5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大衆操作】中国化するニッポン【近親憎悪】

1 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:38:46 ID:5uy0EJWs
踊り踊らされる愛国者たち♪

2 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:41:28 ID:5uy0EJWs
>政府指導部は共産党政権の正統性を強調し、中華民族振興に向けた意識を高め
>るため抗日戦争を題材とした愛国主義教育を継続。近年は「日本の右傾化」への
>懸念から、各地の戦争記念施設を整備するなど、同教育を強化している。
(華声和語第320号)

小泉政権は天皇制の正当性を強調し、日本民族振興に向けた意識を高め
るためアジア開放戦争を題材とした愛国主義教育を継続。近年は「中国の右傾化」への
懸念から、靖国公式参拝をアピールするなど、同教育を強化している。

3 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:44:40 ID:2mdI07QK
民主党は外国人参政権を党の基本政策したり、国家主権を移譲させるなんて言っているとんでもない売国政党だぞ。
民主党というのは、旧社会党の生まれ変わりなんだよ。売国マスコミ朝日も民主を応援してるし。
前回の選挙で民主に投票した奴、反省しる!!!


永住外国人の地方選挙権
民主党は結党時の「基本政策」に「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」と掲げており、これに基づいて永住外国人に地方選挙権を付与する法案を提案しています。
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/index/01_03.html

民主党岡田代表、羅鍾一駐日韓国大使と会談
(対韓外交=主に日本側に問題・在日韓国人の地方参政権=努力している)
http://www.dpj.or.jp/news/200405/20040528_02korea.html

民主党「憲法提言中間報告」のポイント
(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。
◆国家主権の移譲や主権の共有へ
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/BOX_SG0057.html


4 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:46:46 ID:ZK43VlJ7
姑息な 中国に妥協は無用。

5 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:49:23 ID:5uy0EJWs
>>3
スレ違いですので。
でも、中国も排外主義ですよね?
「日本人は出ていけ!」みたいな。

6 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:53:03 ID:5uy0EJWs
>>4
あちらのウヨクさんも同じ意見だと思いますよ。

7 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:55:09 ID:pXfmMSt0
CNNで、日本の常任理事国入りの是非を投票中。
中国人とみられる組織投票で、日本が劣勢に立たされています。

【YESに投票よろしく】
下記ページの真ん中ぐらいに【YOUR E-MAIL ALERTS】と書かれているした辺りに、
Do you think Japan should become a permanent member of the United
Nations Security Council? とあります。
そこで、【YES】に選択して、【VOTE】としてください!

【URL】
http://www.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/10/china.japan.protest/index.html

★お手数ですが、この内容をあちこちのスレにコピペして下さい。

重複していたらすみません

こういうのって、田代砲ってつかえるのですか?

いま98% No になってます

8 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 07:58:31 ID:5uy0EJWs
>中国総領事館に薬きょう=封筒で郵送、「危害加える」と脅迫−大阪
> 大阪市西区靱本町の中国総領事館に、薬きょうのようなものが入った封筒が
>送り付けられていたことが12日、分かった。封筒の裏面には日本語で「反日
>デモが続けば中国人に危害を加える」などと書かれていた。大阪府警西署は
>中国の反日デモに反発した人物による嫌がらせの可能性があるとみて、脅迫
>容疑で捜査している。 (時事通信) - 4月12日22時0分更新

実行に移すかどうかは別にして、基本的に似た思考回路の人が多いよね。
日本の愛国者の方がひきこもりが多い?

9 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:05:59 ID:g7V+4som
日本を中国に売る邪酢子・岡田をぶっ潰せ!

10 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:10:18 ID:5uy0EJWs
「国家による統治機能が低下し、国民のフラストレーションがたまると、
指導者は国家の結束を固め、国民の不満を解消するためのはけ口をどこかに
求める」らしい。

中国にとっては、日本がソレ。
日本にとっては、中国と韓国と北朝鮮。

愛国者の人口比率を見ると、今のとこ日本が中国を追いかけてる感じだね。
もうすぐ追いつきそう?

11 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:11:12 ID:5uy0EJWs
>9みたいな人が多いと為政者はラクだねー。

12 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:11:25 ID:krNGPn5f
教授ちゃん、君は疑うことを知らんのかね。

13 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:15:27 ID:5uy0EJWs
>>12
そう。中国の愛国者は疑うことを知らない。
愛国教育やプロ右翼によって誇張された日本を見て、
日本人は皆そういう連中だと信じてしまう。

14 :フザケタヤツ:2005/04/14(木) 08:21:42 ID:JTqi/L4f
ミンシュカヲ、アオリ内線ヲボッパツサセロ、バブルモトバセ、バカドモキレル。

15 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:23:17 ID:5uy0EJWs
日本の愛国者も疑うことを知らない。
プロ右翼の扇動により中国人は皆反日だと信じてしまう。

(日本のカルチャーは中国にも浸透してるんだよ)

16 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 08:51:19 ID:5uy0EJWs
「社会が多元化し、価値観の多様化が進む中国では、日本に全く無関心な人々も
多数存在し、反日或いは無関心どころか、日本のポップカルチャーに親近感を
抱く人々が若年層を中心に誕生しつつあるという、もう一つの実像も認識して
おく必要があります。都市部では日本のアニメキャラクターを真似たコスプレ族
も少なくありません。これは、日中関係を再構築する際のプラス要因たりうる
ものです。要するに我々には、感情論に走らない大人の対応と長い目でのお付
き合いが求められているのです。」

こういう現象は、自分らの主義主張が先に立って目に映らないんだろうね。

17 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:07:32 ID:+6T4n2ua
1-2
>日本民族振興に向けた意識を高めるためアジア開放戦争を題材とした愛国主義教育を継続。

日本では愛国主義教育などやっていません。デタラメを書かないように。


18 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:19:51 ID:HReFnJew
>>17
「日本人は残虐な民族だ」と教えるのが正しい教育で、
それを、時代や歴史の責任にするのは愛国主義だというスタンス。

言うなれば、旧植民地側の解釈を丸呑みしない限りは
愛国主義になるということだ。

ここで折れるかどうか、ということが未来永劫「残虐な日本人」の
レッテルを貼られるかどうかという分かれ道になるということ。


19 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:20:29 ID:5uy0EJWs
>>17
これからするんでしょ?

内政問題に目を瞑り「外敵」の反応にヒステリックに
騒ぎ立てる国民性をつくるための愛国教育。

滅私奉公と隣国敵視。中国に追いつけ追い越せ♪

20 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:28:05 ID:HReFnJew
1 名前: ◆NANOHAa3LU @なのはψ ★ 投稿日:2005/04/14(木) 07:20:16 ID:???0 ?###
 中国で吹き荒れた反日デモに対する世界の主要メディアの論調は、中国政府
が「歴史カード」を使い、民衆の不満をあおっているとの冷めた分析が多い。

 十一日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)は「日本は過去
についてもっとすべきことはあった」としながら、「中国自身の歴史の歪曲(
わいきよく)の度合いは日本よりもはるかに大きい」と指摘。「政府には国民が
世界を正しく理解し、恨みの感情で行動しないようにする特別の責任がある。
日本に対して繰り言を言う前に、中国自身の歴史解釈を見つめるべきだ」と強調
した。

 これに対し、台湾各紙は、中国の王毅駐日大使が日本の外務省に呼ばれた際の
写真を大きく掲載するなど、日本の立場に理解を示している。「日中が緊張した
場合、台湾は日米に接近せよ」との学識経験者のコメントや、「中国市場から撤
退する日本企業を台湾に誘致するチャンス」との行政院のコメントも伝えた。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/14iti002.htm

依頼
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1113151773/889


21 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:39:07 ID:nSdwL4Ho
愛国=戦争と結び付けたい売国奴スレ。
シナに追いつき追い越せなどと思っている国民は居ない。


22 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:40:47 ID:5uy0EJWs
>>18
でたらめ書かないようにw

>>20
そうやって、愛国比べをやってるとこが似たもの同士。
ちなみにウォールストリート・ジャーナルってのは
日本でいうと産経みたいなもん。
ドイツのシュピーゲル誌は日本に手厳しいね。

23 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:41:36 ID:5uy0EJWs
>>21
でたらめ書かないようにw

24 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:45:59 ID:HReFnJew
>>22

あなた、日本人?
でたらめ言うんじゃないよ。

ウォールストリート・ジャーナルは、ニューヨークで発行される国際的な影響力を持つ日刊新聞である。
長年に渡り、アメリカ合衆国内での発行部数第1位を占めてきたが、最近ではUSAトゥディ(アメリカ初の
大衆全国紙)に次ぐ第2位である。親会社は、ダウ・ジョーンズ社である。

通称「ジャーナル」と呼ばれ、全米各地や世界の経済活動、金融に関するニュース記事を掲載している。
新聞の名前は、ニューヨークにある「ウォール街」(経済活動の中心地)に由来する。

1889年7月8日の創刊以来発行され続けており、その間にピューリッツァー賞を26回受賞している。

「ジャーナル」のニュース・ソースは一般的に信頼度が高いとの定評がある。社説や特集ページは、
典型的な保守派の立場をとっている。

もっとも、前記者のアル・ハントは、編集部とは多少なりとも対立的な視点にたった各週コラムを書いていたし、
時にはアーサー・シュレジンガーやクリストファー・ヒッチェンズといった、よりリベラルな書き手の記事が掲載
されることもある。


『The Index of Economic Freedom』という年次報告書が、「ジャーナル」及び遺産財団の手により発刊されている。




25 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:46:58 ID:5uy0EJWs
ちなみに被侵略国の愛国歴史教育は、日本帝国の敵視が基本。
侵略国の愛国歴史教育は、日本帝国の美化・正当化が基本(今後そうなるだろうね)。

どっちとも戦中の日中関係を現代社会に持ち込もうとする過去の亡霊たち。

26 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:54:12 ID:5uy0EJWs
仏ルモンド紙(4月1日)
「日本の指導者は21世紀よちも20世紀を懐古しながら
中国に対する優越意識を抱き始めているのではないか」

27 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 09:56:27 ID:DYL6EGMz
南京大虐殺は証拠がでるまでは信じられない。中国は嫌い。
でも環境を守るためのあらゆる重大な条約にも調印してないアメリカも嫌い


28 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:00:50 ID:+6T4n2ua
>>23
愛国=戦争と結び付けたい売国奴スレ。
シナに追いつき追い越せなどと思っているおかしな精神の国民は極少数だけしか居ない。

これで満足だろう、大多数はくだらない中国の暴動など興味はない。


29 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:01:53 ID:5uy0EJWs
>>28
すぐに思考がショートするのも愛国者の特徴か?

30 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 10:06:29 ID:xAuOMeAf
>>29
売国奴は愛国者を攻撃するのも特徴か?

31 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:08:09 ID:47wLLugh
>>27
利己的なのはどちらの同じ。馬と鹿よ。

32 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:08:47 ID:5uy0EJWs
>石原慎太郎・東京都知事が自民党総裁選の応援演説に訪れた名古屋市内の街頭演説(十日)で、
>同日起こった外務省の田中均審議官にたいするテロ行為について、「爆弾仕掛けられて当たり
>前の話だと私は思う」と発言した

彼なんか典型的な愛国者だね。

33 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:13:45 ID:EG12dK+5
あと「日本人は韓国人が嫌い」と発言した西村真悟議員も典型的愛国者的思考の持ち主。
「私は」と「日本人は」が頭の中で同一化されている。

34 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:21:44 ID:EG12dK+5
>>30
愛国者じゃなければ売国者かw シンプルな思考でいいね。

「おまえは日本の味方なのかそれとも中国の味方なのか!!」ってとこ?

35 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:22:04 ID:nSdwL4Ho
と在日が必死にホザイテマス。

36 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:26:27 ID:4aHhnJvP
自分の考える「愛国者」に該当しないものは全て在日と思いたがる35
そういう短絡的な二元的発想はわが国の伝統には合致しないのだがw

37 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:27:43 ID:EG12dK+5
>>35
こんどは「在日」攻撃?
中国で「在中」攻撃している人たちと同じ思考回路だね。

38 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 10:33:53 ID:e0tPTnkV
>>37
売国奴は必死だね、現在の中国を擁護すると、其の利益は中国共産党に
回ってしまう。

39 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:35:25 ID:EG12dK+5
>日本の共同体を比較すると
> 家族・親族=疑似血縁系>中国の「宗族」に相当
> 町内会・村=疑似地縁系>中国の「郷堂」に相当
> 第三のネットワーク=協働縁系>中国の「幇」(義兄弟の秘密結合)に相当
>ここから「中国化する日本」というビジョンを打ち出せる。

伝統って点から見ると、両国ともムラ社会がわりと最近まで続いていたんだよね。
おまけに、封建的な儒教思想(日本では「朱子学」→「国家神道」と名を変えた)
を重んじる国。

日本で言うところの復古主義とはアジア的封建主義への回帰でもある。

40 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:40:38 ID:EG12dK+5
>>38
自分が攻撃されると、自動的に、
中国が擁護されているように感じてしまう
条件反射の思考回路が出来上がってしまったんだね。
インターネットって怖いね。目の前の選択肢が世界の全てだと感じてしまう。

41 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 10:41:48 ID:e0tPTnkV
>>39 日本で国家神道なんて60年前に全滅したよ。
ちゃんころは未だに儒教思想なんて、夢見てるし、実践してるけどな。

要するに中国共産党は滅びると言う事か!話は終わりだな。

42 :ディト:2005/04/14(木) 10:41:53 ID:jjQOuS81
人は一つの大きな魂を共有しているのかも知れない、いくつもの顔を持った一個の人間。
中世時代、イスラム帝国は大いに繁盛した。
20世紀、米国は覇権国となった。
現代の少し前、日本は大いに繁盛した。現代、中国は大いに繁盛している。
最も重要なのは宗教やイデオロギーではない。必要性だ。今、日中間で起こっている出来事は、冷戦終結と大いに関係がある。真珠湾攻撃を断行した日本の統治体制は良くないんだなぁ〜
俺が地球の支配者なら、日本製品の不買運動を中国で起こして、日本の実質的支配者であるヤクザ組織が解体するまでそれを続けるね。


43 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:44:34 ID:kgKiO3ia
ルモンド(4月11日)


だが、北京政府が今現在において、国民の怒りという「歴史的」な大義を手段として利用しているのは疑いも無いし、
市場経済への過渡期において、内的な社会問題と政治緊張を、政府が管理するということが困難になっていることを示している。

同時に、北京政府は国際的な謀略も持っている。日本を否定することによって、中国は21世紀に於けるアジアただひとつの
大国として君臨することができる。

なので、北京政府は日本が安全保障理事国入りし、5大国の仲間入りするということに対して因縁をつけ、
そして拒否権を発動するだろう。

中国のデモは、
「日本ががアメリカの兵器の傘の下で、中国の野望を封じる」
ということを牽制するのを目的としているのだ。



44 :ディト:2005/04/14(木) 10:46:52 ID:jjQOuS81
>>39
>封建的な儒教思想(日本では「朱子学」→「国家神道」と名を変えた)を重んじる国。

神道は封建的じゃない。民主主義的だ。法治主義に最も近い。
だが国家神道は誤解されやすい面が多い。
ひょっとすると、米国によってこさえられた国家神道は、日本のヤクザによって曲解され、
共産主義イデオロギーに180度の変身を遂げてしまったんだろうな。


45 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:52:36 ID:EG12dK+5
>>41
▼神道政治連盟・国会議員懇談会 -神道精神を国政に-
日本らしさの回復を目指す神政連の活動は、
問題意識を共有する多くの国会議員の活動に支えられています。
神政連国会議員懇談会は昭和45年に結成され、
現在、248名の衆参国会議員が参加し活躍しています。
顧問 森 喜朗(衆・石川)
事務局長 安倍晋三(衆・山口)
http://www.sinseiren.org/ouen/kokugikon.html
元副会長 小泉 純一郎

46 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:55:09 ID:+6T4n2ua
Le regime chinois a autorise des manifestations antijaponaises pendant tout le week-end.
La reedition de manuels d'histoire minimisant les atrocites commises dans la region par l'armee imperiale a dechaine les passions xenophobes dans plusieurs villes chinoises.
中国の体制は週末ずっとの間に若干のデモンストレーションに antijaponaises を許した。
帝国の陸軍によって地域で犯された残虐行為を最小にしている歴史マニュアルの反復はいくつかの中国の都市で外国人嫌いの熱情を発散させた。


47 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:55:38 ID:AgMc328D

中国経済新論 - 論文 - 日中関係
「中国はどうして日本に後れを取ってしまったのか」
http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/030616ntyu.htm


48 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 10:58:15 ID:EG12dK+5
>>44
儒教も民主的?

49 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 11:08:10 ID:e0tPTnkV
>>45 おまえちゃんころか?良いんだよ日本はもう侵略戦争なんてしねーから、
儲からねーし、経済的にもあんな馬鹿な大陸に出てく事自体失敗なんだよ、
日本は神道精神なんて、全滅してるから少し復活した方が良いんだよ、
子供より親の方が大切なんて言う、気持ち悪い儒教なんて実践してる迷惑馬鹿
国家なんぞさっさと滅びりゃ良いんだよ、ルーマニアみたいに反乱でもされて、
三つか四つにでも成っちまえ、又三国志でも始めろ、外に矛先向けんな、
元々中国は異民族の集まりなんだから、中で好きなだけ戦争してろ。

50 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:11:47 ID:EG12dK+5
当時の政府は、右のように自由民権運動を弾圧するばかりでなくさらに絶対主義的
天皇制の確立を図る必要に迫られていたので、この目的のために、政府は、旧来の
儒教思想を復活強化し、儒教道徳を利用しながら、天皇中心の国民意識を形成する
ことを図った。明治二三年には、この目的のために教育勅語が発布され、以後これが
わが国教育の至上の原理とされるに至った。


51 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 11:16:32 ID:e0tPTnkV
>>50 儒教と神道は違うと思う。

52 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:31:22 ID:kgKiO3ia
>>50
そのような学説もあったが、当時は世界中において民主主義の定義すら現代とは異なる時代。
様々な学説が玉石混交の状態であった。

1882年(明治15年):憲法調査のため、伊藤博文らを欧州に派遣。
1885年(明治18年):太政官制を廃止し内閣制を施行。
1889年(明治22年):アジア初の近代憲法である大日本帝国憲法が交付、翌年施行された。

大日本帝国憲法により、天皇は国の元首、統治権の総覧者としての地位が定められた一方、
統治権の行使は憲法の条規によるものとされた。

これにより、議会制立憲君主政治と、司法の規定が整備された。

ただし、大日本帝国憲法11条にある軍事統帥権の帰属が天皇にあるため、のちに軍部が利用し、
軍事クーデターを許すこととなる。

53 :ディト:2005/04/14(木) 11:33:28 ID:jjQOuS81
>>51
その通り。完全に違うよ。月と太陽の関係で言えば、満月。
マージャンの関係で言えば、東風と西風。
神道→法が人を支配する体制
儒教→人が人を支配する体制
神道の道徳は、人は悪であるからモラルの支配を必要とする道徳だ。
一方、儒教の道徳は人が人に仕えるための礼儀作法であり、支配者に対する礼儀を教えているに過ぎない。

54 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 11:36:36 ID:e0tPTnkV
>>53 有難う御座います、勉強に成ります。

55 :ディト:2005/04/14(木) 11:39:41 ID:jjQOuS81
>>50 >わが国教育の至上の原理とされるに至った。
教育勅語にはいちゃもんをつけないが、日本教育は人が人に仕える教育を行ってきた。
教育を受ける人間のための教育ではなくて、日本の支配者層が国民を支配するための教育であった。
だから英語教育は会話は軽視され、どうでもいいような英文法が重視された。
また典型的なのが、東アジアの近代史、歴史教科書問題だ。
日本の為政者は、中国で1500万人を殺し、朝鮮人を奴隷のようにこき使ったが、
これをまったく国民に伝えていない。その理由は簡単で、為政者の日本支配の命取りになるからだ。

56 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:41:03 ID:EG12dK+5
民主的?な国家神道についての文献(儒教=朱子学を日本流にカスタマイズしたもの
ですよ)↓

このようにして確立した国家神道は、同年の「軍人勅論」、1889年発布の明治憲法、
1890年の「教育勅語」によって、天皇を最高の祭祀者とする「惟神」(神道)の
教義を思想的にも法的にも完成させ、国民の使命が天皇を頂点とする神道国家への翼賛・
滅私奉公にあることを説き、神道を最上位とする道徳律を国民へ強制したのである。

国家神道の教義は、日本を万邦無比、万古不易の神国とし、「現人神」たる天皇をもって
神聖にして侵すべからざる万能の存在とするが故に、外に向かっては「神国日本」の絶対
の優越性を主張し、全世界を指導する聖なる使命が託されているとした。

57 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:41:06 ID:ssOvyR8H
>>36
>自分の考える「愛国者」に該当しないものは全て在日と
>思いたがる短絡的な二元的発想

あの"愛国的な"人達、そういうところありますね。
そういえばつくる会はカルト教団の統一教会とも関係あるとか。
自分に酔って、白黒きっちり分けたがるところは両者とも似ていますね。

58 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:47:09 ID:kgKiO3ia

明治の頃は、法学的問題である「主権の所在」を問わない「民本主義」なんていうのもあった。

どだい、人類が現在の平等観念を持っていない時代の話。


59 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:51:32 ID:EG12dK+5
んで、日本の優越性=隣国への蔑視を声高に叫ぶ連中が日本の愛国者ってわけ。

60 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:53:50 ID:kgKiO3ia
>>59
それはまた、極端なことを仰る。

61 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:57:02 ID:ZK43VlJ7
半島工作員評論家に 注意。

62 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:58:12 ID:kgKiO3ia
実際は、中国の優越性=隣国への蔑視を声高に叫ぶ連中が中国の愛国者なんだろうが、
それも、共産党の反日教育と歪んだ法律運用のたまもののようだが。


63 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 11:59:38 ID:EG12dK+5
>>61
自分が気に入らない評論?をする人は身内じゃないって排外主義♪
おそらく中国でも同様の締め付けがなされてるだろね。近親憎悪。

64 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:00:45 ID:EG12dK+5
>>62
似たもの同士で互いに言い合ってなさい。

65 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:05:46 ID:kgKiO3ia
>>63
半島を連呼する連中はいつもいる。
問題は、それがメジャーになることであって、存在は否定しないよ。

でも、あっちの大統領は隣国をして「全世界にとって不幸」とまで言っているし、
それは考え物だと普通は感じる。


66 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 12:06:25 ID:e0tPTnkV
>>55 それもなんか違う気もする、日本は人と人が支え合うので有って、
英語教育は確かに古いと思うが、英語教育を作った当時は必要性自体が
低かったので有って、いい加減な物に成ったのだと思う、中国大陸で1500万人は
無理ありありでしょ、内戦や文革も日本の所為ですか?世界中から喧嘩を
売られまくり突入した日本人は奴隷以下の体験をしたと思っているので、
折角大清属国だったロシア等の占領に晒されていた、朝鮮を日本に併合してあげたのに、
奴隷のように扱われたと言われても逆恨みです、日本人は原爆まで使われ虐殺されました、
もしあの戦争で、日本が米と講和していたなら、半島の彼等は日本の名を語り、
歴史に悪名を残したと思います、あー負けて良かった第二次大戦、大陸に行く奴は自殺行為だ。

67 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:22:07 ID:EG12dK+5
>>66
「人と人が支え合う」って共産主義みたいで面白いね。

民主主義の国では、利害関係が分かれ、対立と調和が
混在するものだと思うけど?

68 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 12:28:26 ID:e0tPTnkV
ID:EG12dK+5の大馬鹿かよ、例えば資本主義なら資本家は労働者に
賃金を与え、労働者は労働を資本資本家に与える訳だろ、お互い様だ、
人と人が支えあっていると言う事だ、それが嫌なら無人島ででも暮らせよ。

69 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:31:06 ID:EG12dK+5
>>68
いや。中国も資本主義なんだよ。労働者の賃金が低く抑えられ
内政不満が高まっている。不満の矛先は日本なんだけどね。
日本もそうだから、お互い様。

70 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:33:52 ID:EG12dK+5
でも、両国の愛国者の頭の中は共産主義or全体主義のままだから、
「身内同士は協同するものだ」「さては敵はアイツらだな?」と
あさっての方へ矛先が向かうわけ。

71 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 12:49:12 ID:kgKiO3ia
病気だな。

72 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 12:58:33 ID:e0tPTnkV
>>69

共産主義者、儒教、中華思想、サヨク=一神教
       ばーさす
民主主義者、神道、ウヨク=多神教

て事なんじゃないの、相互理解の出来る思想と出来ない思想、だが
中国は資本主義に成りつつ有るので、中国共産党が慌てて、国外に目を
そらそうとしている、だが民主化の波に飲まれて潰れるだろーな。

>>67 共産主義は全然お互い様じゃねーぞ、夢見てないで、歴史も勉強汁。

73 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 13:00:27 ID:e0tPTnkV
>>70 認めない相手を認めてやっても意味無いぞ。

74 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 13:04:33 ID:EG12dK+5
>>72
結局、
「中国+反日」 ばーさす 「日本」 じゃん。
まさに愛国者たちの戦いだね。

落ちます。

75 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 13:44:43 ID:ZwDsplLA
社民ども プロ市民 アカ
  ばーさす
善良な市民 リベラル

76 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 14:09:13 ID:0NnBrbOG
>>72
多神教の国 日本で、そういう二分割でしか考えられないのか。。。

77 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 14:14:18 ID:PCWa+sxj
>>76 最初は考えたのね、でも相手はこっちの神様を認めて呉れないんだよね、一神教だから、
相互理解出来ないので、漏れは認める必要無しと言う結論に成りました。

78 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 15:05:29 ID:Z1H19ExT
中国のマス・メディアの偏向が激しすぎるんだよ。
よく知らないが、韓国のマス・メディアもテレビは政府の影響力が強いと聞く。

朝日の社説でさえ、
、、、愛国教育などによって、多くの中国人は侵略当時の日本軍の写真や映像を繰り返し見ている。その半面、武力による紛争解決を禁じた憲法を持ち、核兵器は持たず、戦争に加わることのなかった日本の戦後史はほとんど知らされていない。
 靖国神社や一部の歴史教科書の問題ばかりが強調される現代日本への認識には、相当な偏りがあるのではないか。
 今の中国には日本製品やブランド、コンビニ文化などが流れ込み、日本の音楽やアニメ、文学への関心も高まっている。それなのに、日本人に対する見方が極めて一面的なのは残念だ。
 今回の事件とともに、日本社会の多様性をありのままに知ってほしい。このメッセージが中国の多くの人々に届くよう願うばかりだ。
と言ってる。

79 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 15:32:00 ID:t/v381cM
結局日中双方とも同じようなならず者がいがみあってるだけ
中国の反日デモをテレビのニュースなんかで見て
感情的に中国憎しで反射反応してる奴らも同類。

80 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 15:38:07 ID:W6+pNEWX
中国を愛するためにも異質な他者としての中国をありままに見なくてはならない。
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/chaina1.html

81 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 16:10:19 ID:kAdT/qqn
>>72
よく2ちゃんのウヨクが、ウヨク=民主主義、資本主義、サヨク=共産主義、社会主義
て言うやついるけど逆じゃないか?

ウヨク=国枠主義=全体主義=社会主義
サヨク=自由主義=個人主義=資本主義

82 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 16:22:28 ID:I35RQutH
>>74 判ってなかったのかよ、意味わかんねえ。

>>81 サヨクって自由主義、個人主義って言ってるけど、左翼の手下
  じゃん、しかもろくな働きもしないで、金よこせって社会主義
  で有って、資本主義じゃない。

83 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 16:50:37 ID:kAdT/qqn
>>82
ろくな働きしなかったらクビになるのが資本主義です。

ウヨクが日本という枠組みにおいての全体主義ということについてはどう?
社会主義は×、資本主義は〇という意識を利用したウヨクのイメージのすり替えだと思う

君こそまんまと先導されてる右翼の手下じゃないか。

84 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:11:45 ID:dqA704h1
>>82
愛国者の思考回路はつまるところコレ↓なんだよね。

>「中国+反日」 ばーさす 「日本」

「日本」とは自分たちと同じ意見の人たちの集団。
国をとくに崇拝の対象にしない非愛国者は「反日」で「日本」の敵。

そうして、「オレは「日本」のために中国と戦ってるんだ」
という妄想を維持し続けるわけ。

85 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:14:32 ID:vxhZ08sk
>>84
いわゆる「反日」は盲目的に日本の存在を否定する連中のことだろ。

86 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:21:36 ID:dqA704h1
>>85
たとえば
イラクから自衛隊は撤退すべきと主張したら?
靖国は無くすべきと主張する人は?
竹島は韓国の領土だと主張するのは?

87 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:31:19 ID:dqA704h1
>>78
>中国のマス・メディアの偏向が激しすぎるんだよ。
>よく知らないが、韓国のマス・メディアもテレビは政府の影響力が強いと聞く。

日本のマス・メディアも安部タンのNHK介入とかあったね。
イラク報道も報道協定敷かれて政府よりに偏向してたし。

他にも。

>相次ぐ「ビラ配り逮捕」
>【言論弾圧の背景に戦争国家づくり / 「国策」に従わぬ者への見せしめ】
> ビラ配りが住居侵入などの罪に問われ、実行者が逮捕される事件が続発
>している。逮捕はビラ配り一般ではなく、「イラク派兵」や「日の丸・君が
>代強制」といった「国策」に異議を申し立てた者を狙い撃ちにしたもの。
http://www.mdsweb.jp/doc/881/0881_08a.html

まちがいなく中国化してる。

88 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:34:14 ID:kAdT/qqn
愛国者の人は、自分個人と国家が一体と思ってるのか?
彼らの国とは政府のことかもしれないけど、その政治家たちも
自分個人の地位や利益が大事な奴がいるんだぞ。

政治家以外の愛国者は自分の人生を生きているのか?
国のことを言う前にそっちが先だろ。

政治家で愛国心を煽る人はいるだろ、それが自分の利益になる場合があるんだから。


89 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:36:38 ID:ZK43VlJ7
自虐的利権政治家には 引退を。

90 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:37:16 ID:vxhZ08sk
>>86
あなたはそれらを主張されるのでしょうが、
日本はその存在を否定する国ではないでしょ。

靖国は今の老年政治家が生きている限りは
手をつけるのは無理でしょ。
自分が政治家なら公的には参拝しないけど。

行ったことがないので、
日本人として、行ってみたいとは思うけど。

91 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:41:34 ID:dqA704h1
>>90
なんかよくわからん答えが返ってきた。
創価を否定するのと同じノリで靖国を否定する人は「反日」なの?
愛国者は靖国を否定する人が困っていたら助けてくれるの?

92 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 17:43:50 ID:v6UP/e+z
>>77
つまり一神教信者になってしまったということでつか?
多神教に憧れを懐く一神教信者ですか、そうですか。

93 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 18:12:00 ID:+6T4n2ua
>>47
参考になりました。http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/mokuzi.htm#page5

なかにこんな意見がありましたが、その通りだと思いました。

>歴史問題に関する論争が現在の関係の発展に悪い影響を与えてはいけないということに注意する必要がある。
歴史と現在はそれぞれ関係しているが、それぞれの違いもあるということを忘れてはならないということである。
過ぎ去った歴史と比べると、現在と未来はより重要なものとして考えられる必要がある。



94 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 18:39:55 ID:I35RQutH
>>92 憧れを懐くって事は、他の神様も認めちゃってるんだよね。

95 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 20:09:46 ID:f1wroJnX
>>1
そ きんしんぞーおだから どっちか しななきゃおさまらんわんな
。( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!



96 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:04:21 ID:dqA704h1
>>77
>最初は考えたのね、でも相手はこっちの神様を認めて呉れないんだよね、
>一神教だから、
>相互理解出来ないので、漏れは認める必要無しと言う結論に成りました。

中国が一神教かどうか知らんが、日中愛国者が信奉する宗教は、
お互いに相手の宗教の存在を受け入れられない排他的宗教ってこと?

さしずめ日中愛国教だね。

97 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 22:07:50 ID:Ytwp4iQF
>>96 日本に神様は八百万もいるんだよ。

98 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:10:26 ID:dqA704h1
>>95
やっぱ、そう?
なら、愛国者同士で氏んでほしいね。おれ関係ないし。

99 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:11:17 ID:dqA704h1
>>97
八百万もいるのに、中国の神さまの存在は認めないんだw

100 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:17:40 ID:dqA704h1
>にわか右翼は、たとえば日本の国策に異を唱える人々を「反日日本人」と呼び、
>「日本から出ていけ」と言う。このセンスは、排他的なエセ宗教に特有のセンスだ。
>キリスト教であれイスラム教であれ仏教であれ、まともな宗教的センスの持ち主には、
>決してこうした排他的なセンスはない。たとえばイスラム教を国教にしているような
>中東の国々でも、イスラムを信じないからという理由で「出ていけ」などとは決して
>言われることはない。日本の右翼が好きな「出ていけ」を言うとすれば、
>それは狂信的な原理主義者だけだ。逆に言えば、一見、宗教色が薄い日本の国家神道
>イデオロギーは、危険な原理主義に極めて近い存在だと言える。

だってさ。

101 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 22:17:58 ID:Ytwp4iQF
>>99 馬鹿だな、漏れは八百万一でも良いけど、向こうは自分の所の
一人だけにしろと言うんだよ、そんなもん認める訳ねーだろ。

お前も中国人に加えて貰え、左巻きの基地外やろう。


102 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:21:13 ID:dqA704h1
>>101
で、向こうは何教なの?

103 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 22:28:31 ID:Ytwp4iQF
>>102 一応儒教らしいよ、キリストも多いらしいが此れも一神教、
でもチベットは仏教だろうな、虐殺されてるらしいど。

104 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:31:28 ID:dqA704h1
>>103
儒教の神さまは誰?

105 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 22:32:30 ID:Ytwp4iQF
>>104 一番偉い人、今は中国共産党。

106 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 22:36:26 ID:dqA704h1
>>105
一番偉い人? 日本では「現人神」天皇じゃん。
やっぱり、
儒教→朱子学→国家神道。

日本の復古主義は中国化。

107 :ふざけた奴:2005/04/14(木) 22:40:18 ID:Ytwp4iQF
>>106 80万も居るんだから、漏れにゃどーでも良いんだよ。

108 :名無しさん@3周年:2005/04/14(木) 23:55:17 ID:dqA704h1
反日サイトで友好維持呼びかけ「目を覚ませ!」
発信:2005/04/14(木) 14:25:10
>「我々が、反対しているのは、日本国民ではなく、日本の右派勢力と
>『政治家』だ。日本の友好的な国民は我々の友人である」などとも書かれている。
http://news.searchina.ne.jp/2005/0414/national_0414_001.shtml

中国にも物分りがいいウヨクがいるみたい。日本のウヨクはどうかな?

109 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 00:01:24 ID:dqA704h1
愛国者とは、「坊主憎けりゃ今朝まで憎い」で、
在日(在中)外国人を攻撃する連中だと思っていたのに、感心感心。

110 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 00:32:34 ID:1Q7kpagd
今朝じゃなくて袈裟だけどね。

111 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 00:39:34 ID:gbWokosJ
>江沢民はひたすら愛国主義教育に力をいれた。日本軍国主義を仮想敵国扱いして、
>国内世論の凝集に努めるという最も安易な道を選び、政治改革を棚上げした。
>愛国主義教育「実施綱要」には、この運動が「狭い民族主義」に陥ってはならないと
>書かれていたが、国際主義を語るやいなやソ連東欧の盟友を想起させることからして、
>ひたすら国内にのみ視野を向けた。この結果、愛国主義教育キャンペーンは、
>戦時中の日本軍国主義にも似た排外主義に堕することになった。

愛国先進国中国の愛国教育は戦中ニッポンの愛国教育にそっくりらしい。

>>110 勉強になりました。

112 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 01:00:32 ID:gbWokosJ
日中愛国者たちのキーワードは「思想統一」と「排外主義」かな。

「国体」真理教の思想に共感できる人たちの集団が「日本」なり「中国」で、
その思想を受け付けない人を非国民として排外しようとする。

思想の多様性を受け入れる寛容さが無いんだよな。だから政治権力を用いて
国民全員に教義を押付けようとする。それに反対する勢力を>>87のように
弾圧して恥じない。

113 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 01:14:33 ID:gbWokosJ
非国民:
>戦時中、国策に積極的に協力しない人物、あるいはそうみなされた人物に対して
>浴びせられた侮蔑(けなし)言葉。日中戦争長期化による物資不足からさまざまな
>統制が強化された1939(昭和昭14)年頃から広く使われるようになった。
(中略)
>戦局が深刻化するにつれて、食糧や衣料品をはじめ生活必需品のほとんどが隣組を
>通して配絡されるようになると、「非国民」なる言葉は一層猛威をふるい出し、
>隣組の組長や幹部にいささかでも逆らうならば、「非国民」呼ばわりされた。
>そしてそれは、村八分に等しい重大な生活危機を意味した。

114 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 01:25:32 ID:gbWokosJ
あと、歴史認識について言うと、両国とも思考が戦中のまま停止している。
戦中の戦争観をそのまま現代に持ち出す日本の愛国者の認識はとくに酷いね。

>日本政府は,韓国の併合が,日本の安全と満州の権益を防衛するために必要で
>あると考えた。

>日本政府はこの戦争を大東亜戦争と命名した(注あり)。日本の戦争目的は,
>自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し,そして『大東亜共栄圏』を建設
>することであると布告した。
(「つくる会」の教科書より)

115 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 01:44:43 ID:gbWokosJ
教師用指導書にはさらに本音が
第68時「大東亜戦争(太平洋戦争)」の授業展開例から
>設問:大東亜戦争の目的は何ですか。ノートに書きなさい。
>●以下のように書けているか確認し、説明を加える。
>自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し、大東亜共栄圏を建設すること。

第69時「大東亜会議とアジア諸国」の授業展開例から
>設問:アジア解放に対する日本の功績を、二つノートに書きなさい。
>●以下の点を確認する。
>   ・有色人種が白色人種に勝てることを示したこと。
>   ・日本人が東南アジアの人に戦争の仕方を教えたこと。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/kenkyoso/sidousyo.html

スゲー。これみたら中国の人がまた怒るだろな。

116 ::2005/04/15(金) 02:25:35 ID:HnEFPI4Y
>>115
すげー。
もちろん創氏改名やらなんやら、向こうの人民の怒りも書いてあるわけだよね?
その両面を書いてこそ教科書。
ついでに、大東亜共栄圏なんてあんなもん口実だろ。物資の少ない日本が生き残る策にすぎん。載せるほどのもんじゃない。


もうほんとに、韓国の年輩の方が日本語しゃべれるところを見ると、日本が識字率を上げ、生活を変えたんだという誇りと、民族の尊厳を奪ったんだという申し訳なさでたまらなくなる。

117 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 02:34:23 ID:gbWokosJ
>>116
>日本が識字率を上げ、生活を変えたんだという誇りと、

侵略や植民地化に誇りを持つのは諦めた方がよいかと。
土方歳三の死にっぷりはカッコ良かったとか、そこらで
我慢するしかないんじゃないの。

118 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 03:31:18 ID:gbWokosJ
日本帝国の侵略を「悪いこと」と認識する中国愛国者
日本帝国の侵略を「良いこと」と認識する日本愛国者

歴史認識の分野では、
日本の愛国者は、中国化っていうより中国を遥かに越えてるね。

119 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 03:42:21 ID:3IhYBBsv
しかし戦後60年経つのにお互い進歩しないな。悪化するだけだ。
何か良い知恵を出せないか?

120 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 03:45:40 ID:G8hkXc6S
中国化はアメリカも進んでると感じる
というか、アメリカのホテルのロビーって中国人だらけじゃないの?

121 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 03:53:16 ID:gbWokosJ
>>119
根本的に彼らの思考が理解できんからなー。
歴史認識については、まず
日本帝国の侵略は無条件に「悪いこと」って
ベクトルぐらいは揃えてやらんと話にもならん。

122 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 03:57:11 ID:gbWokosJ
あとは、日本はあのときのままじゃないって
戦後日本の歴史について中国側に知ってもらわんとな。

両国とも日本帝国にこだわりすぎ。21世紀まで含めて日本の歴史なのに。

123 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 04:02:29 ID:gbWokosJ
>>120
人的交流が進む分はいいけど、アメリカのネオコンは困ったもんだ。
小泉のアジアへの挑発行為はやつらが糸ひいてるとしか思えん。

米国と一緒に日本は世界の嫌われ者の道を進むのか。

124 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 04:11:58 ID:G8hkXc6S
今回の中国の動きは、イラク紛争で戦勝国の立場に成った日本を牽制する
ための一連の騒動だと僕は見ている
 
なぜなら、彼らは中東に一切貢献してない

125 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 04:20:47 ID:h5knrWsj
20世紀も【朝日新聞】から発信・・・・・・
そして、21世紀も【朝日新聞】から発信・・・・・・躍動・翻弄罪だな
「女性国際戦犯法廷」が問いかけてきたもの
−NHK番組への政治介入はなぜ、起こったのか?−
==========================
講 師:西野瑠美子さん
(VAWW−NET・ジャパン共同代表)
ビデオ:「ダイジェスト版・女性国際戦犯法廷」
日 時:2005年5月13日(金)午後6時30分
参加費:600円(学生300円)
主催・会場:(財)神戸学生青年センター
http://www.ksyc.jp 

日本キリスト教協議会(NCC)
http://www.jca.apc.org/ncc-j/index.html
子ども平和会議2005
「日本、韓国、在日コリアンの子どもたちが出会えるプログラムを行なおう、
お互いの歴史を知りつつ、一緒にこれからの平和を考える会議をしよう。」
http://www.jca.apc.org/ncc-j/kodomo-heiwa/shoukai.html
「北東アジアの平和とキリスト者の役割」…「オイクメネー」35号から
講演 池明観(韓国翰林大学日本語学研究所所長)
応答 東海林勤(高麗博物館館長)
応答 李仁夏(在日大韓基督教川崎教会元元老牧師)

126 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 04:42:45 ID:PG/WHfrz
>>123
憲法の九条改正も、結局は自衛隊をアメリカ軍の先兵にするためだしな。
やたら九条改正の動きが早まったと思ったらアーミテージの外圧のせいか(藁
これで軍事までもアメリカの属国化完了かよ。

押しつけ憲法を廃止し自主憲法制定とか言っておきながら、
実際はアメリカの言いなりで憲法改正するとは、
国民をなめるにもほどがある。




127 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 05:02:58 ID:gbWokosJ
>>126
そういうところ(政治家の行動)がダメだから今の日本があるのに、
「愛国心が無いのは国民が伝統を大切にしないからだ。日本帝国を
悪く言うのは自虐的でイカン」とかアホな方向に逝ってしまう政治
家がこれまた多いんだよね。

128 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 05:10:23 ID:lWjiFuuB
>>123
>米国と一緒に日本は世界の嫌われ者の道を進むのか。

「一緒に」ならばまだいいが、日中の対立を煽っておいて、米中がいつの間にか日本の頭越しに仲良くして、アメリカが漁夫の利を得るような悪寒。
アメリカが日本を二階屋に上げておいて、梯子を外す可能性も考えておいた方がいい。

東アジアにおいて力を行使する可能性のある大国は、今のところアメリカ、中国、日本の三カ国。
例えば、ABCの国が居たら、Aにとって一番都合の良い状態は、BCが対立してAがその間で漁夫の利を得る事。
Aをアメリカに、BCを中国や日本に例えると、今のアメリカの行動が見えてくるような気がする。

冷戦期だって、フルチショフ時代に北方領土問題を二島返還で解決しようとしたら、アメリカが「二島返還で解決するなら沖縄の返還は難しくなる」といって横槍を入れてきた。
あの当時は米ソの対立がはっきりしてた時代だからまだよかったが、現代は冷戦期のように単純な時代ではない。

まあ、アメリカが本気で中国と対立するつもりなら、アメリカにつくのも悪くはないと思う。
しかし、今の段階ではアメリカがどこまで本気で中国と対立するつもりなのか全く不明だし、もう少し慎重であるべきではないか。


129 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 05:18:50 ID:b6Y2iPAb
中国とイスラムの結託が証明できればいいんだけどな

130 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 05:25:11 ID:gbWokosJ
>>128
だね。日米関係は重要にしても、アメリカ以外全部敵に回したら、
ますますアメリカに頭上がらんじゃんかって気はしてた。

その上米中がくっついたら、日本は中国市場で遅れをとり、
対米黒字も中国に奪われ。。

131 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 05:37:09 ID:gbWokosJ
でも、日本の評価って案外高いんだよね(少し昔までは)。
方向性さえ間違えなければ、愛国者にとっても世界で一番ぐらい誇り持てる国だと思うよ。

>それから日本は、戦後五十五年間、軍事行動で一人の外国人も殺していないんです。
>日本人も一人も軍事行動で死んでいない。さらに日本は、部品こそ作っていますが
>完成したかたちの兵器を一台も、爆弾一個も外国に売っていない。これはすばらしい
>ことです。 
http://kimurasanko.fc2web.com/hitokoto/20040219.html

>「憲法9条は美しい。私は最初読んだとき、これはガンジーかキング牧師が書いたのか、
>と思った。9条は日本人を戦争から守ってきた。今度は皆さんが9条を守る番ではないか」
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/real_war.html

>湾岸戦争後、イラクで劣化ウラン弾の影響とみられる白血病やがん患者が急増。
>戦争で多くの市民が傷ついている。それをもどかしい思いで見つめる二人の
>心情をくみ、津田さんは言った。「イラクの人々は平和的に戦後復興を遂げた
>日本を尊敬している。だから日本もイラクへの平和的な支援に目を向けてほしい」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20050114/mng_____thatu___000.shtml

>まして、イラク人は 世界の中でもとりわけ日本を尊敬し、日本人を世界の中で一番
>愛しているといいほど 親日的な人々なのです。
http://www.japan-arab.org/syucyou/

皆、戦後の反省があるからこその評価でしょ。

132 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 06:10:45 ID:F4gB7lDD
128です。

実は、90年代までは第九条の改正を支持していました。
防衛面で自己完結的な装備をもてれば、安全保障におけるアメリカへの依存を断ち切って外交的な選択肢が増えるのではないかという思惑からです。
実際、永世中立国であるスイスは、常備軍はわずかですが、有事の際は48時間以内にヨーロッパ有数の強大な陸上兵力を動員できる体制を敷いています。
日本の場合はスイスと違って島国ですから、徴兵制に繋がる陸上兵力の大量動員を要せず独自防衛が可能だと考えたのです(これ自体は、今でも可能だと考えています)。
つまり、
・長距離爆撃能力(抑止力)
・制空&空対艦攻撃能力と攻撃ヘリを中心とした小規模で機動性の高い陸軍力(本土防衛)
・空母を含む海軍力(アメリカの支援無しでシーレーン防衛)
によって、核抑止力以外(日本の核保有は、核保有能力のある国々に口実を与えて核の世界的な拡散を招き危険)は、アメリカに依存しない防衛が可能という訳です。
実際、フランスは日本よりも国防費が少ないにも関わらず中型空母を保有してますから、これらの実現には防衛費の大幅な増加は必要ないでしょう。

しかし、その後の日本政府の外交政策を見た上で、やはり現状での第九条改正には賛成できないという気持ちです。
今第九条を改正すれば、自衛隊はアメリカを補完する為の戦力として増強されてしまうと思われるからです。

恐らく、第九条を改正するか否かに関わらず、日本政府はアメリカ一辺倒の外交政策を変えないでしょう。
また自衛隊もアメリカを補完する戦力であり続けるでしょう。
しかし、第九条の存在は、その足かせにはなってくれる気がします。
アメリカ追随一辺倒の軍事力行使で日本が世界の多くの国から嫌われる方向へ向かう事自体は避けられなくても、そのスピードを若干低下させる役には立ってくれると思います。

そんな訳で、私は今の時点での憲法第九条改正には反対です。


133 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 07:14:08 ID:Qsio15sy
9条を改正するか、しないかよりも、
防衛費GNP1%枠を維持するか、しないかの方が効いてくるんでない?
>>自主防衛路線

134 :ふざけた奴:2005/04/15(金) 09:55:16 ID:hyq001Kr
>>128 台湾も考慮すべきた、黙っている所が一番危ない、アメリカもかなり、
控えめだ、仏独露は完全に中国側だと思う利害が一致する、日米台で協調出来るかな?

135 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 09:56:17 ID:oB3Pjs2V
--技術の移転は制限されるべきだと思いますか。中国やサウジアラビアなどの国は、
先進的なルーティング技術を使って、国内のインターネットユーザーが閲覧できる
情報を制限しています。

 一般に、テクノロジーは開放と変化を促す最強の原動力となるものです。そうした
国々がどんな防御策を講じようと、インターネットへのアクセスを制限する試みは
失敗に終わるでしょう。


136 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 10:51:01 ID:75FSDt9k
日本人は平穏に伴う中国の抗議に反応します。
http://news.ft.com/cms/s/e399db0e-acd9-11d9-ad92-00000e2511c8.html


137 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 16:31:06 ID:gbWokosJ
>それどころか、マッカーサー以来の戦後の日米関係は、大日本帝国の亡霊がゾンビの
>ようにさまざまな形で腐蝕しつつ戦後日本で生き延びることを可能にしてきた。
>こうして今の日本では「中国とアメリカの間の日本」という開国時に提起された問題は、
>保守支配層のゾンビ化した儒教的国家主義をアメリカがスポンサーとなって支える
>という腐臭を放つ最悪の状態に行き着いている。
2003/02 天皇制について(その六)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/bn.html

(その五)と(その六)しか読んでないけど、結構面白い。中国化するニッポン。
日本は、水戸学の亡霊から未だに逃れ切れていないと。

適当のつけたスレタイ【近親憎悪】も、結構当ってるかもw

>徳川の日本は、いわば無免許の偽儒教国とされかねない。。
>そこで日本が中国を貶めることが必要になり、満州の蛮族に征服された明などより
>日本こそ真の神州や中国と言えるのではないかという議論が出てくることになる。
2003/01 天皇制について(その五)

138 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 16:41:49 ID:EWQ2/Mjh
>>132
だが、一連の中国の高圧的な態度を見る限り、
日本はアメリカの軍事力が無くては生きていけない。

139 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 20:12:41 ID:gbWokosJ
で、「儒教的国家主義」と西欧流の「自我の意識」が融合すると、
「愛国無罪」を叫ぶ大衆が出来上がる。日本で言うとイラク人質
をネットやメディアで中傷し嫌がらせの電話をし手紙を出し続け
た連中。それを扇動・黙認した公権力。

儒教が大陸や日本で生き残ってきたのは、それだけ統治者にとって
使い勝手の良い宗教だから。でも、統治者が国民に奉仕する義務を
負う国民主権の政治とは相容れない。特に注意して政治と切り離し
ていかなければならないと思う。

140 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:09:09 ID:1Q7kpagd
>>126-127
烈しく同意。

おまけに郵政もか?

もう小鼠には嫌気がしてたまらん。
なにがこの国を想い、この国を創るだ。
あのポスターまだ残ってるんだよ。見る度ムカムカムカムカする。

141 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:16:29 ID:LmWOKNsJ
>>140

しかも極東アジアでアメリカも参加して日本の囲い込み
完成中

大東亜の二の舞だ

142 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:19:45 ID:1Q7kpagd
>>141
なるほど。

でもそこまでして日本を囲い込まないといけない理由ってなんだろうな。
私にはやっぱり憲法改正が目当てのような気がしてるけど。
で、それまでは常任理事国入りをおあずけと。

143 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:29:06 ID:1Q7kpagd
右曲がりは駄目ってことが小鼠で解ったんだから、
右じゃないのが来るといいのにな。

144 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:30:34 ID:1Q7kpagd
言っておくが、民主になぞ何も期待はしておらんよ。
ここまで期待を裏切っておいて、これ以上どこで何を期待しろと。
ふざけるなと言いたい。

145 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:32:05 ID:LmWOKNsJ
殺しやすい奴を殺す
これは国際政治の常識>>142

146 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:32:23 ID:1Q7kpagd
これ以上二大政党化が進んでみろ。
憲法はあっちゅう間に改正され、消費税は上がり。
ロクなことはない。

日本の野党はどうなるんだ?
もう日本はおしまいなんだろうか?

147 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:36:44 ID:1Q7kpagd
福祉の党公明が自民に丸めこまれたりなぞしたから、そもそも日本が狂ってきてしまってるんじゃないか?
どうしてくれるんだ、学会員。

学会員の友人がいるんだけどさ、選挙前には必ず電話がかかってきて、こんこんと誰それは素晴らしいんだと説くんだけどさ、
こないだしゃべった時に、公明に頭にきている、と話をしたら、「公明はもういいよ。」と投げやりなことを言った。
おまけに小鼠のことは大嫌いだと選挙前でも言う。

でも選挙前は学会員は必ず熱心な公明支持者と化し、選挙運動に邁進するんだよな。
困ったやつらだ。

148 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:42:42 ID:gbWokosJ
>>146
耳の痛いことをw
二大政党以外に投票する人は
毎回、票捨てに行ってるようなもんだからな。

9条改正は、国民投票で阻止できる可能性があるかもね。

149 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:48:10 ID:1Q7kpagd
>>148
先の衆院選の前さ(参院選じゃないよ)、マスコミの報道の仕方に腹立たなかった?
私はずっと腹を立ててた。二大政党化を煽ったのは完璧にマスコミだ。

> 9条改正は、国民投票で阻止できる可能性があるかもね。
簡単には改正できないようになっているんだね。
でも、世論操作を企てているような気配がひしひしと伝わってきてムカついてるけどさ。

150 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:52:05 ID:LmWOKNsJ
確かに煽りまくってたな

151 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:55:43 ID:1Q7kpagd
衆院選前、自民に対する批判票が他へ流れることも十分あるのに、
マスコミは二大政党化に向けた選挙と毎日連呼し、
自民VS民主、小泉VS管、というイメージで押しまくった。

152 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:56:45 ID:gbWokosJ
>>149
それはちょっと覚えてないなー。
ただ全体的に与党(の中の小泉派ね)の政治汚職に甘くなった印象が強い。

イラク戦争の報道については、ネットの情報とブッシュ・小泉マンセーの
マスコミ報道のギャップにかなり怒ってたな。

153 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 21:56:55 ID:LmWOKNsJ
アメリカと一緒の構図だよなww
2つに絞って双方支援
どうでも良い事を論争させ
やばいことは水面下で合意させる>>151

154 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:00:20 ID:ADAaBn6e
>>148
>二大政党以外に投票する人は
>毎回、票捨てに行ってるようなもんだからな。

確かに死票になるけど、やはり意思表示しないとだめだと思って、投票場にいっているよ。
黙っていたら何されるかわからんよ。


155 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:00:29 ID:1Q7kpagd
開票が終わって初めて、日本は二大政党化が進んだ、と言うなら文句は言わない。
選挙前から煽った。
腹が立って仕方なかった、

156 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:02:47 ID:gbWokosJ
>>153
ブッシュVSケリー見ててそれは思った。
両方とも同じ大学の秘密結社?出身で、方や軍事オタクと方や退役軍人。
あの構図がなければもうちょい投票率が上がって違う結果が出たかもしれん。

日本も、同じ企業団体が自民と民主双方に献金してたんじゃなぁ。

157 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:05:01 ID:1Q7kpagd
それで、二大政党化が進んで、何かいいことがあったんだろうか?

政権準備党だと言う民主党に、政権を任せられる実力があると言うんだろうか。

なんだよ、これって。
国会なんて、スカスカだ。高野豆腐みたいなもんだ。

158 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:06:54 ID:LmWOKNsJ
フリーメーソン??
フリーメーソンっていまいち存在意義がわからないね

ロシアでは政商分離をプーチンが行った
経済軍事は政治に従属すべきだよな

政治の独走もリスクは高いが>>156

159 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:10:58 ID:1Q7kpagd
与党と野党が活発に議論し合って初めて、有意義な政治と言えるんじゃないか。

あんなの、国会がある意味がない。

民主議員全員いるよりも、辻元一人いた方がなんぼかいい立ち回りができる。

160 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:12:08 ID:gbWokosJ
>>154
おれも行ってる。
愛国心なんて思ったことはないが、
たとえ自己満足でも反対の意思表示だけはしとかないと。
自分がアレ(政府)と一緒だとは思いたくない。。

161 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:24:58 ID:1Q7kpagd
選挙区は無所属(ほとんど民主)に入れた。
共産は訳のわからんタコが出馬した。言っていることが「はあ?」だった。
訳のわからんタコに入れる気は起きなかった。
そして結果は、自民の大御所を倒して無所属が当選した。
いい政治家になって欲しいと影ながら応援している。

民主もいい議員が結構いるんじゃないかと思うよ。
でも、今のあの民主じゃ、力を発揮できないし、民主自体がいい方向へ進んでいると思えない。
民主の首脳陣がダメダメだ。

162 :名無しさん@3周年:2005/04/15(金) 22:34:29 ID:1Q7kpagd
選挙制度もいかんのかもなぁ。

163 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 01:45:24 ID:ZW4KPZtA
スレ違いの話にしてマズかったかな?

164 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 01:51:31 ID:nk2sh0QV
●●今週末反中デモをやります@中国大使館前●●

我々も負けずに、反中国デモを企画します。
中国が憎いあなた、ご近所お誘いあわせの上、
奮ってご参加ください。 

場所: 在京中国大使館前(http://www.jcbus.co.jp/chinahotel/embassy_map.htm
日時: 4月16日土曜日午後12時から 雨天決行

その他:
中国北京では、1万人集まりました。 総人口の差を吟味し、
我々は、1,000人規模のデモを目標にします。 投石等の
破壊活動は禁止です。明らかに右翼っぽい人と宣伝車は進入禁止です。
拡声器等の持ち込みはありです。プラカードは、自作でお願いします。
CNN・ロイター等 海外メデイアが多数のカメラを持ち込む予定です。
海外に日本の声を発信するためにも、 プラカード等は読みやすい
英語にてお願いします。

スローガン例:
「Japan Loves Democratic Taiwan Not Communist China」
−中国は平和を愛する台湾国民に独立と平和を認めよ
「Red China ? Stop Pirating Western Movies and Japanese Products」
− 恥知らずな中国よ、ハリウッド映画や日本製品の海賊版商品化を直ちにやめろ!


165 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 01:58:55 ID:c9IifurC
>>163
こまかいこと気にせず好きに使っていこう。
>>159
同意。
タカ派ばっかりキャラの濃いのが集まって、どうしょうもないなw

166 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 02:11:17 ID:Zn9FY5Kc
中国化に貢献している「近隣諸国条項」の事は?

167 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 10:48:48 ID:t3SQ9gNI
子供から「真実」隠しても愛国無罪、文科大臣?

>「大量破壊兵器はなかった」は不可−。文部科学省が五日に公表した二〇〇四年度の
>中学校公民教科書の検定で、米軍のイラク攻撃に言及した個所について、口頭で出版
>社側に修正を求めていたことが五日、出版社編集幹部の証言などで明らかになった。
>同省側は「政府見解と異なる」と説明したという。イラク攻撃の「大義」とされた
>フセイン政権下の大量破壊兵器の存在は、誤りだったことが判明しており、同省は
>「真実」を曲げさせたことになる。 
>
>文科省の規則で、検定意見は文書で通知されることになっており、口頭による不透明
>な指示の是非も問われそうだ。同省教科書課は「修正の過程については話せない」と
>している。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20050406/mng_____sei_____003.shtml

…「見解」とかそういうレベルの話じゃないしw ウソですよ、ウソ。

168 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:05:22 ID:t3SQ9gNI
中国大使館や総領事館に刃物や薬きょう
>封筒には手紙が入っており「中国での反日デモが進むと日本にいる留学生を
>攻撃する」と日本語で書かれていたという。
>また、大使館によると、デモが激しくなった10日以降、毎日数十件単位で
いたずら電話が相次いでいる。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050416k0000m040164000c.html

春になるとバカが増えるのかねー。

169 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:09:36 ID:9Syp4Pdv
>>168
可能性で一番大きいのは、頭の軽いチンピラ。
その次の可能性は諸外国の工作員。

現状でこの行為はいただけない。
だが、軍事的な恫喝をかけられると状況は違ってくるかもね。


170 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:14:07 ID:t3SQ9gNI
>>169
いやいや。ああいう人らも案外普通に2ちゃんねるに書き込んでると思うよ。

171 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:20:13 ID:MTo7r6GT
犯人は私です、なーんて嘘ですよ、冗談だから怒らないで。

172 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:34:57 ID:1X3aONyn
くっそうー。反中国デモだぁー。
っつうか、なんでまだODA出しているんだ???日本政府はバカか?
スレ違い、スマソ。

173 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:39:23 ID:ZW4KPZtA
若干はあるべさ。
でも、やるのは馬鹿だけにしてそれに釣られる馬鹿が多くならないといいね。
これで釣られたら思う壷。

174 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:41:29 ID:Q7M3wnvb
中国の反日教育、学校教科書を調べれくれよ
おかしなおかしな学校教育
世界に恥じ晒している暴徒をゆるす当局
いずれにしてもオリンピック開催資格ないよな

175 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:44:28 ID:ZW4KPZtA
>>174
中国にとって得することあんまりないと思うんだよね。
何に彼らが釣られているかだよなー。
韓国も似たようなもんでしょ。

176 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:51:18 ID:VtPA9+Mr
事実を書くのなら
イラク戦争はアメリカの石油戦略の一環で
EU、中国、ロシアに対してエネルギー戦略で
優位に立ちたいアメリカは
フセインの罪をでっち上げ
イラク戦争を引き起こした

ってのが正しいわな

177 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:51:58 ID:t3SQ9gNI
日中韓とも、国体維持のための洗脳教育でしょ。
歪んだ世界観を植えつけられる子供は災難だね。

178 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:54:11 ID:t3SQ9gNI
>>176
そうそう。政府に都合のよい情報だけをセレクトして
教科書に載っけてるだけで、政治から無関係なはずの
「学問」ではない。

179 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:55:59 ID:VtPA9+Mr
韓国のやったことは
株の売り抜けに似てる

反日煽り>中国が乗ってきたら1ぬけ>
おかげで中国国内で韓国製品馬鹿売れ

まさしく濡れ手に粟!

日清戦争で釣りの対称だった国が
逆に2国をつるとは・・・・何たる喜劇

180 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 11:59:17 ID:ZW4KPZtA
小泉でなくてもこうだったのかな。
小泉だから特になのかな。
おまけに慎太郎は国旗国歌で必死だし。
嫌なニッポン。

だからさ、ともかく小泉が辞めるのが最善の方法なのにね。
そうしたら中国との外交もよっぽどうまくいく。

181 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:06:31 ID:t3SQ9gNI
イラク戦争前に辞めてほしかったな。。
取り返しつかんことを何度もしてきた気がする。

無論今でも一秒でも早く辞めてほしいが。
あの顔見るのももううんざり。

182 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:09:35 ID:ZW4KPZtA
イラク戦争前はここまで駄目なやつだとわかってなかったからなぁ。見抜けなかった。
森の後だし、まともに見えてしまった。
もっと見る目を養わないと駄目なんだな。

183 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:19:01 ID:t3SQ9gNI
森の後、ってのがポイントだったなw
やつは短命内閣と割り切って、支持率無視で、
盗聴法とか国旗国歌法とかなんでもありだったからな。

当事言ってた奉仕教育とかも、今の国政の流れで見ると
戦前復古思想の表れだったわけだ。

森個人がアホだと思っていたが、今になって思うと
森派というのは過去の亡霊みたいな連中の集まりだった。

184 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:21:49 ID:t3SQ9gNI
国旗国歌法は小渕だっけ。まぁいいかw

185 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:25:44 ID:9Syp4Pdv
歴史は歴史として評価すべきなんだよ。
戦前を極端にバカにする必要もなければ
今の社会を戦前の未成熟社会に戻す必要も無い。


ただ、現状のナショナリズムを殆ど持たない日本人が良いのかというと
疑念はあるが・・・


外国の韓国人や中国人は力を入れて、
日本を「残虐な民族だ」と断定する。
その愛国心たるや、誰も否定できない空気にしてしまう。
それが日本人には無い。


186 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:29:28 ID:ZW4KPZtA
日本は「こいつは駄目だ」と思ってから切るまでが長すぎるね。
国民が政治に関心低いから仕方がないのか。

ところで、小泉は北朝鮮の拉致被害者のことで、少なからずも前進させた訳だけど、
あれは小泉じゃないとできないことだったんだろうか?
で、おまけにこれ以上のことをする様子は、小泉には見受けられない。
それともまたカードとして取っておくとかいうのだろうか?

もう在任中はありゃ何もしないんじゃないだろうか?

187 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:31:10 ID:t3SQ9gNI
国旗国歌法は、森政権下で強行採決だね。

>つまり、「警察が通信を盗み聞きするのは盗聴ではなく通信傍受」とか、
>「君が代とは国民全体のこと」といった政府の繰り出す説明は、権力の犯す
>矛盾に対する国民の違和感を麻痺させ、ひいては権力に対する批判や抵抗を
>麻痺させていると述べた。そして、ジョージ・オーウェルの『一九八四』に
>出てくる二重思考(「隷従は自由である」・・・)を引用しながら、言葉を
>破壊することは全体主義への第一歩と述べた。政治の病理は、それ以後
>さらに悪化している。永田町は言葉の通じない「不思議の国」となって
>しまった。
http://yamaguchijiro.com/archives/000063.html

さっき見つけたんだけど、上記の傾向は小泉に代わってからかなり拍車が
かかってるね。自民にそういうマニュアルでもあるのかな?

188 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:32:32 ID:ZW4KPZtA
>>185
中国や韓国は日本国民ほど政治不信がないんじゃないの?
日本の国民は政治に投げやり。悪いこと、いくらでもしてれば?って感じ。
イコール国家への愛着などかすれて当然。
そこへ持ち込もうとしているのが愛国心教育。
勘違いも大概にしろと。

189 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:33:01 ID:o+fjimnh
総領事館前に数千人 日本料理店の看板を壊す
【12:14】 【上海16日共同】上海の総領事館前に集まったデモ隊は
数千人に達したとみられ、参加者の一部が近くの日本料理店の看板を
壊した。

190 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:39:05 ID:t3SQ9gNI
>>186
少なくとも人道的な見地から取り組んだことじゃない。
橋本派などと違って支持基盤の弱い小泉の政権運営上の理由で
北朝鮮の脅威をことさらアピールする必要があったと思う。
帰国できた拉致被害者にとってはラッキーだったけど。

191 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:40:39 ID:t3SQ9gNI
>>189
あいかわらず日中で愛国比べやってるね。

192 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:41:22 ID:9Syp4Pdv
>>188
少なくとも、韓国では軍事統帥権がアメリカにあっても
それで政治不信になる人がいない。

中国も天安門事件で銃撃されて、時の政治家が失脚しても
政治不信にならない。

今も、天安門に警察が張っている状況で
民主弾圧だと政治不信を言う人はいない。

それは、外国にいる韓国人や中国人も同じだ。
反日に対しては命を賭して力説するのに
上記の事項に対しては、口をつぐんでしまうひとたちだ。

ナショナリズムが歪んでいるのはどこの国だろうね。


193 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:47:48 ID:ZW4KPZtA
>>192
それで日の丸焼いたり暴動起こしたり、
政治と全然関係のない日本の飲食店に暴力を振るう国家みたいなんが、
ナショナリズムが歪んでいない、理想的な国家とでも言いたいんですかね?

それだったら政治に不信感を抱き、諸外国とのことも自国愛だけに執着せず、冷静に判断できる国家の方がいいとは思えないですかね。

194 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:48:54 ID:t3SQ9gNI
>>192
それが愛国教育の目指す姿だよ。日本もね。

195 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:54:59 ID:ZW4KPZtA
常任理事国入りというニンジン、日本にとってちっともいいことないと思うんですけど。
なんでそんなニンジンのために、中国からワーワー言われないといけないんで?

196 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 12:59:05 ID:9Syp4Pdv
>>193
意見する前に、読解力をつけてくれ。

>>194
それはそうかもしれない。
だが、現状の日本がニュートラルな教育をしているとは思えない。

日の丸が国旗として存在することに異論を唱える人がいることは、
日本が憲法にうたっている「自由」の国である以上避けられない。

考えてみれば、隣国はマトモな民主国家ではない。
韓国にしても、それこそ教科書の記述にしても主観ばかりで
客観性に乏しい状態を国定で認めている。

すくなくとも、先発のアメリカほどではないが、
その他の諸国よりはマトモな民主国を自負しても良いのではないか。


197 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:05:31 ID:ZW4KPZtA
その他の諸国よりはマトモな民主国を自負しても良いと思うよ。

で政治不信はどうする。
国会が空洞化しているようなこの状況はどうすればいいんだろうね。
日本の政治はその他の諸国じゃなくても国民だって不満なんだけど。

198 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:06:43 ID:t3SQ9gNI
>>195
「テロに屈しない」に代表されるように、
「敵」がああ言ってるから日本は反対のことをしなければいけない、
みたいなw 歴史問題もそうだし。大日本国憲法を賛美するような
デタラメ教科書、中国に言われなくても使いたくないっての。

国内の反対意見を封じるために「外敵」を利用する。何回同じ手を
使う気なんだ、バカ小泉。
でも結構いつまでも通用しちゃうんだよな、これが。

199 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:10:29 ID:t3SQ9gNI
家永教科書に加えられた検定意見
>検:古事記・日本書紀の「古代の文献として有する重要な価値が記されていない」
>検:「明治憲法を否定的にのみ評価し、アジア最初の憲法という積極面に言及しないのは、一面的」
>検:第二次大戦は「教科書に掲げるものとしては少し陰惨」なので明るく書くべき
http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/nandatta.html
おいおい。逆(つくる会)はいいのかよ、と。

200 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:14:06 ID:9Syp4Pdv
>>198
大日本帝国憲法は、歴史の中においては評価されてしかるべき憲法だ。
世界中を見渡して、それが成立したときにそれ以上のものはあったかもしれないが、
それ以下のものが殆ど全てだったろう。
他のアジア諸国では、近代憲法の概念すらなかった。

それをもって「賛美する」と言うのは、極論に過ぎる。

日本人の歩んできた歴史の中で、この憲法を一蹴に付してしまうのは
先人の努力を無にしてしまっているような気がする。


201 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:15:56 ID:ZW4KPZtA
>>167とか、多少はまともな民主国も、国家権力は健在のようだけど。
国家権力が力を増していくのは民主国の進むべき道じゃないね。

>>198
対立関係がおかしいね。仕向けられているようにも見えるし、わざわざ日本は燃料を投下してるし(竹島の条例・教科書検定)。
でも、小泉の外交戦略は今まで完全に手落ちだったし。

日本の進むべき道は、アメリカの属国以外にないのか。


202 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:16:08 ID:t3SQ9gNI
>>200
もしかして、つくる会の会員さん?

203 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:17:26 ID:9Syp4Pdv
>>202
いや。ただの人。

204 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:24:46 ID:t3SQ9gNI
こんなのみつけたぞ。検定合格したんだよねw

>大日本帝国憲法は、天皇が絶大な権限を持ち、国民には基本的人権を
>保障しなかった憲法だったというのは、常識といってよいでしょう。
>だからこそ、戦後日本では国民主権・基本的人権・戦争放棄を柱と
>する日本国憲法が新しく制定されたのです。ですから他の教科書では、
>明治憲法のところで、その問題点を記述するのが常識となっていました。
>ところが「つくる会」教科書は、新旧版とも明治憲法の問題点には
>まったくふれず、「国民は法律の範囲内で各種の権利を保障され」たと
>書き、明治憲法下の人権抑圧にはまったくふれていません。
>さらに「憲法を賞賛した内外の声」という資料を掲載して、
>大日本帝国憲法を賛美しています。

205 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:25:48 ID:t3SQ9gNI
>アジア太平洋戦争末期のところで、「日本の将兵は敢闘精神を発揮してよく戦った」
>一般国民も「このような困難の中、多くの国民はよく働き、よく戦った。それは戦争
>の勝利を願っての行動であった」と称えています。なぜ人命を尊重せずに全滅する
>まで無理な戦いをしたのかという問題も、戦争そのものの善悪も考えさせずに、
>ただ国のためにつくしたのが尊いということを子どもたちの頭に植え付けようとしています。
>一方、日本の受けた被害は軽くしか扱っていません。広島・長崎への原爆については、
>それぞれ「投下した」とたった一言書くだけで、その被害の実相は全く書いていません。
>原爆による犠牲者数さえ書いていません。被爆国日本の教科書としては驚くべきことです。
>15万県民の命を奪った沖縄戦もたった2行半です。
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2005.4.7/siryou.html

「沖縄戦についても、ひめゆり部隊や集団自決などの悲劇には一言も触れていない」
らしい(朝日社説)。

206 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 13:37:30 ID:t3SQ9gNI
>>201
アメリカって選挙のたびに戦争する国なのわかってるのかな、みんな。
友好と従属は違うだろうに。。では落ちます。

207 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 14:13:37 ID:ZW4KPZtA
国家権力が力を増し、
アメリカの属国として進むしか日本の進む道はないのか。

日米の友好関係は世界において重要なものだ、などとアメリカの誰それが言うておったけど、
イラク戦争のように大義なき戦争の後押しをしてしまう友好関係など糞くらえだ。
ブッシュと一緒に小泉もヨハネ・パウロ二世に恥じるがいい。

208 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 14:24:17 ID:NLKfRsrK
>>204
大日本帝国憲法については、その後の大正デモクラシーや
国家主権説、天皇機関説など、憲法解釈によって民主化を果たそうとした側面がある。
その点について述べていないのもまた、愚かな歴史の考証だ。

何度も言うが、時代は現代ではない。
アメリカではクンタキンテ一族の悲劇が続行中であったし、
イギリスに留学した日本人は、あからさまに劣等人種として差別されていた時代の話だ。

その時代の話を現代に当てはめて、「間違っている」
「人権侵害だ」というのは、その国の歴史に対する差別だと思いませんか?


209 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 15:16:11 ID:x8MPvsKs
なぜ日本人は日本女を強姦して楽しまない?
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1113294958

韓国人の翻訳機能付き掲示板での1コマ。これは序の口。

210 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 22:54:25 ID:t3SQ9gNI
>>208
大日本国憲法について言うと、イギリスのマグナカルタ(1215年)以下
のもので別に当事においても特に評価すべきものじゃなかったね。
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper59.htm

それはともかく当事の出来事を当事の視点で見てなにか学ぶものがあるのか?
歴史に限らず、対象をどう分析・評価するかってトコが学問たる所以でしょ。

仮に当事大日本帝国憲法が大絶賛されたとして、教科書にそれをそのまま
「大日本帝国憲法はスバラシイ憲法でした」とだけ書いたり、
「八紘一宇(世界を天皇のもとの一つの家とする)の崇高な使命が神の国
大日本帝国にはあって、大東亜戦争はアジア解放の崇高な使命を達成する
ためのものでした」と旧日本政府のプロパガンダをそのまま載せても、
そこから何も学習できないっしょ。現代の価値判断を挟まなかったら、
とうに滅んだはずの悪しき侵略思想を現代社会に呼び起こすだけじゃん。

211 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 22:55:18 ID:v0yEEkuH
田代砲援軍求むfromVIP板

現在VIP板で反日サイトを田代砲で攻めています。
人手が足りないので、手伝っても言い方は協力お願いします。

攻撃先等詳しいことは本スレで確認して下さい。
本スレ:ttp://ex10.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1113658851/

212 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:06:36 ID:6/OywFF5
>>207
何も知らない一般人なら誰でもそう考える、汚れた仕事は誰だってやりたがらない。
だが、自分たちのある程度恵まれた生活を維持したいと考えるのは人の常。

大国の下で蜜が吸えるのも今の生活があるのも日本一国だけじゃやっていけない
中枢の人間にしか解らない事情というものがあるのではないのか?
一般人は好き勝手言えて日々の苦楽だけ考えてればいいのなら楽でいいよね。

213 :歴史捏造大国中国 :2005/04/16(土) 23:07:44 ID:gvZwkIoF
食人宴席―抹殺された中国現代史

そりゃね・・・歴史をねつぞうしたくなるわな・・・。

中国の文化大革命時の広西大虐殺事件を扱っている。

文化大革命のときは「覇王別姫」で見るように、文化人、知識人、金持ちたちが階級闘争の名のもとに
リンチされたり、虐殺されたりした。
裁判も法律も、さらには理由なども関係なく、目をつけられた者は、狂ったように興奮する群集に
「殺せ!」と言い立てられて、咎なくて死んでいったのだ。

広西ではそれが虐殺に終わらず、人肉を食べる大宴会になった。
中国の広西省では文化大革命時に無実の罪で虐殺された人間は9万人にのぼるという。
文化大革命は1966年から10年も続かなかったのだから、毎日毎日何十人も殺されていたのではないか。

鄭義は食人の3段階を記している。

まず、処刑された死体を夜にこっそり解体して、肝を盗んで持って帰るこそこそ段階、

高潮期には集会を開いてライブで処刑、その場で解体し、おおっぴらに人食いができた。

第3段階に入ると、食人大衆運動期で、人肉が目的であるかのように、糾弾集会が開かれ、
言い掛かりをつけて多くの人間を殺し、いや、まだ生きていても肉を削がれていった。手際のよい解体方法まで普及した。

胸のところを「人」の字に切り裂いて、下腹部をドンと踏むと、肝臓と心臓(おいしい部分)がピョンと出てくるのだ。
群集は毎日、文字通り度胆を抜くリンチで大宴会をひらいていたのだ。

http://diarynote.jp/d/49497/20040720.html

214 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:15:52 ID:NcL0RHgd
>>210
そうだね、何事もバランスの取れた視点が必要だね。
大日本帝国憲法を投げやりに否定する書き方をするのはいただけないが
それをもって、現代に通用すると書くとすれば異常だ。

だが、現代にそれが通用しますと書いている教科書など見たことがないし、
今後も現れないだろう。

マグナカルタが立派であれば、日の沈まぬ国「大英帝国」の植民地で喘いだ人々は
さぞ、その恩恵にあずかったのでしょうな。

だからといって、普通の人はイギリスを全否定するようなまねはしない。
その時代を超えて、いまの社会を築いているのだから。

215 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:25:15 ID:t3SQ9gNI
>>214
>210の文意がとれてないね。
旧日本政府のプロパガンダをそのまま載せた
現代的視点の欠落した教科書を使わされたら
国民にとって害悪でしょ、と。

216 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:33:21 ID:WokO6lrb
>>214

ほんとだね。
だとすると英米の歴史教科書はもっとひどいね。
メディアもね。
何十年前には奴隷を認めてた国だもんな。

217 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:33:44 ID:t3SQ9gNI
頭の軽るそうな政治家がよく口にする「自虐教育」ってやつだけど、
戦後民主主義に生きる国民にとって、
大日本帝国を肯定することほど自虐的なことはないんだよね。
当事の政府によって、弾圧され監視され虐殺に加担させられ
思想統制され死地に追いやられたわけだから。

大日本帝国を否定するからこそ今の日本がある。

彼ら(政治家)は素で頭悪いのかな?

218 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:38:52 ID:NcL0RHgd
>>215
何か考え方が違う。

歴史学においては、現代の視点を「加える」とか「欠落する」のではなく、
あくまでも客観的、普遍的な評価を追及するべきものなのだ。
なぜなら、現代の視点を与える人もまたその「主観」を反映するからに他ならない。
歴史とは淡々と事実を並べ、それを大局的な視点から見るように編集すべきものだと思う。

よって、当時の日本政府のプロパガンダがあるならば、客観的な資料の価値を認めた上で
資料として表記すべきものではないだろうか。


219 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:43:12 ID:t3SQ9gNI
(つくる会の)教師用指導書にはさらに本音が
第68時「大東亜戦争(太平洋戦争)」の授業展開例から
>設問:大東亜戦争の目的は何ですか。ノートに書きなさい。
>●以下のように書けているか確認し、説明を加える。
>自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し、大東亜共栄圏を建設すること。

第69時「大東亜会議とアジア諸国」の授業展開例から
>設問:アジア解放に対する日本の功績を、二つノートに書きなさい。
>●以下の点を確認する。
>   ・有色人種が白色人種に勝てることを示したこと。
>   ・日本人が東南アジアの人に戦争の仕方を教えたこと。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/kenkyoso/sidousyo.html

もうアホかとw 戦争したくてしょうがないんだろね。

>>218
アホらしい。当事の政府のプロパガンダは主観じゃないって?

220 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:44:44 ID:NcL0RHgd
>>219
当時の主観は歴史であって資料でしかない。

それが、客観的、普遍的表記であれば問題はない。

221 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:48:20 ID:t3SQ9gNI
>>220
いや、だからそれじゃあ、戦前の思想をそのまま子供に吹き込むことに
なって戦前教育を現代社会に復活させるようなもんでしょ。

なんで現代的評価を入れないわけ?

222 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:51:32 ID:LXrMR5Ia
>大日本帝国憲法については、その後の大正デモクラシーや
>国家主権説、天皇機関説など、憲法解釈によって民主化を果たそうとした側面がある。

それって「大日本帝国憲法のおかげ」ではなく、「大日本帝国憲法にもかかわらず」だろ。
制度的保障が完全に欠落した憲法だからなあ。

あと、制度設計自体に大欠陥があったのは有名な話で、これはむしろもっと教科書に書くべき。

223 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:53:35 ID:NcL0RHgd
>>217
これもまた極端な見解だ。

大日本帝国は、良くも悪くもその時代を反映した国家だよ。

ここで言う当時の政府とは昭和初期から15年戦争敗戦までのことだろうか?
だとすれば、そこだけをとって、大日本帝国を評価することが
如何に愚かであるかを思い知らねばならない。

日本の近代化の歩みを全く無視して、突然敗戦後の
日本国が出来たとでも思っているのだろうか。

現在、日本国は工業国だ。
この社会基盤が戦後出来たものだと思ったら大間違いであって、
それこそ、歴史を知らねばならない。

224 :名無しさん@3周年:2005/04/16(土) 23:59:31 ID:NcL0RHgd
>>221
あなたのような、そして私のような人がいるから、現代的評価は入れられない。
主観を排除し、客観的、普遍的表現がふさわしい。

歴史はそこで終わっているのではない。
戦争に至る歴史、敗戦の歴史、戦後の歴史、
すべては、客観的、普遍的に淡々と語られるべきものだ。
その関係の中で、発展性や新知見を述べることは出来る。


225 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:02:59 ID:7wuLrmcn
>>223
政治家が言う自虐教育ってのは「従軍慰安婦や731部隊を
教科書に載せるな」とかそいうのでしょ。

帝国政府のそういう部分を否定するのがなんで自虐的なのかってこと。
負の部分を教科書から切り捨てて日本帝国を評価することの方が
戦後日本の国民にとっては耐え難いほど自虐的。

ちなみに戦争すれば科学が発達するというのは事実だけど、
それをプラスの評価とすることは誤りでしょ。
結果的にそうだったというだけ。手段として誤っているのは
現代社会の共通認識。

226 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:07:23 ID:7wuLrmcn
>>224
疲れてきた。。その時代時代において過去から学ぶために
学問としての歴史があるんでしょ。鑑賞にひたるだけなら
学校で学ぶ意味が無い。で、複数の評価があるから政府
よりの評価を押付けられないように国定教科書を排した。

227 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:17:18 ID:eGBuLcxo
>>225
従軍慰安婦問題が出たのは羽田首相のときですね。
確か、金学順さんが、朝日新聞に訴えた記事で表面化したのですね。
これで、確かめもせずに首相は謝罪したのでしたか?

その後、韓国のハンギョレ新聞で
「生活が苦しくなった母親によって十四才の時平壌にあるキ−センの検番
に売られて行った。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、
検番の義父に連れられて行った所が、北中国の日本軍三百名余りがいる部隊の前だった」
と暴露記事が載って、大騒ぎになったのでしたか?

これを歴史事実として教科書に載せるのは問題があると思いませんか?
一国を断罪するのであれば、確実であるという検証が必要だと思いませんか?


228 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:24:07 ID:7wuLrmcn
>>227
当事、従軍慰安婦制度があって、そこで軍の関与の下、女性が監禁され
強姦されていたのは公然の事実だろ。いまさらひとりふたりのあげ足
とって何になるんだ。そういうところを他人に見せるのが何より自虐的w

229 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:27:46 ID:eGBuLcxo
>>228
公然の事実というのは、客観的な裏付けがあってこそのものだ。
従軍慰安婦を否定しているのではない。
検証が必要だといっているのだが。

それとも、旧植民地の提示する証拠を鵜呑みにしろと?
それが客観的な評価だと?

違うでしょ。

230 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:29:36 ID:R9/PKNok
>>228
「従軍慰安婦制度」なんてねえよカス

231 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:29:42 ID:i1iS6xmT
事の発端の「牡丹社事件」を歴史教科書に載せるべきだ。
また、「南京大虐殺」を載せるなら「通州事件」も載せなくてはいけない。
そして、
「蒋介石の第二次上海事変で先制攻撃」と
「毛沢東の廬溝橋事件で日本軍に発砲」も詳しく載せなさい。


232 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:29:42 ID:7wuLrmcn
>>229
これ以上自虐的になって恥さらすなってw

233 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:32:45 ID:eGBuLcxo

因みにウィキペディアではこうなっている。
やはり、評価が一定していない。

慰安婦(いあんふ)は売春婦の美称である。ただし、戦後日本で慰安婦という場合、
もっぱら戦時中に大日本帝国軍の慰安所などで当時は慰安所従業婦(いあんじょ
じゅうぎょうふ、略して慰安婦)、海軍などでの特要員(とくよういん)など、あるいは
単に売春婦などと呼ばれ、兵士や士官に対し性行為の相手をした(もしくは、させら
れた)女性のことを指す。

234 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:36:18 ID:7wuLrmcn
第五に暴力的な拉致によるケースである。日本兵が家に押し入り、暴力的に
若い女性を拉致し、兵士たちが輪姦した後に慰安婦にした例はフィリピンで
数多く報告されているがインドネシアやマラヤでもそうした事例が報告され
ている。

徴集にあたって、物理的な暴力が使われていない場合でも連れてきた女性を
慰安婦にさせる時に強姦がおこなわれ、彼女たちの自由が奪われるケースが
一般的であった。また東南アジア地域での徴集の特徴としては、占領地の住
民に対する一連の残虐行為の中で、あるいは並行して慰安婦集めがおこなわ
れたことである。植民地朝鮮や台湾では、日本が植民地支配のもとで育てた
人身売買のシステムを利用して女性を集めることができたが、東南アジアの
ような占領地では、中国での占領地と同じように、軍による暴力・強制力が
むき出しになる傾向が強かった。
沖縄県史料編集室編『沖縄戦研究U』沖縄県教育委員会発行 、1999年2月
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper41.htm

235 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:40:49 ID:7wuLrmcn
>判決は02年3月の一審・東京地裁判決と同様、軍が15歳の郭さんを連行、監禁、
>強姦し、衰弱したら解放するという行為を繰り返したことや、13歳の侯さんを
>連行して約40日間監禁し、強姦(ごうかん)した事実を認定した上で、「軍の戦闘
>行為と密接な関係があり、国に賠償義務がある」と述べたが、…
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/senngohosyou.htm


236 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:52:33 ID:eGBuLcxo
>>235
で、あなたは日本人の15歳未満の子供に従軍慰安婦を
教える必要があると考えるのですね。

237 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:52:33 ID:7wuLrmcn
結局、政府に都合の悪い事実は隠して(「大量破壊兵器は無かった」と
教科書に書くなとか)、日本帝国を賛美する見解は載せろってのが、
ウヨク政治家や官僚の言うところでしょ。

中国の反日教育と同じく、政府マンセーの歪んだ価値観を植えつけられた
国民にとっては害悪以外の何物でもない。

238 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:54:31 ID:eGBuLcxo
>>237
また極端な意見だとおもう。

従軍慰安婦を掲載しないことが大日本帝国の賛美?


239 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 00:56:49 ID:7wuLrmcn
>>238 曲解の天才だなw

240 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:06:44 ID:7wuLrmcn
上の方で中国のサイトを攻撃しようとか2ちゃんにもあったけど、
ホント懲りない面々だね。かっこ悪いとか恥ずかしいとかいう
感性を持たない連中に限って「自虐的」だの喚きたてるw

241 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:10:09 ID:eGBuLcxo
>>240
で、あなたは日本人に於いては15歳以下の子供にも
従軍慰安婦を教える必要があると考えているのか?


242 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:10:48 ID:RmSbGRBH
在中邦人は自己責任で自業自得

243 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:13:17 ID:7wuLrmcn
>>241
実技指導までしろって言うんじゃないよ。
性知識に応じた言い方があるでしょ。
中学生なら「従軍慰安婦」で充分理解できる。

244 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:23:08 ID:eGBuLcxo
>>243
その授業で従軍慰安婦について質問があったらどうする?
韓国のように蝋人形で残虐非道な日本人の偶像でも作って
資料館を各学校に建てておくか?

ついでに、あちらと同じ拷問の蝋人形も作って各学校に飾っておくか?

歴史教育に主観を入れたならば、
体制に批判的であれどうであれ、
際限がなくなるんだよ。


245 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:26:18 ID:7wuLrmcn
>>244
アホだね。>234の内容は中学生なら充分理解できるでしょ。
なにひとりで妄想してるんだ。

246 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:27:10 ID:7wuLrmcn
国民は国に奉仕すべき存在で
国に迷惑かけたり異議を唱えるるやつは反日だ(だから自己責任だ)
って社会がもうすぐソコまで来てる気がする。


247 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:29:48 ID:eGBuLcxo
>>245
まともな親なら激怒するだろうな。
それが社会の常識だ。

248 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:33:06 ID:eGBuLcxo
>>246
そういう考えの人が生活出来るのが日本。

249 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 01:34:42 ID:7wuLrmcn
>>248
と中国と北朝鮮wってことにならなきゃいいが。。マジで。

250 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 02:40:25 ID:i1iS6xmT
多くの中国人、とりわけ殆ど日本人と接触したことのない中国人達は、日本人に対する一種の「先入観」を抱えている。
それは、日本人が非常に特殊な民族であり、野蛮で心黒いというものである。
自分の罪をなかなか認めようもしなければ、謝罪も拒んでいる。
また中国人を特に軽視する上に悪意も持っている。
さらに、機会さえあれば中国人に恥をかかせ、中国を滅ぼし、中国人を奴隷にしようと考えている、と思いこんでいる。
極端な場合、スポーツでの日本との対抗試合を血の流れない戦争と見なし、
勝利すれば心が晴れ意気揚々となる等、日本人には絶対負けたくないという気持ちが特に強い。

中国人は日本に追いつくことをいつも夢見ているが、
日本人の優れた所を真正面から評価しようとも、そして自分の弱点も認めようともしない。
確かに日本人にも多くの短所と問題がある。
しかし、もしわれわれが日本人の短所だけを強調し、絶えずそれを批判し、
色めがねで日本を観察しても、日本の発展になんら影響も与えないだけでなく、
逆に自分の視野を狭くしてしまったのである。
昔、中国人はソ連とアメリカを帝国主義として多くの悪口を言ってきたが、
相手を懸命にののしった結果、ソ連とアメリカの実力どころか、むしろ自分の国力を削減しただけであった。

日本人はアメリカに敗れたことを自らの恥であるとみなし、逆に中国人は日本に敗れたことを日本の恥であると考えている。
実は、日本になかなか追いつけないという事実は、まさしく中国人自身の恥なのである。
自分に言い訳を求める手段として日本に批判を展開する人々は、中国人の自尊心を満足させるだけで、
中国の発展と進歩になんの役割も果たせないのである。

251 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 04:26:19 ID:7wuLrmcn
こういうの読むと、良心を殺すことが世界で一番「自虐的」なんじゃないかと思える。

・兵役拒否米兵のことば
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/509
僕がイラクに派遣されたのは2003年4月のことだ。10月に2週間の休暇で故郷
に戻った。家に戻ることで、自分の考えを整理し、自分の良心の声に耳を傾ける機会
ができた。僕の戦争体験についてまわりからきかれ、それに答えることは、僕をあの
恐怖へ、そう、銃撃戦や待ち伏せ攻撃、そしてイラクの若者が 自分自身血の海の中
を肩をつかまれて引きずられていく光景や、罪もない人が僕たちのマシンガンで首を
吹き飛ばされた瞬間に、僕を引き戻した。 子どもを殺してしまったために精神が崩
壊してしまった兵士、ひざまずいて天に向かって両手を広げ、おそらくは、なぜ僕た
ちが彼の息子の亡骸を持っていってしまったのかと神に向かって声 をあげて嘆き、
尋ねている老人の姿。

自分の国を廃墟にされ、襲撃や占領軍の巡回や夜間取り締まりに自尊心をズタズタに
された人々は、どれほど苦しんでいることか。
(後略)

>メヒア氏は、良心的兵役拒否を申請し、アムネスティ・インターナショナルが良心の
>囚人として認定した。しかし、米軍は従軍義務不履行だとして、オクラホマ州フォー
>トシルで禁固1年の刑を言い渡した。

252 :国を愛するようなチンケな犯罪者に堕してはならない。:2005/04/17(日) 04:26:58 ID:LsI8wSEY
国を愛するなどという愚かな犯罪者が北京で上海で、ソウルで平壌で、煽られて惨めな醜態を晒している。
靖国の英霊という侵略強盗殺人の犯罪者もまた煽られ愛国に洗脳されて愚かな末路を辿った。
アジアの総ての若者は国を愛するような哀れな犯罪者に堕してはならない。
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して
>市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国の兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。



253 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 12:31:13 ID:mmT/wuIm
中国反日デモ:欧米メディアの評価、論調
◇アジアで日本が孤立の可能性…米ニューヨーク・タイムズ
>同紙はさらに、日本の政治家が中韓の狙いについて、日本が国際社会でふさわしい地位を
>占めないように歴史を利用しているのだと一蹴(いっしゅう)していると指摘。その上で、
>中韓の反発は、日本の保守政治家の力を強めているだけだと紹介している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20050416k0000m030034000c.html

やれやれ。。

254 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 12:36:48 ID:mmT/wuIm
>保守系のフランクフルター・アルゲマイネは11日、「ニッポンの影」と題した社説で
>「日本政府は何が原因でデモが起こったかを無視している」とした上で「あたかも世界
>に一国だけ存在し、自らの行動は他の国に何の結果ももたらさないかのように自己中心的
>に暮らしている」と批判した。

これはおれも思う。デモ制止の責任が中国政府にあるのはわかりきっていること。
日本の政治家はそれをバカみたいに繰り返し述べるだけで、
じゃあ、現実に出ている在中日本人の安全を確保するために日本政府は何をするのか、
という点についてはダンマリ。邦人保護は中国政府の責任であると同時に日本政府の
責任でもある。イラクで見捨てられた日本人たちと在中日本人がどうも重なるね。

255 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:00:52 ID:fZRCGDEl
>>253
>中韓の反発は、日本の保守政治家の力を強めているだけだと紹介している。

そうなんだろうか?
私は保守政治家に対する不満が大きくなる一方なんだけどな。


これまでの小泉の外交努力が全然なかったことは責められるべきだし、
あと、少なくとも両国合同で歴史認識を検証していく必要があるという主旨のことは官房長官だって述べた。
暴動はどんな理由があれ許されていいものではなくて、中国政府の責任は重いことも確かで、日本政府はその点を追及していると思う。
自衛隊が乗り込むことの方がよっぽど嫌な話だと思う。

町村外相もちゃんと行ったことだし。この会談でどれだけの成果が得られるだろうね。

256 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:15:24 ID:6x6dUsfI
中国の品性は、国際社会から認められるモノではない。
韓国しかり。
彼らの低俗な倫理観が、最後に足を引っ張る。


257 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:18:02 ID:fZRCGDEl
中国韓国も何だけど、外交努力がまるで手抜きだった小泉の評価もガタガタになってくるんじゃない?

258 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:18:16 ID:mmT/wuIm
>>255
>私は保守政治家に対する不満が大きくなる一方なんだけどな。

おれもそうなんだけど、とくに批判意識持たずに保守派の論調だけ
毎日聞かされ続けてたら、ね。

サンプロも保守派2人(ひとりは中川、もうひとりは忘れた)の意見
だけ垂れ流しだったし(後半しか見てないけどおそらく)。

歴史認識の検証は必要なことだけど、双方の歴史認識を互いに言い放つ
だけじゃ意味ない。何より村山会談等で侵略に対する日本の認識は
すでに固まっている。今の段階では歴史修正の方向性を打ち消す声明を
するのが先。靖国参拝も憲法違反だから、本来的に続けるべきものじゃ
ないし。

259 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:19:39 ID:6619D2Nm
んで、彼らにレベルを会わせて話すとこう成る

ホリエモン嫌いな男1位「浅慮で軽薄」
http://news.goo.ne.jp/news/nikkan/geino/20050417/p-et-tp0-050417-0005.html
 
彼らの適応力の無さを無学と入れ替えてしまってる

260 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:20:18 ID:mmT/wuIm
【中国反日デモ 私はこうみる】自民党幹事長代理・安倍晋三氏
果たして小泉純一郎首相が靖国神社参拝をやめれば、一連の反日デモやキャンペーンが
収まるのか。それによって、経済活動が容易になり、対中投資リスクを回避できるのか。
トレードオフできるのか、してもよいのか。台湾の(独立派の財界人)許文龍氏が何ら
かの理由で反国家分裂法などを支持せざるを得なかった事件を、深刻に受け止めるべき
であろう。
http://www.sankei.co.jp/news/050415/sei019.htm

イラク人質のときも同じ論調だったっけ?違ったかな。たしか「自衛隊が撤退したら
人質は必ず解放されるのか!!」みたいな論調で見捨てたんじゃなかったっけ。
相手(誘拐犯)の非と人質の非をさんざんあげつらって、悪いのはみんなアイツらだ。
日本政府の責任じゃないから何もしないよーって。

日本政府の日本帝国賛美と史実の修正改ざんに対しての反日感情なのに、コトを靖国
公式参拝に矮小化するのも姑息だね。>安部ちゃん

フランスのルモンド紙
>同社説は▽南京大虐殺に言及しない教科書の刊行▽従軍慰安婦の無記載▽小泉首相の
>挑発的な靖国神社参拝−−を例に挙げ、「右派の軍国主義者の影響力の大きさを示す
>もの」と分析している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20050416k0000m030034000c.html

外からの目なんて関係なくて、国内の愛国者だけに通用する理屈があればいいんだろう
けど、知らぬ間に世界中から軽蔑される国になっていることも忘れてはいけないと思う。
(中国と心中する気か)

歴史問題でアジア諸国から嫌われ、侵略者の仲間としてイスラム世界から嫌われ、
ブッシュの使いっパシリとして欧州から嫌われ、米国からも何でも言いなりの犬
として軽蔑され。。

261 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:22:33 ID:+F2kJDsP
日本にやられっぱなしで終戦迎えたから悔しいだろうな。

262 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:27:34 ID:c6OhNzQy
日本は民主国家で、法治国家。
中共は軍事独裁国家で、無法国家。
>1は現状認識ができてないのか、はたまた、ガセ流しかwww



263 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:28:43 ID:fZRCGDEl
>>258
>とくに批判意識持たずに保守派の論調だけ
>毎日聞かされ続けてたら、ね。

まあね。確かにイラク人質事件の時の世論もひどいものがあったしなぁ。
あれも諸外国に呆れられてたね。


結局、筋の通っていない国家だからね。日本は。

264 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:32:29 ID:fZRCGDEl
まあ、筋と言えば、歴史認識と常任理事国入りの話をごっちゃにして、
愛国無罪とやらならどんな暴動も許されると思い込んでしまう国家の筋ってのも、大分問題あるけど。

中国も韓国も、この暴動を見ていて思うのは、やっぱりこう何か作為的なんだよなぁ。
日本自体、わざわざ燃料投下しているし。
この暴動が起きることで誰が得をするんだろう?
どんな目論みがあるんだろう?
やっぱ憲法改正?

265 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:36:07 ID:POCchZWa


今の共産党政権とはいくら交渉しても無駄だろう後一押しで
北京政府の崩壊が始まる。小泉さんの靖国参拝も
力になるだろう。
中国国民のためにも一刻も早くでたらめな政権を倒して
新しい政権と仲良くすべきだな



266 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:39:06 ID:mmT/wuIm
>>264
憲法絡んでいそうだな。。まともな方法じゃ世論は動きそうにないからね。

あと、ちらっと見たのが扶桑社(つくる会)が、教科書の韓国中国語訳を
HPに載っけるって(2ちゃんで見ただけだからガセじゃないだろなw)。

現に在中日本人が危険に晒されているのに、燃料投下してどうするんだ。
反中感情煽って、「中国と戦うつくる会」として国民の支持を集めよう
って腹だろうけど。。普通の人間の思いつくことじゃないな。

267 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:42:23 ID:mmT/wuIm
あと、山拓の補欠選挙。あれに合わせた感もある。

268 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 13:55:25 ID:VaJKKcNq
>>265
共産党一党独裁政権は遅かれ早かれ、もたない。
オリンピックが反政府デモを誘発した韓国を想起せよ。
ただし、ポスト共産党政権は、もっと反日的になる可能性大。
願望だけで、国際関係は動かないよ。
日本がアジアに対するスタンスをちゃんとしないと、
乗り切れない。

269 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:03:06 ID:fZRCGDEl
>共産党一党独裁政権は遅かれ早かれ、もたない。
ふうん。そうなのかしらん。

>日本がアジアに対するスタンスをちゃんとしないと、
>乗り切れない。
それは確かに。
で、それをあの小泉政権はできるだろうか?

270 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:12:42 ID:fZRCGDEl
今回の暴動の起こった経緯がどうも不自然に思えてしょうがないことの裏付けに、
ここに一つのコラムを載せてみる。
日付は先月の24日。暴動が起きる前のごく最近のコラム。

発信箱:あつい人
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/column/hassinbako/archive/news/2005/03/20050324ddm002070009000c.html

> 昨秋、中国で日本語能力試験があり、主催者がインターネットで申し込
>みを受け付けた。すると受験希望者が殺到して、わずか15分で満員
>になった。試験を受けることすらできなかった学生が、先生の前で大泣
>きしたそうだ。

> その話を、北京に来ている日本人留学生に聞かせると、留学生は一
>言「あつい」と言った。暑苦しいといったニュアンスらしい。今の若者は
>きっと、マンガの「巨人の星」に出てくる、瞳の中で炎を燃やすような人
>が嫌いなのだ。

> ひと昔前には、あの漫画にとりつかれた小学生が、校庭でよくうさぎ
>跳びをしていた。友人と肩を組み、夕日を見つめながら「これが青春だ
>よな」と話す変な小学生を見かけませんでしたか。

> 今から考えると、暑苦しいという以前に、とても間抜けだったと思う。
>しかし、間抜けでない子供時代、熱くない青春時代なんて、どれだけの
>値打ちがあるのだろう。
(続く)

271 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:13:32 ID:fZRCGDEl
(続き)
> 中国ではいま、若者の恋や冒険を描いた小説がとてもホットで、新聞
>は「04年は青春文学年だった」とまで書いた。

> しかも村上春樹さんの作品が大人気で、書店に山積みになってい
>る。もちろん日本のアニメも、子供たちの熱狂的な支持を得ている。

> 要するに「あつい」若者が、熱い気持ちで日本のことを知りたがって
>いる。中国の若者だって、日本に行って泥棒をしてやろうとか、六本木
>で男をカモにしようと思って日本語を勉強するわけじゃないのだ。

> それにしても、彼らの情熱と中国を覆う反日感情は、どこでどう折り
>合いがついているのだろう。(中国総局)

>毎日新聞 2005年3月24日 東京朝刊

272 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:16:24 ID:fZRCGDEl
この人のコラムはユーモアがあるところがあって、これなども

> ひと昔前には、あの漫画にとりつかれた小学生が、校庭でよくうさぎ
>跳びをしていた。友人と肩を組み、夕日を見つめながら「これが青春だ
>よな」と話す変な小学生を見かけませんでしたか。

この辺が楽しい。


273 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:38:33 ID:o9hB8Vvz
小泉はもうすぐ終わる。
短期的には今のままで特に問題ない。

長期的にアジアでの位置を意識するなら、常任理事国入りは目指すべきだ。
中国との平和共存は基本だが卑屈な迎合など必要ない。

274 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:42:09 ID:nn0pclzr
愛国無罪

275 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 15:49:57 ID:mmT/wuIm
おれが不自然に思ったのは竹島の検定かな(中国デモと関係ないけど)。
つくる会が「領有権に争いがある」と書いて
文科省が「日本固有の領土と書き直せ」と検定意見を付けた。

つくる会といえばフジ・サンケイグループの一員で、安部や中山文科大臣
などとも繋がりが深い。常識的に考えて超保守のつくる会がそんな記述を
するわけがない。隣国の反日感情を煽るためにわざわざ芝居を打ったよう
に見える。

>文部科学大臣や政務官から「つくる会」寄りの発言が相次いでいます。
>中山成彬氏自身、大臣に就任するまで、「つくる会」と共に活動してきた
>「日本の前途と歴史教育を考える会」議員連盟の座長であり、下村博文
>文部科学政務官は今も同議連の事務局長です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/eduosk/siryobyousi-ryuustutu.htm

276 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:00:55 ID:fZRCGDEl
>>273
ふむ。至極もっともです。

あとはアメリカに対して卑屈に迎合している気がするんですが、それは仕方ないことなんでしょうか?
首相が変われば、大分変わるでしょうか?

>>275
わざわざこの時期に教科書検定で竹島なんてねぇ。

にしてもさ、あんなふざけたフジサンケイグループのマーク入りの教科書使う学校って、一体…
って思うのは私だけですか?
「笑っていいとも」作ってる会社と同じマークの教科書ですよ?
大臣さんたちの頭も相当イカレてますね。どうかしているとしか思えん。

277 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:08:39 ID:fZRCGDEl
中島みゆきは好きだけど、ポニーキャニオンもあのマーク入りで嫌い。
フジサンケイグループって非常に勘違いしてると思うな。

278 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:09:09 ID:mmT/wuIm
>>276
万一採択されても、頭いい子は教科書使って勉強しないと思うし
分別もあるからそうそうウヨ思想に染まったりはしないと思うけど。

こういうの見るとなあ。。ったく、ひどいことするよ。

>私たち「東京の障害者教育史研究会」は東京都教育委員が、「新しい歴史
>教科書をつくる会」(以下、つくる会と記す)主導の『新しい歴史教科書』
>『新しい公民教科書』 (抹桑社発行)を都立養護学校の教科書として
>採択する方針を打ち出したという報道に接し、深く憂慮すると同時に、
>その採択を中止することを強く求めます。

279 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:15:10 ID:fZRCGDEl
東京が何やら大分おかしなことになってきましたね。
石原慎太郎は、行動的でいい部分もあるんだろうけれど、
どうも東京全体的に政治的思想によって教育が左右されているというのはとてもいただけない。
危険だと思う。

280 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:18:57 ID:fZRCGDEl
小泉も慎太郎もイラナイ。
生まれてくる時代を間違えたんじゃない?
それか三つ子の魂百までで、精神がおかしくなってるんじゃない?

281 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:20:11 ID:mmT/wuIm
教育に政治が関与すると、民主主義が基礎から壊れるんだよな。。
際限なく右に傾いたり左に傾いたり。戦前日本も経験してきたことだろうに。

282 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:46:30 ID:fZRCGDEl
産経新聞の社説にあたるのか知らないけど、題名が「正論」なのね。
「正論」という題名で、意見を書いている。
これ、笑っていいですか?w
金出して読む気は絶対ないけど、この感性の無さを客観的に楽しむ分には楽しめますね。
で、つくる会も一緒くたに、同じ思想上にあるんでしょ?
公言してるようなもんですからね。この「正論」読んでいても。

楽しんでいていいのか、政治家までバックアップしてくるとなっては笑ってもいられないのか。

283 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:48:40 ID:fZRCGDEl
失礼、社説は別にありました。コラムですね。

284 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 16:58:50 ID:fZRCGDEl
産経と朝日とざっと読んでいると、意見がどっちとも一方向にしかないようで、
こうも考えられるがこうではないか、とか、それぞれを取り入れた考え方をすることはしないんでしょうかね。
一辺倒、って感じ。
これじゃあ、マスメディアとして理想的と言えるかどうか。
まあ、どっちかしかない世の中じゃないだけいいと思えばいいんだろうか。

285 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 22:58:00 ID:mmT/wuIm
産経っていうと極めつけはコレだな。どうやら愛国者というのは、国のメンツの
ためなら何やっても許されると考える連中のことらしい。

http://reishiva.exblog.jp/2502511/
>日本人人質事件の振り返り報道が極端に少ないのも、メディア関係者に少なからず
>後ろ暗いところがあるからなのかもしれない。産経新聞などは、04年4月14日付け
>のコラム「産経抄」で
>
>“〜第一の声明文については、日本のイスラム学者が「非イスラム的だ」 と指摘
>しているのがまこと興味深い。では何的かというと“日本的だ”と いうのである
>(中略)これらの声明文には何らかの形で日本人がかかわっているのだろうか〜”
>
>と人質事件の自作自演を示唆することまでしているが、その後の反省を是非とも伺
>いたいものだ。

286 :ダヌル・ウェブスター:2005/04/17(日) 23:02:10 ID:G5G2adqB
>石原慎太郎は、行動的でいい部分もあるんだろうけれど、

慎ちゃんてさ、戸塚ヨットスクールの戸塚を「真の教育者」って言ってた奴なんだぜ。

287 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 23:25:11 ID:mmT/wuIm
>>284
何をどの角度から報道するかは、各メディアが自社の倫理に照らして
決めればいいことだろうけど、少なくとも御用新聞はおれには用無い。
政府見解はどのマスコミも報道するから特に意識しなくても耳に入る。
それにたいして「ごもっともですね」とへつらう記事など読む時間の
無駄だと思う。たとえ稚拙でも、政治に対する問題意識を持って報道
するのがマスコミの役目と思う。

>「言論の自由」とは、好き勝手なことを言う自由のことではなくて、
>政府批判をする自由のことだ。(1月29日b)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/greentree/koizumi/99c_news.htm

↑このHPの作者は報道とは公平であるべきとの立場から左右両方を
批判している。でもおれは左右に偏ってもいいと思う。ただし、政府
見解にべったりな報道では、憲法が表現活動の公権力からの自由を
保障し、特別に報道の自由を認めている意味がない。政治とマスコミ
の距離が大切。

288 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 23:29:48 ID:mmT/wuIm
> ついでだが、中国にも、読売そっくりな新聞社がある。政府べったりで、
>「靖国なんかに行くな。尖閣列島はおれたちのものだから占拠せよ」と。
>で、「小泉の馬鹿野郎」とけなしている。彼らは、いくらでも好きなことを
>言える。だから「中国には言論の自由がある」と主張するわけだ。
> まったく、読売みたいな連中は、中国にも北朝鮮にも、いっぱいあふれて
>いる。日本にいるだけじゃない。なお、彼らを称する言葉は、「権力の手先」
>である。

> そう言えば、保守派の連中は、久米宏のニュースステーションを「偏向している、
>つぶしてしまえ」と批判していた。今回、例の番組を批判している連中も、
>同様なのだろう。ニュースステーションをつぶせなかった憂さを晴らすために、
>今回、つぶしたのかも。
> そのうち、気に食わない番組は、みんなつぶされるのかもね。インターネットでも、
>私のホームページは、つぶされそうだ。日本の中国化。
>……でもって、そういう言論弾圧を喜んでいるマスコミ連中が多い。
>なるほど。彼らは、政府べったりだから、彼らだけは「自由」を謳歌できるわけだ。

日本の中国化w

289 :名無しさん@3周年:2005/04/17(日) 23:46:10 ID:fZRCGDEl
>政治とマスコミの距離が大切。

そうなんだよねぇ。
政治寄りじゃ、何のためのジャーナリズムなのだと。

290 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 00:57:00 ID:xNzqa/ug
「週刊現代」が2005.02.05号において興味深い記事を掲載している。

それによると、今回騒ぎになっている従軍慰安婦問題は氷山の一角に過ぎず、
まだまだ沢山の「番組改編」が行われてきたというのだ。

「週刊現代」はその一例として、2003年5月12日に放送予定だった『クローズ
アップ現代 終わらない戦争(仮題)』の番組放送中止事件について詳細に報告
している。
http://plaza.rakuten.co.jp/worlddreams2005/diary/200502260000/

個人的にも、ニュース10などでイラク反戦デモはほとんど報道せず、
戦争を待ちわびるクルド人のインタビューを長々と放送したあの頃
のNHKの映像は忘れようにも忘れられものではない。

そして今になって、「週刊現代」がそのNHKの劣悪な政治的偏向報道
の影にこういうカラクリがあったという事を明かにしてきたのである。
http://plaza.rakuten.co.jp/worlddreams2005/diary/200502270000/

中国の官製報道をNHKも見習ってるのかね。

291 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 01:02:12 ID:xNzqa/ug
「アメリカでの報道の自由は報道機関を持っている人の自由。
三十万人の反戦デモは報道されないのに、数千人の戦争支持デモは報道される。
アメリカは北朝鮮とよく似ている。アメリカがなぜ戦争をやめられないかを
明らかにした『戦争中毒』をアメリカ国内で広める運動をしている」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2003/633/430pease-now.htm

日本のイラク報道も中国の反日デモ報道とよく似てましたね。

292 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 01:44:32 ID:xNzqa/ug
>反日デモが中国各地に広がる中、厳戒態勢の北京で開かれた17日の日中外相会談は、
>暴力行為の謝罪・補償を求める日本側と、「歴史認識問題は中国国民を傷つけた」と
>反論する中国側が真っ向から対立した。日中双方ともナショナリズムの高揚した世論
>を背に激しい応酬を繰り広げ、日中間の溝が容易に修復できないところまで深まって
>いることを印象づけた。関係改善へ向けた「対話継続」は辛うじて確認できたが、
>「政冷経熱」から「政冷経冷」へ、冷え込んだ政府間関係が経済に波及することを懸念
>する声も強まっている。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050418k0000m010130000c.html

やつらはいったい何しに中国まで行ったんだ。こじらすぐらいなら害務省でひきこもっ
てた方が100倍マシだろ。何が補償だ。脳みそ腐ってるとしか思えん。

293 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 01:47:04 ID:4t18enP5
在日朝鮮人の自作自演工作活動が増えてきています!!

このようなコピペに気をつけよう!これらの煽動はシナ・チョンの自作自演です!
このような煽動に乗せて日本人の印象を悪くしようとする悪質なチョンらしい工作活動です。
つまらぬ浅はかな工作活動に煽動されてはなりません。あなたが日本人なら。


☆☆☆☆☆☆中国へのサイバーテロ促進しよう☆☆☆☆☆☆
中国施設への「死ね死ねメール」を送りましょう。
私は1日20回送ってます。(笑)

↓在日中国大使館へのメール↓
info@china-embassy.or.j

↓中国外務省へのアクセス↓
ttp://www.fmprc.gov.cn/chn/

294 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 01:51:22 ID:xNzqa/ug
>293日本のサイバー警察は優秀らしいよ。

295 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 02:13:59 ID:CY1md0Qj
>>291
「イラク戦争」を機に国際連帯活動を本格化させた過激派
ttp://www.moj.go.jp/PRESS/031224-1/031224-1-5.html
マスコミを動かす活動
ttp://melten.com/m/16338.html
自衛隊撤退のキャンペーンを開始します。
ttp://www.creative.co.jp/top/main1023.html
人間の盾団の裏側
ttp://www.higashi-nagasaki.com/g_a/G53-46.html
捏造される日本の報道
ttp://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara10_11.shtml

296 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 04:34:21 ID:xNzqa/ug
一応、自衛隊の活動状況をば。

>このNEWSWEEKの記事は、私のコメントも引用しているのだが、給水活動や学校・
>道路修復などは、現地企業やNGOの活動と外務省のODA等の資金援助で
>カバーできることであるし、事実、そうしている。自衛隊員はアリバイ的に
>現場に顔を出しているだけであろう(それを某J通信社はありがたがって写真を
>撮っているが、全くバカバカしい)。
http://reishiva.exblog.jp/1281045/

「日本の支援に失望」 サマワの知事が不満表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050414-00000021-kyodo-int

297 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 04:34:45 ID:xNzqa/ug
職業安定所に求人票 働く場所は戦地イラク
月50万円以上 元請けは隠す
>外務省は「イラクについては危険であり、退避勧告を出しているが、
>法的拘束力を持つものではない」としています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-28/01_01.html
↑しかもサマワじゃないぞ。結局、自衛隊派遣は何だったのよw
つか、この利権のおこぼれ貰うために国民の命を危険に晒したわけね。

米兵5人含む24人死亡 イラク各地で戦闘(04/17)
イラク・マダインの人質、治安部隊が救出 武装勢力拘束(04/17)
スンニ派武装勢力、シーア派60人以上を人質に イラク(04/16)
サマワ陸自宿営地近くで銃撃 地元部族の抗争か(04/15)
バグダッドで同時自爆テロ、15人以上死亡(04/14)
イラクで拉致の米国人映像、アルジャジーラが放映(04/14)
にせ爆弾処理終えたら本物爆発、警官12人死亡 イラク(04/13)
http://www2.asahi.com/special/iraq/

298 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 04:36:26 ID:xNzqa/ug
首相官邸前デモ
>香田さんを誘拐した犯行グループが指定したタイムリミットが近づいてきた。
http://reishiva.exblog.jp/742862/
↑おそらくコレ、ほとんど報道されてなかっただろね。見殺し一色の報道だったから。

299 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 05:00:52 ID:CY1md0Qj
>>296
ttp://www.jda.go.jp/jgsdf/iraq_index.html
ttp://www.asagumo-news.com/news/200504/20050407/05040706.html

300 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 05:10:03 ID:CY1md0Qj
>>297
それって、長崎機関が長崎のハローワークで仕組んだやつだろ。

301 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 05:29:26 ID:xNzqa/ug
>>300
社名あがってるんだ。記事以上のことはよく知らないんだけど。
記事では複数の会社にお呼びがかかってるみたい。
仲介で儲けてる会社も複数あるようだし。

>別の長崎市内在住の建設業者は、昨年十二月半ば「一人につき七十万円を出す。
>イラクに行ける作業員を集めてほしい」と他の業者から持ちかけられました。

302 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 05:55:20 ID:xNzqa/ug
>>296
そういう官製情報は政府が好きに発表できるわけよ。それを鵜呑みにして
垂れ流すだけなら北朝鮮と同じ。

中国だって官製報道の自由はある。報道の自由とは政府を批判する自由のこと。
政府発表を鵜呑みにせず取材活動によって検証する自由のこと。

>紛争地におけるジャーナリストの支援や、言論と報道の自由について
>調査している国際団体「国境なき記者団(RSF)」(本部パリ)は
>26日、世界各国における報道の自由に関する年次報告書2004年
>度版を発表した。 経済先進国では日本が最低で42位。全体的には、
>最下位の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を含む東アジアと中東地域
>で、自由度の低さが目立った、としている。
http://warcs.mond.jp/yamyam/archives/2004_10.html

↑今のとこ中国よりは上らしいが、その内いい勝負するようになるんじゃない?

303 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 13:53:34 ID:lUBaOmD/
中国人は本当は日本が好き、と先生は言うのに、なぜ反日デモがあんなに広がった
んですか」。戦後60年。日中関係が深まっている中で起きた「反日」の動きに、
私は、こんな質問を何度も受ける。

日本へのあこがれと日本嫌いを併せ持つのが中国の若い世代である。日本に関心が
強いため日本の動きに敏感に反応する。これを「愛憎二重性の日本観」と、私は
表現している。今回の事態は教科書問題や国連安保理常任理事国入り問題など、
憎悪の要素が重なって激しい反応を起こした。暴力は許されないが、憎悪を膨ら
ます元として、あえて中国人の「愛国主義」について触れないわけにはいかない。
それは儒教によって裏付けられ、歴史的に肉付けされ、民族的に鼓舞され続けてきた。
(中略)
日中が国交正常化したのは72年だった。高度成長期の日本から映画、書籍、商品が
どんどん中国に入ってきた。抗日戦争は「一部の日本の軍国主義者が起こしたもの」
という政府の説得に多くの中国人は従い、先進日本に学ぼうと純粋に盛り上がった。
そして、78年から中国政府は市場経済に走り出す。一方で、改革開放で民衆が過度の
自由に染まるのを警戒する政府は愛国主義を推進した。日本政府首脳の靖国神社参拝、
教科書事件、閣僚の失言などが相次いだのはそうしたさなかであった。
(中略)
戦争から多くの歳月が過ぎたとはいえ、侵略された側の記憶ははっきりと刻まれている。
最近の日本の動きに、愛国主義に忠実な中国人は、政府の対日柔軟政策に納得できず、
不満のはけ口もないまま「日本不信」に傾斜したのであろう。「愛憎二重性」という
日本観は再生産され、問題が繰り返されるたびに増幅した。
(つづく)

304 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 13:54:06 ID:lUBaOmD/
(中略)
その道程でいや応なしに価値観が多元化していく。愛国心一辺倒で(中国が)国際社会に
通用するわけがない。

日本人は人を思いやり、人に気遣う。この日本の美徳を隣国の文化との間にも広げて
いただきたい。侵略にさらされたアジア民衆の視点で配慮してあげれば、中国人の
日本観は必ずや変るはずである。不信、不満は薄まり、日本へのあこがれは強まる
だろう。その逆は、偏った愛国心を膨らませて憎悪を募らせるであろう。
民族の憎しみ合いは絶対避けねばならない。「和して同ぜず」、共生の道を模索しよう。
(朝日05/04/18 時流自論:王敏)

305 :304へ:2005/04/18(月) 14:02:08 ID:j+hk+Ikk

貴様、金次第で人間なんかどうにでもなるんだ。

あの暴走族を見ろ!

良心ある国民に多大の迷惑かけて置いて何が、思い遣り、だ!

笑止千万だぜ。

いい加減にしろ!




306 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 14:19:45 ID:lUBaOmD/
>>305
暴走族? あんなもん日本人口のほんの一部に過ぎんでしょ。
アレ見て、日本民族は思いやりのない連中だと評価されるのは不本意だろ。
暴走した愛国的全体主義者の行動を見て、日本人が反中感情を募らせるのは
「日本の美徳」に反するんじゃないの?

307 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 14:48:14 ID:lUBaOmD/
投資を含め中国リスク大きい、反日デモは統制化された暴徒=中川経産相
http://www.reuters.co.jp/financeNewsArticle.jhtml?type=marketsNews&storyID=8203888
↑この人は一体何考えてるんだろ。

中国反日デモ 日本企業に深刻な影響
http://gendai.net/contents.asp?c=035&id=18820
米国株式の下落と中国反日デモで、全面安の展開
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/news/20050418k0000e020060000c.html

>大阪市西区の在大阪中国総領事館前で17日午前2時ごろ、、男が出入り口に
>向かってガラス瓶を投げ付けた。警戒中の大阪府警の警察官2人が取り押さえ
>たところ、男は自分で衣服に火を付け、全身に燃え広がった。
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20050417005.html
↑生きてて良かったね。命かけるほどのもんじゃ無いと思うが。

中国施設に嫌がらせ次々
http://www.daily.co.jp/newsflash/2005/04/16/169199.shtml

308 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 16:07:45 ID:lUBaOmD/
>>292には出てないが、町村外相は日中会談で村山談話を持ち出して一応謝ったらしいね。
他方でデモ行為に関しては謝罪・補償を要求した。
外相会談レベルでやれる範囲としては50点かな。
再発防止を要求するのは当然だけど、謝罪・補償まで要求したのが余計だった。

中国側が謝罪したら反日デモがさらに拡大する。
相手が謝れないのを見越して足元を見て先に謝ったと取られても仕方ない。

309 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 16:08:11 ID:lUBaOmD/
「非難の応酬にしない」 日中首脳会談で小泉首相
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005041801001291_Politics.html

↑で、毎度この男がおいしいとこを持っていくわけだが。。
メディア戦略だけはあいかわらず抜け目無い。

1.批判の矛先 政治が演出 :『加害者』に映った家族会
>「予想した中で一番悪い結果」「プライドはおありなのか」。面会では、家族側から
>小泉首相に厳しい言葉も飛んだ。首相は険しい表情で「すべての責任は私にある」と
>答え、面会のもようはテレビ中継もされた。
>支援団体「救う会」事務局に家族らへの批判が届き始めたのは、その夜からだった。
>批判の電子メールは十日間で約千六百通。電話も鳴り続けた。「首相への謝意がない」「失礼だ」
>その一方で、報道各社の世論調査で小泉首相の支持率は上昇した。
http://www.tokyo-np.co.jp/kuuki/txt/20040613.html

↑コレとかイラク人質家族のときとまったく同じ構図じゃないか。ワンパターン男。

一国の首相が、単に相手(中国)を非難しないだけだったり、村山談話を引用する
だけじゃ、まったく前進してないしなんの解決にもならん。今までに自分で撒いた
種↓の後始末をつけてきなさい。

日中関係、摩擦の要因2005.04.18- CNN
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200504180008.html

310 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 23:34:20 ID:lUBaOmD/
小泉のやり口ってだいたいいつもこんな感じ。
(パターン1)
   さんざん相手を挑発(または蔑ろに)しておいて、
   相手の怒りがピークに達したところでシレッと謝る。

   あとは、相手が怒ってる画像と首相がまじめな顔で謝罪する画像の
   対比だけが繰り返し報道され、今までの経緯が視界から外れる。

   政治問題が単なる「態度」の良し悪しの問題に矮小化される。

(パターン2)
   自分が不利になる場面では絶対非を認めない。

   「公約破りたいしたことない」「非戦闘地帯?私に聞かれたってわかるわけない」
   (「自衛隊が活動している地域が非戦闘地域だ」発言について)「適切ないい答弁だった」
   「人生いろいろ」「質問いろいろ、答弁もいろいろ」
   (国民年金保険料未納者続出で)「うっかりしてたんでしょう」etc.

   政治問題が小学生の押し問答に矮小化される。

日本側にも日中摩擦の原因を取り除く努力が必要。そこをパフォで誤魔化して未来志向も
クソもない。こんな三文芝居は日本国内でしか通用しない。日本から中国への要求(デモの
結果に対する謝罪や補償など)は小泉が言うように日中関係が正常化してから改めて行なえ
ばいい。これらはまったく急を要しない事柄。

311 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:00:54 ID:K6ZMz4n1
反日デモは「愛国主義・反日教育の成果」 文科相が批判
>中山文部科学相は18日、都内で講演し、中国の反日デモに関連して
>「『愛国無罪』といえば何でも許されるような愛国主義・反日教育の
>成果が今まさに出ている。…
>…中山文科相は「日本の歴史教科書を読めば『中国を侵略してたくさん
>の人々に苦痛を与えた』と書いてある」と述べるとともに、…
http://www.asahi.com/politics/update/0418/005.html

「記述内容を具体的に指示できない教科書検定の仕組みについて韓国や
中国の理解を求める考えを示した」らしいが。。できないことを職権を
濫用して今までやってきたのがアンタ(中山)でしょうが。てっきり
彼も愛国無罪といえば何でも許されると考えていてるのかと思ってたw
どうも自分が日中関係悪化の犯人のひとりだという自覚がないらしい。


>「極めて自虐的で、やっと最近、いわゆる従軍慰安婦とか強制連行とか
>いった言葉が減ってきたのは本当に良かった」2004年11月27日
http://www003.upp.so-net.ne.jp/eduosk/nakayama-kougi.htm
歴史教科書:「自虐的な教科書いっぱい」−−中山文科相、また発言
>教育基本法改正案について「私としては『愛国心』という言葉でまとめ、
>改正したい」との考えを示した。そのうえで、歴史教科書に触れて
>「自虐的な教科書がいっぱいある。日本が悪いことばかりしたという
>教科書がある」などと述べた。2005年1月30日
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/archive/news/2005/01/20050130ddm041040104000c.html
捏造史観の愛国主義・日本版が近々完成しそうだね。

312 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:10:26 ID:dxp/BtYG





CNN 「中国の歴史教科書が書かないこと」


  http://cnn.co.jp/world/CNN200504180011.html







313 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:12:46 ID:PFEDciKp
>>306
ボケ!
あのデモが民主国家のものならまともに対処するが、アレは違う。

官製の誘導されたでも行動であり暴動だった。
暴走族とは根本的に違う。アレが中国政府の公式な活動だ。
跳ね上がりの暴走と、政府主導の暴動には大きな違いがある。

断固抗議をして怒りを表現していくべきだ、日本を馬鹿にして投石させていたのだぞ。
悪には断固として立ち向かうことこそ日本の美徳だ。

314 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:13:56 ID:K6ZMz4n1
>>312
中山文科相って、自分のことを棚にあげて
ウソつきながら他人を攻撃するとこが中国共産党にそっくりだね。

315 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:15:37 ID:K6ZMz4n1
>>313
>官製の誘導されたでも行動であり暴動だった。

証拠は? 在日中国施設への嫌がらせが官製じゃない証拠でもいいよ。

316 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:19:19 ID:dxp/BtYG
>>315
少なくとも、民主化運動や反体制の書き込みを即時削除する国で
デモを煽るネット記事を意図的に削除していないのは
「官製」誘導の証左じゃないの?


317 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:20:25 ID:dxp/BtYG
>>314
あなたの意見はいつも極端だね。
日本の政党を中国共産党と一緒にするなんて、
アタマがどうかしているんじゃないの?


318 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:26:13 ID:PFEDciKp
>>315
中国政府が誘導した証拠?テレビ映像に有るだろう。
警官隊の足元で投石ようの石を準備して、手頃な大きさに割っていたが、
それを警官隊が平然と黙認していた。

デモ隊を警官隊が進行方向を指示して向かうべき方向を警官が教えていた映像があったろう。
投石は警官隊の目の前から行なわれているのに放置していたろう。
反日暴動以外では警官隊が投石し破壊するのを黙認した映像など見たことが無い。

319 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:26:49 ID:K6ZMz4n1
>>316
いや、携帯だって普及してるし、口コミを封じるのは無理でしょ。
デモの呼びかけ自体は違法行為じゃないから削除する理由もないし。

13億人のうちの数万人だよ?そのうち破壊活動に及んだ人間の数は
人口比率から言ったら日本の暴走族より少ないぐらい。

320 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:29:01 ID:dxp/BtYG
>>319
知らないの?

中国で民主活動デモを呼びかけても5秒もしないうちに
即時削除だよ。

世界中が日本のような国だと勘違いしているんじゃないの?
アタマ大丈夫?

321 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:29:04 ID:K6ZMz4n1
>>318
それは文字通り誘導じゃなくて黙認。武力鎮圧するかどうかってとこで
日本政府と中国政府の意図が違ってる。破壊活動については鎮圧すべきだと思うがね。

322 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:30:46 ID:K6ZMz4n1
>>320
なんで知ってるの?日本と同じように公道でやる場合は
「デモの許可」とかを予めとる仕組みじゃなかったっけ。

323 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:33:28 ID:PFEDciKp
>>319
>デモの呼びかけ自体は違法行為じゃないから

嘘だ、政府の許可が無いと集会でも違法行為として処罰される。

無許可のデモなど天安門以来厳罰の対象になっている。
無許可のデモを煽動する行為は、もちろん厳罰の対象の違法行為だ。

出鱈目ばかり言うな!

324 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:42:01 ID:dxp/BtYG
>>322

自己矛盾してるぞ。
アタマ大丈夫?

325 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:44:31 ID:PFEDciKp
>>321
ふざけたことを言うな。
投石を防ぐべきであるなら、あと数十メートル前方でデモ隊を阻止すれば済むことだ。
デモ隊を近づけないように手前で方向転換させるべきだ。

あえて大使館の壁寸前に警官隊したのは、投石が届く距離まで誘導したのだ。
政府の命令であの場所に暴徒を誘導してやらせたことは言い逃れできない事実だ。
子供でも政府の誘導があったと判る事を無いと言い張るのはなぜだ?

326 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:45:50 ID:dxp/BtYG
日本の民主主義をあの中華人民共和国と同列に論じるのは
ココにいる、くるくるパー子ちゃんくらいだ。


327 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:48:16 ID:K6ZMz4n1
>>325
だから、暴動の矛先が中国政府に向かうのを恐れて強く制止できなかった
んでしょ。それでも破壊行為は制止してもらわなきゃならんし、日本政府
はそのことを強く求めるべきだが、民間の被害を考えるとそれと並行して
反日感情の原因を取り除く日本政府側の努力も必要。

328 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:52:14 ID:dxp/BtYG
>>327

>反日感情の原因を取り除く日本政府側の努力も必要。

相手は教科書で「徹底的な反日教育」やっているんだ。
教育に勝るものは無い。日本が何をやっても無駄。

そんなことも判らないの?
アタマ大丈夫?

329 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:55:24 ID:K6ZMz4n1
>>328
知ってるよ。共産党の正当性の根拠を日本帝国に対する
抗日闘争に求めてるんだろ。

そんなの今の日本に関係ないじゃん。日本の一般国民も
日本帝国の被害者なんだし。ギャーギャー言ってるのは
政府の犬(しかも日本帝国のw)だけ。

330 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:01:29 ID:PFEDciKp
>だから、暴動の矛先が中国政府に向かうのを恐れて強く制止できなかった
んでしょ。

だから、日本政府へ向かうように中国政府の誘導があったということだろう。
中国政府がやらせたと同じ事でしょう。

>反日感情の原因を取り除く日本政府側の努力も必要。
それは中国共産党政権を取り除けと言うことかい?
政権維持の為に反日感情を利用したのは共産党だ、原因は共産党政権の存在そのものだろう。

331 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:19:57 ID:yS/YgTNu
>>329

ヲイヲイ。大丈夫か?

>今の日本に関係ないじゃん。

これだけ問題になれば関係あるだろ。
大丈夫ですか〜?

332 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:25:10 ID:K6ZMz4n1
>>311つづき。
>中山文科相は…「日本は一億総ざんげという言葉があり、『みんな悪かった』
>と反省している。中国は『A級戦犯という悪い人たちがいた。一般の日本国民
>は悪くなかった』と理解していたのだろうが、日本はA級戦犯も死んだら仏様。

おそらく『みんな悪かった』とは思ってないかと。。愛国主義者って個人的見解を
すぐ一般化するんだよね。悪かったのは当事旧日本政府を牛耳ってた人たちでしょ。
一般の日本国民は彼らの「被害者」。

小泉もどうせ靖国に参拝するなら、毎年終戦記念日に「貴方たちを騙して無駄死に
させて申し訳ありませんでした」と声に出して土下座して謝るべきだと思うが。

その足で、原爆ドーム・ひめゆりの塔・中国の大虐殺記念館を土下座して周ったら
いいんじゃないかな。

それか潔く日本帝国政府と現政府の連続性を否定して、「旧日本帝国の蛮行を否定
するからこそ今の日本がある。だから日本政府は、旧政府の蛮行を歴史に刻みつづ
けるし賛美もしない」と声明を出しその通り実行するかだね。ドイツはそうだね。

333 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:26:18 ID:K6ZMz4n1
アウシュヴィッツ強制収容所解放60周年にあたって
ドイツ連邦共和国ゲアハルト・シュレーダー首相の演説
>現在生存しているドイツ人の、圧倒的多数は、ホロコーストに対する罪を負ってはいません。
>しかしながら、彼らは特別な責任を負っています。国家社会主義の戦争と民族虐殺を心に刻
>むことは、私たちの生きた状態の一部(訳注4)となっております。かなりの人々にはこの
>一部が堪え難いのであります。
>しかしながら、この心に刻むことが私たちの国民的アイデンティティーに属していることが
>変わるものでは全くありません。
>国家社会主義の時代とその犯罪を心に刻むことは、ひとつの道徳的義務であります。
>私たちはこれによって、犠牲者、生存者、また彼らの係累に対してのみ責任があるのではなく、
>否、私たち自身にとっても責任があるのです。
http://www.kawada.com/schroeder0125.html

334 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:31:03 ID:yS/YgTNu

を〜い。
アタマの上にハエが飛んでるぞ。

335 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:55:53 ID:1vkdKjBK
チャンコロは今でも虐殺を繰り返しています。しかも苦しめる残虐な殺し方をする野蛮人ドモです
軍閥内戦犠牲者数数百万人 + 国民党内戦2000万人 + 国共内戦3000万人以上 +
50年代の地主、富農に対する人類史上最悪の大量殺人なんと2630万人 +
大躍進3000万人 + 文化大革命2000万人 + 反右派運動55万3千人 + チベット大虐殺130万人 +
ウイグル大虐殺40万人 + モンゴル大虐殺20万人 + 少数民族弾圧、天安門大虐殺,法輪功大虐殺など
まだまだいろいろある。中狂がかかわっているのは国共内戦からです。まさに悪魔、悪の帝国です!

中国は自殺した国。文化大革命やその他の粛清によって、1億人以上の人民を死へと追いやった。
中国の貧困は日本によるものではなく、社会主義体制を推し進め、 粛清で自殺した中国自身によるもの。
大戦後、中国・朝鮮は共産政権による人民の弾圧、韓国は軍事政権による人民の弾圧を行ってきた。
それによって、内政は荒れ、戦勝国でありながら、貧困国と成り下がった。
現在、中国政府をグルとした反日デモの真意は、第2次世界大戦への責任追及ではなく、貧困による不満の
はけ口の対象を第3者にあてることであり、中国自身の責任逃れである。

そもそも、日本は中国に対し、国家として毎年1000億円もの国際援助を行っており、民間による
技術提供なども含めれば十二分に第2次世界大戦の賠償を果たしているといえる。
それに対し、中国ではコピー商品などで不正な利益を上げている企業が無数に存在し、それらが、反日運動
に資金を流し、日本企業潰しを図っている。

再度言うが、反日デモの真意は中国の責任逃れとライバル潰しだ。

もともと、従軍慰安婦だって、親が日本軍から金をもらって子供を売ったという事実、知ってる?そんなことして
おいて、被害者ぶってるの。平謝りの歴史観から事実に基づいた歴史観に改正する流れのどこが悪い?

先日、国内で中国施設に対する嫌がらせが起こったが、日本国内で右翼を先導している連中の7割は在日。
自作自演?

336 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 11:12:50 ID:K6ZMz4n1
ドイツ首相
>ネオナチスの不快な挑発と、常に繰り返されるナチスの犯罪を瑣末なものにしようとする、
>新たな試みに向かって断固として対抗することは、すべての民主主義者の共通の義務であります。

日本では、文科大臣自らが旗振ってネオナチと同じことしようとしてるんだから、救えんよなー。
日本帝国の悪事を教科書に記載することを「自虐的」と捉えるのは、戦後民主主義の否定でしょ。

被侵略国の悪事をあげつらえば日本帝国の悪事を認めなくて済むと考える人まで出る始末だし。

337 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 11:14:33 ID:7iUbU91H
日本政府のプロパガンダに踊らされ過ぎ。
ちったぁ おちつけ

338 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 11:28:52 ID:yS/YgTNu
>>337

それでは、現在起こっているプロパガンダを教えてくれw

339 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 15:52:11 ID:4lD8M+3S
どうしたら中共を民主法治国家に誘導できるかだなぁ。

まず、敵視教育からやめさせないといけない。

340 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 15:55:37 ID:+H+rsvb4
独裁者の暗殺か、独裁政権崩壊の為の戦争を起こすか、そのぐらいしかないね

341 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 16:13:07 ID:p6/e9rW3
とにかく人権擁護法案に反対しないやつは売国奴

342 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 16:21:24 ID:PFEDciKp
>>336
中国は歴史的事実を教えることを認めていない。そんな中国の主張を真に受けるのは馬鹿だ。

日本は事実を認めて謝罪してきた、そうした歴史的真実を中国が抹殺している事実をなぜ無視するのだ?
出鱈目の人数を言いたてる南京問題など歴史的事実を検証し夜討ちする日本側の要求を、
中国側が拒否してきた過去の事実を無視するの?歴史を捏造する中国をなぜ否定するのか?
捏造が無いと主張するのはなぜか?

343 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 20:45:51 ID:K6ZMz4n1
>>342
基本的に日本人としてのモラルの問題かと。たとえ中国が大きな矛盾を
抱えていようとも、中国が日本に対して突きつける歴史認識についての
要求は普遍的に(誰が口にしても)正論だと思う。

誤った政治をしているのに反中感情によってそれへの矛先を変えるなら、
それは中国の国民と同じ。踊り踊らされる愛国者たち。

344 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 21:17:09 ID:4lD8M+3S
日本は民主法治国家
中共は軍事独裁無法国家

日本以外の国は素晴らしい模範国としての歴史があると誤認識し、
自虐史観に陥っている哀れな人達ww

345 :山下 清:2005/04/19(火) 22:11:04 ID:J48Shlum

 お前ら、ホントにノータリンだなぁ・・・・・プッ!

 あの馬鹿ババァ、桜井よしこは
「あの毛択東は大躍進政策や文化大革命で、自国民3000万人を殺害した」
などとウソかマコトか判定できないことを、さも真実の如くのうのうと放言している。

 しかし、仮に桜井バカ婆ァの発言内容が真実であったとしても
中国共産党が偉大な功績を挙げたことには疑いようが無い。

 蒋介石率いる国民党との内戦に勝利し、
毛択東の中国共産党が建国宣言した時、中国の人口は4億人余り。
それから50数年、現在の中国の人口、13億人。
たった50年で建国時の人口の3倍となった、国が3つになった格好だ。
いかに中国共産党が善政を敷いてきたか明らかだろう。
しかも一人っ子政策の下での、この繁栄だ。

 このような繁栄、4000年の中国の歴史の中でも初めて。
中国共産党だけが成し遂げる事ができた偉業なのである。

 何か、反論があるかね?


346 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 22:26:18 ID:K6ZMz4n1
中国反日デモ:中国側、関係修復へ動き出す
>一方で、日本が要求する謝罪と賠償を拒否する姿勢を公式には続けている。
>謝罪を伴わないうえ、補償や賠償という表現ではなく、「原状回復」という
>言い回しで解決への道筋を選択したようだ。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050419k0000e030061000c.html

このニュースを見る限り、やっぱ日本政府と中国政府は似た者同士。
日本政府も、元従軍慰安婦やシベリヤ抑留の元日本兵への「補償」は絶対に行なわない。
大江健三郎氏の言う『あいまいな日本の私』は『あいまいなアジアの私』でもいけそう。

緊急抗議声明:シベリア抑留者が求めるのは銀杯や時計ではない !
http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/kougi_kinkyu.htm

347 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 22:27:12 ID:K6ZMz4n1
あいまいな(アムビギュアス)日本の私:大江健三郎
(「1994年12月7日、ストックホルム、ノーベル賞受賞記念講演」)
>…民主主義の原理を超えた、さらに高いところに絶対的な価値をおく、
>旧憲法を支えた市民感情は、半世紀に及ぼうとしている民主主義の憲法
>のもとで、単に懐かしまれるよりもさらにリアルに、生き続けています。
>そこにつないで、戦後の再出発のモラルより別の原理を、日本人があら
>ためて制度化することになれば、いったん瓦解した近代化の廃墟で、
>普遍的人間性をめざしたわれわれの祈念は、ついにむなしかったという
>ほかなくなるでしょう。一個の人間として、私はそれを想像しないでは
>いられないのです。…
http://kowon.dongseo.ac.kr/~hbko/inter-text2/lesson2-1.htm

よく考えたら、開国以来の、日本文化を守りながらの西欧化という日本の
あいまいさは、共産主義的価値観を守りながらの西欧化という今の中国の
それと一致するかもね。

それにしても大江氏は、10年以上も前から日本に棲む亡霊の存在に危機感
を持っていたのか。ここらできちんと帝国日本政府を否定し戦後民主主義の
普遍的価値をしっかり認識しておかないと、「中国の西欧化」「日本の復古
化」の流れのなかで両国の進路が交差する日が来るかもよ。

348 :中山えみり:2005/04/19(火) 22:43:10 ID:VlUvV9k7
345、ホントにノータリンだなぁ・・・・・プッ!


> あの馬鹿ババァ、桜井よしこは
>「あの毛択東は大躍進政策や文化大革命で、自国民3000万人を殺害した」
>などとウソかマコトか判定できないことを、さも真実の如くのうのうと放言している。

日本のみならず、米国の新聞にも書かれている事より、洗脳されている君の意見の方が
正しいのか?

君の意見は中国と韓国のみで支持される洗脳意見だ

世界では、みっともないから止めておけ





349 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 22:44:12 ID:m6lVX1KC
>>347
病気だね。

350 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 22:50:37 ID:ZoESJQq/
敢えていおう 中国人は皆殺しにすべきと。
奴ら烏合の劣等民族が地球の自然資源を食いつぶす前に。
地球は選ばれた優良種たる日本国国民に管理、運営されて、初めて永久に生き延びることが出来る。
これ以上中国人を生かしておいては、人類そのものの危機である!
今こそ人類は明日の未来のため、子孫のために中国人を根絶やしにしなければならぬと。

351 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 00:59:30 ID:NLT7fEcP
中国政府は日本に謝罪した場合、中国の国民感情を傷つけてしまうという恐れがあるという点が考えられますね。
「政府は俺達が間違っているというのか!」ということになる訳です。
群集の怒りの矛先が、日本から中国政府に向かいかねないということです。

このような諸事情を想像して見た場合、日本が頑なに中国政府に謝罪を求めるのは如何なものか。
中国政府の心情を察して、ここは頑なな態度は敢えてせずに、よく考えた上で賢明な外交手段を取るべきと思います。


352 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 01:07:40 ID:vDofqa0a
中国政府は日本政府に正式に謝罪と賠償をして靖国の前の道路で謝罪しないと漏れ的には許さないよ。

353 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 01:11:12 ID:AHkJM2vh
日本人の商店の賠償だけじゃなく日本車を破壊された現地中国人にも賠償するべきだよね

354 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 01:19:53 ID:vDofqa0a
中国人民を預かる身に有りながら、中国人民を騙し続けている、中国共産党は中国人民に謝罪汁、
ダライラマにも謝れ、チベットの人達にも御免なさいって言え!

355 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 01:20:58 ID:xYx0Fyr6
政治犯への虐待や虐殺、
民族浄化という名の下に平然と行われているチベットやモンゴル地域での虐殺、
それらの遺体は、南京の遺体保存工場へ運ばれ、
人体プラストミック標本として処理されて見せ物にされる。
「生前からの意志に基づく献体によって提供されたものです」との説明をそえて……

356 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 01:27:10 ID:AHkJM2vh
チベットは中国ではありません
ウイグル自治区や西遊記は中国ではありません
台湾は独立したひとつの国です

357 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 01:28:49 ID:vDofqa0a
うえー、中国人マジこえー、虐殺したり食うだけじゃ無くて標本にもすんのかよ、
政府自体が只の猟奇殺人者集団じゃねーか。

358 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 04:21:32 ID:h2bETgMc
【反日】対中サイバー戦【抗日】 Part5
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1113929725/
志願兵(工作部隊、突撃部隊、翻訳部隊、通信兵)募集中!
中国共産党思想統制開放作戦を決行します。
みんなで中国サイト掲示板に書き込もう!
公安によってすぐに削除されますが、一瞬でも見た中国人が己の過ちに気づき矛先が中国政府に向かいます。


359 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 09:07:29 ID:iemvfLZw
>2001年2月にハワイ沖で日本人の乗った船員訓練船「えひめ丸」が潜水艦の
>浮上事故で沈没した事件があったが、この時に米有力紙のワシントン・ポストに
>このような社説が載った。「日本人は、我々に事件に対する謝罪を求めているが、
>日本は南京大虐殺に対して謝罪してないばかりか、事実そのものさえ認めようと
>してないではないか」と。
http://www.janjan.jp/government/0503/0503124559/1.php

こんな話に説得力のカケラも無いと思うが、大真面目に語る人がいるから面白い。

同一事件(交通事故とか)についての過失相殺とかいう考え方はあっても、まったく
別の事件、しかも自分が当事者じゃない話を持ち出してきて何のつもりだろ。。

歴史問題は、アジアの民衆の心情を考えれば、当然に誠実に処理すべきもの。
彼らの声が中国政府や韓国政府を通して日本に伝わったからと言って、
中国政府の所業と相殺される性質のものじゃないでしょう。
世の中わけわからん人が大杉。

>>351
だよね。総合的に考えると在中日本人にとってもマイナスでしかない。
国のメンツと人の生活とどっちが大事なんだということ。
中川経済産業大臣なんてバカの代表だ。彼には経済産業大臣の自覚が無いのかね。

360 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 10:17:00 ID:iemvfLZw
「これって犯罪? ―暴走する公安と脅かされる言論社会」参加報告 2005/04/13
>国公法事件は目黒社会保険事務所に勤務する国家公務員の堀越明男さんが休日に
>近所に赤旗号外などを配布していたことが、国家公務員法に違反するとして起訴
>された事件です。堀越さんの話によると、半年も前から公安が監視、尾行してい
>たそうです。
>
>当初から起訴をすることを目的として大人数の警察官や機材を用いて堀越さんの
>動静を24時間に渡って尾行、監視していたと言います。多いときは十数名、少
>ないときでも3、4名が尾行し、車を連ね、ビデオカメラで盗撮を行ったそうです。
>
>職務と関係のないこうした活動まで処罰の対象になるのであれば、国家公務員の
>表現の自由や政治活動の自由は無きに等しいものになってしまう。…
http://www.janjan.jp/living/0504/0504115620/1.php

日本は民主法治国家、中国は軍事独裁無法国家って前に誰かが書いてたけど、
日本もなかなか。。主張の内容によっては、中国同様、日本にも表現活動の
自由は無いみたい。人権擁護法や共謀罪が法定されたら、国家社会主義の国
に逆戻りかも。

361 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 10:38:29 ID:y7cnDC+1
>>360

国家公務員で無ければ何をしても自由。
「国家公務員」が特定の政党の機関紙配布活動をするのは違法でなくて何なんだ。

それとも、日本では共産党の活動は国家の活動として許される国なのか?

国家公務員を私企業の社員と同じに考えている時点でアホ丸出しだな。

国家公務員法

(政治的行為の制限)

第102条 職員は、政党又は政治的目的のために、寄付金その他の利益を求め、
若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、
あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。
政治的目的=人事院規則14-5
政治的行為=人事院規則14-5

2 職員は、公選による公職の候補者となることができない。

3 職員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問、その他これらと同様な
役割をもつ構成員となることができない。


362 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 11:07:20 ID:R20Owxg7
台湾を独立国家と認定して、チベット解放・ウイグル解放を表明すればいいんでないの。


363 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 11:10:00 ID:iemvfLZw
>>361
おれが言いたいのは、野党支持の公務員を何ヶ月もつけ回して
狙い打ちにした件なんだけど。

(政治的行為の定義)「六 特定の政党その他の政治的団体の構成員となるように
又はならないように勧誘運動をすること」。全国の郵便局の局長さんはコレやってる
はずだろ。なんで大人数でつけ回して盗撮・盗聴しないんだ。法の下の平等が公安に
よって捻じ曲げられている。そもそもなんでその公務員だけつけ回すのかというと、
政府にとって邪魔者だったから。この辺の発想は戦前の憲兵と同じだね。

ま、上の郵便局長の例は職権濫用だが、そもそも休日に公務員が政治活動して
逮捕される法律が現代社会に残ってるのがおかしいんだけど。この辺が日本が
人権後進国と言われる所以。

364 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 11:27:04 ID:y7cnDC+1
>>363
普通に「支持」するレベルの国民は聖教新聞やら自由新報やら赤旗やらは
配らないんだよ。

狙い撃ちとは主観的だな。
偏った思想が周囲に臭うよ。

でも、良い事を聞いた。郵便局長はそんなことをやっているのか。
そんな腐った組織である郵政を国がやる必要は無いな。


365 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 11:29:04 ID:iemvfLZw
親日的だった中国の人々
>中国語の先生からこんなことを言われたのが印象に残っている。「日本の生徒達は
>好きだが、あなた達の国の総理大臣は嫌いだ。だから、お互い政治のことは触れ合
>わないようにしましょう」と。
http://www.janjan.jp/world/0504/0504125706/1.php

4月10日までの北京と天津の様子らしい。日中ともこれぐらいの感性の持ち主が
大多数なんじゃないかな。マヌケな政治家連中に踊らされて国民同士がいがみ合う
理由は無いんだけどね。愛国的な人は、自分が国と一体化してしまってるもんだから、
相手国の国民もみんなそうだと決め付けてしまう。

366 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 11:34:46 ID:hRnyUSnB
一応知識人で有りながら、中国共産党を擁護する姿勢は、
知識自体を疑う必要が有る。

367 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 15:27:40 ID:hqCmtz/5
>>351
>日本が頑なに中国政府に謝罪を求めるのは如何なものか。

今のままでは群集の怒りの矛先が、日本に向かいかねないということです。 永遠に。
このような諸事情を想像して見た場合、よく考えた上で賢明な外交手段を取るべきと思います。

潰れてしまう共産党政権より、民衆の意識を日本の味方にするべきです。
間違った対日意識を修正して中国人を日本の崇拝者にするくらいの目標を持つべきです。
富と繁栄を日本が与えて来たれと言う事実が庶民の中国人を味方にします。



368 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 15:40:21 ID:hqCmtz/5
>>365
親日的な人たち相手に、日本の総理の行動の正当性を説明できないような戦争認識を恥じるべきだね。

小泉総理の参拝が軍国主義の礼賛でないことは誰でもわかる。
礼賛しても日本に軍国主義を成立させる環境が存在しない。
根拠の無い参拝非難であると言う事実を納得させるべきだ。

抗日戦の英雄に献花している中国と同じ事だ、兵士に感謝し称えることは日中で行なわれていることだ。


369 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 17:51:37 ID:PUqyM+tJ
>>368
何で小泉は公式参拝したんだ?
君らのような人間を釣るためだろ。この件で熱くなってる人たちは
政府に釣られてるだけだろ、中国のデモやってる奴らはもちろんだけど。

冷静な人たちには落ち目の政治家同士の茶番にしか見えないよ。

よく他人の権力維持闘争にそこまで熱くなれるねw

370 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 17:55:53 ID:hRnyUSnB
とかなんとか、言っちゃって、一番騙されてた馬鹿さよが

371 :新しいサイト OPEN!:2005/04/20(水) 17:56:25 ID:S1TbEK61
OhmyNews!Japan では、市民記者を募集します記事の内容はどんな事でも結構です
(例)身の回りの出来事スポーツ情報政治・経済など何でも結構です。
記事投稿は →→ ohmynews110@yahoo.co.jp


372 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:01:52 ID:PUqyM+tJ
>>370
どこが?
説明をどうぞ

373 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:16:34 ID:PUqyM+tJ
>>370
早く説明しろよ、議論にならねーだろw
保守は、権力を維持しようとしてる奴に踊らされてるんじゃないですかね?
まあ、自分がその権力者だったらわかるけどね。文字通り自分権力を保守したいんだから。

374 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 18:16:56 ID:2wOxc6xZ
>>372 糾弾されるべきは、靖国参拝に反対をした中国政府とブサヨだ、
此の両者に反応して愛国者が増えただけだ、したがって、此れを叩く者は
超馬鹿杉すぺしゃるぶさよだ。

375 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 18:19:03 ID:2wOxc6xZ
>>373 おら早くしろよ。

376 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:25:10 ID:PUqyM+tJ
>>374
自分の国の政府のすることには、常に賛成なんですか?
自分とこの政治に対して監視するほうが先決だとおもうけど
国内政治のほうが自分たちにとって身近なんだから

377 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 18:35:57 ID:hRnyUSnB
諸外国につけこまれる隙を見せる売国奴の方が、現政権より余程問題だ、
もしやすくにを政治利用しすぎれば、国民の審判が下されるだろう、
漏れはやすくに参拝が問題無い程度だと理解している。

378 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:38:06 ID:VBau185h
んじゃブラジル式以外でつけこまれない方法とやらを聞こうか

379 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:38:59 ID:rWmG2pSA
【反日】対中サイバー戦【抗日】 Part6
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1113971056
志願兵(工作部隊、突撃部隊、翻訳部隊、通信兵)募集中!
中国共産党思想統制開放作戦を決行します。
みんなで中国サイト掲示板に書き込もう!
公安によってすぐに削除されますが、一瞬でも見た中国人が己の過ちに気づき矛先が中国政府に向かいます。
このレスを他関連スレに貼り付けてくれると助かります!

380 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:39:50 ID:dUa4vRoA ?##
日本は、他の国に敵を向けさせなくても、
十分に自分の国に誇りを持てる。
自分の国をたたえるのに、他の国を貶さなくてもできる。


381 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:48:48 ID:PUqyM+tJ
>>377
もちろん参拝するのは個人の自由だと思いますよ、自分も
小泉の参拝は国内や周辺諸国へのパホーマンス的要素があると思うけど、
心から戦没者をねぎらう意思があるだけで参拝するんだったら
いちいちカメラ確認してアピールする必要はないだろう。

あれは、政治的な参拝だろう
人気取りに尊い命を失った戦没者を利用してるんだったら愛国者の君も怒るべきだろ

382 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:52:13 ID:PUqyM+tJ
>>370=>>377

383 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 18:55:20 ID:2wOxc6xZ
>>381 先人を政治利用されるのに少々抵抗は有るが、売国奴と敵視国家を
炙り出すのには最適だと言える、先人達の事を悪く思っている者達へ制裁を
加える為にならばむしろ、其の行為は賞賛に値すると思う。

384 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 18:58:17 ID:KNniIdkZ
ブラジルからの激励も結構だが、日本内部の話で或る

385 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 19:11:41 ID:9p6PKeST
>>383
戦前の日本がお好きなようで、
戦後日本の発展について否定しそうな勢いですな。

386 :ふざけた奴:2005/04/20(水) 19:22:18 ID:2wOxc6xZ
>>385 勝手に脳内変換すんなよ、別に嫌いじゃ無いと思うけど、戻りようもねーだろ、
何時漏れが戦後日本の発展を否定したんだよ、左翼って馬鹿な人種は否定して来たぞ、
戦後日本の発展について、何時でも蚊帳の外で馬鹿騒ぎして、あいつ等はゴミだぞ、
又北朝鮮にでも渡れば良いんだ大好きなんだから、あいつ等が居なけりゃ生産効率も
上がってGDPも上がるよ。

387 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 20:03:22 ID:fhdm8RDV
自虐史観は滅びの舞い。
滅びの宴


388 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 22:41:12 ID:iemvfLZw
>さらに、靖国神社参拝が日本の外交的国益を損なうとは思わないかとの質問に、
>「思わない」と答えた。その理由として、「それぞれの国に歴史があり、伝統
>があり、考え方も違うからだ」と述べた。

不思議に思うんだけど、なんで自分の立場でしかモノを考えられないんだろ。。
育ちや考え方が違うのは人同士の付き合いでも一緒じゃん。元々そういう人間
関係しか築けない人なんだろね。

そもそもうちの国の歴史では政治と宗教は切り離すことになったはずだけど。

389 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 00:31:17 ID:Xa3BTbv8
>>388

でも再び融合させようとする勢力が少なからず存在する。
なにやら宗教教育まで持ち込もうという連中も政界にはいるし。

390 :ふざけた奴:2005/04/21(木) 00:43:18 ID:SLNZ7sPL
ちょん斜眠は恐ろしい程に儒教で、元々八百万の神の居る日本では神社に
参拝する事は何も問題ない、ピラミッド封建主義の儒教と、何にでも神の
宿る神教的考え方ではどちらの方が平等で、民主的だと思うのかな?

やはりサヨクは封建主義的な国家が望みなんだよね、社会に認めて貰えない、
屑だからって、社会体制がもし変わっても、屑は屑なのに。

391 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 00:47:38 ID:MIgJAIKW
>>389
いるね。
外に向かっては「それぞれの国」といい、
内に向かっては「人それぞれ」を認めない愛国真理教の信者が。
お山の大将って言葉がピッタリ。カルトにハマると怖いねえ。

392 :ふざけた奴:2005/04/21(木) 00:52:29 ID:SLNZ7sPL
>>391 売国真理教の信者は災いを招くから、糾弾されんだよ、屑!

393 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 12:30:07 ID:Ozag0LHS
「売国」「愛国」って決めるのは誰?
何が「売国」「愛国」かっていう判断も「人それぞれ」っていう可能性もあるって
想像できない?
そこを国家で統制してきたのが中朝なんだけどね。

394 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 14:03:15 ID:4DgamfFM
>>393
愛国売国二元論がそもそもおかしい。

たとえばおれは他の土地に比べて特別日本の土地が好きなわけじゃない。
ただ、自分個人を防衛するためにはどうしても自衛隊の力が必要だし、
日本の道路を使って日本人の経営する店でモノを買うから、国のあり方に
アレコレ注文は付ける。それ以上の特別な思い入れは無い。

それとは別に、自分の好きな人とか場所とかは確かにある。でも、自分の
好きなモノ以外を他人に言われて好きになる気は全く無い。

おれが嫌いな愛国主義者とは、他人の私的領域にズカズカ入りこんで
「日本が好きじゃないやつは出ていけ」とか「国を愛せないのは間違った
ことだ。皆が国を愛するように法律で定めましょう」とか言うやつのこと。

他人に迷惑かけずにひとりで(同好者同士で)国を愛する愛国主義者は
別に嫌いじゃない。おれが嫌いなのはカルトな愛国主義者。その類の人間
は日本の政界にも多い。なにも中国や韓国のカルトに限ったことじゃない。
中国や韓国の愛国主義者が全員カルトとも思わないし。

395 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 16:14:43 ID:4DgamfFM
外務省スポークスマン、「中国の愛国主義教育は絶対に反日教育ではない」と強調
> 秦剛スポークスマンは、これについての記者の質問に答えた際、「中国は若い世代に反日や
>日本排斥の教育を従来から行っておらず、中国の歴史教育は一貫して中日両国人民の世世代代
>の友好という願いから出発して、中日友好関係を発展させると主張している。日本の中国侵略
>戦争は、中国人民に極めて大きな苦痛をもたらしたばかりでなく、日本人民にも大きな災難を
>もたらした」と述べた後、「中国は、一貫して一握りの軍国主義者を広範な日本人民と区別さ
>せると主張しており、また今の日本人民が過去の侵略戦争のために罪を負うべきであると思わ
>ない」と表明しました。
http://jp.chinabroadcast.cn/1/2005/04/19/1@39052.htm

そう言えば日本国内でも、愛国教育は必要だが反日教育はイカンとか言う主張があったような。
中国の愛国教育は、日本で言うなら、ヒロシマ・ナガサキの原爆や東京大空襲、沖縄本土戦に
ついて延々と教えるようなもんか。その過程で当事の米軍が悪者になるのは仕方ないな。
でも、それによって今のアメリカを敵視するのは違ってる。ただしアメリカが大量破壊兵器を
未だに生産し続けることに関しては、ヒロシマ・ナガサキを持ち出してもっと強く抗議すべき
じゃないかと。

自国の侵略行為を「アジア解放」とか言って美化する愛国教育と
他国の侵略行為を侵略行為として銘記する愛国教育とどっちがいいのかなー。

ま、小泉さんは村山談話を共有してるらしいから、どうせつくる会の教科書はお蔵入りか。

396 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 17:10:42 ID:4DgamfFM
>>394つづき。
で、「人それぞれ」「国それぞれ」だけで社会がうまく回るかと言うと、
それだけじゃ社会的弱者に多大なしわ寄せがくるし、周囲との摩擦が生
まれ快適に生活できない。そこで、自分と他人の違いを認めた上で相手
を思いやる気持ちが必要になる。思いやりのある人(国)は周りから慕
われ見習われ社会はうまくいく(心理学でいう「好意の返報性」の原理)。
利己的な人は損得勘定以上の人間関係を築けない。その辺のバランスは
誰に教わるでもなく経験上習得していくもの。

逆に「人それぞれ」を認めない国(政権与党が決めたことに国民をあげて
協力する国)では周囲との摩擦はおきない。たとえば「日の丸とは国民が
忠誠を誓うもの(by中山文科相)」とか。ただし、多くの人間の我慢と異
社会との断絶、異端者の排除の上に成り立つムラ社会となる。しかも統率
された一方向への協調は権力の暴走を招く。

結論。愛国等の思想教育や思想の法制化は不要。

397 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 18:05:25 ID:1RfE2cu8
360、ニュースが公安スキャンダルを書かないのは堕落いがいの何者でもない。
国民は真実を伝えないTVに文句をいおう。

398 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 18:26:24 ID:4DgamfFM
>>397
そう言えば昔、鳥越俊太郎司会の「ザ・スクープ」って番組があったね。
あれが打ち切られたのももしかしてw

今やったら面白いネタはいくらでもあると思うんだけどなあ。。

399 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 23:14:08 ID:4DgamfFM
それは危険な愛国主義を煽っていないか 2005年4月19日掲載
>中国人の反日デモをデカデカ報じ「中国外相謝罪せず」と1面トップで
>流すこの国の大新聞TV。
>小泉デタラメ首相の戦前回帰路線や米国追従軍事一体化、米軍のアジア
>基地化、そして靖国参拝についてはなぜ黙っているのか。問題は第2の
>東条といわれる小泉首相の存在。
>その政権内に「中国は怖い国だ」と公言する主要閣僚がいるのだから
>戦後60年のこの国の歴史は一体どうなった。
http://gendai.net/woman/contents.asp?c=010&id=16231

400 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 23:28:41 ID:iRWfVkj2
日経新聞の社説!!!

われわれは小泉首相がA級戦犯合祀(ごうし)のもとでの靖国神社に参拝することに
反対してきた。首相の参拝は日本が「戦争で中国国民に重大な損害を与えたことへの
責任を痛感し、深く反省する」とした国交正常化時の共同声明の精神に反する、という
中国の主張にも耳を傾けるべきだ、と考えるからである。

 中国の民衆がこれほどの不法行為を繰り返しているにもかかわらず、諸外国メディアの
多くの論調が日中双方の責任を問うていることは象徴的である。小泉首相にはいま一度、
自らのアジア政策を包括的に説明してもらいたい。

http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20050417MS3M1701117042005.html


401 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 04:21:47 ID:Th8h5dyy
土曜日にドイツ デュッセルドルフで中国人が反日デモ 
http://www.dus.emb-japan.go.jp/profile/japanisch/j_top.html

402 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 11:06:07 ID:4EMYATF6
>自民党の安倍晋三幹事長代理は8日夜、都内で講演し、中国と韓国が日本の歴史
>などの教科書を批判していることに対し、「明らかに内政干渉だ。われわれが
>両国の教科書に文句を付けたことはない。それが成熟した国家としてのマナーでは
>ないか」と強く反発した。[共同通信社:2005年04月08日 22時20分]

>首相、反日教育に懸念表明・中国デモで
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050419AT1E1900G19042005.html

>また、町村大臣は「中国における愛国教育は結果として、『反日教育になっていないか』
>という声が日本国内に多い」と指摘しました。
http://tuf.co.jp/i/news/mori/0419/04191109.htm

つまらん。安倍タンなら、舌の根も乾かんうちに「内政干渉」してるだろうと思って
検索してみたのに、さすがにそこまでアホじゃなかったw

403 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 11:11:57 ID:4EMYATF6
でも安倍タン、小泉と町村にも、「それは成熟した国家としてのマナーに反する」
って批判すればいいのに。

404 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 11:22:55 ID:BGMm5tVd

中華人民共和国は、日本とは比較にならない非民主国家だよ。

それに異論のある先進国は、一国も無い。

405 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:08:18 ID:4EMYATF6
日本の非民主国家ぶりもなかなか。。中国化するニッポン。

戦争反対だけで逮捕される日本の民主主義
>大阪府警公安部は、松葉井さんが賃貸マンションを5年前に契約した際に、
>「母、妹と一緒に住む」という条件で契約したのに、その条件を守らずに
>大村さんと一緒に暮らしていたことで不法の利益を得た、それが「詐欺」
>に該当するとして逮捕したのです。藤本さんは、松葉井さんが契約の際に
>連帯保証人となったことで共犯として逮捕されました。…  

>…公安警察は、家宅捜索の際、立会人となったTさんが「私たちは環境問題と
>反戦・平和運動に取り組んでいるんです。それのどこが罪になるのですか!」
>と抗議した際、はからずも捜査員の一人が、「その反戦が問題なんだよ!」
>と叫びました。
http://www.bund.org/news/20050315-1.htm

406 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:13:19 ID:joeQ1TUr
↑嘘つきは泥棒の始まりだろ。

久々の警察のお手柄だね。

407 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:16:27 ID:oExvXJK7
>>405
それ立派な凶悪犯罪だから
罪重いよ

408 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:19:13 ID:4EMYATF6
>>406-407 政府の犬めがw

409 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:20:20 ID:BGMm5tVd
>>405
うちもマンションやっているが、大家の立場から言って、
大っぴらにマイナーな政治活動をやられるのは、
はなはだ迷惑だと思われることに気づかない。

しかし、日本の憲法は「自由」の拡大解釈を認める傾向にあるので、
法の運用でそのバランスをとっているに過ぎない。

中華人民共和国なら、反政府運動は何の疑いもなく銃殺刑だろ。


410 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:22:28 ID:4EMYATF6
>>409
まじめな話、おまえらアホだろ

411 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:27:12 ID:joeQ1TUr
410

あー怖 気違い相手は昼休みだけじゃ足りんな。

412 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:35:37 ID:BGMm5tVd
中華人民共和国 憲法

第28条

国家は社会秩序を維持し、国家に対する反逆、国家の安全に危害を与える
その他の犯罪活動を鎮圧し、社会治安に危害を与える活動、社会主義経済
を破壊する活動およびその他の犯罪活動に制裁を加え、犯罪者を処罰し改造する。



中華人民共和国 刑法

第103条第2項

デマ、誹謗あるいはその他の方法をもって、国家政権、
社会主義制度の転覆を煽動する者は、五年以下の有期懲役、拘役、
管制あるいは政治的権利の剥奪に処する。首謀者あるいは罪悪が重大な者
は、五年以上の有期懲役に処する。


413 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:36:24 ID:4EMYATF6
>>409 まじめな話以下、まじめな話を書こうと思ったが、あまりにばかばかしい
ので挫折した。まじめな話、大家が解約事由に持ち出すのは私的自治の範囲内の
ことで全然OK。でも普通、同居人が契約と違ってるくらいでいちいち詐欺罪
適用してたら、世の中詐欺犯だらけだ。要は国策逮捕ってこと。

>張り紙事件から半年後、加奈子さんの職場に私服の刑事二人が現れた。
>任意出頭を求められ、数日後、警視庁赤坂署に出向いて驚いた。
>加奈子さんに「暴行容疑」がかけられていた。…
>…大使館前には制服の警察官がいる。暴力を振るえば、その場で逮捕される
>はずだ。そもそも怒鳴っただけで暴行になるのか。…
>…しかし、警察はことし二月十六日夜、強制捜査に踏み切った。四人の私服
>刑事が自宅を訪れ、令状を示して家宅捜索を始めた。…
>…約三十分。刑事たちは室内のあちこちの写真を撮っただけで引き揚げた。
>帰り際、刑事の一人が言い放った。「とことんやってやるからな」
http://www.tokyo-np.co.jp/kuuki/txt/20040617.html

414 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:49:00 ID:BGMm5tVd
>>413
警察が出て行かなければ解決しないほどの問題があったのでは?

個別のことがどうであったかは知らないが、
世の中いろんな人がいるので、それが一般論とは思わない。

で、こんな誹謗中傷渦巻く掲示板に個人名を出しているが、
その帰結に対する個人情報の責任をあなたはとるんだよね、当然。


415 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:53:07 ID:4EMYATF6
そんなことより、>>402-403について意見を聞きたい。
中国の反日教育のことを日本があれこれ注文つけたのは「内政干渉」?
2ちゃんでも中国の教育について批判的な意見が多いみたいだけど。
その声を日本政府が中国に伝えるべきじゃない?

416 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 12:57:29 ID:oExvXJK7
>>415
経済援助してる国が文句言っていいのは当たり前

417 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 13:02:11 ID:4EMYATF6
>>416 経済援助してる国なら「内政干渉」していいって国際ルールがあるの?

418 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 13:30:47 ID:aZnS6VGF
金をもらっていて、恵んだほうに暴力を振るう中国人は
乞食以下だな

419 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 13:46:07 ID:3xglXfH9
歴史教科書に言及している中国に同じ問題を投げかけて、
それをもって中国が「内政干渉だ」と言って反発するとすれば、
中国は国際社会で大恥をかくことになる。

だから、内政干渉などとは口が腐ってもいえない。

日本とすれば、どんどん中国の歴史教科書の酷さを
国際世論に訴えればいい。


420 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:11:06 ID:4EMYATF6
>>419
もちろん中国はそうだろうけど、
それでは日本が国際社会で現在進行形で大恥をかき続けることになるのでわ?


421 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:15:20 ID:oExvXJK7
★「反省とおわび」表明 首相が記念会議で演説

・小泉純一郎首相は22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)50周年記念首脳
 会議で演説する。冒頭、歴史認識に触れ、戦後50年(1995年)の村山富市首相
 談話に盛り込まれた過去の植民地支配と侵略に対する「痛切なる反省と心からの
 おわびの気持ち」を引用して表明、日本が今後も「平和国家」として歩んでいく
 姿勢を強調。アジア、アフリカ地域とのパートナーシップ強化を目指し、政府開発
 援助(ODA)の増額など積極的な経済支援を行う方針を示す。

 演説は戦後60年に当たり、日本政府の対アジア、アフリカ外交の指針となる
 もので、首相は第二次世界大戦後の1955年のバンドン会議を振り返り「平和
 国家として国家発展に努める決意を表明したが、この志にいささかの揺るぎもない」
 と言明。歴史認識問題で反日デモが激化する中国などに配慮した内容となっている。


422 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:17:06 ID:bM/n0xMF
911以後、WTCセンタービルは新しいフリーダムタワーに成る事になった
 
世界各国から人々が集まるその場所には、海外から多数の人間が集まる事は
想定の範囲の事である。そこには当然日本人も描かれている
 
ちょんまげの男性と着物姿の女性だ
 

  
アメリカであっても国際感覚はこんなのが実情なんだね、そうなんだね



423 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:23:04 ID:3xglXfH9
>>420
日本は、内政干渉なのは百も承知で相手に言っている。
それを国際世論も知っていながら中国の反応を見守っている。
中国の反応如何によっては、国際社会は日本に味方する。
どう転んでも、中国の教育が露呈された以上
教科書問題は日本が有利だ。

日本が余計な内政干渉をしない国であることは
中国、韓国を含め、世界中が知っている。

ただ、小泉内閣は、今までの日本が出来なかった、
「国家の主権を主張する」
という普通のことを示しているに過ぎない。


424 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:46:43 ID:4EMYATF6
>>423
井戸に毒を入れてはならない 
>「謝れ」「いや、そちらこそ謝れ」
>「責任を取って欲しい」「そちらが責任を取らないからこんなことになるのだ」
>売り言葉に買い言葉である。こんな芸のない外交があるだろうか。
>すでに日中両国とも外交では敗者である。
>世界のメディアは、日中双方の器量と指導力に大きな疑問符をつけた。
>日本は、いつまでも過去を克服できない独りよがりで、懲りない国として描かれた。
>中国は、統治のためならデモも反日も歴史も操作する無慈悲で、怖い国と見なされた。…
05/04/22 朝日朝刊

まぁ、こんなトコなんじゃないの?
結論言うと、両国の教育について互いに言及するぐらい、ふつう「内政干渉」とは言わなんでしょ。
安倍タンがバカなだけ。イラク戦争みたいに武力行使を伴った場合は別だけど。

425 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:47:58 ID:oExvXJK7
僕ら日本人は、あと何万年、中国に戦後賠償を続けないといけないのでしょうか?

426 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 15:00:15 ID:4EMYATF6
スピーチ案
>「わが国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、
>とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた。
>こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からの
>おわびの気持ちを常に心に刻みつつ、わが国は第二次世界大戦後
>一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、
>武力によらず平和的に解決するとの立場を堅持している。
>今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、
>世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることを、あらためて表明する」
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=1NUUOXUB0Q14ICRBAEOCFEY?type=worldNews&storyID=8260574

さて、デモもひとまず静まりそうだし、一から仕切り直しだね。
小泉首相が首脳会談で謝るのは想定の範囲内。村山談話を小泉が踏襲しないとなったら大変だ。
問題は、上記と相容れない日本の内政について中国や国際社会がどう反応するかだね。

具体的には、靖国と教科書。9条改憲問題。新防衛大綱で中国を仮想敵国にしたこと。

とくに靖国は小泉の一存で解決できる問題だから、解決するまで帰って来るなと
言いたいね。自分ひとりで撒いたタネだし。

427 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 15:08:26 ID:4EMYATF6
あと、中山・安倍・中川らの発言も村山談話と相容れないものが
多いと思う。首相として自民総裁として、彼らにどんなペナルティ
を課すのか。国旗国歌に関する動きなど外から見た保守化の懸念を
払拭できる政策を打ち出せるか。今までサボッていたツケは大きい
と言えるでしょう。
これらは仮に中国が言い出さなくても、日本国として国際社会から
信用を得るために進んで実行していく事柄。

AA会議でアフリカODAの額倍増を表明するらしいが、、日本の
台所事情わかってるのかね。小泉さんは。金で票を買っても虚しい
と思うけど。

428 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 21:13:30 ID:4EMYATF6
日本の議員80人、靖国神社参拝 朝鮮日報2005/04/22
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/22/20050422000043.html

麻生総務相が靖国神社を参拝2005年04月22日
http://www.asahi.com/politics/update/0422/009.html

なんで日本の政治家ってキチガイばっかなんだろ。
政府が外で陳謝すると決まってバカが内に湧いて出て帳消しにする。
何十年同じこと繰り返す気だ。

429 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 21:26:13 ID:ydtPCLbr
>>427
お上からODA増やせと言われているから
票のためや人気取りのためではない。

先進国の義務。

430 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:23:01 ID:VXB2ZoCB
>>429
箱物援助の国
>日本の場合、「アフリカ援助」と言うと、すぐ「鈴木宗男疑惑」で有名になった
>ケニアのソンド・ミリウ水力発電ダムを始めとする「ゼネコン箱物援助」を思い
>浮かべるが、この会議の様なソフト面の援助(註:何も援助は金を出すことだけでなく、
>知恵や人手を提供するということが考えられる)が、日本の場合、この点が非常に弱い。
>しかも、2001年末の時点で、全世界に3,950万人いると推定されているHIV/AIDS患者のうち、
>実にその4分の3に当たる2,810万人が、サハラ砂漠以南のアフリカに暮らしている。…
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-126.htm
日本の援助は、現地政権の歓心を買うためと政治家・官僚の利権獲得競争のためのもので、
本当に困っている人間のところへは届かない。

『日本の借金』時計
>日本の借金  716兆…円
>あなたの家庭の負担額は  1523万…円
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/index.htm
日本は先進国中最悪に近い借金国。増税のときと福祉切り捨てのときだけ
政府はこういう数字持ち出すんだよな。
人の金だからって湯水のごとく垂れ流すんじゃなく、同じ金額で効率の良く
貧しい人が恩恵に与れる援助方法を考えるべき。

431 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:37:57 ID:VXB2ZoCB
教科書問題でシンガポールが日本批判
>シンガポール外務省の報道官は22日、韓国や中国などから反発が起きている
>日本の歴史教科書について「日本の文部当局が、アジアにおける太平洋戦争を
>曲解した教科書を承認・採用したことは遺憾だ」などとする声明を発表した。
>今回の教科書問題で、シンガポール当局が公式に日本を批判したのは初めて。
http://www.asahi.com/special/050410/TKY200504220245.html

とにかく口先だけじゃなく、利権構造・周辺国への蔑視・ひとりよがりな島国根性
など、日本は抜本的に態度を改める必要がある。

まあ、常任理事国入りは、財政破綻寸前の日本には必要ないけど。軍事負担も無理だし。
でも、それとは別に国際社会で名誉ある地位は占めたい。

唯一の被爆体験国としてまた9条の国として、日本しかイニシアティブを取れない
分野がたくさんある。そういう平和活動の実践によって周辺国からも信頼される国
になることができると思う。逆に軍事で事をなそうとすれば日本は孤立する。

432 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:54:20 ID:eOGqxEno
>唯一の被爆体験国としてまた9条の国として、日本しかイニシアティブを取れない
分野がたくさんある。そういう平和活動の実践によって周辺国からも信頼される国
になることができると思う。


これ以上ない位同意。

433 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:56:16 ID:ydtPCLbr
>>430
だから今回のサマワには自衛隊を派遣した。
横流しするような、団体や議員や地元有力者に喰われないように・・・

434 :432:2005/04/22(金) 23:03:25 ID:eOGqxEno
問題はだ。
黙って見ていたら政権与党は、絶対にそんな方向へ日本を導かないということだ。
政権与党にとって、何の得もしないからだ。
政権与党にとって何が得かと言ったら、アメリカの属国政権になること、これなのだ。
全てはアメリカに都合のいいように、日本の政治は動かされている。どう考えてもそうなのだ。
自民も民主も、バックはアメリカに都合良く動くことに変わりはない。

だから、野党が力をつけること以外に、道を踏み外さないように行く道はないと思うんだよね。
野党としてロクな力を発揮できなかった民主など、糞くらえだ。

435 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 08:19:59 ID:MD13kPh7
まあ、世界を見渡してみてアメリカ以上にマトモな国は一つも無いんだが。。。


436 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:40:58 ID:IG6VWlwO
>>434
そもそもアメリカが世界の嫌われ者で、他の国々は嫌々付き合ってるのに、
日本だけは嬉々としてアメリカについていくんだからやってられない。

イラク戦争を真っ先に支持し、発展途上諸国を札束で叩いて支持をとりつけて回り。
そこまでしたんならせめて毒牛輸入ぐらいは止めて見せろって思う。

でも日本の国民は、現状追認タイプっていうか、あきらめのいい人が多いから。
物分りが良すぎると、一部の粘着ウヨ政治家がどんどん既成事実を積み上げ
彼らの思惑にどこまでも引きずられていく。

437 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:52:33 ID:849Cj6nQ
>>436
日本の繁栄が、アメリカとの同盟とは切っても切れないのは自明だ。

アメリカと袂を分かつと主張するのは
感情論で国家運営をしている韓国だけにしましょう。


438 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:04:26 ID:IG6VWlwO
>日本の繁栄が、アメリカとの同盟とは切っても切れないのは自明だ。

そうだね

439 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:53:12 ID:ubOoQVGb
>日本の繁栄が、アメリカとの同盟とは切っても切れないのは自明だ。

そう思わせておくところがアメリカのなせるはアラブの大統領〜

440 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:53:57 ID:Zfocqh6O
象さんと飼育係の話ですか

441 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 12:35:26 ID:krzfS7vh
政府・国会は創価学会を早くカルトと認定し、韓国の国政に対する
干渉を廃絶しろ!
創価学会の我が国民に対する伝統的な宗教破壊攻撃を一刻も早く止めさせろ!

442 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 14:25:18 ID:hpUoewvy
小泉にそんなこと出来るワケがないよ

443 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:01:59 ID:ULLOn+6q
韓国紙がいっせいに日本人人質への“村八分”を批判する報道をしている!
>韓国を始め、フランス、中国、ロシアなど多くの国の人々が拉致されているが、
>日本のように人質に取られた本人が謝罪する国は日本だけしかないだろう。
>生還の喜びすら人質から奪ってしまった日本社会はやはり侵略戦争を国を挙げて
>支持した昔ながらの集団主義から脱却していない不気味さを感じた。《東亜日報》
http://ch.kitaguni.tv/u/1023/%BB%FE%BB%F6%A1%F5%BC%D2%B2%F1%CC%E4%C2%EA/0000074099.html

西欧はともかく同じ儒教圏の国から見ても当時の日本の「世間」が異常に映ったのは
ちょっと意外。どうやら「世間」をお騒がせしてすみませんでした、って発想は現代社会
においては日本独特のものらしい。目立った行動をすること自体が罪になる国ってのは
まったくもって息苦しいね。

>…このかなり昔からあった「世間」という共同体を再組織し、その論理に「君への忠」
>という「封建道徳」を結合することによって「国家への忠誠」という「愛国心」を生み出し、
>国民国家としての日本の統合を成し遂げたものが、あの教育勅語であったことだ。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/tor-ks/edu/edu10.htm

儒教特有の「お上意識」はアジア共通としても、ヨコの相互監視機能としての「ムラ社会」
は日本特有なのかな。

>「日本人であることはそれだけで牢獄の中にいるようなものだ」(北野 武)

444 :e-BOOK無料DL開始!:2005/04/23(土) 21:25:11 ID:nPEA96Bb
普通選挙も世論調査も、世界統治には有効ではない。統治することは先を見通すこと
であり、羊の群れのような民衆の反応に従うことではない。彼らの中には人々を指導
しうるほどに十分に覚醒されている者は、ごく一部しかいないからである。
覚醒された人というのは極めて少ないので、普通選挙や世論調査に基づく決定は、
大多数の人間、すなわち覚醒されていない者たちによる決定であり、目先の満足を
追い求める大多数の民衆の、蒙昧主義的潜在意識による本能的反応の選択にしか
行き着かないものである。選択的民主主義である天才政治のみが、価値あるものなのだ。
そして、公職につく事ができるのは、生まれながらの知性が平均よりも50%以上
優れた者に限るべきであり、それを選出できるのは、生来の知性が10%以上優れた者に
限るべきである。ラエル著「真実を告げる書」より

e-book無料で読めます!!
http://www.japanese.rael.org/ebooks/japanese/index.html
ラエリアン・ムーブメント
http://www.rael.org/

445 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:29:43 ID:ubOoQVGb
>>444
その文章の理屈はよくわかったけども、現実には無理だよね。

446 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:30:10 ID:xJ+NdAba
郵政族をのさばらせると
どんどんメディア規制されて
日本も中共のような国になるよ

447 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:33:10 ID:ubOoQVGb
>>446
今の自民と民主をのさばらせていると、って感じがする。

448 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:39:55 ID:NaibInd7
>>447
残りは公明党と共産党だぞ、こいつ等をのさばらせるのか!もっと酷いことになる。

449 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:43:27 ID:ubOoQVGb
>>448
政教分離の原則保ってない党の話はしたくないです。外してけれ。
共産・社民は、のさばるもなにも、数が激減。存続の危機。
のさばろうにものさばる数まで達することはありえん。

450 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 21:48:17 ID:ULLOn+6q
>444
つか、昔の制限選挙の理屈じゃん。知的優良者が愚民の生活のためを
政治するわけがない。擬似奴隷制度がすぐにできあがるよ。低投票率
の今の日本も似たようなもんだが。

451 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:55:08 ID:ULLOn+6q
ナショナリズムへの警鐘―自分の先祖は自分ではない―
1.愛国の行方
>…結論から言ってしまえばナショナリズムが幅を利かせる社会は抑圧と
>差別意識にまみれた最悪の社会だといわざるを得ない。…

3.猛毒!ナショナリズム 取り扱い注意
>…ナショナリズムを共有する多数派は「誇りある国家に属する誇りある」
>自分たちとは違うものを見下し迫害していく、例えば日本における
>アイヌ民族などの少数民族や在日外国人などがそれに当たる。…
>…国内における少数者差別だけではない。対外的にもナショナリズムは様々な
>害を及ぼしそれを正当化する。具体的に言えば植民地支配や戦争などを起こす
>原因の一つに挙げられるほどの害である。…つまり、見下すべき対象が
>マイノリティーから他国や他国民に変わり、それに対して「誇りある」わが国
>は何をしてもいいという意識をもち植民地支配を容易に正当化したり、
>何かしらの脅威が他国にあるとし、「素晴らしい」自国を守るためという理由
>付けがなされれば国民が熱狂的に戦争を支持し協力する。…

4.自分の先祖は自分ではない
>…強力なナショナリズムは全て自国の歴史を必要以上に強調し美化する。
>そこには必ずそのような美しい歴史を作った「ご先祖様」が登場する。
>そしてその先祖を自分たちと「同じ」人間として考えるようになる。
>ナショナリズムの毒性の原因である「偉大な先祖(国、歴史)を持つ自分
>たちは偉大なのだ」この意識を容易に持たせてしまうものが、先祖を自分
>たちと一体化する思想なのだ。…ナショナリスティックな政治家などが
>歴史や先祖などを持ち出してきたら一歩引いて先祖と自分は個人同士で
>同じものではないという考えを頭の中から消さないことが大事である。…
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Circle/5337/rondan/bknorondannashonaru.html

452 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:23:21 ID:0kOdsK64
>>451を逆から言えば、
どの社会にも、周囲に対し劣等感や不満を抱き、
精神のバランスを取るため自分より下の人間を探し続ける連中がいる。
彼らは愛国主義の毒にたやすく侵される。積極的に愛国主義の旗を振る
人間にはそういう連中が多い。

彼らが社会の多数派になることは常識的にありえないように感じる。
しかし政権与党が彼らと組むと事情が変わる。カルトにハマった人間の
行動力は凄い。ネットメディアを占拠し、反対勢力にあらゆる圧力をかけ
活動を封じる。他方で政治家は、政権与党の立場を活かし、
いくつかのマスコミを押さえ、残りのマスコミに対しては「公正中立」の
名の下に政府見解中心の報道をするように圧力をかける。
ときには法律までつくって。

結果、愛国主義的な主張しか「世間」に聞こえなくなる。元々主体性に
乏しく“空気”に流されやすい日本のムラ社会では、相互監視の機能も
手伝って、ヨコにならえで愛国主義に同調する国民が増えていく。

どこまで進んでいるのか知らないが、タカ派政治家が狙ってるのはこんな
とこかね。

453 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:24:13 ID:0kOdsK64
で、上のように世論が単一だとかなりおバカな意見でも「世間」は
それに同調するもの。
選挙も重要だけど普段から自己主張し続けることが大事かなと。

愛国主義は粘着力が凄いのと政治権力と結びついているから
大勢力に見えるけど、全体から見ると数的にかなりの少数派。
ひとり一人が“空気”に流されず理性的に意思決定できれば
たやすく隅に追いやれる。

TVなどのマスコミを巻き込んで“空気”を壊す作業が始まれば
結構楽しめそうだが、一体いつになることやら。

454 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:54:10 ID:xG/ph4Zt
>>447
とにかく大政党を、ということでなんでも取り込むから
政党間の違いより政党内部の違いの方が大きいぐらい。
党首討論も毎度ばかばかしい見世物だし、困ったもんだ。

たとえば民主左派に投票したつもりでも、
党議拘束かけられて保守に一票投じたのと同じことになる。

かと言って小政党では選挙に勝てない仕組みだし。

結局、一部の政治家が密談で政策を決める政治が横行する。

455 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:05:31 ID:xG/ph4Zt
>人間はたかの知れた動物だから、おろかなことをするのが当然。
>本能ですからね、喧嘩するのも、差別するのも。
>だから「するな」と言い続けるしかない、自分で自分に。
(青井陽治 演出・翻訳家)  

ナルホド。9条の会のHP眺めてて感心した(やたらアドレスが貼ってあった)。
喧嘩や差別に免罪符を与える「愛国無罪」とは逆の発想だね。

別スレのタイトルには「愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である」
byサミュエル・ジョンソン(イギリスの文豪) ってのもある。

これの中国版が「愛国無罪」かと。中国人はなんて言うか正直だねw
「愛国無罪」は別に中国特有のものじゃない。気をつけましょう。

456 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 02:55:30 ID:r5485Qkr
これがマスコミ…
ttp://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/000203.html

457 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 10:38:12 ID:DW14y2Fw
>中国の反日デモの背景に愛国教育がある、との指摘が出ていることに関連した
>発言で、外相は中国の教科書について「極度に『我が国がやったことは正しい』
>という歴史観で統一されている」と語った。
http://www.asahi.com/politics/update/0425/006.html

町村外相の自虐外交炸裂w
そのままうちの文科大臣と教科書検定基準に返ってくるセリフでしょうに。

458 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 10:48:39 ID:lnNVfIe6
ここは反政府電波スレか?

なんでもこじつけて反政府にするのは、滑稽でもある。


459 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 10:52:44 ID:DW14y2Fw
>>458
日本の右傾化を心配し冷静に語るスレです。

愛ちゃんを大きく報道 中国紙、中国青年報
>福原選手は6月からは中国スーパーリーグの遼寧省チームに参加する。
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005042401002732_Sports.html

愛ちゃんが温かく迎えられる外交を望む。

460 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:00:24 ID:lnNVfIe6
>>459
「冷静に」語っているようには、、、w

ソウル=精神

がこもっているね。Seoulかと思うくらい。


461 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:14:31 ID:ioLKttR5
町村外相は偉い、よくやっている最近はろくな外相がいなかったから余計に立派に見える。

そんな外相を裏切るような小泉発言は中国が日本を馬鹿にする元になるものだ。
1972の共同声明を日中の基本とするべきだ、村山談話は使うべきではなかった。

462 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 14:59:55 ID:DW14y2Fw
クバイシ師(イスラム聖職者協会)へのインタビュー
>小泉政権は自衛隊員の安全は気にかけないのだろうが、日本の法律では
>自衛隊は外国に出て戦うことを許されず、彼ら自身を守ることのみが
>許されるハズである。だから、自衛隊員達はあくまで日本政府の失政の
>犠牲者だ。誰もが、日本人は本当は平和的で親切な人々であり、あまり
>に従順な人々であることを知っている
http://reishiva.exblog.jp/2586630/

なんつーか、大人でカッコイイね。こういう言い方されると、冷酷な日本
政府よりむしろ彼らの方に親近感を覚える(日本の国民がふがいないばかり
にご迷惑をおかけしましたって感じ?)。日本の外交にこういう手腕を期待
するのはムリな話なのかねー。

>Q. イラクの平和のためには何が必要だと思いますか?
>「イラクの平和のためには、米国と、米軍と一緒に来た者達がイラクから
>手を引くことが必要だ。そして彼らはイラクの人々にしてきたことを謝罪
>すべきである。

463 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:14:51 ID:DW14y2Fw
胡主席「両国の先輩指導者に申し訳ない」 発言踏み込む
>ジャカルタで23日夜にあった日中首脳会談をめぐり、中国の国営新華社通信が
>24日未明に伝えた胡錦涛国家主席の発言で、同主席が日中関係の悪化について
>「両国の先輩指導者に申し訳ない」など異例とも言える踏み込んだ表現を使い、
>改善に強い意欲を示していたことがわかった。
http://www.asahi.com/politics/update/0425/003.html

で、なんでこういう大事な談話が中国紙通して入ってくるんだ。
情報統制は中国の専売特許じゃなかったのか?日本政府の出してくる情報って最近胡散臭い。
横田さんの遺骨鑑定鑑定結果だってウソだったみたいだし。

>いまだ多くの日本の人びとは、北朝鮮が持ち込んだ横田めぐみさんの遺骨は、鑑定の結果
>「横田めぐみさんのものでなく、他人のそれも何人かの遺骨が混ざっていた」と信じている。
>政府が発表しマスコミがトップで伝えたのであるから当然だ。
>だがどうやら真実は「横田めぐみさんのDNAは検出されなかった」
>「何らかの過程で他の人のDNAが付着した」ということのようだ。
http://www.janjan.jp/editor/0504/0504250219/1.php

464 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:43:17 ID:iKSZF2JI
>>463
これが胡錦涛国家主席の会議中の発言であって、
中国政府側の後付のプロパガンダでないなら、かなりショックですね。

>横田さんの遺骨鑑定鑑定結果だってウソだったみたいだし。

これ、初めて知ったけど、『Nature』がこの骨について論じていた、
という事実はいまのいままで知らなかった。

465 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:44:14 ID:iKSZF2JI
>>464
×これが胡錦涛国家主席の会議中の発言であって、
○これが胡錦涛国家主席の会議に対する発言であって、


466 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:05:28 ID:DW14y2Fw
>>464
あれ?「胡錦涛国家主席の会議中の発言」であってるでしょう。

小泉が歩み寄り胡錦涛が突き離したって内容で日本では報道されていたから、
その記事見ると、また小泉のメディア戦略に乗せられたかなって気がする。

×「鑑定鑑定結果」→○「鑑定結果」ですねw

467 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:17:02 ID:ioLKttR5
>だがどうやら真実は「横田・・・・・・・他の人のDNAが付着した」ということのようだ。

曖昧だな。学者に聞いて、記者が想像した意見じゃないか?
学者の意見とは別物だろう、記者の憶測や願望は事実とは言わない。
反証記事でもない、掲載する価値があるのか大いに疑問がある。

468 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:23:45 ID:DW14y2Fw
>>467
あっちは「編集便り」だから編集者の感想みたいなもんでしょう。
そこから行けるんだけど、こっち↓にリンク貼るべきだったかな。

拉致被害者 少女の運命は立証されたのか
>鑑定の結果「めぐみさんのDNAは検出できなかった」ことは、
>「めぐみさんの遺骨ではなかった」ことを全く証明してはいない
http://www.janjan.jp/living/0504/0503285068/1.php

469 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:55:11 ID:hhQbxLo6
支那と一緒にするなよ!!

470 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:59:00 ID:iKSZF2JI
>>466

>あれ?「胡錦涛国家主席の会議中の発言」であってるでしょう。

いや、向こうは情報操作が自由自在だから、自国内メディア向けの
プロパガンダの可能性をいちおう疑ってみた次第。。。

>また小泉のメディア戦略に乗せられたかなって気がする。

ここまでの談話が流されているなら、それは考えてしかるべきですね。
何度も何度も不機嫌な顔をした胡錦涛国家主席の映像をテレビで流しているし。

471 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:14:01 ID:DW14y2Fw
>>470
そういう意味か。おれの誤読だね。

中国政府は外から見てていつも情報統制してるんだけど、
案外日本政府の情報統制は内にいたら気づいてないのかも。

今回の件とは関係ないけど、記者クラブを即刻廃止すべし!

>国境なき記者団の声明は、日本の記者クラブが政府に都合の悪い報道を阻み
>「情報の自由な流通に重大な障害となっている」と指摘した上で、EUが今月、
>日本政府に記者クラブ制度の改革を求めていたことを伝えています。
http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020158.html

何から何まで外圧でハズカシー。

472 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:25:26 ID:ioLKttR5
完全な証明ではなかったようだね。

可能性をのべたものであり、帝京大学の鑑定を全面否定したものではないよね。
具体的な鑑定の事実を詳しく精査した上でのものでなく、書面に出たものからの推測意見だよね。

遺骨本来のDNAである可能性も十分ある。別人の骨ということだ。
だが、間違いである可能性が否定できないと言うものだ。
だれのDNAなのか特定できれば遺骨に付着した別人のものと証明できる。

鑑定の信憑性にけちをつけることは出来るが、完全否定は出来ていない。

473 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:41:16 ID:DW14y2Fw
>>472
あきらめが悪いね。そんなんなら、そもそも検査の必要ないんじゃん。

「あの遺骨は横田めぐみさんとは別人のものでした」
「遺骨は捨てちゃいました」
「どうです?私の言うことを完全否定できないでしょう」ってw

挙証責任の転嫁ってやつ。

「あの(焼かれた)遺骨では、横田さん本人のものか判別できませんでした」
ってのがあるべき日本政府の発表でしょ。
たしか参院選前で北朝鮮問題にキレイに幕下ろそうと必死だったっけ。

474 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:16:50 ID:DW14y2Fw
↓エイプリルフールのネタらしいが、ありえるw
http://gotosan.jp/030401.htm

475 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 21:52:27 ID:DW14y2Fw
日中友好の記念樹、切り倒される 甲府
>この木は樹齢約17年の楓(かえで)で、95年5月25日に県と中国四川省と
>の友好都市締結10周年記念事業として植樹された。また、根本には友好記念碑
>が建てられていたが赤色のスプレーがかけられ、引き抜かれていた。
http://www.asahi.com/national/update/0425/TKY200504250106.html

広島でも昔面白半分で千羽鶴が燃やされたりしてたけど、こういうのって取り返
しがつかないんだよな。プライスレスなものはマスターカードで買えないんだぞ。

こうなるとただのストレス発散だね。

理性のタガを外す言い訳を探してる人って結構多いのかね。それが、戦争だったり
愛国だったりフーリガンだったりするのかも。
喧嘩するのも差別するのも人の本能。国に愛国が蔓延するのは国民の理性が本能に
負ける前兆なのかもしれないね。…と、2ちゃん眺めながら思ったり。

476 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 21:54:24 ID:ADsHIhFF
中国化ってより北朝鮮化じゃないの?

477 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:00:43 ID:/aO9RBAi
>>475
若干のことは起きるだろうと思う。
でもそれらを殊更に大きく報道する必要もないと思う。

以下のコラム、いい内容だと思った。


法王の死と反日暴動
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/hassinbako/news/20050425k0000m070122000c.html

(抜粋)
>日本は無宗教ではなく、仏教・神道・儒教を背景とする武士道が道徳として根づく社会だと説いたのは明治の先覚者、新渡戸稲造(にとべいなぞう)である。
>道徳は自民党憲法調査会の郷愁の対象ではなく、今も日本社会に息づいている。その本質は劣情の赴くまま石を投げたり、声高に他人をののしったりしない抑制であり、「品性を建つる」(新渡戸「武士道」)ことだ。
>共産党独裁政治と市場経済の矛盾渦巻く中国との対話は難しいが、日本は宗教や道徳倫理の重要性を自覚的にとらえ、外交の幅を広げる時期だ。

478 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:02:31 ID:DW14y2Fw
>>476
中国化を経て北朝鮮化しますです。ハイ。
北朝鮮の規律正しい愛国に日本の愛国者は馴染めないでしょうから、
そのときになって初めて彼らは後悔するものと思われます。

479 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:36:51 ID:DW14y2Fw
>>477
>でもそれらを殊更に大きく報道する必要もないと思う。

おれはそうは思わない。
一般国民より道徳的にまたは知性的に上位者がいて、
彼らが情報をセレクトして大衆に伝えれば世の中がうまくいくという発想は、典型的な儒教思想。
国民自らが情報を収集・判断して政治に反映させる民主主義の仕組みとは全く逆の考え方だ。

とにかく日本の政府は隠し事が多すぎる。判断を下すのはあくまで国民だ
ということを蔑ろにしている。
>>475>>477の意見が外に出ない方が良かったなどとはまったく思わない。

480 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:40:57 ID:DW14y2Fw
あと、ちょっと趣旨から逸れるが、道徳や文化は時代時代で移り変わるもの。
善悪混同していてこれからも淘汰されていく。
無条件に伝統(過去の文化)を美化する自民の先生方はちょっとおかしいんじゃないかと思う。

また、(昔の教育勅語のうちの一部みたいに)個々に見ると正しいと思われる道徳でも、
多様なモラルの内、政権に都合の良い特定のものだけをセレクトし強調すると
社会に大きなマイナス効果を及ぼす。

481 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:53:42 ID:sc/SxauT
地球市民の定義。

世界の平和を望み、人間は平等、差別や偏見を持たない、

愛に満ちていて憎しみを持たない、核の脅威から地球を守る決意、

戦争に反対する勇気、 紛争解決、 助け合う姿勢、

勇気、希望、愛情、友情、感謝、優しさ、救済、援助、

地球と人類に愛を与え続ける事が出来る人が地球市民と呼ばれる。


482 :477:2005/04/25(月) 22:57:20 ID:/aO9RBAi
>>479
マスメディアによって増幅する悪影響…そういうことを言いたかったんだけどね。
インターネットで群集心理が変な方へ増幅することも言われているけど、マスメディアの報道の仕方も十分視聴者の感情を左右する。


483 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:55:43 ID:DW14y2Fw
>>482
マスメディアの報道が視聴者の感情を左右するのは当然だよ。
だからこそ政治利用されないために官製報道制を敷くべきじゃないし、
報道の自由は民主主義に必須となる。

加えるなら、報道業界への参入は原則自由であるべきで、
国民の共感を得られない報道機関は淘汰されていくべき。

赤旗新聞から聖教新聞、産経、諸君まで多様性な報道が
なされるのが民主主義。

484 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:52:29 ID:PhZw8Mkt
>>474より一部引用
>その援助策の一環で、「真実のみを知ってもらう為」という建前の上で
>日本政府が、情報統制を始めました。
>当ホームページでも「夢と現実の境で」に関して、「国民に不信感を煽る」
>として、掲載停止を文部科学省より言い渡されました。

「公正中立」でも「誤った先入観を与える」でもなんでもいいんだけど、
戦争支持者にとっての「公正中立」と反戦者にとっての「公正中立」は
まったく違うわけで。つまりは統制する権限を持った者(政権与党)の
価値観へと国民を誘導するのが情報統制。お隣さん(中国や北朝鮮)
はおおっぴらにやっている。

日本政府は反戦デモに関する中国のネット規制を無邪気に歓迎していたが、
あれが自国民に向かわなければいいが。。(中国政府は平穏な民主化デモ
までも規制できるということを忘れてはいけない)

もし仮に日本人の中国施設へのテロが報道されていなかったとすると、
反日デモばかりを取り扱った一面的な報道によって、中国人の愛国心
は悪い愛国心、日本人がそんなことをする恐れは無いからどんどん
愛国教育を進めましょう、という方向に世論が進んでいたかもしれない。
それを良しとする人ばかりが日本国民じゃないこともまた忘れてはいけ
ない。政治がどこに進むかは、国民各々が情報を持ち寄り、民主主義の
ルールに則って考察・議論し、多面的に判断しなければばならない事柄。

485 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:34:47 ID:z9nDXtfS
「日中関係の政治三原則」
さて、もともと「電波法」は誰の手中にあったのか?

486 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:32:02 ID:PhZw8Mkt
>>485
なんで「なぞなぞ」みたいな書き方するんだ。何が言いたいかまったく
わからんがとりあえずググってみた(スルーした方がよかったかな)。

「今も政治三原則が続いている」みたいな書き方しているサイトが結構
あったので、それだけちょっと訂正しておこう。

>1996年10月14日、日本新聞協会編集委員会(各新聞社編集局長で構成)は、
>1982年以来行われてきた日中記者交流を当年限り中止することを決定した。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~takaki/hpdata/project.htm

今現在中国の情勢はつぶさに報道されてるので、新しい体制がとられている
と思われ。

487 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:32:41 ID:PhZw8Mkt
まあ、日中国交正常化前の政治協定とは言え、メディアの自殺行使には
違いないね。

記者クラブ制といい、NHKといい、自衛隊との報道協定といい、日本の
マスコミは腑抜けだねー。

>これが“自殺したメディア”が防衛庁と交わした全文書だ
http://www.kinyobi.co.jp/uramadoEntries/kaze/38

日本の報道の自由度が経済先進国中最下位ってのも頷ける。
こりずにまた同じこと繰り返すんだから。

488 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:38:28 ID:TZelgrdH
まぁNHKは国営化した方がいいね
国営放送がない国って日本以外にどんなとこある?

489 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:00:36 ID:PhZw8Mkt
>>488
政府の広報機関としてのマスコミが存在する国はごく稀なんじゃないかね。
政府見解も多様な意見のうちのひとつで必ずしも「正解」じゃないってことは
認識しておかないと。市場原理に従ったマスコミ活動に政府機関が参入すれば
たちまち与党有利の世論が形成されるようになる。

NHKはスポンサー企業に影響されず、直接視聴者から料金を徴収するところ
に存在意義があるかと。民間マスコミとは違った角度からのジャーナリズムが
期待できる(政治家の介入がなければ)。

英国BBCの存在意義
>BBCは海外勢でありながら、その中でも一際、特殊な存在であるのは、
>国営でないという以上に、言論機関としての自己の主張を臨機応変に
>使い分けたりしないという理由による。商業放送ではないが、国営
>でもないことから、第二次世界大戦時にも英国政府寄りの報道に偏ら
>なかった話は有名である。それは今のイラク戦争についての報道を見
>ても、全く変わっていない。
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20050421/m20050421itrdigkij001000c.html

マスコミを政府が管理監督する国ってのは異常だよ。
そういう方向に賛成する国民もまた知る権利を自殺させているに等しい。

490 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:25:57 ID:PhZw8Mkt
中国の反日デモを挑発した小泉首相の政治責任を問う
>この反日デモの一件で唖然としたのは、小泉首相の態度である。小泉首相の
>靖国神社参拝問題が、この最大の引き金となっていることはどう否定しよう
>もなく明らかなのに、その点を問う記者の質問に、小泉首相はぬけぬけと
>「関係ありません」の強弁を繰り返していた。その小泉首相の認識に異論を
>となえて質問を重ねることができない記者もジャーナリスト失格である。
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050422_seijisekinin/index.html

機嫌を損ねたらコメントをもらえなくなるって判断が先に働くんだろーね。
政府の広報機関と化すぐらいならマスコミ辞めちまえ。

で、自分の足で稼いだスクープ記事や社会の矛盾を突いた記事は正しく評価されるべき。
逆に、そういう報道をするたびに、まったく関係ない過去の過ちまで持ち出して出る杭
を叩き続けると、マスコミは次々と“自殺”を始めるようになる。その方がラクだから。

491 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:33:57 ID:dQbOM+pM
大衆操作するやつらがいたとしても、結局日常的なまともな感覚のほうが強い。
とはいえ、悪意的な操作が多くなりすぎると、無意味な危険が発生する。
針路をゆがめる奴がいるなら、進路をとる全員で、針路を戻さなくてはいけない。

492 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:39:53 ID:dQbOM+pM
正確な情報がもっと必要だ。
組織の判断に任せていては、組織では、100人の行動の判断を、10人程度が不完全に分業して行うといったことが行われる。
これでは遅い。これだけではだめだろう・・。

493 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:41:39 ID:mbsI2mFM
はっきりいいましょう、自民党の機動力は遅い
 
ぜんぜん駄目ですよ、あれだったらいつでも襲える
被害者のフリをしてれば

494 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:44:24 ID:mbsI2mFM
いっておきますが、サイレンを鳴らすのは機動力とは言いませんよ
 
むしろ、バカだと思います

495 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:45:22 ID:dQbOM+pM
総合的に、変化するといい。
やっただけの効果はある。分断を突破しよう。

496 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:47:48 ID:dQbOM+pM
サイレンを鳴らすのは負けた証拠。
法廷が開かれるのは全部終わってから。

497 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:49:31 ID:mbsI2mFM
中国人のデモは負けた証拠?

498 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:51:17 ID:dQbOM+pM
100人の行動の判断を、10人程度が不完全に分業して行うといったことが行われる。
これでは遅いし、信頼性にかける。

499 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:53:09 ID:PhZw8Mkt
>>491
みんなで進路を決めるのが民主主義。
進路を変えようとする奴を「反日」認定するのは間違い。
そういう意図じゃなかったかもしれんけど。

多様な思想や意見がごった返している中で、
そのときどきの社会情勢によって多数派意見が入れ替わるのが
民主主義のあり方。政府への「協力者」と「非協力者」に二分
して、「非協力者」を悪と決めつけてはいけない。政府の進路
によって「協力者・非協力者」の構成員は換わるのだから。

500 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:57:44 ID:jhSBxwQZ
>>499
殊更に政府を叩くのは、諸外国の工作員。
日本が民主主義の国であっても、
批判している人の背景を知らねば
その判断は危うい。

特に、日本の場合は隣国が非民主主義国家であり
日本に謀略を仕掛けて来やすい傾向にある。


501 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:07:29 ID:jhSBxwQZ
反政府の主張と、非民主主義国家の主張が一致している場合、
それらの反政府の主張を検証する必要がある。

例えば、中国や韓国の主張と反政府の主張が一致している場合、
また、その主張している時期が一致している場合、
反政府の主張が、単なる反日プロパガンダの枝葉だったりする。


502 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:20:25 ID:lHCI+WNX
「反政府」と、「政権批判」とは違うけどな。
「政権批判」を反日認定するのは、非民主的だな。

503 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:26:41 ID:j8cakbgx
政権批判の根拠が、周辺非民主国家と同じ場合、
やはり、その正当性を検証せねばなるまい。

例えば、現政権が国連常任理事国入りの動きをしていることに対し、
周辺非民主国が、反対する目的で反日プロパガンダを垂れ流している。
また、外交上もドイツなどで反日を勧める国家元首もいる。
これと同様に、国内の政権批判団体が同様の理由で政権批判をすれば、
それは、何が目的であるかを検証する必要があろう。


504 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:35:46 ID:Aw52+4ix
>>500-501
レッテル貼って非国民を攻撃する思考が浸透しきっちゃってるね。
安倍タンの影響かな?

505 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:39:21 ID:Aw52+4ix
イラク住民の、米軍とその協力者は出て行ってください。住民を殺さないでください。
中国住民の、日本は侵略戦争の実態から目を逸らさないでください。
つらい目に遭った人間がいるのですから、私たちの心情を無視して加害者を賛美しないでください。

どれも民主主義国においても充分賛同を得うる主張。
日本国内に彼らの意見に賛同する人間がいたからといって彼らを工作員認定するのは違ってる。

常任理事国入りに関しては、中国の動向に関わらず国内でも反対意見が多いはず。
「中国が反対したからやっぱ賛成しようか」ってのはただのアホ。そしてそれを
狙ったメディア戦略を小泉はいつも使ってくる。

506 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:53:08 ID:yMNiodzJ
>>505
日本が常任理事国を狙っているこの時期に
「中国住民の、日本は侵略戦争の実態から目を逸らさないでください。 」
だけが中国から聞こえてくるのは、どう考えても意図的だ。

中国では、毎年どれだけの政治犯が銃殺にされているかわからない。
民主化運動が天安門以降、全く起こらない状況。
台湾を国内法で合法的に軍事侵攻できる法律を立てても誰も反対しない。
だが、それらに対するデモなど微塵もなく、
中国本土の外にいる中国人も訴えない。
どうして?
現在進行形で殺されている状況よりも、
何十年も前のことが気になる変わった民族?
そんなわけは無い。
まともな民主主義の社会なら、大暴動になるようなことばかりだ。

非民主国家のプロパガンダ活動としか考えられない。


507 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:19:01 ID:Aw52+4ix
>>506
まあ、小泉以来ずっと険悪だったし、いろんな要因が絡んでるだろうけど。
それがどうかしたの?としか言いようがない。日本は自国の良心に反しない
行動をとればいいだけじゃない。

別のスレでオウムに喩えた書き込みがあったけど、普通だれでも怒るわな。

「麻原教祖はハルマゲドンから人類を救うために私たちに代わって死刑に
なられたのです」とか崇拝し続けながら、口先だけで被害者らに謝っても、
普通、被害者遺族の怒りは収まらない。…って感じだっけ。

ドイツと同じぐらい戦犯に対して毅然とした態度をとり、戦争被害・戦争加害
を直視して、それでも中国政府が難題をふっかけるならそのときに言い返せば
いい。向こうに非があるとしてもこっちの責任までうやむやにするから、日本
政府は自国民にまで軽蔑される。

508 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:31:21 ID:Aw52+4ix
ちなみに「中国」を、わざわざ侵略戦時当時の「支那」って呼び名に言い直すのも
連中の鬱屈した精神を覗くようで気持ち悪い。「中国」じゃ大国っぽいからイヤなのかね。

509 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:35:29 ID:yMNiodzJ
>>507
なんだかなぁ。

サンフランシスコ講和条約は、日本の責任のとりかたとして評価せず、
それぞれの国に対して国家賠償が終わっていても評価せず、
その後も、国際的に「謝罪」と認識される行為を行っていても評価せず、
日本に無理難題を吹っかけてくるのは、
相手国の策略に乗っているとしか考えられない。

個人的には、誰が靖国神社に行ってもいいと思っている。
なぜなら、日本は民主主義の国であると同時に、自由主義の国なのだから。
法的に縛られていない個人の自由を制止する権利がどこにある。

小泉を選んだのは国民だ。
私は、小泉が靖国に行くことに賛同はしないが、
それ以外のアジア諸国の謀略が許せない。

非民主国家に蹂躙される日本ではない。
情報操作や、人権蹂躙や、民族迫害を
現在も武器を使って、命を奪って、覇権国家ヅラしている国の主張に
なんの正当性があるというのか。



510 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:50:52 ID:Aw52+4ix
>>509
無理?できることは(当然やるべきことは)しましょうね、って言ってるだけ。

当然やるべきことを書くたびにいちいち「講和条約結んでエラかったねー」
とか付け加えるのはダルイ。

国内問題として私的参拝(小泉のは公的参拝)じゃなけりゃ自由だよ。
国際問題としては公的参拝も自由(アジア諸国の言動になんら強制力はない)。

ただ自分の私生活に置き換えてもらったらわかるけど、自由だからって
好き勝手していては他人と信頼関係は結べない。
正常な人間関係を築こうと思ったら他者への思いやりが必要なのは自明でしょ。

誰への思いやりかと言えば中国政府や韓国政府じゃなく、アジアに住む多くの
一般人への思いやり。

511 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:56:29 ID:Aw52+4ix
ヒロシマ・ナガサキの声をアメリカへ――市民がNYタイムズに意見広告
http://www.janjan.jp/living/0504/0504236185/1.php

こういうの読むと、日本もまだ捨てたもんじゃないなーと感じる。
(アメリカ様に意見するのは反日なのだろうけどw)

中国のような愛国に根ざした歴史教育じゃなくても戦時の被害や加害の様子
をちゃんと知っておくことの重要性が窺い知れるね。


5月2日からニューヨークで核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれる
らしいが、日本の政府はどれだけ「国際貢献」してくれるのかな。

核軍縮の行方焦点 来月2日、NPT会議開幕
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn05042601.html

512 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:39:06 ID:hXykjfmx
>>479

激しく同意かな。

513 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:28:04 ID:Aw52+4ix
>一方、日本は中国派(田中真紀子)・ロシア派(鈴木宗男)の失脚以来、
>アメリカ追従路線一本となっている。
http://kotonoha.main.jp/2004/10/22hannichi.html

なるほどと思った。隣国との対立はあきらかに国益に反するのに、なんで
そこまでしてアメリカ追従路線一本なのかと不思議に思っていたら、政権
内の主導権争いを考えたら合点がいく。日本がアジア諸国と敵対している
内はアジアにコネクションを持つ国内政治家を封じこめておけるわけだ。

しかし、田中真紀子、鈴木宗男、橋本龍太郎、辻元清美、菅直人…、主な
対立軸があらかた公安に潰されてるのが怖い(菅は公安じゃないか)。
今いる政治家がクリーンかと言えばまったくそんなことはない。小泉や安倍
だって疑惑まみれだ。公安の捜査が著しく恣意的に見える。政敵潰しに
公安が使われている疑念が払拭できない。

514 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:33:22 ID:Aw52+4ix
>韓国大統領 独の常任理支持
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050414/mng_____kok_____005.shtml

>同じころ中国の温家宝(ウェン・チアパオ)首相は、かつての宿敵・
>インドを訪問。国境争いにけりをつけるよう首脳会談で合意し、共同
>声明にこううたった。 「中国は、国連と国際社会で積極的な役割を
>果たしたいというインドの希望を理解し、支持する」 やはり常任理事
>国に意欲を燃やすインドへの、これ見よがしのサービスである。
http://www.asahi.com/column/wakayama/TKY200504250098.html

常任理事国はどうでもいいって言うか、今の日本にとっては害悪なんだが(日本政府に
とっても外務省の税金垂れ流し(ODA利権)と隣国挑発のためのパフォに過ぎないの
かもしれない)、日本のアジアでの孤立ぶりはどーしたもんかね。

盧も胡も、元は対日穏健派で売ってたんじゃなかったっけ。

>中国は、(2004年)9月にこれまでの江沢民=反日/愛国路線から、
>胡錦濤=国際関係安定志向へと変化した。

515 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:00:47 ID:Aw52+4ix
>産経「今回の中国側の反日デモは非道で無法な暴力行動による威圧である。
>日本側としては中国がなぜそんな行動を起こすのかを詮索(せんさく)する
>よりも、まずその違法や野蛮に強く抗議すべきである。(略)『日本側にも
>原因がある』とか『中国を刺激するな』という融和の対応が、こうした反日
>威圧を果てしない悪循環へと導いてきたのだ」、
>読売「日本の一部には、反日デモが起きた原因は、日本側の言動が中国の人
>たちの感情を逆なでしてきたことにあるとして、日本側も『反省』すべきだ、
>とするかのような論調がある。こうした論調が、中国の対日批判を勢いづけ
>ている」。

まるっきり2ちゃんレベル。相手を言い負かして、そこから先はどーすんだ。
反日デモが起きた日本側の原因にもっとも深く関わる2紙がそろって自国の
非を棚上げしようとするのが笑える。

516 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:51:53 ID:/2AAMQjD
>>499遅レス(491)
多様性は大事だし、総合的な判断は必要だ。
民主主義が重要なわけではない。一つの社会形態でしかない。
今も昔もやることはそれほど変わらんよ。

517 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:55:51 ID:Aw52+4ix
愛国主義教育実施綱要 1994年8月23日 中共中央発表
>中華民族は愛国主義の光栄ある伝統に富んだ偉大な民族である。
>愛国主義は中国人民を動員し鼓舞して団結奮闘する一つの旗印であり、
>我が国社会歴史の前進を推進する巨大な力であり、各民族人民の共同の精神支柱である。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A6%B9%F1%BC%E7%B5%C1%B6%B5%B0%E9%BC%C2%BB%DC%B9%CB%CD%D7?kid=57733

おそらく「中華民族」を「日本民族」に置き換えたらそのまま日本の保守政治家の思想と
重なると思う。中国の愛国も日本の愛国も根は同じ。

ただ、侵略した側とされた側で歴史認識が違っているだけ。愛国がどういう国民性を生む
かというのは、中国のネットと日本の2ちゃんを見れば一目瞭然。

もう少し時間が経てば、日本の愛国は「反中」じゃないから日本も愛国教育(歴史と伝統
を重視した教育とか言い換えるかもしれない)を進めるべきだといった主張が政権から
出されるだろう。

しかしその教育の結果生み出されるのは日本の中国化に他ならない。侵略の歴史を
正当化することは戦時の(中国を支那と呼び、中国人や朝鮮人をチャンコロ、チョン、
三国人と呼んでいた頃の)思想を肯定するということ。反日教育と呼ばれる中国の
歴史教育(当時日本人には日本鬼子という蔑称が付けられていた)となんら変らない。

人として普遍的な感性でもって愛国抜きに戦争の実態を後世に伝える日本の平和教育は、
世界に誇れるものだったはず。それをアホ政治家らが壊していくのはちょっと悲しい。。

518 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:54:14 ID:Nd65NL4n
日本のゆとり教育自体、
中国政府から言われて
指示通りやってきた事なんだがな・・・

519 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:45:32 ID:q7oPaYzk
>>517
理想論は美しい。

だが、現実に反日教育を実行中で永遠にやめないであろう隣国が
牙を剥いて世界中に反日活動を行っている。

今日も、中国主席はフィリピンで反日プロパガンダを実行中だ。
彼等が世界に言っていることは「日本人は世界一残虐な民族」
ということだ。

日本人がここで黙っていれば、それを認めたことになる。
それが世界の世論。


520 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:39:14 ID:+zXDTyEr
〈月間メディア批評〉過去の侵略事実伝えない新聞[朝鮮新報 2005.4.23]
http://210.145.168.243/sinboj/%EF%BD%8A-2005/05/0505j0423-00004.htm

ここに書いてあることを正面から受け止められる日本人はどれくらいいるのかな?
他国のことはよく見えても、自分たちのことに関しては盲目だね、お互い。

朝日の日韓中合同世論調査で、靖国を軍国の象徴ではなく慰霊施設と認識する
日本人が多いのにびっくりした。

いっぽう中韓の調査結果にほとんど隔たりが無いのを見て、中国の情報統制
の影響が過大評価されているが、政権が直接メディアに介入できる体制と政
権が扇動しメディアがそれに付き従う体制とではそんなに大差は無いのかも
と感じた。
http://www.asahi.com/politics/update/0427/004.html

521 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:00:44 ID:+zXDTyEr
>すなわち、靖国神社は明治憲法下の天皇を神とする政教一致の国家神道体制
>の元での、軍国主義と侵略戦争推進の精神的支柱としての役割を果たしたので
>ある。なかでも靖国神社は内務省所管の一般の神社とは違い、1887年から
>陸・海軍省所管(共同管理)となり、文字通り、一般の神社行政の枠外に置かれた
>別格の軍事的宗教施設であった。そのため、国民は死んで靖国神社に祭られる
>ことを美徳と教えられ(「九段の桜花と散る」ことを誓わされ)、信仰のいかんに
>かかわらず参拝を強制された。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yogokaisetyu.html

その後、靖国神社は一宗教法人の扱いとされたが、今も先の大戦を侵略戦争
とは認めておらず「英霊」たちを褒め称えている(教義は変っていない)。
今も昔も靖国は単なる「慰霊」のための宗教施設じゃない。そこに参拝すれば、
その宗教の教義に賛同したと思われても仕方ない。麻原の偶像に手を合わせ
世界平和を願うようなもの。第三者からの理解は得られない。
こんな常識が日本で通用しないのは、日本のメディアがいかに政権寄りに偏った
事実(たとえば小泉のぶらさがり会見)しか報道してこなかったかという証明でもある。


>「日本の独立をしっかりと守り、平和な国として、まわりのアジアの国々と共
>に栄えていくために、戦わなければならなかったのです」
>(靖国神社ホームページ「やすくにじんじゃ何でもQ&A」より)

神社のパンフレット「やすくに大百科」
>戦犯とは「日本と戦った連合軍(アメリカ、イギリス、オランダ、中国など)の、形ばかり
>の裁判によって一方的に“戦争犯罪人”という、ぬれぎぬを着せられ、むざんにも生命を
>たたれた」人々であり「昭和殉難者」
>そもそもあの戦争は「アジアの国々と共に栄えていくためには、戦わなければならなかった」
http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200411290217.html

靖国神社付属の遊就館(ゆうしゅうかん)
http://homepage3.nifty.com/tompei/Yuusyuukan.htm

522 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:15:01 ID:+VHrusYY
>>521
神道を否定するのは君の自由。

この国は自由の国だから。

そして、日本人の心に神道があって、神社に参拝するのは日本人の自由。
それが、アマテラスであってもイザナギであっても神道では同じこと。

他国が違和感を持つから仏陀を捨てろとタイ国王に言ってみな。

他国が違和感を持つからバチカンをヤメロと元ナチのヨセフに言ってみな。


523 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:36:30 ID:skBu/seI
>>415
内政干渉ではないだろう、現実に邦人や企業に被害があり大使館などの在外公館が、襲撃された。
襲撃された原因の一つを中国側に指摘し改善を要求する権利はある。
犯罪活動を防ぐ対策を提示し実行を求める、被害者としては当然の要求だ。

国内が中国の教育に批判的で在ることは事実だ、政府判断でそれを伝えても内政干渉にはならんだろう。
要求として政府が出せば干渉だが、国内で日本が騒ぐことは国内問題だ。

524 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:43:00 ID:iyf566L1
つ ー か >>←これでレス指定するのやめない?
わざわざ戻って見るのだ り ーんだよね。
いい加減コピペした方が見やす い って気づけいてるだろ?
そういうこ と で次のレスからヨロシク。

525 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:11:08 ID:cz0XMzYR
>>524

526 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:13:09 ID:0qoe41Ci
>>522
神道を否定してるように読めた?不思議だね。…まぁ、書きはしなかったが、
神道政治連盟とそれに連なる宗教法人は否定してるけどねw 創価と同じく。

でもここではそういうことを言いたいんじゃなく、靖国の実態があまり日本人に
知られていないことを問題にしたかった。なぜか中韓の方がよく知ってるぐらい。
靖国は昔も今も軍国の象徴。その事実と付き合わせて小泉の言動が外交的に
適切かという判断が日本ではあまりされていない。中国の報道ばかり槍玉に
上がるが、日本の報道もかなりお粗末だね。

「日本は悪くない。中韓が日本を理解していないからこうなるのだ」といった意見
を持つ人は、その考えの基になった情報が一面的でないのか疑った方がいい。
知らず知らずの内に、政権の意図を汲んで報道するメディアからの「反中・反韓
教育」を受け続けているのかもよ。

527 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:27:14 ID:skBu/seI
>今も昔も靖国は単なる「慰霊」のための宗教施設じゃない。
犯罪活動でもやっているのか?合法なら干渉するな。

>そこに参拝すれば、その宗教の教義に賛同したと思われても仕方ない。
教会形式で式を挙げても日本はキリスト教徒ではない方が多い。
日本の宗教人口は総人口をはるかに上回っているが国内的にはなんの違和感もなく生活をしている。
平均的日本の価値観と、参拝すれば宗教教義に賛同したと決めつける価値観は大きな違いがある。

>麻原の偶像に手を合わせ 世界平和を願うようなもの。
何処に同一性を見いだしているのかが判らない、例えが悪すぎるがいったい何処が同じか説明してくれ。

>第三者からの理解は得られない。
第三者とは誰のことで、なぜ第三者の理解を得る必要性があるのか説明してくれ。

理解を得るとは黙らせると言うことでよいのか?
内面的な理解を得たかをどう判断するのだ?


528 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:40:29 ID:0qoe41Ci
>526のついでに。
自由って言っちゃ、まぁ、罰則規定のある法を侵さない限り何やっても自由なわけだが。
ただ、自由の枠内でどのような行動をとるかによってその人のモラルが問われるわけで。

わざわざ日本の顔として公式に靖国に参拝する人。わざわざ日中首脳会談の当日に
参拝する人。わざわざ国会議員同士集まって「みんな」で参拝する人たち。
たしかに自由の枠内ではあるが、他人(アジア諸国の人々やアジアと関わる日本の
企業や一般人その他諸々)のことを考えない低俗な人たちだね、とは感じる。
同じ参拝するにしてももうちょっと他人に配慮した参拝方法があるんじゃないの?

529 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 17:23:14 ID:skBu/seI
>>528
あなたは戦犯と言われている人間たちが、中国から避難されるような犯罪者だと本気で思っているのか?
ユダヤを抹殺しようとしたヒトラーやナチスは自ら計画し其れを実行したから裁かれたのだ。
日本の場合のA級戦犯はその時指導者の地位にいたから責任者として裁かれたのだ、犯罪者とは違う。
宣戦布告することは犯罪ではなく、敗戦となることも犯罪行為ではないのだ。

相手国への配慮と言うが、日本式の配慮を中国へとることは自己満足であり配慮ではない。
中国には中国式の強い態度で自国の立場を相手に伝える方法を採るべきだ。其れが相手国への配慮だ。

530 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:39:52 ID:0qoe41Ci
>>529
悪名高いナチスと比べてマシだから免責されようってのは、おかしいんでない?
アジアの人たち(もちろん戦争の被害者である日本国民も含め)にとっては
ナチスとの比較などなんの意味もなさない。

第4回 日本軍による人体実験
6. ナチスの人体実験との共通点と相違点
>これほど科学的で、大規模で、冷酷な人体実験機関は、歴史上ほかに存在しません。
>しかも石井機関は莫大な経費によって支えられた国家的プロジェクトであり、
>人体実験にここまで国家予算をつぎ込んだ国は日本以外にはなかったでしょう。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/~tsuchiya/vuniv99/exp-lec4.html

さすがにちょっと胸悪いな。。でも日本人として必読(最後の6.だけでも)。

531 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:54:36 ID:KlOaHhDI
>>530
こりゃ勉強になる。しかし戦争って奴は本当に人を変えるねー。

532 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:04:09 ID:0qoe41Ci
>>531
そだね。リンク先に「3. なぜ行われえたのか」って章があったけど、
外からの目を意識するから良心が正常に働くのであって
皆で手を染めたら普通じゃ考えられないことまでできてしまうのかも。

533 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:24:17 ID:KlOaHhDI
>>532
そういう面もあるだろうね。他にも大きいのは「国」というのは本来一人一人の
人間の集合体であるにもかかわらず、あたかもそれが一個の「実体」として意識
され、その生存を始めとする「国益」とやらが必要以上に強調されたことが大きい、
と思う。これはアメリカなどにもいえることだろう。

敗戦で我々が知ったのは、「国」が死んでも、「個人」は生きているままだった、
ということ。この死なり生なりは法的な意味ではなく、あくまで感覚的なものだが。
しかし、この集団/個人を隔てるバランス感覚を忘れてはいけないと思う。

534 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:42:48 ID:0qoe41Ci
>>533
めちゃ同意。各自でその人なりのバランスをとっているのにね。
…何度か下書きを繰り返したが、これ以上うまく言葉がまとまらんw

535 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:55:16 ID:skBu/seI
>>530
731部隊の話は何処までが真実か解らない話だね。
共産党の機関誌赤旗に載った話だろう。情報提供者が不明では信憑性がね。
ソ連が崩壊した後でもろくな資料がでてこない現実からも眉唾だ。
森村氏も資料そのものの信憑性には後から疑問をもったようじゃないか。

536 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:00:13 ID:RpYxk8pD
中国化する日本」の意味が分からない。

537 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:01:04 ID:skBu/seI
>悪名高いナチスと比べてマシだから免責されようってのは、おかしいんでない?
そんなことは言っていない。
罪と言われることを実行したり命令したりするような犯罪をA級戦犯はやっていたのか?
やってもいないのに責めるのはおかしいんでないか?

538 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:22:17 ID:skBu/seI
http://photo.jijisama.org/731.html
731部隊の残虐写真!
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/horrible.htm
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=746882
プロパガンダ写真研究室
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/door.htm

539 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 21:28:35 ID:0qoe41Ci
>>535
>530のリンク先は複数の資料を検証して書かれたようだけど?
「写真誤用事件」についても触れてあるし。
ひとつふたつの写真をあげ足とっても意味無いでしょ。みっともないよ。
そういう往生際の悪いことを政治レベルでしてきた積み重ねが今の日本
の孤立なんだろね。

黒龍江:731部隊陳列館を世界遺産に登録へ
http://news.searchina.ne.jp/2005/0418/national_0418_002.shtml
731部隊関連記事紹介
http://www.kcb-net.ne.jp/peace-k/731/731butaikanrennkiji.htm

540 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:35:16 ID:4wrSwck+
731部隊と高知
http://www.kcb-net.ne.jp/peace-k/731butaitop.htm
>539リンク先の親ページ。731部隊員の証言あり。

「負の体験」をどうするか
>かくして、最近やたらと「日本民族の誇り」を称揚する風潮が蔓延する。
>誇りを持つのはよいが、過去のマイナスの歴史を矮小化してはならない。
>むしろ、負の事実をきちんと継承し、そこから得た教訓を大事にする国
>であることに誇りを持ちたい、と私は思う。
http://www.egawashoko.com/menu4/contents/02_1_data_44.html

日本にいると日本が見えなくなるのかね。リンク先はベトナム戦争の正当化に
ついて述べているが、虚像の戦争に誇りを持つ人間が外から見ていかに滑稽
かよくわかる。
ファンタジーの中の旧政府や旧日本軍がいくらカッコ良くでも自分が(または
今生きてる自分たちが)ウソついたり虚勢を張ったりでカッコ悪けりゃ意味無
いと思うが。

541 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:21:54 ID:IK7VwvRE
>>530のリンク先見る限り、
幹部は司法取引を持ちかけられても、やってないと言いはり、
とつぜん条約無視して日本を攻撃し、
なんとしてでも国際的な大義が欲しかったソ連は証拠を持っていたはずなのに、
裁判では検事も弁護人も報道関係も全てソ連人という馬鹿げた裁判を一国で行い、
アメリカは資料を押収したくせに何故か細菌兵器の資料を
石井たちに渡すように再三に渡り司法取引をもちかけ果たせず、
しかも中国なんて典型的な洗脳を施してまで関係者に供述させようとしていた。
としか書かれてないような気がするんだが。

しかも
ナチスの実験でさえ生き残りがいるのに、
731部隊の実験には生き残りが一人もいないとか、
証拠は徹底的に隠滅されたとか書いてある。

何も知らない無知な俺が見たらこう書かれてるように見えた。
説明を求む

542 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:57:51 ID:o2VypscY
731部隊について、国際的に日本を叩くのは中国と韓国なのだが、
それらの国が日本に行ったプロパガンダ活動を見る限り、
731部隊に関する一方的な資料は信頼性に限る。

彼らは、「田中上奏文」のような国際的に捏造であると
認識されているものを、自国の教科書に「真実である」と書いているのだから。

そんな国が主張することには、主観的な憎悪はあっても
客観的な正当性などありはしない。

543 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 17:23:00 ID:UERHWEOB
>>541-542を見ていると愛国って宗教なんだ、とつくづく思う。
資料を基に常識的な判断ができない。それどころか鼻先に突き付けられでもしない限り
(コピペしてイヤでも目につくようにしない限り)、見ようともしない(>539-540など)。
見ても脳内フィルターがかかって、まともに理解しない。米国のこと笑えんよなー。

暗いニュースリンク:「進化論には科学的根拠がある」と理解するアメリカ人は僅か35%
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/12/35.html

544 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 18:59:24 ID:UERHWEOB
12 恐ろしい『心のノート』の内容
>…これは、心理学の手法が非常に巧みに使われている。…
>…こういうふうにして、この本は、子どもたちの心を管理をしていきます。
>しかも、この本は、主体がころころ変わっていきます。
>小学校低学年は、まず、「あなた」っていう呼びかけがずっと続いていきます。
>3・4年生になると、「わたし」というのから始まります。「わたしにはある。」
>だれのことでしょう? 「わたしにはある。今よりももっと良くなりたいという心が。」
>「みんなのことを思いやるあたたかい心が、どんなことにもくじけず頑張りたいという心が。
>そんな私の心を確かめてみたい。伸ばしていきたい」という「わたし」が登場します。
>そして、いつの間にか5・6年になると「私たち」というように主語が変わっていきます。
>そして、中学になると「わが」とか、「我が国」というふうになっていくわけですね。…
>…それがいつの間にかこれを使う子どもの主語として使われている、こういう構成になっている。
>そして、こういう、子どもたちが、大変きれいな写真や絵でどんどん自発的に書き込んでいく、
>その行く先はどうなるのか。実は、この『心のノート』には、裏目次というのがあるんです。…

13 『心のノート』の行き着く先
>…そして、そのマインドコントロールが、行き着く先は何なのか、それは、最後には
>「国を愛する心」というところに行き着くようになっています。小学校の3・4年、
>そして5・6年、中学校の最後のページは、全部「国を愛する心」で終わるように、
>この『心のノート』は作られています。…

545 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 18:59:59 ID:UERHWEOB
10 『心のノート』を作らせた人たちの思想的背景
>…しかし、これにはもっと恐ろしい背景があります。実は、これを作れと言ったのは、
>中曽根さんでも、亀井さんでもなくて、日本会議という、日本最大の右翼組織なんです。
>今日お配りしている資料の中に、教科書に関する人脈表というのがあるんです。
>その人脈表の右側のところ、左側が新しい歴史教科書をつくる会の表で、
>右側が日本会議のメンバーが書いてあります。そして、まん中は、日本会議のメンバー
>であると同時に新しい歴史教科書をつくる会のメンバーでもあるという、
>だぶっている人たち、両方に関係している人です。…
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/ima%20tawara.html

浮遊感のある絵を多用して子供を「現実から離れた場所」へ連れていくだの、
明るい気持ちで過ごせたか毎日子供にチェックさせるだの、「“負け組”対策」だの、
総じて反吐が出る話ばっかだった。

546 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:04:40 ID:7e8DgoVL
洗脳の最たるもんだね

547 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:06:49 ID:7e8DgoVL
なんの生産活動をするわけでも無し、洗脳活動だけを行うこんな団体
必要性は無いな

548 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:18:24 ID:9ImXqcIy
面白そうだけど、中国みたいに壮大な謀略じゃないからツマンナイ。
もっと、民主主義国を転覆させるような話は無いの?

549 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:26:31 ID:UERHWEOB
理性じゃなく深層心理にはたらきかける分、やり方は中国よりエグイかも。

カルト教団に子供預けるようなもんだ。
あれって、一度刷り込まれると、あとから脱会させるの難しいんだってね。

550 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:31:00 ID:9ImXqcIy
でも、中国のほうが正面から向かってきて引かない分オモシロイでしょ。
まるで北斗の拳のラオウみたいに、引かず、譲らず、退かずで。
それでいて、「日本は世界の敵だ」みたいな事を世界中で言いまくっている。
自分で殴りかかっておいて、殴られた相手に「謝れ!」だからオモシロイ。
突っ込みどころ満載だ。

551 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:31:01 ID:7e8DgoVL
競艇場にその成れの果てが沢山居る

552 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:48:59 ID:UERHWEOB
競艇場なら害は少ないが、
もしハマっちゃうと布教活動がスゴイからなー。
イラク人質のとき思った。
彼らに同情的な掲示板は罵詈雑言であらかた潰されてたし。
ネットが占拠され大マスコミが全部政府に同調してしまうと、
異論を挟めない“空気”になる(心のノートは“空気”に逆らわない
国民性をつくる狙いもあるだろう)。戦時もあんなんだったんだろーな。

553 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:51:34 ID:abl0d437
で、加害行為をした側は忘れる
これも洗脳されてるから再洗脳でできる事

554 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:53:06 ID:abl0d437
といって、俺も海軍っぽい所でちょっと洗脳されてるけど
笹川とかの連中のやり方ははっきり言って理解できない

555 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:04:05 ID:UERHWEOB
多かれ少なかれ社会に出ると組織は心理操作しようとするもんだけど、
判断能力の無い子を洗脳しようとするのはどうにも許しがたい。
しかもほとんどの国民が子を預けざるを得ない学校で。

556 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:06:25 ID:abl0d437
でもさ、日勤教育以上の異常な訓練をアメリカ人に受けた経験からすると
もしあれがアメリカの教育だったら、日本以上に酷いよ、その面では

557 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:15:31 ID:abl0d437
でともすれば
 
マイナス面しか見ないこういう教育
アメリカ式だと訓練以外ではすごい遊ぶんだ
自転車でもモーターサイクルでも飛び跳ねる
でもってもともと海兵の訓練受けてるからうまいね、ほんと
 
日本の場合は暗すぎるぜ

558 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:18:19 ID:UERHWEOB
>>556
アメリカも酷そうだね。キリスト原理主義が国を牛耳ってるし。
国民や軍人を戦争に駆り立てる何かがあるんでしょう。

でも、自覚があるうちは大丈夫だと思いますよ。気をつけてね。

559 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:33:53 ID:2axsQh9P
で、『心のノート』は河合隼雄とかいう心理学者が監修したらしい。

>教育基本法改悪・『心のノート』強制---いつもその中心に彼がいる!
http://sugakita.hp.infoseek.co.jp/newpage100.htm
>河合は、文化庁長官となって、今「心のノート」なる、道徳教育副読本を監修し、…
http://w3sa.netlaputa.com/~gitani/essai/meaning.htm

ざっと検索して思ったのは、これは真面目な子ほど洗脳されるな、と。
知能レベルとかはあまり関係ない。
オウム信者にも弁護士や医師などのエリートがかなり混ざっていたし。
カルト宗教の「自己啓発セミナー」のやり方と驚くほど一致する。

>「自己啓発セミナー」なんてのは、結構な金額取って、…
http://www2.ttcn.ne.jp/~good.live/eye028.htm

560 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:41:03 ID:2axsQh9P
国旗国歌指導の徹底求める 対話集会で中山文科相
>中山氏は「国旗国歌に忠誠を尽くすというのを教えていないと、外国に行って恥をかき、
>ばかにされる。教えないと教え子がひどい目に遭うということを理解してほしい」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050305-00000123-kyodo-pol

前文に「歴史と国民性」明確化 自民、新憲法で中間集約
>形式に関しては500字から600字が望ましいと指摘。「美しく、正しい日本語で簡潔
>な表現」で「義務教育の段階で暗記し、親しむことができるものにするべきだ」とした。
http://www.sankei.co.jp/news/050228/sei052.htm

元々、日本会議とかのカルト宗教が支持母体だからこういう手法は得意なんだろね。

561 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:02:12 ID:8o9lxXcy
>>539
だから、まともな証拠が出ていないじゃないか。
共産党が戦後すぐに現場を押さえたのだろう、ロシア政府から当時の資料が今も出てきていない。なぜだ?
当時のソ連がそうした研究を見逃すはずはない。ロケット関連のユダヤ人を本国でどう待遇したか考えろ。

反日のための中国政府と、其れと繋がっている共産党の赤旗からの捏造写真ばかりだ。
朝日新聞もここの捏造写真や資料を故意に掲載した事実がある。

562 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:14:37 ID:8o9lxXcy
中国の発表は針小棒大が基本であり、真実を大きくねじ曲げた報道ばかりだ。

731部隊が在ったことは事実でも、何をどの程度やったかは今現在は証明されていない。
ロシアやアメリカからの冷静な資料研究がされないと騙されることになる。
中国がそうした嘘を平気で外国に対して、やって来た過去の事実が、信用するなと言っている。
まさか中国は嘘を付かないなんて言い出さないだろう。w

563 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:55:09 ID:F+ClutCN
731部隊は現地の中国人を「マルタ」と呼び。。。


564 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 16:31:11 ID:8o9lxXcy
>>564
その先が明確な証拠が無いんだよね。細菌研究らしいとは思うが、実際に何をやったかが証拠がない。
臨床試験ぐらいは確実にやったろうが、人体を生体解剖とかになると嘘臭い。

565 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 16:32:12 ID:2axsQh9P
>>561-562
>543と併せて>5392個目のリンク先をゆっくり読んでみて。
それでも足りなきゃ下のを。
>731部隊と細菌戦に関する鑑定書
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4586/224.html

おそらくどこかで実態とは違う旧日本軍像を刷り込まれたんだと思う。

カルトとマインドコントロール・基礎編
>マインド・コントロールの本質は、批判の矛先をそらす事にあるのではなく、
>批判精神そのものを摘み取る事にあります。
>ただ嘘を信じさせるだけなら、嘘が判明した時に相手は席を立ってしまうでしょう。
http://kibounokaze.hp.infoseek.co.jp/cult0.html

カルトはなにも学校教育ばかりじゃない。自分らの組織の代弁者の方が嘘をついている
可能性を冷静に考えてみてほしい。中国人が反対のことを言うから自分らの組織の言う
ことは正しいのか。その思考法は論理的に正しいと言えるのか。熱病にかかってしまった
人は日本にも意外と多いし、周りから見て明らかにヘンでも自分じゃ気付きづらい。

2ちゃんのように日常から切り離され同じ性向の人たちに囲まれた環境では尚更そう。
ヘタしたら日本全体が世界から切り離され、同じ性向の人たちに囲まれた環境になる
可能性だってある。

566 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 17:41:17 ID:8o9lxXcy
>>565
731部隊も細菌戦も存在は否定していない。
しかし、何処までが宣伝でどこからが事実か素人にはわからない。
文化大革命を礼賛した国の言葉だ、何を言われても真実か疑るのは当然だろう。
日本の言論会も裁判所でさえも共産党や社会主義者に毒されると偏向した意見や判断を下す。

事実を大げさに表現していないかもう少し調べてみたい。
過去の中国はそうした嘘が多かったからね。

567 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:56:00 ID:2axsQh9P
>>566
そうだね。マスコミも裁判所も中国共産党も偏向した意見を述べることは
多々ある。疑ってみる姿勢は正しい。ただ問題は、その疑いの眼差しが同
じように自分の組織に向かっていないように見えること。

一般的に言って、戦争加害国の人間が事実を隠蔽したり嘘をつく可能性は
高い。日本も例外じゃない。

731部隊や細菌戦の存在を否定しないなら、「あの戦争はアジア解放の
ための戦争だった」ときみに聞かせた連中が普段から嘘をついていること
にもすでに気付いているはず。もう少し考えてみて。

568 :情報操作は朝日の社是:2005/04/30(土) 00:03:35 ID:4pUi+78s

二二二二l ∧∧ 謝罪!謝罪!賠償!賠償!謝罪!謝罪!賠償!賠償!中国と仲良く出来なきゃ駄目!駄目!駄目!!!
 | |     /中 \         ∧南∧           ∧北∧           ∧朝∧   
 | |    (`ハ´  )つ─◎    <`Д´  >つ─◎     <`Д´ >つ─◎     (@Д@  )つ─◎     
 | | /´ ̄し' ̄し' \ ///  /´ ̄し' ̄し' \ ///.     /´ ̄し' ̄し' \ ///  /´ ̄し' ̄し' \ ///
 ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎  ̄ |  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎
    |  _)  ◎彡| | バン |  _)  ◎彡.| |   バン  |  _)  ◎彡.| | パン  |  _)  ◎彡.| |  バンバンバン
    |  ´`Y´   | | バン  |  ´`Y´   .| |  バン   | #`Y´   .| | パン |  ´`Y´  .| |  バンバンバン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ       t_____#t,      t_______t,ノ  
________________________________________



569 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:13:34 ID:aA6+tcBE
>>567
アメリカが資料を出せば、すべてが解決する。
恐らく、731部隊のやっていた事は、
中国共産党が主張しているようなものではなく、
兵器開発にかかわる臨床試験的なものだろう。

アメリカが、この部隊のデータを公表しないのは、
それが、戦後の臨床医療に重大な影響を与える
研究成果であった可能性が強い。

当時、日本の細菌学や化学のレベルは、
世界の先端に並んでいたのだから。

当時、科学技術の裏づけを持たないないでいた
中国共産党には理解出来ないだろうが。


570 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:39:40 ID:J9zlHHx0
>>569
>5651個目のリンク先を嫁。あと>5401個目の証言の右端。
つか、さらっと臨床試験って、よく言えるな。
治療薬じゃなく細菌兵器の臨床実験がどんなもんか。。

571 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:41:18 ID:J9zlHHx0
×「右端」→○「左端」 スマソ。

572 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:52:26 ID:NAq+Cjwq
中国に対してはまず自分たちの襟を正してからモノをいえといいたい。
時代に逆行する反国家分裂法、チベットでの弾圧、台湾等への威圧。
そしてガス田問題。盗掘といって差し支えない行為をしておきながら、今度は
日本側が正当な対抗措置を取ろうとしたら「挑発した」といいがかりをつけ、
自分たちが騒ぎを起こしておきながら責任はすべて日本になすりつけ。
ここまで破綻した、支離滅裂な連中に文句いわれる筋合いはないわ。

中国化もクソもない。
別に愛国売国云々じゃなくて、みんなこのチンピラ国家に腹が立たないか。
中国への怒りは愛国心以前の問題だよ。
俺の周りでもそういうことで反中は増えている。

573 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 21:42:10 ID:KdMSk9sW
>>572

立たない。立てることが煽動的愛国主義に繋がると思うから。
自分たちの襟を正せというが、逆に日本は正していると断言もできない。
そもそもそれらの主張は、あくまで日本の立場からの視点に過ぎないし
日本とは関係のないものもある。
どちらにしろ非理性的なことに非理性で返す愚は犯してはならない。
挑発に乗って感情論で動けば、ますます日本の立場は危うくなるし
逆に同類ということで中国を批判することもできなくなる。

574 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:47:56 ID:nrsAquoN
>>570
だから、其れが本当かがアメリカあたりから出ないと確認できないんだよ。
可能性の段階だ。中国がデタラメばかり言ってきたから、それだけが真実だなんてとても思えないね。

575 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:41:15 ID:Gd+8cFOB
>>574
もう「>570で指定されたリンク先までわざわざ読まない人が多いだろう」
とか「とにかく何度もひつこく絡んでおけば731部隊について話題に
あげる人が減るだろう」といった意図しか見てとれないわけよ。

おそらくは嘘をついても正当化されるだけの「真理」みたいなものを
自分たちだけが掴んでいるつもりなんだろうけど。

嘘を土台に導いた結論を信じ込まされ、土台が嘘だと気づいた後は、
こんどはその結論を守るために自分が進んで嘘をつき続け。。

576 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:58:08 ID:Gd+8cFOB
国内の反対の意見や、自分自身が疑問に思う気持ちも、
すべて中国との対立関係に流し込み、
組織の教えと矛盾する情報を中国の策略としてシャットアウトさせ、
自分で考えさせないようにしてしまうらしい。

577 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:25:20 ID:bgS6A6c8
というように、どこかに隔離、監禁しなくても、カルトにとっては情報操作
など容易いこと。おそらく信者らは、彼らと対立する人間に耳を貸すことは
日本国の崩壊に繋がるタブーだと信じている。お国のための嘘だと信じるか
ら罪悪感がない(愛国無罪)。

…以上カルト系のHPから文章パクッて書いてみたが、当らずとも遠からず
って気がする。

>4. 「悪魔」によるコントロール
http://www.holyhope.net/colum0211.htm

こんなもんが政治に入り込んだら、まともな議論など成り立つはずがない。

578 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 14:09:39 ID:bgS6A6c8
>>572
>573が言うようにまさに煽動的愛国主義だね。

ここでは、日本のあり方としておかしいと思うから、
主権者のひとりとして意見を述べているだけ。

そのたびに中国の政治を引き合いに出して、
中国よりマシだから日本は今のままでいいとかいう論が
もしまかり通ったら、日本はいつまでたっても後進民主主義国のまま。

中国の政治と比較するのではなく、中国政府の日本への意見が
正当かどうかを判断すべきでしょう。
おそらく日本の政治家にとって耳の痛いこと(まともに反論できないこと)
を突かれているから、ヒステリックに中国行政を批判する連中が急増する。

579 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:15:40 ID:bgS6A6c8
「大東亜戦争は日本が誇るべきアジア解放戦争」というのは大嘘だった。
知識人と呼ばれる人なら本当は誰でも知っていること。政府も公式に侵略
戦争だと認めている。でも内向きにこういうことを言うやつが未だにいる。

>中山文科相「先の大戦の敗戦のショックが大きかったこと、戦後のマルキシズム、
>共産主義の影響で、日本の戦前は非常に悪かったという歴史観がはびこった」
朝日2005/04/24

日本の戦前はそれほど悪くなかった(むしろ良かった?)と言いたいらしいが、
彼は明らかに故意に嘘をついている。そしてお決まりの共産主義との対立を持
ち出して自己正当化を図る。

彼の言を信じて偽りの日本帝国に誇りを持ち同じ日本民族として自己と帝国を
同一視させてしまったら、あとから梯子を外されても簡単には元に戻れない。
自己否定に繋がるから。結果、バレバレの嘘をつき続け恥をさらし続けること
になる。

580 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:24:57 ID:bgS6A6c8
文科省は他方で心理学的手法や法の強制力まで用いて子供の深層心理に愛国心を
植えつける。子供のためだと脅しながら。

>中山氏は「国旗国歌に忠誠を尽くすというのを教えていないと、外国に行って
>恥をかき、ばかにされる。教えないと教え子がひどい目に遭うということを理解
>してほしい」と述べた。
共同2005/03/05

本当に子供のためだろうか? 政治家の権益強化のための思想統制にしか見えない。
中国でもし愛国教育を止めても中国共産党の求心力が弱まるだけ。後に国民主権が
芽生えると思うのだけど。

581 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:36:24 ID:vdFtrX0A
>>578
>中国政府の日本への意見が 正当かどうかを判断すべきでしょう。

正論だと思う。
ただし、中国が何故その主張をやっているか背景も考えて検討をすべきだ。

一部分だけ見てそのことを議論したり対応している間に、真の野望を達成されてしまうことがある。

戦争の被害を持ち出せば同情も引くが、それで領土や資源を中国に与えることは別の話だ。
国連の常任理事国問題も、今の日本の国連に対する貢献を議論すべきだが、別のことで阻止をした。
中国の謀略戦の勝利であり、正義や真実を議論しても意味がない、結果を出したことを重視していくべきだ。


582 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:57:36 ID:bgS6A6c8
>>581
だれと喧嘩しているのかわからない。
中国政府が言っても、
韓国政府やシンガポール政府が言っても同じこと。

ここではおれの意見として「日本の政治家・官僚は嘘をつくな」
と書いている。

嘘の情報を元にまともな判断を下せるわけがない。

583 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:03:21 ID:3LGZ6rzq
【切込隊長】「俺様キングダム」ただいま炎上中

『日本経営者列伝』『けなす技術』等の著者で「100億稼いだ天才投資家」
「ブログ界のカリスマ」といった触れ込みで週刊SPAをはじめ日経、毎日
新聞、産経新聞その他で執筆ないし取材対象とされたことのある山本一郎
氏が自己申告した経歴や資産、投資顧問業等の実態に関し重大な疑義が
発覚しブログや2ちゃんねるなどネット上で疑惑を検証する騒ぎに発展し
ています!!

切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム!
http://kiri.jblog.org/
山本一郎氏への疑問に関する総合サイト「キャッチミーイフユーキャン」
http://blog.goo.ne.jp/catchme_2005
2ch各板の切込関連スレ↓
http://find.2ch.net/
使って「切込隊長」、「山本一郎」で検索!
山本一郎氏問題のまとめスレッド
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1114847519/l50

584 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 19:51:15 ID:tpL9FRaM

いや、冗談でなく「異民族に庇を貸して母屋をとられた主権国家」っていう悲惨な
事例は、現代史に実在するよ。
インドに吸収されたヒマラヤ周辺の小国・シッキム王国がそう。

シッキムは下層労働者階級として入ってきたネパール人が古くからの住民を人口で
圧倒し、かれらを裏で操るインドが圧力をかけたこともあり、住民投票でインド併
合が決定。シッキム王国は消滅してしまった。

いまや原シッキム人たるモンゴロイド系のレプチャ民族は、ほんらいニューカマー
にすぎない征服者ベンガル・アーリア人に屈辱的な差別支配をされ、客観的にみて
も辛く悲しい立場にあるという。まさに移住を隠れ蓑にした侵略だ。


585 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:06:52 ID:qy4nNnpu
>>584
今の日本みたいな話だな
在日を隠れ蓑にした侵略

586 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:44:58 ID:c+U62mVm
>>584

日本は在日でもマイノリティ中のマイノリティですが

587 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 18:32:03 ID:l74+gd6s

外国人地方参政権問題その4・・オランダの荒廃。
http://musume80.exblog.jp/1326745

↑オランダが凄い事になってる、ちょっと読んでみて。


588 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:13:44 ID:Fk7YDD9G
なんつーか、日本の外交もヘボだが中国もアホだねー。
あんまり日本をワンパターンに挑発してばっかなのもどうかと思うよ。
どんどん反中派が増えてかたくなになっていくじゃん。
ホント中国始め韓国、北朝鮮は日本の右傾化に大きく貢献してるねw
なんか中国とかは日本政府と裏でつながってるんじゃないかと思うよ。
憲法改正の後押しをしてくれてるんじゃないww

結局さ、アレだ。金が欲しいんだろ?ODAを止めないでくれと、減らさないでくれと。
だから靖国だ教科書だ南京だとつまんないこと持ち出してゴネてるんだろ?
でもさ人にものを頼む態度ってもんがあるんじゃねーの?
日本人こそキレると何するかわかんない民族だからねーww
ご機嫌損ねないほうがいいと思うよ。

589 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 07:03:59 ID:1tHou0X1
愛国的な人にとっては日本は競争社会じゃないのかなって思う。
これから日本も勝ち組と負け組の格差が米国並に広がっていくっていうのに。

暗いニュースリンク:保守政権下で一層苦しむ米国の労働者
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/04/post_9344.html

保守政権の手法はいつの時代も単純で、
民族的または宗教的な一体感を強調したり他国との対立を煽って
負け組(ニート・低賃金労働者etc.)の不満を政権から逸らせるだけなんだけどね。

数に勝る負け組が勝ち組を応援しないと、勝ち組による勝ち組のための政治は行なえない道理。

590 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 10:51:57 ID:eo4lnRb4
自衛隊・在日米軍とエシュロン

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/773-776

これまで、日本政府は米国が運営するエシュロン(ECHELON)に参加して
いないという説明を政府は行っているが、実際には日本国内にエシュ
ロンまたはエシュロンと類似するシギント(SIGINT:signal intellig
ence:無線諜報)を実施する米軍通信設備が存在しており、米軍三沢基
地や沖縄県にある楚辺通信所や瀬名波通信施設を統括するトリイ通信
基地がそれに当たる。これらの通信施設にはいわゆる「像のオリ」と
呼ばれる高感度円形無線傍受施設と円球状の覆いに被された衛星パラ
ボナアンテナが配備されている。在日米軍基地がエシュロンまたはエ
シュロン(ECHELON)と類似するシギント(SIGINT:signal intelligen
ce:無線諜報)に利用されていることは米国政府の開示公文書でも裏付
けされているにもかかわらず、日本政府はそれに対しての回答を差し
控えている。

以下、リンクへ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/773-776

591 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 23:37:33 ID:j8pFH66d
ったく。社会が荒廃するとカルトが流行るね。>>590

エシュロンはおそらく実在するし、
日本にそれが持ち込まれる(た)危険も0じゃない。

ただし、歯に盗聴器を仕掛けられてそれから逃れるためには
多額の金が必要とかなると、完全にカルト組織のたわ言。

事実と嘘を巧みに(?w)交えながら危機感を過剰に煽って
カルト組織への加入を促す。こんなばかばかしい話に引っ掛
かるわけがないと思ってる人の中にも愛国カルトにどっぷり
嵌ってる人は多いんじゃないかな。

この話考えた人たちも、案外2ちゃん見てこいつらなら騙せ
そうとか感じたんじゃないかね。

592 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:43:21 ID:Uv5vOqpq
>>592

そのネタ元が「カルト」の「産経新聞」で、世論をミスリードし続けて
失われた10年を作ったのが笑えるが。

産経新聞 平成17年1月26日 28面

「体の不調は歯のかみ合わせが原因!?」
対談 新神戸歯科 藤井佳朗
   桜井充参議院議員 

抜粋

藤井『〜金属によって口腔(こうこう)内に電流が発生します。
〜また、入れ歯の材料、歯に詰める材料には化学物質系がけっこう
ありますし、なんらかの化学物質が影響している可能性もある。
ですから、これを取り除くことによって治ることもあります。
アトピーとは「奇妙な」という意味で、原因がよく分からないので
アトピーと言われるんですけど、口の中の歯科材料が原因になっている
こともあります。』


藤井『医科の専門医の先生が「私の領域では異常はないけど、もしかしたら
歯に異常があるのかもしれない。一度歯医者さんに診てもらったら」
と言える世界をつくりたいですね。』

593 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 13:37:43 ID:mVl40p5/
>>592 ウザい。噛み合わせはちゃんと治しとけ。

594 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 13:38:39 ID:mVl40p5/
この前TVで村上龍をちらっと見たんだけど、彼の言うことは面白いね。
典型的な勝ち組からの視点なんで、社会の仕組みを変えようという意図
はまったく無いが、現状をどう生きるかについての見識が優れている。

村上龍 特別インタビュー
>実際問題、今の日本人は若い人からお年寄りまで、皆、このまま放っておけば
>日本はどうなってしまうのか、という危機感を持っていると思います。…
>…本当はビジョンもないし、これからどんな人間になっていけばいいのか、
>大人は誰もわかってない。…
>…結果、ガイドやモデルなどのお手本があれば楽だから、つい求めてしまう。
>ガイドやモデルがない時代にそれを求めると、オウム真理教とか法の華とか、
>新興宗教に走りやすい。
>そうした新興宗教は昔の日本企業とよく似ています。内部での価値観が決まって
>いて、外部との接触を断つ。組織に貢献すれば褒美が与えられ、落ちこぼれは許
>されない。
>子供たちにああしろ、こうしろと言う前に、技術や知識を持った人間のほうが
>有利に生きられる、勉強はその戦略のための必要事項だという動機付けをして
>あげて、学べる状況をつくってあげる。あとは放っておくしかない。
http://www.president.co.jp/pre/20000501/03.html

大人だっていつまでも愛国カルトなんかにハマってる場合じゃないよ。

595 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 14:14:08 ID:mVl40p5/
日本政府が提示するお手本は「日本帝国臣民」。

ハタから見ればなんでまた好きこのんで。。としか思えないが、
どんな自分を目指せばいいのかわからず迷子になってる人には
実際に過去にあったとされる社会像は未知なる社会を目指すより
お手軽らしい。しかも大勢の指向が一定して流れになりやすい。

「日本人皆が国家に忠実な臣民であれば、強い日本国の一員として
自分は幸せになれるはず」といったところ?

ホントは、自分が幸せになれるかは、国が強いかどうかじゃなく
自分がどれだけ強くなれるか、強くなれないなら弱者でも人間ら
しく生きられる社会の仕組みを数の力で作るかなんだけどね。

596 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 14:29:34 ID:mVl40p5/
>…過去15年間に米国の富は3割拡大したが、所得ランク中低位者
>(所得が下位3分の1から半分の人々)はその恩恵を受けられず、
>「持てる層」と「持たざる層」の階層分化がかつてないほど深刻化
>しているという。富の93%は上位5分の1の層に集中し、
>最も裕福な上位1%が米国家計の39%を握っていると警告している。
>その状況は、世界規模でもまさしく同様である。国連開発計画(UNDP)
>の年次報告(1999)によれば、世界全体で所得の多い上位20%の
>人々と所得の少ない下位20%の人々の所得格差は、60年には
>30対1であったのが、90年には60対1、そして97年には
>74対1へと拡大し、所得と生活水準の格差はグロテスクなまでに
>なったと結論づけている。…
http://kuin.jp/fur/kei-2.htm

597 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 15:22:03 ID:mVl40p5/
アメリカが凄まじい階級社会であることが見えてくる
>…ブッシュ政権になって300万人が職を失い、2810億ドルの財政黒字が消えたというが、
>アメリカの貧富の格差たるや日本人が実感するそれとは比較にならないほどひどいものだ。…
>
>…ブッシュ政権は相も変わらず富裕層に対する減税策を採り、財政赤字を理由に州・地方政府
>のための援助は切るが、連邦政府の防衛費はどんどん増やしている。社会保障や医療保険も
>軒並みカット。低所得者に対する税金の控除まで切ろうとしている。 
>
>日本人が考えているほどアメリカ社会は豊かなのではなく、矛盾を抱え深刻に病んでいるのだ。…
http://www.bund.org/culture/20040905-1.htm

貧困層がおかしな宗教を信じて富裕層べったりの政権を支える構図は日本政府が目指すものと
まったく同じ。

598 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 15:58:42 ID:NAkZoDeJ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1115771666/l50

芸能】日本人美少女さあや(入江沙綾)11歳Fカップ、中国「反日暴動」を止めた!?文春報じる
1 :物質混入φ ★ :2005/05/11(水) 09:34:26 ID:???
週刊文春が、「一人の日本人少女(の画像)が、中国の反日運動を止めた」という
ネット上の噂について報じた模様。

以下本文(抜粋)

いま、一人の日本人少女が中国の反日運動の流れを止めた――という伝説がネット上で流布している。
舞台となったのは中国の「百度」なるサイト。
検索サイトとして中国で有名な「百度」内にある反日系掲示板に、
日本人少女を名乗る書き込みが掲載されたのは四月上旬のこと。
(中略)
日本のネットではこう訳されている。
「日本の11歳の巨乳ロリドル入江沙綾が中国人民の皆さんに言うお!
大好きなお兄ちゃん、日本の美少女沙綾のおねがいです、反日のおいたをしないでください。
そうじゃなきゃ、あなたを嫌いになっちゃうかも。もし反日さわぎをやめて、中国の民主化のために
努力してくれるなら、すぐにわたしのおっぱいうpします!!!中国人民よ団結してください!!」

この文章には少女の水着画像が添付されており、この後、反日的な書き込みが激減、
彼女を賞賛する書き込みが殺到したのである。
「11さいには見えん。18歳だよ。萌えー」
「こう言う日本製品は排斥しない!」

(以下略)


599 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 22:03:16 ID:G4PrcgmS
〜>597続き。日本の政府が目指すもの。

「国柄」について
>…保守的思考の 流れから推測すると、この「国柄」とは明治憲法下の制度や文化
>を指しているように思われるが、それならば、はっきりとそう言うべきであろう。
>いくらなんでも、現在の権力者や資産家とその一族および手先たちの特権的立場を
>固定かつ永続させるために明治憲法の時代に戻したい、というのでは多数を占める
>一般国民の支持は得られそうにないからといって、歴史、伝統、文化といった言葉を
>ことさら情緒的に使用し、さらに国柄などという更に意味の曖昧な言葉まで付け加える
>ことで、国民を情緒過多の思考停止に誘導しようとするなどは、国を思う保守主義者
>の品位と面目にかかわるのではないであろうか。… 
http://www.asahi-net.or.jp/~yg5t-ssgc/page024.html

上の「国柄」が達成されると、ブッシュ政権下の米国民よりさらに過酷な生活を強い
られることになると思われ。

民主が目指すグローバル化は米国タイプ(>596)の搾取。自民が目指す復古主義は
日本帝国下の旧財閥型の搾取。財界としてはどっちでもいいんだろうけど(つか両方
のいいとこ取りをしたい?)、庶民にはツライ話だね。せっかくネットがあるし政党
離れて政策単位で批判を続けるしかないかな。で、選挙は、死票になっても投票率を
上げに行く。なにやら民主がこの前の補選に負けたのを候補者が家回りしてなかった
せいにして候補者の「教育」をし直してるそうだけど、笑わせる。

600 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 22:05:05 ID:G4PrcgmS
自民改憲案 国家主義の地金が出た
>…自民党の憲法批判ではおなじみの、伝統的なテーマばかりだ。個人の
>権利意識ばかりが幅をきかせ、公や国家がないがしろにされてきたという、
>戦後民主主義への反発が浮かび上がる。
>
>これでは、戦前への回帰志向が強かった結党時とあまり変わらない。
>国家主義の地金が出たということか。…
2005/04/05 朝日社説
http://blog.so-net.ne.jp/hibiture/2005-04-05

601 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 22:09:55 ID:G4PrcgmS
富裕層寄りの政策
>郵政民営化についても情報を精査し、政府が何のためにそれを行うのか
>国民は吟味すべきだろう。そうすれば、社会の安寧を破壊させてまで
>権力者が変えたくないものが自分たちに権力やお金が集中するシステム
>だということがわかるはずだ。政治家がもっとも怖れる変化は落選である。
>低投票率で国民を怖れなくなった政治家が、選挙資金を提供してくれる
>大企業や富裕層寄りの政策をとることは、意識して情報をみれば当然の
>帰結だと感じるが、皆さんはどう思われるだろうか。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/column/tisin/tisin0502.html

602 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:08:36 ID:KbK40hO2
世界からの“9条”という信頼
>もう1人のパネリスト、映画監督の森達也氏がこんな話をしてくれた。
>森監督は先日仕事でカナリア諸島へ赴き、偶然日本の憲法9条が刻ま
>れた石碑を見つけたそうだ。そしてよくみるとその公園は「ヒロシマ・
>ナガサキ広場」という名前だった。帰国後この公園について調べてみた
>ところ、カナリア諸島はスペイン領なのだが、スペインがNATOに
>加盟するときに、自分たちは戦争に巻き込まれたくないという意思表示
>のために、この公園を作り、石碑を建てたそうだ。
http://www.janjan.jp/living/0504/0504260276/1.php

日本の伝統と言えば真っ先に9条が思い浮かぶんだけど、伝統を重んじる
日本の政治家さんたちはなぜか9条を目の仇にするよね。

中身を定義しない「伝統」や「愛国」を大切にしても意味ないと思うが、
山積みの内政問題を棚上げにしてまで伝統や愛国にこだわってるとこ
見ると政治家にとっての意味は大アリなんだろな。

「愛国心」表記、自公両案併記に 教育基本法改正素案
>また、同案は新たに前文に盛り込む項目として、「公共の精神の尊重」や
>「日本の伝統の継承」などの理念も示している。
http://www.asahi.com/politics/update/0511/007.html

603 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:29:03 ID:pJa71dQl
>>597
同感。
やれ
「チョンだ!チャンコロだ!在日だ!」などと年中煽り立てて
ラリっているネオナチモドキの輩は、
職業右翼や宗教右派カルトに洗脳・マインドコントロールされたのか
排外主義・差別主義という「邪教」にはまっている連中だよなあ。

社会、経済の現実を変えるための理性的な政策、
たとえば資源配分の変更を要求するのではなく、
「チョンやチャンコロを絶滅すれば幸せになれる」とでも思い込んでいる。

604 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 15:36:57 ID:KbK40hO2
>>603
>「チョンやチャンコロを絶滅すれば幸せになれる」とでも思い込んでいる。

ハタから見ると、理解しがたい摩訶不思議な現実と空想の接続なんだけどね。

出口の見えない将来不安がかつての国粋主義復活で救われる。そのためには
右翼組織や政治家に献身し敵対組織(サヨクと中国人)を絶滅させなければ
ならない。ってとこかな。

社会生活のストレスからくる差別意識や保てなくなった自尊心を揺さぶられて
本来の因果とは別の因果関係を信じ込まされてしまっている。

■空疎な小皇帝(石原慎太郎)を崇拝する空疎な人々■
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115301204/1
↑斉藤氏に同感っす。

605 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 18:42:38 ID:KbK40hO2
「完全にダマされている『日本人』という不幸」
>例えば「勝ち組・負け組」と題された今年3月のレターではこう述べられる。
>〈小泉政権が行おうとしている構造改革は、結果的に日本をアメリカのように
>一握りの金持ち階級と圧倒的多数の低所得者層にする〉
>政権党の主要ポストを「世襲議員」が握っている現状を指摘した上で、
>〈彼らが保守したいものとは今の社会、すなわち親から継承した地位や財産を
>維持できるこの経済・社会体制なのだ。自分たちが永遠の「勝ち組」でいるために、
>相続税、贈与税、高額所得者の所得税減税という施策をとる。不足する税収分は
>消費税をさらに増税して、負け組に広く負担してもらおうというのである〉と
>喝破するのだ。
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/rinen/totten/ow_text.php?A=1&B=655

606 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 19:21:34 ID:KbK40hO2
新自由主義グローバリズムと小泉政権
>かつての自民党政権は大手企業だけでなく農民や労働者にも一定の分配を
>することで求心力を保ってきましたが、小泉政権は大手企業やアメリカの
>利害を露骨に優先させつつ、国内対立を煽っているように見えます。
>
>一種の「分割統治」です。そして、その影で儲けるのはアメリカのグローバル
>企業であり、日本の一部大手企業です。権力維持には絶好の手法ですが、経済
>政策としては最悪で、何の問題解決ももたらしません…
http://www.janjan.jp/government/0505/0505036592/1.php

自民党内の権力闘争によって、今まで族議員が主流派だったのがアメリカ追従派が
主流になっただけみたい。そんな争いにいちいち感情移入しなくても、冷めた目で
見ていればいいと思う。構造改革が進んでも内需は低迷したままで、失職と低賃金
化・大増税と年金崩壊が待っている。しかも、旧来の道路利権などを温存したまま
民間委託による公共事業が飛躍的に増え、汚い金が飛び交う。

改革は、日本人の金融資産を(中小企業などから引き上げて)米国や日本の多国籍
企業などに流し込むことが目的だった。供給サイド(多国籍企業)だけバカみたい
に強化され地球規模で市場と安い労働力を探して回るが、国内需要は永遠に低迷し
続ける。財政支出が国内に行なわれるだけ他国籍企業優遇政策より公共事業ばら撒
き型の政策の方がなんぼかマシ(もっとも労働者と消費者の生活重視の政策が一番
いいのは当然だけど)。

本当ならネタバレした時点で支持率が低下し途中で方向転換せざるを得ないはずだが、
今はそれが正常に機能しない。バカやったら次の選挙で議席を減らす。これの繰り返
しでしか政治はよくならない。だから政権に入り込んだカルトが邪魔。

607 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 21:55:43 ID:QONEMwmX
【天声人語】2005年05月13日(金曜日)付
http://www.asahi.com/paper/column.html

閑話休題。まったくどうでもいいコラム。日本はニホンと読むらしい。
そういわれるとニッポンと読みたくなるw ニッポン、チャチャチャ!

608 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 21:56:27 ID:QONEMwmX
我が振り直して〜北朝鮮と日本と〜
http://www.asahi-net.or.jp/~cr1h-ymnk/column0212.html

北朝鮮化するニッポン。

609 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 16:20:13 ID:wmIIfMID
週刊金曜日コラム
>…考えてみれば、いずれも儒教の国であった。中国は共産主義
>国家とはいえ、「修身斉家治国平天下」の思想は連綿として続く。
>自分を鍛え、家をまとめ国家を治める。根底にあるのは、自国の
>文化を何よりも大切にする「愛国主義」だ。…
>…一方、日本では、憲法や教育基本法を改悪して、「家を守り、
>国を愛する」国民をつくろうという動きが急だ。教科書の
>”右傾化”もそれに即応した流れである。…
>…先の大戦が教えたもの。それは「愛国」から「愛民」への転換
>ではなかったか。
http://www.kinyobi.co.jp/pages/vol554/hensyutyo

人命よりそんなに国の面子や名誉が大事なら、
小泉首相こそが真っ先にこのセリフを言うべきでしょう。

>「ナホコの代わりに僕を人質に」高遠さん世話した子語る
http://www2.asahi.com/special/jieitai/TKY200404120179.html

所詮、国の名誉(自衛隊派遣)は「他人の」命より重いってこと。

「お国のために死ねる人をつくる」ために教育基本法を改正すべきだと
公言する政治家はいても、国民のために死ねる政治家はひとりもいない。

何も代わりに死ねとは言わないが、「国民の命を救うため自衛隊を撤退させる」、
どうしてこんな簡単なことができないんだ。「愛民」心のカケラもない国に
生まれると不幸だね。

610 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 03:38:15 ID:+CX3vlPv
5月8日(日)「ずっと安全になった」というのも大嘘
>…その結果、「イラク戦争によって、かえってテロも増えたのではないか」という
>指摘がありました。事実、イラク戦争の後、スペイン、インドネシア、エジプト、
>ロシアなどで大規模なテロ行為が勃発し、多くの人命が失われました。
>しかし、ブッシュ大統領は一貫して反論し続けてきました。「フセイン政権の打倒
>によって世界はずっと安全になったのだ」と……。
>先の大統領選挙でも、民主党のケリー候補の批判に答えて、ブッシュ候補はこう
>叫んでいました。「世界はずっと安全になったのだ」と……。
>
>しかし、これは大きな嘘でした。この嘘が明らかになるのを怖れて、アメリカ国務
>省は、世界テロ報告書(テロ白書)の公表を拒んできました。
>ところが、その内容は一部のメディアによってすっぱ抜かれてしまいます。…
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

611 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 03:38:57 ID:+CX3vlPv
核心:変異型ヤコブ病初確認
>「国内初の変異型の事例が出そうです。大きな影響が予想され、
>助言いただきたい。ただ、この件は絶対内密に」。数日前、
>ある農相経験者の元には、政府高官から極秘情報が届けられた。
>
>農相経験者は「全頭検査見直しも米牛肉輸入もいったんは棚上げ。
>騒ぎを最小限にするのが最速の道だ」と指摘。風評被害が国内産
>牛肉に及ばないよう、「英国滞在歴あり」という点を強調する
>ことも指示した。(2005.02.05 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20050205/mng_____kakushin001.shtml

[解説]変異型ヤコブ病 日本人初の患者「英国感染が有力」
>患者が当時の英国で牛肉を食べ、医療行為での感染が考えにくいのなら、
>英国での感染が最も有力とした委員会の判断はごく自然だろう。
(2005.3.11 読売新聞) 
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050311so13.htm

↑たわけが! 愛民心のカケラもないやつらだ。


>「滞在一カ月で変異型になったケースは過去にはない」と、男性患者の発症を
>発表した厚生科学審議会CJD等委員会の北本哲之委員長は会見で認めている。
>英国での感染に疑問はないのだろうか。(2005.02.08 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050208/mng_____tokuho__000.shtml

612 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 03:55:16 ID:JcS15yh3
あああ

613 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 03:56:32 ID:JcS15yh3
ええええーーーー

614 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 04:00:00 ID:JcS15yh3
おおおおーーーーー

615 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 09:35:38 ID:+CX3vlPv
「医師の会」ニュース第43号
>映画の中には悲惨な状況が記録されている。米国ワシントン州ハンフォードにある
>核兵器生産工場の風下地域にあるひとつの集落では、すべての家庭がガンで家族
>を亡くしている。子供四人をすべてなくされた方もいた。しかし米国政府は科学的に
>安全であると言い続け、真実を明らかにしようとしない。
>その地域で作られたポテトが日本に輸出され、ファーストフードとして日本人が食べ
>ている。安全でとてもおいしいとスクリーンの中では言っている。… 
http://www.geocities.jp/rykhw930/news/43.htm

愛国心に駆られて国益(企業の利益)のために毒ポテト食べ続け…って、そんな人
いないか。ポテト禁輸措置がとられないのは、日本の政府が人命より企業益や対米
関係悪化による揉め事で政権が揺らぐのを恐れるから。国民に犠牲を強いるくせに
誰が死んでも自らの権益だけは確保する。

616 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 18:32:53 ID:+CX3vlPv
そっくり人形_日中韓の教育現場
>「世の国賊や狂人に踊らされることなく」
>「子どものできない五人のうち四人はクラミジア患者」
>「不特定多数の男性と関係をもち、うつされたと考えていい」
>
>この暴力的かつ差別的、国家社会主義的な文言はいったいなんなのでしょう?
>戦時下のナチス・ドイツにおけるプロパガンダの文句?
>中国や韓国の偏った思想・思考のひとたちによる暴言?
>いえ、答えはこの国・日本、しかも小学校の卒業の手向けに配布されたDVDと
>文集のなかに現われることばです…
>
>…たかが国家斉唱に起立しないだけでも「減給処分」を受ける昨今の日本の教育現場ですが、
>こういった「愛国的」あるいは「男性社会的」暴挙には、
>往々にして甘いがこの国の国家体質です
>どんなに中国や北朝鮮、韓国をバカにしたところで、
>実のところこういった発言をする連中というのは、
>ああいった国々における社会統制体制に対する憧れを非常に強く持っているものです…
>
>(。・0・。)こんなもん、小学生に配ってどないすんねんっ!どアホっ!!
http://fragments.exblog.jp/2502379/

どアホっ!!

617 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 18:35:56 ID:+CX3vlPv
>卒業文集で不妊女性中傷 南あわじの小学校教諭
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou05/0413ke88340.html

元記事。

618 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 19:12:09 ID:h6G9NK/t

黒い!潰れた広鼻!ぶ厚い唇!土人!南方ヅラ!マニラ顔!


赤の遺伝子afb1b3。 南方モンゴロイド。


それはマニラのスラムに漂う腐った屎尿の臭い。
この世で最も不浄な臭くて汚らしい穢れた遺伝子。

台湾人、中国人、朝鮮人にもたっぷりと入っている。

赤の遺伝子afb1b3が入ると南方人になり、日本人種が穢れる。

gm遺伝子
http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

619 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:28:51 ID:hIhorPIP

性的暴行は、チベットの収容所で行われたもっとも野蛮な拷問の
うちのひとつである。これは主に、独立運動を支持した無防備の
尼僧の信仰と精神を打ち砕くことを目的として行われる。

棒や電気警棒が膣や肛門に挿入され、それは多大な苦痛をともない、
腎臓の傷害や精神的トラウマといった不治の傷害を残す。

看守たちによるレイプはそれ程報告されていない。しかし、チベット人
女性、特に尼僧にとって、レイプされたことをひどく恥じる意識があるため、
実際は報告件数よりもレイプがかなり行われている可能性も大きい。

ttp://www.tibethouse.jp/human_rights/human28.html


620 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:36:42 ID:+CX3vlPv
>>618
616-617の教諭が所属するとされる政治結社も似たような主義主張なのかもしれないね。

>この男性教諭は、「私の所属する政治結社の基本姿勢」と、自ら政治結社に入っている
>こともこの文集で公言しています(のちに「政治団体所属はうそだった。誤解を招いたなら、
>申し訳ない」と否定していますが、誤解もへったくれもないし、おそらくなんらかの形で
>参加しているでしょうね)

もしかして>617の記事はツボだったかな?

621 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:49:00 ID:+CX3vlPv
婚姻の永続性を願わぬ個人主義エゴイズム(神社オンラインネットワーク連盟)
>これは一夫一婦制の婚姻の永続性を願う民法上の貞操義務も何も否定して、
>ただ自分一人の欲望の赴くままの自己中心的な個人主義エゴイズムという
>ほかありません。
http://www.jinja.or.jp/jikyoku/bessei/bessei6.html

神社本庁有志が運営するHPから。「結婚するときに氏を変えたくない(夫婦別姓)」
と主張しただけでここまで言われちゃいくらなんでも可哀想。
常識的に考えて、女性の社会進出が進むなか伝統的な女性差別の観念(『女性は「妻
でもあり、母親でもあり、…をよく自覚して、その各々の役割と勤めを立派に果たしつつ、
いかに人生を美しく生きていくかを考える…』云々)が受け入れられなくなっていくのと
別姓希望者の貞操観念とは、まったくの別物。
引用文の前後を読めばさらにひどいレッテル貼りと中傷が続く。それこそ>616の教諭と
変らぬレベルで。宗教家の倫理も地に落ちたもんだ。

622 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:49:29 ID:+CX3vlPv
自らの価値観と異なる思想を日本の伝統を盾にとって中傷するカルトな教義
なのを差し引いても、神道ってかなり政治臭の濃い宗教だと感じる。
戦中の国家神道の影響かね。「靖国神社・護国神社にお参りしましょう…
小泉首相の靖国神社参拝を強く支持します」とかちゃっかりトップページに
書いてあるし。

で、神道政治連盟国会議員懇談会には248名もの国会議員が加盟し、実際に
憲法や教育の問題に大きな影響を及ぼしている。

>神道政治連盟国会議員懇談会-神道精神を国政に-
http://www.sinseiren.org/ouen/kokugikon.html

>神道政治連盟を報じないマスコミ
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/not_reported.html

>【資料】小泉第2次内閣の超タカ派の大臣たち
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2003.12.3/1.html

>そのため会員増を、「キリストの幕屋」や「神社本庁」などの宗教団体が支える
>日本会議に頼るしかなくなっており…
http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm

623 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 22:01:36 ID:+CX3vlPv
女性排除の「伝統」
…このように文化や伝統といえども全て善いものというわけではないので、
ある制度や慣習の存在を「文化」や「伝統」と呼ぶことでその存続を正当化
しようとするのは無意味である。…
…結局、文化や伝統の名の下にお互いにどこまで不条理を強いたり強いられたり
するかは、マスコミを含めた社会の構成員の知的抵抗力すなわち知的思考能力
の高さにかかっている。…
http://www.asahi-net.or.jp/~yg5t-ssgc/page022.html

624 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 01:26:12 ID:GE5Vishl
逆転した連帯と敵対
>実際、日本の軍国主義化と右傾化という現状そのものが、まさにこれに基づいている。
>日本資本主義の成長神話が限界にぶつかり長期不況に入った90年代以来、次第に苦しく
>なる日本労働者民衆の不満をなだめ、失われていく自負心と希望を幻想的に再構築しよ
>うという試みが、極右民族主義煽動の背景になっている。
>ところが、それはただ日本だけのことなのだろうか。
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/korea/knews/20050501/20050503mdcol

韓国の知識人にも日本の現状はお見通しみたい。カッコ悪いね。
韓国ではメーデーに「日本の妄動」に対し「南北労働者が同じ言葉で徹底した膺懲」する
呼びかけがされるらしい。そんなことより賃上げ要求してやれよ。。と思うが人ごとじゃ
ない。

小泉の参拝パフォの狙いを日中韓の国民とも正しく理解すべき。ヤツのことは冷めた目で
軽蔑してればいいでしょ。あんなもんに感情移入して応援してもバカを見るのは自分たち。

625 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 15:45:43 ID:wK4p5uBv
小泉首相:靖国参拝「他国が干渉すべきでない」 予算委
>首相は昨年11月の日中首脳会談で胡錦濤国家主席から参拝中止を強く求められて以降
>は「適切に判断する」と繰り返してきた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050516k0000e010058000c.html

結局、AA会議で村山談話持ち出したのも参拝中止を匂わせたのも吹っ飛んだわけだ。
背中に「わたしは嘘つきですのでわたしの言うことは真に受けないでください」って
貼ってから国際会議に出席しろ。

626 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 16:10:05 ID:2yDscCC3
>>624
>小泉の参拝パフォの狙いを日中韓の国民とも正しく理解すべき。

正しく理解したら、中国の馬鹿騒ぎなどのように世界中から批判される活動などしないと思う。
静かに参拝を見守ることが正しい対応だ、騒ぎを大きくして朝日新聞を売る活動に協力することはない。

627 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 16:10:39 ID:wK4p5uBv
小泉首相、靖国参拝はなんら問題ない
>「個人的には靖国神社に行きたい、結構です。小泉首相としてはそれを自制するのが
>政治的な判断・決断じゃないですか」(仙谷由人・民主党政調会長)
>
>「どのような追悼の仕方がいいかということを、私は他の国が干渉すべきではないと
>思っております。いつ行くか、適切に判断いたします」(小泉首相)
http://news.tbs.co.jp/top_news/top_news1192462.html

これを見てほしい。一国の首相が周辺諸国民の心情を考えずに勝手気ままに行動する
ことが適切か?と問われているのに、小泉の答えは「他の国が干渉すべきではない」。

たとえば在日日本人の安全や他国籍企業の収益、たとえ表立った抗議が無かったとしても
日本がアジア諸国からどう見られるか、など日本の政治問題としての質疑だと思われるが、
小泉の返答はそれにまともに答えず、このスレで再三述べているように「敵(=中国政府)」
との対立関係や「敵」の態度の悪さにすべてを流し込む。

国民には、「おまえは日本の味方かそれとも中国の味方か」の二者択一か突きつけられる。
でもコトの本質はそうじゃない。いつもひとりの人間として小泉の行動が自分の利益に
なるか、を意識してないと、小泉の政治的無能力(大衆操作は天才だけどね)を見過ごす
ことになる。

628 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 16:18:28 ID:wK4p5uBv
>>626
多くの中国人も小泉のパフォの意味を理解できてない。
冷めた抗議を行ない軽蔑を突きつければいいのに両政府に踊らされ熱くなってしまった。

629 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 17:31:26 ID:wK4p5uBv
>静かに参拝を見守ることが正しい対応だ、

違うよ。小泉(神道政治連盟元副会長)の背後にある集票組織や
分割統治の手法を晒し、冷静に批判すべき。

また、愛国にとらわれず人として普遍的な感性を働かせるべき。

彼は中国の格言を持ち出して「罪を憎んで人を憎まず」と述べて
いるが、加害者サイドの組織の長にこの言葉を投げつけられて
被害者遺族がどんな気持ちになるか想像してみるべき。

たとえば(列車事故の)JR西日本の社長が補償金を払い終えた後
被害者遺族にこの言葉を言えば遺族はどんな気持ちになるだろう?

630 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 17:49:03 ID:KGp33Qpl
>>609
今更ナニ言ってるんですか。
そんなのわかりきったことじゃないですか。
アナタ、もう少し現実を見なさいよ。
ここの板の人たちって奇麗事や理想論ばかりで現実に則した、
実用的な議論っていうのをまったくできないんだよね。

631 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 17:55:17 ID:2yDscCC3
>>627
あれ以上反論したら、中国の不当なデモや、反日教育を批判する発言に発展する。
そうした発言をさせたい民主党の意図を見抜いているからああした発言で納めたのだ。

民主党の発言はそうした外交上の問題発言を故意に引き出して政争の具にしようとする浅ましい意図が丸見えだ。
自分で近隣諸国の感情を配慮をしろといいながら、問題発言を引き出そうとする身勝手な国際感覚こそ狂っている。


こうした馬鹿な発言を支持する民主党支持者はそれ以上の大間抜けなんだろう。

632 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 18:12:02 ID:2yDscCC3
>>629
戦争と事故では比較することが間違いだ。
戦争は殺人を肯定する行為だ、相互に殺し合ったのだ。

一方的に日本の行為を責め、通州事件のような謝罪しない相手を日本にだって恨む気持ちは正当なものだ。

違法なゲリラ活動をやり、民間人を装って襲撃するような戦法や捕虜を惨殺したのは中国人が先だ。
日本の将校は捕虜を最初から惨殺させるようなことはなかった。軍人と民間人は区別していた。
戦場のルールを無視したのは無知な中国人たちだ、報復を招いたのは中国人の責任だ。
中国人は自分たちに罪がない場合だけ日本を批判できる、中国人が罪がないとでも言うのか?

633 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 18:21:33 ID:wK4p5uBv
>>632
その話(侵略戦争ではなく単なる殺し合いか)を持ち出すと
ややこしくなる。村山談話は森・小泉とも踏襲している。

634 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 18:24:22 ID:wK4p5uBv
つか、嘘ばっかりやがな。。

635 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 19:48:08 ID:wK4p5uBv
>>631
いや、そうじゃないでしょ。「政治的にどうか」と問われたら
政治的に適切かどうかを答えればいい。中国政府の干渉が
どうかとか関係ないでしょ。

各マスコミの記事タイトルのつけ方にも毎度うんざり。
持ち時間腐るほど持て余して二の句を継げない民主も同罪だけど。

636 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 19:52:13 ID:wK4p5uBv
…いや、かと言っていいタイトルが思い浮かばんw やっぱあんなモンか。
記事の中身や解説・社説で一工夫を期待。

637 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:28:25 ID:z/6w6BGt
国のトップが戦犯を「追悼」(追悼と神格化は違うと思うが)すると、
国民が勘違いする危険がある。つまり「日本軍の死は(一般民衆の死
と違い)国のために戦って死んだ尊い犠牲なのだ」と。

同じ口でいくら「過去の過ちを反省し」と述べても、イメージとして
「日本軍=英雄」が付き纏う。日本人が勘違いしないためにも、首相
の靖国参拝は止めるのが適正な政治判断だと思う。

(14)日本軍の特質
>第二に日本軍が占領地の一般住民を敵視したことである。占領軍である日本軍に対する
>住民の抵抗はゲリラだけでなくさまざまな形でおこなわれた。日本軍は住民全体を疑い、
>村を丸ごと抹殺することさえおこなった。国際法はまったく無視された。相手が住民で
>あろうと、「抗日ゲリラ」あるいは「抗日分子」という名目がつきさえすれば「治安粛清」と
>称して堂々と住民虐殺がおこなわれた。
沖縄県史料編集室編『沖縄戦研究U』沖縄県教育委員会発行
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper41.htm

さらに言うなら、一般公務員はたとえ休日でも政治活動をすると逮捕
されている(>>360)。政治家の布教活動もこの際法律で禁止すべき。
原告に損害がないということで憲法判断に踏み込まず裁判が棄却されて
いるが、だからと言って政治家の宗教活動を放置し続けるのは立法府の怠慢。

638 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:31:22 ID:v/AbIfuu
反日中国人の為にこんな無駄な支出が我々の税金で行われています。

大学に留学する場合です。

@奨学金/月額142,500円 (年171万円)
A授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担 (年52万800円(現時点))
B渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
C帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
D渡日一時金/25,000円 
E宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円) 
F医療費補助/実費の80% 


@+A+B+D+E=380万円!!!年に380万円ですよ。
全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。
奨学金をほしい日本人はわんさかといるのにもらえない人が多い。それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って全ての人がもらっているのです。
繰り返し、言います。年に380万円ですよ。4年いたら、1520万円ですよ。血税で養っているのですよ。
貧乏な日本人学生が多くいる中で。
しかも、10万人。いくらでしょう?
3800億円です。


639 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:35:11 ID:2kl3ZdiQ
>>638
遊んでばかりいる日本の学生に使うよりも有意義な使い方だと
思われ。

640 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:48:03 ID:z/6w6BGt
>>638
日本の学問とともに文化や民主主義の仕組みを知ってもらうための
有意義な支出だと思うよ。日本語ができるなら中国の日系企業でも
指導的役割を果たせる。

ただし、そのためには日本が人権を尊重する模範的民主主義国である
必要がある。日本の悪いところを見て反日感情を募らすようなら最悪。

641 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:09:49 ID:z/6w6BGt
…中国人留学生の統計でもあるのかなと思ってぐぐってみたら、
ソースはこれかよ。日本人も他で受け入れてもらってるだろ。

日本政府(文部省)奨学金(海外採用)
http://www.between.ne.jp/sij/jp/schlshp/kokuhi.html

海外奨学金の採用条件に「反日中国人」をくっつけただけ。
「反中」焚き付けて何が面白いんだ。

642 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 12:01:04 ID:z/6w6BGt
衆院予算委首相の答弁
>日本は平和国家として国際社会の平和構築に努力してきた。戦争にも
>巻き込まれず、戦争にも行かず、一人も戦争で死者を出していない。
2005/05/17朝日

今朝の新聞読んだら靖国関連質疑で小泉がこんなこと言ってたらしいね。
平和構築に小泉はいつ何の努力をしたよ。
まさかブッシュの「テロとの戦い」を支持し続けてること?
あの戦争に巻き込まれた日本人は全部で早11名。
その内5名が既に亡くなっている。斉藤氏に何かあれば6人目。

今開催中の核不拡散会議で、米国が「使える小型核兵器」を
開発していることについて一言でもモノ申す気があるのか?

ったく便利な脳みそだ。まさかこれらも「歴史認識の違い」なのかね。
タカ派の皆さんにとっては空想の世界に逃げ込める魔法の言葉だ。

643 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 12:51:29 ID:z/6w6BGt
で、不思議なのは、「歴史認識の違い」と称して
「侵略戦争」を正面から受け止めようとしない連中(麻生・安倍など)が、
一宗教にすぎない神道信仰については、
「現代の日本では戦没者を犠牲者として哀れむことになっている」だの
「次ぎの世代の総理も当然参拝すべき」だの国の責任者としての参拝を促がすこと。

「共産主義国だから(信教の自由に)理解がない」(安倍)
中国と違って日本では、宗教について誰かが誰かを代表することなどあり得ないはずでしょ。

たとえば国家公務員は職務と関係なく(休暇などに)「十四 政治的目的を有する演劇を
演出し若しくは主宰し又はこれらの行為を援助すること」等まで厳しく禁止されている。
http://www.geocities.jp/chikushijiro2002/UniversityIssues/kisoku14-7.html

職務遂行に支障をきたす恐れがあるからということだろうが、
こんなもんが職務に差し障るわけがない。時代錯誤も甚だしい。

翻って、靖国参拝が政治に与える支障は計り知れない。
政治家の宗教活動は厳しく法で制限すべきだと思う。

644 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:09:31 ID:Up2niPaj
ベルリンにホロコースト記念碑 17年越しで完成
>連邦議会が99年「統一ドイツの首都にふさわしい追悼施設が必要」とする建設案を
>賛成多数で可決。犠牲者の名前を刻まず、対象をユダヤ人に限定することにし、
>急ピッチで建設が進められていた。
http://www.asahi.com/world/germany/news/TKY200505090321.html

>複数の展示館の中には、「日帝侵略館」がある。それを観覧した故金丸信・
>元自民党副総裁は、この展示館は東京に置いた方が望ましいというコメントを残した。
http://www.asahi.com/international/aan/hatsu/hatsu050518.html

日中韓共同で、「日本帝国による被害館」を追悼施設として東京につくってほしい。
お金は、対中国のODAを止めて、その分を回すとアピールすればいい。
日本人(とくにウヨ政治家)への歴史教育にもなる。ODAに群がる日本の財界も
納得すると思う。政治には大人の知恵が必要でしょう。何が悲しくて首相の個人的
信仰に国全体が振り回されにゃならんのかと。。政治家たるもの職務に差障りが無
い範囲でプライベートを楽しむべきなのは当たり前のこと。

645 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:35:49 ID:DbDad1Wq
>>643
同意しとく。

646 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:43:21 ID:Up2niPaj
レスが キタ━━(゚∀゚)━━!!!!! 侍。(パクリ

647 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 01:01:41 ID:Up2niPaj
昨晩、他のスレでかなり暴走してしまったおかげで
「認識の違い」なるものの中身がわかった気がする。

・平和に対する罪や人道に対する罪は事後法なので
東京裁判やニュルンベルク裁判(ナチス)は受け入れられない。
・戦犯の名誉は国会で回復されている。だから戦犯は犯罪者ではない。
・南京虐殺、人体実験(731部隊など)、三光作戦、アヘン売買、軍の覚醒剤使用、
従軍慰安婦、細菌兵器や毒ガス兵器、捕虜虐待虐殺、住民からの略奪、強姦、無差別爆撃など
個別の非道については証拠がないから認められない。文献や証言は中国とサヨクの捏造である。
東京裁判や南京裁判、ハバロフスク軍事裁判での供述や事実認定も、
戦勝国が戦敗国を裁いた一方的なもので信用できない。
・証拠がない以上、日本軍は規律を守って日本国民を列強諸国から守りアジア開放のために
戦ったという我々の想像が正しい。正しくないというのは歴史認識の違いにすぎない。
日本の歴史認識と中国の歴史認識のどちらを信用するのか。ってトコでしょう。

648 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 01:02:01 ID:Up2niPaj
講和条約で受け入れた国際裁判が失効することはないのはもちろんだけど、
たしかに当時の裁判は公平とは言えない。それは歴史学的な視点から批判に値する。
しかしそのことと、それらの判決に一級の史料価値があることとは別の話。
公式裁判での内外多数の証言から得られた結論を嘘と決めつけて
事実を否定することが国際社会や多くの日本国民から受け入れられるはずがない。

東南アジア諸国・中国・韓国・オーストラリア・日本国内・戦勝国、、、
各地の遺跡や当時の文書、記念館、被害者加害者双方からの証言などの存在も同様。
ひとり二人の証言ではなく、様々な角度から史実が明らかにされている。
原爆資料館やひめゆり平和祈念資料館も多くの証言や遺品などと共にそれら全体の
ひとつとして位置づけられるからこそ史料価値がある。中には紛い物もあったろうが
全体の整合性のなかで、化石を発掘、復元するようにピースを繋いできた。
生き証人が亡くなっていくなか、日本人がいきなり「歴史認識の違い」などと
それまでの成果を一蹴すれば周辺国や史実に正面から向き合う日本人に軽蔑されても
仕方ないと思う。

649 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 18:00:32 ID:IfIL613+
>…考えてみて欲しい。もしドイツ政府と指導者の中でファシズムを肯定し、
>ヒトラーにひざまずいてそれにぬかずく行為を表すものや、イタリア政府
>と指導者の中でムッソリーニにひざまずいてそれにぬかずく行為を表わす
>ものがいれば、ヨーロッパ諸国の政府と人民はそれを許すとでも思ってい
>るのか。彼らはドイツやイタリアと正常な政治的往来をつづけるだろうか。
>国際社会はドイツがファシズムの頭目のために定説をくつがえそうとする
>行為を平気で受け入れることができると思うのか。…
2005/05/19 人民網日文版
http://www.people.ne.jp/2005/05/20/jp20050520_50186.html

「一部の外国の言い分を真に受けて、外国の言い分が正しいといって、
日本政府の、私の判断を批判するというのは、…」などと小泉が言って
いたらしいので、一部外国の言い分がどんななのか探してみた。

まあ、この件に関しては「一部の外国の言い分を」って言うより「一部の
日本の言い分を」真に受けて…って表現が正解じゃないかね。無神経!

650 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 18:35:32 ID:IfIL613+
靖国参拝は個人として/参院予算委で首相
>「内閣総理大臣である小泉純一郎が個人として参拝している。
>総理大臣の職務として参拝しているわけではない」
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050520000202

「私は嘘つきですので…真に受けないでください」って背中に貼って国会に
出席しよう。

>「私が自由民主党総裁に当選し、内閣総理大臣に指名されたら、8月15日の
>終戦記念日に靖国神社へ公式参拝を致します。」  4月に行われた(4月12
>日告示24日投票)自由民主党総裁選挙において小泉候補は公約として靖国
>神社公式参拝について明確に発言をした。

そのときの都合で、ひとつの行為を「これは職務です」「これは個人としてです」
って言い換えられたらなんも責任なくて便利だね。
しかし、政治家が個人として行なった行為だから問題ないって言うのはどういう
理屈だ?集団レイプに「まだ元気があるからいい」とのたまった太田誠一行革
本部長も個人として行なった発言だから問題なかったのかね。

651 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:12:21 ID:XCh+kbpv
私の視点:「錬金術師」に有利な税制(森永卓郎:経済アナリスト)05/05/21朝日
>…そういう人たちが高い所得を得る一方で、…まじめにこつこつ働いている
>人たちの処遇がどんどん悪くなってきている。そして社会もそういった傾向
>に追従しがちだ。…
>
>ただ、今回の1位の部長をはじめとして、高額納税者リストに載っているのは、
>おカネを右から左に動かす「錬金術師」のなかでは正直な人たちだといえる。
>
>…自分で会社をつくって所得を分散させるというのがよくある手口だが、
>サラリーマンの立場を維持したままでも、節税策はいろいろある。…
>
>そもそも、株価の上昇などで巨大な利益を得ている長者たちは、きっちり課税される
>「オモテの所得はなるべく生みださないようにしている。たとえば、所得株の含み益が
>2兆円ともいわれる孫正義ソフトバンク社長の場合、04年分の納税額は3億円程度だ。
>
>そして、何より問題なのは、税制の仕組み自体が、額に汗して一生懸命働いている
>人たちが報われず、「錬金術」だけが栄える社会への変容を後押ししていることだ。
>03年の税制改革で、株式投資に関する税金などを劇的に減らす一方で、発砲酒や
>ワインなどの大衆課税を強化したのがいい例だ。
>
>…使い切れないほどのカネを稼いだ人から高率の税金をとるほうが、徴税
>効率もはるかに良いはずだ。…
>
>ところが、実際に政府がやっていることといえば、消費税率引き上げの準備
>を内々に進める一方で、日本社会のあり方について考えるうえでこれだけ
>重要な情報を与えてくれる高額納税者の公示を、「個人情報保護」を理由に、
>やめることも含めて検討しているという。なにをかいわんやである。

中国と同じ病気を日本も抱えてるみたいだね。

652 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 00:10:39 ID:2LifLhX7
その1 「戦争を知る」ということ[2空襲・戦災・三光作戦・南京事件]
>…「大日本帝国」などといかに強国ぶってみたところで、資源をもたない
>この小さな島国は、長期戦を戦うだけの物資の裏づけをもってはいなかった。
>ましてや中国の奥懐は深く、正面の敵をいくら急追し、いくつもの大都市を
>陥落させたところで敵は参らない。…
>
>…だからこれは、質の悪い兵隊が個人的に悪事を働いたなどというなまやさしい
>ものではないのである。戦線が伸びるに従って、民衆からカッパラッタものを
>食い、使用しながら戦うことが「天皇の軍隊」の作戦の前提になっていった。…
>
>…「国」をカッパラウという卑劣な行為の本質を、「八紘一宇」だとか「大東亜
>共栄圏の確立」だとか「王道楽土」だとか「暴支膺懲」だとかのプロパガンダで、
>戦争をひきおこしたものたちはごくあたりまえの人びとの目から隠しおおせる
>ことができたかもしれない。しかしひとりびとりの兵士たちにとって、…
http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sengo12.htm

2ちゃん(政治板)見てると日本のしたことをちゃんと受け止められない人が大杉。
上のリンクはウヨクな人でも比較的すっと受け入れ易い語り口になってると思うので。
真ん中より少し下の「思うに、戦争末期、〜」ぐらいから。

653 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 18:07:32 ID:2LifLhX7
その2 戦争体験は風化したのか[3 英霊・国防・靖国神社]
http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sengo23.htm

たしかに、英霊に祭り上げられた自衛隊員の遺族が
TVの番組に繰り返し出て
国のためにりっぱに戦って英霊になった息子のことを涙ながらに訴え続ければ、
「この戦争に反対する者は彼の死を汚す不届き者だ」
って“空気”がすぐにでも出来上がって、戦争の正当性を疑うことは難しそう。

個人の死を戦争の正当性に結びつける靖国の思想は、やはりかなり危ない。
“空気”に弱い国民性に加えメディアが発達した現在、
靖国と政治が再び結びついたときの危うさは前の戦争の比じゃないかも。

654 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 18:36:57 ID:BrxSIIAJ
>>653
こじつけの妄想だ。靖国と戦争なんて今時の国民には通用しない。

馬鹿はどんな理屈でも洗脳される。靖国に限ったものではない。
世界中で戦争をしているが靖国なんてまるで関係ないじゃないか。

靖国なんてものに固定して批判している視野狭窄こそ一番操られている証拠だろう。
イデオロギーで戦争してきた時代を忘れたのか?

655 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 18:52:25 ID:2LifLhX7
>>654
>靖国と戦争なんて今時の国民には通用しない。

今は平時だからでしょう。平時に政府による権威付けが行なわれ、
有事に政府の世論形成に利用されると思う。

戦犯以外の前の大戦の戦死者は自国政府があちこちの国にケンカ
ふっかけたことによる被害者だってことを忘れてはならないと思う。
小泉は戦死者に対し「敬意」だとか「感謝」だとか述べているが、
戦死者らが日本国の首相に感謝されるいわれはない。
謝罪されることはあっても。

656 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:10:28 ID:BrxSIIAJ
>>655
ふざけるなよ。
兵士は国家のために働いた。
命を捧げて国家に貢献したからあれだけの、犠牲で戦争が終結したのだ。
彼らが犠牲となったおかげで我々が生存していられるのだ。
彼らの献身的な働きに敬意を表し、感謝するのは当然だろう。
警官や消防士のように任務を果たすために犠牲となった。
感謝をするべきだろう、犬死にでした可哀想と犠牲者に言うのか?その犠牲的精神を称えるべきだろう。

657 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:13:36 ID:2LifLhX7
>>656
靖国に祀られている戦死者が「国のために」なにをしたかというと、
(騙され洗脳され)盗っ人の先鋒を担いだに他ならない。
先鋒を担いだ者は第一に加害者であり次に被害者でもある。

先鋒を担いだことについて
かつて盗みを企てた者がもし感謝するなら、
その首謀者は、盗みを働いたことについて
なんら反省していないということ。

小泉が終戦記念日にすべきことは、戦死者を含めた国内外すべての
日本政府による被害者に対する謝罪以外にありえない。
感謝してどーすんだ。

658 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:20:20 ID:2LifLhX7
「犠牲」って言えば加害責任の所在がうやむやになるけど、
対政府でいえば、「犠牲者」じゃなくて「被害者」だね。

659 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:24:28 ID:qgTESDaU
みんなで一緒にエロサイトを見よう。共産党も一緒に。
あ、もういつも見てるって。

660 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:33:03 ID:UqlNBKCN
>>656

661 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:36:15 ID:UqlNBKCN
>>656
激しく同意
彼らは後世の人々(我々のことでもある)の為に自分の命を捧げたのだ。
まずは感謝すべき。


662 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:45:57 ID:BrxSIIAJ
>>657
戦争というものに対する認識がおかしい。

戦場で敵を何千人殺してもそれは犯罪としての加害者ではない。犯罪としての責任は全くない。OK?
戦場での行為は戦場のルールが適用される、ルールに則った行為ならばそれは罪でも犯罪でもない。OK?

過酷な戦場で戦った国民に対して感謝しないでどうするつもりだ?
国家の貢献を称えなくてどうするのだ、ご苦労様ありがとうと感謝しねぎらうべきだろう。

663 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:00:32 ID:9UWUV0cn
>>656
はじめからアメリカと結託していれば今ごろは国連常任理事国だ。
下手な戦争したから60年下積みなんだろが?どうせ60年もアメリカべったり
ならもう少し早めにそうしていればよかったわけだが。(ワラワラ)

そうすりゃだれも犠牲になどならずに済んだしな。

664 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:04:25 ID:9UWUV0cn
下手に靖国精神などと煽って死にに行けと命令出して行かせて殺し、死んだら
英霊であるなんて、誰も思わねえよ。

665 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:07:21 ID:2LifLhX7
>>662
彼らは何のためにアジア大陸に渡ったのか?侵略するためでしょう。
仮に彼らが後世の人々の為だと騙されて大東亜共栄圏なるものを信じ、
現地に送り込まれたとしても、そこで行なわれたのは聖戦に程遠い
略奪の限りだった。その延長で米英まで敵に回して国民を巻き添えに
した。

きみが言っているのは、日本政府の責任を曖昧にした「愛国無罪」。

666 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:25:48 ID:1V44brQL
>>661-662
盗賊団の一員であれば、同様に盗賊団の一員として働いた先祖に対して何の留保もなく
感謝するのは当然と言っていいんだろうけどね。
その代償として、周囲から「やはりこいつらは相変わらず盗賊なんだ」と思われるのは
やむを得ないわけだがw


667 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:30:19 ID:PdWPZqAX
>>665
彼らは国の命令で行ったわけで、皆が自らの意志で侵略したいがために行ったわけではない。
戦争でなくなった人たちを、後世の命をつないでもらった我々が非難すべきではない。
哀悼の意を表すことを一概に「愛国無罪」と決めつけるのはいけないのではないか。

668 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

669 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:49:00 ID:2LifLhX7
>>667
非難しているわけじゃないが、結局、日本軍の行なった蛮行に対する批判は
誰がするんだという疑問。いままで日本政府は中国やその他アジア諸国の
批判(歴史を鑑に未来をどうとか)に真摯に耳を傾けてこなかったでしょ。

歴史を紐解くと、彼らの行動に対しては感謝もできないし敬意も払えない。
「国のため、アジアのため、後世のため」と聞かされ騙されて死んでいった
多くの一般国民と同じくその死を悲しむ(追悼)ことができるのみでしょう。

靖国は追悼施設としての資格は無いし、国が神道に関わるべきでもない。

670 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:50:06 ID:2LifLhX7
>この前の戦争を善かったとあからさまに言う人はいない。
>その戦争の基礎にあった八紘一宇だとか大東亜共栄圏だとか、
>天照大神の子孫で現人神の天皇をいただく日本人の使命だとか、
>そんなイデオロギーを今も信じている人も、ほとんど無い。
>
>しかし、それらのもろもろが、そのときの国の方針としてやられたのであるからには、
>それに忠実に従ったものは、いまもなお評価されるべきと、
>日本人の大多数が思っているのである。
>
>つまり日本人は、“いまからみれば誤っていたが、当時としては正しかった”という
>不思議な戦争を戦ったのであり、しかも、その“いまからみれば誤っていたが”は、
>実質的には“今からみても正しかった”という方向にかなり転化している。

むしろ国の方針に逆らって政府に粛清された人たちこそ特別に敬意を払われるべきだろうね。

671 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 22:32:25 ID:PdWPZqAX
>>669
日本が戦争でしてきた行為を正当化するつもりもないし、出来るわけもない事実だが、
靖国は一般戦没者もいるのに、追悼施設の資格はないとまで言ってはいけないでしょう。
「神道に関わる」と言うのも大げさでは。

日本は今までに何度も国際社会に対して謝罪を繰り返してるのに、
それを国民までがまだ足りないと言っていたら、これから先日本は
国際社会の中で取り残されてしまうのでは?



672 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:05:56 ID:5wHYLyiJ
戦争にいって死んだとしても、靖国に祭られてもうれしくない。
国家のために戦ったのではなく、家族や愛する者のために戦ったのだ。
遺骨があるならば、故郷の墓に眠りたいと思う。
時々私のことを思い出してください。
と、戦って死んでいった者は考えていたと思う。

靖国はどうだっていいよ。だが、外国にどうのこうの言われたくはないね。
日本が中国大陸に侵攻していたことと、現在チベットに同じことをしている、
支那に言う資格はないね。支那には恥と言う漢字はないのだろう。

フセインも戦争犯罪人だってさ。東京裁判と同じかよ。
戦争の最高指導者たちは、ヒットラーみたいにけじめをつけられなかったのは、いただけない。

673 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:09:52 ID:2LifLhX7
>>671
靖国には一般戦没者もいるし戦犯もいる。他方で一般国民の被害者はいない。
神格化してないという点で異なるが、アメリカの軍人墓地みたいなのも日本
には必要ないと思う。死ねば国から特別の敬意が払われるという約束は、
死に対する正常な判断を狂わせるだけ。わざわざそういう空気をつくるのは
避けた方がいい。

特別に敬意を払われるべき人間には、(坂本竜馬や西郷隆盛のように)後世の
判断で奉ればいいと思う。

674 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:14:30 ID:2LifLhX7
謝罪については回数じゃないと思う。
「何」を謝罪したのか、「何」を反省したのかが疑われている。
過去の事実を矮小化したり戦争責任をうやむやにするなということでしょう。

675 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:22:32 ID:iHzCKbLL
終戦時に20才だった日本人は今や80才。つまり、大部分の日本人は
戦争には無関係。謝罪する必要などない。これ基本。

676 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:39:54 ID:PdWPZqAX
>>674
「謝罪は回数じゃない」ってレス、絶対来ると思ってた。
じゃあ今までの謝罪は実のない回を重ねただけのものだったのか?
謝罪だけじゃなく態度でも示してると思うけど。(ODAとかね)
チャイ人らが謝罪を求めてるのは金目的が一番の要素でしょ。
それに言われるがまま従ってちゃ駄目だって。

677 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:42:42 ID:2LifLhX7
>>675
今生きているほとんどの日本人に直接の戦争責任はないが、
前の戦争についてだれに責任があるのか、
過去の日本がアジアに何をしたのか、
をちゃんと知っておくことは日本人としての基本でしょう。

小泉は組織の長としてどうかな?NHKの後任の会長が
前任の諸々の不祥事について責任を負っていないとは言い難いと思うが。

よく知らんのだけど、戦中要職にあった者が戦後も引き続き政治を
担ったことが現在日本の悲喜劇を招いたんじゃないだろうか。

金持ち世襲じゃなく貧乏人でも選挙に勝てる制度にならんもんかね。

678 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:57:12 ID:2LifLhX7
>>676
村山は本気で謝ったのだろうが、ここ数年の日本の右傾化で過去の謝罪
も意味を成さなくなっている。

はっきり言って、日本は周辺国にほんとうの意味での謝罪を一度もして
いない。…ことになってしまったと思う。

村山は「植民地支配と侵略」について謝罪したが、当時と今では「侵略」
の中身について日本の認識が違うのだろう。少なくとも参拝を繰り返し、
教科書から加害記述が消えていく日本を見てアジア諸国からはそう思わ
れている。

補償金額の調停が合わないからって、事実認識から謝罪から全部ひっくり
返すやつがあるか!って話。

中国も韓国も「歴史を鑑に、未来へ向かう」って言ってるじゃん。過去に
対する日本政府の意識の問題だよ。補償が済んだというなら、それはそう
主張すればいいじゃん。石油の問題も常任理事国の問題も個別に話しすれ
ばいい。向こうには向こうの国益がある。そこからがまともな外交の始り
ってこと。

679 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:15:01 ID:+p7+8u3+
>>678
歴史を檻に未来へ...って本気で考えている国が、デモとか起こすの?
加えて反日教育を続けたりしてるの?
真実味がない。

一つだけ同意すると、確かに日本はもっと保証は済ませたことを
主張すべき、ということ。
弱腰の姿勢をつけ込まれているのにね。



680 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:17:06 ID:BocVnrwx
「侵略」の中身が「日本軍の規律正しい進軍」でも
「村ごと虐殺や放火・強姦など」でも、謝罪すべきなのは同じ。

今続いている対中ODAが援助なのか形を変えた補償なかも、
日本が事実を事実として受け入れたからといって結論はなんら変らない。

もし「靖国参拝を止めたり加害事実を後世に伝えること=中国に損をさせられた」
って発想なら、そもそもそれがおかしい。両方とも人として国として当然すべきこと。

681 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:22:22 ID:F6F7swy7
>「侵略」の中身が「日本軍の規律正しい進軍」でも
>「村ごと虐殺や放火・強姦など」でも、謝罪すべきなのは同じ。

大違いだろ

682 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:23:05 ID:BocVnrwx
>>681 どっちだと思う?

683 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 16:05:05 ID:BocVnrwx
中国の人権問題にちなんでこんな記事を。女性問題は中国以下だって。

>世界経済フォーラムは16日、世界各国の男女差別の度合いを指標化した
>「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。北欧勢が上位を独占する
>一方、日本38位、中国33位、韓国54位とアジア勢は低迷。女性が参加し
>やすい社会づくりで欧米に大きく後れを取っているという実感を裏付けた。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050516AT2M1400516052005.html

「こんな女性差別する国なんかに、うちの教育方針についてとやかく言わ
れたくないね」って中国がこの記事を持ち出して反論はじめたら「ハァ?」
って感じでしょ。

人権問題や歴史問題で、相手政府にも後ろ暗いところがあるから手打ちに
してお互い黙認すべきだ、とするのはお互いの国の住民にとってこれほど
不幸なことはない。単に問題が先送りされるだけ。

政府が自国民に歴史事実を歪曲して伝えたり、そのことを国際社会に対して
開き直ろうとするのを許してはいけない思う。そんな外交姿勢でいつか痛い
目を見るのは他の誰でもない日本の国民だから。

684 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 20:36:44 ID:uGkNiXms
>>683
中国には昔から女性の社会参加の伝統がある。
天を支えるのは男と女として、同等の才能があれば同等の扱いが古代からなされた。
そうした文化背景の上に共産党政権が女性労働者と女性兵士を有効な労働力、戦力として使ったために、
男以上の権力を、妻でなく独身女性としても獲得する社会が出来上がった。

確かに男女差別は中国は日本より少ない。
食事の支度も男が何処の家でもほとんど参加して交互に料理したり手伝ったりしている。
手伝わないような男は結婚を出来ないような社会風土が出来上がっている。

文化風土が大きく異なっているがあまり大きく取り上げないのは、
日本のマスコミの男がその実態を報道したくないからだろう。
今以上に日本の女を増長させたくない空しい最後の抵抗だろう。

685 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 21:16:31 ID:BocVnrwx
>>684
へー。中国にはそんな社会風土があったんだ。
一昔前の香港映画とかわりと好きだから、中国の女性は拳法使えたりして
カッコいいなーぐらいの認識しかなかった。ゲイシャ・フジヤマぐらいの認識w

料理できる男性は日本でも結構増えてそう。彼女に仕込まれたりして。
反動的な保守層との二極化かな。…それとも案外ネット弁慶だったり。

686 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 21:40:03 ID:BocVnrwx
加藤周一「夕陽妄語 2003年回顧」
>小選挙区制は、いつでも、どこでも、大政党に有利、小政党に不利に働く。
>しかも選挙の争点が二大政党[自民党vs民主党]の対決であるかのように宣伝され、
>ほんとうの争点がかくされた。ほんとうの争点とは憲法九条の改訂である。
>二大政党は、その点に関して、根本的に異なるものではない。
>根本的対立は、二大政党間ではなく、二大政党と少数政党の間にあるはずのものだった。
>
>議会において少数政党の力が弱められれば弱められるほど、
>憲法九条の無理な解釈――海外派兵――九条改訂――軍備増強――徴兵という日本史の
>新たな方向転換は、十分な批判、十分な議論なしに貫かれることになるだろう。
>政府の政策と国民感情の乖離の幅もせまくなるのではなく、さらに大きく開いてゆくに
>違いない。
http://www.eris.ais.ne.jp/~fralippo/demo/review/KAT031218_recollection/index.html

中国は共産党独裁政権だが、日本が民主的な政治をやってるかって言うと心もとないなー。
肝心な争点(憲法に限らず、税制やBSE輸入、年金)では、国民はどうしょうもないし。
さしずめ経団連独裁政権か?

687 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 22:02:45 ID:BocVnrwx
加藤周一「夕陽妄語」2005/05/23朝日夕刊
>日本の首相がなぜ靖国神社参拝に固執するのか理解できない、と彼は言った。
>私はその感情が中国の大衆、殊にたとえば学生たちの間に、どの程度まで
>広がっているのか知りたいと思った。…
>
>しかし長期的には経済的関係の安定も政治的友好関係を前提とする。
>政治的友好関係はその時の権力相互の水準ばかりでなく、大衆感情の
>中にまで浸透しなければ、その持続性を保証されないであろう。…

なぜ靖国神社参拝に固執するのか?それは日本人にも理解できないw


3人のおかげで日本の政府と国民は“別人格”だと判断された
>イラクの人たちは、多くの日本人はイラクのことを真に思いそのために活動
>してくれているが、日本政府は、米国に追随してイラクに敵対するのみならず、
>「ファルジャー虐殺」にも冷淡で自国民の生命と安全さえ一顧だにしない
>とんでもない連中だと受け止めたはずだ。
http://www.creative.co.jp/top/main1297.html

せめてドラマが起こってこんな話になってくれれば、ちょっとは救われるかもね。

688 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 00:29:56 ID:n/6E6a0K
田中角栄は国交正常化の際にも靖国参拝を行っている
堂々と行っていた、当時の田中は日本は中国に甚大な加害
行為をしたことを認めた上で謝罪し、靖国参拝を行う理由
として、戦時下において国を信じ死んでいった人々も中国
の国民と同様に犠牲者であると言った。いまの小泉は内政干渉
だ関係ないと言っている、強烈な差を感じる、中国が怒るのは
当たり前である

689 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 01:11:45 ID:CtS+Pein
北欧は民主主義の中でだが 
中国は共産主義だからこその女性の社会進出。
映画でみる 子供の旗振りそして人民服の女性だーね

中国には、てん足という女性の文化なかったかな?
小さい足が美人ということで小さい小さい靴を履いたのは
女性が遠くに逃げられない為と聞いた事があるんだが


690 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 03:44:17 ID:9LvuFmcj
>>688
田中角栄は日中国交を回復したりと
それなりの政治を行なって政治に差し障りのない範囲で参拝していたが、
小泉のは、政治のことなど何も考えず自分のやりたいように
振舞ってるだけだもんな。

靖国が政局になり政教分離の嫌疑がかかった時点で、政治家なら
政治に悪影響が出る行動は慎むべき。気ままに振舞いたいなら
政治家辞めてからいくらでもすればいい。

>>689
もしかして中国に負けたのが悔しいとか。てん足の説明の後半部分は
違うでしょ。>683に書いたことと被るんだけど、ここで中国の悪い
とこを探して中国よりマシだからと日本の現状を肯定してみても
進歩はない。劣ってる部分は素直に受け入れて改善すべきでしょう。

ちなみに日本は報道の自由度も経済先進国中最下位。さすがにこれは
中国には勝っている。けど、改善(記者クラブ廃止etc.)すべし、だね。

691 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 03:44:40 ID:9LvuFmcj
>小泉首相は23日夜、呉副首相の「ドタキャン」について記者団から感想を聞かれ、
>「分からないですね。野党の審議拒否が伝染したのかな」と不快感を示した。
>靖国問題をめぐる駆け引きとの指摘に対しては「そういう意図があっても通じませんね」
>と述べ、靖国参拝の判断に影響しないことを強調した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050524k0000m010092000c.html

おそらくもう真面目に政治する気なんてサラサラないんだろね。
なんか目的があって世論煽ってるんだろうけど。。最低。

692 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 04:13:23 ID:9LvuFmcj
>政府関係者によると、23日午前9時過ぎ、呉副首相と河野衆院議長が
>議長公邸で会談していた際、副首相あてに電話があった。副首相は
>「本国から急きょ帰国するように指示があった」と語ったという。また、
>谷内正太郎外務次官に対しては、同日午前、中国の王毅駐日大使から電話で
>「公務のため、本国へ帰る必要が生じた。他意はない」との連絡があった。

こんだけの話から、

「(中国側は)理由を説明すべきだ。最低限の国際的なマナーを守ってもらいたい」(町村)
「一国の首相が会う日程を組んでいるのに、理由もよく分からずに土壇場でキャンセルする。
ちゃんと説明すべきだ。国際的、外交的マナーをどう考えているのか」(町村)
「先般の(日本)大使館への破壊活動と、一脈通じるものがある」(町村)
「多くの国民は少し非礼ではないかという気持ちを抱くかもしれない」(安倍)
「分からないですね。野党の審議拒否が伝染したのかな」(小泉)
「関係改善に努力している時になぜ」「非礼だ」(官邸・外務省)

こうなるわけだ。元々、世論を熱し続けるのが目的で、仲良くやる気なんて無いわけ。
日中関係(日韓関係)は小泉の代で完璧に切れたかな。どう落とし前つける気だって
言いたいところだけど、近い将来国民に高いツケが回ってくるのが目に見える。。

理由は靖国に決まってるでしょうが。「日本側は虚を突かれた格好」だの
「首相の靖国神社参拝に揺さぶりをかけようとしているのでは」
「公務の内容を明らかにしていない」だの持って回った書き方しやがって。

693 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 04:24:17 ID:WKfUbxO5
http://amezo.nych.info/32/a6f66e1d3b3d79d6ee9c9344fa6e9196/66

住所を書き込むのはやめろ

694 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 05:54:33 ID:9LvuFmcj
真珠湾攻撃を実行した翌日に内閣情報局第二課が示達した「世論誘導方針」
>一般世論の指導方針として
>一、今回の対米決戦は帝国の生存と権威の確保のため、まことにやむをえず立ち上がった
>戦争であることを強調すること。
>二、敵国側の利己的世界制覇の野望が今回戦争勃発の直因であるように立論すること。
>三、世界新秩序は八紘一宇の理想に立ち、万邦おのおのそのところをえさしむることを
>目的とするゆえんを強調すること。
>具体的指導方針
>一、わが国にとって戦況が好転することはもちろん、戦略的にも、我が国は絶対に優位な
>立場にあることを多いに強調すること。…(以下略〜十)
http://satou-labo.sci.yokohama-cu.ac.jp/050307kitano-genrontousei.htm

まあ、つくる会などは上の「世論誘導方針」に忠実に沿って教科書を作ってるわけだが。

695 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 05:59:43 ID:9LvuFmcj
戦争になったら現代日本も、有事法制で前の大戦時と似たような報道統制体制が敷かれそう。

それどころか近年の「ここぞ」というときの政権意図に沿ったマスコミ報道を見てると
既に今でも内々に官邸からマスコミへ示達が出されてるんじゃないかと思う。

NHKに関しては安倍・中川の介入が発覚したし、BSE報道のもある。

>「狂牛病 感染はなぜ拡大したのか」も自民党の農林部会の意向で海老沢会長の
>意を受けた当時の諸星報道局長がつぶしました。
NHKを内部告発した長井暁チーフ・プロデューサー記者会見(2005年1月13日)
http://plaza.rakuten.co.jp/worlddreams2005/diary/20050219/

国内初のBSEヤコブ病が確認されたときも、
(たかが1ヶ月の)「英国滞在歴あり」という点を強調するようにという
農相経験者→政府高官の指示が見事にマスコミ報道に反映されていたし(>>611)。

疑念を払拭するような気骨のある報道を望みます(なんかさっき読んだ朝日のコラム
とかぶったなw でも民主には何も期待してない。少なくとも改憲唱える限りはね)。

696 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/05/24(火) 06:38:29 ID:dtpOUFx2
>>690
角さんは中国に行くだけでよかったのです、前任者である佐藤内閣が
布石を打って日中ルートを作ってくれましたから。
またこの頃の政治家は中国・韓国との国交回復を目標にしてましたから
そういう意味では連続性のある内閣の繋がり党のつながりがありました。


697 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 09:45:38 ID:mHVf5zpR
>>665
兵士の行動は基本的に国家の命令を遂行しただけだ。
個々人には罪はない。死刑執行人は殺人罪に問われないのと同じ事だ。

日本政府の責任を否定などしていない、しかし個々の兵士に罪はなく、困難な任務をやったことを感謝すべきだ。
合法的に中国で生活する邦人を守るために軍隊が出ていった、統治能力がない中国にまかせては、
匪賊や盗賊に邦人が襲われてしまうからだった。

698 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 10:27:25 ID:mHVf5zpR
>>696
中国は小泉との関係改善をあきらめたのだろう。
小泉に冷淡に接することで次の総理に対しての外交圧力をかけている。
一党独裁の国だから出来る長期的な外交戦術だ。

下級官僚のドタキャン嫌がらせに大騒ぎする低俗マスコミにも困ったものだ。
中国の外交戦略を読み切って報道するようなマスコミ報道があれば、
粛々と外交課題をこなすことが日本のとる道と判るはずだ、対立を煽っても無意味だ。

699 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 13:20:14 ID:9LvuFmcj
>>698
問題は、そのとばっちりを受けるのはこっち(国民)だということ。

歴史認識の違いが戦争に発展することも絵空事じゃなくなった。
政府レベルでは、互いに相手国の行動を悪意を持ってしか
理解できなくなっている。

中国が国内の国民感情を情報統制や公安の強権で抑えるなら、
中国の民主化は遠のくし、
日本に侵略の意図アリと見られればアジアの軍縮や非核化も遠のく。

アジアとの関係、とくに米国を抜いて輸出量NO.1の中国との政治関係
が切れて、その上軍事的脅威になっては、不必要な財政支出がいくら
かかるかわからん。

米国偏重の外交関係はますます日本のポチ化を進め自主外交を難しく
するし。

700 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 14:23:15 ID:9LvuFmcj
なんだかんだで700まで来てしまった♪ >695のかぶったって部分。

政態拝見 2005/05/24朝日
>…政党も政治家も、メディアの関心を集めようとして、
>さまざまな「くせ球」を投げる。メディアは、その思惑を見極めて
>有権者に伝える。それぞれの知恵比べが続く。
>政治家とメディアとの関係にも、変化の波が押し寄せている。
>いまの郵政国会でも、与野党の宣伝戦が繰り広げられるのだろう。…

見極めるどころかシッポ振って追従するメディアも多いけどね。
政府が世論煽ってるなと感じたら
産経か読売読めばどういう方向に世論を持っていきたいのか一目瞭然だ。
とくに産経は政権意図を面白いほどデフォルメして伝えてくれるからw

701 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 22:05:53 ID:9LvuFmcj
昭和の日*何のための改名なのか(5月14日)北海道新聞 社説
>…具体的にどういうことなのか。
>
>当初、「昭和天皇の遺徳をしのぶ」などの文言を入れたいとの声があった
>ように、天皇崇拝や戦前回帰の願望がにじんでいることは否定できない。
>
>「激動の日々」とは言うまでもなく日中戦争、太平洋戦争、敗戦など「戦争の
>日々」の言い換えである。 …
>
>実際に昭和の日となるのは二○○七年からだが、昭和天皇賛美の方向で
>記念行事を催すなら、天皇の政治的利用である。九条を否定し、戦争の
>できる国をめざす改憲論と表裏一体とみなければならない。…
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20050514&j=0032&k=200505141458

ひとつひとつの意味は薄くても、対中関係・教科書・閣僚の歴史認識・改憲・
愛国教育・国旗国歌・教育基本法・自衛隊派遣・武器輸出三原則の崩壊…etc.
全体の方向性や政権の体質を考えるとヒジョーに気持ち悪い。

702 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 19:11:11 ID:5X+W0ks7
「急用ができたので、本社に戻らないといけなくなりました」。
社長に面会予約をとって、玄関先まできた取引先の部長が電話
で約束をキャンセル。ところがこの部長、直前まで友人と喫茶店で
談笑し、急用もなかったらどうします? 間違いなく取引停止だろう。

中国の呉儀副首相のドタキャン事件は非礼の域をこえ、辱めだ。…

だが、青筋立てて怒っては中国と同じになる。ここは小渕流で、
早く日中の首脳会談を開くよう、笑顔で提案してはどうだろう。
場所はチベットがいい。小渕さんに戦争の謝罪を求め、今も元気
な江沢民前主席を招待するのも一興だ。… (「産経抄」050525)
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm
http://www.janjan.jp/media/0505/0505257449/1.php

産経コラム。本人らは「青筋立てて怒って」ないつもりらしい。
このウザイほどのナイーブさとヒステリックさを、
本人らは自覚してないとこがキモイ。

カッコよくクールに挑発してるつもりなんだろなあ。。

703 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 19:51:37 ID:5X+W0ks7
でも、政権の意図がわかりやすくデフォルメされてるね。

「表で握手の手を差し出して裏で相手を挑発しましょう」
ってのが小泉政権の方針でしょう。

そう思いながらニュース眺めたら、ノイズや誇張を遮断
しながら情報を拾えるかも。

今までも、わけもなく中国が怒ってるわけじゃないし、
それ相応の理由が日本政府の対応にあった。

国内の報道が客観性とバランスを欠いていただけ。

[谷川俊太郎の後書き]
>平和をじぶんの外につくるものだと考えると、
>平和をめざして戦争をするということにもなる。
>じぶんのこころを平和にするのはむずかしい。
>でも、まず始めにこう考えてみたらどうだろう?
>戦争はじぶんのこころのなかから始まると。
>戦争をひとのせいにしないで、じぶんのせいだと考えてみる。
http://www.eris.ais.ne.jp/~fralippo/demo/review/

704 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 21:32:20 ID:p+KvbE4n
>>703
怒り方があるんだよ。中国以外のアジア諸国が靖国問題で不快感を表しても、
中国みたいな、愚かな対応はしてないでしょ。少なくとも表向きはね。
わかりやすいというか、子供と言うか、まあ田舎者のバカなんですな。
日本の世論がどんどん反中、軍備強化に向かっちゃうのに。
世界に恥をさらしてください。

705 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 23:29:47 ID:5X+W0ks7
>>704
>日本の世論がどんどん反中、軍備強化に向かっちゃうのに。

まるでそれが日本にとって良いことのように読めるね。
小泉政権の狙いはその辺かもしれないが、税金払ってる
一般庶民にとってそれはいいことかな?

結局小泉に踊らされているのは日本国民で、
得べかりし利益を失い、不要な支出を強いられているのは
日本国民なんじゃないの?

706 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 12:42:16 ID:ZZ7IKZSh
ゆけ 脱「マッチョ」の道
>…「日本はそもそも軍事的にもアメリカや中国のような大国になることは
>できない。しかも『親分』であるはずのアメリカの慎重姿勢により、
>国連安保理の常任理事国になれる可能性も低い」土佐さんによれば、
>日本の右派はこのような「現実」からは目を背けて、
>日本が一人前の男(普通の国)になる」ことこそが「現実」的なのだと
>言い続けている、という。それでは将来、日本は間違いなく、
>アイデンティティーを見いだせない一種の「認知的不協和」に陥り、
>その葛藤を解消するために、さらに排外主義的愛国主義へと傾斜していく
>可能性が高まっていくのだと、警鐘を鳴らす。…
>
>…土佐さんは「アメリカに過剰反応するのはやめて、
>日本は紛争解決の仲裁や多国間主義の強化に貢献するような
>『ミドルパワー』に徹すればよい」と話す。
>人間社会でも国際社会でも、自然の生態系と同じように、
>多様な特性やアイデンティティーを持った人たちが平和的に共存できてはじめて、
>持続可能な社会を作り出すことができる。
>「日本は、アメリカ主導で地球全体へと広がる『男らしさ』の
>モノカルチャー化の流れを止めるべきだ」
(神戸大大学院・土佐弘之教授:朝日夕刊2005/05/26)

中国化できないって。はやく気付けばいいのに。

707 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 13:02:49 ID:ZZ7IKZSh
>…こうして中韓両国という他者を否定することが、国際的外交的原則に
>代わる日本の国家的アイデンティティーの支えになった。…日本人の
>国家意識には常に、中韓両国を見下げなじり貶すという神経症的な
>要素が伴うようになった。これは英国とフランスのような隣同士は
>仲が悪いことが多いというよくある話とごっちゃにされてはならない。
>…中韓という貶めるべき他者なしには日本は自己同一的な主体では
>ありえない。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/0404.html

他でも引用したけど>706につないで再掲。最近の右傾化に伴う日本政府
の中韓への見下した態度と強気は病的にも見える。
ちょっと想像してもらいたいのが、仮に今回首相との会談をキャンセル
したのが、中国の副首相ではなく米国やフランスの要人だったら日本の
政治家や官僚、右派メディアはあんなヒステリックな反応を見せただろ
うか? 中韓を見下すことによってしか自己同一性を確認できない脆弱
な自尊心がアレを引き起こしているように見えて仕方がない。

日本が「普通の国」を目指すほどに、排外的愛国主義があからさまになって
いくというジレンマ。

アジアの戦争被害者の遺族たちのことなどまったく考えず、軽口をとば
しながら靖国参拝を公言するうちの首相を象徴するにぴったりな言葉が
「排外的愛国主義」。

708 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 18:48:20 ID:jg4kDXM8
>>705
日本が明治になって軍国化していったのは、周辺アジア諸国が欧米列強に侵略されて、
日本もそうなると思ったから。ぺりーが来なかったら、ロシアに侵略されていただろう。
軍事的脅威が迫れば軍事力で対抗するのは必然。
日本は平和ボケだから、バカ中国は日本を刺激しないで、軍事力を増強していればよいものを。
日本の脅威となることを証明してしまったからな。中国はバカ、日本はマヌケ、アメリカが少しは利口かな。

>>707
来日していて会談を靖国問題でキャンセルしたのは、日本を侮辱したということだ。
米国やフランス等のまともな国際感覚のあるくになら、そんなことはしない。
会談で問題点を話合うだろう。中国はガキンチョの国だから、それなりの対応をすればよい。
中国は戦前の日本みたいに、どんどん悪いポジションの落ちこんで行くな。


709 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 20:04:02 ID:j/9dJvAR
>>708
なんでペリーやロシアが出てくるのか知らんが、ロシアはペリーが来た頃には
内政で忙しくてそれどころじゃなかったでしょうに。。日本の脅威じゃなかっ
たよ。ソ連が一国革命論の外交無視から転換していくのは、日本が満州を侵略
しドイツでアドルフ・ヒトラーが台頭してくるころ。

で、その頃の国際常識として、

>○「主権を有する」=「近代国家」=「文明」
>×「主権がない」 =「非近代的」=「野蛮・未開」
>主権を有していないのであれば近代的ではなく、従って文明でもないので侵略
>してもかまわない

ってのがあった。そこで日本は鹿鳴館で踊ったり、法整備を整えたりと「文明国」
の体裁を整えて行った。アジア侵略(こんなのどちみち言い訳にならんが)は
もとより軍備もそれほど増強する必要はなかったんじゃないかね。それよりも
加工貿易の技術革新が経済的奴隷にならないために必要だった。

WWU前の西欧諸国はかつての植民地財産の甘い汁とリベラルな人権思想の間で
葛藤していた。列強に植民地化されるから日本帝国は〜した式の理屈にはかなり
眉唾だね。八紘一宇をお題目に侵略したいだけちゃうんかと小一時間w

参考文献:
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3776/kokkasyugi.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/0303.html

710 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 20:07:09 ID:j/9dJvAR
今また当時と同じ理屈(イラク国民を解放するための戦争)で米国がイラクを
侵略しているのを見ると、人間って学ばん生き物だねー。

米国がイラクにやってることは、「士農工商えたひにん」の江戸幕府を
最新型戦闘機やナパーム弾で住民もろとも爆撃するのと同じでしょ。

日本も中国相手に同じ過ちを繰り返すか?

711 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 20:12:24 ID:J1z6jBoZ
中東の場合は、タールの沼(ようするに油田)をがめてるクマと外から来た虎との
喧嘩だから、歴史というよりほとんどありゃ神話の世界

712 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 21:09:33 ID:j/9dJvAR
中国、ロシア、欧州連合、アラブ連盟が武力行使を非難する中で、
小泉が真っ先に支持したんだよな。
「戦後日本は平和国家として国際社会に貢献してきた」らしいが、、
ホンマかいな。

713 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 21:43:40 ID:jg4kDXM8
>>709
ぺりーがこなければ徳川幕府のままだったろ。

>シベリアを東進してきたロシアは、19世紀から南下をはじめる。
>海では日本への圧力、陸では清を圧迫し、1858年アイグン条約により黒竜江までを、
>1860年北京条約によりウスリー江以北の沿海州を獲得した。
>さらに、清国領内の満州についても、鉄道敷設権、租借など影響力を強めつつあった。

日本はロシアに対抗するために朝鮮半島と中国の一部に侵出した。
満州以外の清国領内に侵出した。利権がからむ米の怒りにふれた。
で、ハルノートを突きつけられた→真珠湾攻撃となった。




714 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 22:46:39 ID:j/9dJvAR
>>713
ロシアに日本侵略の意思は無かったでしょ。

近代ヨーロッパの諸国は隙あらば他国と戦争をして賠償金や領土を
せしめようと虎視眈々していたわけで、その意味では全く戦国時代
と云える。しかし、そこには相互の主権を認め合うという相互承認
の前提があった。当時清国は「主権の相互承認」を認めない野蛮国
とみなされ各国の餌食になっていた(前出リンク参照)。

中国に不平等条約を結ばせたのはロシアだけじゃないし、日本本土
を侵略対象とみなしている国も無かった。中国の利権を皆で仲良く
わけ合いましょうという暗黙の了解があったに過ぎない。その利権
を日本も漁りに行って、田舎者だったので当時のマナー(経済的搾取)
をわきまえず武力占拠による植民地化までして各国の反感を買った。

中国とロシアの間には以前から国境問題があったから、清の弱体化に
つけ込んで以前から揉めていた国境線を次々に不利に改定させられた
に過ぎない。
武力行使でもないし、日本は中国の一部じゃないから関係もなかった。

>アロー号戦争はアイグン条約の直後に締結された天津条約では収拾が
>つかず、首都北京に英仏軍の侵入を許した清朝は、交渉の仲介役を
>ロシアに依頼し、その代償にロシアは1860年の北京条約でウスリー江
>以東の沿海州の領有を確定した。
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_chirekikouminn/sekaishichizu/Russia/russia3s.html

715 :筑豊田川:2005/05/27(金) 23:19:32 ID:lEEmfveu
一つ発言したい。

中華思想の中で、中国は親、朝鮮は長男、日本は末弟。

また、皇帝は世界を支配するもの、王は、皇帝によってその地域の支配を認められたもの。
福岡市博物館に丁重に保存されている「金印」は、当時の支那の皇帝から日本だけではなく、
その他の東アジアの国々に、「各々の国を支配してよいぞ」として意味を込めて与えられた
ものである。
日本は、聖徳太子の時代から支那からの独立ということで、「大王」の名を捨て「天皇」を
名乗るようになったのだから、支那の属国の象徴である金印は、即刻廃棄すべきである。
等と発言すれば各方面から批判を浴びるであろうが、なぜ、中国や朝鮮がこれほど日本を
誹謗中傷するかを是非考えて頂きたい。
なお、日本人でありながら、中国・朝鮮のかたを持ち日本の国益を損じるような発言行動を
とるものは、日本赤軍のように、「地上の楽園」へ行き、日本人をやめてから日本国外で
半日活動を行っていただきたい。

716 :筑豊田川:2005/05/27(金) 23:20:45 ID:lEEmfveu
一つ発言したい。

中華思想の中で、中国は親、朝鮮は長男、日本は末弟。

また、皇帝は世界を支配するもの、王は、皇帝によってその地域の支配を認められたもの。
福岡市博物館に丁重に保存されている「金印」は、当時の支那の皇帝から日本だけではなく、
その他の東アジアの国々に、「各々の国を支配してよいぞ」として意味を込めて与えられた
ものである。
日本は、聖徳太子の時代から支那からの独立ということで、「大王」の名を捨て「天皇」を
名乗るようになったのだから、支那の属国の象徴である金印は、即刻廃棄すべきである。
等と発言すれば各方面から批判を浴びるであろうが、なぜ、中国や朝鮮がこれほど日本を
誹謗中傷するかを是非考えて頂きたい。
なお、日本人でありながら、中国・朝鮮のかたを持ち日本の国益を損じるような発言行動を
とるものは、日本赤軍のように、「地上の楽園」へ行き、日本人をやめてから日本国外で
半日活動を行っていただきたい。

717 :名無しさん@3周年:2005/05/27(金) 23:27:55 ID:ofTLXbVW
なんでもあり。ティムポはナス♪
ttp://www.taliacarner.com/deadnewborningutter.htm
ttp://www2.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm
ttp://hk.geocities.com/ennet369/
ttp://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml
ttp://www.thenausea.com/elements/China/A%20man%20committed%20a%20crime%20for%20murdering%20a%20royal%20family%20member.jpg
ttp://www.thenausea.com/elements/China/torkill2.jpg
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/hang.htm
ttp://dolby.dyndns.org/upfoo/mov/1108301570418.wmv
ttp://blog.livedoor.jp/koro_/archives/12151423.html
ttp://www.asyura.com/2002/war11/msg/982.html


718 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 04:18:08 ID:kuPS88Fy
「日本は帝国主義国家でした」は大きなうぬぼれ
>…ましてや明治の日本に植民地に注ぎこむべき過剰な資本や商品
>があった訳ではない。…
>
>そこで日本がやったことは、中国の皇帝中心の華夷秩序を日本の
>天皇中心の華夷秩序に武力を使って置き換えることだった。
>この「大日本」の秩序においては諸民族は文明開化(近代化)の
>度合いによって序列化され、朝鮮人、台湾人その他は二流三流の
>「皇民」として位置付けられた。…
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/0110.html

まぁなんだかんだで、明や清などより日本こそ真の神州や「中国」
と言えるのだという覇権主義の妄想(神道)に取り憑かれ、日本は
アジア侵略を開始する。

創氏改名の意味するもの
>こうしておびただしい数の農民が離村し、流浪することになる。
>創氏改名の行われた1940年の朝鮮では、、行路死亡者(いわゆる
>行き倒れ)が3534人もいた。日本も食糧難の時代だったから同じ
>年に666人が死んでいるが、当時の日本の人口が朝鮮の約3倍だった
>ことを考えると、率から言えば朝鮮は日本の実に約15倍ということ
>になる。餓死者は氷山の一角だろうが、このことは、…
http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/sousikaimei.htm

719 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 04:18:31 ID:kuPS88Fy
その被害者が今回フィリピンで生存が確認された元日本兵たち。
無事でよかったね。

元日本兵:60年どんな思いで 親族「早く元気な顔を」
◇3人に2人が死亡・不明 第30師団
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050528k0000m040180000c.html

で、彼らの苦難↑を捏造だと疑う人はいないだろう。でもフィリピンは
日本による大規模な虐殺が行なわれた場所でもある。もう片方の苦難を
黙殺するようなことがあってはならないと思う。この朗報は被害加害の
両面から「大東亜戦争」の実態を眺めるよい機会だと思う。
決して「献身奉公の精神(戦陣訓)」などと美化されていい戦争じゃない。
無駄死にして戦犯といっしょに靖国に祀られるより泥をすすって生き延びた
方が千倍価値がある。

アジア太平洋戦争とフィリピン-戦争被害と戦後補償-
>日本の侵略の結果とはいえ、フィリピンでは日本人もまた約50万人が死亡し、
>生還者も多くの苦難を嘗めた。その犠牲や苦難を無にしないためにも、
>償われていない人々に対する補償の実現による日比両国民の歴史的和解が
>求められている。
http://www.ne.jp/asahi/stnakano/welcome/apwar/1994sekai.html

戦 陣 訓
>…生死を超越し一意任務の完遂に邁進すべし。…
>…生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/sennjinnkunn.htm

720 :在日=犯罪者の証拠:2005/05/28(土) 10:24:55 ID:S7WuXYCl
Voice 6月号:長谷川「中国は崩壊する」を読んだか?冷戦は終わっていない。
チョン問題は、最後の冷戦に位置付ければ明快に理解できる。要は、脱アジア
こそが日本の道だと。「アジアには時効の概念がない」は、面白い。

721 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 19:10:20 ID:cvi+7dnw
>第二次世界大戦
世界恐慌とファシズム諸国の侵略→1937年に進む→…(適時地図をクリック)
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_chirekikouminn/sekaishichizu/sww/sww_0.html

このHP 当時の勢力拡張が一目でわかって面白い。オイオイ日本はどこまで逝く気なんだ、
って。で、>637リンク先の『「大東亜共栄圏」の実態』を改めて読み直すと、身分不相応に
あそこまで戦線を拡大したら現地調達主義しか戦法はないだろうし、兵士は皆死ににいく
ようなもんだからモラルも崩壊するよな、、と。何やっても死んだら英霊だし。

>>720
長谷川とかいう人も面白い考え方するね。
人ひとりを殺しても10年逃げおおせれば公訴時効になるわけだが、、
そのことによって道義的責任までチャラになると考えるのは
日本独特っていうかその人独特かもね。

722 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 23:27:52 ID:cvi+7dnw
その7.呉儀副首相・小泉首相会談 ドタキャン問題で中国側を非難するコイズミら
2005/5/24<イヤラシイ薄笑いをしながらの陰険なイヤガラセと挑発が得意な、
低俗なアメリカのスパイ: 日本のチキン首相>
>…つい一月前、4/22のインドネシア・バンドン会議で全世界に向けた演説で
>『植民地支配と侵略によって損害や苦痛を与えたアジア諸国などに痛切な反省と
>心からのお詫びする』と言った舌の根も乾かないうちに、…
>
>…相手を挑発して対決を演出し、国民の拍手喝采を浴びて高い支持率を獲得しようと
>するのは低劣な小泉一派の常套手段だ。
>そして次々に出てくる小泉の『お子ちゃま的言動』は言うまでもなく、小泉スネオ
>のバックにジャイアン・ブッシュがいるという安心と、中国を挑発しろという
>ジャイアンの命令に従ったもの。そして「5年先、10年先の日本のことは知った
>こっちゃーない」という小泉一派の非国民な考えを表すものでもある。
>こういったゴマスリ男のイヤラシイ言動が国際外交のアチコチで使われるのだから、
>この日本という国の行く末が危ぶまれるのだ。…
http://atfox.hp.infoseek.co.jp/xfile/2005/007.htm

まあ、似たようなイメージをおれも持ってます。

723 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 05:54:00 ID:W3nrF3/5
イラク戦争から1年:「侵略」の語さえ使わぬマスメディア/本多勝一(ジャーナリスト)
>この1年間のマスメディアについて象徴的に言えるのは、核大国たるアメリカ帝国の一方
>的侵略に対して「侵略」という単語さえ使わないことだろう。日刊紙で侵略を明記して
>きたのは、政党機関紙とはいえ「赤旗」だけとは、あまりにも情けない。…
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kanazuch/honda.htm

巷で朝日叩きが流行ってるようなのでおれも書いてみる。
朝日新聞はおれから見てもかなり偏向している。
小泉は米国の戦争を一貫して支持し援助してきた。
自衛隊は人道支援のためにサマワに行ってるらしいが、
米国の戦争は明らかに国際法に違反しているのだから、
「人道支援」でも「復興支援」でもなく、「戦後賠償」と報道するのが公正だ。

消費税しかり、靖国報道でもぜんぜん政府寄りに偏っている。

>5/16の衆院予算委員会での小泉答弁は、中国を怒らせて(あまりの低俗さに
>呆れさせて?)当たり前のヒドイものだった。ここまで中国がバカにされて、
>副首相である呉が小泉に会えるワケもない。
http://www.creative.co.jp/top/main2701.html

とはっきり書けばいい。朝日を含め大手マスコミは総じて政府寄りに偏向しまっくてる。

724 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 05:59:40 ID:W3nrF3/5
ただ、憲法問題では自民の復古主義を批判している。戦時体験を特集記事にしたり、
9条改正や24条改正についても社説にこそならないものの反対の立場から作家や
評論家の鋭い意見を多く載せている。憲法と教育が破壊されると、民主主義の基礎
が壊れ振り子は二度と元に戻らなくなる。だから憲法で政府(や民主)に少しでも
なびいたときはさっさと見捨てる。それまでは気に入らない記事があれば批判する。

読売と産経は中国みたいな情報統制下でも今とほとんど変らない報道ができるだろね。
今さらイラク報道がどうこう言っても何も変らないだろうし、論外。

このスレで朝日からの引用が多いのはうちが朝日とってるからってだけで、
毎日もいい記事書いてるんじゃないかな。
ただ、高畑論説委員は読売にでも行った方がいいと思う。

でも、ぶっちゃけ、各人の立ち位置が違うのだから偏向云々言うのは無意味だね。
あと、新聞はいいんだけど、日曜朝の朝日テレビとかTVタックルとかどうにか
ならんのかねー。

「不気味なくらい、日本人人質事件一周年報道ってないすねぇ」
>実際にご家族の会見を見ていると何度も「すみません」「ご迷惑をかけています」と
>謝っていた。だが、ニュース番組で使われた映像は激昂したり、…
http://reishiva.exblog.jp/2502511/

情報操作という大量破壊兵器
>「戦争が起った時、最初の犠牲者となるのは真実だ」。第1次世界大戦後、
>ハイラム・ジョンソン米上院議員がこう語ったことは有名だが、…
http://reishiva.exblog.jp/2416376/

725 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 07:17:01 ID:W3nrF3/5
しもた。>724のリンク先1っこ目のタイトルは、
「The Not so Beautiful People」でした。ヘンな見出しだと思った。

で、そこにあったコメントにはげしく同意したのでまたパクッておきます。
(そこまで読む人は少ないと思うので)

>多くのメディアがありながら、特にTVは何処に回しても金太郎飴。
>国民総痴呆化番組といっても過言でありません。
>突っ込み不足の当たり障りのない内容で、政策の良し悪しの判断はできません。
>しかも、法案の全てが、年金問題の時のように国会で審採択寸前に
>やっと問題点が明らかになってきます。
>「調査報道」をメィンにしたTV局ができたら、有料でもみたいものです。

726 :サラ金パチンコ創価焼肉:2005/05/29(日) 19:40:46 ID:Ry9mrPJp
マズゴミ権力に対抗できるのは、ネットではなく、ネットと口コミのコラボレーション
と思うよ。一人が10人に10人が100人に『朝日にびた一文払わない』ように働き
かけないかぎり、ここでなにを言っていてもむなしい。時間はない。1秒でも早く
朝日を追放しなければ取り返しがつかない事態になる。およそ諸悪の根源は、
朝日だ。朝日は戦前は軍部の、戦後は常に外国の工作の第一の標的でありつづけた。
(自覚しているかは別に)工作の成果として反日基地害記者を自己増殖しつづけもした。
GHQから始まり、北朝鮮、南朝鮮、在日(パチンコ、サラ金)まで、外国勢力の
第一の工作目標となる立場にある。ほかのマスゴミも工作対象だが、朝日が特段に
工作効率が高いからだ。そしてついに朝鮮系サラ金暴力団を代表する武富士に
5000万で買収されていたことがばれた。マスゴミにとって、これはほんの氷山の一角
に過ぎない。広告費名目のマスゴミ買収費がどれほど注ぎ込まれ、一切のサラ金批判
が封じ込められているか誰でも知っている。すべての「ジャーナリスト」は、へたれ
である。これでも朝日に購読料という名のお布施を払い続ける人間は、層化とおなじ
反日教の奴隷であろう。

727 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 19:44:40 ID:lkkSQq6X
やすくにイラネ

安国神社=安産祈願神社

泰邦神社は秦の配下

728 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 20:39:17 ID:6Eb52qKL

黒い!潰れた広鼻!ぶ厚い唇!土人!南方ヅラ!マニラ顔!


赤の遺伝子afb1b3。 南方モンゴロイド。


それはマニラのスラムに漂う腐った屎尿の臭い。
この世で最も不浄な臭くて汚らしい穢れた遺伝子。

台湾人、中国人、朝鮮人にもたっぷりと入っている。

赤の遺伝子afb1b3が入ると南方人になり、日本人種が穢れる。

gm遺伝子
http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

729 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 11:50:46 ID:gius0v8s
憲法・教育基本法  「『愛国心』の規定は不要」
>…人類はその歴史の中で学び、今日いかなる国も正面きっては反対できないひとつの
>普遍的な思想に収斂させてきた。それが民主主義思想であることは言うまでもない。
http://www.asahi-net.or.jp/~yg5t-ssgc/page023.html

続「国柄」について
>…とは言え、、現行憲法の下で民主主義を体験してしまったこの日本で、いかに国民的
>伝統とはいえ、強きになびく権威主義や男尊女卑の家父長制がこれからも守り育てて
>行くべき思考・行動様式であるとは、さすがの保守派も明言しかねるため、国柄という
>ような内容が曖昧で耳には良く響きそうな言葉を探しだしてきたのであろう。…
http://www.asahi-net.or.jp/~yg5t-ssgc/page025.html

このHPを読んで感じることは、正論(理想論)を吐くことの大切さかな。

匿名掲示板では日常生活ではみとっともなくてとても言えないことまで書き込めてしまう。
でも発言に対して責任を持つことが求められる現実世界では、
「それを言っちゃあお終いよ」というその人の社会的地位を揺るがす事柄がある。
たとえば引用したような「民主主義体制」「人権思想」「権威主義や男尊女卑の拒絶」など。
これらを否定することはたとえば政治家や知識人としての資格が無いと一般に見做されてきた。
だから今でも多数派与党の政治家と言えどもこれらを正面切っては主張できない。
人類が長い月日を費やして勝ち取った思想文化と呼べるかも。

730 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 11:52:59 ID:gius0v8s
ただしネット社会では個人の社会評価を伴わないため長年の思想文化の積み重ねが一旦無に帰す。
そこに歴史修正主義や差別主義などが入りこむ余地がある。
そしてネットで市民権を得たそれらの思想が現実社会に逆輸入されている。
今度は発言者の責任はそれほど問われない。
右派メディアやタレント気取りの政治家の活躍も手伝って、
長年かけて克服してきた人間の醜い部分(金のために武器を輸出したり戦争を支援するなど)が
日本で再び頭をもたげている。

>石原慎太郎暴言データ集
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/ishihara/data/index.htm

彼はほんの一例だけどね。他に小泉安倍麻生中山冬柴柏村…。

今まで当たり前とされていた正論(道徳観念や遵法精神)や目指すべき理想(9条やなんか)を
再確認しておく必要があると思う。

731 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 17:59:46 ID:8hE1xPqx
監視する側される側 2005年05月22日(日)付 朝日新聞
■(幸せ大国を目指して:8)不安に乗じ監視社会 犯罪なくす根本策を
>…同法人の三木由希子室長は「情報が電子化され、利用方法が一気に広がりかねない」
>と懸念する。住基ネット反対論には、警察のナンバー自動読み取り装置や
>GPS付き携帯電話、至る所にある監視カメラなどと結べば個人のプライバシーは
>丸裸にされかねない、との指摘もあった。
>
>情報技術の発達で、米映画「ザ・インターネット」や「エネミー・オブ・アメリカ」で
>描かれた監視社会は絵空事とは言えなくなってきた。ジャーナリストの斎藤貴男氏は
>「監視する側とされる側の二分化が進みかねない。むき出しの階層社会になっていく
>のではないか」と警鐘を鳴らしている。
http://blog.goo.ne.jp/sunday-2005/e/fd806901a82261cee21c7d82a336ae18

監視社会の実態>>中野区民が?見張られている
http://www009.upp.so-net.ne.jp/kansi-no/condition/documents/condition_camera_2002_001.htm

早稲田大学新聞 住基ネット差し止めでマスコミ労組が提訴
>自動車と個人の移動監視システム(Nシステムや公共スペースにある監視カメラ)や
>電車の自動改札からの情報を組み合わせれば驚くほど精度の高い国民監視システムが
>構築されるであろう。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1471/03/030825a.html

732 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 18:00:48 ID:8hE1xPqx
ひさびさにスレタイどおりに「中国化するニッポン」。
近い将来、中国の国民管理を追い越す。
監視される側の人間が監視する側に立ってるつもりでこんな政権支持してるんだから、
滑稽な国民性だよね。

長いものに巻かれやすいとはいえ裁判所がときどき良心も見せてくれるのは救いかな。

住基ネットの違憲性認定:金沢地裁判決 個人情報削除命じる
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050530/eve_____sya_____006.shtml

とっととおれも削除してもらおうかな。…してもらえるんだよね。

733 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 18:53:44 ID:8hE1xPqx
ゲームも有害図書 神奈川県 「残虐」ソフトを指定へ
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050530/eve_____sya_____007.shtml

匿名掲示板とはいえエロ系は趣味を疑われそうだったが、これなら書ける。

>どんな言論への弾圧も、たとえば以下のような大日本帝国時代の統制法も、
>わいせつなものへの処罰だったり、あるいは非難されるべき犯罪を
>とりしまるための制度として最初は作られ、権力者のフリーハンドとして
>使われました。(>694リンク先より)

「茶色の朝」はドイツ(茶色はナチズムの象徴)だけではなかった。
旧日本帝国でもそうやって表現の自由が制限されてきた。
現代日本でも例外(児童ポルノ)が例外じゃなくなり、類推、拡張されていく。
そうやって国は国民管理を強めていくものらしい。

たとえば憲法改正国民投票法案でも「虚偽報道等の禁上」がわざわざ謳わ
れている。たしかに虚偽報道は投票に悪影響を及ぼすが、んなもん法案に
入れなくても違法なのは自明なはず。わざわざ規定し直すのは、おそらく
報道各社の自由な法解釈を封じ、危険可能性を指摘させず、政府解釈だけ
を国民に信じ込ませる狙いがある。

北の系2005 自民新憲法起草委:「表現の自由」制限を検討
>「有害情報は青少年に対してだけでない」という改憲派の発言ですが、
>語るに落ちるとはこのことで、…
>
>軍事機密の範囲を拡大した自衛隊法改正、「人権保護」の名により言論、
>報道の自由を制約する個人情報保護法の制定や人権擁護法案の国会再提
>出計画など、国民の目と耳をふさごうとする動きが盛んです。…(中日新聞)
>
>利敵行為だとか健全な政治環境を阻害するといった理由で自粛が求められる
>ことになるかもしれません。…
http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050307#20050307f14

734 :名無しさん@3周年:2005/05/30(月) 21:18:27 ID:DOBNHzlt
>>714
旅順にあれほどの要塞を築いて、日本侵略の意思は無かった?
本気でそう思ってるの?福島瑞穂並の脳味噌だな。いや、キリスト並だ。


735 :過酷な環境が朝鮮人を作った:2005/05/30(月) 21:59:15 ID:lEEApX/R
「従軍慰安婦」を捏造し、歴史の続く限り日本を貶めつづけるまさしく万死に
値する罪悪を犯した朝日記者の「意見」を読むためにお金を払う馬鹿。
私は、2年前に解約しましたよ。----と、口コミで広げることが肝心。
ネットは、まだまだネットおたくしか見てないからね。

736 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 01:41:00 ID:y884Butd
映画「戦争のはじめかた」の「おわりかた」 2005年5月9日
>…そうしたなかで、日本国憲法9条は、一国民国家の憲法であるにもかかわらず、
>世界の人々に、「戦争のおわりかた」を構想させるヒントを与えているように思う。
>1999年5月、オランダのデン・ハーグで開かれたハーグ市民社会会議
>(全世界から9000人のNGOなどが参加)では、「公正な世界秩序を求める基本原則」
>10項目が採択された。その第1項は「日本国憲法第9条が定めるように、
>世界諸国の議会は、政府が戦争をすることを禁止する決議を採択すべきである」
>であった。「日本国憲法第9条」という文言が、世界のNGOの決議に初めて
>入ったのは象徴的である。9条1項が1928年の「不戦条約」以来の「戦争違法化」の
>世界的スタンダードを示すものだとすれば、戦力不保持と交戦権否認を定めた9条2項こそ、
>21世紀における世界平和の新しいスタンダードになりつつあるのではないか。…
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/0509.html

737 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 01:41:20 ID:y884Butd
日本が今までにおこなった中で最大の国際貢献は、9条の存在そのもの。
軍拡競争を表立って望む国などない。自ら侵略戦争を公言する国もない。

戦争に対する最大の抑止力はどんな国も表立って反論できない不戦への
共通認識をつくること。9条はその理想を指し示す可能性を持っている。

無論、現状で戦力不保持を実践できるのはコスタリカなどごく少数の国だけ。
しかし9条がどの国も表立って反対できない世界の「理想」としての地位を
築きその思想を軍国主義の国に輸出することができたなら(事実イラクなど
では結構有名)、その思想はまぎれもなく戦争への抑止力と民主化への推進
力になる。

あとは>706の土佐さんが言うように、「日本は紛争解決の仲裁や多国間主義
の強化に貢献するような『ミドルパワー』に徹すればよい」。

なにより9条は、直情的でケンカっ早く自律性のない自国政府に対する最大の
抑止力になっている。

「9条は日本人を戦争から守ってきた。今度は皆さんが9条を守る番ではないか」
とはあるベトナム帰還兵の言葉。
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/real_war.html

「平和をじぶんの外につくるものだと考えると、平和をめざして戦争をすると
いうことにもなる」。by谷川俊太郎 >703

738 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 17:00:34 ID:y884Butd
もんじゅ設置訴訟、住民側の逆転敗訴が確定 最高裁 2005/05/30
http://www.asahi.com/national/update/0530/TKY200505300201.html

もんじゅ判決 これで安全は保てるか('05/5/31中国新聞社説)
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200505310047.html

>判決は、原子炉の構造や設備が高度な専門技術に基づいて決められることを
>重視し、行政の判断領域を広く認めた。そのうえで、設置許可段階で安全
>審査の対象になるのは、最初に設計の大枠を定めた「基本設計」の安全性に
>かかわる事項だけだとし、「何が『基本設計』なのかも国の合理的な判断に
>ゆだねられる」と述べた。

こんな裁判がまかり通ると、毒牛ヤコブ病になっても泣き寝入りするしか
なくなるわけだが。。下の訓示はこっちのセリフ。

「ヒラメ裁判官」いらない 最高裁長官、新任に訓示 (2004/10/19朝日)
http://www.ofours.com/bentenkozo/archives/2004/10/post_57.html

739 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 22:06:35 ID:y884Butd
中国は悪いやつだ、付き合うに値しない(だから傷つけても構わない?)。
っていうのが反中感情の根っこにあるのだと思う。
これに対して2つの点で反論したい。

ひとつは、中国政府の中国国民に対する人権侵害によって「中国人」が悪いやつだ
とするのはスジ違いなこと。日本と中国との民族対立に持ち込んではならない。

ふたつ目は、中国政府は悪いやつだということで
中国政府との付き合いを絶ってしまっては、
日本にとってより安全な世界を築くことはできない。
人権を著しく制約されながら生きている中国人のためにもならない。
日本が小泉のいうように「平和国家」として「国際貢献」をしていくなら、
積極的に交友関係を築き、米国の武力による民主化のアンチテーゼとして、
文化思想的に世界をリードすることが必要だと思う。

740 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 22:07:07 ID:y884Butd
あと、中国政府の人権侵害は「共産主義」に特有なものではない。
権力を握った人間がごく普通に陥る落とし穴と言える。
第一、中国は今、「共産主義」じゃなく資本主義社会だし。

アムネスティ年次報告書2005:危険に満ちた新たな政策(2005年5月25日)
http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/news_lst.htm
アムネスティ、米国を「人権侵害」で非難 米側は反論
http://www.asahi.com/international/update/0526/007.html
アムネスティ・レポート 世界の人権 2003(中国)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/3305/ai/2003report.html
米の放射能人体実験 次々崩れた機密の壁
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/plutonium_experiment.html
イラクは新型兵器の実験場
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/nick_turse.html

とくに下から2つ目のリンク先はお勧め(ヒロシマ・ナガサキの話じゃないよ)。
そこから[HOME]に戻ったら他にもかなり怖い記事が。。
最近のテロ組織の拡散などを見ても、軍事力じゃどうにもならん脅威が大杉。

ひとつ目のリンク先(目次)を見ればわかるが、国家権力による人権侵害は
いつの時代もどこの地域でも(日本も例外じゃない)行なわれている。

そしてまだまだ克服される気配がないどころか、日本のように逆行する国もある。
まず自国の人権侵害に敏感になりそして人権に対する共通認識を世界に広げることが必要かと。

741 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 22:08:23 ID:y884Butd
最後に、中国国民の反日感情は、中国が独裁政権だから盛り上がっているわけではない。
それだけの理由が日本側にあることも認識しておく必要がある。

4月27日(水)個人的感情や政治的思惑のために国益を損ねて良いのか
>今日の朝日新聞一面に、韓国・中国・日本での世論調査の結果が報じられています。
>この結果を見て、どれだけの人が「良い方向に進んでいいる」と思うでしょうか。
>
>この調査では、韓国で63%、中国で64%が日本を「嫌い」だと答え、日本でもこの
>両国を「嫌い」だとする割合が増えました。小泉首相の靖国神社参拝をめぐっては、
>韓国と中国で9割の人が反対し、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りにつ
>いても、両国でともに8割以上が反対だと答えています。
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/jingo54k.htm

数字そのものにいまさら驚く必要もないが、民主主義国である韓国と独裁政権である
中国で日本が「嫌い」の割合はほとんど違わない。
相手国のせいにばかりせず、日本人も自分自身の問題として捉え直す必要がある。
もちろん多くの人はそうしていると思うが。

東京裁判否定 世界に向けて言えるのか
>一宗教法人とはいえ、靖国神社も同様だ。そのパンフレットで「日本の独立を守り、
>アジアの国々と共に栄えていくためには戦わなくてはならなかった」と先の戦争を
>正当化し、戦犯を「連合軍の形ばかりの裁判によって一方的に戦争犯罪人という
>ぬれぎぬを着せられた方々」と位置づける。
>
>東京裁判の結果を「ぬれぎぬ」と訴える靖国神社に首相が参拝することは、
>そうした主張にお墨付きを与える意味をもつことを、首相は真剣に考えるべきだ。

とりあえず以上です。

742 :名無しさん@3周年:2005/05/31(火) 22:16:11 ID:y884Butd
忘れ物。>741 2個目の引用文リンク先です。
【社説】2005年05月28日(土曜日)付
http://www.asahi.com/paper/editorial20050528.html

743 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 00:06:11 ID:aOkMLPcq
自国を過去に侵略した相手を嫌いで当たり前だろう。日本みたいにアメリカに追いつめられて、真珠湾攻撃をして、
戦争に負けて、アメリカにしっぽを振ってる情けない国はない。普通の国なら中国や韓国のようにアメリカ嫌いが当たり前。
東京裁判はインチキだが、捕虜になるくらいなら死ね、と言っていた戦争指導者たちが、裁判にかけられるまでに何故腹を切らなかったのか。
おまえら男じゃないよ。


744 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 05:59:00 ID:fyzr2bWD
>>743
日米の場合は友好国として立場が戦後180度変わったからね。
おれも原爆の映画とか小さい頃見て米国の悪事は知っているつもりだったが
ムカツクというよりただ怖いだけだった。愛国教育じゃなく平和教育だったからかな。
愛国教育なら「天皇バンザイ」とか言いながら爽やかに溶けていく映画になるのかね。

それでも侵略した当時と相手政府の態度が変わってないないなら、
100年経とうと嫌いで当たり前。
とくに侵略したことを忘れたとか覚えてないとか言いやがったら。。

「燃料気化爆弾」とかがイラクで採集した実戦データでさらに高値で
売られているかと思うとブッシュやラムズに対してはヘドが出る。

やつらネオコンの思考回路は原爆投下したときのアメリカのまま。

(もちろん好きな有名人も多いし、反ブッシュの人たちもたくさんいるんだけど)

745 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 12:02:51 ID:tRKixG/q
結局、外からもたらされる情報に踊らされている限り、
自分の立ち位置が見えなくなる、という結論だよね。

ほとんどのことは、当事者として振る舞っていない限り、
考えたこともないことなんだよね。だからこそ、情報で心を操作されてしまう。

考える材料を曲げて伝えている、という点では、
日本政府も中国政府も何も変わらん、どちらも駄目、うさんうさいという
判断以外しようがないな。

ただそれだけのことなんだよなぁ。庶民にとっては。

746 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 12:04:16 ID:tRKixG/q
もちろん、情報のねつ造ぶりのひどさが

中国政府>>>>>>>>>>>>>>日本政府

だと信じているからこそ、日本人の心情的には中国批判になるのだろうけど。

747 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 12:36:13 ID:9k7H0tw/
韓国大統領は「言論の自由」を否定し始めた。
民族主義にアタマの中ががんじがらめに凝り固まって
非民主国家群への転向をするかもしれない。

中国が属国を一つ増やす方向に進んでいるようだ。


748 :もっとアホがいるぜ:2005/06/01(水) 12:46:05 ID:5WayDJN+
迷惑メールのアドレス

iijlrmsw@pstbbs.com

a-n-a.madam-high-class8989@madam.ana.org.jp


似るなり焼くなり自由にやっちまってくれ
またこの迷惑メールにはスパイウェアも入ってやがった

749 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 17:29:41 ID:fY7WwbMy
>>745
そうそう。外交問題にしても日本政府の主張ばかり載っけてたら、
中国のマスコミとたいして変わらない。

政府が国民に不利益な政治をおこなうとき、同じく自国政府と対立
する隣国政府の主張と国民の主張が一致することは、ままある。

もしわからない人は、一度、自分が中国国民になったつもりで中国
政府の政治を批判してみればいい。今の自分の考えと驚くほど一致
するんじゃないかな。

750 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 18:38:56 ID:muGw9yEI
チャンコロ国家に明日は無い


751 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 18:52:41 ID:fY7WwbMy
他国やその国民を見下し蔑称で呼んでいるうちは、リベラルな近代的思想
を理解できない。いつまでたっても日本は島国根性から抜け出せないまま
だろね。

欧州ではここまで問題になることを、日本では政治家まで一緒になって
平然とやってのける。しかもそいつらが、日本を愛せ?冗談じゃない。

サッカー試合の人種差別コールでスペイン協会に罰金処分(朝日新聞04/12/22)
スペイン代表監督の黒人選手「侮辱」波紋 欧州サッカー(朝日新聞04/12/20)
>ブレア英首相は「極めて遺憾だ」と批判、スペイン政府が慌てて謝罪した。
http://blog.skeptic.jp/item/961/

752 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 19:14:51 ID:Y7IpVmPW
>>751
差別は良くない。そこまでは認めます。

>欧州ではここまで問題になることを、日本では政治家まで一緒になって
>平然とやってのける。

だからといって、欧米と日本の間にある、歴史的な背景を
あたまから無視して語るのは、あまりにも乱暴でしょう。

たとえば、日本は、ネイティブアフリカンへの差別感情は一般的にはないですが、
欧米にはありますよ。ダーウィンの進化論だって、地主階級だったダーウィンが、
当時の奴隷制度への反発から導き出されたというのがダーウィン研究者の見解。
奴隷制度への反発が、キリスト教の統治システムを維持させてきた、
世界観をひっくり返した、と。すごいね、これ。

宗教的なバックグラウンドに根ざした、根深すぎる何かが
あちらの社会の深層には横たわっていると考えるべきに思えて仕方がない。

753 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 19:15:35 ID:Y7IpVmPW
×地主階級だったダーウィンが、
○地主階級だったダーウィンの、

754 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 19:45:43 ID:4C256MkP
中華思想だって、日本を含む周辺国に対するある種の差別的な態度でしょ?

なぜ、中国の人たちは、日本人に対してあんなに偉そうな態度なんだろう?
って日本人は思ってるのではないのか。

テレビ見てる限り、大学教授クラスでさえ、なにを言っても、
謝罪、謝罪って感情的に返してくる。その対象は、彼の頭の中にある「日本人」イメージだ。

おまえ、ホントにアカデミズムの人間なのか? と。それを名乗る資格あるのか? と。
時節に都合の悪い資料もガシッと読んで、がっちり分析する人の態度じゃないよね。

755 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 19:50:26 ID:4C256MkP
×時節に
○自説に

あの副首相のドタキャン以来、やっぱり変だよなぁ? という視線で
中国を見始めている日本の人たちは多いと思うよ。

もちろん、偉い人である本人同士の間では話が付いているんだろうが、
なんだかなーと。

ひょっとして、お互いの国民の内政の不満をそらすために、
わざともめているんじゃないのか? という視線で見ている人たちも
大勢いるんじゃないのか。



756 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 19:59:27 ID:fY7WwbMy
>>752
>差別は良くない。そこまでは認めます。

それだけ認めてくれたら言うことはない。
なにも民族的な優劣をつけたいわけじゃないから。

西欧には奴隷貿易や市民革命など日本が経験してこなかった歴史がある。
でもその歴史や思想は第三者が学ぶことによって共有できる。
(悪しき思想まで学ぶことはない)

明治以降、そうして日本は手っ取り早く欧米に追いついてきた。
今では日本が世界を思想的にリードすることも不可能じゃないと思う。

ただし日本国民には今現在も政治家も含め差別を扇動する者が多い。
それが悪いことだという価値観が日本で共有されているのなら今すぐ改めればいい。
差別主義者を社会に受け入れることは思想の退廃だ。

757 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 20:05:41 ID:4C256MkP
>>756
>それが悪いことだという価値観が日本で共有されているのなら今すぐ改めればいい。

これはね、現実問題としては、「無理」ですよ。
あなたは、そうありたいと思うから、そうあることはできるだろう。
私も、そうでありたいし、そうである、と自負しているつもり。

差別的な感情を抱いている人たちに対して、憎しみに近い何かが生じてくるよね。
差別の痛みというのは、差別された経験がなければわからないし、
それが社会に公認され、共有されたものではないケースでは気がつきにくいものだったりする。

>差別主義者を社会に受け入れることは思想の退廃だ。

思想では社会は変わらないし、換えようとした人たちはすべて失敗した、と思う。
思想は、社会を変革するための技術を準備するための器に過ぎないですよ。

「今すぐ改めればいい」というのは現実を無視した考え。
差別がなぜ生じたのか? というと、それは人間の欲望に根ざしたものだとしか
自分には思えないからだ。

あらゆる人の欲望が満たされたとき、差別はなくなる。それまでは差別はあり続ける。
どんなスタイルであれ、それは、ある。

自分が差別された、と感じたら、時間をかけて戦うしかないし、自分はそうやってきたつもり。
社会に公認された差別だけがあるされているわけではないんだよ。

758 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 20:07:14 ID:4C256MkP
×社会に公認された差別だけがあるされているわけではないんだよ。
○社会に公認された差別だけがあるわけではないんだよ。

訂正です。

759 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 20:12:28 ID:4C256MkP
思想に過剰に自己投影する役割は、自称でも多少でもかまわないから、

思想家

に任せておけばいい、というのがおれの考え。

そこまで夢を見るなんてできないし、優雅でもない。自分には無理だ。


760 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 20:23:05 ID:4C256MkP

勝つってのは相手を打ちのめすことじゃなく、
高次の調停点を提示できる能力を獲得することだと思う。

761 :名無しさん@3周年:2005/06/01(水) 21:13:53 ID:fY7WwbMy
>>757
まあ、ホントのとこはこのスレ見てくれた人が
ひとりでもふたりでもみっともないことだと気付いて
考えを改めてくれたらメッケものぐらいの気で書いたんだけどね。

言うとおり、号令ひとつで一斉に改まる性質のものじゃないし。

政治家やマスコミなど世論に影響力を持つ人間はとくに気を使うべきでしょう。
閣僚がバカな発言をしたなら人事権を持つ責任者が訂正させればいい。
ひつこくやるなら閣僚に不適格だとして解任するべき。

昔はそうしていたが、いつの頃からかそのまま放置されるようになった。

小泉はいつも他人事のように振舞っているが、あの態度は、
立場上言えないことを他の閣僚に言わせていると取られても仕方ない。

762 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 02:09:47 ID:dqr0CKOM
>>761
小泉は政治家としては兎も角、閣僚としては失格。
ましてや総理なんて。
日本国民の失策だと思う。

763 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 05:20:24 ID:GwMYM+pM
途上国援助 量も質も追い求めたい 【社説】2005/06/01朝日
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

朝日はまだ国や企業の立場じゃなく庶民の立場で記事を書いてくれる方だと
思うが(武器輸出に反対したり)、昨日の社説はどーも気にいらん。

ODAを増額するなら(しなくても)、いくらの金で何をやってるか情報公開が不可欠。
もし公開されているならニュースでもっと映像を見せるべき。
一般庶民にとってはODAと言われても、
アフリカの宗男ダムなど国内公共事業の海外版としかイメージできないし、事実そんなもんでしょ。
国民の目が届かない場所での無駄遣い。飢餓やHIVで死にかけてる人の所には届かない。(>430)

もうひとつは、ODA支出の目安をGDPで測るなら、国内の所得格差とセットで議論すべき。
たしかに小数の金持ちは腐るほど金を稼いでいるが、将来明日食うにも困りそうな時給労働者
や契約社員、現在進行形でホームレスをやっている国民がいる。
そんな人たち(オレ含む)から15%も20%も消費税を巻き上げてODAもクソもない。
政府の第一の仕事は、自国民に国力に応じた相応の生活を保障すること(中国や19世紀の英国
労働者みたいな生活はまっぴら)。

他方で、今年の納税額第一位はサラリーマン部長だった。
ソフトバンクなどの資産家らが上位にまったく顔を出さないなんて税体系自体が異常だ。(>651)

国連が目指すのは、少数の金持ちが高笑いして、
貧乏人同士が国境またいでなけなしのパンを分け合う世界じゃないでしょう。

編集者と庶民の生活レベルの違いなのか、やはり購読料より企業の
CM料が優先されるのか。。と、ちょっと脅してみる。

764 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 05:20:50 ID:GwMYM+pM
>>762
あんなやつ失格だ。確信犯。郵政に反対する官僚はバッサリ切るくせに。

あと、もうひとつ書き忘れたのは、「シナ」とか「慰安婦は娼婦」とか、
バカ発言する政治家や知識人を視聴率欲しさにそのまま電波に乗っけたり
紙面に載せたりするマスメディアによって社会が廃れている。

文化を担っているという自覚とプロ意識を持って仕事をするべきだ。

765 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 13:35:28 ID:PrHiu1iu
今回の都知事選挙について ―現代史の視点から
>…問題なのは、そうした人物がいること自体というよりも、マスコミや
>市民がそうした侮蔑する言葉に対して鈍感になっていることだ。
>かりに10年前あるいは20年前に都知事候補がそうした他国(しかも長年、
>日本によって侵略された歴史を持つ隣国)を侮蔑する発言を繰り返せば、
>それは大問題になっていただろう。ところが今回は、マスコミの一部の
>小さな欄で取り上げられただけでほとんど問題にされなかった。…
>
>…この間、戦争責任の問題をめぐって、藤岡信勝や小林よしのりらが
>おこなっていることはそうしたやり方だ。日本軍の元慰安婦の人たち、
>つまり社会的な弱者をあげつらい、中傷することによって、
>日本人としてのプライドを立ち上げようとする。以前ならば小林らの
>ような議論は、アホな右翼がまたなんか言ってるわ、で終わって
>しまったのだが、…(1999年4月14日)
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/essay03.htm

当時と比べてもシャレにならんぐらい右傾化してしまった。

766 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 13:36:44 ID:s4S+QokK
一般では手に入らない
固い銘柄情報入手致しました。
気になる方は気軽にメールください。
http://profiles.yahoo.co.jp/alansmithee_0


767 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 13:52:11 ID:JM8vNqph
>>765
素朴な疑問、あんたまさか団塊の世代?
文化大革命や学園紛争を知っているか?

旧社会党支持者か?日教組や公労協組左系の人?

昔の左はソビエトや中共の工作員に操られ資金援助された売国奴集団だった。
本人たちは民主的な平和運動と信じていたのだから始末が悪い、洗脳されたオーム信者と同じでまともではなかった。
今の中国への謝罪支持派も中国の手先の役割を演じているが操られている自覚がない、馬鹿はいつの時代でも騙される。


768 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 14:14:19 ID:JM8vNqph
>>763
購読料よりもスポンサー重視だろう。
フリーペーパーが日本でもこれからもっと増加するとしたら、新聞社は購読料に依存してはやっていけなくなる。

消費税の15%や20%の負担は国際比較からすれば特別高額ではないが、その場合他の税金はもっと軽減されるべきだね。
トータルの税負担率で検討すべきだ、石油や酒などの高税率を下げ地方税や国税と教育や医療費、年金、保険料などの
負担まで含めた全体バランスを総合的に検討した税負担であるべきだ。

教育や医療が無料で老後の保障もされるならば、税額の上昇も我慢できるが、今のままでは負担だけが増えるようだ。
福祉の充実を効率よくさせるべきだ。無駄な公務員の削減をするべきだ。



769 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 16:36:20 ID:PrHiu1iu
>>768
購読者が記事内容に興味を示さなければスポンサー重視に移行すると思う。
で、国益がどうとかいう観点の記事は、一般読者が放っておいても
スポンサーが勝手に圧力かけてそのように報道するようになっている。

庶民がマスコミ批判するときは庶民の利益になるように批判しないと、
近年の「賃上げ要求しない 労組」の二の舞になる。

消費税は課税対象が弱いところに偏るから反対だね。
増税は消費されない「資産」を対象にするべき。

余剰資産の投資によって企業の生産力は高まっているが、
労働条件の悪化や福祉切り捨てで国内需要は低迷している。
その上さらに消費に課税されてはますます国内需要が冷え込む。

結果、国内で吸い上げた税が、海外市場のために使われることになる。
それによって得た利益は、課税されることなくまた企業へ投資される。

一連のグローバル化で所得の二極化が進んでいく。

行政改革にしても、割りを食ってるのは現業公務員だけのように見える。
たしかに現業公務員も目に余る厚遇ぶりだが、社保庁やハローワークにしても
公安捜査で不祥事発覚→民営化ってのはいかにも話が出来すぎている。
郵政や医療もそうだが、そこまで形振り構わず民営化したいのはなぜか?
民営化で得をするのは結局誰か?ってところに疑問が残る。

今まで国民が直で雇ってたのが間に企業収益を抜かれるようになっただけじゃないのかと。
委託型の場合、土木事業と同じで、結局請負企業にとっての客は国民じゃなく政府だし。

770 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 20:58:54 ID:PrHiu1iu
小泉首相:NZ首相と会談 日中関係の悪化を懸念
>「靖国問題ばかりが取り上げられる傾向があるが、日中関係はそれだけではない。
>過去60年間で今ほど交流が深まっている時期はない」
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/photojournal/news/20050603k0000m010061000c.html

しかし誠実さのカケラもない男だね。あちこちでバレバレの嘘バラまいてどーする気だろね。
諸外国は、こんな男とまじめに信頼関係を結ぼうと思うんだろうか。

771 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 21:02:12 ID:PrHiu1iu
>名誉白人といわれて喜ぶアホ
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub2-43.html

これ見て笑えるのは、自虐的? はじめネタかと思った。

772 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 23:27:00 ID:PrHiu1iu
盧大統領「北東アジアのバランサーは日本を狙ったもの」
>…盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、31日「『北東アジアのバランサー』は、
>日本で軍備を合法化、強化するための協議が盛んに行われている状況に備えたもの」
>とし…
>…青瓦台・第1付属室の尹太瀛(ユン・テヨン)室長は、…「北東アジアのバランサー
>とは、100年前の韓国歴史に対する厳しい反省が一つの軸だとすれば、
>歴史を逆らっている日本への深い懸念がもう一つの軸」だと説明した。…
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64081&servcode=200§code=200
「バランサー論は日本念頭」 韓国大統領
http://www.sankei.co.jp/news/050531/kok108.htm

歴史認識を覆すということは周辺国にとっては、単なる感情論に止まらず
軍事的脅威にまで発展する重大事項だということ。日本は平和国家なんでしょ。
ロシアでもソ連崩壊後に教科書に加えられたバルト諸国侵略等の歴史が
近年再編纂されて、そのことが欧州に不信感を与えているらしい(下記の引用コラムより)。

773 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 23:27:44 ID:PrHiu1iu
戦争の記憶 相容れぬ欧州
>…こうした対立し合う過去の認識に基づき、未来は築き上げられる。
>「過去を制する者が未来を制する」とはジョージ・オーウェルが
>表現した全体主義体制の常套手段だが、欧州はもはや全体主義の
>時代にはない。
>
>何をすべきか。歴史的出来事の記憶には常に相対する記憶が存在する。
>第一に、この事実が、最後の生き証人が亡くなっても変わらないことを
>認識すべきだ。それでも、歴史的事実が存在することは認めなくては
>ならない。政治機関が明らかな史実を否定したり隠したりし始めたと
>すれば、それは吹き出物がはしかの兆候であるのと同じように、要注意
>の兆しだ。…
>
>…野蛮な過去の事実を知る権利が欧州市民の一人ひとりにあるというのが、
>この大陸が政治的に健全であるための前提条件だ。…
>(ティモシー・ガートン・アッシュ 英オックスフォード大教授
>05/06/01 朝日朝刊)

774 :名無しさん@3周年:2005/06/02(木) 23:56:52 ID:PrHiu1iu
>日中韓外相会談:3国による歴史共同研究に町村外相が難色
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050508k0000m010075000c.html

三国と言わず、東南アジア諸国にも参加してもらって全体像を明らかにすればいい。
日韓調査で従軍慰安婦が扱われないって、そもそもそこからしておかしい。

おそらく日本の狙いは、むしろ対立を浮き彫りにして、自らの歴史観を海外で相対化・
国内で正当化するところにあったと思う。日本側はおもいっきり右に偏った歴史認識を
示したはずだが、それでもここから先には右傾化しないという楔にはなった。

ただ、それも、従軍慰安婦問題などの重大事項を外しては意味が薄い。
他国の歴史認識とすり合わせてとか、新しい資料や証言が発見されることによって
というならわかるが、時間がたって証拠が消えていくことによって歴史を改訂するなど反則だ。

今回日本が提出した史料は(大東亜共栄圏などと同じく)旧帝国政府のプロパガンダや
建前が文書化されたものだと思う。
あとは、その史料と韓国側の被害実態を付き合わせて時間をかけて共通認識を増やせばいい。
共通認識を持てなくても時間をかけて歩み寄れるところまで歩み寄ってほしい。

>歴史的真実をめぐる解釈でみなが一致することは決してないが、共通の教訓を得る
>ことはできる(>773引用文より)

韓日歴史共同研究、「共同の理解」見出せないまま研究修了(東亜日報050601)
>「似たような歴史問題を経験したドイツとフランスも1970年代以後30年間の
>共同研究を通じて、共同の教科書を使う段階に至った」とし、理解を求めた。(東亜日報)
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2005060132418

775 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 20:22:12 ID:rmFS69zi
最近、靖国問題で小泉の旗色が悪い。でも問題はここからだと思う。
イケイケで調子に乗ってるときの小泉は良識のある人なら誰でもムカツク。
でも小泉はいつも逆風に強いからなー。ちょっと想像を交えて書いてみます。

思うに、おれらがやってるのは演劇を見ながらあれこれ批判しているようなもので、
政治家のTVの顔なんて所詮ウソで塗り固めた人格(だからこそホントは感性より
論理が重視されなければいけない)。エロ拓だってTVの前では、人の良さそうな
ただのオッサンだ。あの怒ったりシュンとしたりにいちいち感情移入していては、
まともな政策判断なんかできない。

小泉内閣の支持率が落ちていないのが、小泉が強気な原因だと思う。
個別の政策判断より個人としての首相の態度の方が国民に重要視されていることを
小泉(のブレイン?)はよくわかっている。

他方、小泉後を考えると、多くの与党議員は小泉の個人人気にこれ以上すがることは
できない。日中関係に悪影響がでる中、キャラの違う次ぎの首相が小泉と同じマネを
続ければ内閣支持率に直結する。逆に参拝を中止すれば保守基盤からの攻撃を喰らい
政権が揺らぎかねない。やっかいごとを引き継いで議席を失うリスクは負いたくない。

776 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 20:22:34 ID:rmFS69zi
ブッシュの演説スタイルH15.03.16 夜
>…米国大統領には、細部に至るまでブレインやらコーディネーターが付く。
>だから、ブッシュのあの演説の仕方、一言述べては、「そうだろう、みんな?」
>とでもいうように、表情だけで微妙にうなずいてみせるのも、練習の賜物だ。
>…微妙なニュアンスや、呼吸と間 (ま)、ほんのわずかな表情だけでものを語る
>ということについては、プロの領域に達している日本人の目から見ると、
>大根役者の猿芝居以外の何物でもない。…
http://homepage3.nifty.com/tak-shonai/y_cracks/yc03/c33.htm

イラク戦争の正当性というよりブッシュの男らしさに共感してあのバカげた戦争を
支持しているアメリカ人も多いんじゃないかね。
日本人から見るとブッシュのはわかりやすい。毎回演説をいろんな層の人にモニター
してもらい、共感を持ったところでボタンを押してもらう、そうして演説の錬度を
上げていく様子は日本のTVでも紹介されていた。

日本の政治家だけそういうのをやってないと考える方が不自然だと思う。
とくに生まれながらに政治家になることを宿命づけられた人間は、普段の生活から人の
心を掴むことを意識し続け、人心掌握術に長けていて当然だと思う(そう言えば小泉も
大の演劇ファンだったかな)。

逆に、たとえば小泉の噛んで含むようなトロい喋り方やオーバーアクションが鼻に付く
人も多いでしょう。

777 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 20:23:42 ID:rmFS69zi
2005年01月27日 民主党Web
>これに対して首相は、「大したことはない」発言については「これは反省している」と
>しつつ、「約束を守ることは大事だということは、考えてみればこれはいい言葉だ」と、
>全く支離滅裂な発言をし、「大量破壊兵器はいずれ見つかる」とした点についても、
>「予想と見込みは外れる場合がある」と開き直り。「非戦闘地域か分かるわけがない」
>との発言については、「当たり前でしょう」「イラクに行って調べたって分からない」
>と、国民への説明責任など、欠片も感じられない答弁。
http://www.dpj.or.jp/news/200501/20050127_02kan.html

いつまでこんなサル芝居が許され続けるんだろう。バリエーション豊かに答弁拒否してる
だけじゃんか。
>3092個目のリンク先(横田さん)のときや高遠さんらのときだって、問われるべきは
小泉政権の北朝鮮政策や自衛隊派遣の是非だったのに、国策に異を唱えた人たちの態度
の問題ばかりがクローズアップされて、大事な大事な政策判断の是非がうやむやにされ
てしまった。

政局や首相としての資質(どんな心を持っているか)が重要だから国会答弁を求められて
るんであって、それをそのまま心の問題だからとか他国が干渉すべきじゃないで済ませ
られたら国会なんて必要ない。

あと、「内政干渉」じゃないのに「他の国が干渉すべきでない」っていうのは、ひとりの
人間として、私は日本人の言うことにしか耳を貸さないよって自分の島国根性を公言して
いるに等しいね。
>首相「心の問題」:靖国参拝で中国に不快感表明
http://www.chunichi.co.jp/00/sei/20050603/mng_____sei_____000.shtml

778 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 22:26:59 ID:WEtxoo7o
http://www.k3.dion.ne.jp/~bfc/

779 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 22:51:27 ID:jXwZRB6d
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113828652/129

780 :名無しさん@3周年:2005/06/03(金) 23:48:30 ID:CK5DxYb5
>>777
一つだけ反論がある。

>あと、「内政干渉」じゃないのに「他の国が干渉すべきでない」っていうのは
>、ひとりの 人間として、私は日本人の言うことにしか耳を貸さないよって
>自分の島国根性を公言して いるに等しいね。

小泉は国内の声もほとんど聞きやがらねえ。


781 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 00:11:14 ID:gIZukZ1u
明らかに内政干渉してるって。皆さん、在日に騙されるべからず。

782 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 00:19:17 ID:OYBKAaDO
>>780
たしかにw その場限りの言い逃ればっかだね。

783 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 00:55:35 ID:OYBKAaDO
小泉は何言っても聞く耳持たないから仕方ない。ってあきらめが慣れに繋がり
さらには現状追認、さらなる右傾化に対するあきらめと続いているのだと思う。
(首相の靖国参拝も、天皇の親拝に道をつけるための布石という見方がある)

こういう流れは全ての政策において、小泉じゃなくてもたとえば安倍や石原
などが首相でもそのまま当てはまる。

このスレで、個人的な理想と現実(の方向性?)のギャップを
かなり想像も交えながら書き連ねてきたけど、それでも現実を追認したりすべきじゃない。
こんなときだからこそ自分の立ち位置とどっちに現実を動かしたいかだけは
確認しておくべきだと思う。

そう言えば、昨年4月にイラクで人質が捕まったとき、
彼らへのバッシングの酷さに呆然としたが、そんな中Creative Spaceってサイトが
人質救出のための情報をいろんな所から集めてアップし続けてくれてたっけ。
おかげであの異様な雰囲気の中でも自分の考えに自信を持つことができたと思う。
人間、ひとりでも自分と同じ考えの人がいると随分安心するもの。

まあ、そんなこんながあって、逆風のときこそ声をあげないと、
やがて誰一人自分の意見に賛同してくれなくなるかなと。
別に今すぐひっくり返らなくても、民主主義の土俵さえ確保できたら
その内なんとかなるでしょ。右翼もそうやって現状を築いたんだし。

今の政治が気に入らないなら、気に入るようになるまでNOと言い続けましょ。
世論調査は低支持率。選挙は高投票率。がおれの理想です。現実ま逆だけどw

心理学トピックス
>6.Foot In The Door Technique(小さな承諾が大きな承諾につながる)
>14.合理化(すっぱいブドウと甘いレモン)
http://www8.plala.or.jp/psychology/topics.htm

784 :8マイル:2005/06/04(土) 01:02:22 ID:G27lk2+R
中国と韓国の女の子は日本の味方だと思う。
人種を越えたグローバル化かあ。

今時よ民族論なんか語る時代かあ〜!
中国と韓国のキモ男なんか時代から放置していこうぜ〜☆

正当はいずれ判明する。




グローバルな犯罪だよ。
↓迷惑メールだ。誰か駆除してくれ。

kaori.yamakawa447544...@msn.com
lucy-girl-44457888@kawaii1245.ne.jp
William@kargesfineart.com
kaori.yamakawa47587854...@msn.com

785 :784:2005/06/04(土) 01:03:38 ID:G27lk2+R
William@kargesfineart.com
kaori.yamakawa47587854...@msn.com


786 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 19:05:32 ID:rswu/NOw
つか、言いたいこと溜め込むのがストレスなだけなんだけど>783

イラク戦争と日本――失われたものの大きさ 2003年4月14日
>ブッシュ(父)大統領から首相官邸に直通電話(「ブッシュフォン」という)がかかり、
>湾岸への自衛隊派遣など、「目に見える貢献」を強く迫った。ブッシュが「YES or No?」と問うと、
>海部首相(当時)は思わず「or」と叫んだ、という小話が巷に流れた。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2003/0414.html

小物で滑稽かもしれないが、小泉に比べれば海部の方がはるかに法や国民に誠実だったと思う。
湾岸戦争でも結果的に金銭面で戦争に協力することになるんだけど、
少なくとも人間的な葛藤の様子が窺える。

翻って小泉の態度は一貫している。「国民にどう見せるか」しか考えていない。
米国と折衝して妥協点を求めるようなことはせず、自分の決断で決めたように見せることに腐心する。
それが、いの一番のイラク侵略戦争支持であり、法律違反の「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」だった。

米国と衝突し結果日本の言い分を通せなかったらほとんどの国民は失望するが、
米国と一切対立せず相手の言い分を100%呑み
代わりに国内の抵抗勢力をねじ伏せて我を通せば、
見た目はその方がいい。(…って思う人が多いんでしょ)
ただし、小泉の個人的な人気取りのために、米国に対して必要以上の妥協がいつもされている。

靖国参拝も同様。明らかに国益や在中邦人の安全を損なうが、
それよりも「強気に振舞うこと」が優先される。彼に誠実さは全くない。

今小泉を支持しているのは観客席から第三者的に政治を見ている人が多いんじゃないかと。
当事者意識がないから小泉の不誠実さに注意が行かないんじゃないかな。

787 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 23:53:05 ID:rswu/NOw
▼6月5日(日)午後10時10分〜翌6日(月)午前0時59分
NHK・BS1「BS世界のドキュメンタリー」『「テロとの戦い」の真相』
第1部「イスラム過激派の誕生」/第2部「ビン・ラディンの実力」/第3部「作られた恐怖」

第2部の内容について 独立系ラジオホスト/トム・ハートマンの推薦文の日本語訳
>…たとえば、「アルカイダ」という名称自体、アメリカ政府が2001年に反マフィア
>法でビンラディンを訴追しようと決めたとき、対象が名前のある犯罪組織でなければ
>ならないために名づけたものだそうです。また9・11事件以来、イギリス政府が
>テロリスト容疑で拘束した664人のうち、現在までアルカイダとの関連を裏づけ
>られて起訴された人が一人もいないことも、この番組が取り上げるこうした事実の
>一つでしょう。…
http://www.kyodo-center.jp/kako-joho/kako-joho.htm

明日の夜からだって。うちはBS見れないから残念!
最近のイラク報道見ていて疑問に思うのは、テロ報道に際してアルカイダの名前が出
てこなくなったこと。代わりにスンニ武闘派の自爆テロが報道されている。
で、治安状態はイラク政府成立前後でまったく変わってない。なのに突然アルカイダ
組織のザルカウィ容疑者負傷? どこまでホントでどこから作り話なんだかまったく
わからん。第3部の「作られた恐怖」は、日本政府を題材にしても製作できそうだね。

>イギリスでは昨年10月から11月にかけての3週連続放映で大評判となり、「英国
>アカデミー賞」(BAFTA)テレビ部門賞を受賞。先日のカンヌ映画祭でも、2時間半に
>編集した映画版が特別上映されて話題を呼びました。アラブ圏でも放映されましたが、
>一番見てほしいアメリカでは、残念ながらバッシングを怖れてテレビ放映の計画が
>ないそうです。

788 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 23:54:44 ID:rswu/NOw
>イラクの反米武装勢力のザルカウィ氏が自らのグループを「イラクの聖戦アルカイダ
>組織」と改名したのは、ほんの1週間前のことだった。(毎日新聞余禄2004/10/28)

要するに、米軍のファルージャ攻撃理由は「アルカイダのザルカウィが(そこに)潜んで
いる」ということだったが、肝心要のザルカウィの指導する組織は攻撃を受けるほんの
1週間前にわざわざ「タウヒード(神の唯一性)とジハード(聖戦)」からアルカイダ
の名を冠した「イラク・アルカイダ機構」に改名したと。

ファルージャからアナン国連事務総長への書簡(14 October 2004)
>ファルージャでアメリカとその同盟国はアル・ザルカウィという新しい、正体不明の標的
>を作り出しました。ザルカウィはアメリカの犯罪行為を正当化する新たな口実です。
>この新しい人物は一年前に、でっち上げられました。そして、その一年の間、アメリカは…
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Letter_from_Fallujah_to_Annan.html

>世界中が沈黙しているのです。イラクの一般市民を殺害することすら非難の対象に
>ならないのです。アメリカは、1991年の戦争の後、イラクに賠償金の支払いを
>強制しましたが、今回アメリカはイラクに賠償金を支払うでしょうか。

無論、日本も共犯。

789 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 00:59:46 ID:MnirMLx1
>テロ報道に際してアルカイダの名前が出てこなくなったこと。

なんか、ちょっとぐぐってみたらそうでもない。
政権発足後もちょくちょく犯行声明出してるみたい。
おれの印象が違ってました。

>「アンサール・スンナ軍」は、イラクでの反米テロ首謀者と
>いわれているザルカウィ容疑者との関連も指摘されています。
(特集 イラク自衛隊派遣 || テレビ朝日2005/05/10)

斉藤さん殺害した組織も結局、ザルカウィと関連とか書かれてるし。

790 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 01:42:46 ID:ti4rYmB5
1994年
 タリバン運動が開始
1996年
 タリバンがアフガニスタンの首都カブールを占領、
 オサマビンラディンがアフガニスタンにやってくる。
1997年
 タリバンの現地司令官がバーミアン大仏破壊の声明を発表
 このあと、タリバンの最高指導者オマルにより、大仏の保護が決まる。
1998年
 タリバンの情報文化次官ホタキがアメリカに招かれる
2000年 3月
 タリバンが「世界女性の日」を始めて祝う
2000年 8月
 タリバンがカブール博物館で仏像などの所蔵品の展覧会を開く。
2000年 10月
 イエメンで米イージス艦へ自爆テロ。ビンラディン関与とされる。
2000年 12月
 国連安保理で対タリバン経済制裁強化決議。
2001年 2月26日
 タリバンの最高指導者オマル「大仏破壊」をラジオで声明。
 その後、ユネスコ、パキスタン、各国のイスラム教指導者らの交渉団が
 アフガニスタンを訪問し、タリバンに破壊の中止を申し入れる。
2001年 3月初旬
 バーミヤン大仏の破壊が完了する。

791 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:05:27 ID:MnirMLx1
>>790
ありゃ、なんでタリバンが?と思ったら、
タリバンとビン・ラディンは友達だから、
アフガンの一般住民は爆殺されて当然だと言いたいのかな。違う?
しかしホントはどの程度の繋がりだったんだろ。

まぁ、NHK・BS1で6月5日(日)午後10時10分〜放映らしいから、
おれの代わりに見といてね☆

792 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:07:11 ID:MnirMLx1
■いつか来た道――BBCドキュメンタリー「悪夢の力」を見よう!トム・ハートマン
>…これを見たあとでは、政治的現実は二度と前と同じには見えないし、
>とくにブッシュ政権やその有志連合政権の言葉は、二度と前と同じには聞こえないだろう。…
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/550?expand=1

>787のリンク先よりかなり詳しく概要が紹介されていました↑。

▼第1部「イスラム過激派の誕生」(原題:Baby It's Cold Outside)
>…かつて政治家はより良い世界の夢を提示したが、
>いまでは人びとを悪夢から守ることを約束する。…
>…両方とも、現代の行き過ぎた自由主義・個人主義こそ社会崩壊の元凶と信じたが、
>やがて道徳と秩序の回復に恐怖を利用するようになっていく。…
▼第3部「作られた恐怖」(原題:The Shadows in the Cave)
>…しかしいまや、もっとも暗い想像力をもつ者がもっとも強い力をもつ時代となった。
>9・11以降、政治家たちがどのように恐怖を誇張し、煽り、利用してきたか、
>さまざまな例を挙げて追及する。

793 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:26:39 ID:ti4rYmB5
アルカイダ[al-Qa'ida]

別名
・アルカイダ[al Qaeda]
・「基地」["the Base"]
・イスラム軍[the Islamic Army]
・ユダヤと十字軍に対するジハードのための世界イスラム戦線[the World Islamic Front for Jihad Against Jews and Crusaders]
・聖地解放のためのイスラム軍[the Islamic Army for the Liberation of the Holy Places]
・ウサマ・ビン・ラディン・ネットワーク[the Usama Bin Laden Network]
・ウサマ・ビン・ラディン組織[the Usama Bin Laden Organization]
・イスラム救済財団[Islamic Salvation Foundation]
・聖地保護グループ[The Group for the Preservation of the Holy Sites]

794 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:29:14 ID:ti4rYmB5
解説
1990年ごろ、ソビエトの侵攻に対して
アフガニスタンで戦ったアラブ人を集めて、ウサマ・ビン・ラディンが創設した。
アフガニスタン抵抗のためにスンニー派イスラム教徒過激派に資金、新兵勧誘、輸送、訓練で支援した。
現在の目標は全世界に「イスラム教国家を再建する」ことである。
同盟しているイスラム教徒過激派グループとともに、「非イスラム的」とみなす政権を転覆させ、
イスラム教国家から西洋人を追い出そうとしている。
1998年2月、「ユダヤ人と十字軍に対するジハードのための世界イスラム戦線」の旗印のもと、
イスラム教徒は、民間人も軍人も含めて合衆国市民 またどこにいようとも
その同盟者を殺害するのが義務である、と述べる宣言を発表した。

795 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:30:58 ID:ti4rYmB5
活動
少なくとも301人死亡、5000人が傷ついた8月7日のケニア・ナイロビとタンザニア・ダルエスサラームの合衆国大使館爆破事件に関与。
ソマリアでは1993年に合衆国ヘリコプターを撃墜して合衆国軍人を殺害し、
1992年12月のイェメンのアデンで合衆国駐留部隊を標的とした3つの爆破事件に関与した、と主張している。
テロ作戦未遂計画と関連しており、
1994年末のローマ法王マニラ訪問時の暗殺計画、
1994年末の合衆国とマニラのイスラエル大使館その他のアジア各国首都同時爆破計画、
1995年10あまりの合衆国太平洋横断飛行機空中爆破計画、
1995年はじめのクリントン大統領フィリピン訪問時の暗殺計画などがある。
これらの目標を支援するテログループに対して、訓練、資金、兵站支援提供を続けている。

796 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:35:10 ID:ti4rYmB5
勢力
数百から数千人のメンバーがいるかもしれない。
エジプト・イスラム・ジハード、ガマアト・アルイスラミーヤ、ハラカト・ウルムジャヒディなど
多くのスンニー派イスラム教過激派集団などの緩やかな傘下組織の中核となっている。

活動地域
ナイロビとダルエスサラームの大使館爆破は、アルカイダの全世界的到達を示すものである。
ビン・ラディンと中心的代理人はアフガニスタンに住み、グループはそこでテロ訓練キャンプを維持している。

外部支援
サウジアラビアの億万長者家庭に生まれたビン・ラディンは、
3億ドルもの遺産を相続し、グループへの資金として使っているといわれる。
アルカイダは資金源となる企業も経営し、同様の意志のある支援者からの寄付を集め、
寄付からイスラム教慈善団体に至るまで違法に資金を吸い上げている。

797 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 02:45:53 ID:ti4rYmB5
1997年11月17日 エジプト・ルクソールで観光客に対してテロ事件 日本人10名を含む観光客58人とエジプト
             人警官4人の計62人死亡。エジプト観光産業に大打撃を与える。

1998年 7月20日 タジキスタンで秋野豊氏殺害事件

1999年 8月23日 キルギス南部オシ州で日本人鉱山技師4人を含む7人を拉致事件。この犯人はウズベキスタン
             の過激派「ウズベキスタン・イスラム再生運動」であった。指導者ナマンゴニ野戦司令官は2001年
             11月のアフガン空爆で死亡した模様。

2001年 9月11日 世界貿易センタービルと国防総省への同時テロ事件

2003年10月18日 アルジャジーラ放送局、ビンラディンの声明発表。
            日本、イギリス、イタリア、スペイン、オーストラリア、ポーランドの6カ国の名を挙げ、「この過酷な戦争
             に参加する全ての国に対し、われわれは適当な時期と場所で対応する権利がある」とイラクを占領す
             る米国への協力に警告。ビンラディンが初めて、日本に対する攻撃に言及。

2003年11月15日 アルカイダ関係者を名のる者がロンドン発行のアラビア語紙「アルクッズ・アルアラビ」宛に
             上記事件の犯行を認めるeメールを送付。その中で、「ブッシュ米国大統領とその従者たち、
             特に英国、イタリア、オーストラリア及び日本に対して、暴政の都の中心で、死の車を目の当たり
             にすることになるであろうことを告げる。」アルカイーダが初めて日本の首都・東京に対する攻撃に
             言及する。

798 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 18:13:22 ID:MnirMLx1
>>793-797ぐらいが一般的なラディンに対する情報だけど、英国国営BBCの取材で
それらが覆っていくって内容らしい(「英国アカデミー賞」テレビ部門賞を受賞!
カンヌ映画祭でも特別上映)。NHK総合でもやってくれんかな〜。
BSで反響があればってとこだろうけど。しかし「自由の国」アメリカで放送できんとはね。
「自由の報道局」NHKのさらなるがんばりに期待しよう。

でも、ラディン・ブッシュら世界の過激派が冷戦を再構築しようとしてるってのは頷ける。
以下>792リンク先より。

>…1979年末のソ連によるアフガニスタン侵攻で、イスラム過激派とネオコン
>の奇異な同盟が生まれる。アメリカが資金と武器を提供したムジャヒディン戦士
>の中に、若きサウジ富豪オサマ・ビンラディンがいた。…
>
>…ラムズフェルドとチェイニーのやり方は、ソ連が大統領もCIAも知らず、彼
>ら二人しか知らない秘密の大量破壊兵器を保有していると主張することだった。
>そして二人は、それらの兵器に対抗するため、アメリカは国内向けに費やしてき
>た何十億ドルもの政府支出を防衛関連企業にふり向ける必要があると力説した。
>それらの企業には後日、彼ら自身も天下る運びだ。…(米ソ冷戦時の話です)

799 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/05(日) 18:31:08 ID:2+5zE75F
>>798
アメリカで放送できるわけがありません(笑)
自由という意味が違いますからな、あの極右国家は。

面白そうなので見ます、情報ありがとさんです。


800 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 18:44:53 ID:MnirMLx1
>>799
どもども、です。石原(都知事)は反米反中だっけ。
おれは彼の品性と政策が大嫌いだから主に批判するけど。

で、彼の悪いとまで見習うことないと思うよ。
口調は置いといても、無理して「シナ」とかいう言葉遣い
までマネすることもないでしょ。

801 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 19:12:08 ID:MnirMLx1
出生率低迷 産みたいと思う社会を
>…働きながら子育てできるように、保育所を増やすことなどはすぐに
>手をつけるべきだ。また私たちは、児童手当を思い切って増額し、
>10年程度をかけてその効果を見ることも提案している。…
>
>同時に、若者の雇用に目を向ける必要がある。アルバイトやパートで
>暮らす若者のフリーターはこの10年で2倍となり、200万人を超す。
>こうした動きは少子化の深まりと比例している。…
>
>…時間はあるが安定した収入がないフリーターが増える。一方の正社員は
>収入は多いが、残業で自由な時間がない。若者の仕事は二極化が進んでいる。
>
>そう分析する慶応大学の樋口美雄教授は「いずれも少子化を促進している。
>両方を足して二で割り、適度に稼いで、適度に休みがとれる社会にしない
>といけない」という。…
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

そうそう。おそらくはこういう施策をもっとも必要としているであろう
層の市民が、その望ましい施策を唱える人たちを一生懸命に叩いている。

知識人や政治家、マスコミらは国の施策がどうであれ総じて自分の家族を
養えるぐらいの蓄えと能力は持っているもの。しまいにゃバカバカしく思
って親身に国民のことなど考えなくなっても不思議じゃない。

ごく普通の暮らしをしてる人にとって何より重要なことだと思うんだけどね。
TVに出てるような人達は皆、普通の暮らしなんかしてないのに。

ジャーナリズムを捨てた「“自殺”したメディア」も多いが、それにもまして
自らの幸せを放棄した「“自殺”した国民」が多いのが気になる。

802 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 19:12:24 ID:25R6APcb
戦争とはなんとも悲惨なものだ。
先の大戦で日本は無差別の殺戮攻撃を受け、二度と戦争はするまいと強く決心した。
日本は多くの人材を失い、食うや食わずの生活からやり直していくはめになった。
みんな、それこそ必死に働きながら、そして多額の賠償金を払っていった。
日本は、侵略したアジア諸国に幾度も繰り返し繰り返し謝罪してきた。
ところが、韓国と中国はそれを逆手に更なる無限の非難と賠償金を要求してきた。
それも、ほとんど理不尽な要求をである。歴史を改竄し捏造し日本を責めたてる。
日本人の中にも、日本非難を続けるものがいる。
信念で、反日活動をするものもいるが、多くはそれらの内容を鵜呑みにしていて、
それがとんでもない誹謗中傷であることに気付いていない人達である。
しかし、ここ数年で状況は劇的に変わりつつある。多くの心有る人達によって、
歴史の検証がなされ、それがインターネットを通じて真実を知る人達が増えたことだ。
「三光作戦」などなんとも悪質な捏造だ。うそ話のなかに事実を少し織り込んで
いかにも全部が真実であるように見せかける。実に許しがたき捏造だ。
「南京大虐殺」の捏造は今や多くの日本人が知っている。
韓国や中国からの理不尽な誹謗中傷をきっぱりと跳ね除けましょう。



803 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 19:34:39 ID:Hp1uDiDY
802
4行目ぐらいまでは同感していたが・・・
またネットウヨのコピペかw
オマイラがいるから欧州あたりまで暗い感じで
右傾化していると言われるんだ。


804 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 20:48:37 ID:MnirMLx1
旧日本軍に虐殺されたオーストラリア兵の慰霊碑の前で、
そんな事実さえ知らない日本人留学生に腹が立ったとか
いう話をどっかで読んだことがある。

で、国際化の時代、国籍に関係なく人と付き合いたいね、と。

805 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 06:40:02 ID:/pNYL5ia
最近ラムズフェルドが、中国に対して軍事力増強を批判したという報道があるが
ソ連崩壊の後に台頭してきた中国とアメリカの覇権争いが活発化してきた印象を感じるんだけど
日中間での小競り合いもその一環に過ぎないんだな、と思えてしまう。
大元であるアメリカと結託してやってるのか、うまくそういうふうに動かされているのか?

アメリカの対中戦略の最前線なのが日本と韓国だというのを思うと
マスコミの先導の仕方があからさますぎるよね。
中国のデモや不祥事に対しては過剰反応で煽り立て、韓国の反日やその他もろもろ
については中国に対する反応よりは押さえ気味だしね。
それどころか、韓国文化の宣伝は病的なほど繰り広げられてるし・・・


806 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 06:56:53 ID:/pNYL5ia
韓国自身は日本のこと嫌ってるんだろうけど、日本のボスであるアメリカの
対中政策の上では日中関係はこじらして、日韓関係は良好であるほうが好都合なだけだよね。

一連の報道などで権力者の思い通りに中国叩いてる連中を見ると滑稽ですらある。
まあ、2ちゃん内では韓国も中国も同じように嫌ってる人多いけど、
アメリカや一部日本メディアの思惑とは少し違うにしても、散々いわれてるだろうけど
2ちゃんも政治宣伝の一部だよね。

807 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 08:23:10 ID:cwitnnQZ
違うねえ。少なくとも日中関係の緊張の本質的な要因ではない。
「天津領事館における脱北者連行時の治外法権無視」
「石垣島近海における原潜の領海侵犯」
「反日デモにおける大使館への破壊活動」
これらの事件に対する中国の対応は「米国に踊らされて」だけでは説明がつかんよ。

これらが示すものは恐るべきことだが中国側が官民ともに
日本の主権を潜在的には認めていないことに他ならない。
国内をまとめるために外敵を設定し、その外敵を日本ということにした。
そのことがもたらした必然的な結果だよ。


808 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 08:39:18 ID:n+H/Tmgx
それも結局マスコミガ報じるかどうかによるけどね
その程度のことはどこの国家間でもあるかもしれんし

で、中国と韓国に対する報道姿勢の違いについては?まさにしらずしらずに
権力者に踊らされてるんですね



809 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 08:52:37 ID:y581T5UU
>>805-806
ラムズ、お前がそれを言うかwって感じだね。

冷戦が終わって普通に行けば今ごろアメリカの軍需産業は
大幅に規模縮小せざるを得なかったはずなのに、
ネオコンがあちこちに火を付け敵をつくってるおかげで相も変わらず繁盛している。

中国の軍事的脅威を必要以上に印象づけたいんだろう。
日本のマスコミも一役買ってる感じがする。

根本的に、すでに市場開放し経済的依存関係がある国と戦争したら、
権力者にとっては損失の方が大きくてうまみはない。植民地支配なんてできる時代じゃないし。

中国とは普通に付き合ってたら、軍事的脅威になんてなるわけがない。

で、北朝鮮に対して核以外のことで挑発してるし↓。ホントに解決する気あるんかいな。
>安保関連会議で中国、北朝鮮を批判、米国防長官
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200506040007.html

それより、安全保障会議の場で人権問題の話してるのが気持ち悪い。
頼むから別々にやってくれよ。。また空爆の口実にする気じゃないだろな。

810 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 11:52:15 ID:y581T5UU
民主主義が破綻するとき――歴史の警告
>…けれども、1930年代を通じてヒットラーとルーズベルトは、それぞれの国力と繁栄
>を回復させるために、まったく異なる道を選んだ。
>
>ドイツの選択は、政府が企業に肩入れし、社会の最富裕層に恩恵を与え、公共部門
>の大半を民営化し、反対意見を封じ、憲法で保障された諸権利を人びとから奪い、
>戦争の継続と拡大によって繁栄の幻想を生み出すことだった。
>
>アメリカは最低賃金法を可決して中産階級を力づけ、企業の権限を抑えるために
>独占禁止法を実施し、企業と最富裕層への増税を行ない、社会保障制度を創設し、
>国家社会基盤建設と芸術振興と森林再生の計画を通じて最終雇用を確保した。…
http://www.ribbon-project.jp/SR-shiryou/shiryou-14.htm

別のサイトから前出のトム・ハートマンのコラム。日本人がヒットラーを小泉に
似せて書いたのならともかく、米国人が米国人宛に書いたコラムでここまで似る
とわ、、嫌になる。下のもヒットラー政権下のドイツです。

811 :名無しさん@3周年:2005/06/06(月) 11:52:54 ID:y581T5UU
>…彼の政策に異議を唱える人びとに対処すべく、政治的手腕に長けた顧問たちの
>助言を受けて、彼と配下の報道関係者は、彼と彼の政策を愛国主義および国家
>そのものと一体化させるようなキャンペーンに乗り出した。テロリストやテロ支援者
>たちに、国を分裂させたり、国家意志をくじいたりできると思わせないためには、
>国としての統一が不可欠だというのが彼らの持論だった。戦時にあっては「一つの
>民族、一つの国家、一人の総統」しかありえないという理由で、彼らは国策の
>批判者を国家そのものに攻撃をしかける人間だと糾弾する、国ぐるみの一大報道
>キャンペーンを張ったのである。
>彼に異議を唱える人間は「反ドイツ的」ないし「良きドイツ人ではない」とのレッテルを
>貼られ、国家の英雄たる兵士たちを支持する愛国心がないために、国家の敵を利
>する者だと白い目を向けられた。それは反対意見を封じ、賃金労働者(兵士の大半
>はこの階層の出身)と、彼の政策に批判的な“知識人や自由主義者”とを反目させる、
>彼一流の効果的手法であった。…

イラク人質事件について書かれているとしか思えない。

812 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/06(月) 23:32:17 ID:lHp7W0i6
>>800
昨日見ました、DVD録画もしてあるのでもう一度メモしながら見て
自分なりに分析してみます。 やっぱり米国での報道とまったく違いますな
都知事は反米反中ではないでしょう、ただ自国が無理な圧され方をしたときに
反応しているだけだと思います、取り上げられる発言が誇張して流れますから
まあ仕方ないところですし、外交に関しては今は都知事は正しすぎるほど正しいですよ。

813 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/06(月) 23:44:27 ID:lHp7W0i6
>>801
私は都知事の思想的なモノが好きです、政策とかは向いてないでしょう(笑)
都知事は大統領制がいいと言ってました、私は議会民主制が良いよ思っています

さてそのコピペなんですが、保育所は賛成ですね、次に雇用問題は不良債権、赤字減退と
大きく関わることですな、リストラクチュアにより促進されたのは正社員を殺しアルバイトを
都合よく使うことで形だけの建て直しを行ってきた問題が、若年層を大きく圧迫しました。
よく働かない若者と言いますが、確かにそういう野郎もいますが実際は求人の少なさが顕著でしょう。

ただ少子化はどうでしょうか、時代によって出生率は緩やかに変動(増減)しますし
お金があっても一人っ子に資本をかけ、兄弟をつくろうとしない人もいます。
少子化は問題ではないと思っています、年金や雇用促進は実は政府が繰り越して増やし続けた
借金こそが問題であると思っていますよ、中途半端ですがここで落ちます。

814 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 00:01:24 ID:Bw5wmczE
>>812
見てくれたんだ。微妙に都知事とはキャラ違うねw 真面目だし。

でも石原の外交ってこんなだぞ。

石原都知事、英紙とのインタビューで北京オリンピックのボイコット呼び掛ける
>強気の姿勢を見せる石原知事だが、尖閣諸島諸島については、1日付のイギリス
>「タイムズ」紙のインタビューで、「中国が占拠するような動きを見せれば、
>小規模戦争も辞さない」と語った。
社会ニュース(FNN)2005年6月2日

コメントする必要すら感じないが、強いて言うなら、政治の道具にされる選手のことや
たかが石油のために空爆される両国市民のことを考えてるのかね。
日本人がこんなキチガイだと海外に思われて恥ずかしい思いする人の気持ちとか。

815 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 00:02:31 ID:Bw5wmczE
>政策とかは向いてないでしょう(笑)

そだね。

816 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 00:15:23 ID:Bw5wmczE
>>813
かなりの部分同意です。少子化は、子を産むかどうかは夫婦の決断だから、
要するに産みたくても産めない、育てられないという環境を改善すること
が大事だと思う。

817 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/07(火) 00:20:12 ID:OMZGlYUw
>>814
まだ都知事がそういう発言をする前は、ネット上でボイコットを叫ぶ
香具師に「選手の気持ちも考えろよ」と私は言っていたのを思い出しました。
しかしながら個人間と政治家とは異なります、私なりに分析すれば
これは英国という場所で都知事はわざと煽っているのだと思います
日本国内では効果が薄いので、先の日本に対するデモに批判的な海外メディアを意識した
発言でしょう、つまりそれくらい問題なんだと焚きつけていますな。
実際、米国では会議で北京五輪は問題になっていたはず、ここも読んで時期を
見計らっての発言でしょう。(沖ノ鳥島も)

日本のことを海外で基地外と思う国は意外に少ないと思いますよ
またお会いしましょう、テロ情報はとても有用でした、多謝

818 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 00:53:16 ID:Bw5wmczE
>>817
日本の政治家がわざと煽るやつだらけなのが問題だと思うんだけど。
(そう言えば町村もバカ言ってたな、また)

日本が脅しつけて反日デモを押さえ込んでも、根本の感情的対立が残ったままでしょう。
結局、たとえば北京五輪で日本選手がとばっちりを受ける。

たとえばドイツの常任理事国入りに反対してる国の国民とドイツ国民の間に
日中ほどの感情の縺れがあるかというと、そんなことはない。
普通の利害対立と日本が折れるべき戦争問題(歴史問題や靖国など)を
石原をはじめとした日本の政治家が全部ごっちゃにしてダダをこねている。
そのとばっちりを受けるのは政治にまったく関係ない位置にいる一般国民。だと思う。

819 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 02:07:34 ID:Bw5wmczE
>809に関連して、以下ちょっと長いけど引用。
日本で報道するなら、米→中への軍事批判より日本の軍事力がアジア諸国から
どう見られているかの方がよっぽど重大に取り扱われるべきニュースだと思う。

アジア安全保障 米中衝突 日本に余波
>問題となったのは、2月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意された
>「共通戦略目標」。「台湾海峡をめぐる問題の対話を通じた平和的解決を促す」
>との項目が盛り込まれたことだった。
>
>4日午前のラムズフェルド米国防長官の演説を受けて行われた質疑の中で、米国の
>コッサ・パシフィックフォーラム所長が「アジア諸国では、日米が共同で台湾防衛
>に当る意味だと報じられている。長官の解釈は」とただした。長官は「合意内容は
>公になっている」と言うだけで取り合わなかった。
>
>そこで、コッサ氏はその後に演説した大野防衛庁長官にも「中国を封じるため、
>台湾を防衛するものだという受け止めが広がっている」と迫った。大野長官は
>「共同発表をよく読んでほしい」などと答えるだけだった。
>
>朝日新聞に対し、コッサ氏は「日本の防衛政策についての懸念が東アジア諸国に
>広がっていると強調。
>シンガポールの研究者も「最近の小泉首相の靖国神社参拝もあって、アジア諸国
>の間では本当に怖いのは中国ではなく、日本だという見方も出ている」と指摘した。
(朝日朝刊3面2005/06/06)

大野防衛庁長官があそこで(ラムズの前で)明確に否定しないということは
憲法無視の密約が出来ていると見て間違いないでしょ。

820 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 02:08:19 ID:Bw5wmczE
で、当時の記事。

欧米メディア、台湾有事へ日本が関与拡大決意と報じる
>【ワシントン=伊藤俊行】19日に行われた日米安保協議委員会(2プラス2)について、
>米欧の主要メディアは一斉に、日本が台湾海峡有事の際に、軍事的役割を含めた関与拡大
>への決意を示す場となったとの論調を展開した。
>日米共同声明では、中国、台湾の問題について、「台湾海峡をめぐる問題の対話を通じた
>平和的解決を促す」と表現した。
>米ワシントン・ポスト紙は一面の東京発の記事で、日米共同声明について、「台湾海峡に
>関する相互の安全保障上の懸念」を確認したものだと位置づけ、「日本は中国の急速な力
>の伸長に対決姿勢を強めることを表明した」と断定した。
>英フィナンシャル・タイムズ紙は、「1996年の日米安全保障共同宣言を書き直し、
>日本は台湾(海峡を巡る問題)が安全保障上の懸念であるという米国の立場に初めて
>加わる」との記事を一面に掲載した。
>米CNNテレビは、「大きなニュースは台湾海峡への日本の関与で、平和的国家から
>変化しようとしている」などと伝えた。
>
>これに関連し、訪米中の町村外相は19日、「私たちとしては、目新しいことを
>(共同声明に)書いたつもりはない。なぜ、(海外の報道が)ああいう書き方になるのか
>わからない」と記者団に述べ、台湾海峡問題に関する日本政府の方針は従来通りだとの
>認識を示した。(読売2005/02/20)
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/11096352.html

目新しいことを書いたから騒ぎになってるんでしょが。海外向けの顔と国内向けの顔を
使い分けて徐々に既成事実を積み重ねるいつもの手法。

821 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:51:53 ID:S0/drej2
所詮、マスコミの手の上で踊らされているだけ
政治家も国民も・・・

822 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 10:52:33 ID:lMgpZgnz
日本の歴史教科書「左OBすれすれ」 町村氏
>町村氏は中国、韓国両国が批判している日本の歴史教科書に関して
>「左がかった人が執筆しており、軍国主義を賛美するはずがない」と
>指摘。ゴルフにたとえて「(大半の教科書は)左OBすれすれ。
>(中韓が問題視する)扶桑社の教科書もフェアウエー中央で右ラフ
>にもいっていない」との認識を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050607-00000013-nnp-kyu

ったく。お前らが圧力かけたら日本が国定教科書制度じゃない意味が無いでしょ。
毎度毎度何考えてるんだ。政府認識では「つくる会」のが真ん中で、慰安婦記述
や強制連行が消えた他の教科書はOBすれすれってことなら、アジア諸国の非難
はごく正当じゃん。海外からの批判には検定制度を理由に政府見解じゃないと逃
げ、国内向けには政治圧力をかけて特定の記述内容の教科書を採択するように
迫る。。汚いにも程がある。

あと、軍国賛美はもちろん、「中央で右ラフにもいっていない」扶桑社の教科書
のことでしょうよ。何考えてんだ。

823 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 12:31:21 ID:lMgpZgnz
2005/5/27「■[歴史教育問題]読売社説は話題の教科書も読まずに書かれたのかな??」
>…歴史教科書について「どこに問題があるのか」「教科書も読まずに批判するとは」
>と強弁する読売社説。ほんとにそうかと思い扶桑社の歴史教科書を読んでみた。
>(下記参照) 『日本の海軍機動部隊が,ハワイの真珠湾に停泊する米太平洋艦隊を
>空襲した。艦は次々に沈没し,飛行機も片端から炎上して大戦果をあげた。、、、
>日本の緒戦の勝利は,東南アジアやインドの多くの人々に独立への夢と勇気を育んだ。
>、、、日本の戦争目的は,自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し,そして,
>「大東亜共栄圏」を建設することであると宣言した』(扶桑社の歴史教科書より)
> 日本軍の活躍とアジア人に夢を与えた戦争。胸が躍る武勇伝である。
>これでは「侵略を否定し、美化」しているとの批判は的を射ているだろう。
>この社説は指摘されている歴史教科書を読まずに書かれたのだろうか。
>「どこに問題があるのか」と言うよりも「何を書いているのか」との思いがする。
> それとも読売新聞の読者は扶桑社の教科書をまさか比べて読むことはないだろうと、
>考えたのだろうか。…
http://love.ap.teacup.com/kouhei2/74.html

>694リンク先と読み合わせてもらえるとありがたい。
大日本帝国内閣情報局第二課が示達した「世論誘導方針」には
「このさいとくにこころして警戒すべき事項として」書いてはならない事項
(「戦争にたいする真意を曲解し、帝国の公明な態度を誹謗する言説」とか)があったらしいが。。

どいつもこいつも(読売も町村も森も)適当ばかり言ってくれる。
ちょっと検証すればすぐバレる嘘をなんでつくのかね。
政治家が平気で嘘をつく国なんて誰からも信頼されないのに。

「いちゃもんだ」と反発/教科書批判に森前首相
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/seiji/20050526/20050526a1200.html

824 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 12:34:41 ID:lMgpZgnz
「昭和」という時代
>このように当時の日本政府の言い分を強調し、日本の戦争が正当化されることによって、
>特攻隊や戦艦大和の最後や沖縄の戦いは悲劇として美化される。戦争中そのままのこれらの
>記述を教科書として今の生徒たちに学ばせることの意味は何処にあるのだろうか。
> 私たちは戦争の時代、真実を知らされず、軍人・官僚、政府の言うままに、日本の戦争を
>「聖戦」であると信じて戦い、大きな犠牲をはらった。多くの教師たちは、このような虚偽
>を虚偽と知らずに生徒たちに教え、生徒たちを戦場に送り出した。敗戦によってはじめて世
>界に目を開き、隠された事実を知って、この戦争が何であったか知り、戦争の時代に教えら
>れ、私たちを支配した自国中心の思想と知識がいかに狭隘で、虚偽に満ちたものであったか
>を知った。戦後の思想と文化、日本の歴史はこのような反省の上に新しく出発した。二度と
>こんな戦争を繰り返してはならない。この思いが戦争放棄の理想を高くかかげる戦後の憲法
>を、今日まで守りつづけさせた。
http://homepage2.nifty.com/tizu/keireki/@yhg.htm

…というような思考を日本の政治家は持ち合わせていないんだろうね。
過去を正当化するのに必死で。何のために歴史を学ぶのかもわかってない。

825 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 12:43:38 ID:lMgpZgnz
で、隣国としてみれば>824にあるような新生「日本」と講和条約を結び
友好関係を築いたはずなのに、
戦前思想をそのまま受け継いだ「日本」が復活しようとしてたら脅威だし、
「冗談じゃない」と思うわな。

826 :中田七郎:2005/06/07(火) 12:43:59 ID:mbsN4rje
近親憎悪?中国朝鮮と日本が? 距離が近いだけで、性格的には正反対かと
日本人同士での会話を、周辺国に持ち込んだ日本人は反省すべきだね やつらは話せばつけ上がるだからね

827 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 17:05:05 ID:3nXTJw2k
靖国参拝問題は珍しく築地派の方が分がいいな。
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050602_yasukuni2/

828 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 17:21:53 ID:3nXTJw2k
>>743
>東京裁判はインチキだが、捕虜になるくらいなら死ね、と言っていた戦争指導者たちが、
>裁判にかけられるまでに何故腹を切らなかったのか。おまえら男じゃないよ。
禿〃!
ただ、俘虜の辱めを受けずとかいってたのは、指導者というより、
ごく身近にいるチンピラにいちゃんやチンピラおやじだったんだろうな。

829 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:24:03 ID:lMgpZgnz
>>827
リンク先、勉強になった。さんくす。

イメージで言うと、
殺人事件おこした「オウム」組織の人らが、
麻原との繋がりを絶ち 看板も「アレフ」に替え
信者らも心を入れ替えると約束したから
周りが社会復帰に協力したのに、

近頃、麻原崇拝が復活し
サリン事件はハルマゲドンから日本を救うためのものだったと公言し始めた、、
って感じだね。
(アレフに関しては現状どうなってるかまったく知らんから、あくまで喩えね。
国内事件に置き換えると愛国主義とか入る余地無いからわかりやすいと思って)

おれの隣りに彼らが住んでて、こういう感じになってたら、やっぱ問いただす
と思う。

830 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 22:18:53 ID:lMgpZgnz
「日本侵略」外させる 万博協会 海外教科書展で
>愛知万博(愛・地球博)瀬戸会場で海外の教科書に日本がどう書かれているか
>紹介する催しをめぐり、企画した団体が直前になって展示内容を変更し、
>日本の侵略や占領に関する記述を外していたことがわかった。
>団体によると、万博協会側から見直しを求められたという。
>
>催しは、6〜12日に海上広場で開かれている「地球村への10のステップ」。
>米国の教材会社がつくった教育普及団体「マルチカルチュラル・プレイング・
>フィールド」(渥美育子代表理事)が企画した。
>同団体によると、海外から集めた教科書のうち、シンガポールの中学1年の
>歴史の教科書は、122ページのうち39ページが日本占領時代の記述だった。
>中国や韓国、マレーシア、インドネシアの教科書にも侵略の記述があった。
>今年4月に、万博協会側から「侵略部分は外してほしい」などと要請された。
>
>万博協会の小川巧記・市民参加プロデューサーの話
>万博には政治や宗教問題は扱わない理念がある。教科書を取り上げるなら、
>しっかり議論しないと解釈の一部しか伝えられないことになる。
(朝日新聞夕刊2005/06/07)

自民党→トヨタ→万博協会かね、やっぱ。
それとも弁当のときみたいに政府から「直」かな。
海外の教科書を万国博覧会でそのまま展示できないなんてことが
まさか日本で現実におこるとはね。ここでも中国化が進んでいる。
要するに、自民の政治家がクレームつけたら
何でも政治問題として自粛せざるを得ないんだよ、日本では。
慰安婦問題を取り扱ったNHK番組しかり。なんでこんなことがまかり通ってるんだ。

そのうち、裏から手を回すだけじゃ飽き足らず、「健全な政治環境を阻害する
表現活動を取り締まる法律」とかできるかもね。日本国民は日本の教科書だけ
読んで日本政府の発表だけ聞いてなさいと。

831 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 22:25:42 ID:l3xaw8X7
>>830
自粛ってのも嫌な行動だね。
昭和天皇の崩御の時を思い出すよ。
ちなみに戦中の情報統制の代表格の様な新聞の黒塗りだが、
新聞社が自分の判断で危ない部分を消していたそうだ。
つまり、自粛だな。

832 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 22:34:11 ID:lMgpZgnz
>>831
予算や人事権、都市計画の決定権などを握ってる政治家が今みたいに
形振り構わず職権濫用しはじめたら、戦中に逆戻りするしかないよね。

嫌な感じだ。

833 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 10:25:00 ID:B2us3tlX
自国の教科書に何を記載するかということとは別に、他国の教科書で自国が
どう書かれているかを知るというのは必要だと思う。味方にする場合も敵に
する場合も同じ。

834 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:22:25 ID:j5U68aAr
自粛で思い出したのが「ソフトなファシズム」って言葉。

>「国旗国歌法」成立直後の八月。パンク風にアレンジされた君が代を収録したアルバム
>CDの発売をレコード会社が中止し、反響を呼んだ。(西日本新聞1999年10月25日朝刊)
http://otsu.cool.ne.jp/inizou/kiji32.htm
>ポリドールの親会社であるユニバーサルミュージックによると中止の理由は、
>「国論を二分する問題」において「一方にくみする印象を与える恐れがあるため」としている。
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/otopics/topics9908.html

>みんなに愛される自衛隊、理屈じゃないんだ。【「モー娘。」で自衛官募集 防衛庁が
>ポスター一新】「一生懸命って、いい感じ GO!GO!PEACE!」 「防衛庁の
>宇田川新一前人事教育局長(現契約本部長)は『高校生たちが〔部屋に張りたい〕と
>思ってくれれば大成功。まずは話題に なること』と話す。」
http://www6.shizuokanet.ne.jp/iida/HP/2003-HP/julyaction.html
>モー娘。ポスターで「自衛官になりましょー!」(サンスポ2003/08/09)
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200308/gt2003080910.html

一方でイラク派遣に併せて政策イメージアップのための表現活動が税金使って行なわれ、
他方で政権意図に沿わない表現活動には「政治的中立」を口実にした「自粛」のお達しが出され。。
そら、世の中右傾化していくわな。

>>833
公の場で議論したらまずそういう結論になるのに、
タカ派は、自分たちに有利なように、
裏から手を回したり腹芸で脅したりするからタチが悪い。

835 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:26:26 ID:j5U68aAr
【教育再興】(90)平和教育(8)沖縄への旅 公正中立な立場とは・・・
>同中では昨年秋、当時の一年生の生徒と保護者に、三年生時の修学旅行の行き先に
>ついて「九州方面で」という方向で、アンケート調査を行った。その結果、生徒、
>保護者とも七割が沖縄を希望。行き先はその通り沖縄県に決定した。
>この計画を知った市教委は「政治的に論議の分かれる問題を、きちんと中立を守って
>指導しきれるのか」。こう学校側をただしたことから騒ぎが始まった。
>(1998/08/30 産経新聞朝刊)
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/524.htm

「公正中立」という名の「ソフトなファシズム」に日本が侵されてるね。
政権意図に沿う活動については「公正中立」なんて問題になりようがない。
政権意図に反する活動を潰すための口実が「公正中立」。
公権力に屈するための言い訳が「公正中立」。

多少なりとも公共性のある活動について、公正中立にすべきじゃないとは誰も言えない。
問題は「公正中立」を押付けるのはいつも力を持った側だということ。
愛国心が成績評価されることについて公正中立じゃない、国旗国歌が強制されることに
ついて公正中立じゃないなんて言っても、誰も耳を貸さない。

836 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:55:30 ID:S1rrMaxJ
石坂啓のマンガが現実化したような現状。
何故、こんな事になってしまったのだろう。
現状を嘆くというより不思議だ。


837 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:04:02 ID:j5U68aAr
>>836
石坂啓ってどんなマンガ書くんだろって思ってググってみた。
マンガは見つからなかったけど、代わりに面白いエッセイ発見。

今は戦時。角は曲がりきった/漫画家 石坂 啓さんが講演
>…マンガ家は性格が悪いと言われます。良い人は、自分に悪意がないので
>他人の悪意に気がつかない。だから負けるのです。いくら小泉さんでも
>そこまでひどいことはしないだろう、…(北海道民医連新聞2005年3月20日号)
http://www.kin-ikyo.or.jp/headquarter/tokusyuu/imahasenji/imahasenji.htm

ホントに「まさか、まさか」でこんなことになってしまったね。
なんとなく日本がおかしなことになってるのは感じるけど、
「いくら小泉さんでもそこまでひどいことはしないだろう」と
まだまだ彼らを「過小評価」してる人は多そう。

838 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 12:44:30 ID:ROJAhU1R
ジーコ流、自立心育った 日本代表W杯出場決定
>…規律で縛ったトルシエ前監督に対し、自由奔放にやらせたジーコ監督。
>日本代表は新しい時代に入っている。
>オフトの「トライアングル」、加茂の「ゾーンプレス」、トルシエの「フラットスリー」。
>歴代の監督にはわかりやすい戦術のキーワードがあった。
>それがジーコ監督にはない。だからか、「何も教えない」という批判がくすぶる。
>本当にそうなのか。…
http://www.asahi.com/sports/update/0608/147.html

中日の落合監督も似たタイプかも。個々人の選手のレベルアップがまず前提にあって
選手の能力を最大限に引き出すためのアドバイスと戦略を持ってくる。

教育行政でいうと、トルシエ流は「学校の特色化」に似ている。はじめに型ありきで
型に当てはまる生徒を集め型どおりに子を伸ばそうとする。学校の特色化により、
多くの子は返って特色を無くし可能性を失う。ただし学校の特色に自分を合わせることが
できた子は大きく伸びるし、そうして伸びた子は社会の歯車にピタリとハマる
(社会が変化しなければね)。将来を選べるように見せて、ほとんどの子は、実は
将来を選ばされている。

839 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 12:45:19 ID:ROJAhU1R
学校数を一定と考えた場合、
少子化が改善され生徒数が増えれば受験競争が激化し、エリート層のレベルが上がる。
で、改善されないなら受験に特化した学校を減らし狭き門にすれば
子供は息をつく間もなく勉強し続けるだろうという計算が働いているように見える。

競争原理とか言ってるけど、子供の数が減ってるのに、なんで子供を振り落とすための
教育が流行っているのかわけわからん。競争から早々に降りた(降りざるを得なかった)
子と少数のエリート層との二極化が進むだけだと思う。

特色化は、国家主義的な観点からブルーカラーにはブルーカラー用の教育を
ってことなのかもしれないが、ブルーカラーになりたくてなる人間ばかりじゃない。
おそらくは教育を国民の幸福追求のための権利ではなく
国への奉仕と考えているから、そういう発想になるんじゃないだろうか。

それに幼少からの競争により知識詰め込み用にカスタマイズされた脳みそが
通用する世界なんて限られている。
そんな人たちに行政や政治まで任せたらエライことになるんじゃないかね。

840 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 12:46:51 ID:ROJAhU1R
中国の試験地獄─科挙その1
http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/07_china/07-15_kakyo1.html

比較・競争とは無縁 学習到達度「世界一」のフィンランド
http://www.asahi.com/edu/nie/kiji/kiji/TKY200502250173.html
4.フィンランドの家族政策と教育制度
http://www.kaigo-web.info/kouza/hokuou/no4/

エディ・タウンゼント(ボクシング世界チャンピオン6人を育て上げた名トレーナー)
>「ボクサー辞めたあとの人生のほうが長いのヨ。誰がそのボクサーの面倒見てくれますか?
>無事に家に帰してあげるのもワタシの仕事ネ」そして勝ったボクサーの祝賀会には参加せず、
>逆に負けた時には腫れあがった顔をタオルで冷やして一晩中でも看病した。
>「勝ったときには友達おおぜい出来るからワタシいなくてもいいの」それはかつて自分も
>敗者の寂しさを味わった男だからこそ出てくる言葉だった。
http://www.j-tierra.com/tm/tenku/tenku9.htm

…みたいな他人の痛みのわかる政治家はおらんもんかね。

841 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 14:28:05 ID:ROJAhU1R
でもおそらく>838リンク先の記者が書きたかったのは、
決められたルールの枠内で勝つことだけが要求されるスポーツの世界でさえも
上意下達より民主主義的な仕組みがうまく機能することがある、ってことかな。
封建的な風潮の強い今の日本にちょっとは良い風が吹いたのかもしれないね。

842 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:06:12 ID:KVpp1vLc
>>839
>競争原理とか言ってるけど、子供の数が減ってるのに、なんで子供を振り落とすための
教育が流行っているのかわけわからん。

日本の10倍以上の中国の受験競争を勝ち抜いたトップと世界という戦場で戦うには、
最低でも同じ条件を克服する能力を持たせないと互角に戦う資格もないことになる。

日本国内だけの話としてもますます中国からの日本企業への就職は増えてくる、
大企業の上司が中国人でパートや派遣の臨時雇いが日本人と言う階級社会が生まれかねない。
激しい競争に勝ち残れる人間を育てないと、おいしいところを総て奪われてしまう。
競争は絶対に必要だ。

843 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:28:39 ID:8iM/DVf3
>>842
 たしかに国際的な競争に勝ち抜くために優秀な人材は必要だが、学校
の勉強だけで本当に国際社会に通用する人材が輩出されるのかは疑問だ。
 よく聞く話しでは、日本の優秀な学生がアメリカに留学したとき、自分
の考えを上手く周囲に表現できず周囲を失望させたというものがある。

 優秀な人材を育てることばかりに集中して、底辺を押し上げる努力を怠っては
いけないと思う。やはり勉強の苦手な子供をどう押し上げ、出来る子供
との格差を少なくしていくかはとても重要なテーマだ。
 ある一定の教養がある人間が減ったら、日本は産業の現場から崩れていく。
トップだけがずば抜けて優秀で現場が指示待ち族では競争に負けてしまう。
単純労働しかできない労働者は自由自在に補充、切捨てできる部品となり、
働き甲斐を見出せないまま、月日が流れ、ベルトコンベアのスピードについて
いけなくなったら切り捨てられる。貧富の格差が拡大し、犯罪が蔓延する危険
な社会になってしまう。

844 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:07:13 ID:9jzFIW3h
>>843
もうなってる。
フリーター、ニートをみよ。

845 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:38:31 ID:Z6EgoaUj
日本と中国じゃ法が違いすぎる。


中華人民共和国 憲法
第28条
国家は社会秩序を維持し、国家に対する反逆、国家の安全に危害を与える
その他の犯罪活動を鎮圧し、社会治安に危害を与える活動、社会主義経済
を破壊する活動およびその他の犯罪活動に制裁を加え、犯罪者を処罰し改造する。

中華人民共和国 刑法
第102条(反革命扇動罪)
反革命の目的をもって、以下に列記する行為の一つを行った者は、五年以下の
有期懲役、拘役、管制あるいは政治的権利の剥奪に処する。首謀者その他罪悪が
重大なものは、五年以上の有期懲役に処する。
@大衆を扇動して国家の法律、法令の実施に抵抗し、これを拒み破壊した者。
@反革命の標語、ビラあるいはその他の方法をもって、プロレタリアート独裁の
政権と社会主義制度の転覆を扇動した者。


846 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:48:35 ID:KVpp1vLc
>>843
>トップだけがずば抜けて優秀で現場が指示待ち族では競争に負けてしまう。

だからそこに優秀な中国人労働者などを導入することになるのだよ。

>ある一定の教養がある人間が減ったら、日本は産業の現場から崩れていく。

一定の教養が有る人間ならいくらでも外国から供給されてくる、産業はそうして維持されていく。

トップが、優秀なら企業は繁栄するが、従業員が優秀でも企業は倒産する。
日産や三菱の比較をするまでもないだろう。

日本の問題は再チャレンジの機会がないことだ、何度でも挑戦して向上しようとする制度が不十分だ。
人間は大きな可能性と能力がある、晩期大成もある、生涯教育と離職者の再教育を充実させるべきだ。
アメリカのプロ野球選手が30歳すぎてから医学部に入って医者になることが出来るような、
人生の転換を可能にさせる社会は魅力的だ。
ニートやフリーターを再教育する制度が犯罪者を減らすためにも必要な時代になった。

847 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:53:28 ID:Z6EgoaUj
>>846
ウィキペディアより、30歳越えてからはい上がった人

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%B1%B3%E5%A4%AA%E9%83%8E

848 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 17:26:58 ID:ROJAhU1R
>>842
たしかに国際的な競争に勝ち抜くために優秀な人材は必要だが、
個人の人生がまずあって個人の人生をより良くするために国の施策がある。

本来、子供が減ったら、その分ひとり当りの教育は充実するはず。
なのにあて馬に使われて早くに切り捨てられる子の人生を考えると暗くならないか?

理系の優秀な人材が欲しいなら研究職の待遇を改善することだね。
青色ダイオードの中村さんを見ても、
理系畑の人間は大学〜会社を通して労が多い割りに安く使われすぎ。昇進機会も少ないし。

労働条件と報酬について行政がちゃんと法規制かければいいじゃん。
関係ない人間の人生まで巻き添えにするなんてバカげてる。

国のために死んでこいと囁きかける靖国神社。
国のために人生を捧げろと尻を叩く教育行政。
一体どうなってるのかね。

849 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 18:14:56 ID:8iM/DVf3
>>846
トップは現場で起きていることが把握しにくい。
現場が無知な単純労働者ではただ指示をいてもらうだけだ。
確かに現場が優秀でも倒産する会社もあるが、トップだけが優秀な会社が
すべて繁栄するかは疑問だ。


850 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 18:22:27 ID:8iM/DVf3
今年、1月に教育委員会が行った小5と中2の学力テストの結果が出たぞ。
「数学的な論理的な考え方が身についていない」ということだそうだ。

851 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 19:07:25 ID:kjrSrdti ?
中国はヤバイってマジで

http://49uper.com:8080/html/img-s/61959.jpg
http://cnn.co.jp/world/CNN200506080008.html
シドニー(CNN) オーストラリア・シドニーの中国総領事館の外交官チェン・ヨンリン氏(37)が
オーストラリアに政治亡命を求め、自分は反体制派監視網を管理していたと明かした問題で、オーストラリアの
地元テレビは7日、2月に豪入りして政治亡命を求めている別の中国人男性が、自分は中国公安局で働いていたスパイで、
豪州を拠点とした反体制派監視網は本当にあると語る様子を放送した。
オーストラリアのABC放送に出演したのは、「ハオ・フェンジュン」と名乗る男性。
顔を隠して画面に現れたハオ氏は通訳を通して、自分は中国公安局で働いた経験があり、
外交官チェン氏が語るスパイ網の存在は本当だと語った。
ハオ氏は今年2月、観光客としてオーストラリア入りし、政治亡命を申請。現在は申請審査中のため、
つなぎビザで滞在しているという。
ハオ氏によると中国当局はスパイをビジネスマンや学生、外交官として海外に派遣し、
気功集団「法輪功」など「反体制組織に潜入」させているという

852 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 05:02:14 ID:qoNGv9z/
>>624
日本の近年の右傾化に「長期不況」も「失われていく自負心」も関係ない。

853 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 09:44:49 ID:LqH96o4s
845 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2005/06/09(木) 16:38:31 ID:Z6EgoaUj
日本と中国じゃ法が違いすぎる。


中華人民共和国 憲法
第28条
国家は社会秩序を維持し、国家に対する反逆、国家の安全に危害を与える
その他の犯罪活動を鎮圧し、社会治安に危害を与える活動、社会主義経済
を破壊する活動およびその他の犯罪活動に制裁を加え、犯罪者を処罰し改造する。

中華人民共和国 刑法
第102条(反革命扇動罪)
反革命の目的をもって、以下に列記する行為の一つを行った者は、五年以下の
有期懲役、拘役、管制あるいは政治的権利の剥奪に処する。首謀者その他罪悪が
重大なものは、五年以上の有期懲役に処する。
@大衆を扇動して国家の法律、法令の実施に抵抗し、これを拒み破壊した者。
@反革命の標語、ビラあるいはその他の方法をもって、プロレタリアート独裁の
政権と社会主義制度の転覆を扇動した者。


854 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 10:02:27 ID:SGa2ye5r
>>852
右傾化している本人にはそういう認識はないものだよ。

855 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 12:25:48 ID:07d7r7vh
「A級戦犯」曖昧な立場 首相「東京裁判を受諾、犯罪人という認識」
過去、断定の答弁なし/一部赦免
>「東京裁判で戦争犯罪人ということを受諾した。戦争犯罪人だという認識がある」
>小泉首相は今月二日、衆院予算委員会でA級戦犯に関しこう答弁した。
>自民党内からは「国内法に戦犯という言葉はない。東京裁判については、
>以前は社会党議員も違法だと指摘していたのに…」などと、…(産経2005/6/10)
http://www.sankei.co.jp/news/morning/10pol001.htm

しかし日本の政治家の脳内はスゴイことになってる。
どうも論理がイマイチわからんのだけど、国際裁判で裁かれた人間は国内法上の
犯罪者じゃないってことかね? そりゃあまりに当たり前の話だが(国内法適用
されてないし)、、今さら改めて言う話かね。何と混同させたいんだろ。

それに加えてA級戦犯を「戦争犯罪人」と断定しないとまで産経には書かれてるね。
おそらく「神社本庁」と同じく(ってか時期的に援護射撃?)、講和条約は東京裁判の
判決効力だけを受け入れたもので、A級戦犯の罪は濡れ衣だとでも言いたいんでしょう。

もう日本は国連からも脱退して鎖国でもした方がいいのかね。。
ドイツだと、戦争犯罪についてこういう国際社会を無視したトンデモ記事書くと
政府からはげしく糾弾されると思うけど、日本の場合は内心ほくそえんでそう。

856 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 12:31:12 ID:07d7r7vh
A級戦犯の分祀は不可能…神社本庁が基本見解
>また、靖国神社について、「日本における戦没者慰霊の中心的施設」と位置づけている。
>日本政府がサンフランシスコ講和条約11条で極東国際軍事裁判(東京裁判)を
>「受諾」したことについては、「条約発効後も判決の効力を維持させるための措置であり、
>裁判の正当性を承認したことを意味しない。戦争裁判受刑者は国内法上の犯罪者ではない」
>と主張している。
>さらに、A級戦犯の合祀は、戦犯の釈放・赦免を求める国会決議や、戦犯を戦傷病者戦没者
>遺族等援護法や恩給法の対象にした政府の措置に基づくものであり、「首相は内外からの
>干渉を排して靖国神社参拝を継続すべきだ」と強調している。(読売2005/6/9)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050609it14.htm

で、今まで靖国の後に隠れていたけど、「神社本庁」(全国約八万神社の包括宗教法人)が
馬脚を露わしはじめたね。>>621-622もよかったら参照してください。
戦前の国家神道を引きずった、米国のキリスト原理主義を上回る危ない宗教だと思う。

今まで日本人は宗教団体としての神社の思想性に触れることなく
神社やそこにある出店などに外形的に慣れ親しんできたと思うが、
今現在、宗教としての戦後神道がウヨクの共感を集め、力を持ち始めている。

>最近のにわか「右翼」
http://www.labornetjp.org/Members/Staff/blog/28

政治に口を挟むことなど屁とも思わない上、自民を牛耳ってると言えるほどの
政治的影響力を持ち、靖国神社と歴史観や政治思想を共有する。
創価なんか比べ物にならないくらい怖いし、警戒感を持って持ち過ぎることはないと思う。

857 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:20:16 ID:07d7r7vh
>855
>何と混同させたいんだろ。

他のスレ覗いててわかった。
「国内法で裁かれたのではない」ということと、
「国内では犯罪者じゃない」ということを混同させたいんだ。

日本が国際社会の一員じゃなければ(鎖国してれば)そうだね。
「日本は東京裁判を受諾していません」と日本だけ信じ込めばいい。

しかし日本もムナクソ悪い国になったもんだ。
罪を認め反省してるフリで情状酌量してもらい、出所したらさっそく舌を出すか。

そう言えば、性犯罪者の出所情報が警察へ提供され
出所後も監視されるそうだが(そのうち国策逮捕者も監視できるように対象者が
広げられるんだろね。性犯罪者だけなんていかにも不自然。そうなると一度政府
に目をつけられたら生涯身動きとれないね)、日本政府の再犯可能性も高そうだ。

858 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:56:37 ID:Gm6VNlBz
今後、日本が軍事国家になると考える人は世界的にも殆どいない。
特定の非民主独裁国家や、偏狭な民族主義国家を除いて。

859 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 14:24:46 ID:3A/Mlvmn
日本が軍事国家(北朝鮮や以前のイラクのような)になる可能性は低いだろうが、
専制国家になる可能性は低いとはいいきれない。
とりあえず米軍が国内にあれば自国の軍事力があまり強くなくても治安は守れるからな。

戦犯の評価なんて、とりあえずヨーロッパはどうでも良いだろうし、アメリカも経済的・
軍事的に隷属していれば文句は言わなさそうだし、中韓朝はアメリカがいる限り無視しても
構わないということで、日本の右翼勢力も言いたい放題できるという認識なんだろうね。

860 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 15:44:03 ID:Gm6VNlBz
今後、日本が過去に存在したような専制国家になることは
ほぼあり得ないというのが世界の大多数の人間が思っていることだろう。

現代の民主主義がこれほどまでに浸透している国は
欧米を除いて日本だけである。

中華人民共和国や大韓民国などは、語るのもオゾマシイ。
そういえば、北朝鮮は、朝鮮民主主義人民共和国などと
実態からかけ離れた間抜けな名前だ。


861 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 15:53:46 ID:3A/Mlvmn
>>860
人権擁護法案が制定されたら専制国家になる危険が高いんじゃない?
否決される可能性もあるが、推進派がここで諦めることもないだろうし。
油断はできないと思うが。

862 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 16:03:36 ID:Gm6VNlBz
一つや二つ変な法があったとしても、日本の民主主義が
欧米を除くその他の国々に劣ることは無いというのが
世界の大多数の人々が思っていることだろう。

むしろ、枝葉末節な事柄を誇大に見せて
日本の民主主義を冒涜しようとしている
周辺非民主主義国家の策謀の方がよほど油断できない。

日本のような民主主義国家は
非民主主義国家の支配者にとって
自らを脅かす目障りな存在でしかない。

863 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 17:26:01 ID:I2oZHNK6
>>855
日本の政治家の一部世襲議員のレベルの低さは問題である。
なに不自由のない家に生まれて、いい学校に入って、詰め込み式のガリ勉をして、
有名大学に進学。この様な薄っぺらい経歴が良しとされて、何の目標もなく
大学を卒業したときに父親のコネで政治家に。
当然選挙はあるが、そういった身分は当選しやすい。

当然、世襲議員だからといってみんなに当てはまるわけじゃないが
ある意味なんの人生経験も積んでない奴に政治の必要性がわかるんだろうか。
極論だけど、それだったら劣悪な環境から這い上がった人間のほうがよっぽど向いてる気がする。
政治の行き届かん劣悪な環境では、何の非がなくても弱い人間が被害に遭い
ただ悪い奴が得する社会になることを身をもって体験してるはずだから。


864 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 18:36:34 ID:vjJ9pCkc
職業選択の自由があるのだから、教育ももっと選択の自由があっていいはずなんだが、
義務教育期間中は、個人の適性にあまり配慮のない画一的な内容のものを押し付けられてしまう。
これはちょっとおかしいんじゃないか。

865 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 20:15:22 ID:07d7r7vh
>>863
>極論だけど、それだったら劣悪な環境から這い上がった
>人間のほうがよっぽど向いてる気がする。

ホントそう思う。児童養護施設で育った政治家とかね。
TVやインターネットがあるんだから、
もっと金のかからない選挙方法があるはずなんだけど。

勝ち続けているときには人も金も自然と集まってくる。
政治の助けなんていらないんだよ。
なのに自分も勝ち馬に乗ろうとする政治家ばっか。

自分らが政治家にとってアウト・オブ・眼中な存在である
ことにすら気付けない国民も多いけど。

866 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 21:16:28 ID:kXVe7LIC
>>854
もしバブルが未だに続いていたとしても、日本の右傾化は避けれなかっただろう。
北東アジアの荒涼とした民族主義的な現状では仕方がない。残念だけど。

867 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 14:03:28 ID:zUhgyOAJ
男女共同参画 向かい風にひるまずに
>…中山文科相は「ジェンダーフリー教育だとか過激な性教育とかがはびこっている」
>と語った。自民党の安倍晋三幹事長代理は、カンボジアで大量虐殺を引き起こした
>ポル・ポトになぞらえて、ジェンダーフリーを「家族の破壊だ」と批判し、
>こうした考えの背景には男女共同参画社会基本法がある、と述べた。…
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

夫婦別姓を求める声に対して法務部会で「国家解体運動の一環だ」
とか喚くバカまで出る始末。もう異常としか言いようがない。

民族の誇りも男の誇りもいいけど、たまには自分らの指導者のことを
突き離して見た方がいいと思うんだけど。>一部ウヨクさん

部外者と敵対し社会的な弱者を中傷することによってしか求心力を保てない
ヒステリックな小心者たちでしょ。

で、熱烈な支持の見返りは他者を蔑むことで得られるチンケなプライドだけ。

868 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 15:04:29 ID:0neStqDw
>>863
高学歴だけの政治的バカといえば岡田。
あまりのお花畑ぶりに高学歴が逆に嘲笑のタネになる福島。
劣悪な環境から這い上がった代表といえば宗男・野中・辻元だが
ヤツらはそろいもそろって売国奴。

869 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 15:10:42 ID:M6PeAQs2
>>863
共産党の志位は?

870 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/11(土) 22:32:24 ID:KgQdYkac
>>818
お久しです、都知事の立場はアーミテージみたいなもんです
(国政には関係なし、影響力はある)
北京五輪なんですが、今の状況を改善するしないと選手が危ないわけです
これは煽ってるのではなく、正しく開催できるのかと問い質しているのであって
中国側はこれに答えなければいけません、一国でも危害が及びそうな開催運営しか
出来ない国家に運営能力を質すのはいいことですから。
つまり都知事が発言する以前から開催は疑問視されていたわけで、あの発言で
北京五輪が危険な状況に陥ったわけではないですな。

重要なことですが、中国は共産党が扇動してた部分があります(人民は日本と仲良くできていた)
韓国はなんとか民主主義の国家であり国民が煽って反日を政権に望んでいます。
共産党に釘を刺すことは日本の政権与党には無理でしょうが、外野で言うことは重要です。

871 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/11(土) 22:40:02 ID:KgQdYkac
>>839
教育こそがこの国を立て直す重要事項でしょう。
競争原理が良いと言っている輩は、実のところ自分たちは競争など
したことがない世代だったりします。
戦時中を生き延び、戦後日本国を立て直した人たちの学歴(学校での様子)を
読んだりしますとよくわかります。
後藤田さんも中曽根さんも高校時代までボーッとしてた、またそれが人生というものを
考える上において大変有用だったと書いています。
「よく学び、よく遊べ」そして道徳、ここをまず立て直さないと・・・
そのためにはもう少し、地方地域の繋がりを重要視すべきでしょう、国を意識して
郷里(くに)を良くすることを忘れすぎな気がしますな。

872 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/11(土) 22:47:49 ID:KgQdYkac
>>864
それこそが民主主義の大問題ですな。
民主主義とは自由と平等の綱引きです
教育の自由を拡大すれば、平等は狭まっていきます
つまりこのツマミを
自由ーーーーーーーーーーーーーーーー平等
のどの位置に置くかが重要で、政府まかせではなく
国民も自分たちで考えることをしないとダメだと思います。

873 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:56:59 ID:EUbfWJwf
学校教育で「あるべき人間像」なんか提示しちゃいかんと思う。
せいぜい社会に許容される範囲を教えるぐらいで、それも現場の裁量に任せるべきでしょう。

かつての教育勅語の何がいけなかったか。要は忠君と孝行を全うしなさいみたいなことを
長々書いてあるんだけど、それらの教えに反する行動がとれない社会になってしまった。
たとえば周りの意見に左右されず自立性を保つこと、素直な感性に従うことなど。
道徳の思想市場が失われた結果、翼賛政治と国民総動員体制の土壌をつくってしまった。

現代ではとりあえず「心のノート」』(>544-545 559-560)ってのが怖い。
教科書検定制度もスルーで国から直接配られる道徳本。

それから東京都は学校に競争原理をもっともよく採り入れている自治体のひとつ。
普通科高校は「進学指導重点校」「中堅校」「教育課題校」の三つに分けられ、
「中堅校」は進学指導と生活指導の比重の置き方で全校が序列化されているらしい。

>第2部/石原都政批判1.教育/差別・選別教育で「エリート」以外は切り捨て
http://www.tokakushin.org/books/books.htm

ここでの「あるべき人間像」とは、高校進学段階で成績が発展途上の生徒にとっては
社会の規律を守り上の言うことに文句を言わず従う人間のこと。
成績優秀者にとってはより多く知識が詰め込まれた人間のこと。

先への進学にペーパーテスト能力が必要な以上、ほとんどの子は「進学指導重点」校に
行きたいに決まってる。現代社会では知識が多く学歴の高い方が有利に生きられるから。
国家主義的な大人のエゴで国に都合のよい型にはめたり、将来性の芽を摘んじゃイカン。

874 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:43:10 ID:EUbfWJwf
愛国売国二元論について。
たとえば岡田は多国籍企業の収益を優先。福島は女性や生活弱者の利益代表。
宗男は建設業。野中は道路と同和かな? 辻元は生活弱者と市民団体。志位は労働者。
愛国者気取りの政治家ももちろんそう。資産家だったり神社団体だったり。

というように、どの政治家も「日本国民の」どこかの層の利益代表。
(上は適当。実際はそんなに狭くもないし明確に線引きもできないけど)

で、愛国売国二元論は次のふたつの点で国民を盲目にする。

ひとつは、国益がどこに還元されるかを覆い隠す弊害が大きい。
たとえばGDP成長以上に所得が二極化するなら、多くの国民にとっては、
国益(=GNP)など意味をなさない。企業の収益が落ちても、労働条件や社会保障を整えて、
税による所得の再分配を進めてもらった方がいい。そのような考えを売国とは言わないはず。
所得の二極化はバランスの問題ではあるが、愛国売国二元論はそのバランスを著しく損なう。

もうひとつは、国益とは何かを冷静に議論する土壌を吹き飛ばす。
たとえば靖国や国防、外交などの問題については何が国益かについての議論が必要なのに、
愛国・売国二元論で相手を非難していては冷静な対話にならない。
結局、論理や理性を駆使した議論によることなく、
権力を持つ方・声の大きい方の意見が無条件に通ってしまう。

このスレで使う「愛国者」って言葉は、売国奴の対義語じゃなく、
民族的な自尊心を立ち上げ国をひとつにまとめようとする
中国共産党みたいなタイプの人たちを指す。

875 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 12:01:42 ID:kksrmN+W
河野洋平もダメ議員の代表だな。
親が有名だったが自民党を飛び出したり戻ったり、政治的信念など微塵もない。
お情けで議長の大役をもらいながら、小泉を後ろから斬りつけるような売国奴発言。
自分の立場を中国に利用れているという自覚がない、大馬鹿だ。

876 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 13:56:14 ID:hXkaRHZO
>>874
岡田は中国の利益の代弁者。
福島辻元は左翼ゲリラの一味。
野中は同和のフィクサー。
宗男は土建屋。
志位は共産党。

877 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 14:05:45 ID:oouTxak1
1

878 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 14:16:23 ID:mND2JfDO
>867に追加しとく。日本の政治家の程度の低さを晒すスレみたいになってきた。

文科相慰安婦発言(毎日:2005年6月13日)
>中山成彬文部科学相「従軍慰安婦という言葉はなかった。
>なかったことが(教科書に)あるということが問題」
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050613k0000e030068000c.html

縄文時代という言葉は当時なかった。なかったことが教科書にあるのは問題だ、みたいな?
日本ではアホな人が文科大臣やってるんだねー、で済めばいいけど。

官房長官、従軍慰安婦問題「反省変わらず」
>中山文科相から発言の真意を確認する考えを示した。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050613AT1E1300413062005.html

真意もクソも無いでしょう。
「従軍慰安婦はなかった」と言いたいが、それでは後で言い訳できない。
だから知性を疑われること覚悟でアホなすり替えをしたってだけじゃん。
とっとと首にしてください。日本国民の良識まで疑われる。

879 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:57:57 ID:wfKTE7EZ
近隣諸国に「いつも配慮している」 首相、靖国参拝で強調
>…近隣諸国への配慮を要請したことについて「(自分は)いつも配慮している。
>戦没者に対する哀悼の誠をささげる、二度と戦争を起こしてはならないと」
>と述べ、十分な配慮をした上での参拝であることを強調した。
http://www.sankei.co.jp/news/050613/sei057.htm

こういう場合の報道姿勢として、最後の部分(〜「と述べ」以下)を
「〜とうそぶいた」とか「〜と正面から答えることを避けた」とか
「〜と意味不明の発言をした」みたいな表現で書けないもんなのかな
(産経以外の新聞社に提案なんだけど)。

バカ首相になってから国民の思考力がかなり削がれてる気がする。
多くの国民は記事を読んでも、首相のバカさ加減を再確認するだけで、
発言の政治的な意味に思い巡らすことを止めてしまってるんじゃないかと想像する。

880 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:58:31 ID:wfKTE7EZ
『配慮せず「参拝する」と言い続けてるにも関わらず、
「配慮している」と従来の態度と矛盾する発言をした』。

そこまでは記事を一読してわかるようにしておかないと、
そこから先を読者が考えようとしなくなる気がする。

普通の言語能力を持った首相なら、「隣国への配慮を欠いているかもしれないが、
それよりも靖国へ私が参拝することの方が大切だ。なぜなら〜だからだ」と
両者を比較して参拝の重要性を説くはず。国民はそれを聞いてはじめて
政治的な興味を持ち論理的な思考を働かせはじめる。国会も正常に機能する。今はそれがない。

政治家が明らかな嘘をついたときは、はっきり「嘘をついた」と書けばいいと思う。

単に首相の発言内容を写すんじゃなくて、それらをひとつの「態度」と捉え、
国民に対してどんな態度を取ったかについての事実を報道する。

単に小泉の知能を疑わせることに終始するんじゃなくて、
論理的に説明がつかない政治を強行するのは国民に対する背信行為じゃないか?
国民に嘘をついてまで小泉は何を得ようとしているのか?
というところまで想像できるぐらい掘り下げた記事を書ければ言うことないと思う。
まぁ自分で書くわけじゃないから好き勝手言えるわけだけどw

横山ノックはおバカだから嫌われたわけでも政治的無能力を理由に失墜したわけでもない。
国民を裏切った態度が明らかになったから権力の座から落ちた。

881 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 16:55:50 ID:wfKTE7EZ
「伝える言葉」 大江健三郎
>…首相のこのところの言動に浮かび上がっているのは、
>まともなかたちの「公的」な論理より、
>「私的」な信条に殉じようとする、閉鎖的な思い込みだ。
>あれだけ人気役者の演出に優れた人が、しばしば沈黙する
>(あるいは意味不明のことをいう)のは、退場する際の自分を惜しむ
>「声なき声」のナショナリズムをすでに思い描いているのだろう。
>しかしその後も生き続けなければならない(とくに若い)日本人の展望には、
>ナショナリズムより他の根本態度が必要となるはず。
>それを協同の選択にしようという知的な声も起こっている、
>と私は考えています。(朝日新聞朝刊2005/06/14)

小泉首相は平易な言葉こそ用いるが、実は多くの国民は犬猫を理解するのと
同じレベルでしか小泉の言うことを理解していない。

なのに小泉の発言について逐一言語レベルの論理で考えようとすると、
「小泉の言うことはわけわからん」という地点で思考停止するしかない。

犬猫相手に論理を求めても無駄なわけ。
思考停止に陥らないためには、彼は何をしているのか、何がしたいのか、
を、彼の態度を観察することによって推察するしかない。
言語レベルの思考から(マスコミも国民も)着眼を変える必要がある。

つか、誰があんなの選んだんだ。これで味を占めて今後も似たようなのが続出するぞ。

882 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 21:40:32 ID:64De7SIV
>>881
次はアベ氏が来る。
日本はヒデブ。
タワバかも知らんがどうせ結果に大した違いはない。

883 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:09:10 ID:wfKTE7EZ
ネット上の有害情報、政府が対策を検討へ〜関係省庁間の連絡会議を設置
>細田官房長官は、高校生がインターネットの情報を参考にして爆弾を作成したと
>される事件に触れ、さらには集団自殺への参加を呼びかけるサイトや、麻薬販売、
>偽ブランドの販売など知的財産を侵すものなど、インターネットを通じた違法
>有害情報への対策について、政府で検討を開始していることを公表した。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/14/8007.html

高校生の爆弾事件は渡りに船だったわけだ。前々からネット規制したがってたし。
それに麻薬販売まで持ち出して。麻薬は取締法に基づいてタイーホするだけでしょうに。
何から何まで中国化していくのが怖い。

最近、何か事件がある度、じゃあ情報源を規制しましょう、だね。

中国がネット規制を強化(上)
>新管理規定によれば、ポルノや賭博から、中国共産党が安全を脅かすと
>認めたあらゆる種類の政治的論評にいたるまで、広範な分野にわたる
>内容を、ウェブサイトの責任で排除しなければならない。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20001005205.html

神奈川県ゲーム暴力表現規制(4):GTA3に有害指定
>「有害」言うなら、戦争を支持した為政者が一番有害だ。
http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050607/p1

>>882
「おまえ(日本)はすでに死んでいる」って言われそうな。

884 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:23:19 ID:t5ZUjEaJ
>879-881を書いた手前、小泉のいちびった国会答弁(NHK中継)
を我慢して聴いてみた。
「一般人にわかるように」と言いつつ(5、6回ぐらい)、
訊かれたこととまったく無関係なことを延々答えていた。

日本語としてしゃべってる意味は「一般人に」も理解できるが、
小泉の発言の意味を取ろうと頭を働かせると、
返って「訊かれたことに答えていない」という単純な全体像が見えなくなる
(逆に野党はそれを際立たせようとするんだけど)。

「首相は…と本論と無関係な答弁をした」と報道したら
やっぱマスコミの方が印象操作してるように見えるかなー。
小泉が 政治に無関心な層にターゲットに 印象操作を狙って答弁する以上、
それが印象操作だとわかるように報道すべきだと思うけど、よく考えたら難しい。

885 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:25:02 ID:iZbXgzWp
質問の仕方が悪い、イエスかノーかで聞かないと

886 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:29:49 ID:t5ZUjEaJ
論理的な言葉に対しては論理的に批判することができる。
けど小泉の場合、

反日デモについて靖国参拝の影響を聞かれて「関係ありません」>490
胡国家主席から参拝中止を求められて「適切に判断する」>625
首相の政治的な判断を野党に尋ねられて「他の国が干渉すべきではない」>627
NZ首相と会談で「(日中関係は)今ほど交流が深まっている時期はない」>770
近隣諸国への配慮を要請したことについて「いつも配慮している」>879

ことの真偽と無関係にその場その場で反論されづらい言葉を選んでいるに過ぎない。

これをそのまま報道してもあまり意味はない気がする。人によっては返って事実を
誤認した印象を持つ事になる。もうちょっとフェアな報道になんとかならないかと
思ったんだけどね。たとえば言葉尻より「嘘をついた」とか「挑発した」とかの
発言の意味するところを報道するとか。
でも、本来それが嘘かどうかは国民ひとり一人が判断することで、社説や解説には書けても、
(事実以上の印象操作に繋がる可能性があるので)記事には書けないようにも思えてきた。
やっぱ報道じゃなく批評のレベルなのかな? よくわからん。

>>885
質問の仕方がめちゃくちゃ悪いね。かなり自信の無い話なので、思ったままを書いてしまった。

887 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:53:48 ID:RvsQTfMY
>>886
個人的に小泉が嫌いと言うことしか判らない。

中国に土下座外交をしろと言っているのか?


俺はそんな卑屈な態度で中国と付き合っては馬鹿にされ世界から軽蔑されるだけだと思う。
堂々と靖国参拝をつづけて自国の兵士を追悼するべきだ。

888 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 16:38:52 ID:t5ZUjEaJ
>>887
たしかに嫌いだが、好き嫌いじゃない。
大衆操作のうまい政治家が出てくるたび、
メディアがそれに利用されるんじゃつまらんなと思う。

逆に、小泉の外交態度を支持する新聞社が、
国民にも彼を支持させるために
嘘の発言をあたかも事実を語ってるように報道するのは大問題だと思う。
少なくとも小泉が嘘を言ってるのか事実を言っているのかを、事実関係
を調べて発言の横に載せるぐらいはやってほしい。

889 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 17:11:48 ID:RvsQTfMY
朝日新聞のように捏造報道を故意にやって申し訳程度の訂正記事で済ませるのは許せない。
悪意在る偏向報道を公然と継続している。
珊瑚礁報道のように事件の風化を待って同じような行為を繰り返す悪質さは根源的なモノを感じる。

ゾルゲ事件への反省もなく自分に都合がよいように歴史を捏造することを今も繰り返している。
日本の恥であり世論を惑わす悪魔のような売国奴新聞だ。

890 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 17:37:04 ID:t5ZUjEaJ
便乗・悪乗りとも言える日経新聞のすりかえ論法 2005/06/11
>…記事では、まずJR西日本の経営者責任を一般論的に指摘しています。…
>…そして記事はここから思わぬ方向に議論が進みます。「無理な収益計画によって
>P型の自動列車停止装置の設置が遅れたというのなら、安全志向の欠如などより、
>もっと重要な問題がある」「安全と都市部の事業を両立させるには非効率な赤字
>路線から撤退する構造改革の決断が必要だ」「赤字路線撤退を阻んだのが地域
>政治と住民だったことも事実だ」とし、井出正敬相談役の行ってきた効率経営を
>評価したのち、「JR西日本は山陽新幹線と近畿圏の都市交通だけの会社になる
>かもしれない。それでも惨事を繰り返すよりはよほどいい。安全には、
>より効率的な経営体制が必要なのだ」と結論付けています。…
http://www.janjan.jp/media/0506/0506098108/1.php

郵政や自治体レベルで流行ってる行政サービス民営化(保育園など)にも
通じる話だと思うから。日経の読者層からして上は経済界の本音でしょう。

行政の効率化は必要だと思う。ただし「効率化=民営化」というのは騙されてる感じがする。
不採算部門の切捨てではなく、不要部門の切捨て(民営化じゃなく廃止や売却。無駄な道路
を作らないとか)が必要で、それは本来的に政治と行政の仕事だと思う。

民営化によれば、行政サービスの公正が失われ、質が変化する(たとえば集客性の高い
サービスへの偏向や安全対策の不備)。本来サービスの充実に当てられるべき利用料が
株主への配当に当てられる。

わかりやすい例をあげると、たとえば公立図書館を民営化すれば、たぶんマンガ図書館か
貸し学習室に変身するんじゃないだろうか。こういうのは明らかに必要な行政サービスの
切捨てと言える。民間にできるかできないかは問題じゃなくて、民間に任せたら今までの
サービスが変質することが問題だと思う。

891 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 18:04:03 ID:Ezd3TP+m
>>884
小泉首相のそれも含めて、国会の答弁がさほどまともに
機能していないことはみな知ってるように思う。

こういうの良くないかもね。

これさ、

・質問の趣旨
・回答の趣旨

をともにベタな活字として並べたあとで、
記事を書く人が批評的にきちんと分析したらいいんじゃないの?



892 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 18:05:17 ID:Ezd3TP+m
小泉首相だけでなく、政府側の答弁はかなり蒟蒻問答になってる
ケースが大いに見られるよ。

それも国会運営テクニックなのかも知れないな、と思いながら、
いままで眺めていたんだが、言葉を大事にしない政治家ってのは、
その本義から外れるんじゃないのか、と思い始めた。

893 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 18:50:51 ID:t5ZUjEaJ
>>891-892
だね。やっぱ、記事と記者の意見とを分けて書いた方がいい。
あと、政治家の言いっぱなしじゃ読者が真偽を判断できない場合があるから、
関連情報をなるべく載せるとか。けど、新聞の頁数が倍ぐらいに膨らみそうw

国会が機能しなかったら得するのは結局数に勝る方なんだよ。
単なる多数決で理に適わない政治をするくらいなら政治の専門家なんていらないと思う。

894 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 11:08:03 ID:MIC/RsPk
>>893
本当に多数決が機能しているなら誰も文句は言わないさ。

895 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:25:06 ID:5XgJkilq
>>894
いいや、文句言うね。
立憲主義に根ざした議会制民主主義であるべきだ。

…と言いたいところだけど、単純な「民主主義」さえ機能してないのは
どうしたもんかね。

金や地盤をもった者に著しく有利で
利益代表が公平に選出されない
小選挙区二大政党制がそもそも腐ってるし、

党議拘束とかで国会内の多数派意見さえまともに政治運営に反映しない。

896 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:31:16 ID:5XgJkilq
郵政民営化の紙芝居、民主は「暗い未来」 首相は反論
>…題名は「あすなろ村の惨劇 そして誰もいなくなった」。
>過疎地の郵便局が民営化後に魚や野菜も売り始め、地域の商店を圧迫。
>その後、経営悪化で閉鎖され、村の人たちは金融サービスも受けられない、との筋書きだ。
>30キロ離れた銀行まで年金を受け取りに行かざるを得なくなった老人が
>「小泉首相の言うことを信じたわたしたちが本当にばかだった」と嘆く。
>「あすなろ村には人気のない、閉ざされた郵便局だけが廃虚で残されました。おしまい」。
http://www.asahi.com/politics/update/0615/010.html
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/06/2005061501004302.htm ←混ぜ合わせた。順不同。

なんとなく>890に似てるかも。

897 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:35:26 ID:5XgJkilq
2005年森田実政治日誌[145] なぜ再び小泉首相は靖国問題で中国を挑発したのか? 
小泉首相の狙いはなにか? そしてなぜ突如方向転換したのか?
>繰り返す。この5月16日の衆院予算委における小泉発言(「他の国が干渉すべきでは
>ない」)が、いったん沈静化しかけた靖国問題を日中間の最大の問題にした。
>この騒ぎは小泉首相が仕掛けたものだ。…
>
>小泉首相の最大関心事は郵政民営化問題だ。7月6日から8日まで行われるイギリス
>サミットでブッシュ大統領に会ったときに「郵政民営化の約束は果たしました」と言い
>たいのだ。このためには、強行突破するしかない。国会論議を抜きにして、自公両党で
>中央突破を図るには、国民の関心を他に向けなければならないと、小泉首相と側近は
>考えたようです。…
>
>小泉首相というのはそういう人です。たえず戦術を考えている。ぼくは彼とつき合った
>ことがあるからよく知っている。郵政民営化問題以上に大問題になるうるのは靖国を
>めぐる日中対立しかない。…
>
>ところが、中国側は、この小泉発言は挑発だと判断して沈黙を守った。そこで放ったのが
>武部幹事長の訪中と「内政干渉だ、日中平和友好条約の相互内政不干渉の原則に反する」
>発言だ。…
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01044.HTML

狙いが郵政かどうかはわからんが、中山の発言(>878)にしてもわざと騒ぎを蒸し返してる
なーという気はするね。郵政も嫌な感じがするがそれよりも何でもかんでも民営化の流れ
自体が気持ち悪い。うちは過疎地じゃないから、とか他人事のつもりでいると流れを止め
られなくなる。>810に見るように大局的には企業に金が流れほとんどの庶民が損をする
国家主義的発想であることには違いないと思う。

898 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:51:33 ID:5XgJkilq
まあ、郵政は郵政としてちゃんと報道してもらうとして(ガンガレますこみ!)。

民主代表、文科相の慰安婦発言「首相は責任全うせず」
>「小泉純一郎首相は場合によっては首を飛ばすべきだ。首相としての責任を
>全うしていない」と批判した。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050614AT1E1400O14062005.html

中山に関しては、ここまでやったらもう切るしかないでしょ。
本人も、元慰安婦やその遺族らに謝罪してないって言ってるし、今さらする気も無いでしょう。

根本的に人間的な感性が欠落しているから日本の閣僚としてふさわしくない。

なにより一閣僚として世論に取り返しのつかない悪影響を与えてしまった。
いまさら謝罪してももう取り返しがつかない。
釈明はタテマエ、ホンネは「従軍慰安婦の記憶を日本から消し去りたい」
というメッセージを右翼連中に与えてしまった。
彼らは、日本を代表する政治家がそう言うならと勇気づけられ、嘘八百を吹聴して回る。
日本社会の偏見と差別を助長した責任を中山にはきっちり取ってもらうしかないでしょ。

細田は庇いだてをし小泉は他人事を決めこんでいるようだが、
猿回しの手綱は誰が握っているのかな?そもそも小泉が独断でつくったタカ派揃いの内閣。
任用するときだけリーダーシップを発揮して、部下がオイタしても知らんぷりは通らない。

>「失言したい」 心の闇をかかえて暴走する62歳、中山文科相についてのまとめ
http://ch.kitaguni.tv/u/8016/%A1%DA%A5%C6%A5%F3%A5%D7%A5%EC%A1%DB/0000180684.html

899 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 16:51:34 ID:5XgJkilq
[マスコミの堕落のなかで最も軽蔑すべきものは政治権力のサーバントになることである]
>「民主党議員は中国におもねる発言をした」という趣旨の記事になっていた。
>「おもねる」との表現について民主党議員が「事実と違う」として担当記者に抗議し、
>説明を求めたところ、当の担当記者は「自分はそんな主観的な表現は使わない」
>と答えたという。…
>…「こういう例は、数限りない」という。大新聞社のデスク以上のクラスが、
>民主党の反小泉派を失敗させようとして、低級で卑劣なことをしているようである。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01050.HTML

小泉が嘘をついたときははっきり「嘘をついた」と記事に書いてはどうか、
みたいなことを前に書いたが(やっぱ記事にそのままはマズイと思う>893)、
逆バージョンは既にあるみたい。やっぱ記者の主観が入りすぎるか。

900 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 17:07:31 ID:Gso6KvkN
ホント、日本は情報統制国家だ。すげー嫌悪感がある。

ザインとか、レッサーパンダとか、貴乃花とか、
いったいこの国のマスコミは、どうなってるんだ、といいたいよ。

人権擁護法案だよね。やはり今の旬は。。。

901 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 17:15:51 ID:Soo6QMLf
中国の言論弾圧や公安のネット規制を何故日本のマスコミは批判しないのだ?
ぜったにおかしい。
二重基準でマスコミ報道は為されている。
日本のマスコミは既に中国の報道規制に従い、おもねる報道を常にやってきている。

日本政府のネット規制や報道規制には大騒ぎをしながら、日本以上の言論弾圧や偏向報道を強制する中国を何故批判しない!
中国擁護の有名人発言はすぐに大きく扱うくせに、中国批判は扱わない。
アメリカや外国からの報道が有ってから、ようやく扱うようになるだけだ。
中国批判する人物や政治家は戦前の軍国主義者や狂った国粋主義者のような扱いが作為的でおかしい。
中国の手先のような報道姿勢は異常すぎる。

902 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 17:40:14 ID:5XgJkilq
>>900
若貴の兄弟喧嘩なんてどうでもいいのに。

通常国会の会期55日延長 与党が申し入れへ
http://www.asahi.com/politics/update/0616/003.html

これも頭痛いよなー。
人権擁護法案は今国会は大丈夫だとタカを括っていたがヤバイかも。

どうせロクなことしないんだから、さっさと閉会しろって。
小泉政権が何かするたび真綿で首が絞められる気がする。
現状維持が何よりの朗報だね。

>>901
つか日本のネット規制もほとんど批判されてないし(右派メディアは賞賛してそう)。
自分の国のことで精一杯。

903 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 17:58:56 ID:Soo6QMLf
ホリエモンの影響でネット憎しがマスコミにはあるのかもしれないね。
自分たちの権益を脅かす存在を今から叩いて締め付け支配下に置きたいのかも知れない。

マスコミ批判をするのは今やネットだけの存在になった。
マイナーだった雑誌週刊誌の行きすぎた自由な報道も、今や新聞テレビの系列からは独立して報道しなくなった。
無用な規制を防ぐためにも、我々も発言は介入を招く事の無いように注意して発言するべきだね。

904 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 18:56:13 ID:NJg2GYoq
■ 中国はオーストラリアの植民地化を画策
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20050615/050615005346.wiyjcfo7.html
オーストラリアのABCラジオは15日、北京大学の
ユアン・ホンビン元教授が豪州に亡命したと報じた。
中国当局者が豪州に亡命を求めたのはこの1カ月間に
4人目。

中国の工作員たちは中国人反体制派をターゲットに
した活動をしており、これらの工作員は豪州を政治的
な植民地にするために利用されていると語った。

手を打たないと日本もこうなるかもな。ってすでに中国の政治的半植民地か。
http://49uper.com:8080/html/img-s/62702.jpg

905 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 19:35:57 ID:5XgJkilq
>>904
>ユアン元教授によれば、中国共産党は工作員たちを使って豪州の政治に影響力を及ぼし、
>豪州を自由と民主主義の基本原則から徐々に離れさせることを目指すだろうと述べた。

ナゾは全て解けた!って? 中国化するニッポン。日本も気をつけよう。
たぶん安倍タンが北の外交官を工作員だと言ってるようなもんだと思うが。

日本-米国の関係のようにならないように気をつけねば。
何度も書いてきたが、人道問題(靖国や歴史)と経済的な利害衝突は別。

>例えば古舘さんに接触をしてなるべく北朝鮮の事を理解してもらおうという行動を
>取ればこれは工作活動なんですよ。...
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200501140308.html

安倍タン談w

906 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 12:40:53 ID:sa40zryb
会期延長 だらだら国会はご免だ
>反対論はほぼ同じ論点の繰り返しになり、政府側も同じ答弁を繰り返す。
>自民党内の調整であれほど激しく対立したというのに、審議はいたって
>平穏だ。延長前から早くも消化試合の様相が漂う。…
>
>…岡田代表は「将来的に郵貯・簡保は民営化が望ましい」と述べ、
>党内調整を指示したこともある。だが結局、労組系議員らの反対で
>頓挫した。いくら廃案を叫んでも、力がこもるはずもない。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

朝日はえらく冷たいじゃん。たしかに自民と民主の出来レースという
構図は今までイヤという程見てきた。

でも今回は、執行部が自民とははっきり違うベクトルを示した。
今までなら、同じ方向に向けて五十歩百歩の対案wを示すのみ。

この違いが正当に評価されないと、民主はプチ自民化して経団連などの
おこぼれにすがるしか生きる道がない(二大保守政党制の完成)。

読者は、自民と民主のレースを他人事のようにおもしろおかしく
見たいわけじゃないと思う。
多少ヘボでも自分の利益になる政策をかかげる政治家を応援する
(人間性を疑うようなのは論外だけど)。

だから、(自衛隊イラク派遣のときのように)採決の段になって
自民と取り引きするようなことがあれば、そのときは国民の失望を大きく買う。
まだ国会審議の入り口なのに、今から梯子を外すのはいくらなんでも早すぎる。

907 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 12:41:57 ID:sa40zryb
小泉の強行突破で郵政民営化が決まるにしても、誰が小泉におもねったのか、
最後まで反対したけど力が及ばなかったのかは、次回の選挙の参考になる。

社民・共産以外の全会一致でいつも法案がまとまる今の政治は異様としか言いようがない。
仮にその法案が最悪の選択だったとしても、他の選択肢が無かったように見えるから、
結局どの政党の責任にもならない(大政翼賛体制)。
だから懲りずにいつまでも与党に投票し続ける人が後を絶たない。
実現可能なものとして他の選択肢が明示されないと、多くの国民は、
政府のやることをひたすら追認し続ける。

2005.6.9  2005年森田実政治日誌[160]
>今回の民主党の動きは、かつての民主党とは違っている。小泉首相に味方はしない。
>マスコミから「抵抗勢力と組んだ」と非難されることもおそれていない。民主党は
>小泉内閣打倒のために戦う集団に脱皮しつつある。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01060.HTML

みずほちゃんも「郵政民営化法案は、日本の郵政をハゲタカファンドにつぶさせて
いいのかという話でもある」って言ってるし、論点もこれからまだまだ出てくる。
http://www.mizuhoto.org/03nikki/nikki.html(6月9日(木))

共産党だって。
>「(郵政事業を)銀行とアメリカの投資銀行の食い物にするために、
>わざわざ民営化して経営困難におとしいれるものだ。国民のサービスは向上どころか、
>ずたずたにしていくという結論しか、あなたたちの骨格経営試算からはでてこない」
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-07/01_04_1.html

908 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 13:49:19 ID:sa40zryb
>907は、ちょっと補足すると、
「仮にその法案を成立させることそのものが最悪の選択だったとしても、
ほとんど全会一致で決まったのなら、結局どの政党の責任にもならない。
だからいつまでも政権与党に投票し続ける人が後を絶たない。
そもそも自分で自分の首を絞めるような選挙に誰も投票に行かない」
ってことです。

行かないぐらいなら、当選可能性がなくても自分の意見に近い候補者に
投票しとけば、それだけでも投票率が上がって脅しになると思うけど。
浮動票狙って他の政党も動くだろうし。
ほっとけば「投票に行かない→必ず投票する集票団体の方に野党の
政策がすり寄る→ますます投票に行く意味がない」の悪循環が続く。

909 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:15:35 ID:sa40zryb
週のはじめに考える 『自国独善』の抑制を(東京新聞:社説2005.06.12)
>…しかも、首相がナショナリズムをあおる役割を演じては、どうにもなりません。
>羽織はかまで参拝する映像が中韓のテレビで繰り返し放映され、
>歴史を反省しない象徴のようになっています。
>
>偏狭なナショナリズムの悪循環に陥っています。…
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20050612/col_____sha_____001.shtml

東京新聞はうまいこと言うね☆
首相の靖国参拝は「反省しない日本」の象徴。

そう言えば、満州事変の舞台になった場所にある歴史展示館も
小泉首相の靖国参拝パネルで最後は〆るそうな(朝日6/16)。

過去の帝国日本と現代日本を繋ぐ橋渡しが反省しない象徴「小泉」なわけだね。


歴史と国益*配慮欠く閣僚らの発言(北海道新聞:社説2005.06.15)
>…この当時、日韓関係は前例がないほど良好と言われていた。
>その後、急転して険悪化したが、背景の一つがこの中山発言だった。
>
>教育の最高責任者がこう言うのであれば、日本の教科書は国定ではない、
>検定制度なので政府の考えは強要できないと他国にいくら説明しても納得はされないだろう。…
>
>小泉首相が自身の靖国参拝を「信条の問題」としていることと、これらの発言の続出は
>無関係ではない。しかも首相は特に問題視しない。
>
>これでは村山首相談話をはじめとする歴代政権の過去の反省・謝罪も軽くなる一方になる。
>言葉の重みを知るのが政治家のはずではないか。

910 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:21:31 ID:sa40zryb
>909 リンク貼り忘れ。
北海道新聞:社説2005.06.15
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20050615&j=0032&k=200506151254

911 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:55:08 ID:/arTE6dc
ちょっと冷静に考えると日本・中国政府とも犠牲者(戦争での)不在のけんかになってる。
日本遺族会だって中国側の遺族にすれば加害者側の遺族(実際はアメリカとの戦争、それ以前の
戦争で死んだ人が大多数なんだけど、特に植民地で残虐な行為をした人達は案外生き残ってると
思われるし・・・)であって、普通に考えれば日本の言い分は通らない。かといって、中国側も
被害者側の中国人サイドに立って文句言ってるのではなく、あくまでも中国政府の政策として
行ってるだけ・・ くだらない文句を言うなら、日本のODAの資金を直接中国人側の被害者・遺族に
直接支払えばよい。何も、そんな経験もしていない中国の若者に文句を言われないためにも・・
日本政府も靖国に祭られている人達だけ特別扱いするのはやめたほうがよい。アメリカとの戦争で
多くの民間人が犠牲になった(当時の政府の失態で・・ 海・空を完全に制圧され、沖縄(陸)を
捨石にして、原爆まで落とされた・・ 直前まで無駄な抵抗をして、多数の民間人を巻き添えにした
罪は重い)。どうも、今の日本は‘貴乃花‘状態だ。本人は筋の通ったまともな主張をしてるつもりだが
周りはとてもじゃないけど、そう思ってない。被害者と加害者の立場を混同してりる。中国・韓国にとっては
日本は加害者。アメリカに負けた日本は被害者。アメリカに言うべきことまで、中国にいってる気がする。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)