5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エシュロンの真実

1 :旧総理府警察庁OBの親戚:04/12/08 23:31:07 ID:GJLHZVBr
参照 米国特許
http://www.ipps.info/USPatent.html

エシュロンの真実

一般に、エシュロン(ECHELON)は電話線や海底ケーブルの盗聴を主体にして
いるという誤認があるが、実際はシギント(無線諜報)を主体にするもので
あり、欧州連合が発表した通信傍受能力2000においてもその事が示唆 さ
れている。そしてエシュロン(ECHELON)におけるシギント(SIGINT:signal
intelligence:無線諜報)の根幹を成しているのが歯科治療によって歯に埋め
込まれた盗聴器である。歯の盗聴機は、クラウンやインプラント、差し歯、
入れ歯のような形で人体に装着される。このような場所に盗聴機を埋め込む
利点としては、部屋や身の回り品に盗聴機を装着した場合、盗聴する範囲が
限定されるのに対して、歯の盗聴機の場合、対象者を24時間いつでもどこ
でも盗聴でき、しかも発見されにくいといためである。歯の盗聴機の盗聴波
を送受信するには広大な無線帯域が必要であるため、このシステムを運用す
る政府は広大な軍用無線帯域を確保するとともに、無線通信を免許制にして
利用者を制限しているのである。

歯の盗聴機(補聴器)の歴史は古く、アメリカで一番古いもので1939年
より基礎技術が特許として申請されている。(米国特許参照)その後も改良型が随時開発され、特許申請がなされている。
米国特許によると、日本人技師も開発に関与していることがうかがえる。歯
の盗聴機は体熱発電やRFID(ICタグ)のような電波を利用した発電によっ
て作動し、周囲の空気音を録音する微少なマイクロフォンやそれを通信所に
送信する送信機だけでなく、GPS追跡機や骨伝導スピーカー、思考を読み
取る生体磁気計測器を内蔵するなど多くの型式が存在するが、どのような機
能を搭載するかはその対象人物の重要度によって判断される。歯の盗聴機を
装着する際には、骨伝導音が伝導しやすい下あごに接する歯に装着するとと
もに、音声を立体的に表現(ステレオ化)するため、歯の盗聴機を左右に一
本ずつ配備するのが一般的である。


671 :名無しさん@3周年:04/12/28 04:54:44 ID:0qeoWMrC
自衛隊法
(秘密を守る義務)
第59条
1 隊員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その
職を離れた後も、同様とする。
2 隊員が法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事
項を発表する場合には、長官の許可を受けなければならない。その職を
離れた後も、同様とする。

国家公務員法
(秘密を守る義務)
第100条
1 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その
職を退いた後といえども同様とする。
2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発
表するには、所轄庁の長(退職者については、その退職した官職又はこ
れに相当する官職の所轄庁の長)の許可を要する。



672 :名無しさん@3周年:04/12/28 04:55:28 ID:0qeoWMrC
地方公務員法
第34条
1 職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退い
た後も、また、同様とする。
2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発
表する場合においては、任命権者(退職者については、その退職した職
又はこれに相当する職に係る任命権者)の許可を受けなければならない


通信傍受法
(関係者による通信の秘密の尊重等)
第28条
検察官、検察事務官及び司法警察職員並びに弁護人その他通信の傍受に
関与し、又はその状況若しくは傍受をした通信の内容を職務上知り得た
者は、通信の秘密を不当に害しないように注意し、かつ、捜査の妨げと
ならないように注意しなければならない。
刑法
(秘密漏示)
第134条
1 医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人
又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り
扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、六月以下の懲
役又は十万円以下の罰金に処する。

(平成三法三一、平成一三法一五三本項改正)
2 宗教、祈祷 [とう]若しくは祭祀 [し]の職にある者又はこれらの職
にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことにつ
いて知り得た人の秘密を漏らしたときも、前項と同様とする。


673 :名無しさん@3周年:04/12/28 04:56:53 ID:0qeoWMrC
刑事特別法

(合衆国軍隊の機密を侵す罪)

第6条
1 合衆国軍隊の機密(合衆国軍隊についての別表に掲げる事項及びこれらの
事項に係る文書、図画若しくは物件で、公になつていないものをいう。以下同
じ。)を、合衆国軍隊の安全を害すべき用途に供する目的をもつて、又は不当
な方法で、探知し、又は収集した者は、十年以下の懲役に処する。

2 合衆国軍隊の機密で、通常不当な方法によらなければ探知し、又は収集す
ることができないようなものを他人に漏らした者も、前項と同様とする。

3 前二項の未遂罪は、罰する。


第7条
1 前条第一項又は第二項の罪の陰謀をした者は、五年以下の懲役に処する。

2 前条第一項又は第二項の罪を犯すことを教唆し、又はせん動した者も、
前項と同様とする。

3 前項の規定は、教唆された者が、教唆に係る犯罪を実行した場合において
、刑法総則に定める教唆の規定の適用を排除するものではない。



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)