5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民社党の復活を議論するスレ

1 :革命的名無しさん:04/10/31 23:35:36
1960年の社会党離脱以降、民主社会主義を掲げながら防衛面では
防衛費増額・日米同盟堅持を掲げ自民党よりも右と言われた民社党。
自民党の保守長期政権にも失望し、民主党の保革共存も信用できず
かと言って、反日路線を貫く社民党・共産党に票を入れる気も起こらない。
そんな中道的有権者の受け皿になる政党こそ、民社党だと思う。
穏健労働者、学生の政党として復活の可能性などを議論するスレです。

119 :革命的名無しさん:05/02/19 11:28:10
旧民社系の政治家の堕落ぶりや
富士社教系組合の近年の堕落ぶり(リストラ荷担など)
西尾末広翁もあの世で嘆いていることだろう

120 :革命的名無しさん:05/02/20 01:24:49
まぁ今の民主党が民社的要素を色濃く継承してるから、別に民社党が復活しなくても…。

121 ::05/02/20 13:09:55
>>118 というより.尾張.三河はトヨタの影響力が強く.トヨタに肩入れして
いる民社系民主に追随しないと層化はやばいのでは?

122 :革命的名無しさん:05/02/26 13:10:24
>>118
東京民社協会は
都議選で誰を応援すんの?

123 :革命的名無しさん:05/02/26 23:37:46
都道府県単位で民社協会が現存してるのはどこがあるのか?
友愛連絡会も含めて情報ぷりーず。

124 :革命的名無しさん:05/02/27 02:29:12
http://www.minsha.org/sub4.html

ここに地方民社協会の一覧がある。
友愛連絡会もほぼ同様と思われ。よく知らんが
というのも、友愛連絡会がなければ民社協会は存続できないから
(地方・中央ともに)

125 :東京民主協会残党一味:05/02/27 02:33:33
ほぼ全国に均等に散らばる裏民主。民社協会。
その総帥は中野未完成こと、中野寛成衆院副議長


126 :革命的名無しさん:05/02/27 03:53:10
確かに尾張・三河、北伊勢、摂津・和泉では旧民社党の威勢は昔日ほどでないにしても侮れない。
特に北伊勢の中井シ合元法相、和泉の西村真吾元防衛政務次官は民社以来の歴戦の兵。

127 :東京民主協会残党一味:05/02/28 01:31:40


128 :革命的名無しさん:05/02/28 15:28:16
民主党長崎県連の実態は民社党だしな…。
造船重機労連(三菱重工労組、SSK労組など)が幅を利かせすぎ…

129 :革命的名無しさん:05/02/28 17:43:28
相模横浜や武蔵川崎などの京浜工業地帯でも民社系民主は根強く残存している。
六年前の参院選では民社系民主と公明の共闘が、相模でも実現した。

130 :革命的名無しさん:05/02/28 18:37:08
「おいら、西村真悟、石原慎太郎らと尖閣列島に上陸するんだ!」といって計画中の反戦ネット
ワークのLPG(ねっw)!貴殿に関し以下のような情報が寄せられている!恥を知りたまえ!
1.貴殿は、黒い街宣車に菊の紋章を描き、大きな日の丸の旗を掲げ、大音響で「軍艦マーチ」、
「同期の桜」を流しているメンバーらとともに新潟港の岸壁で「北朝鮮帰れ!」とシュプレヒコールを挙げていた。
2.貴殿はその後「おいら、被災地に行ってボランティアをして来る!」といって現地に行ったが実際は何もしなかった。
3.貴殿はその後、村人たちが豊作を祈願して村はずれのおじぞうさんに一ヶ月ほど前にささげたおいなり、だんご、ミカン、バナナ、リンゴなどを「無断で」借用した。
4.その時、一人の村人が通りかかり、「見かけない顔だね、土地の人でないね、それはだいぶ前
のものですよ」と注意したが、貴殿は「自慢じゃないけど、おいら、頭の悪さと胃袋の丈夫さは
誰にも負けない!みんなから反戦ネット一の馬鹿といわれていたあの黒目さんにさえ、ねっwさん!参りました、ぜひ弟子にして下さいといわしめたんだぜ」などと自慢げに語り聞き入れなかった。
5.貴殿はその後、田んぼのカカシから、破れたムギワラ帽子及びかすりの着物、モンペを「無断で
借用」し、「おいらの体にぴったり!」といってそれを身に着け、近くの農家の納屋に侵入し、パンクしたリヤカーに、そばにあったお米、数表を積み、「無断で」借用した。

上記に関し確認が取れ次第、下のファイルにて糾弾することをここに警告する。
http://www.geocities.jp/peaceadvance/

131 :革命的名無しさん:05/02/28 18:58:41
>>124
民社、根強いな…。
民主内旧社会党総評ブロックもこうあってほしいものだ…

132 :久保亘元副総理・蔵相:05/02/28 19:15:33
社党系民主は、蝦夷の横路元知事と、尾張の赤松広隆元書記長、佐藤観樹元自治相程度だったが、デブ佐藤は失脚しました

133 :革命的名無しさん:05/02/28 19:16:39
総評系産別が民主の最大支持母体な訳だが、完全に母屋を取られた格好だよね。

134 :革命的名無しさん:05/03/01 18:52:14
>そーなんですかぁ?

135 :革命的名無しさん:05/03/04 02:15:45
日共が民社より国政の勢力で大きく劣るようになるなんて・・・・・

136 :革命的名無しさん:05/03/07 10:35:55
社民が…

137 :革命的名無しさん:05/03/07 20:02:02
欧州民社のような政党を希望。仕方が無いので民主か社民に入れるしかない。

138 :革命的名無しさん:05/03/07 20:06:48
欧州民社?

139 :革命的名無しさん:05/03/07 20:09:00
>>130
あんた、アフォですか? 石原・西村と尖閣上陸を計画する人間が黒い
街宣車に乗ってて何かおかしいですか? 普通のことじゃないのですか?

140 :革命的匿名者協会:05/03/07 20:18:11
>>139
青い烏を相手にマジ切れしたらいけません!

141 :革命的名無しさん:05/03/08 19:28:03
 おいら20代、おいらの世代は政治の事は詳しくは知らない。
おいらの世代は、「社会主義」って、「全体主義」と完全に同義語。
 「社会主義青年」ってウザイ、キモイ、根暗。

142 :革命的名無しさん:05/03/08 19:33:30
>>141
おれも20代な訳だが…
君の勉強不足をアピールしに来たのかい?

143 :革命的名無しさん:05/03/09 20:07:02
>>138
英労働党や独社民党、仏社会党のようなけっして売国ではない
穏健的な改革政党のことを言いたかったのです。

144 :革命的名無しさん:05/03/09 22:21:19
>>143
君から見たらドイツ民社党やオランダ社会党などは売国政党なのか?

145 :杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :05/03/10 02:19:30
>>143
かつて独社民党が反核運動を主導していた際に旧民社は批判していましたよ。

146 :革命的名無しさん:05/03/13 17:03:57

社会党は、初期に右派社会党と左派社会党に分裂していたわけですが、選挙の際はどう処理していたんですか?

届け出も表示も「右派社会党」「左派社会党」と名乗っていたわけですか?

147 :革命的名無しさん:05/03/13 17:17:32
「労働組合」の名を借りた「労務屋」
全国的にリストラにお墨付きを与えているはず

148 :和泉常任幹部会委員:05/03/13 17:18:26
だから何だと言うんだ

149 :革命的名無しさん:05/03/14 10:08:12
>>146
届出も表示も「右派社会党」「左派社会党」だったらしい。少し気の利いた教科
書や選管発行の記録書にはちゃんと記載されている。
各選挙区で左右社党が独自候補を擁立し、3分の1を超える議席を確保してい
た。だから左右社会党統合は、保守陣営の危機感を煽り、保守合同−55年体
制確立へと動き出す。
まぁ60年に社会党は分裂して、統一社会党は5年の寿命だった訳だけど、当
時の社会全体に与えたインパクトは大きかったはず。

150 :革命的匿名者協会:05/03/14 10:20:01
149だけど。
55年1月時点の衆院勢力図は以下の通り。

日本民主党185、自由党112、
日本社会党(左派)89、日本社会党(右派)67、その他14

社会党第12回定期大会において、左社綱領が統一社会党の綱領として採択さ
れ、実質的に右社が吸収された形となった。

151 :革命的名無しさん:05/03/14 11:50:22
ドイツ民主社会党とドイツ社会民主党は別組織なんだが・・・
わかってる?

152 :革命的名無しさん:05/03/14 20:37:40
ドイツ民主社会党は社会主義統一党の改編政党だ。

153 :146:05/03/14 22:30:55
>>149-150

お返事ありがとうございます。

「左派」「右派」とか、候補者ののぼりに書いてあって、有権者も奇異な感じを受けたんじゃないですかね。

154 :革命的名無しさん:05/03/15 10:08:32
>>153
うーん、それは分かりませんが…何せ親がまだ学校にも行ってない時代の話
なので…まぁそれなりに違和感はあったと思いますが、昔って結構アバウト
な政治感覚があったみたいですし、微妙。
総評内部でも難しい判断があったようで、官公労や炭労などといった左派系
産別は左社を、総同盟などは右社を…って感じは数年前までの連合政治路線
(社民・民主の両党基軸路線)みたいですよね。まぁ総評として左社への肩入
れの方が大きかったようで、そのあたりも含めて60年労戦再編−社党分裂へ
と流れるのでしょうけど。

公式的で画一的かつ独善的な「日共党史」より社会党の変遷の方が面白いで
すねぇ。変に包み隠さず(w。
そのいい加減さが、いい意味でも悪い意味でも社会党の魅力だったと思うの
ですが。

155 :杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :05/03/15 14:29:51
>>149
>>153-154
その当時の新聞縮刷版とかを読むと、「日本社会党(右派)」「日本社会党(左派)」で届出・表示していますね。

156 :民社党と呼ばれていた統一教会:05/03/15 15:26:17
14 名前:御馳走が牛丼という貧乏国民が北朝鮮を笑ってるよ、
>362 名前:貝割れ大根の名無し様 :05/02/15 10:32:35 ID:6Yuj88E
>http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm
>http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/system.htm
>軍需・国体利権にしがみ付く恥知らず共は
>最後には未来を背負った自国の子供たちまで特攻させて生き延びようとした。
>他人の土地に侵略兵士として駆り立てられ、
>侵略強盗殺人の犯罪者となった皇軍兵士たちは「東京裁判」さえ受けさせて貰えなかった。

157 :革命的名無しさん:2005/03/23(水) 01:25:38
民社党は袴田里見元日本共産党副委員長の除名騒動を放置した。
武士の情けで。

158 :革命的名無しさん:2005/03/24(木) 15:09:18
  「貫いた現実主義 労働者出身に意地と誇り」

 西尾末広は三つの生涯を生きた。一つは、1916年(大正5年)、25歳のときに
勤め先の職工仲間の先頭に立って待遇改善要求を実らせて以来の、労働運動の
指導者としてである。二つ目は、1928年(昭和3年)、初の男子普通選挙で
初めて議席を得た「無産政党」八人の一人となってから歩んだ戦前、戦中の
政治家としての人生である。最後が戦後結成した日本社会党−民社党の
指導者としての波乱を生きた二十余年である。
 三つとも、それぞれ別の人の生涯として描いても、各個に完成した伝記と
することができるだろう。西尾氏はその三つを、同じ人格と一つづきの時間の
流れのなかに描いた。
 労働運動の指導者としての西尾氏の軌跡は、政治家、とりわけ戦後に
片山内閣をとりしきり、芦田内閣の副総理となった華々しさや、自派を率いて
社会党を去り民社党を結成するなどの劇的な経歴の陰にかくれている。
しかし、実際には西尾氏の生涯の特性は、すべてこの中にこそあるように思える。
 西尾氏は労働者の出身であることに意地と誇りを持っていた。インテリが
労働運動を指導することに警戒的であった。1920年代、急進的な社会主義が
インテリの手で労働運動に持ち込まれ、労働運動を革命運動の拠点と位置づける
考えが広まり始めると、西尾氏は偏狭とさえ思われるまでの「労働組合主義」に立った。
労働運動は思想運動ではなく、労働者の生活や地位向上の運動でなければならないという
その立場は、西尾氏の「反共」の背骨をつくるものであった。

159 :革命的名無しさん:2005/03/24(木) 15:11:45
(続き)
 その「労働組合主義」は、経営者や官憲との交渉で、「折れるよりも曲がれ」
「名を捨てて実を取れ」などの言葉で西尾氏自身が表現する現実主義の骨格を
育てるものであった。労働争議で労働者側に不利な局面になると引っ張り出され、
妥協してくる西尾氏には「ダラ幹」「裏切り」などのレッテルがはられることもあったが、
西尾氏はそれら左派の「玉砕」論には屈しなかった。
 西尾氏がその中心になって育てた労働総同盟は1940年(昭和15年)、
戦時体制のもとに解消したが、その後にできた「産業報告会」に西尾氏は
批判の矢を放ち続ける。それは当時の軍部に迎合した元無産政党の議員のなかでは
異色のものであったが、西尾氏にとって、反共と反軍は同じ根に発していた。
 西尾氏はそれを政治生活でも貫く。1942年(昭和17年)、東条内閣のもとでの
翼賛選挙で、鳩山一郎、河野一郎、三木武吉、三木武夫、尾崎行雄、水谷長三郎の
各氏らとともに翼賛協議会の推薦を受けないで当選したのがその一つ。
それより前、40年に斎藤隆夫氏の反軍演説による除名問題で斎藤氏の側に加担したため、
親軍的な社会大衆党を除名されたのがもう一つの例である。

160 :革命的名無しさん:2005/03/24(木) 15:14:25
(続き)
 敗戦の当日、天皇の放送を聞いてすぐ大阪から行動を起こして日本社会党の
結党に動いたこと、47年(昭和22年)新憲法下最初の第一国会で、史上唯一のものと
なっている社会党首班内閣、片山内閣をつくりあげた手腕、それらは西尾氏の
最も輝かしい日々を形づくるが、ここでも、長年の労働運動で血肉となった
現実主義に立って、多くの人の思惑と折衝する技術が効果的であった。
 この時期は、日本のいわゆる「革新」運動の高揚期であり、理念的な左翼理論が
耳に入りやすい傾きがあった。そのため、西尾流の現実主義、反共主義、とりわけ
保守派との妥協の技術は評判が悪く、西尾氏を腹黒い「策士」と見る人も多かった。
それがのちのち、左派優勢となった社会党内での西尾氏の位置に響いた面は見逃せない。
 西尾氏は、戦後二十余年の間一般に思われていたような「政治屋」とは異なり、
むしろ端正に過ぎ、あるいは冷たいと思えるほどの合理主義者、理詰めの人であった。
あぐらをかくのが苦手でいつも正座し、病に倒れる以前は、硬い理屈っぽい話なら何時間でも、
若い記者相手に議論に付き合ってくれた。党内の側近たちも、一緒に長くいると
肩がこるくらいの、まじめな人間であった。
 無産運動と呼ばれた時代からの、日本の左翼の歴史が今また一人、
静かに去って行った。
 (朝日新聞編集委員 石川真澄)

161 :革命的名無しさん:2005/03/24(木) 15:15:15
まあ、こんな評価もあったということです。

162 :;:2005/03/27(日) 13:53:18
芳賀やすし氏の西尾評も同じようなもの。

163 :革命的名無しさん:2005/04/11(月) 00:17:25
芳賀綏が左に見えてくる今日この頃です。

164 :革命的名無しさん:2005/04/11(月) 03:18:56
「おいら、西村真悟、石原慎太郎らと尖閣列島に上陸するんだ!」といって計画中の反戦ネット
ワークのLPG(ねっw)!貴殿に関し以下のような情報が寄せられている!恥を知りたまえ!
1.貴殿は、黒い街宣車に菊の紋章を描き、大きな日の丸の旗を掲げ、大音響で「軍艦マーチ」、
「同期の桜」を流しているメンバーらとともに新潟港の岸壁で「北朝鮮帰れ!」とシュプレヒコールを挙げていた。
2.貴殿はその後「おいら、被災地に行ってボランティアをして来る!」といって現地に行ったが実際は何もしなかった。
3.貴殿はその後、村人たちが豊作を祈願して村はずれのおじぞうさんに一ヶ月ほど前にささげたおいなり、だんご、ミカン、バナナ、リンゴなどを「無断で」借用した。
4.その時、一人の村人が通りかかり、「見かけない顔だね、土地の人でないね、それはだいぶ前
のものですよ」と注意したが、貴殿は「自慢じゃないけど、おいら、頭の悪さと胃袋の丈夫さは
誰にも負けない!みんなから反戦ネット一の馬鹿といわれていたあの黒目さんにさえ、ねっwさん!参りました、ぜひ弟子にして下さいといわしめたんだぜ」などと自慢げに語り聞き入れなかった。
5.貴殿はその後、田んぼのカカシから、破れたムギワラ帽子及びかすりの着物、モンペを「無断で
借用」し、「おいらの体にぴったり!」といってそれを身に着け、近くの農家の納屋に侵入し、パンクしたリヤカーに、そばにあったお米、数表を積み、「無断で」借用した。

上記に関し確認が取れ次第、下のファイルにて糾弾することをここに警告する。
http://www.geocities.jp/peaceadvance/


165 :革命的名無しさん:2005/05/10(火) 10:38:01
誰かがなるのだ。

166 :革命的名無しさん:2005/05/29(日) 03:09:53
バールのようなもので

167 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 12:58:28
産経新聞労組情報センター
http://www.fcg-r.co.jp/union/index.htm

当センターは、労働組合が行う「広報活動」の支援を目的に昭和52年に
発足した歴史ある組織です。労働組合は、組合活動の報告や年金などの
制度改正の説明、また生活に役立つ情報などを一般組合員に伝えるため、
機関紙誌を発行しています。この機関紙誌づくりに少しでもお役に立とう
というのが、労組情報センターです。会員制で、会員組合には毎月、自由に
転載できるさまざまな情報を満載した機関紙誌原稿集『情宣ニュース』を
お送りしています。また、紙面をビジュアルにする『なうナウカット集』や
年末には『情宣ニュース・新年原稿集』も発行しています。
 さらに機関紙誌作成の担当者を対象にした「機関紙誌づくりセミナー」や
組合の正副委員長、書記長など三役対象の「幹部向けセミナー」なども
随時開催しています。また、それぞれ会員組合には特典を設けております。

「機関紙誌づくり講座」
【 労働組合の機関紙誌編集担当者(初心者からベテランまで)を対象に、
「記事の書き方」「見出しのつけ方」「レイアウトのコツ」などを中心に、
「機関紙誌の役割」「写真の撮り方、効果的な使い方」「企画の立て方」
「校正と校閲」などを組み合わせた、原則として2日間の講座です。
講師には産経新聞の専門家やその道のベテランが当たります。毎年、
東京と大阪で5〜6回開催します。


168 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 15:03:42
民主党右派(旧民社党)の悪口をいうと西村真悟の大ファン、反戦ネットワークのLPG(ねっw)さんに怒られますからご注意下さい。
しかし、ねっwの「おいら、高田健さんからの信頼が厚く、ワールドピースナウの元実行委員として重要な役割を担ってきた」という自慢話。どうもおかしいとは思っていたが、やはりうそだったか。
それと、ねっw!おまえ、「おいら、ブントにほめられちゃった」といって俺に紹介した下のファイル、おまえのことなんて一言も書いていないじゃないか!
http://www.bund.org/editorial/20040505-2.htm


46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)