講を考えてみれば明らか。
もし際限なき債務拡大論者がいるとすれば、永久機関やネズミ講を真面目に考えているに等しい。


291 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:29:56
>>277
物価や金利が安定してれば
無税国家でも構わないんだよ

292 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:30:53
>>276
やっと議論が近づいてきたようだ。
政府の失業対策が要らないのではなく、失業対策として
意味の無い仕事を供給する必要は無いということ。
ここの板では、穴掘って埋めれば景気回復という輩が多すぎる。
それから、不動産関連でしか役所の詳しいことはわからんが、
はっきり言って無駄な仕事の塊だ。
100パーセント近く成功なんてもんじゃない。
完全に赤点。

>>280
無駄を省くと言うから気分を害すなら、言葉を変えよう。
「行政サービスにおいて利用者の立場での効用を最大まで高める」ということだ。
前にも書いたが、宅建の書類の提出を出頭受付をやめて郵送にすれば、
浮いた時間と金は、民間市場の革新的商品、サービスに投資される。
そこで民間市場がそのぶん拡大する。
一方、宅建の受付は革新は永遠に起こさない。
だから宅建の受付システムは効率化されるべき。
このことに、なにか納得いかない部分があるのか?

293 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:34:28
上の方で税金の使い方にはほとんど無駄はないみたいなことを書いてる香具師がいるが、
一寸地方とかいくとほとんど利用者のないハコモノとか道路とかゴロゴロしてるのを見たことないんだろうか。。。


294 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:34:31
効用増加と需要増加は一致しないことに気をつけたほうが良い

295 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:36:53
>>291凄い理論だw
では一部の産油国とか除いて世界中の国家が無税国にならないのはなぜ?

296 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:38:36
>>295
「物価が安定していれば」
という仮定がつくんだよ。
仮定って言葉はわかるかな?
動物クン

297 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:38:38
>>295
仮定の文章だよ

「・・・が安定してれば」

298 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 21:38:45
>>277
誰も、無限に国債発行できると言ってないよ。

財政再建派は健全化の為に支出を減らせと言いい、
積極財政派は健全化の為に一時的に増やせと言ってるだけ。

>>292
いや、言いたい事はわかるけど、
安直な首切りを政府が行うのには賛同できない。
景気回復の為には、穴掘って埋めるだけでも効果はある。

判りやすい例はイラク戦争。 莫大な費用を政府が出したが好景気。
政府支出の先は、米国人と米国の軍需産業。
穴掘って埋めるのと変わらんけど、財政赤字が減ったのは
耳に新しいところ。

299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:40:01
>>292
意味のある仕事って何?

300 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 21:42:50
ちょっと追加。

積極財政派は健全化の為に(分母の)GDPを増やせと言ってる。

とも言える。

301 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:48:09
本質が理解できないアフォほど枝葉末節的な知識だけで判った気になるものだ

302 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:52:05
>>298
健全なケイジアンであれば借金による財政出動は不況時に留めるべきで、
好況時は逆であることを理解している

問題は自分が逝っちゃってることに気が付いていない296みたいなアフォ。
あなたのような立場は理解できるが、こういう連中は度し難い。


303 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:54:26
>>302
財政出動の財源は、借金だけではなく
日銀引受もある

304 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:54:48
使い道のない死蔵された預貯金と国債が同速度で増えてるだけ。

305 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:54:58
>>292
納得がいかない部分があるのだ。
もちろん時間効率を考えれば無駄がある事には同意する。
しかし、あなたの客の中に受付のねーちゃんまたはそれに
準ずる人がいるだろう。その理屈を推し進めると彼らの雇
用をなくせと言っている事になるが、それは困るだろう。
つまり、一面しか見ないで判断しているのではないか?

306 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 21:57:24
現在、世界経済の最大の不安定要因は、アメリカの財政・経常赤字と日本の財政赤字。

これが理解できない香具師はいっちゃってください


307 :296:2005/05/20(金) 21:58:20
>>302
だから仮定の話だって。

308 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:02:03
できればsageでやってもらえないか。

レベルが低い上に学生発言丸出しのスレが上のほうをチョロチョロするのは
目障りすぎる。

い・い・か・げ・ん・に・し・ろ  





309 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:02:54

動物とか自分で自分のことを言ってることに気が付いていない奴が居て笑える


310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:06:37
>>308

ではそのレベルの高い発言とやらの見本を見せて貰いましょう

当  然  ま  ず  ご  自  分  か  ら  ね www


311 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:08:23
>>305
仕事は無くても、金さえあれば客になる。
無駄な受付させるぐらいなら、金渡したほうがいい。
時間の損失はどうやってもカバーできない。

312 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:09:42
よほど痛いところを突かれたようだね

313 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:11:24
「無税国家実現してみろ」で論破できた気でいるヤシは
あわれだなあ。

314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:11:28
いや、でも確かにうざいな、ここ。
粘着もいるみたいだし。

315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:12:05
レベル?なんだそりゃ
自分の胸に手を当ててよく考えて見るんだな厨房


316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:15:16
>>311
需要もないのに効率化してどうする?

317 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:16:23
>>316
効率化が民間への新規需要をもたらす。

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:16:47
>>298
その「一時的」がもう10年以上も続いているわけだが・・・
だから使うにしても、「穴掘って埋める」じゃ金をドブに捨てるだけなんじゃないの、
というふうに大勢が思い始めているワケ。
要は、今までそう言われていたのが、根本から間違っているんじゃないかと。


319 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:18:44
論破できた気もなにも論破できた気にすらなれない奴はもっと哀れ


320 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:19:04
>>298
戦争によって肥大化した軍需産業を、
首切りがいかんといって、雇用を保持しようとすれば、
不況時には、どこかと戦争しなくてはならないじゃないか。

321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:19:18
>>317
だから需要がないんだって。
効率化を促進している小泉政権は
借金王政権になりつつあるじゃないか。

322 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:20:30
不必要になった組織は効率化しないと、
新規雇用創出の足を引っ張る。

323 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:20:54
>>318
穴掘って埋めてもいないんだよね。
そういう気になっているだけ。

324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:21:10
319はすごいな。完全に反論のための反論になってるw

325 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:21:47
>>322
効率化はいいけど、雇用をどうやって創出するの?
そういうのを本末転倒というのではないの?

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:21:51
>>296
ちょっと良くわからんのだが
なんで物価が安定してたら税金がタダにできるんだ?
マジで意味不明


327 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:24:43
>>321
効率化ははなはだ不徹底。まったく足りない。
たとえば各地の不動産取引協会、高給取りの天下り官僚がいるが、
そこを給与削減して、加入費用を250万から200万に下げれば、
自分なら、その余った50万で、新しい薄型テレビを買うだろう。
需要はあるのだ。


328 :296:2005/05/20(金) 22:25:02
>>326
現実世界では、札を刷ると必ず物価があがるんだよ。
だから「物価が安定していたら」という仮定があれば、
札はいくら刷っても大丈夫。税金も札を刷ってまかなえば
いいとなるわけ。現実に存在し得ない、あくまでも仮定の世界な。

329 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:26:18
>>327
おまえさん一人が50万円のテレビ買っても
景気はどうにもならんぞ。

330 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:26:23
一方、高給取りの天下り官僚はすでに薄型テレビぐらいもってるだろう。
使い道が無いから、貯金してキャピタルフライトさせてるかもしれない。

331 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:27:12
>>329
需要が無いというから、需要はあると事実で答えた。

332 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:28:25
>>331
ハナクソみたいな需要があればいいという話しではない。

333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:28:38
結局何時もこうなんだよ
少し矛盾点を突かれると「勉強して出直せ」「厨房」「池沼」
ああ、今回「動物」というのも加わったな(笑)

その実自分は何の説明もできない。
毎回無限ループのような展開。
これが連中クオリティ。


334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:29:58
うーん テレビの話はちょっと双方の意見が混同している辺りなんで
難しいな。

金だけ渡して生活保護者を増やせばよいってのは暴論だけどな。

335 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:33:51
>>333
問題は君が>>277かどうかということだな。

336 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:33:55
>>326
全額ではないが、既に一部、日銀が札刷って引き受けてくれてる。
年額14兆円だが。それでも、インフレにすらならんが。

部分的に「無税国家」が実現してるとも言える。

337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:34:35
>>328
それって矛盾してないか?
(他の条件を一定として)理論上、札を刷れば物価は上がる。
つまり、「物価が安定していれば(というより一定であればと定義すべき)」という条件自体がありえない。

338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:35:56
>>334
その前提として、効率化を実際に徹底的にやって、
民間需要がその後にまったく増えなければということだよ。
暴論というかありえない仮定の話。
薄型テレビの件でもわかるとおり、低所得者層の消費需要は
確実にあるわけだからな。

339 :296:2005/05/20(金) 22:36:59
>>337
だから仮定の世界と書いてあるだろう。

340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:38:38
>>338
民間需要が増えるという説明がないぞう。
現在はリストラ進行(効率化)で有効需要は減る一方だが。
もう見えてるんじゃない?

341 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:39:36
>>338
効率化とうのは労働者=消費者の給与も
効率化してしまうということがあるわけで。
しかも今の日本は効率化とは人件費を削る
という意味がある。
だから効率化というのものは需要を
縮小させてしまう要因でもある。

342 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:40:47
>>337
横からすまんが、たぶんそれ物価は上がるじゃなくて、
物価上昇圧力になるという事だと思う。
実際インフレになるまでにはかなりの厚みがあって、それ
がどれくらいかは説明出来ないが、まぁ何十兆かはあるん
だろう。デフレが起きてるんだし。

343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:41:12
このすれは
無税国家お論じるすれになりますた

344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:43:04
>>340
効率化の具体的な中身の話になるな。
実際に効率化されたなら、その分民間需要は増える。
効率化された金と時間の分な。
需要が増えてないということは、実際には有効な効率化はされてないわけだ。

345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:43:14
まあ動物にモノを教えるスレだね。
全然学習能力のない動物ばかりだが。

346 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:44:06
>>344
民間企業が効率化されると、基本的に増えるのは「供給」の方

347 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:44:08
>>344
リストラをどう考えているのか聞きたい。

348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:46:40
>>343
財源を日銀に求めれば破綻はないからね
問題は、どの程度まで物価上昇を容認できるか、だ

資本主義国なら、年率数パーセント

349 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:47:05
>>346>>347
民間の話はしてない。

350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:47:45
>>349
公的部門も同じ

351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:48:35
>>349
じゃあ官の構造改革で需要が増えるのか?
官は民の需要を食っていないが。

352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:49:28
>>342
現状はそうだろうね。多少インフレ圧力が働いても、デフレ圧力と相殺して打ち消されてし
まう。
だから、「他の条件を一定として」つまり、「デフレ圧力」などの他の圧力が働いていない
場合のことを仮定している。

>>339
それで、「仮定の世界」だからとのことだが、仮定の世界であっても、現実の世界と同じ
原理原則が働く世界であれば、あり得ないのでは。

つまり、科学実験と同じで、「他の条件を一定」とした場合の、現実の世界と同じ原理原
則が働く世界を仮定した場合の思考実験という前提で理解したのだが、それとも現実の世
界と同じ法則ではなくあなたの頭の中だけで通用する法則が働く世界を仮定した場合の話
なのか、それを教えて欲しい。


353 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:52:26
公的部門、公的部門に依存する民間には
なかなか市場原理が働かない。
そこでそのシステムの効率化をどうするかというのが
問題なわけだ。必要だが実際の実現が難しい。
ここを国家経済の主要問題として、主に経済板で中身を
自分が宅建の例を出したように、具体論で各論を議論してほしいのだが。
穴掘って埋めれば景気回復というレベルの人間がやたらと多い。



354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:55:11
>>353
民が公に依存しているのだから、
公を効率化したら民も共倒れになるんじゃないか?

355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:55:18
>>351
スレを全部、読んでくれ。

356 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:56:03
>>327
「総」需要が300万円であることに変わりはない。

357 :296:2005/05/20(金) 22:56:41
>>352
なんかアフォな議論になってきた。
君の経済学の技量を知りたい。

358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:58:12
>>353
それ最初から考えていたかい?
どうも登場したての頃は滅茶苦茶だったぞ。

いやいや穴掘って埋めれば景気回復には一応
納得した上での事だろうね?

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:58:51
>>336
部分的に「無税国家」という言い方が許されるなら、歳出の1/3を借金に頼っている国家は、1/3無税国家とも言えるw


360 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:58:59
>>355
官が民の需要を食っていないんだよ。
銀行は100兆円も国債買ってたりするんだろう。

361 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 22:59:08
>>354
そういう公に依存した民間も長期的にはどのみち倒れるんだから、
効率化の進展とともに、倒れるなら倒れてくれれば良い。

362 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:00:36
>>359
日銀でなく国民からの借金は
無税とはいわん罠

363 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:00:58
>>385
このスレでは考え方は首尾一貫してるが。
公共部門への依存は減らし、行政は効率化しろと。

364 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:01:58
>>361
>そういう公に依存した民間も長期的にはどのみち倒れるんだから

おまえさんも煽りを受けるわけで。
それが経済というものなんだよ。

365 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:03:29
>>364
バランスの悪い状態は長くは続かない。
これも経済だ。

366 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:03:38
>>363
経済の状態によりけりだ。
小さい政府は正しいもの。大きい政府は間違い。
と考えるのは動物だぞ。

367 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:03:44
>>357
もれは貴方の知性の技量が知りたい。
答えてよ。

368 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:04:38
>>363
んじゃ行政が効率化した結果10兆円の経費が浮きました。
んで失業者を10万人増やしました。
そうすると民間のリストラやった事と同じ現象になります。
すると需要が減るのだったぁ〜

についてどう考えますか。つまり需要が減る事に対して民間
も政府もありゃあしないって事だよ。
でもさっきのテレビの話はよかったよね。死蔵金になると思
われる金が市中に出るんだから。

369 :296:2005/05/20(金) 23:06:50
>>367
学部レベルの経済学の知識だが。

370 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:08:59
構造改革の錦の御旗をかかげる小泉が
借金を垂れ流していることを考えよう。

371 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:09:03
>>366
赤字財政の大きな政府は、確実に間違い。
財政均衡してる大きな政府ができるなら、それもいいだろう。

372 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:09:14
>>369

そう、じゃあ中学生レベルの問題だから簡単に答えれるでしょ。
答えてよ。

>>339
>それで、「仮定の世界」だからとのことだが、仮定の世界であっても、現実の世界と同じ
>原理原則が働く世界であれば、あり得ないのでは。

>つまり、科学実験と同じで、「他の条件を一定」とした場合の、現実の世界と同じ原理原
>則が働く世界を仮定した場合の思考実験という前提で理解したのだが、それとも現実の世
>界と同じ法則ではなくあなたの頭の中だけで通用する法則が働く世界を仮定した場合の話
>なのか、それを教えて欲しい。

373 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:09:47
「失業者を増やすことが効率化につながる」
「俺の需要が国の需要」

面白いことを言う奴が来たな。しばらくヲチさせてもらうよ。


374 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:10:53
>>371
自分の動物ぶりを少しは恥じような。
民に需要がない場合は大きな政府は無問題と
答えられるようになろうな。

375 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:13:25
>>374
大きな政府の中身の
システムの最適化する過程で
民間に需要が生まれる。

376 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/20(金) 23:15:08
>>368
なかなか、上手い事を書きますね。

377 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:17:09
なんか戦後すぐの発想だな


378 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:17:18
>>376
ぜんぜんうまくないな。
行政の効率化は民間の需要を増やすのだから、
雇用は民間で吸収されることになる。

379 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:18:17
>>378
だから官は民の需要をくっていない。


380 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:18:25
>>290
>>無限に借金を増やし続けることだけは、不可能であると言うこと。

そうなの?俺は無限に国債発行できるんじゃないかって思ってるんだけど。
じゃあ例えば、国債残高700兆円では財政破綻しなくて、5000兆円
だったら、財政破綻するっていう、明確な理由はあるの?
つまり国債残高がいくらになったら日本は危ないの?

破綻するんだったら、今の国債残高700兆でも破綻するには十分でしょ。
でも破綻しない。なぜ?

381 :296:2005/05/20(金) 23:19:34
>>372
じゃあ、あなたの経済学の素養をお聞きしよう。
それでお応えするかどうか決める。

382 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:20:37
>>376
いやぁいつもありがとうございます。

>>378
そうなる理由を説明してよ。まだ書いてないでしょ。

383 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:20:58
システムの効率化最適化はもともと最初から正解は無い問題であり、
現場の事情にも通じている必要もある。
だから一握りの学者の意見ではどうにもならない分野だ。
だから不特定多数の掲示板で議論するにふさわしい話題だ。
なのに、一握りの学者の意見を受けうりするような
経済の素人ばかりで困る。

384 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:23:53
>>375
このような言説が説得力を持っているのは、人間は本能的に
ゼロサム思考で考えるからなんだろう。
言い換えれば「あいつらがいい思いした分、自分は不幸になる」
ということだ。
しかし、合理的に考えると、これは常に正しいこととは限らない。
人間がなぜ経済活動をするかというと、それが両者にとって、
メリットがあるからだ。

385 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:24:33
>>381
あなたと同じで学部レベルの経済学の知識ですよ。
ただ答えられないんでまたなんだかんだ難癖付けて答えないんでしょうね。

結局説明できる人間は即答するし、なんだかんだ理由を付けて答えない人間は
単に答えられないだけだって経験で判りますのでこれ以上聞いても無駄なのでもう寝ます。

それではさようなら。

386 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:29:42
>>384
違うな。
あいつに費やした金と時間は違うことに使えた、だろ。
金と時間の配分の問題だ。当然
ゼロサムなんて議論ではまったくなく、緻密で実際的な問題だ。
それがわからんのか?


387 :296:2005/05/20(金) 23:30:43
>>385
じゃあ言うけど。動物にわかるように書いた。
論理が少しおかしくとも、動物が理解できることが先決だった。
と、書いてわかるよね?
一応言っておくが、貨幣量が増えると物価が上がるって、理解できるよね?

388 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:33:08
386の動物をうまく説得する方法をたのむ。

389 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:34:24
>>383
需要と供給のバランスなど眼中になく、
自分の効用ばかり叫べば、その説は相手に
されないのは最初から決まっているだろう。
出発点から考え直した方がよい。

390 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:37:27
>>386
おまいが金と時間を常に効率的につかえるか、という問題になる。
常にだぞ。でなければゴム印と同類だ。

391 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:38:49
財務省は何を考えてるの?
デフレなんだから税収が減るのは当たり前なのに、いまだにリフレ策をとろうとしない。
わざとやってるのか?

392 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:41:09
>>389
需給のバランスなど俯瞰して
うまく取れると思うのを
考え直したほうがよい。
すべて、実際には個別の問題から出発してるのだ。
バランスといって取れるものなら、なぜ多くの国が経済破綻したのか。

393 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:42:21
>>390
少なくとも、金と時間を民間経済に投下するのだから
民間経済にはプラスの効果と可能性がある。


394 :オット:2005/05/20(金) 23:43:38
債務ふくらむから

395 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:47:33
だからいくら国債残高が増えようが、ある時点で政府が
「国債の償還をストップします。今まで発行した国債を永年国債とします」
と宣言すればいい。それですべて問題は解決。今からすぐにでもやればいい。
なんでやらないの?


396 :オット:2005/05/20(金) 23:49:29
>>395

それ、破産宣言といっしょじゃ?

397 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:49:45
>>392
うまく取らなければならないという問題意識から
出発している。あなたの意見はとりあえず勝ったら
いいのだ。生き残ったら正義なのだと言っている
にすぎない。
個別の問題から出発している事を前提として経済
を組み立てると、計画経済とかそういう話になるん
じゃないか?

398 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:52:59
>>396
破産宣言なのかもしれないけど、だからといってなにがどうなるの?
今までと何も変わりはないんだと思うけどな。

399 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:56:21
>>397
公的部門とそこに依存する民間の持つ個別の問題をどうすればいいのかという
ことを、議論すべきだと言ってる。
そこには市場原理が働かないのだから、コンセンサスを得て変えるしかない。

400 :オット:2005/05/20(金) 23:58:11
>>398

少なくともメディアを押さえておく必要があるよ。
じゃないと国民大パニック。押さえても大パニックかも。
最悪「無政府」状態。

401 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/20(金) 23:59:44
要するにアレだ
金なら返せん

402 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:01:13
>>399
市場原理が最優先されるという時代は崩壊し去った。
今のところ、あなたの時間が無駄にされた!金が無駄にされた!
と叫んでいる様にしか聞こえないのは、それより優先すべき項目、
失業率をないがしろにした議論だからだ。

403 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:02:51
「宅建くん」と命名したいのだがどうだろう。

404 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:05:34
だから政府が、
「国債の償還をストップします。今まで発行した国債を永年国債とします」
と宣言したら、たしかに一時的な金融の混乱はあるかもしれないけど、
それはすぐに元に戻る。そして元に戻るまでに活躍するのが、
郵貯のお金なんだよ。そのお金で最低5年は持つ。

その間に、金融機関も預金者も冷静さを取り戻し、再び国債を
買うようになるし、預金者も銀行にお金を預けるようになる。
それでいいじゃん。というか、それしか方法はない。
国債の借金700兆を返す?それこそ夢物語だよ。

早く、今すぐにでも政府は宣言しろっての。

>>400
そうだろうね。メディアは日本の一番のガンだから。
わざと国民を混乱させるような報道をするかもしれない。

405 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:12:16
>>402
無駄にされたのが自分ひとりならいいが、
事実として宅建だけで一年に数万人の金と時間はそこに投下されたのだ。
行政の窓口一本化と情報のIT検索、書類の電子申請がまだまだなされてない
のを考えると、そこから抽出できる時間と金は幾らになるのか
検討もつかない。


406 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:19:49
今の日本政府に借金の返済能力はない。
役人は民間の持つ金融資産を挙げて返済能力があるとして議論している。
そういう議論が出てくる裏には、民間の金を吸い上げることを
口には出さなくとも考えているふしがあるだろう。

407 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:21:27
>>405
仮にそれらをすべて効率化によって削減したとすると、
失業率が上がるのではないか?というのが今まで数々の
人によってなされた疑問だ。

効率だけですべて語ることが出来ないと言っているのだ。
一日に一人当たり100足の靴を作ったり、20台の車を作れ
ば、全員分の雇用はないと言っているのだ。

408 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:24:39
効率が悪い手かせ足かせ寄生虫団体が多々いれば
本来勝ち組で日本で資本を投下しようと考えていた企業も
海外に出ていって結局失業につながったりするのではないかと・・・

409 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:25:29
例えば、ロシアがソ連に変わったとき、ソ連は今までの外国積を
踏み倒した。政治体制が変わったのだから返さないと。
そしたら、お金を貸していた外国はロシアに戦争を仕掛けた。
「金返せー」と。

で、日本の場合は国内積なのだから、日本人が日本政府に戦争を
仕掛けるということになる。海外に逃げるとか、預金をすべて下ろして
ドルに変えるとか。しかし外国に逃げられる人はごくわずかだろうし、
そういうふうに日本政府に攻撃を仕掛けても結局自分たちが損がいを
こうむる訳だから、無意味だといつか気づくだろう。

そういうふうに冷静さを取り戻すまでどれだけかかるかわからないけど、
五年だとして、その間は郵貯のお金を使う。まさにそれこそが小泉が
はじめにやるべきことだったはずだ。

410 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:28:19
>>408
需要がある限り日本に(も)いる。

411 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:29:08
政府がデフォルトを起こす。
→国債が紙屑に
→銀行、生保、郵貯、すべてあぼーん
→一般企業の金融業への新規参入
→経営のしっかりした金融機関誕生
→国民はまったく困らない

ということで、今の腐った金融機関は、できるだけ潰しちゃって、
トヨタとかに銀行やってもらったほうが、国民のためになるだろ。

412 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:33:12
>>407
公的部門の効率化で、得られた金と時間は
民間経済に向かうのだから、民間の労働需要は増え、
公的部門から出る失業を吸収する。
と何度も言った。
増えないのは、本質的な効率化がなされてないからだとも言った。
予算人員一律削減とか効率化の駄目な例の最たるものだな。

413 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:35:47
>>411
>>→国債が紙屑に
>>→銀行、生保、郵貯、すべてあぼーん

なんで、国債が紙くずになるの?国債は何があろうと
紙くずにはならない。国家は破産しないから。
ただ単に金利が上昇するだけ。上昇した分だけ、
銀行預金の利子も上がるだろうから、それだけ預金引き出し
も防げる。
銀行は今のうちに、たくさん国債買っとけよ。


414 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:37:19
>>412
る、るーぷしてるぞ、、、ちゅかれたよ漏れ
得られた金と時間が民間経済に向かうと、労働需要
が増える理由を何度も聞いているが。

415 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:38:16
>>411
ついでに金融庁もあぼーんがベスト。
単に機能不全を起こしていて、役に立たないだけならまだいいが、
既存の銀行を保護するために新規参入組に規制をかけてくる「能無し集団」はいらね。

416 :オット:2005/05/21(土) 00:40:08
フグ:いいんじゃない?
タツノオトシゴ:ボクにきかれても
エビ:さんせい

417 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:42:17
>>412
ややまて、労働需要は増えるだろう。失業者が増えるんだから。
労働供給が起こらないとだめでちゅよっていってたのね。

418 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:44:46
労働供給ってへんだなぁ。雇用が生まれないと、か。
ってかどうでもいいわね。ねーよお。

419 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:44:55
>>412
公的部門の失業を吸収する前に、今ある民間部門の失業を吸収してください。

420 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:45:03
>>413
日本国と日本政府は違う。
日本政府が破産しないとは誰も保証できない。

収入が50兆の人が700兆以上の借金を抱えていれば、
返済能力なしとみなされるだろ。普通。
それが人ではなく政府だとしても同じことだ。

421 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:50:05
>>420
700兆分の貯金をたらい回すだけだから無問題

422 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:52:53

国家財政破綻というよりも
日本経済の崩壊が起こると思う。

<シナリオ1>
政府が何とか国債償還を図るために
インフレ誘導するが当然金利上昇を招く

上昇した金利に対して既発行国債の価値が暴落
(市場金利より低い債権の価値は暴落する)
国債を大量に保有している金融機関の
財政状態が極度に悪化
(保有有価証券の時価評価がある)

金融機関の株価が暴落
金融システム崩壊
民間経済が麻痺

シナリオはとりあえずここまでで

423 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:52:59
>>420
よくわからん。日本政府ってのは、日本国家から切り離された
別人格じゃない。政府は国家を運営するための手段であり、
ツールに過ぎない。それ以上の意味合いはないよ。

日本政府が破綻しても、日本国は破綻しないってのはよくわからない。
日本国が破綻しないなら、日本政府も破綻しないよ。

424 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:53:48
債権×⇒債券でした

425 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 00:59:55
>>422
>>既発行国債の価値が暴落

だからこれがよくわからないんだよな。たしかに国債の売買は
ストップするかもだけど、国債の額面の金額は、国家が存続される
限り保障されるわけでしょ。永年国債になったのといっしょなわけだから。

じゃあずっと持ってればいいじゃん。金利が上昇するから、
その分利益も出るし。

426 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:01:08
>>423
自分で言ってるじゃないか。
政府は1機関だ。
国を運営する政府いう機関が潰れれば、別の機関がそれにとって代わるだけだ。


427 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:02:28
>>420
国の借金というのは、すぐ返さなくてもいいんだよ。
借り換えして、ずっと先延ばしにしていいんだよ。
国というのは、こういうズルイこともできるんだ。
個人の借金と国の借金を一緒にしてはいけないんだよ。
動物君。

428 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:04:17
国内の借金だろう。海外が相手じゃないんだ。
ある程度景気回復してからマターリ返済。だめ?

429 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 01:05:38
>>412
あまり根っこまで考えていなさそうだから、分けて考えてあげる。

まず、労働力。 失業率が高い状態で、
さらに労働力を民間へ振っても雇用需要は無い。
なので、失業利アップを招くので、君の案は不可。

次に、効率化で得られたお金。
ようするに公務員のリストラで浮いたお金ってこと?
どんな形で民間へ向けるのが示されてないのに
論議はむずかしいね。
減税?公共投資? 低所得者への支援?
技術革新などの支援? どちらにしても、総和としては
リストラ前後で大きな差は無いと考える。

430 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:09:14
>>412
>公的部門の効率化で、得られた金と時間は 民間経済に向かうのだから、
>民間の労働需要は増え、 公的部門から出る失業を吸収する。

今ね。民間に需要ないんだよ。資金も余ってるんだよ。
まず、ここを理解しよう。できたかな?話をもどすよ。
それにも関わらず公的部門を効率化してどうするの?
公の部分で余った人をどうやって吸収するの?
いつまでも動物をやっていてはダメですよ。

431 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 01:12:19
>>420
寿命を考えてみ。
人はぜいぜい70年(働けるのは40〜50年)。
企業ならまちまちだが、20〜100年とかそれ以上。
政府は数世紀単位。
無限に赤字を作ることはできなくとも、
国が無くならない限り、政府は返済能力がある。

個人の財布や経済倫理と一緒にすると理解できなくなるよ。

432 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:14:48

>だからこれがよくわからないんだよな。たしかに国債の売買は
>ストップするかもだけど、国債の額面の金額は、国家が存続される
>限り保障されるわけでしょ。永年国債になったのといっしょなわけだから。

バブル崩壊後にデフレ経済下で国債が高騰した
理由は市場金利が下がったために
高い金利設定の既発行国債の価値が増加した

こんどは単純に逆になるだけ
もし逆の動きが起きないような
市場ならば著しく不合理な市場となる。
違う?

433 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:16:23
>>432
金利が上がるということは景気がよくなるということじゃないか?

434 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:17:56

もうひとつ
「永久国債」をあなたは買いますか?
私は買いません。
金融機関も同じでしょう?

435 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:18:46
>>427
そうやって今の世代が若い世代へ借金を渡していくわけだ。
政府の借金は増税という形で、国民一人一人に重くのしかかる。
政府がズルイことをしたら、割を食うのは国民だ。しかも若い世代。

もし、自分が若い世代だと思うなら、こんな借金まみれにした老人たちに責任を取ってもらえと言うのが正常だ。



436 :量子猫:2005/05/21(土) 01:21:02
>>435
多分、諸君が年老いたときにも
同じことを時の「若い世代」から言われるだろう。

437 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:21:27

>金利が上がるということは景気がよくなるということじゃないか?

確かに景気は良くなる方向の指標です。
しかし、日本の国債残高は膨大なため
数%の金利上昇が痛手となります。
私も以前はインフレ政策で乗り切れるかも?
と考えていた時期がありましたが
ある本を読んで認識変えました。

現在、政府が思い切ったインフレ誘導政策に
打って出られないのは
そういった背景があるものと思われます。

438 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:22:50
>>429
だから給料1200千万の天下り官僚の
金200万削減してそこに使ってる経費が浮けば、
おれは薄型テレビに使うって言ってるだろ?
官僚のほうはそんな高給はあまるから貯金するだろが。
民間需要創出だよな。違うか?
自分は使うけど、他の人は使わん?
だったらアンケートでも取ってまわってみろよ。
何度も同じこと言わせるな。
民間に需要はある。

439 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:23:33
>>432
金利は市場原理で決まるのではないよ。
政策で決まるの。
プラザ合意で円高にするって約束したでしょ。それと関係があるのよ。

440 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:24:17
>>438
天下り官僚が薄型テレビ買うかどうか迷っていて、
給与を削減されたから止めた、というなら同じことだろ。

441 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:25:15
>>429
公的部門を増やせばうまくいき、
民間市場に金を投下してなんの成果もないなら、
ソ連は栄え、あまたの資本主義国はつぶれるはずだな。

442 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:25:25
>>437
民間が持っている国債は3割くらいなんだけどな。
そこは知っているよね?

443 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:26:25
>>436
いや、人口ピラミッドを考慮すると、私が老いた時代はすでに老人をは見捨てられているはずだ。
もっと早い段階で、そんな状況になるだろう。

すでに平均年齢50だぜ。

444 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:26:58
>>441
その場所、その時によって
公と民のバランスは違ってくることを
少しは理解できるようになろうな。

445 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:27:36

>金利は市場原理で決まるのではないよ。
>政策で決まるの。
>プラザ合意で円高にするって約束したでしょ。それと関係があるのよ。

確かに市場金利の決定要素に為替相場もあります
しかし、それだけではないはずです。
そもそも、政府が為替相場を完全に操作できると
考える方がむりがあります。
例えば、為替介入を行っても円高が止まらない
ことは多々あってはずです。

446 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:29:10
>>445
だから、本気で円高を止めようとはしてないんだって。
ポーズだけなの。

447 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:29:47
>>444
民間に需要がないと言う話はどこ行った。
需要はあるんだよ。
バランスが悪いから、需要のある人に金が渡らんし、
余計な時間が取られて使えないんだ。

448 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:31:07
>>447
銀行が貸し出し減らして、国債買っているのは
どういうわけなんだ?

449 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:32:41

>民間が持っている国債は3割くらいなんだけどな。

統計は把握してませんが
その「民間」以外に
どこが保有しているのですか
日銀や郵貯ということであれば
国債の暴落による影響を隠せるのでしょうか?

日銀は上場企業です
保有国債の価値が暴落すれば
日銀の株価にも影響しますし
もちろん日銀券も信用力を
失います⇒ハイパーインフレの始まり?

郵貯であれば
今は公社ですが
民営化すれば民間の企業会計で
財務諸表が作成されるので
国債暴落の影響がでるはずです


450 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:34:00
>>414
なんども言っただろが。
行政の受付に金と時間を投下しても永遠に受付は受付だが、
民間ベンチャーにその分の金と時間を投下すれば、歴史的事実として革新が生まれ、
経済成長し、雇用が創出されると。

451 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:34:00
>>449
公的部門ががっちり握っていて
どうやって暴落するの?

452 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:35:15
>>432
つまり、市場金利が上昇するがために、低い金利設定の
既発行国債の価値が減少するってこと?

うーん、でもそれは国債を売買するときの話でしょ?
国債の額面の金額は、国家がある限り補償されるわけだから。
持っている限り、永久に金利が入ってくる。

たしかに永年国債をもっている金融機関への市場評価が著しく
下がって、株価が下落するかもだけど、銀行の株価なんて
あまり意味ないというか、銀行の資金調達は株式発行ではなく、
国民の預金額でしょ。だから国債の金利が上昇する分、
利子を上げればいいんだよ。。。違うかなぁ?

453 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:36:13
>>449
あのね、株価って一般の国民の生活にはまったく関係ないって知ってた?
困る人が困ると騒いでいるだけなのよね。
あたかも国民全員が困るかのような言い方してさ。

454 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:36:16
>>450
だから需要が無いんだって。モノが売れないんだって。
ここわかる?
モノが売れない時にイノベーションが生まれるのか?
イイものを作っても失業者ばかりで、誰が買うんだ?

455 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:38:01
>>438
ただ単におまいが天下りゴム印の分を
消費しているというだけだろう。

456 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 01:38:10
>>451
国ではなくて、持っている金融機関のバランスシートが
痛んで、貸し渋りの再現という可能性も捨てきれないね。

457 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:39:31


>だから、本気で円高を止めようとはしてないんだって。
>ポーズだけなの。

とゆうか、問題は為替調整だけで市場金利操作ができる
としている点では?

インフレは起こすが金利上昇は抑える
こんなこと実現できるのでしょうか?
もしこんな芸当ができるような政府であれば
バブル経済後の金融不安は
回避できたハズでは?


458 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:40:45
>>457
インフレを起こして、後で抑えることならできるだろうね。

459 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 01:41:10
>>456
ただ、それと同時に市場金利も上がっていくだろうから、
公定歩合を低めに、もしくは時間差で長期金利が上がった後を
追従する形なら、リスクを抑えることが出来る気もする。
直感だけど(w。

460 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:41:23
>>434
俺は買うと思うよ。毎年、国債を40兆発行してるってことは、
毎年それだけ分、金融機関の預金残高が増えてるってことを
意味する。じゃあその増えた分の預金をどう使うかってことになると、
今はどこにも投資先がないわけだから、永年国債でも買って
金利で儲けたほうがよくない?

461 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:42:18
どうなてるのこのぴと?
バカの壁たかすぎて頂点がみーえーねー

462 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:43:05
スレ4の21は何がしたいんだ?

463 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:43:40
国債発行し続ける
→そのうち買い手がつかなくなる
→増税
→30年後には負担額は国民一人当たり700万を超えている
→若者を中心に納税拒否
→老人切捨て
→次第に財政復活

国債を未来に先送りできると得意げに言っていたバカがいたが、
現実問題としてありえない。
30年後の老人は切り捨てられるので、今のうちから良く考えておくように。

464 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:45:19
>>455
長年高給1200万の公務員と
給料300万のまだ若い民間人じゃ
消費意欲はぜんぜん違うだろ。

465 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:46:18
>>463
国債の買い手がつかなくなるというのは、景気が回復すると
いうことか?景気が回復すれば税収があがるし。
市中に出ている国債は日銀が回収して塩漬けにすればいいんでない?

あくまでも、チミの仮定ではそうなる。

466 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:46:37

>うーん、でもそれは国債を売買するときの話でしょ?
>国債の額面の金額は、国家がある限り補償されるわけだから。
>持っている限り、永久に金利が入ってくる。

債券の市場価格は
簡単にいうと@元本の価値とA将来金利総額の現在価値
@国債は元本保証なのでこのぶぶんはとりあえず
もんだいないとしておきます
A将来金利総額の現在価値は
受け取ることのできる金利を市場金利で割引して
計算します。
単純に国債の金利が市場金利を下回った場合
Aはマイナスになります。
これが国債価格の券面割れです。

公共部門が保有していても
国債の市場価格は逐次更新されます。
隠していれば済むものではありません。


467 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:47:20
>>454
失業してないけど、給料が低い奴が金が入ればまず買うね。
失業してる奴はその次だ。

468 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:51:38
>>463
>>国債発行し続ける
>>→そのうち買い手がつかなくなる

買い手がつかなくなるのなら、その分の資金はいったいどこに行くのよ?
金融機関がずっと持ってるの?それは駄目でしょ。
じゃあ金融機関が、その資金を大企業や中小企業に投資するの?
そうしてくれるんだったら、国債そのものを発行する必要もないんだよ。もともと。

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:51:50
需要が無いとか言ってる奴はアホだね。
おまえらは民間ではやっていけないはずだよ。

470 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:53:14

>ただ、それと同時に市場金利も上がっていくだろうから、
>公定歩合を低めに、もしくは時間差で長期金利が上がった後を
>追従する形なら、リスクを抑えることが出来る気もする。

今日の公定歩合
0.10 %(01/09/19)
これ以上どう下げるので?
いっそマイナスにしますか

471 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:54:21
>>469
新聞くらい読めよな。

472 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:54:37
>>469
おまえ宅建君だろ。まだ早かったんだよ。諦めて帰れ。

473 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:54:58
公定歩合は政策で決められ、
市場金利は横並び体質によって決められる。
それが日本の腐った現状。

474 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:56:23
公定歩合を国が決めると腐敗ですかw

475 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:56:27
金融機関は低利の国債を持ち続ける、と仮定しているヤシがいるが
金利が高騰すれば調達金利も上がって逆ざやになるだろ?

476 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:56:30
高給公務員の給与を削って、
フリーターにヘリコプターマネーしてみろよ。
消費需要なんか一発で増えるってのよ。
やれとは言わないがな。
ちゃんと行政の効率化によって削った金と時間で
リスクをとって、民間に投資したほうが良い結果が出るからな。

477 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:57:35
金利がどうやって高騰するの?
そこをまず考えよう。

478 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:58:26
>>471
行政の効率化をしてないからだよ。

479 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:59:03
>>476
投資してもいいけど、需要は無いよ。
だれもモノ買わないよ。
宅建君。

480 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 01:59:13
>>476
フリーターでは経済効果はあまり期待できない。パイが小さすぎる。

個人の資産の半分以上は65歳以上の老人が持っているんだ。
そいつを吐き出させるような政策でなければだめだな。

481 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 02:00:16
>>470
長期金利の上がって行くスピードよりも公定歩合上昇のスピードを
抑えれば、民間への貸し出利ざやを大きく取れるのではないかと
思ったのが第一点。 そこで、債権の評価損をカバーできるのではないかと
思ったのが第2点。 多少のインフレ要因にはなるけど、
金融機関がリスクを取れるだけの収益があれば、決算上は問題ないかと。



482 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:01:14
>>479
貯金してる奴が
どうしても買いたくなるようなものやサービスを作れば?
それが民間人の仕事だろ?
それで経済は発展してるんだよ。

483 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:01:20
いまのままでは金利上昇は見込めないな。

484 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:03:19
>>482
みんな失業したり、失業に脅えたりしてるのに
誰がモノを買うんだよ?

485 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:03:58
>>482
おまえはソビエト連邦を日本で復活させようとしてる
エージェントか何かとしか思えんな。

486 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:06:10
>>484
公的部門の人間をもし削ったとしても民間雇用が伸びれば
問題ないだろが。
受付削って、薄型テレビを買うと、受付の奴は電気メーカーのサポートデスクに
就職できる。

487 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:06:11
>>463
利子だけ返せば国家が続く限り先送りできるな。

488 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:07:42
まず行政の実質的な効率化達成で
純民間経済を浮揚させるのが第一だ。
順番を間違えてはいけない。

489 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:07:51
>>466
じゃあ既発行国債の金利設定を、10年ごとに更新してやれば
いいんじゃないの?10年前に発行した永久国債は、十年後
今の金利に更新される。それはだめなの?

490 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:08:31

>金利がどうやって高騰するの?

そう、そこです
金利は外的要因をぞのけば
貨幣の需要と供給から決まります。
供給よりも需要が上回れば
単純に金利上昇となります。
それを抑えるには貨幣の供給を
増やすこととなります。

一方、貨幣需要の増加自体
何を契機に発生するかは
いろいろありますが
通常は景気回復です。

今、小泉がなぜ郵政民営化に固執して
本格的な景気回復策をうちださない
(うちだせない)か、、、、
おわかりですか




491 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:09:12
>>488
公務員の首を切らないで効率化できるんですよね?
使えない公務員を民間に回されても困りますよ。

492 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:11:16
>>490
小泉サンは平成の借金王ですが、何か?

493 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:11:18
>>490
じゃあ、貨幣需要が増えた分だけ貨幣供給を増やしてやれば
金利は上昇しないわけ?


494 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:13:57
>>491
需要が伸びました。人員増が必要です。
ニートと元公務員が面接に来ました。
どっち取る?

495 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:15:27
>>494
宅建君。需要はまだ伸びていませんよw
効率化するのに公務員の首を切るんですか?
切らないんですか?

496 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:17:31

>じゃあ、貨幣需要が増えた分だけ貨幣供給を増やしてやれば
>金利は上昇しないわけ?

理論上はそうなるでしょう
ただ、貨幣価値は下落します
つまりインフレです。
そこで収まればよいですが
市場はそんなに機敏に反応しません
超過供給によるオーバーシュートが発生し
金利の乱高下、経済の混乱が懸念されます。


497 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 02:17:33
>>490
>本格的な景気回復策をうちださない

ぜひ、教えてください。

498 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:17:41
>>490
教科書にはそう書いてあるかもしれないけど、
実際には、金利は銀行が儲かるかどうかで決まるんだよ。

本来は銀行は利息をもっと支払わねばならない。
貸付金利との差分をもっと縮小しなければならない。
なぜなら、預金者の利息を自分たちの失敗の補填に使ってるんだから。

499 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:19:54

>>本格的な景気回復策をうちださない

>ぜひ、教えてください。

そんなのあれば教えてくれということでしょうか?

景気回復策は
ここの板の趣旨とはズレので
あまり触れない方がよいかと

その部分は無視してくれていいです

500 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:23:01
景気が良くなれば税収が増えるじょ

501 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:26:19

>教科書にはそう書いてあるかもしれないけど、
>実際には、金利は銀行が儲かるかどうかで決まるんだよ。

>本来は銀行は利息をもっと支払わねばならない。
>貸付金利との差分をもっと縮小しなければならない。
>なぜなら、預金者の利息を自分たちの失敗の補填に使ってるんだから。

いいたいことは分かります。
教科書理論を前面に打ち出す気はありません。

逆に考えてほしいのは
インフレがある程度大きくなってきたときに
銀行様に預金を続ける人はいるでしょうか?
インフレをしつつ金利を低く抑える
という神業的な政策が実行できても
肝心の民間が現物資産への資産逃避
(為替の議論を置いて、外貨への逃避)
などが起こるのでは?
銀行様の頼みの綱「我々の預金」
がなくなれば破綻だよね

まあ、国民総白雉なので
意外とインフレで金利が上がらなくても
預金を続けるかもしれんが

502 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:27:17
財政支出で80兆バラまいて税収40兆しか回収できないから、
残りはすべて国債で吸収する。

要するに税収で回収できる割合が少なければ少ないほど
国債で吸収できる分は多くなる。だからむしろ税収は
減ったほうが好都合。

503 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:29:57
>>495
効率化=人員削減とは限らないな。
そういうケースもあるだろ。
とにかく、人員が何人とかではなく、
民間経済にプラスの方向に向かえばよいのだ。
民間の発展を阻害してるようなものを排除すれば、
需要はその時点から3ヶ月もたたずに前より伸びる。


504 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:30:15
この情報化時代に預金を続ける人は田舎の年寄り位じゃないでしょうかね〜

505 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:31:05
>>501
インフレが加熱するとは、かなり景気がいいじゃないの?

506 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/21(土) 02:34:03
>>499
いいえ、ほんとに知りたいのですが・・・。
まぁ、気が向いたら教えてくださいな。

>>501
あー、なるほど。  ちょっとこれは熟考します。

507 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:34:45
この情報化時代に預金を続けないのは
職なし金なしのニートやキモオタや童貞じゃないですか?

508 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:37:10
>>503
供給力がついても需要ないと何度言ったら

509 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:38:13

情報化時代だからこそ
貨幣(日本円)は目減りしていく!
という情報が蔓延した場合に
パニックが起こるかも

510 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:40:34
>>509
その通り。あっという間ですよ。

511 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:40:44
>>509
馬鹿?
国債でも買うのか?

512 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:42:09
>>508
公的部門の実質的な効率化で
民間需要が速やかに喚起されるというなんども言ってる話を
意図的に無視してないか?
それに民間が人の欲しがるサービスや物を提供する努力と成果が
なかったら、民間人はいったいなんの仕事してるんだ?
全員ルーチンワークか?
どこの国の話をしてるんだ?

513 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:43:21

預金封鎖や財産税
の書籍がたくさん出版されているのも
分かりますよね

読んでみた方がいいですよ

私は少ししか読んでないけど


514 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:44:50
>>490
ここでの話は、政府がデフォルトを宣言したときに、
一時的に国債の金利が上昇するって話でしょ?
しかし金利が上昇するってことは、持っていれば
金利がたくさん懐に入ってくるわけだから、
国債を売らないような力が働く。あるいは国債を買うような
力が働く。そしたらいつか通常の金利に落ち着くんじゃないの?

あるいは、景気回復による金利上昇の場合、その分
税収が伸びるから問題なんでね?

515 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:45:12
>>504
そういう田舎の年寄りが一番金持ってるという日本の現実を知らんのかね。
だから、なぜ医療費やバスがタダなのかおかしいとは思わない?
金持ちがタダで、日々の生活も大変な若い世代が金取られるんだぞ。
しかも、将来年金だってもらえるかどうか分からないんだ。

516 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:46:09
>>513
馬鹿?
破綻本なんか読んでんじゃねーよw

517 :514:2005/05/21(土) 02:46:28
>>514
問題なんでね?→問題ないんでね?

518 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:49:56

>ここでの話は、政府がデフォルトを宣言したときに、
>一時的に国債の金利が上昇するって話でしょ?

基本的に国債は固定金利ですが

また、デフォルトを宣言すれば
その時点で国債は紙切れですが?


519 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:50:57
   ∩_ _ ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=− もう手遅れ! 円はゴミクズ!
    ミ⊃ ⊃   ≡=−
    (⌒__)っ  ≡=−
     し'´≡=−

  −=≡   _ _∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  インフレ!金利高騰!ヤミゴメヤミ市場!
−=≡   ⊂ ⊂彡      海外移住しかない!
 −=≡  ( ⌒)
  −=≡  cし'

      破綻バカ(イメージ図)

520 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:52:49
>>515
田舎の年寄りという意味は、郵便局か農協しかない山奥の年寄りということ。
そいつらはあんまり金持っとらん。


521 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:54:10
>>518
だから国債が紙切れになることは基本的にはないよ。
国家は倒産しないから、永久に借金を取り立てることが
できるよ。
ただ政府がデフォルトするっていうのは、「国債の償還を
ストップします。こっちが返せるときに返します」ってこと。
つまり永年国債にします、ってこと。でも金利は払いますよと。

522 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:54:16
流動性のワナもわからん馬鹿がいるな。

523 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:57:04
>>512
どこに書いとるんだよw
言っとくが薄型テレビが一万台じゃたりねーぞ。
何十兆円かしらんが経費を浮かした金額が継続的
に需要として現れないとだめだといっとろーが。

524 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 02:58:52
現金持っているのが一番合理的なのに。

525 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:00:04

理解に困るひと多いですね

ここで、政府寄りの意見が多いのに驚きました。

現状で政府の擁護をしても何の利益も生まないかと
思いますが。

破綻が杞憂に終わり、資産逃避をした人が損失を
蒙るかもしれませんが、ここでは、破綻あ前提で
どういう破綻(私は経済破綻)過程ががおこりうるかと
いう議論をしたかったのですが、どうも根本的にズレテル方が多いようで。

その点では、日本の戦後教育による総白チ化はかなり
進んでいますね。

最低、複式簿記(最低日商1級程度)を学んだ
人と議論したいです
少しはまともな人もいるか期待しましたが
残念です。
明日も仕事なので寝ます。

ではさようなら

526 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:00:52
政府がデフォルトしなくても、国債が紙くず同然になることはある

527 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:01:34
>>525
君こそ白痴じゃないのか?
財政破綻キャンペーンやってるのは財務省の連中だぞ。

528 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:03:39
 \\ハイパーインフレ! ハイパーインフレ! ハイパーインフレ! ハイパーインフレ!//
   \\  財政破綻! 財政破綻! 財政破綻! 財政破綻! 財政破綻! //

       _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.  
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡 
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡  
    _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.     _  ∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   | 
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.

529 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:12:13
>>525
俺は普通に「日本の国債残高が原因で、財政破綻するのか?」
ってことを議論したかったんだけど?
俺は絶対にしないと思う。国内積で財政破綻した国家は、
人類の歴史でひとつもないから。

それをわかってて議論してんの?なんのために?
「破綻するぞ、破綻するぞ」と言いたいだけ?
それが困るんだよ。そういうこと言って、国民が余計な危機感を
持っちゃうから、いわゆる改革派がのさばることになるんだよ。
そしてどんどん日本が自由経済化されていく。

530 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:25:56
おい、ちょっと待てよ
このままのペースで借金重ねていったら2025年には借金2500兆円になる試算らしいぞ
誰が国債買ってくれるんだ?日銀か?そんな事したら円が暴落するだろ?

おとなしく現物に変えとけ。何も起こらなかったらまた円に戻せばいいじゃないか

531 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:37:12
世界の歴史で見れば、政府が自国民に大量の借金をしていた場合、

@紙幣をたくさん刷ってハイパーインフレにする。
@キャピタル・レビュー(国債に対して税率100%の課税を
 して帳消しにする)を実施する。
@国債の償還を一時ストップし、すべての国債を永久積にする。

この三つしかない。いずれ必ずやるしかないんだから、さっさとやれと。
本当に今すぐにやれ。それで一時的に混乱はあるかもしれないが、
このまま「国の借金返さなきゃ」と全国民が不安がって、さらにその
不安感をアメリカに利用されて、いいようにやられるよりかは、はるかにましだ。

バンとやれ。痛みはほんの一時で終わる。

532 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:41:41
国民の円資産は無価値になる
どうがんばってもそれだけは避けられそうにない

533 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:42:47
団塊の世代が定年退職して預金取り崩し世代になる。
国債引き受け原資の1400兆の金融資産なんかあっという間になくなっていくぞ。


534 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:45:37
>>533
そら結構。

535 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:45:40
今後数年で、金融機関は国債を腹一杯抱えて身動き取れなくなる
本当の修羅場はその後かな

536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:45:50
>>531
今やるのは反対だ。
官制経済肥大化の構造を断ち切ってからにしてくれ。
そうすれば大歓迎だ。

537 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:52:23
>>535
「融資先が無くなって身動き取れなくなる」の間違いでは?

538 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:54:39
>>532
そう。それもこれも、日本国民がアリンコのように貯金ばかりするからだ。
アメリカ人のように、稼いだらすぐに使えばいいのに。
日本人は、日本人の貯蓄を美徳とする国民性に敗北したのだよ。

539 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 03:58:25
>>538
素直に政府が使えばよい。
ありとあらゆる不足インフラを補えばよい。
さし当たっては警察と軍事。

540 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 04:00:50
日本人は、稼いだ金を銀行に貯蓄しまくる性質があるから、
その資産を国が借り受けて国内で回してやる必要がある。
その際に、国債というものを発行しなきゃいけない。
日本人が銀行に貯蓄しまくる限り、国債残高はとんでもなく膨らんでいく。

それをどうにかするには、政府がデフォルト宣言するしかない。
そして円通貨は無価値に。日本人は日本人に敗北した。

541 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 04:12:27
>>539
しかし小泉改革によって、日本政府が使うこともままならなく
なったんだよ。
じゃあ政府が使えなくなった資産はどこへ行くのか?
アメリカに流れるように、システムを作り変えてる。

そんなことはもうさせない。デフォルトしかない。
小泉政権が誕生する前にやっときゃよかった。

542 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 05:29:16
>>540
国の資金と民間の資金、ことはそんなに単純ではない。
今雇用者報酬が物凄い勢いで下落し続ける中、家計の貯蓄はマイナスである。

逆に、人件費をいくらでも切り刻める企業はせっせと貯蓄に励んでいる。
企業は将来収益が見込めれば、速やかに資金余剰を設備投資に回し、
さらに市場資金の借り手として本来の機能を発揮し始めるであろう。

であるから企業の投資活動を活発化させるには、
国による莫大な公共投資をまず行わなければならない。
その金額は真水100兆円と考えてよい。

543 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 06:04:42
>であるから企業の投資活動を活発化させるには、
>国による莫大な公共投資をまず行わなければならない。
>その金額は真水100兆円と考えてよい。

もうやめてくれ!


544 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 06:49:34
企業の借金残高は劇的に減っている。
国の借金残高は劇的に増えている。

ただのシーソーゲームでつ

545 :オット:2005/05/21(土) 07:10:57
永年国債にするとして、その金利はどうやって支払うんだろ。
また国債発行するのか?誰も買わないでしょ。

546 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 07:52:44
本当に無責任な連中が国債の増発を主張する、自分だけ
よければ良いと考える人間達だ。

この連中は、金は自分達が使い返済は他人の預金又は
60年後の子供達にと考えるエゴイスト達である。

いまの日本の借金約1000兆円の利息だけでもまともに
返済できず、新たな赤字国債を約35兆円発行する現状。

それに加え国債の満期による返済が不可能な為、60年
の借換え債を90兆円位毎年発行し自転車操業をしている。

これでも、尚国債を発行すると言う連中は泥棒である。

547 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 08:20:01
お金の配分と流通の問題でいうと、
誰かが何かをして、対価としてお金を得て、誰かが、いつかそれを使う。

流通量の確保をタテにして、誰が何に使うかを問わない体制。

548 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 08:46:16
日本の公共事業は公共と言いながら、実質上私益事業になっている。
やることはこれに関わった連中から財産没収だろ。

549 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 09:07:32
国家経済が破綻しようがしまいが、
行政の効率化は徹底的にやらなければならない。
なぜなら日本という国土と国民は
円の価値とは別に不滅だからだ。

550 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 09:17:38
>>549
> 国家経済が破綻しようがしまいが、
> 行政の効率化は徹底的にやらなければならない。

 行政の効率化をして破綻するなら、それをしないで破綻回避する方がはるかにマシだと思うが。



551 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 09:26:58
>>550
行政の効率化はいつなんどきも不可欠。



552 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 10:17:01
>>542
>>企業は将来収益が見込めれば、速やかに資金余剰を設備投資に回し、
>>さらに市場資金の借り手として本来の機能を発揮し始めるであろう。

そう、そう。こういうふうになるようにしなきゃいけないんだよな。
民間の大企業がバンバン銀行からお金を借りて、バンバン新事業を
開拓していく。こうするための構造改革でしょ。

こうならなきゃいけないのに、今現在の大企業はリストラすることに
必死だからなぁ。リストラすればするほど、売上は下がるけど、利益は上がると。
一定のパイを少数で独り占め。企業としては黒字になるだろうけど、
日本全体としては大量の失業者を生み出すから、激しくマイナスになる。

こうなるのであれば、やっぱり国が率先して公共事業をして、新事業を
開拓していくしかない。資金は銀行に溜まりに溜まってるわけだから。
おっしゃるとおり、警察の軍事が一番効果的。特に軍事なんて、日本は
北朝鮮が上にあって、危険な立場にいるわけだから、どれだけ資金
つぎ込んでも惜しくはない。防衛軍事産業って新産業ができる。

なのに、小泉は軍事費削減。アホですか?アメリカにすべて頼りたいってだけ?

553 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:02:31
ここはバカの壁を突き破るスレ。
動物共を啓蒙しなくては。

554 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:04:34
>>551
行政の効率化と財政の改善はあんまり関係ないことを理解しような。
財政悪化の原因は税収の低下。小泉は借金大王。

555 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:09:46
>>554
まるで根拠無し

556 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:13:39
>>554
行政の効率化は、当然日銀の業務も含まれるわけだから、
財政の改善にあんまり関係ないというのは
愚かとしか言いようが無い。
この10年不況の根源がそこにあるのに。

557 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:40:26
>>554
公務員の給与半減するだけで財政改善はかなりすすむ。
民間企業では人員を30%削減しても業務効率は低下しない、という経験則がある。
公務員なら50%以上でも問題なかろう。
というか、余分な仕事をしなくなるからサービスは向上するかも。

558 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:47:20
>>557
公務員の首を切るってこと?
きられた公務員はどこ行くんだ?

559 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:50:50
>>555
おまえ税収がどれくらい落ち込んでいるかの知っているの?
ばか?

560 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 11:59:29
>>557
>民間企業では人員を30%削減しても業務効率は低下しない、
>という経験則がある。
リストラやった時点でその企業は駄目企業だよな。

561 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/05/21(土) 12:00:01
>>558

大阪市西成区愛隣地区

562 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 12:00:40
>>558
ハローワーク

563 :?金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 12:01:43
>>558
隅田川、多摩川、淀川、大阪城公園

564 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 12:33:53
リストラやるのはただの無能経営者。


565 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 13:09:34
どうせ破綻するのは目に見えてるんだから、今すぐリセットしたほうが良い。
市場が混乱したとしても、国民にはまったく影響は出ない。


566 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 13:18:37
各金融機関合計で300万円以上貯金をしたら、ガッポリ税金頂くとかいう制度にすれば良かったのに
そしたら必要以上の金を銀行に預けないはず。
そうなると自宅でタンス預金するようになるけど、「不安だから紙幣を物に変えて保管しよう」となったのでは?
そしたら、物が凄まじく売れるようになって異常な景気上昇になったかもね

国債を発行しまくるという強引な方法では弊害ばかりが目立つよね
といっても、もう既に何やっても手遅れだけど
バブルが弾けた直後に何らかの対策やってれば、まだ何とかなったんだろうけど
国会議員は誰も「率先して自分が何かやろう」としなかったからね

567 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:25:24
>>558
民間の失業者と同じ目にあうのさ。ww

568 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:28:33
その悲惨さは間違いなく民間の失業者どころではなかろう…。だからこそ
多くの人にとってはそれこそ「ざまあ見ろ!」だろう。

569 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:29:35
>>560
>リストラやった時点でその企業は駄目企業だよな。

リストラとは首切りがすべてではない。
成長分野を見つけて人を動かす。
どうにも使い道のないヤシはクビにする。
きわめて合理的だ。
ただ、公務員の場合には成長分野がない。
だから百姓やってもらうしかない。


570 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:30:24
>>568
それが経済と何の関係があるって言うんだか…


571 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:36:44
>>570
大いにあるだろうが。
くだらない関所をいっぱい作って偉そうにしてるヤシがいなくなるだけでも民は活性化する。
さらに、官が独占していた事業を民に渡せば遙かにうまくいくぜ。

572 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:42:53

>官が独占していた事業を民に渡せば遙かにうまくいくぜ。

渡された民が収縮して(リストラして)適当なサヤに収まるだけ。
活性化とは逆の方向。

573 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:48:13
>>572
そんな事業はもともと存在する価値がなかった、とだけ言っておこう。

574 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 14:56:38

民に渡せば遙かにうまくいく、どころか存在価値がなくなるんでつねw

575 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 16:33:01
物と交換する為の媒介として政府が貨幣を作ったんだろ?
そんなら貨幣は交換券だよな。蓄財機能も持ってるよな。
それを誰かが貯めすぎた為に、市中には労働の対価として
交換券を貰えない人が出て、失業が発生したんだよな。
だから誰かが使わないといけなくなった。
それで政府が代わりに使った。

ここまでのまとめ:労働が常に報われるとは限らないので
失業が発生する。失業を認めると交換券を使う人が減るの
で失業は拡大する。だから政府は代わりに交換券を使った。

で、その交換券とはなにかだが、交換券は交換券でしかなく、
それ以外の価値はない。政府は無限に作る事も出来る。

これだけの話じゃないか?なにがわからんのかわからん。

576 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 16:57:45
向かうべきさきは、国部門の人間の給料を減らして民間に
落とせや、宅建君の意見の内、納入金を有効需要に振り向
けろという部分であって、借金を有効需要を減らしてまで
も返してまえの方ではない。

577 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 17:31:34
>>575
>民に渡せば遙かにうまくいく、どころか存在価値がなくなるんでつねw

官制経済(特殊法人など)の事業の多くは存在価値のないものばかり。
価値を生み出さないものは潰すに限る。当たり前の話。
おまいさんの将来も読めるだろう。

578 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 17:47:16
>>577
>官制経済(特殊法人など)の事業の多くは存在価値のないものばかり。

具体例を

579 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 17:49:32
>>578
石井紘基の本に詳しく載ってるから勉強してくれ

580 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 17:58:28
>>579
石井紘基の本には具体例が何も書かれていない。

581 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 18:02:30
>>580
理解したくないヤシに何を言ってもむだ

582 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 18:10:58
国債増発は税収減だということを何度でも言う。
おまいら動物ドモがわかるまで繰り返す。

583 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 18:15:14
嵐はカエレ!

584 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 18:36:20
>>582
会計恒等式にあってませんよ。
支出が増加すれば同じだけ税収が増加するんです。

585 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 19:47:13
やっぱ、最終的には乗り越えられない壁があるみたいね。
短期間だからしかたないのかなぁ


586 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 19:53:59
馬鹿の壁は高いよ。

587 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 20:02:27
初めは、そりゃまたどんな高さなんかいなとおもて突撃してみたが、
討ち死にだよ。
まぁでも、過去のこういう機会に勉強始めた口だから、懲りずに続け
てみよっと。

588 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 20:17:58
ここにカキコしているのは動物だけど
ROMっているのに財政破綻はおかしいと
気づく奴もいるから、決して無駄ではない。

589 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 20:21:01
ははは。そうだね!(青春漫画風に)

590 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 20:24:12
おれなんかニュー速で動物相手に奮戦しているよ。
あいつら倒しても倒してもわきでてくるゾンビだよ。
今は時間がないから、行ってないけど。
時間ができたら、また行くど。

591 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 20:38:33
お〜!

592 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 21:20:16
上から金さえを落とせば、他の論点はまったく考慮しなくても
持続的な経済成長が達成されるとか
思ってるなら
そっちのほうがよっぽど動物だろが。
目先の景気なんか、今はまったく論点じゃないんだ。
そんなものいつでも達成できるんだからな。
ああだこうだ行って奴は、官か、それに依存してる既得権益の民間人だろ。
見ぐるしいぞ。
早くこいつらをなんとかしないと、ますます国民に被害が広がる。

593 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 21:51:15
財政破綻はありえないだろ。
日銀が国債全部引き受けて刷りまくればいいんだから。

それよりも、日銀が何百兆まで引き受けるとインフレが
起こるかを予想するほうが有意義じゃねぇのか?

594 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 21:55:57
>>592
誰に提出された論点だ?マスゴミのならいらん。
既得権益の連中をなんとかしたいなら、そう言えばいい。
別に反対しないぞ。むしろ賛同しよう。
だが、景気を無視して既得権益を破壊しようとするのは
反対だ。既得権益は生き残り、景気が死ぬだけだ。
現に過去十数年そうだったじゃないか。

景気を回復しながら情報開示という主張をしたほうがいいぞ。
不動産屋も増殖中だ。お前、死ぬぞ。

595 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 21:57:11
>>592
だから税収があがらないのが問題なんだって。
ほんとに頭悪いねー

596 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:06:32
>>595
税収と景気がリンクするような経済がそもそも駄目だ!

597 :オット:2005/05/21(土) 22:07:17
他人のことをどうこういうよりも
破綻しようがしまいが、資産から充分なキャッシュフローが
得られるようにすればいいのでは、と。

598 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:10:21
骨太の民間経済!!!!

自浄能力もない公に頼ったひ弱な民間経済は終わりだ。

599 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:17:31
余ってるのを怠けさせないのが公の役目。逆だよ。

600 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:20:01
>>599
そして要らぬ関所を作りまくって、
民間経済の発展を阻害すると。
邪魔だから消えてくれ。
もうそういう単一大量生産型の思考回路持った
少数の指導者などは必要ないのだ。
用無しだ。

601 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:22:12
>>597
破綻話はおいといて、不景気で客がばたばた倒
れていきゃ商売あがったりじゃわい。
金融資産も同じ。人がいないとだめぽだろう。

602 :593:2005/05/21(土) 22:27:39
華麗にスルーですか・・・orz

603 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:33:42
>>602
今の所、日銀が自主的にそうするとは思ってないからなぁ。

日銀をがんじがらめに固めているのは何か?とかも知りたい
けど、分らない気がするよなぁ。

今は宅建君の頭の中身に興味アリ。
もし上手く解剖できれば一発逆転ヌー速君が出来そう。

604 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:37:22
>>598
おまえも一緒に終わりになるのだが、それでいいのか?

605 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:39:40
「役人を叩けば、民間が強くなる」という理屈は、限られた資源を
奪い合っている動物たちには、本能的に分かりやすいんだろう。

606 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:40:43
>>604
それで終わりになるなら、なったほうが良い。

607 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:41:36
>>606
じゃあ、おまいは迷惑のかからんように樹海でも池w

608 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:42:38
終わってる人間のみちづれはいやづら

609 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:42:48
>>605
役人の役割の変化に気づかないアホがたくさんいるからさ。
役人は必要だよ。
民間経済の経済を阻害するもののうち、採算の取れないことを
リスクを取って、低コストでやってもらわなきゃならない。
そういう役人は必要だ。
民間をご指導くださる役人などは要らん。用無しだ。

610 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:48:29
終末思想オタ乙

611 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:48:32
いつまで経っても統一感が出てこないな。
やっぱ自分の利益を主張しているだけでは?

612 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:49:08
おまいら日本は3月に破綻したんだじょー

613 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:49:52
終わってる人間(寄生虫公務員)のみちづれ(ヘタレ民間人)

614 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 22:56:53
>>611
経済はそんな単純な問題じゃないと、
単細胞の国債どうこう厨に教えてるんだよ。

615 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:02:29
宅建君には財政問題は、ちと難しすぎるな。

616 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:05:38
>>614
いやぁそうは見えないな。
非常に狭い範囲しか見ないで全体を判断し、それが正当な行為
であるように振舞っているとしか思えない。
それを証拠に何も答えられないし、論理関係もめちゃだ。
みんなその辺にいるチンピラかなんかと思ってるよ。

まずは、こちらの主張を理解した後に、どこが納得出
来ないorこれではいけないを提出しなけりゃいけないだろ?
だけど、こちらの主張を理解できてるともみんな考えてない
訳よ。だから話は平行線。この状況を打破してくれ。先生。

617 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:07:26
>>615
何か理解の難しい話がひとつでも出たっけ?
アホみたいに単純粗暴な話ばかりじゃないか。
個別の論点を議論しようと言ってるのに。

618 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:11:03
>>616
>>617
馬鹿の壁は高いよ。
宅建君は何レスかさねても。
国債増発は官の無駄とか言っているしね。
やっぱり経済の素養の無い人には難しいんだお。

619 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:16:02
>>618
だから一方的に国債増発なんてのも馬鹿の議論だな。
どこに金が流通するか、何に使われてるかの論点がなきゃ
無意味だと言ってるんだろうが。

620 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:19:36
>>619
そういう馬鹿にモノを教えるのは難しいわけよ。
何度言ってもダメなんだ。
でも国債増発しているのは官僚が無駄メシ食っている、
というのがおバカちゃんには、ものすごくわかりやすい。
間違っていても、わかりやすいから信じてしまうんだよ。

621 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:19:38
>>619
なぜ無意味か説明してくれ。
なお俺が知りたいんだという主張はいらない。

622 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:30:35
>>619
まだ君が「穴掘って景気回復」の意味のなんたるかを
理解していると判断できない。
それからの話になると思う。

623 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:33:31
銀行、郵貯の総預金残高推移のデータどっかにのってないですか?

国債発行分増えてる?増えてなければいつかリミットがあるよね。

624 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:36:18
>>621
国債というからには、当然銀行の問題も含むよな?
バブルの失敗の処理がこんなにも遅れてるのは、銀行の経営実態の分析に
10年もかかってるからだろ?問題勃発から数年たってもいったい実態は
どうなってるのかわからないと。
正常債権だ、いや破綻懸念先だと区分の問題を議論しだしたのもはるか後、
UFJの不良債権隠しの検査忌避の問題とかごく最近のことだよな。
おおよそでも正しい実態がわからなきゃ、まったく対処のしようがない。
それがわからないのに、いついつ経済破綻するとか、国債増発で景気回復とか
無責任な占いみたいなもんだ。
さて、郵貯、中身どうなってるんですかな?

625 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:41:13
>>623
財務省が出しているのとかいいんでない。

626 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:50:53
>>623
データ見ると橋本と小泉の政策失敗が
如実に出ていて笑えるよ。

627 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:52:28
正しい数字をリアルタイムで持ってない日銀が、
インフレターゲットなんて、
幼稚園児に機関銃もたせてるようなもんだ。
日本はこの手のことが多すぎる。
偵察衛星ももってないのに、北朝鮮ミサイル問題の分析とかな。
旧日本軍の過ちを延々と繰り返してる。

628 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:53:30
>>627
偵察衛星はもっているよ。

629 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:55:28
>>624
為替介入資金の30兆円とかあるからね。
あれなんて、どういう分類なんだろうか?

630 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:56:22
>>624
そんなん後50年経ってやっと出てくるかどうかの話だろ。

631 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/21(土) 23:57:09
>>628
最近になって、ようやく持ったんだろ?
しかも解像度の低い偵察衛星を。

632 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:00:59
だから、個別の問題を詳しく検証しなきゃ駄目だと言ってるんだ。
実態もわからないくせに正しい対処が出来るかっ!
そういうリスクが取りたいなら
自分の金で中国にでも投資するんだな。
日本でやるな。


633 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:01:44
「官が無駄を垂れ流すので、国債が増えている」
という嘘はなんとかしてほしいな。

634 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:03:05
>>632
んじゃ革命でもしてすべてを明らかにしてくれ。
期待しとるぞ。

635 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:04:40
>>632
財務省のレポートくらいは見ないとダメだな。
あるから探してこいよ。
俺は動物にレスするときは、みながらやっている。

636 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:06:25
>>634
革命は要らない。
第三者を立てて、強制的に調査すればいいのだ。
その前に、事実であるという宣誓書と
虚偽報告に対する震え上がるような罰則を用意してからな。

637 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:07:42
>>636
「国債管理政策の現状と今後の展望」
というのがいいぞ。

638 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:17:59
>>637
http://www.mof.go.jp/singikai/kokusai/siryou/d161105b.pdf
これか?
よく見るデータがのってるな。
何か、世間様が知らない新事実でもあるのか?

639 :637:2005/05/22(日) 00:22:18
>>638
べつに新事実はない。
世間様は、そこにのっているデータをあまり知らない。

640 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:25:15
めっちゃ遠い話になってきたなぁ〜
実現するかなそういうのって。

641 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:43:18
   ┏━━━[工作にだまされるな]━━━━━━
   ┃
   ┃    「税金が足りないのが国債増発原因」        
   ┃         
   ┃  
   。  。   
  ハ,,ハ   /   
 ≧,,゚ー゚≦/━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (  )つ
  (__,,)_,,)




642 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 00:52:11
郵貯民営化もそういう大雑把な思考回路が発動してるよな。
民営化すれば監査法人付くし、詳しい財務データも出てくるからいいやみたいな。
そんなもの民営化するまえに徹底的に検査しろって話だ。
じゃなきゃどう影響が出てくるかなんて
わからないじゃないか。

643 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 01:57:29
>>642
そういうのが簡単に出てくるほど甘くはない
道路公団民営化で官僚がいかに情報隠しをしていたか知っているだろう
民営化して、外資にでも渡せばすっきりするが

644 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:00:13
なんか国民とか労働者という見地ではなく、1消費者の視点でばかり物を見ているというか、
民間企業に対する、その楽観的な期待と信頼は何なのだろうかと思ってしまうね。
「お客様は神様」だから、企業はいつも消費者利益にかなった行動をするはずだ、とか考えて
いるのだろうか。


645 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:01:29
>>643
まずそういうことは、
虚偽報告、知ってるが知らせなかったような
公務員に課す重罰を設定してから言ってくれ。

646 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:02:09
民間は玉石混淆
官は石ばっか
これが実態

647 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:11:22
なんだお花畑の住人か。

648 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:19:15
>>644
民間企業にはたいてい選択の余地はある。
信頼してなくても、より良いと思うほうを選べる。
日本に居ながら、より良い中央銀行、より良い行政府を選べるだろうか。
選べるならば、現状のそれは選ばないが。
量的緩和など意味不明のことで、何か仕事をした気になってる日銀は特に。

649 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:23:15
>>648
国債増発問題と関係があるの?

650 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:27:07
宅建君をみると何も学んでないことがよくわかる。
馬鹿の壁は高い。

651 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:37:03
>>649
中身のわからんところに
金をつぎ込んでも
そこにぶら下がってる人間の景気なんかどうなるかわからんよ。
2000億の粉飾会社カネボウに2000億増資したからって
社員の給与はあがるんですか?配当金は増すんですか?
売り上げは伸びるんですか?
持続的成長は実現するんですか?
ただ、その場の粉飾発覚と破綻はしのげるというだけ。
郵貯にぶら下がってるところは例外なくバブルでマイナス食らって
るんだから、詳細に調べないとどうなってるのかわからんね。
そんなことろに国債を引き受けを依存してるんですよ。
日本の行政府は。
民営化は大丈夫なんですかね。

652 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:40:05
>>650
財政支出で景気をあげようとか、
国債をちゃらにしてしまおうとか
その類のことは1000回聞いたが、
学ぶべきことは無いね。そんなことは猿でもわかる。

653 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:52:09
>>652
だからなにさ?
構造改革やったって生産も賃金も上がらねーんだよ。

654 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:53:15
こ、これが市中に金が回っている状態より重要な問題なのか?
どこが? 

655 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 02:57:31
>>653
やってないからな。
あがるはずもない。

656 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:01:18
>>655
生産が上がらなければ構造改革をやったことにならないというなら、
1万年たってもできねえな。

657 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:02:40
構造改革なんてのは、
一言でやったやりましたとか言えるような単純な問題じゃないんだよ


658 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:06:03
構造改革されると困る連中は、何かともっともらしい理屈をつけて反対している
くだらん反論は聞き飽きたな
あとは国会を待つばかりだ

659 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:08:15
国会を待つと何かいい事が起こるのか?

660 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:10:12
>>657
>一言でやったやりましたとか言えるような単純な問題じゃないんだよ

もとより心酔しているアホ自身が内容を理解して無いからな。
例えば構造改革派とは戦後共産主義思想の一派であったことすら。

661 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:14:29
>>660
ほう、ぜひ構造改革の内容とやらを説明してもらおうか。
構造改革の具体的な中身の話を俺以外の奴がしたか?
660もレスがあって、一つも無い。
ぜひ、具体例を開陳してくれたまえ。

662 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:27:23
おいおい今度は構造改革かよ。
何年間山に篭って宅建の勉強したんだよw

663 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 03:30:32
構造改革じゃわからんから、その中身について話せよ。
中身の無いレッテルに興味はない。

664 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 04:55:37
>>661
>構造改革の具体的な中身の話を俺以外の奴がしたか?

名無しがコテハン気取りしてるよ。ばか?

665 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 05:06:27
>>664
コテハンがどうのこうの
下らん話がしたいなら、
雑談の板で存分にやれよ。
低脳にはお似合いだ。

666 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 11:36:23
宅建君は本当に頭が悪いねえ。

667 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 12:39:46
>>666
だったら、頭のいいところ少しは見せてくれ。
まるで単細胞にしか見えないぞ。

668 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 12:50:47
うーん、さすがに会話にならないか。このレベルだと。俺も投了。

669 :オット:2005/05/22(日) 13:25:17
6月2日の日銀当座預金口座残高目標割れの可能性て
どうなんでしょうね。

670 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 13:37:48
>名無しがコテハン気取りしてるよ。ばか?
>宅建君は本当に頭が悪いねえ。

これが会話か。
まったくすばらしくレベルが高い人間だなあ。

671 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 14:00:44
一方では、昔から財政支出のみを主張し、個別の論点をまったく語らない。
一方では、ダニだなんだと十羽一絡げに公務員批判。

こんなレベルの低い中身の経済板は
早いところ終わらせたほうがいいんじゃないか?

672 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 17:39:54
>>671
おまいさんの独自の主張とやらを聞こうか。

673 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 17:49:02
>>671
>個別の論点をまったく語らない。

ケインズの一般理論によれば、
個別の支出内容の吟味は労働需要の改善にとって意味を持たない。
個々の政策の吟味が、マクロ経済にとって意味を成さないことは常識。


674 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 18:03:55
>>671
財政破綻は幻というのは言い尽くしているつもりなのだが。

675 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 19:13:09
>>670
それは俺と違うよ。
ただ、君は単純に実行不可能な事を問題にしてるが、
それを俺が上手く説明出来ないというだけの事だ。
悪く思うな。

676 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 19:15:30
1000兆だろうが1京円だろうが札刷ればいいじゃん

677 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 19:45:55
IMFはこの問題に関して関係ないからな。

678 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/22(日) 19:58:07
>>676
インフレ起こるぞ。そうなれば家が農家の漏れは勝ち組。

679 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 00:02:58
>>673
受け売りはいいんですよ。
どこにその証拠となる実例や、
こっちが納得するような仕組みがあるのかということ。
公共部門の仕事によっては、民間経済の発展の物理的な障害になることは
実例を挙げて言った。
民間経済の発展を軽視して、細かい論点を抜きにした公的部門の支出のみで
国家運営がうまくいくなら、
共産主義国はいまごろ資本主義国よりも栄えているはずだろう。
ゆえにまったく説得力が無い。

680 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 00:42:24
>>679
・独占資本主義
・寡占市場

なんかをググってどんな世界か調べてみれ。
君のいう物理的な障害はなぜ解消されないかももうちょい考えてみれ。

681 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 00:56:02
>>680
君は自分の馬鹿の壁に突き当たっているだ。
公共部門の肥大が常に悪なのか?
悪い頭で考えてみるんだ。

682 :680:2005/05/23(月) 01:01:21
>>681
えっ!?

683 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:02:16
短等おわるまで我慢しろ!!
間違いない!




684 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:13:57

遅ればせながら、、、
>俺は普通に「日本の国債残高が原因で、財政破綻するのか?」
>ってことを議論したかったんだけど?
>俺は絶対にしないと思う。国内積で財政破綻した国家は、
>人類の歴史でひとつもないから。
鎖国経済を想定しているのでしょうか?
江戸時代の徳川幕府?
日本経済は世界経済とつながっているという
ことをお忘れないように
なお、内国債が原因で破綻した国が
歴史上全くないというのは言い過ぎのようで
(事例調べてみます)

>それをわかってて議論してんの?なんのために?
>「破綻するぞ、破綻するぞ」と言いたいだけ?
>それが困るんだよ。そういうこと言って、国民が余計な危機感を
>持っちゃうから、いわゆる改革派がのさばることになるんだよ。
>そしてどんどん日本が自由経済化されていく。
日本は少なくとも形式上は自由主義経済では
なかったでしょうか?
何で自由主義を恐れるのか理解に苦しみます。
現在の歪みきった半共産半自由主義で
甘い汁を吸っている方でしょうか?

685 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:15:27
>>684
日本は大きな政府といいたいの?
そしたら他の先進国は
超巨大な大きな政府だよ。
調べてみな。

686 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:20:15

日銀の国債総引き受けを
可能と考えている人がいるようだけど
現実問題は無理じゃないかと

強引な法律改正で実行はできるけど
実行したら世界経済が許さない
そうなったらIMFが介入してきますよ。

それを破綻といわないなら
感覚がズレてますね

687 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:20:56
>>686
もう引き受けていることを知らない
君がずれているんだが。

688 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:23:25

>日本は大きな政府といいたいの?

大きい小さいは曖昧な定義でしょ?
個人的な感覚では他の先進国も日本も
十分大きな政府だと思う
ただ圧倒的な違いは
公債残高
日本の政府は管理能力ナシ
「実質」破綻へまっしぐら!

689 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:24:14
>>688
だからGDPで調べてごらん。

690 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:25:30
>>688
公債増加の原因って何?

691 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:26:13

>もう引き受けていることを知らない

引き受けていることは知ってます。
しかも市中買い入れとか発行後1年経過後
とかインチキな言い訳を多用して、、、

日銀のサイトを見れば
買い入れの方針をさだめ
一応の縛りをかしている

だけどここの書き込みの
多くをみてると
日銀が無制限に買い入れることが
できると安易に考えている人が
多いようで、、、

それを指摘しただけ


692 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:30:52
>実行したら世界経済が許さない
>そうなったらIMFが介入してきますよ。

なんでこんな話になんの。つながりがわからんなぁ。

693 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:31:03

>だからGDPで調べてごらん。

GDP比のこと?
私の知っている資料では
日本の公的長期債務はGDP比140%。
アルゼンチンのデフォルトはGDP比50%、
ロシアのデフォルトはGDP比60%、
パキスタンが60%、エクアドルが80%。
インドネシアは160%。

ただし、公的長期債務のGDP比だけで、
国家破綻するかしないかが決まるわけではありません。
それでも破綻するかという議論をここでしているんでだよね?


694 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:33:11
>>693
政府の規模ですよ。

695 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:34:13
>>691
現在保有している分について
金利がまったく動いていないことについて

696 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:35:43

>なんでこんな話になんの。つながりがわからんなぁ。

できるかぎり簡単に説明すると
兌換紙幣でない日銀券は
日銀の信用で世界に通用してます。
それを国家の都合で勝手に
ばか刷りして
価値を暴落させるような行為は
国際経済の混乱を招きます。
それを国際経済の番人(かっこよくいえば)
が阻止するために強制介入してくるという
ことですよ

697 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:36:55
>>696
すでに暴落するという前提が入り込んでいる。
妙な話だよ。どの本読んで意見が変わったんだい?

698 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:37:55
>>696
へえ、そんな事例あったんですかw

それに円の価値が落ちて円安になるのを
日本製造業という空母機動部隊が
手ぐすね引いて待っているのだが。

699 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:38:51

>政府の規模ですよ。

国家の規模をGDPで計ったことはありますが
政府の規模をGDPで計ったことは
私の人生で一度も見たことはありませんが

もしかしたら、国家予算のことでは?
通常、大きな政府の議論をするときは
国家予算の対GDP比等で示すと思いますが?

何か新しい比較指標があるのですか?




700 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:40:07
>>699
国家予算でどうぞ。

701 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:42:33

>すでに暴落するという前提が入り込んでいる。
>妙な話だよ。どの本読んで意見が変わったんだい?

日本の国債残高を知っていて議論しているのですか?
暴落という表現に抵抗があるのですか?
最近の本屋に並んでいる本は
大抵日本円の暴落をうたってる
んで、どの本なんて指し示す必要ある?


702 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:43:34
>>701
その場合でも国債残高を一気に日銀が引き受けるという
前提が潜んでいる。ネタだろう?

703 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:43:45
>>701
国債の消化は順調に進んでいるが。
金融機関の国債保有は急増の一途だが。

704 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:44:24

>国家予算でどうぞ。

政府の規模を国家予算で表現するのは
正直抵抗あります
ただ国家予算が大きいからこそ問題なんでしょ

705 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:44:57
>>697
俺は>>696じゃないけど
円札を刷りまくり、借金を表面上返済していく→円の市場価値が低下して円安になる
円札を刷らない→借金返済できず破綻→信用失墜で大幅に円安になる

どの方法にしろ、大幅な円安だけは避けられないのでは?

706 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:45:56
>>704
大きな政府とか小さな政府とかいう議論は
GDPにおける国家予算の比率でやりますよ。
そうやって逃げるのなら、なかったことにしますが。
日本の政府規模は小さいほうですよ。
つまり民間が活発ということです。

707 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:46:29
円安になれば日本の企業は息を吹き返す。
日本復活への良い兆しですね!

708 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:47:04

>国債の消化は順調に進んでいるが。
>金融機関の国債保有は急増の一途だが。

わかってるじゃん
その先どうなるか想像つくよね
大抵そのつぎは金融機関の引き受けが
困難になり、日銀の直接引き受けを主張する
んだよね
ただ、それはムリといいたいだけ
鎖国して江戸時代に戻るなら可能ですすが


709 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:47:11
>>795
国債が順調に償却されているのだから
全然円の価値は下がっていないが。

710 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:47:17
>>705
>702

711 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:50:01
>>708
金融機関は貸し出しを大きく下げて
その分、国債を買っているわけ。
だから、これからも貸出先に融資するよりも
国債保有を増やしていくだろう。
その先には限界があるだろうが、
その前に日本の企業が全部潰れて
国家よりも先に経済が死んでしまうな。

712 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:50:59
>>702
日銀が国債を引き受けるためには、大量の円を発行しなければいけないのでは?
輸出業は円安で儲かるとか言ってるけど、そもそも企業は原材料を購入しないと製品作れない
原材料価格の大暴騰に耐えられるだけの金が企業にあるの?

713 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:52:19

>大きな政府とか小さな政府とかいう議論は
>GDPにおける国家予算の比率でやりますよ。
>そうやって逃げるのなら、なかったことにしますが。
>日本の政府規模は小さいほうですよ。
>つまり民間が活発ということです。

へーそうなんですか
逃げるつもりはありませんが
今資料ないんで分からないんで
他の先進国にくらべどの程度小さいんですか?
教えてください。

714 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:52:59
>>712
円安で日本製品の大量爆撃があったら
円高に振れるんじゃないの?

715 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 01:56:42

>金融機関は貸し出しを大きく下げて
>その分、国債を買っているわけ。
>だから、これからも貸出先に融資するよりも
>国債保有を増やしていくだろう。
>その先には限界があるだろうが、
>その前に日本の企業が全部潰れて
>国家よりも先に経済が死んでしまうな。

そう、実は以前にも書いたんだけど
破綻するかどうかの議論も重要だけど
それよりも、日本経済が壊滅的な状況に
陥ることがもっと切実なことです

716 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:00:17

>国債が順調に償却されているのだから
>全然円の価値は下がっていないが。

国債の償却って何?
金融機関や個人や果ては日銀に買わせてる
だけでしょ?消えてないよ?

円の価値は世界の為替相場によって決まるので
現状の国債発行残高と為替相場とは連動しない
ただ、日銀の無制限の買い入れをしたら
他の国々は黙ってないと思うよ


717 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:02:32
>>712
いや別に円安を目指すわけじゃないから。

718 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:05:23
輸出した製品が即売れて即企業の懐に戻るなら、円が暴落してもなんとか回転できるかもしれないけど
実際は違う。製品が売れて手元に戻るまでには時間がかかる

円が暴落し続けたらどうだろう。
輸出した製品の売り上げが企業に入る前に、紙切れの手持ちの円札で大暴騰した原材料を購入しないといけない
それを続けた場合、資金繰りが出来ずにかなりの企業は潰れるんじゃ?

719 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:05:50
>>715
壊滅になるのは税収が全然足りないから。

720 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:06:26
>>718
その通り。暴落し続けたらそうなる。
だが、暴落しない。わざわざ暴落するほど引き受けせんやろ?

721 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:07:48
>>716
日銀が持ってるならいいじゃん。市場への影響なし。
鼻紙にすりゃいいんだし。利払いを拒否する事も出来るぞ。
交換券だって言ったでしょ。

黙ってないというのに根拠なし。国内問題だからね。

722 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:08:00

>壊滅になるのは税収が全然足りないから。

え?
税収の話がくるんですか?
金融機関が国債買うために貸し出しを
絞ったら、企業つぶれますよ
税収なんていってられないんでは?


723 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:08:46
>>718
儲けもどんどん大きくなるんじゃないの?
外貨建てで原料購入すれば?

724 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:11:17

>日銀が持ってるならいいじゃん。市場への影響なし。
>鼻紙にすりゃいいんだし。利払いを拒否する事も出来るぞ。
>交換券だって言ったでしょ。
すごい理論ですね
感服しました。


>黙ってないというのに根拠なし。国内問題だからね。
黙っていないという表現は政治介入ではなく
市場の動向という意味、
世界のファンドマネーの力をご存知?
暴落の兆しを見せたら
ハイエナのように売りを浴びますよ



725 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:12:12
>>722
金融機関は貸し出しが無いから国債買っている。
ここを理解しよう。
あと税収があがらないから、国債が増えている。

726 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:14:21
>>724
そう思うでしょ!?俺も未だに半分信じられないが、そうなるしかない。
国内需要が足りない事の証拠に、国民の貯蓄が膨れ上がりました。
だからどこかで需要を作るしかないんです。それで国債という形
で使いました。でもこれって国民の貯蓄ですから、いいですよね?って話。

727 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:18:55

>金融機関は貸し出しが無いから国債買っている。
>ここを理解しよう。
貸し出しがないというのは
新たに貸し出す優良企業がないということでしょ
ゼロではないよね
国債の買い増しは既存の貸し出しを
減らすんでしょ?
じゃないと買い増しできないよ?

>あと税収があがらないから、国債が増えている。
そうかな?
一面的じゃない?
まず歳出を絞らないからでしょ?
あと、税収を増やして国債残を減らそう
という思考自体がちょっと、、、
もうそんな方法ではムリな残高では
ないですか?
私の感覚では現状は多重債務者に近いんですが
コツコツ働いて多重債務者が完済した話は
ほとんど聞かないですが

728 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:24:45
>>727
銀行については、あなたの言うとおり。

歳出減はさらに税収低下を招きますよ。
橋本内閣の失政を思い出しましょう。

今まで書いてきたとおり、
景気が最優先すべきだな。
国債はすぐ償還する必要はなし。
日銀引受でも何でもできる。
貯蓄と技術と労働者がいればね。
貨幣というものは人間のものにあるのであって、
貨幣のために人間が存在しているんじゃないからね。
そこんとこよろしく。

729 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:25:11

>そう思うでしょ!?俺も未だに半分信じられないが、そうなるしかない。
>国内需要が足りない事の証拠に、国民の貯蓄が膨れ上がりました。
>だからどこかで需要を作るしかないんです。それで国債という形
>で使いました。でもこれって国民の貯蓄ですから、いいですよね?って話。

いやぁその別にほめているわけでは
ないんですがあまりに考え方が違うもので、、、

国民の貯蓄だからについて
@国民は預金だと思って銀行に預けているが
いざ使おうとしたら払い戻しできないという
ことになるよね(全部国債に化けているんだよね)
それでも大丈夫?
そういう状況だと取り付け騒ぎが起こると思うけど?
A国民の貯蓄を超えていったらどうなるのかな?
やっぱどんどん日銀券をすりまくるのですか?
そうなると円の価値が著しく下がりますよ
それは円安を喜ぶなんて程度ではなく
他の国から信用されなくなるレベルだと
思うけど?

730 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:26:17
確かに税収上げてコツコツ返済とかの王道はムリポだね
返済するには一発逆転の裏技が必要

731 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:30:47
>>727
> >金融機関は貸し出しが無いから国債買っている。
> >ここを理解しよう。
> 貸し出しがないというのは
> 新たに貸し出す優良企業がないということでしょ
> ゼロではないよね
> 国債の買い増しは既存の貸し出しを
> 減らすんでしょ?
> じゃないと買い増しできないよ?

 貸したい資金が足りない銀行には、日銀が貸す。
 現在はゼロ金利が継続してるし、日銀当座預金(銀行の支払準備金)を膨大な額が積みあがっている。
 民間に貸す資金が無い事態ではない。
 更に資金が足りない場合は、国債の買いオペによって銀行の国債を買い取ることもできる。

 

732 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:30:51
>>729
いやぁほめてないのはわかってるようw
・国家を家計と重ねて考えている。
・税収(景気)が永遠に悪い事を前提として考えている。
・そもそもなんとか上手く切り抜けようと思ってない。

この辺りもうちょい考えてみて。

733 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:34:29
やっぱインフレを維持して実質額を減少させて行くしかない。

734 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:35:11

>歳出減はさらに税収低下を招きますよ。
>橋本内閣の失政を思い出しましょう。
歳出減は必須かと
小渕が実施した平成の大借金で
景気は回復しましたか?
公共投資の効果については私は懐疑的です
エリート達が必死に予算を消化しても
効果がでないのですから
このまま歳出を垂れ流し
簡単に効果を増やすことはできないのでは?
百歩譲って公共投資はいいとしても
付加価値を生み出さない公務員は削減すべきです。


>今まで書いてきたとおり、
>景気が最優先すべきだな。
>国債はすぐ償還する必要はなし。
>日銀引受でも何でもできる。
確かにできますが
実行したときの影響が問題です
景気を盛り上げて返済するには
不可能な状況では?
といたいだけです。



735 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:35:36
>貯蓄と技術と労働者がいればね。
>貨幣というものは人間のものにあるのであって、
>貨幣のために人間が存在しているんじゃないからね。
>そこんとこよろしく。
もちろんそうです。
国家実質破綻後はがんばりましょう。

私が指摘しているのは破綻自体ではなく
経済システムの崩壊です。
せっかく高度な技術や生産力をもった日本人が
政府の無能さのために経済システムの
再構築から出発するようなことになると
懸念しているのです


736 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:39:53

>現在はゼロ金利が継続してるし、日銀当座預金(銀行の支払準備金)を膨大な額が積みあがっている。
>民間に貸す資金が無い事態ではない。
>更に資金が足りない場合は、国債の買いオペによって銀行の国債を買い取ることもできる。

なんか堂々巡りになってませんか?
日銀が何を担保に信用創造しているか
もういちど考えてみてください
その理屈では
末は大半の信用創造を国債で行うこととなってしまいますが?


737 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:45:44

>・国家を家計と重ねて考えている。
確かに国家と家計を同じ発想で説明するのは困難です。
分かりやすい例えとしてつかったまでです。
ただ、国家の力を無限大のように捕らえるのは
危険です。
何度もいうように日本は世界の中の日本です
鎖国している江戸幕府ではありません。

>・税収(景気)が永遠に悪い事を前提として考えている。
永遠に悪いとはいいませんが
税収が極端に増えることはありません。
国債の利払いの増加に耐えられるかも
疑問なほどではないですか?


>・そもそもなんとか上手く切り抜けようと思ってない。
それは政府にいってください。
私なりに切り抜ける方法は模索していますが
現在の政府の方針では
そのンシュミレーションではトコトン行き詰まります。
私の考えではかなり大胆な行動が必要です。
(とりあえず披露はしませんが)

738 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:46:47
>>734
景気は水物ってわかってるよね?
公共事業した後、2000年にゼロ金利解禁したじゃん。

739 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:49:47

>景気は水物ってわかってるよね?
>公共事業した後、2000年にゼロ金利解禁したじゃん。

え!
ゼロ金利解禁があの国債増発の成果ですか?
個人的にはゼンゼン割に合ってないと思うけど


740 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:50:51

>景気は水物ってわかってるよね?

小泉首相もそのうち国会答弁で使いそうですね


741 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:52:54
>>737
世界が日本に期待しているのは円の安定だよ。

景気が良いってのはインフレの代名詞として使ったんだ。
だからインフレにさえなってれば実質額は減っていくよね。

政府の方針には反対してきたが、実際余り良い方向じゃない
よね。だから僕なんかが言ってるのは、こうしたらいいのに
っていう蚊の声だよ。

742 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:54:34
>>737
消費性向とか知ってるでしょ。
公共事業でインフレになるかと期待していたら
ゼロ金利解除してどかーんと下がった訳だよ。
そりゃどっかにグラフが出てたよな。財務省HPか。

743 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:55:35

>世界が日本に期待しているのは円の安定だよ。
もしそういう認識があるのなら

>景気が良いってのはインフレの代名詞として使ったんだ。
>だからインフレにさえなってれば実質額は減っていくよね。
インフレは他の影響を無視すれば
純粋に円安にふれるはずだけど
どうします?

744 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 02:56:51
>>743
ほんとに勉強したの!?
弱インフレをどこの誰が非難するんだい。

745 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:00:19

>消費性向とか知ってるでしょ。
>公共事業でインフレになるかと期待していたら
>ゼロ金利解除してどかーんと下がった訳だよ。

消費性向が下がったことを
ゼロ金利解除のせいにしたいのですか
公共投資で景気がほんとに刺激されていたら
ゼロ金利解除で水をさされるでしょうか?

かなり前に書きましたが
政府がインフレ政策にうってでれない
理由があります


746 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:00:22
>>679
>どこにその証拠となる実例

高橋財政。ニューディール政策。

>こっちが納得するような仕組みがあるのかということ。

ケインズの一般理論。ヒックスのIS-LM分析。

>公共部門の仕事によっては、民間経済の発展の物理的な障害になることは
>実例を挙げて言った。

どこで? コテハンもつけていないあんたが言ったことなんか誰も知らん。

>民間経済の発展を軽視して、細かい論点を抜きにした公的部門の支出のみで
>国家運営がうまくいくなら、
>共産主義国はいまごろ資本主義国よりも栄えているはずだろう。

意味不明。
積極財政の主張には私有財の自由な取引の禁止など含まれていない。

むしろ、産業再生機構のような構造改革の象徴ともいえる特殊法人が
企業の自由な生産活動に制限を加えて、市場の供給過剰を押さえ込む
働きをしているわけで。まさに共産主義そのものといった趣なわけだが?


747 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:02:25
ゼロ金利解除前後で資金需給に変化はないよ。
いつまでたっても資金過剰。

日銀はもう何もしなくてもいいよ。


748 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:03:13
>>745
うん。そうだと思うよ。だって乗数効果が無くなるわけが無いじゃん。
インフレ政策に打って出れない理由は教えてほしー。

749 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:06:34

>ほんとに勉強したの!?
>弱インフレをどこの誰が非難するんだい。

現状の話をしているんじゃなくて
日銀が無制限に国債を引き受け
日銀券を刷りまくる結果の
インフレをいってるんだけど


750 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:09:35
>>747
そりゃ資金需給の変化が起こるまでは景気が回復しない状況で
ゼロ金利解禁してマスコミが騒いだからでしょう。

751 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:10:01

>インフレ政策に打って出れない理由は教えてほしー。

私は以前適度なインフレ誘導でこの局面を乗り切れるかと
考えていましたが、ある書物をよんで考えをかえざるを
得ませんでした。

金利です

インフレによる金利上昇は国債の価値下落を招きます。
国債残高が少なければいいですが
現状の残高では壊滅的な影響が予想されます。

インフレは進めて金利を抑えるといった
反論もありましたがそれが神業的に困難な
ことも以前指摘しました
(そのご誰も反論しませんが、、、)

752 :toyotass:2005/05/23(月) 03:10:27
自動車絶望工場 :2005/03/21(月) 22:01:05 ID:BtcaqRQR
68 :愛知県 トヨタの恐怖:05/02/26 00:26:02 ID:5x24CLu+
:トヨタ絶望工場 :04/09/22 20:21:33 ID:YgLCKp9l
「トヨタで死んだり、ケガしたりする話は良く聞くけどそれでラインが止まった
という話はきかんな」
「一人、二人死んでも生産上がったほうが儲かるからな」
「班長、組長には、手がないのが多いな」
「両手の指を落としてしまって、顔も洗えんという人もおった。水が漏ってしまうでな」
「プレスですべって、アゴひっかけただ。そんで顔がペロッとなくなったのが
いたよ。型は血でいっぱいだったとよ」
「昼休みに、鍛造機を掃除しててよ、あとでスウィッチ入れたら、腕や指が出て来た
のもあるよ。一人行方不明になってしまって」
「期間工で湯の中に落ちたのがいたぞ。こんなに膨れて、もうパンパンだったよ
可哀想にな」
昼休み時間、班長からディファレンシャルの工場で左手親指をつぶす事故が発生
したとの報告。
ss

753 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:11:46
>>749
だからね。無制限に国債を引き受けると言っても、
インフレが過剰になるまで引き受けなくて良い訳
じゃない。日銀は普通にお金刷ってるよね。
それと同じ事だよ。裏づけは国民資産なんだから。
他国に借りているわけじゃないんだから。
その安定の為に国債を引き受けたりするって事。

754 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:13:44
>>751
>それが神業的に困難なことも以前指摘しました

そんなに資金需要が旺盛なら何も言うことがない。
張り切って公的債務の削減に取り組めば良いさ。


755 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:15:32
>>749
日銀がいくら国債を買っても制御しがたいインフレになることは決してない。

756 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:15:34

>だからね。無制限に国債を引き受けると言っても、
>インフレが過剰になるまで引き受けなくて良い訳
>じゃない。日銀は普通にお金刷ってるよね。
>それと同じ事だよ。裏づけは国民資産なんだから。
>他国に借りているわけじゃないんだから。
>その安定の為に国債を引き受けたりするって事。
他国に対してデフォルトはしないだろうけど
経済システムが破綻するということ
あまりに日銀の機能をないがしろにし過ぎでは?
国民の財産を詐取しておいて
安定などとおたまうのはお願いですから
やめてください

757 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:16:31
>>751
適度にインフレになった後、どうしても金利を上げざるおえないから、
その金利によって結局国債額を増やさなければならず、それによって
インフレ政策が出来ないといって居るんだね。

だけど、公定歩合を上げなければ金利は上がらないよ。コールレート
を、それより安い公定歩合を無視して使うかな。

758 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:19:17

>日銀がいくら国債を買っても
>制御しがたいインフレになることは決してない。
なんでそんなことがいえるのか
私にはとても理解不能です。
国債を買うには日銀券が必要です。
単に日銀券が増えれるだけでもその価値は下がります。
制御できないのはまず国債発行でしょ?




759 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:21:19
>>756
経済システムが崩壊なんて考えられんなぁ。
国民の財産を詐取してると思ってるんだ。
そりゃやっぱ家計で考えているよ。
需要が足りない状況を放置すれば、それこそ
国民経済が崩壊するでしょ?
だから需要を作り出したんだよ。

逆に国債を引き受ける事によって、銀行にお金
を注入する事になるから、そりゃ差し引きゼロ
どころか、国債によって市中に流れた分がプラス
なんだよ。貨幣の価値は、おそらくその労働か
なんかにあると思われ。

760 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:22:02

>適度にインフレになった後、どうしても金利を上げざるおえないから、
>その金利によって結局国債額を増やさなければならず、それによって
>インフレ政策が出来ないといって居るんだね。

ちがうちがう
国債は原則固定金利でしょーが!
金利が上がっても政府の利払い負担は変わらないよ
国債価値下落のあおりを受けるのは
国債保有者!
特に金融機関でしょ
日経の相場見たことある?



761 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:22:23
>>756
今日の貨幣に、”裏付け”というものは何もない。
国民資産は裏付けでもなんでもない。
日本銀行や政府がその価値を保障しているわけでもない。

例えば今この瞬間、日本銀行や政府官邸が核兵器で吹き飛んでも、
日本円は日本円として日本中で使われ続けることだろう。

そして日本銀行がどれほどの貨幣の供給を行おうとも、
過剰なインフレにはならない。

762 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:24:51
>>760
なるほどなぁ。銀行が国債を投売りしだすと言っているのか。

その国債を日銀が引き受ける事を長期的には保障してる訳でしょ。
また、銀行は純粋なる民間機関として存在しているんじゃないよ。

763 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:27:00

>経済システムが崩壊なんて考えられんなぁ。
それはあなたの想像力にお任せします。

>国民の財産を詐取してると思ってるんだ。
>そりゃやっぱ家計で考えているよ。
>需要が足りない状況を放置すれば、それこそ
>国民経済が崩壊するでしょ?
現段階では財産の詐取に気がつかないだけでしょ
金融機関が国債保有を増やし続けたら
そのうち預金下ろせなくなるよ
それを詐取でないとしてらなんていうの?

そのために日銀券を刷りまくるといんだろうけど
それによるインフレに伴う預金価値下落は
財産の詐取と考えられないの?

もう少し冷静に考えてみましょうよ

764 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:27:17
>>761
うわ、さすがに俺にはわからん世界だ。

765 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:30:11
>>763
やっぱ家計思考が抜け切らないみたいだなぁ。
可能性としての取り付け騒ぎなんていつでもあるよ。
そもそも預金総額は常に銀行にないんだから。
準備金もある。それでなんとでもなってるじゃない。


766 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:31:38
>>757
公定歩合はコールレートより常に高く、ロンバート貸出等に用いられる。


>>758
>私にはとても理解不能です。
>単に日銀券が増えれるだけでもその価値は下がります。

違う。
貨幣はハイパワードマネーとマネーサプライに区別される。

発行日銀券残高を含めた現実に元から存在するハイパワードマネーと
それを元に銀行の信用創造によって何倍にも
膨れ上がって流通しているマネーサプライがある。

貨幣の発行量が増えても間接金融を介した貨幣の流通が
不活発になればマネーサプライは増加しない。
そして、国債の価格形成に関係するのはマネーサプライの方。

767 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:31:43

>今日の貨幣に、”裏付け”というものは何もない。
>国民資産は裏付けでもなんでもない。
>日本銀行や政府がその価値を保障しているわけでもない。
だったら、それこそ極度なインフレやデフレが起こりうるわけでしょう

>例えば今この瞬間、日本銀行や政府官邸が核兵器で吹き飛んでも、
>日本円は日本円として日本中で使われ続けることだろう。
いや、私はすぐに米ドル等に切り替えるね
アルゼンチンやロシアのデフォルト時のニュースは見なかったの?

>そして日本銀行がどれほどの貨幣の供給を行おうとも、
>過剰なインフレにはならない。
あなたのような考えの方が日本中にいれば
確かにおきないと思いますよ。
冒頭の誰も担保してくれてもいない、保証ない貨幣を
大事にもっているのですから当然ですよね


768 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:34:38
>>763
>金融機関が国債保有を増やし続けたら
>そのうち預金下ろせなくなるよ

国債は最も信用の高い債権なので銀行の資産を毀損しない。
完全にあなたの誤解。


769 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:34:38
>>766
そうでしょ。だからインフレになっても金利が上がらない事があるって
事でいいよね。

770 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:36:43
亀井信者は馬鹿ばっか
の読者に読ませたいスレだね

771 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:36:49

>貨幣はハイパワードマネーとマネーサプライに区別される。
はあ。
ハイパワードマネーとマネーサプライは無関係とでもいえるのですか?
なぜ、貨幣の発行量が増えても間接金融を介した貨幣の流通が
不活発になればという前提を持ってくのでしょうか?
ここの板の書き込みでハイパワードマネーとマネーサプライなんて
書き込んだら多くの方が理解できないのでは?
私は、単純な理屈で供給が増えれば基本的に価格は下がると
いう経済の基本原理をかいただけです。
議論を経済学の論点にすげかえないでください。

772 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:38:41
あーそうかーマネーサプライの話にそこで持っていかなきゃいけないんだね。


773 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:38:46

>国債は最も信用の高い債権

国債の格付けはご存知ですか
ボツワナ以下で憤慨した議員の報道は
お忘れですか?

774 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:40:34

>そうでしょ。だからインフレになっても金利が上がらない事があるって
>事でいいよね。
どうしてそういう楽観的希望的な観測に
頼りたいのですか。
経済にありえないことはないですが
ちょっと都合がよすぎません?

775 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:40:57
>>764
例えば、明治時代に幕府が倒れても
当時幕府が発行していた小判とか二朱銀とかは市中で流通していた。

貨幣の価値ってのはそれを使えばなんでも買えるという暗黙の約束を
市場の誰もが認知している状態に過ぎず裏付けなんてものは何も無い。


776 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:41:45
>>768
>国債は最も信用の高い債権なので銀行の資産を毀損しない。

悪名高いだ○〜君もそんなこといってますた。

777 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:41:54

>例えば、明治時代に幕府が倒れても
>当時幕府が発行していた小判とか二朱銀とかは市中で流通していた。

だって、それ金とが銀でしょ

778 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:44:48
>>774
どこのアホちんが、公定歩合より高いレートであるコールレートを使うのだ!
いや、そもそもそんなコールレートは無い。だから公定歩合が適用されると
いっている訳だね。公定歩合は国が決める。

779 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:46:43

>どこのアホちんが、公定歩合より高いレートであるコールレートを使うのだ!
>いや、そもそもそんなコールレートは無い。だから公定歩合が適用されると
>いっている訳だね。公定歩合は国が決める。

それでは市場の金利は公定歩合だけで
操作できるのですね。
おめでとうございます。


780 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:47:38
>>775
日本が崩壊しても、とりあえず日本銀行券で取引しましょって
話になる可能性は捨てきれないな、、、、

781 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:47:49
>>767
>だったら、それこそ極度なインフレやデフレが起こりうるわけでしょう

それが起こらないのが経済の不思議。
ビルトインスタビライザーとも形容されるが。

>いや、私はすぐに米ドル等に切り替えるね
>>775
通貨危機に際しロシアやアルゼンチンではドルが決済に用いられたというだけの話。
電車に乗ったり、近所で買い物したりするのに
ペソやルーブルが使えなくなったわけではない。

>あなたのような考えの方が日本中にいれば
>確かにおきないと思いますよ。
>冒頭の誰も担保してくれてもいない、保証ない貨幣を
>大事にもっているのですから当然ですよね

まったくその通りであり、
この世の人々は自分の持っている貨幣は
100年経っても貨幣として使えるのだと信じている。

782 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:49:36

>とりあえず日本銀行券で取引しましょって

私が商店主だったら
日銀券では売りませんが
個人の将来見通しの違いですむ話ですかね?


783 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:50:11
>>779
じゃ貸付に恐ろしいほどの需要があって、それで銀行が国債を
持っているより貸し付けた方が良いから投売りだー

となると言っているのかぁ。だから銀行は純民間じゃないから
そんな事出来ないって。

784 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:51:52

>ビルトインスタビライザー

現状の閉塞した事態をその用語で捉えましたか?
いやー懐かしい言葉ですね
いまでも通用する理論なのですか?
私が勉強したときに既に机上の理論と
認識しましたが。

785 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:52:13
>>782
ただ、実際あなたのように「俺は日銀券じゃ売らんわい!」
と言った所で売る人がいる以上はさからえないって話ね。

786 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:53:49

>じゃ貸付に恐ろしいほどの需要があって、それで銀行が国債を
>持っているより貸し付けた方が良いから投売りだー
はぁ。
投売りなんて必要ないでしょ
国債利率と市場利率の乖離で即価格変動でしょうが!

787 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:56:19
>>786
え。そうなんだぁ。
でも銀行は売れないね。その行為が意味するものを知っているから。

788 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:57:19

>売る人がいる以上はさからえないって話ね。
もちろんそうなったときは個人の判断でしょ?
というよりも、貨幣をみんなが絶対の信頼を寄せていることや
それしか決済手段がないから
日銀券の暴落はないとうのはかなり強引ですよね
こんな本末転倒な議論はやめましょう

789 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:57:25
>>769
景気下降局面では資金供給が上回り金利が低下する。

>>771
>ここの板の書き込みでハイパワードマネーとマネーサプライなんて
>書き込んだら多くの方が理解できないのでは?

ほぼ全員が理解できる。失せろ。

>>773
>国債の格付けはご存知ですか

http://www.mof.go.jp/qa/seimu/seimu014.htm#bb

>>774
>どうしてそういう楽観的希望的な観測に
>頼りたいのですか。

では、そもそもインフレであった我が国の金利が
何故これほど下がったのか説明してもらおうか?

>>776
>悪名高いだ○〜君もそんなこといってますた。

BIS(国際決済銀行)が国債を100%の信用債権と定めた。

>>777
>だって、それ金とが銀でしょ

混ぜ物がしてあるので純粋な金銀としての価値は額面より低い。
いわゆる信用貨幣である。

790 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:58:23
>>788
そもそも、僕はその話の大元じゃないからどうともいえないなぁ。

791 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 03:59:45

>でも銀行は売れないね。その行為が意味するものを知っているから。
国債を持っているのは銀行だけではないよね
個人だってもってるし
国外でも少ないけど一部持ってるよ
取引が少しでもあれば価格は簡単に形成されるよ
政府が取引ストップにするなんてことはなしよ

792 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:01:00
>>782
>私が商店主だったら
>日銀券では売りませんが

あなたは特殊な考え方をする人だから、
あなたの意見を一般化しないほうがいい。

>>784
>私が勉強したときに

あなたはマネーサプライとハイパワードマネーの区別もつかないのだから
あなたの勉強は勉強したうちに入らない。

793 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:01:52
>>791
でも景気がいいんだからどうでも良くない?
日銀が買い取りを保障している事を考えれば、
長期的に見て銀行が金利差以外の実害を被る
事もないんだし。

794 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:03:58

>景気下降局面では資金供給が上回り金利が低下する。
景気下降なんて議論してましたっけ?
インフレで景気上昇だって
他の人は書き込んでましたが認識ズレか?


>>ここの板の書き込みでハイパワードマネーとマネーサプライなんて
>>書き込んだら多くの方が理解できないのでは?

>ほぼ全員が理解できる。失せろ。

すごいですね、私は完全に理解してませんが
いまだに研究されている方々にご教唆まわったほうが
いいのでは?
うせろというのなら失せます。
時間の無駄でしたかね?

795 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:04:13
>>788
>日銀券の暴落はないとうのはかなり強引ですよね

日銀券の暴落は、日銀券が物資との交換手段として
成立しないことが誰の目にも明らかになったときに起こる。
そして、そのような状況はおよそ起こりえない。

国が滅びかかっても起こるとは限らないという点は過去レスに提示済み。

796 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:05:34

>長期的に見て銀行が金利差以外の実害を被る
>事もないんだし。

銀行ってところは金利差で食ってるですけど
銀行は死んでも大丈夫ということですか


797 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:06:30
>>796
金利差たってマイナスになる訳じゃなしw

798 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:08:25
>>794
景気上昇局面では、一般に資金需給が上回り
インフレ率を超えて金利が上昇する。

やがて設備投資が一段落し財・サービスの供給が過剰に
なり始めると資金需要が減少し金利が下がり始める。


799 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:11:09
そろそろ寝ます〜。今日は勉強になりました。

800 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:14:30

いやーほんと2ちゃんってところはすごいですね
私が少数意見で加勢ナシ
みなさんホント愛国者のかがみですね
そのてん、政府に多大な懐疑心を抱いている自分は
不貞な輩と位置づけられるのでしょうね。
このままだと海外に失せろとか言われかねないイキオイ
私の書き込みの目的は
この問題にどんなことをみな考えているのかなという
点にありました。
まだ日本円をこれだけ信用している人がいるということを
参考にこれから行動していこうと思います。
明日の仕事に差し支えがないようにこれから寝ます
それではサヨーナラ

801 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:19:50
>>800
いや、みんな悪気はないんだよ。
わざわざ無い心配を広められるとそれこそヤバイっていう
思いはあると思う。おやすみ。

802 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:29:17
今政府が国内で回してるお金、つまり毎年の国債発行額は41兆円。その内訳は、

福祉、公共事業などの予算20兆 + 過去の国債の払い戻し20兆 + 国債の金利1兆
=41兆円。

で、インフレになるってことは、金利が上昇するってことだし、さらにそうなると
福祉、公共事業などの予算が削減できるから、

福祉、公共事業などの予算15兆 + 過去の国債の払い戻し20兆 + 国債の金利6兆
=41兆円。

結局毎年の国債発行額は変わらない。でこのインフレ状態を十年ほど続けていくと、

福祉、公共事業などの予算15兆 + 過去の国債の払い戻し15兆 + 国債の金利4.5兆
=34.5兆円。

国債発行額は減る。だから今のままで問題ないんじゃないの?
間違ってるかな?

803 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 04:55:22
破綻派にもスッキリして帰ってもらいたいね。


804 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 05:04:48
>>802さん
金利が上昇すると福祉費などは何故削減出来るのか?


805 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 05:07:04
>>804
「おもへらく、金利ではなくインフレにかかっている」と。

806 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 05:26:32
で、インフレになるとどうして福祉費が削減出来るん??

807 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 05:28:28
>>804
インフレになるってことは、国内の金の巡りが良くなったってことだから、
本来金の巡りを良くするための福祉、公共投資は、行わなくても
よくなると。あと税収も上がるだろうし。

808 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 06:18:23
>>802
いや、ちょっと違うかな。

毎年政府が国内で回してるお金41兆円が、どういうふうに政府や金融機関に
帰ってくるかというと、

税収21兆 + 銀行預金20兆 =41兆円。

これがインフレになると、

税収26兆 + 銀行預金15兆 =41兆円。

ということは、税収が伸びた分、金利は国債発行費で賄わなくても
いいわけだから、インフレ期の国債発行は、

福祉、公共事業などの予算15兆 + 過去の国債の払い戻し20兆 + 国債の金利1兆
=36兆円。

でいいことになるな。つまりインフレになると国債の金利は上昇するけど、
その分だけ、税収が増加するわけだから、国債の金利についてはあまり
問題にしなくてもいいんだな。

809 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 09:55:55
>>746
高橋財政のときには、それ以前に赤字国債の発行は無かった。
ニューディールは一時的な雇用増に終わって、長期的な経済成長を達成したとは
言いがたい。もちろん赤字国債のベースも低い。
マネーや仕事をばら撒けば、短期的に景気が上がるは当然だ。
つまり、今のレベルでさらに国債発行を積み増して、
長期的にどうなるかというのは例の無い実験だ。
どこにも成功が実証されてない。

共産主義の例に出したのは、少数の意思決定者によって決まるような経済では
この先伸びないからで、公共事業など、多様なニーズにこたえるには
不向きなもので、経済成長を持続的にプラスに持っていくことができるのかということ。
構造改革は単なるレッテルに過ぎないわけで、中身がどうであるかはそれこそ議論したいところ。
産業再生機構の働きは、経済成長にプラスになるのかどうかは自分も疑問だ。



810 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 10:11:01
>>801
はっきり言っておまえの負けだ。
財政破綻は避けられない。
逆効果だったな。

811 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 10:23:01
>>810
http://info.2ch.net/before.html

812 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 10:24:06
>>810
論敵が帰った後に勝利宣言w
ハイハイわかったわかったわかりましたよw

813 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 10:28:47
>>810
どうやったら破綻するのか教えてほしいもんだw

814 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 10:36:34
バブルのときには、株価や土地は永遠に上がり続けるという神話があった。
この世はどうなるか誰にもわからない。
つまり破綻すると破綻しないの2通りあったら、
悲惨なほうに対して準備しておくのが正解なのだ。



815 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 11:26:41
>>814
なんじゃそら。土地神話なんてマスコミが作ったんじゃねえの。
裏で誰が操ってたかしらねえが。
今は破綻破綻言ってんだろ。わかれ。

816 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 11:31:21
破綻されると困る人必死 w
もし破綻しないならそんなにムキになるこた〜ない。
こりゃ破綻間違いなし。

817 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 11:32:45
この世はどうなるか誰にもわからない。
つまり破綻すると破綻しないの2通りあったら、
悲惨なほうに対して準備しておくのが正解なのだ。


818 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 11:56:24
ついに信仰になったか・・・あわれ。

819 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 12:04:32
準備してあとは楽観的に生きるが吉。
準備もしないで楽観的なのは・・・

820 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 12:32:44
>>816
だから説明してくれよw

821 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 12:46:11
破綻論者なんかほっとけ。資本を外国に逃すなら
それはそれで、今の日本にとって好ましい訳だし
勘違いでも何でもリスク取ってくれるんだから、これほどありがたき存在はない訳で。

このまま布教に突っ走っても良し。ちょっと、俺達も優しくなろうよ。

822 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 12:56:55
>>821
いいこと言ったな。
日本人は、もっと個人でもそれ相応のリスクをとり、
最悪の事態へのヘッジもするのが正しい。
なにせ、お上は必ず間違えるんだからな。

823 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 13:05:09
>なにせ、お上は必ず間違えるんだからな。

全く正しい!!!


824 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 14:30:54
金地金が高価な理由は、発掘に手間が掛かり且つ発掘量が他金属に比べて少ないからだよね?
価値の裏づけがしっかりしてるのが金地金

円はどうかというと、旧1万円札なら製造コスト10円くらいで作れた
旧1万円札の価値は、日本経済の保障という裏づけがあって9990円上乗せされているようなもの

「日本は絶対に破綻しない」とか言ってる人いるけど
絶対に破綻しないのであれば、国債の格付けが下がることなんて絶対ないでしょ?
絶対に破綻しない=国債は100%絶対安心 ってことになるから

国債の格付けってのは、俺らみたいな一般人が決めてるの?違うでしょ?
世界最高峰の格付け会社に勤務する経済のエリート達が決めてるんじゃないの?

絶対に破綻しないなんて良く言えるよね

825 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 14:46:20
>>824
明日地震で日本列島が沈むかもしれんからなw
このスレの内容を読めば
財政破綻というものが嘘臭く感じてもらえるはずだが。

826 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 14:47:23
格付け会社=政治の道具

827 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 15:20:35
ボツワナにはダイアモンドがあるからな。
裏づけは日本より確か。

828 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 16:03:52
>>823
なにが正しいんだよ。反お上、反政府っていう理念を達成するために、
国内の弱者を切り捨てようってのか、改革派は。
それって、スターリンとか毛沢東とかの、共産主義独裁者の発想じゃないか?
己の理念のためなら粛清だってやるみたいな。

だいたい改革派は、歳出削減で国債発行額を抑えられると思ってるのか?
小泉改革で、歳出は確かに減ったけど、国債発行額は減ってない。
むしろ増えてる。当たり前だよ。歳出以上に税収が下がってんだから。
つまり改革派は、「国債発行額を抑えろ」と言いながら、発行額を増やし
てんだよ。馬鹿じゃないか?

極端な話、改革派は、国家予算の内訳が、税収0%、国債発行額100%の
社会を作ろうとしている。それは改革派の言う、国債残高増加による財政破綻の道
をまっしぐらに進んでるってことじゃねぇか。アホか。

829 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 16:38:18
大きな政府にするにしても、小さな政府にするにしても、
国債発行額を抑える方法は、ただひとつしかない。

それは預金税をかけること。

銀行に溜まりに溜まってる資金を、政府が国債を発行することなく
徴収するには、その方法しかない。消費税や所得税の増税って
手もあるが、消費が冷え込んでるデフレ期にそんなことをやるのは
ナンセンスだ。小さな政府ならなおさらだ。

今銀行の預金の総額が1000兆円だとして、4%の預金税をかければ
40兆円、国債を発行することなく徴収できる。それしかない。

繰り返すけど、改革派は最終的に「税収0%、国債発行費100%の社会」
を目指してるわけだから、なおさら預金税は避けられんぞ。

830 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 17:20:31
あ〜あ今朝は加熱しすぎたよ。
相手の人を侮辱してしまった形になって申し訳ない。
経済の話って難しいっす。
もうちょっと考えて喋るよう努力します。
いや〜なんていうか、ほんとすみません。

831 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/23(月) 17:53:15
>>749
(481と要点は同じになってしまうけど)
国債価格の下落は保有者に評価損としてダメージがあるので、
懸念するとうりです。 国債破綻論者の論拠かもしれませんが、
取り立てて新味のある事でもないです。

確かに金利上昇局面では、金融機関の資産下落による信用不安が出る可能性はあります。
デフレが進行していく中で企業業績が悪化し、不良債権が増えたのとは反対に、
リフレに転換していく中で、国債の資産評価が劣化してくのは避けられないかなと。

現状のデフレを放置した経済・財政の縮小と、国債下落による
金融不安が起こるのと、どちらの将来リスクが大きいか判断するしかないですね。

時間軸を含めてどうなるかとは触れてませんが、
資金実需よりも市場金利を先取りして政策金利を高くしてしまうと、
銀行利ざやの縮小と、保有資産の下落というダブルパンチをまねきますが、
実需の資金需要から資金不足になり市場金利が上昇していくようなら、
充分な期間を空けて政策金利を低めに維持し、銀行利ざやを確保するように
すれば債券価格下落の損失をカバーできるのではないかと思います。

その資金需要を発生させるには・・・って事になってきますが。

832 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 18:48:10
今の政府は、過去の国債の払い戻し、それと金利分まで、国債発行で
賄ってるわけでしょ?そうなると、たしかにものすごい勢いで国債発行枚数が
増えていくんだけど、国債の金利上昇によって、財政破綻ってことはないんじゃない?

つまり国が銀行に、「国債の金利は、現金で払う代わりに国債で払うよ」
って言い続ければいいわけで。それに銀行が応じるかぎり破綻はしないでしょ?

833 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 19:25:51
銀行が持ってる国債という保有資産の下落ってどういう事ですか?
バランスシートが悪化するのは、一体何によってですか?
評価額がなぜ問題となるかが分らないんです。

834 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 19:38:30
資産価格は購入時の価格ではなく、時価会計だから評価格が問題になるのではないかと思う
購入時の価格の半額まで値段が下がると、当然保有してる資産価格は半額になるわけで

835 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 19:59:06
なるほどなるほど。
政府が元本利子保証をしているとはいえ、その間に評価損を
出さざるおえない状況が発生する可能性があり、問題という
わけか。
でも、評価損で倒産する銀行なんてあるんでしょうか?
償却期間になれば、元本と利子合わせて帰ってくるのに。
資金需要に耐えられなくなる状況というのも想像しがたいですが。

836 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 19:59:21

今朝の疲れが残っててるけど
レスしときます。

まず,ルール無用の2ちゃんで
こんなこというのもなんだけど
あまりに議論が散乱するよね。

この板の趣旨からすれば
破綻論者対非破綻論者ということになるんだろうけど
破綻と言う将来変化事象を取り扱うわけだから
破綻論者の論理展開を聞いてから
それを論破するというのが王道ではないかな?

いきなり破綻しないという論拠を主張するのは
無理があるような気がする。

中には,貨幣は絶対だとか
日本円はみんな所有しつづける
といったような一種の信仰に似た主張に
付き合わされるのはちょっと,,,

なお,自分が「C」と入れているのは
知人に読んでもらうための記号で
特に他意はありません。

837 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:01:15
>>831
>現状のデフレを放置した経済・財政の縮小と、国債下落による
>金融不安が起こるのと、どちらの将来リスクが大きいか判断するしかないですね。
金融不安なんていう生半可な状態ではなく
金融崩壊を予想しているので圧倒的に前者と思いますが,

838 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:03:26

>時間軸を含めてどうなるかとは触れてませんが、
>資金実需よりも市場金利を先取りして政策金利を高くしてしまうと、
>銀行利ざやの縮小と、保有資産の下落というダブルパンチをまねきますが、
>実需の資金需要から資金不足になり市場金利が上昇していくようなら、
>充分な期間を空けて政策金利を低めに維持し、銀行利ざやを確保するように
>すれば債券価格下落の損失をカバーできるのではないかと思います。
どうも金利決定メカニズムの認識が異なるようですね
公定歩合などで金利を完全に操作できるという前提で
お考えなのでしょうか?

839 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:04:31
>>836
いや〜今朝は本当に申し訳ない!
勝手に熱が入ってしまってあれよあれよと
いうまに変な状況を作ってしまいました。
反省しております、、。

840 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:05:30
>>832
>つまり国が銀行に、「国債の金利は、現金で払う代わりに国債で払うよ」
>って言い続ければいいわけで。それに銀行が応じるかぎり破綻はしないでしょ?
金融機関の国債保有高が膨らみつづけると
そのうちATMから国債が出てくることになりそうですね?
それでもOKですか?

841 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:08:16
>>839
いやこちらこそ
眠くなってくると
何かいい言葉がでなくなり
文章も乱雑になるよね
経済学は自分なりにかなり学習したつもりだけど
勉強すればするほど嫌いになる学問と
思いました。
自分としては多くの人と議論できたほうが
よいのでできる限り平易な理論で
説明したいと思ってます

842 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:12:42

前に書いたとこでミスあったので
訂正しておきます。
日銀は上場企業なので当然に保有資産の時価評価をしている
ものとばっかり思ってましたが
なんと,特別な法律で時価評価をしないでいいそうです

ほんと怖い話しですね
いよいよ大本営発表ちっくになってきました

なお,日銀の自己資本比率は03/3時点ですでに8%
を割っているそうです。
ホントヤバイ

843 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:16:08
>>839

>でも、評価損で倒産する銀行なんてあるんでしょうか?

昨今ばたばた死んでいった銀行は
債権の評価損が原因だよ。
国債も銀行からすれば債権
国債の著しい評価損はその膨大な保有高のため
銀行の死を意味します



844 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/23(月) 20:19:08
>>838
日銀の金融政策は役に立たないし、
市場誘導も出来ないと言う意見ですか?

845 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:19:28
>>839×
>>835

846 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:24:33
>>844
うーん極論すればそうかも
だって,政府が決定できる事象は
金利決定要素の一部でしょ
当然,外国も関わってくるし
制御してみせる!という意気込みは分かるが
とっても難しいと思うよ
だって,多くの人が認識しているように
この事態は極めて異常な状態なのだから
それこそ,現状の金融政策自体の有効性
自体に懸念が生じると思うけど
(だからこそ,操作も可能性アリという
意見も言えますがが,書かないほうがいいと思いますよ)

847 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:36:53
糞スレw

848 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/23(月) 20:38:09
石油ショックやバブル崩壊など、
インフレを押さえ込んだ金融政策を侮ってはいかん(w。
が、現状のゼロ金利下で有効な金融政策は打てないでしょう。

849 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:40:24

いまちょっと調べたら
自己資本25,495億円
総資産1,493,819億円
自己資本比率約1.67%
平成16年3月時点で
日銀の惨状です。
こんな中央銀行
先進諸国の中にあるんでしょうかね?
(誰か調べて)

850 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:42:57
裁判官が「借金生活からの立ち直り」を指南

http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=17&news_cd=H20021022598

851 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:43:02

なお,総資産のうち
1,000,220億円は国債だって
いやー改めて驚いたなコリャ
ttp://www.boj.or.jp/stat/stat_f.htm

852 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:44:30

>>848
あれ?バブル崩壊でインフレを抑えこむ?
バブル崩壊後はデフレで悩んだんではなかったかなぁ

853 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/23(月) 20:48:42
>>852
インフレを押さえ込んでバブル崩壊ね。

854 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 20:53:09
>>853
ああ,確かにそうともいえるね
ただ,個人的な印象では
出っ放しの蛇口をボーっとしてたために
慌てて閉めただけのような気がするけど?
いずれにしても,積極的な金融政策ではなく
しょうがなく実施した金融政策だよね?
政府の無能ぶりが十分立証されていると
思うけど(=金融恐慌時の適切な対応は期待できない)
悪態つきすぎかな?

855 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 21:29:04

スマン
日銀について間違った感想書いてしまいました

@総資産ベースの自己資本比率は
先進諸国でも低い国が多く
これをもってして信用力が低いとは
一概にはいえない
(アメリカ2%ぐらい)

A8%を切っているとした数値は
銀行券平均発行残高ベースの数値で
総資産ベースの自己資本比率とは異なるので
極端に悪くなったわけではない

お詫びして訂正します。
数値自体はあってると思うけど

856 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/23(月) 21:55:12
>>854
抜群のタイミング外しっぷりで、無能には納得だけど、
金融政策が効かないって事にはならない。(今はともかく)
それまでの土地・株の価格が半分以下になったんだから
『インフレはコントールできない』という日銀の言葉とは裏腹に、
かなり操作してきた。 それにバブル発生から崩壊まで消極的とは言いがたい。
むしろ、効きすぎたと言うほうが近いと思うよ。(失敗には違いないけど)


857 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 21:55:18
国債の残をなんでそこまで執拗に心配するのw
全部日銀が買い取って銀行にゃ窓口規制しときゃ
いいでないの。なんでも出来るじゃない。
銀行の頭取は、財務省と月に何度も飲みに言って
るんでしょ。
ようは、市中に流れてる金の量が過剰でない状態
で銀行も破綻しなければいいんだし。

破綻派の意見は、何かもう一つ説得力が足りない気
がするのは俺だけか?

858 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 22:46:02
>>828
反政府とかつまらんイデオロギーの問題ではなく、
現実として、中央銀行は一つしかない。
失敗する可能性があれば、いつかは失敗するという、単なる確率の問題だよ。
それで、失敗したときにダメージを受けないようにするにはどうすればいいか
考えたほうが建設的なのだ。妄信するよりは。
この10数年も大蔵日銀の銀行、金融コントロールの失敗が発端の不況だ。
単に、事実を元に対処を考えようというわけだ。
外貨を持てばいいというのはその一つだ。
しかし、日本で外貨を持ってても国内では使いようが無い。
なるべく国内で生活するのに便利な
中央銀行リスクのヘッジを考えようじゃないかということだ。

859 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 23:01:13
>>840
いや、べつに出てこないよ。銀行は国債を大量に買ってるけど、
基本的に預金者のお金には手をつけてないでしょ。
少なくとも三分の二は手をつけてないはず。
銀行ってそういうもんでしょ。じゃなきゃ貸し渋るはずもないし。

>>843
しかし国債の発行額って大量なのよ。預金額1兆円の銀行が
国債を100兆円持ってるようなもの。それが半分の価値に
なったとしても、50兆円。そんなに評価下がるかな?

860 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 23:31:22
少子高齢化の視点が抜けてませんか。

税収、年金、健保、介護保険 の財政がひたすら悪化して
あと10年もすれば現役世代の負担は激増してるのでは?
財源はないのに負担増加分は税をあてにしてるところあるし。

やっぱり国債ですか・・・。

861 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/23(月) 23:47:57
>>860
経済も縮むし、人口も少なくなる。
文教予算とか公共事業費がいらなくなる。

862 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:02:26
>>861
>文教予算とか公共事業費がいらなくなる。

だからと言って、そこの予算にぶら下がっていた人たちが
素直に引き下がってくれるわけじゃないだろう。

子供の数が減っても教員数の削減はそれほどでもないし、
道路とかダムとか、本当に必要か怪しいものが作られてたりするし。
何かしら理由をつけて、予算確保に動くのは目に見えてる。

だから、やっぱり国債ですね…。

863 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:07:39
>>862
本当の少子高齢化はこれから。
学校は廃校になるし、街もゴーストタウン化していく。

864 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:09:09
>>859

>基本的に預金者のお金には手をつけてないでしょ。
>少なくとも三分の二は手をつけてないはず。
数値の正否はしりませんが
仮に正しいとしても、その手を付けてない
分まで将来的には国債購入に充てる訳でしょ?
だから国債が出てくるのは冗談だが
ATMから現金が出てこなくなるんじゃない?


865 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:13:38
狭い日本で永久に人口が増え続ける訳でもないし・・・
少子化はいつかは受け入れなければならないテーマだよ。

866 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/24(火) 00:14:45
http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/siryou/zaiseia130608d.pdf

ちょっと古い資料しか見つからないけど、
対GDPにおいて、歳出の割合は大きな変化が無い。
他国と比較しても、歳出は突出してない。

なので、財政再建派の歳出が多すぎるという
意見は納得できないな。

867 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:15:37
少子化高齢化は需要減と供給減の両方の作用があるから、
いいとも悪いともいえない。

868 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:19:04
今は供給超過だからな。
しかし、恐ろしいことに高齢者が増えて、清算人口が減っても
なお「人手不足にならない」可能性もある訳で、人口は一要素と見た方が良いのかも

869 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:23:45
>>866

>対GDPにおいて、歳出の割合は大きな変化が無い。
>他国と比較しても、歳出は突出してない。
その「歳入・歳出」という言葉がわるいんだよね
お小遣い帳と同じレベルの単式簿記で国家予算を
説明するから変に誤解する人が多いんだよね?

たとえ使ったとしても少なくともプライマリーバランスとかで
歳出の良し悪しは議論すべきじゃないかな?
GDP比が一緒でも、税収とのバランスが乖離しているから
赤字国債を狂ったように発行することにんったんでしょ
財務省の誤導資料に惑わされないように


870 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:23:52
>>866

>対GDPにおいて、歳出の割合は大きな変化が無い。
>他国と比較しても、歳出は突出してない。
その「歳入・歳出」という言葉がわるいんだよね
お小遣い帳と同じレベルの単式簿記で国家予算を
説明するから変に誤解する人が多いんだよね?

たとえ使ったとしても少なくともプライマリーバランスとかで
歳出の良し悪しは議論すべきじゃないかな?
GDP比が一緒でも、税収とのバランスが乖離しているから
赤字国債を狂ったように発行することにんったんでしょ
財務省の誤導資料に惑わされないように


871 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:23:55
>>863 >>865 >>867
とすると、国が破綻するかどうかを議論するよりも、
これからの少子高齢化時代に向けて、経済がどのようにあるべきかを
議論する方が建設的で良いかなと思うのですが、いかがなもんでしょう?

872 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:25:41
少子高齢化をベースにすると、結局潜在成長率の強化という話になってきて
現政権の政策のように短期と長期の齟齬が生まれる。

873 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:27:26
>>866

歳出の良し悪しは
少なくともプライマリーバランスで
論じるべきではないでしょうか
対GDP比が一定でも、税収が減少しつづけている
ならば、赤字国債に頼ることになるよね
それが問題だということ
もちろん短期的には多少の赤字は仕方がないが
こう何年も垂れ流しをされると
致命傷になるということ

874 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:29:49
需要の好転がない限り、政府の水増しは必要不可欠。

小泉政権だって、公共投資が出来ない手前、結局60兆という異常な額の
為替介入をせざるを得なかった訳で、福井も金融緩和を続けるほか無かった。

875 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:32:37
>>868
生産人口はまだ減っていない。
日本みたいな労働生産性の悪い国は
人口減はひびくだろうね。

876 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:33:35
>>869
歳出が他国より小さいので
国債を発行していると考えられないか?

877 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:34:42
>>872
経済成長を前提として考えているとそうなるのかもしれない。
それを前提としないで考えればいいのでは。

878 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:37:34
>>876

歳出自体(もしくは対GDP比)を他国と比較する必要がどこにあるの?
重要なのはバランスでは?
税収がないのに歳出ばかりアホみたいに続けていることに問題が
あるんでしょ。


879 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:39:56
>>878
先進国のシステムはある程度似通っているから妥当。
財政をアホみたいに切り詰めると
さらに税収は少なくなりますが、
小泉しかり橋本しかり。

880 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:40:25
>>877
供給を絞り、人件費を中国に近づけつつも
財政を均衡させる方法か?

理論上は可能かもしれんが、おびただしい規模で死者が出るぞ。

881 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:45:05
>>877
一人頭のGDPが大きくなればいい。

882 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/24(火) 00:46:39
ほい、税収推移。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/011.htm

小渕の景気対策に批判もあるけど、所得税は伸びてる。

中曽根康弘 昭和57年11月〜
竹下登   昭和62年11月〜
宇野宗佑  平成元年6月〜
海部俊樹  平成元年8月〜 
宮澤喜一  平成03年11月〜
細川護煕  平成05年8月〜
羽田 孜   平成06年4月〜
村山富市  平成06年6月〜
橋本龍太郎 平成08年1月〜
小渕恵三   平成10年7月〜
森喜朗    平成12年4月〜
小泉純一郎 平成13年4月〜

883 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:47:44
近年まれにみる良スレだな。感謝。

884 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:49:31
>>882
俺の曇った目には、順調に下がっているように見えてしまうんだが。

885 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:49:32
>>878
小さい政府が常に正しいという幻想にとらわれているように
思える。

886 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:49:55
>>879
先進国のシステムは似ていても
日本がやっていることは
余りに効率が悪い
全ての歳出が悪いとはいわない
公共投資だって効果が全くないわけではない。
ただ、公共部門に贅肉がありすぎるということ
役立たずの公務員ね
日本を肥満にしているのは過度に多い公務員のせい。
がんばってダイエットするなら食べてもいいけど
肥満のまま食べ続けるのはゆるしちゃまずいでしょ

887 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:51:36
このプライマリバランスを均衡させようという動きは、ちょっと最近無視できないんだな。
正直いうと、すごく怖くなってきた。義憤から言ってると思うとなおさら背筋が凍る。

上でも誰かがチラホラ言ってるし、財政運営における理念の根本に関わることだが
均衡はなんのための均衡かってのをもう一度見つめ直してはどうかいね。

民間(企業+家計)における資金余剰。金が余ってるから財政赤字が増えるという
この基本的な制約をどうか無視しないで欲しい。

888 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:52:20
>>882
私も順調に下がっているようにしか見えない
橋龍のせいで下がっていると主張したいのかな?
その後の小渕借金王以降も下がってるよね?

889 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:52:56
>>886
だから日本は肥満じゃないって。
そう思い込んでいるだけ。
潜在成長率が高いのだから、
かなり公共部門がかなり無駄をだして無問題。

890 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:55:42
>>886
肥満の国というのは、
国民が消費大好き。
人手不足。貯蓄不足。経常赤字の国。
日本は逆。やせぎすなんだよ。

891 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:56:25
>>887

>民間(企業+家計)における資金余剰。金が余ってるから財政赤字が増えるという
>この基本的な制約をどうか無視しないで欲しい。
ストックとフローの関係で考えてほしい。
民間で資金が余剰だからといって
政府がそれを使う必要はない
それは他人の金でしょ
だから借金が増える
目の前にお金が余っているから使っていいなんて
ことしたらとんでもないことになるのは
容易に想像つくんではないかな?

892 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:57:17
>>891
民間の余剰資金を政府がつかわなくては
マクロ経済は始まらない。

893 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:57:38
公共投資で所得税バカ伸びだな。消費税がアチャー

894 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/24(火) 00:58:12
>>888
では、11年度と12年度の所得税の差は
どう説明する?

895 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 00:58:56
>>890
確かに肥満の国という表現は適切ではなかったね
肥満の政府と読み替えてくださいな

896 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:01:11
>>895
肥満の国には小さい政府。
やせぎすの国には大きな政府。
マクロの基本だよ。

897 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:03:29
>>882
小渕政策は、株価には有効だったけど税収にまでは結びつかなかったよ。


898 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:03:31
>>892
別に使わなくてもいいんではない?
民間資金余剰をみて予算組んでる訳ではないでしょ?
結果的に資金の均衡は必要だけど
「使う」必要はないよね

899 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:03:37
>>891
政府が使わなかったらどうなっていたと思う?

900 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:05:22
>>897
税収は伸びたよ。彼の死んだ後だったが。

901 :スレ4の21 ◆7hthaJ2eG2 :2005/05/24(火) 01:05:39
>>897
一応、資料は公的なものなので、統計がおかしいと思うなら
財務省へ言ってください(w。

902 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:07:15
>>898
貯蓄はつかわないと減っていく。
だから国が使う。マクロ経済の基本。

903 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:08:49
>>894
所得税がたかだか数兆円増えているからといって
何の意味があるの
そのためにいくら借金したわけ?

自分は公共投資は単純に「投資」で考えてほしいと
願います。需要創造とかではなく
出した金額に対して税収増できっちり回収できているかどうか
その点をもっと重視してほしいな

904 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:09:16
簿記とかやってると均衡主義者になるのかな。
なんとなくわかるけど。

905 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:09:57
>>902
昭和時代はおまいさんのゆ〜通りだったよ

906 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:12:30
なんか財政均衡主義者って潔癖というか
童貞といおうか。とにかく真面目。
しかし狂っている。結局は馬鹿。
ごめん。

907 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:13:34
>>900
公共投資をとにかくやれば、それが馬鹿の命令でもある程度GDPは引き上げ
られ、税収は増える。
当たり前だろ。
問題は公共投資乗数の低下だろw

908 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:15:48
>>906
おれもインタゲ知ってそう思った時代がありますた。

909 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:15:55
>>907
乗数は1を割るという事はないからね。

910 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:17:36
プライマリーバランスについての誤解があるみたいだけれど、経常的な収支について語るべきで、
総額では語るものではない。逆にいえば、歳出の内訳があやふやだから国民の理解を得られないし
破綻が叫ばれることになってしまう。
元々、単年度会計、単式帳簿を国のシステムとして採用したのは現在のような状況になるのをふせぐ
ためのものなのに、形式的にしか処理されていない。
また、すべての国に歳入不足の傾向が見られるのは仕方ないが、日本だけ突出して債券の発行が毎年
おこなわれてしまうのは、政府の財政に対するコントロール力に問題があるというより欠落している
ためとしかいいようがない。

今の政府(今までの政府含む)では、税収が増加してもその分歳出が増えるだけだから、いわゆる
国債スパイラルからはのがれられない。


911 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:17:48
>>909
乗数は1だから許されるって?

912 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:20:07
>>911
どっちかというと、そうしないと金が回らんという現実かな。

913 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:23:54
>>912
だめじゃん

914 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:24:48
>>904

>簿記とかやってると均衡主義者になるのかな。
一度複式簿記をきっちり勉強することを薦める
あの手法は馬鹿にできないよ
フローとストックの関係が良く分かる。
公的部門がことごとく複式簿記方式を嫌うのは
いろいろと不都合がバレルからだと思うね
公共部門を全部企業会計ベースで連結したら
さぞ見ものだね

余談だが、世の中複式簿記を知らない輩が多すぎて困る
大学時代に簿記やってないのに経済学で企業利益が
ナンタラとかいってるのをみて激しく笑ったね?
減価償却も知らずに卒業してるやつもいるし
日本の経済教育の根本的な欠陥はそこにあると思うね

いつぞやの税制改革で法人税率を下げて減税といっている
偉い助教授さんがいたけど、諸引当金の段階的廃止で
課税ベースはあがっていると説明したら驚いてたね

ほんと、なんも分かってない人ばかり。
マクロだのミクロだのを勉強する前に
経済の大前提の会計=簿記をしっかり学んでほしいね
(日商1級は最低とってほしいね2級以下はないに等しいから)

915 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:26:08
>>914
マクロ経済も学びなさいや。

916 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:26:15
>>913
ああん。そうなんよ。
ニポンジーンはまじブラックホールなんだ。
金を食べて生きとるんよ。きっと。
バブル崩壊ちょっと後まではそうでも
なかったんだがのう。

917 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:28:33
>>910
>税収が増加してもその分歳出が増えるだけだから

そういうことは税収が増えてから言ってくれないか?

918 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:29:24
>>906

じゃあなんで政府は2010年初頭にはプライマリーバランス
を黒字化させるなんて目標を立ててるんだろうね?

919 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:30:53
>>914
複式簿記は素晴らしいと思うよ。まぁ俺は2級だから欄外だけど。
でもマクロと合わせるととんでもない事になるから、気分は微妙だね。
人間は生きているが、取引は物・サービスという点が違うのかな。
うまく説明できなくてごめんね。

920 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:31:03
>>918
じゃあなんて政府は税収がガク減りする
構造改革にまい進しているのかな?

921 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:32:31
>>915

マクロ経済学一応学んだけど
民間の余剰資金で政府の投資が決まるとはなかったよ?
資金収支なんて政府は何もしなくても収支あうはずでしょ?
結果論で政府部門に回るだけの話

922 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:32:35
>>914
複式簿記が天下国家に通じるのは
金本位制の世の中。
お金がある一定以上になると
利子を生まない暗黒の時代。

923 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:36:46
>>919
マクロ経済と合わせる必要はない
ただ、その発想で検証すれば
マクロ経済の理論尻だけで決定することの
恐ろしさが創造つくと思うよ

政府部門以外はほとんど複式簿記で会計しているんだから
整合性とって検証できるようにすべきではない
そのあたりが不整合だから話がこんがらがるのでは?


924 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:38:25
>>920

私には構造改革にまい進しているようには見えないんですが?
しかも税収が減る方向の構造改革って何を指してるのかな

925 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:38:26
経済には無駄がないと死んでしまうわけだ。

926 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:40:36
>>924
政府はアホなんじゃないですか、と。

927 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:40:42
>>923
どんぶり勘定って事?
しかし、発想が全く異なると思うんだが、、。

928 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:40:44
>>925
複式簿記の均衡志向に無駄がないわけではないでしょ
そごうやダイエーなど複式簿記で処理しても
無駄だらけでつぶれたでしょ?
すべての均衡=無駄なしではないわけで
均衡フェチみたいに捕らえられるのは心外です

929 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:42:55
デフレで民間の貯蓄を政府が食ってはいけない、
という奴がいるので驚いた。

930 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:43:08
貯蓄率がある一定ある以上は、均衡を狙うと餓死者が続出
してしまう事が問題なんだよ。

931 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:45:05
>>927
いやいやそうではなくて
誰ぞやがいっていたように
ハイパワードマネーとマネーサプライの関係のように
資金の需給は信用創造や色々な要因によって結局は帳尻がつくということ。
民間で余っているのを計算してから政府が支出を決めているわけではないでしょ?

932 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:48:13
>>931
公共投資を何時、幾ら実行するかの基準は知らないんだけど、
失業がねぇ〜 やっつけられない事には。

933 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:49:41
>>829
いやいっぱいいるでしょ
デフレで民間貯蓄に手を付けるなんていうのは
財政出動の理由付けにすぎない。
現代ではその財政出動の効果に疑問が多いという意見があるよね?
自分もそっち派なんだけど。
いつまでもニューディール政策みたいなことやってて
効果あると思う?
もう小渕さんで立証済みかとてっきりおもったが違うの?


934 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:50:15
んん?帳尻がつくって、すべてを計算するという事かな??

935 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:52:10
>>933
だから税収は上がってるって。
それに積みあがった貯蓄をどうするんだよ。
金は食えんぞ。

936 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:52:23
とはいえ連日だと死んでしまうので寝ましょうよぅ☆

937 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:52:53
>>933
>もう小渕さんで立証済みかとてっきりおもったが違うの?

小渕のおかげで効果の高いことが立証済み。

938 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:53:14
>>932
失業対策で公共投資!
もっともらしい言葉だけど実際は成果あった?
個人的に北海道の話をよく聞くんだけど
公共事業に頼りすぎてまだ景気回復の兆しすら見えない。
その場しのぎの公共投資になっているのでは?
結局残ったのは赤字国債の山

個人的には民間の自立的な経済復興が基本!
政府が手をさし延ばしてろくなことはない!
極論かな?

939 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:55:27
>>938
うん極論(笑
やっぱ効果はあるよ。実際問題もおおいのは確かだけど。

940 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:56:43
>>938
公共投資は減っている。減れば税金上がるのか?
減ってどんどん国債が増えているだろう。
それに、民間が自立的な回復をしないから問題なんだよ。
北海道はいいんだよ。日本全国で収支をとってんだから。

941 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:57:49
>>935
税収は一瞬上がっただけでしょ?
さっきのグラフでは
2年後にはもう効果消えてるよ
だから、
たかだか数兆円の税収増に
支出が見合ってるのかってこと

942 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:58:37
>>941
だから死んじゃったからだろ。

943 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:58:47
>>938
>公共事業に頼りすぎてまだ景気回復の兆しすら見えない。

まったく根拠が無い。

海外農産物に押されて農産物が価格低迷している。
企業の東京一極集中により、札幌以外の都市が壊滅しつつある。
まあ公共事業が東京に集中しているというのも原因の一つではあるが。

民間主導の景気回復? まったく問題外。
ほとんどの企業設備投資を中国に吸い取られて
我が国は1,000万人の雇用を失った。


ところで金融の勉強はしてきたかい?

944 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:59:28
日本みたいな生産力の強い高度資本主義経済では公共事業のための財政出動で景気回復なんてするわけないだろ。
金を無理やりまわしさえすれば景気回復するわけじゃないぞ。


945 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:59:46
>>939
効果の有無をいったら
それは「有」でしょ
でもそれは支出に見合ったものですか?

946 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 01:59:54
>>941
>支出が見合ってるのかってこと

2兆円に満たないわけだが?

947 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:01:31
>>945
>でもそれは支出に見合ったものですか?

ああ。見合ってるよ。
3年目の乗数効果1.77だから。
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-data/jroad04/05-01.html

948 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:01:43
>>944
日本みたいな生産力が強い国は過剰生産になりやすく
そのために公共事業とか沢山やっても
経済成長して元がとれるんだよ。

949 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:02:23
>>942
死んだ人だろうが
誤った国策を行った人には然るべき批判をすべきです
ちがう?


950 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:03:28
>>949
生きてて財政拡大を続けていたら
新たな経済成長の目が出てきて
景気なんてとっくに回復していただろう、という話。

951 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:05:08
>>944
>金を無理やりまわしさえすれば景気回復するわけじゃないぞ。

無理やり回せば景気回復する。
デフレを吹き飛ばすにはだいたい100兆円必要。

GDPの年次変化を眺めると小泉不況の開始と共にGDPの伸びが止まっている。
ざっと直線を引けばそろそろGDP600兆円に達していてもおかしくない。

952 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:05:58
>>949
正しい政策をおこなったから敬うべきである。

953 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:06:33
>943
経済というのは生産力の高い、現実に財を供給する経済主体が中心になって支えるのだ。
公共事業はハードインフラの整備だが、インフラとはかかる経済主体をサポートする役割をはたし、そして利用されて初めて経済効果を発揮する。
必要以上の整備なんて無駄だし、それが国民負担であればその分経済損失を受ける。
公共事業を推し進めるのは経済を疲弊させるだけ。
公共事業推進派は目先のわずかな効果を追ってるだけ。

954 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:08:18
>>950
>生きてて財政拡大を続けていたら

2年目で支出の抑制を始めていたのでそこまで持ち上げてはいけない。
あくまで、橋本の招いた金融危機を回避するのが目的だった。
図らずもケインズ型の経済政策が大変有効であることを示したまで。

955 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:08:23
創造破壊というのは経済の回復期に起こるという。
金だけむやみやたらと回していれば
イノベーションが起きてくるだろうな。
少なくとも今よりは。

956 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:08:32
>>947
いやー都合のいい数字がでてくるもんですね
リンク見たけど全然根拠が分からないな
国土交通省というあたりが胡散臭くない?

957 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:08:53
う、穴掘って景気回復が分らない人がいるのか。
厳しい世界だのお。

958 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:11:47
>>953
無駄がないと在庫が積みあがるだけだが。
貯蓄がたんまりあって、その重みで経済が死にそうなのに
まだそんなコトイッテイルノカ。
まあ、あんたには俺が言っている意味はわからんだろうがな。

959 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:13:26
>948
企業は無駄な生産は極力避ける。
それにいくら無駄な公共事業をやっても全て元が取れるわけがないのは当然。
経済力が強ければある程度の無駄はカバーできるが、その程度を超えると経済損失となる。

960 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:15:06
>>959
今は経済が無駄に強いわけ。
無駄に強いのも危険なの。
そういう時には非効率的な公共部門が
重要になるわけ。わかる?

961 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:15:28
>>947
ここのひと財政出動支持者だけど
http://www.adpweb.com/eco/eco321.html

3年目は1.01っていってるよ
その下で1.16だし

どうも各自の都合で計算している感が否めないけど


962 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:16:35
>957
お前は景気が動くだけのことと回復することとを錯乱して認識している。
景気回復のための投資には、きっり効果を考える必要がある。
ただ無意味に穴を掘るだけと、波及効果のある穴掘りとはわけが違う。

963 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:17:25
>>953
>必要以上の整備なんて無駄だし、

必要とされている事業がいくつもある。

筆頭は防衛支出
ミサイル防衛 シーレーン防衛 諜報強化

高速道路未到達地域における高速道建設、
また、首都圏、関西圏の環状高速道路網整備、
これらも防衛力強化に繋がる。

旧態依然とした全国の農地の大規模圃場整備も必要。
当然、欧米並みの超大型トラックが通行できるような高速道路整備も必要。
全ては農業の効率化につながり、ひいては食糧安全保障に繋がる。

エネルギー安全保障に向け、核融合炉建設と原子力研究予算の充実が求められる。
その他、科学研究費は米国のわずか10分の1という状況も改善しないといけない。

君はもっと物を考えたほうが良い。

964 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:18:42
957さん。962の馬鹿に何か言ってあげてください。

965 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:19:01
>958
お前の主張が間違っているなら十分理解できる。
無駄をやって積み上がるのは貯蓄ではなくて無駄そのものだ。
公共事業を推進して積み上がった無駄の重みで押しつぶされそうなのが今の日本経済。

966 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:20:18
>960
はあ?
経済の強さに上限などないから、強すぎるなんておかしなことをいう。
もっと力強く上を目指すべきなのに、足を引っ張ってどうする。

967 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:20:43
>>965
だから、あんたは何もわかっていない。
馬鹿の壁が理解を妨げる。

968 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:23:25
>963
お前は日本語が読めないのか?
俺は必要以上の政府事業は不要といい、必要な事業までは否定していないし、特定の事項をあげてこれは無駄とはいっていない。
経済力を無視して過剰な事業をすれば経済に余計な負担をかけることになることすらわからないのか。


969 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:24:34
>>964
寝てたが、もう一回パソ立ち上げてみた。
962の言う通りだろう。
僕は説明しやすいように出来る限り省いたから。

970 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:24:37
あれも必要これも必要と無節操に予算をくみ上げ借金をしまくった挙句が
現在の財政危機だ。
おまえこそ考え直せ。

971 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:25:41
おーいまた荒れてるぞーう
まぁしかし、仕方が無い涙。

972 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:26:48
>>961
数字の意味が少し違う。

国土交通省の数字は乗数効果の3年目が1.77
1年目にある額を出費すると、その経済がどれだけ膨らむかを示したもの
1億円支出すれば、GDPが1.77億円だけ膨らむ。

そのサイトの数字は全体の実質GDPの上げ率
公共投資を1%増やして固定すれば
毎年1%程度づつGDPを押し上げることを示す。

973 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:28:25
>>968
>経済力を無視して過剰な事業をすれば経済に余計な負担をかけることになることすらわからないのか。

我が国はデフレであり、もっと大きな需要すなわちもっと大きな負担を求めている。


974 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:29:08

うーん論点がどんどんずれてきているような
公共投資の是非を巡っては
おおきく意見対立するだろうなと
思ってたんだが。
このままいくんですか


975 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:30:15
>>970
国債が積みあがったのは税収不足だからだよ。
公共事業は関係ない。

976 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:30:18
>967
わかってないのはあんただろ。
議論相手を馬鹿というのはまともに反論できないのか。
本当に景気回復させたいのなら経済上より有益な行動をすべきこと。基本的すぎる方針だ。
経済に対する理解の浅さが理解を妨げる。

977 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:31:07
>>972
数字のことは分かったから
じゃあなんで乗数効果どうりに
GDPが伸びてないの?

978 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:32:11
>>962
>ただ無意味に穴を掘るだけと、波及効果のある穴掘りとはわけが違う。

ケインズに拠れば無意味に穴掘って埋めようと、ここぞという所に穴を掘ろうと、
穴掘り労働者のもらう給料は同じだから、以降の経済波及効果は同じ。

無駄ならば無駄なほどインフレになりやすい。
東京の地下に大穴開けて首都丸ごと落っことせば、
確実にインフレだでは?

979 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:32:59
へっへっへっ、だんな、上物のバカに飲ませる薬ありますよ。





980 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:33:07
>>977
公共投資を減らしているから、GDPが減ったんだよ。

981 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:35:05
>>980
てめぇは、バカか?





982 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:36:04
>>970
土光臨調で、補正予算の出し渋りをしたのが不景気の発端。
以来二十年間、ディスインフレ圧力に悩み続けるのに、
あいも変わらず財政構造改革に励んだ結果が今の悲惨な経済状況。

983 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:36:30
>>978
なんか計算上の数値操作に公共投資の価値を見出そうと
しているようだけど
労働の付加価値は別として
公共投資に伴う建設資材や電気石油のエネルギー
は確実に消費しているよね?
インフレとかの犠牲になってもよいものなのか?
経済の本源的な価値を再考してくれ

984 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:37:40
>>981
財務省のHP行って確認して来い。
橋本改革、小泉改革のせいでどれだけの公共投資が削られたか。
どれほどの国内生産を失ったか、きっちり統計見て来い。

985 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:39:28
>973
デフレ不況対策は輪転機まわしてインフレターゲットを採るのが正しい。
負担かけても無意味。
>975
なぜ税収不足か。
利権政治屋が税収以上の予算を積み上げたからだ。
まあ返せる程度の国債を発行するのは問題ないが、連中は節操がないからな。
こんなこと繰り返したら財政危機になるに決まっている。最小の予算で最大限の利益を国民にもたらすのが政府の使命だというのに。
それと、俺が970で意味するのは公共事業に限られない。



986 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:39:45
馬鹿にはマクロ経済を理解させるのは難しいわけで
不景気が続く限り、ここで財政再建馬鹿を
教育させていかなくてはならないだろう。

987 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:40:24
>>984
ひとつ聞くが、公共投資=国内生産ほど危ない状態のものはないぞ。




988 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:40:41
>>984
日本は公共投資中毒で
麻薬中毒者のような国なおか?

989 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:41:07
>>983
>インフレとかの犠牲になってもよいものなのか?

何も犠牲にならない。

デフレ不況が続く限り、
働き場所の無い若者の将来を奪い、
経済苦に来るしむ家庭から生まれて来るべき新しい命を奪い、
全ての人の受け取るべき老後の保障を奪う。

990 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:43:32
>>989
もうデフレなんて脱却してると思うけど?

991 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:44:06
>>985
>デフレ不況対策は輪転機まわしてインフレターゲットを採るのが正しい。

輪転機回したら、次はその金の使い道を考えろ。
国債買いは札割れ連発で無理よ。

>>988
全ての国がね。
GDPの4割が公共支出。
他の国も似たようなもの。

992 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:44:27
>>990
ソース

993 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:44:45
>>986
マクロ経済しかしらない馬鹿もバカだ。

現実と常識をみつめてみろ。机上論だけならアホの政治家と同じだ。

994 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:45:32
>>991
公共支出って
社会保障費用なども含んでの数値でしょ
いわゆるハコモノや道路などをつくるための支出ではないでしょ

995 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:46:04
>>991
はあ?




996 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:46:41
>978
ケインズはキャッシュフローしか考慮していない。
掘った穴の経済効用までは考えていないようだ。
それとその無駄を負担するものの存在も考えてみれ。
>982
まだいうか?
そもそも財政構造改革はただの省庁かんの予算の奪い合いだぞ。

997 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:49:24
ここは一つマクロ、ミクロ経済の考えを捨ててみるべきだ。
政府とは国家経済の一部を担う事業体に過ぎないのだ。
資金、人等をつかって経済活動をする点では企業と同じなのだから、経営の観点を持つべきでは。

998 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:49:34
>>994
>社会保障費用なども含んでの数値でしょ

含まない。
公務員の人件費は含む。

999 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:49:42
はいはい、

次スレ移行ね。

1000 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/05/24(火) 02:50:03
ぎゃーーーーーーーはっはっは笑い死ぬ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

329 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)