5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無職で年収5000万はははぁ

1 :a:04/05/08 20:16 ID:VwovoMxG
無職で年収5000万はぁはぁはぁ

2 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/08 20:18 ID:AOYasfbP
( ´_ゝ`)

3 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/08 20:46 ID:nEyzeCEM
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )


4 : :04/05/08 21:58 ID:VwovoMxG
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )



5 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/08 22:18 ID:CTqn+LKU
わしが男塾塾長江田島平八である!
最初の頃は本当に民明書房なるものが存在すると思っていたのである!

6 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/08 22:35 ID:xk7v+zD/
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )

7 :(^O^)/:04/05/08 22:53 ID:Z+VF/11E
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )


8 : :04/05/08 22:56 ID:kGgvCAmL
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )



9 ::04/05/08 23:35 ID:IKtnjXM8
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )


10 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/09 01:20 ID:y14cD8wY
>>1-10
(・∀・)ニヤニヤ

11 : :04/05/09 07:21 ID:Z36FAzg6
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )

12 : :04/05/09 12:23 ID:FH7w2l2O
『煮解賭 ( にげと ) 』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行っていた。
先端に旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合
うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。
やがてこの遊びに飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗代
わりにして奪い合うという遊びに発展させた。
命を落とす者が続出したが、戦いに勝利したものは英雄として賞賛され、朝廷に
仕える者を輩出するほどであった。
この毒草の煮汁の解毒剤を賭けた闘いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝
負の場でも競われてきた。
己の肉体を誇示する機会の少なくなった現代社会においては、インターネットで
の「2ゲット」と形を変えて、現代人が機敏さを争っているのである。

( 民明書房刊 「DNAに刻まれた中國 現代人の行動のルーツを探る」 より )



13 : :04/05/09 19:37 ID:tYA2BgrS
濃安岳和我血 (ノアだけはガチ)

古代中国に存在した仮面民族「斬日凡」が民族内闘争により分裂した。
その後、民族の一部が濃安岳(現在の三澤山)へ移住したときに
その緑の映える木々の美しさに感動し
「濃安岳和我血(濃安岳は争いで怒りくるった我が血を和ませてくれる、の意)」
と叫んだという。その後、争いにより焼け爛れ禿山となった
武道山に残った残りの「斬日凡」民族が濃安岳の緑の木々を羨み何度も攻撃を仕掛けるが、
そのたびに「濃安岳和我血」と叫びながら闘った。
その気味の悪いほどの団結力と自信により
他民族の攻撃は次第になくなっていったといわれている。

民明書房刊『猪木盆場家 IN闘強導夢 番外編』より


14 : :04/05/09 21:25 ID:FH7w2l2O
濃安岳和我血 (ノアだけはガチ)

古代中国に存在した仮面民族「斬日凡」が民族内闘争により分裂した。
その後、民族の一部が濃安岳(現在の三澤山)へ移住したときに
その緑の映える木々の美しさに感動し
「濃安岳和我血(濃安岳は争いで怒りくるった我が血を和ませてくれる、の意)」
と叫んだという。その後、争いにより焼け爛れ禿山となった
武道山に残った残りの「斬日凡」民族が濃安岳の緑の木々を羨み何度も攻撃を仕掛けるが、
そのたびに「濃安岳和我血」と叫びながら闘った。
その気味の悪いほどの団結力と自信により
他民族の攻撃は次第になくなっていったといわれている。

民明書房刊『猪木盆場家 IN闘強導夢 番外編』より



15 : :04/05/09 21:30 ID:FH7w2l2O
ttp://www.agui.net/met/metsta-age-6g.jpg

16 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/09 21:35 ID:gCHKzV4i
濃安岳和我血 (ノアだけはガチ)

古代中国に存在した仮面民族「斬日凡」が民族内闘争により分裂した。
その後、民族の一部が濃安岳(現在の三澤山)へ移住したときに
その緑の映える木々の美しさに感動し
「濃安岳和我血(濃安岳は争いで怒りくるった我が血を和ませてくれる、の意)」
と叫んだという。その後、争いにより焼け爛れ禿山となった
武道山に残った残りの「斬日凡」民族が濃安岳の緑の木々を羨み何度も攻撃を仕掛けるが、
そのたびに「濃安岳和我血」と叫びながら闘った。
その気味の悪いほどの団結力と自信により
他民族の攻撃は次第になくなっていったといわれている。

民明書房刊『猪木盆場家 IN闘強導夢 番外編』より




17 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/10 08:02 ID:/LLkaRvL
濃安岳和我血 (ノアだけはガチ)

古代中国に存在した仮面民族「斬日凡」が民族内闘争により分裂した。
その後、民族の一部が濃安岳(現在の三澤山)へ移住したときに
その緑の映える木々の美しさに感動し
「濃安岳和我血(濃安岳は争いで怒りくるった我が血を和ませてくれる、の意)」
と叫んだという。その後、争いにより焼け爛れ禿山となった
武道山に残った残りの「斬日凡」民族が濃安岳の緑の木々を羨み何度も攻撃を仕掛けるが、
そのたびに「濃安岳和我血」と叫びながら闘った。
その気味の悪いほどの団結力と自信により
他民族の攻撃は次第になくなっていったといわれている。

民明書房刊『猪木盆場家 IN闘強導夢 番外編』より


18 : :04/05/12 00:01 ID:5TMkGI95
濃安岳和我血 (ノアだけはガチ)

古代中国に存在した仮面民族「斬日凡」が民族内闘争により分裂した。
その後、民族の一部が濃安岳(現在の三澤山)へ移住したときに
その緑の映える木々の美しさに感動し
「濃安岳和我血(濃安岳は争いで怒りくるった我が血を和ませてくれる、の意)」
と叫んだという。その後、争いにより焼け爛れ禿山となった
武道山に残った残りの「斬日凡」民族が濃安岳の緑の木々を羨み何度も攻撃を仕掛けるが、
そのたびに「濃安岳和我血」と叫びながら闘った。
その気味の悪いほどの団結力と自信により
他民族の攻撃は次第になくなっていったといわれている。

民明書房刊『猪木盆場家 IN闘強導夢 番外編』より



19 : :04/05/12 00:01 ID:5TMkGI95
ttp://www.agui.net/met/metsta-age-6g.jpg


20 : :04/05/14 12:51 ID:5sHXU1T6
ttp://www.agui.net/met/metsta-age-6g.jpg


21 : :04/05/15 18:54 ID:yQgLhDoJ
ttp://www.agui.net/met/metsta-age-6g.jpg



http://ime.nu/ime.nu/www2.rak-rak.ne.jp/kowai/nicebody.swf



22 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/16 01:33 ID:tQSTzbtN
『負商 ( おいしょう ) 』

安土桃山時代、堺の商人は高価な舶来品を背負い、武家のもとへかよっていた。
背負う姿から負商と呼ばれた。舶来品は「愛碑王」が治める国の「筋肉質の人」
や婦人「(母達)」から購入し、高額な値段で売られた。売られた品はさらに
高額な値段で別の人に購入された。いくらでも儲かるので、お金を借りて舶来品
を仕入れる人が多く、儲けた金全部を使い、競って「二階建て」の家を建てた。
中には「お地蔵さん」と呼ばれる高利貸しからお金を借りて商売し、三階建ての
家を建てるものもいた。
しかし数ヵ月後、「ブラックマント」を身に付けた信長の亡霊が京に出現した。
人々は畏れ慄き、舶来品市場は暴落した。そのため商人は借りたお金を返せなく
なり、身ぐるみを剥がされ、市場から追放された。一方無理な借り入れをせずに
商売を続けられた人達は「現仏」と呼ばれ、崇められた。
現在でも同じような状況が度々発生するが、人々は同じ過ちを冒しているのである。

( 民明書房刊 「凍死家の歴史」(加゜熱器=暴行)著 より )

23 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/16 01:39 ID:8KdVs6ok
>>22
久しぶりの名文
ブラックマントがいいアクセントになってるね。

24 :wwf:04/05/16 01:42 ID:nGELe3L6
wwf

25 :名無しさん@お金いっぱい。:04/05/17 19:25 ID:meOJJH2o
>>22
オモロイ!

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)