5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★革労協★永井殺害が時効★解放派★

1 :はざま:04/06/08 22:28
もう、不毛な殺し合いはやめとけ。
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/ibaraki/040525/kiji01.html

2 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:31
嫌です

3 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:35
最後の一兵になるまで内ゲバはやめないぞ。


4 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:35
遅いかもしれんが和解キボンキボン。


5 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:37
嫌です

6 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:37
 まあ、今回2人が死んだことで、死者のバランスはとれたわけだし、これを契機に今度こそ
手打ちすればよい。

7 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:42

 もうやめろ。無駄だ。やりたいならYにやれ。



8 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:44
当時永井のほかにも内部粛清でやられた人がいたっけ。


9 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:53
解放派スレはまた分裂かよ。


10 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:54
1の記事を読むと涙が出てきた。
何で革命運動に生きて同志を殺すのか。
理解不能。そこまで各○との闘争で疲弊したのか。
こんな組織に結集する人材は不幸としか言いようがない。
非日常を生きてきたものの最期か。残念。

11 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:56
2004.05.25

革労協狭間派ナンバー2殺害 時効まで1カ月
最高幹部死亡で捜査難航 “内々ゲバ”犯行自認も

 牛久市で平成元年、過激派・革労協狭間派のナンバー2だった永井啓之幹部=当時(43)=が他殺体で見つ
かった殺人・死体遺棄事件は、六月二十五日午前零時に時効(十五年)を迎える。公安当局は残る一カ月も実行
犯の割り出しに全力を挙げるが、同派内で永井幹部と対立していた狭間嘉明最高幹部が平成十三年に病死してお
り、解明は難航している。(公安事件取材班)

 ■メッタ打ち

 平成元年六月二十五日午前三時四十分ごろ、埼玉県川口市差間で電話が不通になっていると、公衆電話から一
一〇番があった。

 武南署員が駆けつけたところ、付近の電話線ケーブル三本が切断され、アパート二階に住む永井幹部がヘルメ
ット姿の七、八人の男に襲われワゴン車で連れ去られたことが分かった。

 午前十時十分ごろ、約四十キロ離れた牛久市東猯穴の学園西大通り下の市道トンネルで、ビニールシートに包
まれ寝袋に入った男性の遺体を通行人が発見。鈍器のようなもので全身をメッタ打ちにされ、顔も判別できない
ほどだったが、竜ケ崎署は指紋から永井幹部と断定した。

12 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:56
 ■狭間派とは

 革労協は社会党の青年組織、社会主義青年同盟(社青同)の分派「解放派」が昭和四十四年に結成した過激派
組織。中核派と同様、テロ・ゲリラや革マル派との内ゲバを繰り返してきた。

 五十二年二月、取手市の国鉄常磐線取手駅西口前で革労協の笠原正義書記長=当時(36)=が五、六人の革
マル派活動家に襲われ殺害される事件が発生。翌年一月には逆に、水戸市と勝田市(現ひたちなか市)で茨城大
生ら革マル派活動家三人が革労協に殺害される事件が起きている。

 革労協は五十六年、テロ・ゲリラ路線の狭間派と労働運動重視の労対派に分裂。永井幹部は狭間派の中で狭間
最高幹部に次ぐ地位にあったが、大衆闘争も重視すべきだと主張したことなどから六十三年に除名され、独自の
機関紙を発行するなど分派活動を行っていた。

 狭間派は事件の三日後に声明を発表し、「永井をめぐる組織防衛上の過程で肉体的に変調をきたし放した」「マ
スコミ報道によると死亡した」と永井幹部を“査問”して死なせたことを認めた。

 ■さらに分裂

 「中核派対革マル派」「革労協対革マル派」の内ゲバ事件ならぬ革労協内部の「内々ゲバ殺人事件」として、県
警警備部や埼玉県警、警視庁などが捜査や情報収集を進めてきた。

 事件から四カ月半後の平成元年十一月、警視庁公安部は狭間最高幹部を公務執行妨害の現行犯で逮捕。六年にも
詐欺容疑で逮捕したが、永井幹部殺害事件の手掛かりを得ることはできなかった。

 狭間派はこの間も関西や神奈川県で脱退が相次いだほか、十一年には狭間最高幹部中心の主流派と学生運動重視
の反主流派に分裂して、再び「内々ゲバ」を繰り返している。

 十三年十二月にはカギを握る狭間最高幹部が五十五歳で病死したため、永井幹部殺害事件の解明は一層苦しいも
のとなっている。

 公安当局は「テロ・ゲリラに加え、一般市民に直接影響を与えないとはいえ、際限ない殺し合いを続ける過激派
は今後も監視していく」としている。

13 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:00

 まだ解放派に涙する香具師がいたか。
 幸せものだな解放も・・・

 まだ間に合う、まだ


14 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:13
義勇兵に志願の道もあるよ。

15 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:14
都庁第二庁舎16階の陶酔労組合室でまったりしてる連中が一番の勝ち組


16 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:15
それって勝ち≠ネのか??


17 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:16
相手にされてないだけ。

18 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:17
こいつら、スケールが小さいよな。
どうせだったら、ヨルダンでも行って
日本プロレタリア統一戦線とでも名乗って、
アルカイーダとでも共闘すればいいのに。
どうせ死ぬなら自爆テロでもすれば喜ぶ人沢山いるぜ?

19 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:19
ヨルダンでなくても、東京の中央公園で自爆でもいいだろ。

20 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:26
>公安当局は「テロ・ゲリラに加え、一般市民に直接影響を与えないとはいえ、
>際限ない殺し合いを続ける過激派は今後も監視していく」としている

>一般市民に直接影響を与えないとはいえ、際限ない殺し合いを続ける過激派

>一般市民に直接影響を与えないとはいえ

日本の公安警察、やぱりアタマおかしいです。


21 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:28
>>20
君、アタマだいじょうぶ?

22 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:30
そうだなw

日本で唯一自爆テロができそうな党派だろうからな。
世界革命なんて夢見物語を語る年でもあるまい。
自分の度量でできることをやればいい。
こいつらの活動で本当に社会が変わるとは逆立ちしたって思えない。
おもちゃロケットを飛ばしたところで、一般市民は苦笑。
なぁにが、徹底破壊だw ネタとしては最高だが。
怒ってるのは警備・公安関係者くらいなものだろ。
社会的影響力はほとんどないといっていい。
どうせ散るなら本当にブルジョア階級を震撼せしめること
やってくれなきゃ、応援する気にもなれん。

23 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:34
>>21
あなたのその意見もおかしくない?

公安を擁護するわけじゃないけど。

24 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:36
>>23
考案を用語してんだが、文句あるか?

25 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:38
>>22
社会的影響力はほとんどないといっていい。
×ほとんど→○まったく


26 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:39
一般市民に被害を与えないといっても、内ゲバで死傷者を出してるわけだから、
警察としては放っておくわけにはいくまい。


27 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:42
はい、極左暴力集団のおいしいネタは、めいっぱい利用させていただきます。

28 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:46
警察は監視はするけど、両派がつぶしあうのは大歓迎だろ。


29 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:50
本当につぶれるのは、困ります。失業問題もありますんで^^;
末永く事件を起こしていただけるのが、いろいろ都合がよろしいかと。

30 :名無しさん@3周年:04/06/08 23:51
和解、手打ちなど、カキコする香具師らがちらほら見受けられるが、
一体この状況下で「どのように」ということを考えて発言しているだろうか。
ただの願望吐露でしかない罠。
だれかが中核派が仲裁云々といってたが、大衆路線をとっている自分たちにとっ
て迷惑この上ない存在だし、何よりも東北・九州で競合する彼らに手をさしの
べるメリットなぞ何もない。
また文化人なども全く無力、というかもう今となってはほとんど接点もないで
あろう。大口昭彦に頼むとかも噴飯もの、彼は現代社ゴリゴリの存在やがな。
「不毛な殺し合いはやめとけ」って誰に言っているのだろうか、聞く相手と思
っているのかね。まあせいぜい自己マンで言ってたら。
出刃持ち出してお互いに奈落の底まで墜ちいていく決意しているんだから
最後まで気の済むまでやらせてたらいいさ。




31 :名無しさん@3周年:04/06/09 00:08

家の近くで内ゲバ殺人起きたときのこと考えてみろよ。
一般市民に影響ないわけなかろう。


32 :名無しさん@3周年:04/06/09 00:14
「ほんと、やあね、過激派ですって。」
「警察は、何をやってるのかしら。」
「はやく、取り締まってほしいわ。」

33 :名無しさん@3周年:04/06/09 00:16
異議無し!

34 :名無しさん@3周年:04/06/09 00:18
>>32,33
逝きな

35 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

36 :名無しさん@3周年:04/06/09 07:53


37 :名無しさん@3周年:04/06/09 08:18


38 :名無しさん@3周年:04/06/09 11:06
やっぱり悲しいよ。
革労協と革マルが殺し合うのは分かるが、
かつての仲間同士が殺し合うなんて・・・

39 :名無しさん@3周年:04/06/09 16:53
>>38
中核と革マルもかつての仲間同士でしたが。。
そもそも、客観的に仲間と見得るから内ゲバというわけでして。

あなたのセンチメントにどうこう言うつもりはないけど、
彼らのような存在って(希少)価値があるのに勿体無いというのが俺の感想。
仮に相手方を解体に追い込んだところで、何を得ることができるのか。
日本人で、死をも厭わない反体制コマンドってのは結構世界でも貴重だと思うよ。
日本人らしく潔く自爆テロでもしなさい。

40 :名無しさん@3周年:04/06/09 18:12
>>39
お前さんだって、命をかけて生活費を稼ごうとする資本主義の一員
だろう?彼らのこと貴重だなんていえないよ。

41 :名無しさん@3周年:04/06/09 20:03
中核と革マルが同根というのとワケが違うよ。
革労協の両派はついこの間まで一緒に頑張ってたんだよ。

とにかく殺し合いだけはやめなよ。
永井氏のときに反省するべきだった。

君たちの敵は日帝と反革命革マルだろ。

42 :名無しさん@3周年:04/06/09 20:04
>>41 禿同

 はやく気づけ!!



43 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:16
みんな50代なんだよな。
下手すると60代に接近か。
古くなったのは年だけで、新左翼は進化しなかったよな。

44 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:28
そもそも分裂の原因を作ったのは明大などの学生自治会・生協の利権を
独占しようとした山田茂樹にあるわけで。最初のゲバでこいつが死んでれば
流れは変わったであろう。

45 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:34
明大生協はアオだけでなくやアカ系ノンセクなどもいたのでは?

46 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:45
>>44
たしかに分裂の元凶が山田茂樹にあることは事実だけど、最初のゲバで山田が死んでいたら、
現代社は政治的には逆に不利になった。最初に殺人を犯したのが木元派だったことが、木元派
を逆に政治的に不利にし、それが三里塚の排除へとつながっていったのだからね。

47 :名無しさん@3周年:04/06/09 23:02
 2.11日革命的労働者協会(革労協会=社青同解放派)の書記長中原一氏が、革マル派の襲撃に遭い死亡。革マル
派の機関紙「解放」(77.2.21日付け)は、「中原一派の盲動を未然に粉砕」の見出しで、「『人殺し、助けてくれ』
という消え入りそうな萎えきった声がお前の最後の言葉となった」と報ぜられた。

 六〇年安保以後、革共同、ブンドに対抗した東大、早大を中心とした、社青同全国学生班協議会の運動の流れがあ
る。そして一方の東京地本の労働者運動の流れとが合流、合体して解放派は労学の統一した組織として飛躍していっ
た。学協の中からは以後、五辻活、笠原正義君等のすぐれた指導者が輩出して東京地本、革労協の中核を担っていっ
た。笠原君が一九七七年二月十一日、革マルのテロルに倒れたとき、「学協の流れを絶やしてはならん」と心に誓っ
た。

 その学協の正統な継承者こそが永井啓之君である。生前彼と「ぜひ解放派の歴史を整理し、書き浅さねば」と共に語
り、具体的作業を開始しようとした直後の無念の死であった。しかしいかなる暴虐も歴史の真実を消すことはできな
い。私はいつかは個人史を書き、解放派の闘いの歴史を明らかにする作業の一端に役立てたいと常々思っていた。その
具体化の第一歩が出来たのは、まさに本集の出版が契機であった。このことこそ永井君の今なお生ける意志であり、ま
た彼の遺業である。続きは厳密に今後書いていきたいと思う。最後に永井雅子さんの協力に感謝し、今後も助力を願い
たいと思っている。(樋口圭之介「六〇年安保・三池闘争の高揚と社青同結成」)


48 :名無しさん@3周年:04/06/09 23:16
でも分裂後最初のゲバの被害者である山田が全治10ヶ月とはいえ
生きていること自体、今となっては奇跡だな。報復ゲバで長田氏が
無残な死に方さえしなければまだ和解の余地もあったろうに。

49 :名無しさん@3周年:04/06/10 01:28
なんといっても、反戦、反合理化、反ファッショの大衆運動を展開した解放派に
「反差別」闘争の名の下に教条的他罰的暴力的路線を導入したのは九大の狭間。
友人の元解放派の諸君は口をひとつにしてあいつなんかは解放派じゃない、と言っている。

50 :名無しさん@3周年:04/06/10 01:39
誰ですか?
まだ和解とか手打ちとかつぶやいている香具師は。
テメエが体張ってやる気もないクセにほざくな!
アイツらが完全相互自滅するまで見守ってやるのが礼儀ってモンだ。

51 :名無しさん@3周年:04/06/10 03:42
>>50
こいつ必死過ぎ。マル?

52 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:27
 ところで、永井殺害に関する解放派声明文のなかにある、注目すべき二点に関して、このスレでは誰も
興味を示していないのは何故?
 声明文によると、「永井は自らの公判において、同志を権力に売り渡したため、除名された」とあった
のに、このスレの書きこみでは誰もがこれを無視し、あたかも路線対立の結果、永井が除名されたかのよ
うに考えているようだね。
 もう一つ、声明文では「死という結果は目的としてはなかった」という言葉も出てくるが、これは永井
への「査問」が殺害にまで至ったのは、狭間の指令ではなく、土肥ら現場の暴走という可能性を示すもの
と判断すべきでは?
 分裂後最初のゲバの被害者である山田が死にまで至らなかったことを見ると、狭間自身は「かつての同
志の命を絶つ」ことなど、永井事件の際には考えていなかったと見るべきでは?

53 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:43
>>49
>友人の元解放派の諸君は口をひとつにしてあいつなんかは解放派じゃない、と言っている。

 中原一氏のことを慕う元解放派は今でも多いみたいだけど、そのいっぽうで狭間は嫌う人が
多いね。
 ただ、そんな狭間を解放派全学連の初代書記長に選んだのは、解放派の多くの人達。彼を解
放派の総務委員に引き上げたのは中原一氏。狭間を自らの盟友としてきたのは他でもない永井
啓之であり、そして今は作家に華麗な転身をとげた工藤永人たち。
 そして、狭間がいなかったら、77年2・11以降、おそらく解放派は回顧趣味だけを目的
で結集する、単なるサークル集団になっていったはず。これは今の解放派全協を見ればわかる。

54 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:48
別の言い方をすれば77年2・11がなければ、ここまでの惨状にはならなかった。

55 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:54
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_gevalt_kaihohanai.htm

56 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:58
>>54
それはまさにそのとおり。永井啓之『仁王のように立ちて』にも、未亡人が「2・11で彼は変わった」
「顔付きまでガラッと変わった」と書いているほど。

57 :名無しさん@3周年:04/06/10 11:28
>>52
「同志を権力に売り渡した」として殺す必要あるのか?
除名して、なお命を奪う必要があるのか?
彼には妻も娘(確かいたはず)がいるんだぞ。
君には家族がいないのか?
愛する人を奪われた人間の悲しみが分からないのか?

>>53
>回顧趣味だけを目的で結集する、単なるサークル集団
それでよかったんじゃないの?
爆弾でお巡りさん殺したり、強盗みたいに出刃包丁で仲間を殺して
世の中良くなったか?

58 :弱い&rlo;∪・ω・(&lro;犬 ◆JrNMd471Nk :04/06/10 12:06
交番のお巡りさんはいい人が多い。
不法行為も警告し、未然に防ぐ。 …交通課の屑どもとは大違いだ。

59 :52:04/06/10 12:18
 俺の文章のどこが「殺す必要ある」と読めるんだよ。俺が言っていることはただ二つ、
「永井の除名は路線対立の結果か?」「永井殺しは本当に狭間の指令だったのか?」とい
うことを問題にしているんだよ。
 永井殺しが糾弾されるのは当然のことだ。だが、80年から81年にかけての労対派と
の分裂と、それにともなう労対派への何件かの襲撃事件では死者は出なかった。「死者が
でなければそれでいい」というような性質のものではないが、なぜあの時は死者が出なかっ
たのに、今回は「死に至るまでの暴力」がごく当然のようにまかり通るのか、そこを問題
にしなければ話にならない。その場合、当然、この永井殺しがクローズアップされなけれ
ばならないし、だからこそ「永井の除名は路線対立の結果か?」「永井殺しは本当に狭間
の指令だったのか?」を問題にするんだよ。
 俺は土肥というヤツがどうにもうさんくさくてならない。

60 :52:04/06/10 13:01
 誤解のないように言えば、たとえ狭間に「永井を殺す意図」がなかったとしても、
狭間の責任は大きいと思っている。「結果としての死」をなんら自己批判せず、居
直ったんだからな。そのつけを、狭間は後に払わされたってことだろう。

61 :名無しさん@3周年:04/06/10 14:03
土肥…、初期の頃権力にゲロったということで表向き問題にされたが
裏の裏で何やっているかわからないイメージはあるな。
カクマルのアジト襲撃で片足切断していたんじゃなかったっけ。

62 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:10
 それにしても、この永井事件は多くの謎があるね。80〜81年ごろの労対派への
襲撃事件にしても、今回の現代社と赤砦社による殺し合いにしても、いずれも問答無
用でやっているのに、この永井事件だけは永井をアジトから何処かへと連れ去って、
その後に死体が発見されるという形だった。
 つまり、これは永井に対する、死に至るまでの暴力的な査問が行なわれていたとい
うことを意味するわけだね。「除名」した人間に対して、いったい何を「査問」する
つもりだったんだろう。

63 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:32
永井事件の前にも、解放派の内々ゲバで死者が出ていたような気がするが。
記憶違いならスマソ。


64 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:34
>>63
80〜81年ごろの労対派への襲撃事件では死者は出ていない。
永井事件がはじめてだった。

65 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:35
怪死事件には事欠かない。

66 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:37
新聞報道によれば、永井幹部は鈍器のようなもので全身をメッタ打ちにされ、
顔も判別できないほどだったという。
これが現場の暴走=結果としての死なのか?


67 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:37
自殺に見せかけて

68 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:44
>>66
たしか、当時の週刊新潮によると、「肋骨が十数本折れていた」「顔は、
本人とは識別ができないほど殴られ、指紋からようやく永井さんと判明し
た」とある。解放派は「『肋骨が十数本折れた』は嘘だ」と反論していた。
「仁王のようにたちて」では、遺体と対面した未亡人は「至るところにあ
ざができて、腫れ上がり、まるで小林多喜二の最後の、あの写真を思わせ
た」と書いている。

69 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:45
肋骨は全部で6本しかないんだが、まいいか。

70 :名無しさん@3周年:04/06/11 00:51
>>54
そうだと思います。より詳しく言えば、2・11以降、「革マルのスパイ」の潜入
の可能性をめぐって疑心暗鬼が生み出され、それが「同志殺し」にまで走っていっ
たということでしょう。
80〜81年の労対派との分裂にしても、解放派全学連初代書記長だった狭間が、
解放派全学連初代委員長だった石橋に「革マルのスパイ」の疑いをかけ、これも
分裂の原因になっていることは、有名な事実でしょう。

71 :名無しさん@3周年:04/06/11 01:08
実際、マルに対してスカスカだったことは確からしいね。

72 :名無しさん@3周年:04/06/11 01:13
>>71
まあ、連中は警察無線の盗聴に成功したくらいだから、スパイなんて危険な任務を
メンバーにやらせなくても、ある程度の情報くらいは入手できるでしょ。

73 :名無しさん@3周年:04/06/11 06:56
沖大の女学生も不審死しなかったけ?


74 :名無しさん@3周年:04/06/11 15:19
土肥っていう人が犯人なの?
時効まであと2週間あるよ。
埼玉県警武南署捜査本部さん。

75 :名無しさん@3周年:04/06/11 17:41
>>63
↓のことでは?

>1989.2.5日永井一派の元軍事指導部、辻美喜が狭間一派によりリンチ殺害されている、とある。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_gevalt_kaihohanai.htm

76 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:18
>>75
それは、マル共連BBSに、奥平広康というヤツが「辻美喜が狭間一派によりリンチ殺害された」と書
いたのを、れんだいこがそのまま丸写ししたもののようだね。
当時の週刊新潮は、彼の死についても触れていて、「警察は『自己批判をせまられ、発作的に飛び降り
自殺した』と見ている」と書いてあったよ。解放派は彼の死について、機関紙で「追悼文」を書いてい
る。永井事件とは全く異なった態度だね。
ちなみに、革マル派は「辻は窓から突き落とされたに違いない」と書いていた。だから、奥平広康とい
うヤツは革マルの可能性が強い。

77 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:27
なるほど、マルのスパイでちたか。南無南無

78 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:47
>>59 >俺の文章のどこが「殺す必要ある」と読めるんだよ。

読めるよ。

>土肥ら現場の暴走という可能性を示すものと判断すべきでは?

土肥が暴走して殺したんでしょ? 何で殺す必要あったのってことだ。


79 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:56
>>76
>奥平広康というヤツは革マルの可能性が強い。
なるほど、そうすると彼の「追悼文」を機関紙で書いた解放派はどうしょうもない
アフォだつーことだな。

80 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:58
シシダ(´・ω・`) ショボーン


nothing

81 :名無しさん@3周年:04/06/11 21:59
>>80
ガハハ

82 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:01
>>80-81
うぜぇ、散れ!

83 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:02
>>79
はあ?
奥平広康を勝手に「死人」にするなよ(w

84 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:02
>>80>>81
マルの嵐でここしかマジバナシ出来ないので頼みますよ。

85 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:04
187 :名無しさん@3周年 :04/06/11 07:38
北陸9人決起、関西4人決起、九州3人決起、北海道7人決起、首都見えない決起!!


  ・・・・・・ (´・ω・`) ショボーン

86 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:14
   |
   |Д`) コボレイシダ
   |⊂
   |
ω

87 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:17
石田君の珍子ですか?
>>86

88 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:19
また
オマエか・・・

89 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:20
   |
   |Д`) コボレイシダ
   |⊂
   |
ω

90 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:22
また
オマエか・・・

91 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:28
そのぉ・・・・


イシダの何がこぼれた≠フでつか??



92 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:29
   |
   |Д`) コボレイシダ
   |⊂
   |
ω

93 :名無しさん@3周年:04/06/11 23:19
また
オマエか・・・


94 :名無しさん@3周年:04/06/12 00:27
>>66
あの、解放派の軍事組織と革労協総務委員会との関係は、中核派革命軍と中核派政治局との
関係とは、ちょっと違うみたいだよ。
これは、現代社グループが機関紙で木元派を批判する時に、「党的軍事組織」というのが解
放派の正しいあり方だって書いていて、「党の軍事組織」じゃないんだって書き方をしてい
た。
解放派って、もともとレーニン主義組織論・「鉄の規律」的なものを否定する形で登場して
きたといういきさつがあって、もともとは「中央集権」ではない。だから、軍事組織も総務
委員会に対して、一定の自立性があったんじゃないかって感じがする。
現代社は土肥を決して「山田の側近」とか「茶坊主」とか、そういう言い方はしていない。
むしろ、両者の将来の決裂をすら予測している。

95 :名無しさん@3周年:04/06/12 00:32
   |
   |Д`) コボレイシダ
   |⊂
   |
ω

96 :名無しさん@3周年:04/06/12 00:34
>>94
現在は両派とも露骨な中央集権で文字通り「私兵」になっていると思う。

97 :名無しさん@3周年:04/06/12 00:44
>>96
そうかな?
中原一氏の死後、どうして解放派は分裂に次ぐ分裂を繰り返したのか、中核派
との違いはここにある。つまり、解放派の組織は「群雄割拠」なのではないか。

98 :名無しさん@3周年:04/06/12 00:46


99 :名無しさん@3周年:04/06/12 01:05
元々解放派は東大出が多く、貴重な理論的俊英を生み出した。
どっかの編入学の経済学博士とは大違いで、元々の東大生であり
そもそもの基礎学力がその博士とは格段の差がある。
まあ、真に知性のあるものは東大だとか大学院だとかひけらかす
ことはしない。
知性のなさを自覚している者がことさらに学歴を絶叫する。
なぜならありもしないその知性を賞賛する者は、自分以外ないから。
しかし、解放派の理論戦線が途絶えたことは痛い・・・


100 :名無しさん@3周年:04/06/12 01:10
極端な独裁制であり同時にルーズな組織っていう印象。
まあ、10年サイクルだから、2009年あたりになるとさらに分裂するのかな。
分裂から5年以上経っても殺し合いを続けるなんてことはさすがになかったけど。
そもそも2009年まで組織が存続しているかどうか怪しいか。

「意見が食い違うから袂を分かつことになった。どちらにつく?」
こういう選択ができるのは大きくないも組織のほんの一握りだけで、
貧乏でもがんばって活動している連中がわけのわからないうちに敵どうしに分かれて、殺し合うことになるんだから、
ほんとうに酷い話だ。

169 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)