5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【判決】首相の靖国神社参拝は憲法違反【政教分離】

1 :【判決】首相の靖国神社公式参拝は憲法違反【政教分離違反に該当】2:2005/05/19(木) 07:09:02 ID:vqVtECls
■ようやくマトモで正当な判断が下された
■福岡地裁の小泉靖国参拝憲法違反の判決に巷の声
東条英機らのA級戦犯をまつった靖国神社に、時の総理大臣が4回も連続して参拝し、ナショナリズムをあおる――。
こんなデタラメがいつまでも許されていいはずはなかったが、ようやくまともな裁判所の判断が下された。
小泉首相の靖国神社参拝を明快に「憲法違反」と断罪したきのう(7日)の福岡地裁判決。
初めて憲法判断に踏み込んだことが画期的で、評価が高い。
一橋大名誉教授の杉原泰雄氏はこう語っている。
「中曽根元首相の参拝訴訟でも高裁段階で違憲の疑いが指摘されており、憲法判断としてみれば当たり前です。
国民的関心のある問題を裁判所が門前払いせず、重要な判断を示すことは大事で、評価できます」
本当だ。これまでも各地で小泉参拝の訴訟が起きているが、裁判所は憲法判断から逃げている。
ところが、福岡地裁の裁判長は、小泉首相側のゴマカシを切って捨てたのだ。
「参拝は公的なもの」「憲法20条で禁止されている宗教的活動にあたる」。
さらに「国民の強い反対にもかかわらず、4回も訪問したのは政治的意図に基づいている」とバッサリである。
公私の区別をあいまいにし、「初詣でだ」などとトボケてきた首相をギャフンと言わせたのだから痛快だ。(中略)
▼ 無法首相の厚顔無恥/これが首相だというのだから、あきれ果てる▼
「小泉首相は判決をおかしいとイチャモンをつけていますが、おかしいのは小泉首相です。
靖国参拝がいいことなのかどうかは、子供が考えたって分かることです。…」(政治評論家・山口朝雄氏)(後略)
ttp://gendai.net/contents.asp?c=010&id=6882
■靖国参拝訴訟・小泉首相「違憲」判決 法律家も評価
門田孝・広島大大学院教授(憲法学)は
「靖国参拝に関しては、憲法学者の中では『違憲』という考えが広く受け入れられており、妥当な判決だ。
それにしても、裁判所が明文化した意義が大きい」と話している。
戦後補償裁判などを手がける広島弁護士会の山田延広弁護士は、
「靖国神社を宗教的施設として認め、参拝を政教分離の原則に反すると認めた当然の判決で、
司法が行政の不法行為を監視する義務をしっかりと果たしたと言える」と話した。(後略)
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040408-00000001-mai-l34

939 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:14:15 ID:opJD+uOH
負の歴史ははるものの、色々な思いが詰め込まれた
緑に囲まれた靖国神社と、

国立慰霊施設
(おそらく建築家の巨匠?が、コンクリーとガラス張りで
無機質な押し付けがましい建造物を作るのだろう)

戦死者の霊たちは、どちらが心休まるか。


940 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:22:42 ID:opJD+uOH
多少右翼が目障りだが
ある程度にぎやかな方が
英霊たちも喜ぶだろう。



941 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:29:33 ID:LnGmxOCu ?#
>>937
>(日)本国憲法の平和主義の原則が
>政教分離の原則と深いところで結びついている
とすると,深いところにある原則の変化や違背と,
距離の離れた表面の原則(平和主義)の破壊や違背は,
簡単には関連づけできません.
また,「密接」=「不可分」ではありません.
少なくても論証不足です.

個人的には,政教分離と平和主義は「可分」であり,
また「可分」であるべきだと思います.

政教分離に違背した結果,平和主義が崩れる可能性は否定しませんが,
現在の「国家神道」の位置,国家制度から考えて,
戦前と同様の経緯で平和主義が崩れる可能性は極めて小さいと思います.
また,政教分離と無関係な理由・経緯で,平和主義が崩れる可能性の方が大きいと思います.

>>938
> 確かにそれが原則のはずなんですが・・・
少なくても,その原則がいかに守られていないかを論証しなければ,
>>925の論はなんの意味もありません.
個人的には,民主主義の原則を逸脱する程に国民と国家が乖離しているとは思えません.


942 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:31:10 ID:LnGmxOCu ?#
>>939-940
千鳥ケ淵は?


943 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:38:13 ID:opJD+uOH
>>942
そこはそこでいいだろ。
皆が自由に、行きたいところへ行けばいいのだ。




944 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 12:52:50 ID:XsVmeMiS
政治板のバカどもにも困ったもんだな。

>>914
目的効果基準に関しては学説の争いも激しいものがあり、また
最高裁の適用方法も津地鎮祭事件→箕面忠魂碑事件→愛媛玉串料
事件で微妙に変化しているのである。

そして、最新の愛媛玉串料事件では、「建築主が主催して建築
現場において・・・行う儀式である起工式と異なり」の文言が用いられて
おり、地鎮祭と例大祭との違いが明言されているのである。

さらに、当該判例は目的の認定につき客観的事情から推認する
との方法を用いており、実際の主観的目的がどうであったかを
問題とはしていないのである。

目的効果基準が問題の多いことは否めない。例えば目的の点において、
地鎮祭が神道の行為であること、よってその目的が宗教的意義を
有することは否定の余地がないから、テストの対象となる目的を
「地鎮祭の目的」と解すれば、目的の点は無意味ともなってしまうの
である。従って、津地鎮祭判決は、「公権力が地鎮祭に参加した目的」に
つきテストしたと解する他ない。そして、それにつき宗教的意義を
有しないと解するためには、前提として、地鎮祭につき、世俗目的の
存在を、客観的に認定できる必要があるのである。

945 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 12:56:17 ID:0i/jMAPl
>>943
>皆が自由に、行きたいところへ行けばいいのだ。
うん。俺もそう思う。憲法で宗教の自由は唄われているしね。


946 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 13:17:00 ID:XsVmeMiS
>>936
現在の政治・経済・社会状況は昭和恐慌時のそれと酷似しており
(岩田規久男等「昭和恐慌の研究」参照)、また、旧憲法と現行憲法の
類似性(一般の認識と異なり、人権規定・統治機構はかなり似ている)に
鑑みれば、決して「無用の心配」などとはいえない。

例えば、旧憲法において「日本臣民ハ公共ノ案寧秩序ヲ妨ケス
及臣民タルノ義務二背カサル限二於テ信教ノ自由ヲ有ス」と規定
されていたのに、神道国教化が起こったのである。

947 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 13:23:57 ID:XsVmeMiS
>>945
一般に、信教の自由は、@信仰の自由、A宗教的行為の自由、
B宗教的結社の自由の3つを内容に含むとされる。そして、@は
内心の問題ゆえ絶対的に保障されるが、ABは外形的行動を伴うため、
他者との関係において一定の制約を受け得るというのが通説である。
信教の自由といってサリンばらまかれても困るからである。

948 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 13:29:49 ID:Gq48JPkf
中国が嫌がることを行うのも外交戦略の一つだろう
国益に合致するなら憲法を原理主義者みたいにがつがつ
解釈する必要などない。
たとえばもはや歴史カードを切ればかえって国内を混乱に
陥れなんのメリットもないと中国首脳に教えてやるのも必要だ
尖閣や常任理事国入りとバーターするならもっと強く参拝を
打ち出すべきだ。それが大人の駆け引きというものだ
今参拝を中止しても何の利益もない

949 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 13:39:57 ID:XsVmeMiS
政治板には、法治主義を無視する三流国家に我が国を落としめたい
クソ馬鹿が多いな〜。小島惟兼が草葉の陰で泣いてるだろうな〜。

950 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 13:41:47 ID:gkHyTh3c
だな〜は何が言いたいんだ。
スレに書き込んで、何かの受験用にお勉強した内容の自己確認か?


951 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 13:44:44 ID:opJD+uOH
>>949
憲法を絶対視しているあんたは
天皇を絶対視していた戦前の人と似てるよw



952 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 13:47:56 ID:XsVmeMiS
>>951
天皇は人であって法ではない。従って、天皇尊重と憲法尊重には
人治主義と法治主義という大きな違いが存する。

なお、「民意」をいうのも人治主義である点には注意。

953 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 13:50:40 ID:XsVmeMiS
>>950
ここは靖国参拝の違憲性を論じるスレではないのか?

まあ、むかーしに合格した試験のために勉強した内容が議論の
ベースになっているのは確かだが。通常業務で憲法などほとんど
使わないからな。

954 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 13:51:55 ID:4RlY2fiB
首相の靖国神社参拝は憲法違反2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117255842/

955 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 14:50:16 ID:XsVmeMiS
きちんと復習した。

愛媛玉串料事件最高裁判決によれば、

1.憲法20条3項にいう宗教的活動とは、当該行為の目的が宗教的意義を
持ち、その効果が特定の宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、
干渉等になるような行為をいう。

2.ある行為が右にいう宗教的活動に該当するかどうかを検討するに
当たっては、

@当該行為の行われる場所、
A当該行為に対する一般人の宗教的評価
B当該行為者が当該行為を行うについての意図、目的及び
宗教的意識の有無、程度
C当該行為の一般人に与える効果、影響

等、諸般の事情を考慮し、

3.社会通念に従って、客観的に判断しなければ
ならない。

ということになる。これを基準に議論しろ。

956 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 14:53:07 ID:4RlY2fiB
首相の靖国神社参拝は憲法違反2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117255842/

957 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 14:59:32 ID:Y1weCZwG
靖国参拝が政教分離云々って・・・w
創価学会のパシリの公明党はどうなっちゃうんだよw

958 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 15:21:27 ID:gkHyTh3c
>955
最高裁が何か絶対的判断者のような書き方だが、
最高裁も現実社会との妥協点を法解釈の限度内でさぐっているにすぎない。
>等、諸般の事情を考慮し、
>3.社会通念に従って、客観的に判断しなければ
>ならない。
これを基準に議論しろといわれても、だなーのように先に違憲ありきでは
解釈の後付をどうするかだけの問題になってしまう。


959 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 15:50:33 ID:XsVmeMiS
>>958
@ABC等の点から、目的が宗教的意義を有するか、及び効果が
助成あるいは圧迫となるか、の両点につき、評価根拠事実と
評価障害事実を並べたてろ、ということである。

例えば、
@地鎮祭→建築現場、参拝→社殿
A地鎮祭→起工式みたいなもの、参拝→英霊に畏敬の念を表明する行為
B地鎮祭→付き合いで参加、参拝→?(集票のためか?)
C地鎮祭→国会等で特に問題とならない、参拝→国民的議論あり

なんて整理すると、Aから参拝目的の宗教的意義性が客観的に
推認され、@Cから参拝効果の宗教助成性が推認される、となる。

もちろん、上の@ABC等の点に係る整理の仕方には異論もある
だろう。ただその場合でも、例えば、「@の点については××の
ように整理すべきである」等の形で反論を提起するように言って
いるのである。

960 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 15:50:57 ID:4RlY2fiB
首相の靖国神社参拝は憲法違反2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117255842/

961 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 17:41:54 ID:SZaThjVQ
>>945
参拝という物に限定してみれば憲法に禁止された宗教活動でないことは明らかである。

Aの宗教的行為であっても法的な規制対象でないことは間違いない。
参拝が憲法で禁止された宗教活動という法学者などいない。

サリンは毒物の法の規制を破るからいけないのであり、教義にサリンを撒くことを認めていてもそのこと自体は規制の対象外だ
異教徒を滅ぼすことを肯定する宗教などいくらでも存在する、法に触れなければ自由なのだ。
参拝を規制するなら、立法が必要だ。

962 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 17:57:09 ID:CT2A7Dfu
>>961
つ【政教分離原則】

というか、参拝を法律で禁止ってw
信教の自由を侵害する気かね?
憲法に規定されていることに違反する法律は無効なのだよ。
もっと勉強しなさい。

963 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 19:42:04 ID:Yj+1Kieb
>>944
あの、全然反論になってないんだけど。あんたは俺が聞いてもいない目的効果基準
の実際の適用過程における最高裁の姿勢の変化を延々となぜか語っているようだが、
俺が問題にしたのは判例の文言の形式的・構造的な理解。津地鎮祭訴訟大法廷判決
が立てた規範をそのまま愛媛玉串料訴訟大法廷判決は引用しているのだから、少なく
とも規範の形式的・構造的な理解としては同一にならなければおかしい。最高裁が
採用した基準というのであれば、責任をもって判例が挙げる通りの形式・構造で
もって書くべきだろう、ってことを言っている。

人のレスをきちんと読めない人間も相当馬鹿だと俺は思うがいかがか?

964 :次スレ:パート3:2005/05/28(土) 20:11:22 ID:HtiaT72W
【判決】首相の靖国神社参拝は憲法違反【政教分離】 Part3
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117208664/l50

965 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 20:22:06 ID:fPmvbdaD
勝手に戦没者を祭り上げる靖国や、勝手に殉職自衛官を護国神社に祭り上げる公務員の自衛隊。
いくら違法ではないからといってもクソ。

総理が神社に行ってご神体を拝む行為は違法。クソ以下。


966 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 20:50:51 ID:XsVmeMiS
>>963
>>955では不満か?

967 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 21:13:07 ID:2FdCQPtz
次スレ





首相の靖国神社参拝は憲法違反2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117255842/



968 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 21:36:00 ID:5uNkmArB
>>952
>天皇は人であって法ではない。

人である天皇を神格化して
そこに価値の源泉を求めようとしたところに
明治憲法の不幸の一つがあったのではないでしょうか?

人を神聖化することは
人を超えた価値(人間が恣にしてはならない価値)に対する想像力を
著しく阻害するものです。
その意味でも近代的な法の支配の観念は
明治憲法下では所詮前提とすることが出来ないものだったのでしょうか?


969 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 21:41:36 ID:XsVmeMiS
>>968
戦前は法実証主義が強くて法の支配の概念はなく、法治主義の
概念に留まった。としても、戦前も、天皇個人に無限定の権力を
認める考え方は主流ではなく、天皇機関説が主流だったのである。
ただ、戦中はご存じの通りである。

970 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 21:50:37 ID:5uNkmArB
天皇機関説によって美濃部氏は国家の弾圧を受けました。
憲法を実際に運営する政府にとって
天皇機関説は煙たいものだったのでしょうか?


971 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:01:18 ID:XsVmeMiS
>>970
天皇機関説とそれに対する天皇主権説は、端的にいえば天皇も
法の下にいるか、天皇は法を超越するかの点で争った。天皇を
利用する立場の者としては、もちろん天皇主権説が好ましいのが
明らかであろう。

972 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:04:31 ID:jmDsMD9F
>>970
政府と言うより軍部が煙たがっていたのでしょう。
軍部は天皇の統帥権を利用して天皇が望んでいないのに
政府の軍部に対する、干渉を阻止してきましたから。

973 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:05:56 ID:5uNkmArB
だな〜氏の見解は理解しました。

974 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:08:50 ID:5uNkmArB
>>972
いずれにしても明治憲法は危うい要素を内包していたとうことですね。

975 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/05/28(土) 22:09:53 ID:DM9g+ctd
>>969
昭和帝ご自身が天皇機関説をよくご理解されていなかったですからな


976 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:10:29 ID:5uNkmArB
内包していたとうことですね。  ×
内包していたということですね。 ○

失礼しました。

977 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:16:22 ID:XsVmeMiS
>>974
そうだが、現行憲法も、多少マシなだけで完全に安全かというと
そうでもない。13条後段「公共の福祉に反しない限り」や、内閣の
解散権に明文の制限がない点あたりはかなり危ない。

>>975
かなり理解してたとオレは読んだが。

978 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:19:38 ID:XsVmeMiS
>>977補足

天皇機関説→天皇主権説へのシフトは旧憲法4条の解釈変更だけで
行われたのである。「公共の福祉」の解釈変更があるだけで日本は
かなりやばくなる。

979 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:22:56 ID:5uNkmArB
>>977
現行憲法を変えたくて仕方がない人もいるようですが
だな〜氏の見解を語っていただきたいものです。


980 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/05/28(土) 22:24:02 ID:DM9g+ctd
>>977
そうでしょうか、機関説を理解していれば「天皇は脳髄、国民は・・・」
という発言はしないでしょうし、その前から度々政府や軍事に口を出されてますな。
私も以前はよく理解している方だと思っていたのですが、今は考えを変えました。
よく出てくるのが田中首相や2.26のときのご発言ですが、言葉と行動は一致しませんな。

981 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:30:32 ID:XsVmeMiS
>>979
変えること自体に反対はしない。例えば先にあげた危険な点には
手当すべきだと思うし、また現実と完全に乖離してしまっている
9条2項は廃止すべきだとも思う。


しかし、教育勅語の内容を盛り込んだりする改正には反対だし、
改正されるとすればそのような改正が盛り込まれるのが避け難いので
あれば、改正自体に反対だ。


結局、改正の内容による。

982 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:36:46 ID:XsVmeMiS
>>980
「天皇は脳髄、国民は・・・」の発言は、天皇とて心臓とかがなければ
生きていけないの趣旨ならば天皇機関説と乖離していないし、
また、少なくとも戦前は、天皇は国政につき意見表明する権限を
有する機関だったのだから、昭和帝が政治や軍事に口を出したからと
言って、天皇機関説を無視してたということにも必ずしもならない。

まあ、生き証人がほぼ全て死に絶えた以上、実際のところどう
思っていたのかは、もう薮の中である。

983 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:40:52 ID:5uNkmArB
>>978
「統治権の総覧」とは天皇主権の組織的な表現だと理解すれば
天皇機関説を葬り去るには十分だったでしょう。
しかし旧憲法1条から第3条までの天皇の地位に関する規定こそ
すべての根底にあったことは否定できないことです。

984 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:45:38 ID:XsVmeMiS
>>980
ちなみに、天皇機関説における機関とは英語でいえばorganであり、
従って天皇機関説は天皇器官説と考えることができるのである。
昭和帝は、天皇機関説をよく理解されておられたのではないかと
オレは思う。

985 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/28(土) 22:51:09 ID:XsVmeMiS
>>983
昭和帝ご自身が気の違った軍国主義者・抑圧主義者であったが故に
戦前のキチガイじみた状況が作出されたのてあったならば、現行
憲法は全く安全と考えることもできようが、現実はそうではなかった
以上、天皇主権→国民主権で全て問題が解決されたと考えるのは
大きな間違いであり、また著しく危険な考え方といえる。

986 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/05/28(土) 22:56:32 ID:DM9g+ctd
>>984
陛下が器官と納得していたならわざわざ脳髄(特別命令器官)とは言わないでしょう
意見が言える機関ではありましたが軍、政府が左右される(ほぼ命令です)状況があれほど
多いと陛下、軍部、政府はどうも・・・陛下は立憲君主制は理解していたけど
実行は出来ていませんな、これはあなたと私の見解の違いということでしょう。
スレ違いなので長々と書くと失礼にあたるので、またお会いしたら手合わせお願いします。

987 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 22:58:43 ID:5uNkmArB
>>985
言われるとおり憲法原則の全てが関連づけられることによって
安全な憲法は成立するのです。
ですからその一つでも欠けることによって
安全性の一切は崩壊する危険があるのです。


988 :名無しさん@3周年:2005/05/28(土) 23:25:09 ID:5uNkmArB
>>985
補足で申し訳ありませんが
昭和帝ご自身が気の違った軍国主義者・抑圧主義者であったとは
とても考えることは出来ません。

問題は、国民主権を含む民主主義を宣言している現行憲法下においてさえ
実際には十分にその「実」が上げられていない場合が多々ある
ということではないでしょうか?

348 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)