5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

靖国の背景を考える★21

1 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 02:31:30 ID:E64R/am5
靖国とは何なのか。靖国神社参拝問題で揺れる靖国の背景を考えよう。

前スレ
靖国の背景を考える★20
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1118074730/


2 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 02:37:59 ID:E64R/am5
オイチャン、前スレが荒れているので、新スレに引っ越しました。

日本の葬儀という観点から調べたら、面白いものを見つけました。 神葬祭は
儒教儀礼である「文公家礼」というものをもとに、江戸期になってから 組み立て
られた慣習のように思えます。

儒教の葬送儀礼
http://www.osoushiki-plaza.com/anoyo/shukyo/jukyo.html
日本では仏教の影響が強く、儒教葬は殆ど行なわれなかった。しかし朱子学が
奨励された江戸時代には、朱子の儒教儀礼を集大成した「文公家礼」に基づいて、
水戸光圀が儒教葬を奨励したという歴史がある。

神葬祭について
http://www.sugiyamajinja.or.jp/sinsou.htm
神道における葬儀形態「神葬祭」が明らかになったのは江戸時代の中頃、
国学者・儒学者たちの研究によるものです。ところが徳川幕府の宗教政策
により、水戸光圀(黄門様)でさえ神葬祭を望んだにもかかわらず実現に
至りませんでした。

それと、招魂という単語をGoogleで検索すると、ほとんどが中国語のサイトです。
招魂社の招魂は、儒教の言葉のように思えますね。


3 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 02:38:37 ID:E64R/am5
オイチャン、士農工商という言葉も、明代の朱子学用語みたいです。

明治になって、みんな平民になったわけですが、戦死した兵士だけを
国が祀ることで特別階級を作ったという見方は成り立たないでしょうか?

生きている人を、兵士だからと特別階級として扱ってしまっては、
たとえば選挙という制度自体がなりたたなくなる。

だから、戦死した兵士だけを靖国に祀ることで、法的には特別視
できない軍人を、社会の最上層に位置づけるという考え方が出て
きたのではないかとも思います。

法的には根拠の無いものであっても、法外で政府が戦死された軍人に
対してのみならず、現役の軍人にも特殊な身分を与えるために
靖国があったという見方は無理がありますかね?


4 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 13:52:42 ID:llm9z1SQ
日本が常任理事国入り決定になったよ
とりあえず、今回は2国のみでした


5 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 16:12:00 ID:KdN3h5mU

スレ違い、なおかつガセネタ。

6 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:18:31 ID:llm9z1SQ
最終的に日本が常任理事国入り決定になったよ
とりあえず、今回は2国のみでした


7 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:04:12 ID:KIuTp4Be
東京裁判の事実上の執行者であったマッカーサーが、
解任後の一九五一年(昭二六)五月三日の米国上院軍事外交合同委員会で、

「日本が戦争に突入していった動機は、
その大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった」

と証言し、
さらに、

「太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の政治的過ちは、
共産主義者を中国において強大にさせたことだと私は考える」

と所信を吐露している。
(「東京裁判日本の弁明」小堀桂一郎編 平七・八・一〇 講談社)

8 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:05:29 ID:KIuTp4Be
昭和三十九年七月十日、日本社会党の佐々木委員長が訪中しての毛主席との会談時のことであるが、
委員長が日本の中国侵略を謝罪したのに対し、
首席は

「何も申し訳なく思うことはない。
日本軍国主義は、中国に大きな利益をもたらした。
中国人民に権力を奪取させてくれた。
日本の皇軍なしには、われわれは奪取することはできなかった」

旨、会談中数回にわたって語っているのである。
(「毛沢東思想万歳」下巻 東京大学近代中国史研究会訳 昭五〇・三・三一 三一書房)

9 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:06:36 ID:KIuTp4Be
ケ主席も、
昭和五十二年十月七日に訪中した三岡元陸将に、

「毛主席は、常々『過去のことは水に流そう』と言われた。
しかも実際は、日本が中国を助けたことになっている。
日本が蒋介石を重慶まで押し下げて呉れたので、我々は日本軍の占領地域の後方に広がった。
そして八年間に三万から百二十万に迄増えたし、さらに数百万の民兵まで作った。
我々は、百二十万を以て三年間で蒋介石軍を打ち破った。
それゆえ皆さんだけを責めるのは不公平だと思う。」

と具体的に語っている。
(「自衛隊将軍ケ小平と会す」三岡健次郎記 昭五二・一二・一号 軍事研究)

10 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:11:42 ID:KIuTp4Be
イギリス
アーノルド・J・トインビー 歴史学者
「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、
むしろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。
その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」
(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

アメリカ
ジョイス・C・レブラ コロラド大学歴史学部教授
「日本の敗戦 それは勿論、東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。
今や真の独立が確固とした可能性となると同時に西洋の植民地支配の復活も
許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。
民族主義者は日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、政治能力
総動員して西洋の植民地支配復帰に対抗した。
そして、日本による占領下で民族主義、独立要求は
もはや引き返せないところまで進んでしまったということを
イギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。」
(「東南アジアの解放と日本の遺産」)

オランダ
サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。
即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。
日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」
(1985年日本側傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時、行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶)

11 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:41:44 ID:+T/Kr3Pj
靖国の国際社会への理解のため、国賓級に参拝していただこう。
小泉さんは、エスコートで同行する。参拝したのではない。
国賓を案内したのだと説明する。
こうなると、年に数回(参拝ではなく)行く事になる。

12 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:44:54 ID:0nQZc9Sd
>>1
乙です
>>996
ああ、奉られる基準ですか、失礼しました。
御国の為に身を捧げた人は御国自ら奉るべきである
という事ですから、
天皇、つまり日本に忠誠がある人が奉られると言うのは普通の事ですね

西郷、会津の問題は確かにありますが、
結果賊軍となってしまった時代背景としてはしょうがないでしょう
西郷神社もありますし、そちらを大切にすればよいと思います


13 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:50:00 ID:+T/Kr3Pj
>>12
靖国に西郷さんや会津の関係者が奉られていないのは、
靖国が拒否しているってことでしょうか?
それとも、関係者側が靖国へ入る事を拒否してるのかな。
今となっては、入るチャンスもないってことかな。

14 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:58:25 ID:MmwgheI5
>>13

国政と靖国の関係性が、現在では変わってしまいましたからね。
今の国政にはそれをどうする権限も失効していますから。


15 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:00:26 ID:0nQZc9Sd
>>13
その点に関しては少し勉強不足ので申し訳ないですが、
分かる範囲ですが、正確ではないかもしれません

祭神は靖国神社が決めている訳ではありません。
戦後はたしか厚生省、その前は陸軍省とかだったと思います。
時の政府としては、やはり新政府と対峙した者を
奉る訳にはいかなかったのでしょう。
もう今となっては、末えいの方も合祀など望んでないでしょうし、
西郷神社のように今までどおりの慰霊を大切に続けたらよいのだと思います。


16 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:07:44 ID:+T/Kr3Pj
>>15
西郷さんは維新の英雄とされていますよね。
一方で、征韓論だったですね。靖国に合祀なってことになれば
外野からいろいろご指摘を受けるかな。
国内戦とはいえ国を思っての結果ですから、末裔の方が望めば可能かも。


17 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:17:21 ID:hLCNxG8f
つーか靖国神社って別にどうってことない普通の神社だぜ。
何回も参拝してるが違和感なんてこれっぽっちもないけどな。

18 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:18:02 ID:+T/Kr3Pj
今日のNHK討論で、社民党幹事長が面白い事を言っていた。
「靖国神社に、最近では天皇陛下が参拝していない。A級が合祀されてるからだ」
「天皇陛下が参拝できる国立施設が必要だ」・・・
社民党は天皇を心配してるね。スゴイ変化だ

19 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:18:35 ID:5xDHhDqF
西郷さん人気あるな。

すくなくとも、明治政府が目指ざす
四民(士農工商)平等、国民皆兵という近代化路線
に反対した士族(武士)の代表で、

つまり、
徳川幕府を倒したが、明確な近代国家造ることに、
西郷は、あまり理解していなくて、
次は、薩摩と長州で幕府を開き、封建的な武家政権が続くと
思っていた武士に担がれて、反乱を起こした。

という理解じゃだめなのか。

20 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:19:05 ID:zJssyC7S
アジア諸国で日本がどう教えられているかを知っておけば、
被害者から見た靖国参拝の意味がちょっとはわかるかもと。
書き写すのしんどいので、以下ちょっとだけ。

21 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:19:28 ID:zJssyC7S
歴史教科書 戦争の記述は(05/06/18朝日朝刊)
[フィリピンの教科書]
>…フィリピン国民は3年間にわたって戦争の辛酸をなめさせられた。
>国民の自由は敵によって抑圧され、経済は日本の戦争需要に対応させられ、
>教育もフィリピン人の考え方を日本に合わせるように改変させられ、
>そして日本が後ろ盾になった共和国だけが政治をおこなった。その間に
>何千何万ものフィリピン人が処刑・投獄されたが、反抗の精神は占領終結
>まで日本当局を苦しめ続けた。…

[インドネシアの教科書]
>…抗日運動は、インドネシアの独立の実現につながっていった。
>対日闘争をするのに、インドネシアのリーダーたちは非常に慎重だった。
>日本の占領がとても冷酷だと知られていたからだ。もし、はっきり抵抗
>すれば、日本占領政府はすぐに誰でも殺すだろう。このため闘争の方法
>は、その時々の状況に合わせていた。…

[シンガポール教科書]
>…兵士は家から家を回り、銃剣を突きつけて中国系居住者を追い出した。
>女性や子ども、老人を捕らえることもあった。
>不幸な人々の大半は、まとめて縄で縛られ、船で沖に連れ出され海に
>投げ込まれるか、海岸に連行され、機銃掃射で処刑された。…

[韓国の教科書]
>…また、韓国語の使用を禁止し、日本語だけを使うようにし、
>わが歴史教育も禁じた。私たちの名前までも日本式の姓名に変えた。
>このような日帝の蛮行は世界史に前例のないことだった。
>日帝は韓国人を強制徴用で連れて行き、鉱山や工場で大変な労働を強要し、
>志願兵制度や学徒兵制度、徴兵制を実施、多くの青年たちを戦場に連れて行った。
>日帝は多くの数の女性たちを強制的に動員し、日本軍が駐屯していたアジア各地域に送り、
>従軍慰安婦にして非人間的な生活をさせた。…

22 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:22:24 ID:0nQZc9Sd
>>16
そうですね、ただ西郷さんは反逆のヒーローって側面もありますから、
奉られてない方がかっこいいと理解する人も多い気がします。
ただ、歴史では西郷さんの果たした役割は誰もが認める所ですから、
すっと西郷神社が大切にされているいるのだと思います。

23 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:29:48 ID:0nQZc9Sd
>>20-21
長い書き込み乙です

他国がどう日本を教えているかと言う視点は持っていたほうが良いとは思います。
ただ、その内容と靖国参拝とどう直接繋がるのか全く理解できません。


24 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:34:23 ID:zJssyC7S
>>23
自国独善に陥らないように、外からの視点を持ちましょう、ってことです。

25 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:37:07 ID:0nQZc9Sd
>>24
靖国参拝がなぜ悪なのですか?
自国独善とは何をとってそう言われるのでしょう??

26 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:39:42 ID:MmwgheI5
>>16

まず大衆感情というものがありますわな(>>22)。
これには、何の根拠もない、印象だけの産物しかないので捨て置きます。

「西郷は考え方が古くさかった」・・・とすれば、それは単なる精神論の
次元の問題となってしまい、西郷は、現実問題から遊離した、存在でしか
なくなる。
あなたもそう思っているっぽいですね?↓

>明確な近代国家造ることに、 西郷は、あまり理解していなくて

「征韓論は、前近代的形体にこだわる西郷側と、先進的近代化にこだわった
政府主要人との対立だった」

・・・ということになる。

ここで、おれが、全く違った見方からの、歴史認識の機軸を提案してみたい
と思います。

「征韓論は、開国後の日本を、東洋型国家にするか西洋型国家にするかの
対立だったのではないか」

・・・です。
こうなるとものの見方がちょっと変わってくる。
西郷は単なる、古くさい悲しみの英雄ではなくなる。
それにその後の対東アジア方針にももちろん影響してくる。
とりあえず問題提示はこのぐらいにしときます。


27 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:40:51 ID:MmwgheI5
宛名訂正:

>>19

まず大衆感情というものがありますわな(>>22)。
これには、何の根拠もない、印象だけの産物しかないので捨て置きます。

「西郷は考え方が古くさかった」・・・とすれば、それは単なる精神論の
次元の問題となってしまい、西郷は、現実問題から遊離した、存在でしか
なくなる。
あなたもそう思っているっぽいですね?↓

>明確な近代国家造ることに、 西郷は、あまり理解していなくて

「征韓論は、前近代的形体にこだわる西郷側と、先進的近代化にこだわった
政府主要人との対立だった」

・・・ということになる。

ここで、おれが、全く違った見方からの、歴史認識の機軸を提案してみたい
と思います。

「征韓論は、開国後の日本を、東洋型国家にするか西洋型国家にするかの
対立だったのではないか」

・・・です。
こうなるとものの見方がちょっと変わってくる。
西郷は単なる、古くさい悲しみの英雄ではなくなる。
それにその後の対東アジア方針にももちろん影響してくる。
とりあえず問題提示はこのぐらいにしときます。


28 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:53:32 ID:Jp0vTUys
ODAの替わりに歴史教育のための施設を作ってあげるのが靖国問題の解決策

29 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 19:56:00 ID:0nQZc9Sd
>>21
あ、ちなみに靖国参拝に文句を言ってるのは中国ですよ
フィリピンもインドネシアもシンガポールも何も言わないです。
靖国問題がいつ、どこから発生したかご存知でしょうか?
あくまでも靖国問題は国内での小さな問題だったのです。
国際問題への火付け役は通説では朝日新聞と言われています。
恐らくあなたはイメージだけで物を語られてるのではないでしょうか?
靖国参拝で傷つく人などこの世に存在しないのです


30 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 20:00:41 ID:0QMYSrq0
>>935 Tekkoさん、
>テレビ欄見てたら発見、今日教育テレビで19:45より、
>NHK映像ファイル・あの人に会いたい 「司馬遼太郎」やりますよ。

7時半に帰ってきて、Tekko さんのレスで知って番組を見ることができました。

サンクツです・・・

使うのも使われるのも嫌いなのですが、もし反日という言葉が誰のためにあるかと言えば、
それは昭和の軍部のためにある言葉だと思えてなりません。


31 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:02:58 ID:QPpldBkt
靖国参拝問題はそんなに重要か?
単純に儲かるか、損するかの二択だろうけど。
今なら、小泉の参拝は良いと思う、他国の内政干渉を認めてはならない。
その時々で判断すればよいこと。

32 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:04:28 ID:4VTw4uaM

>>23
会津も入れてふぉしいぞ
天皇を守ること中心は考えちゃうぞ

33 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:06:32 ID:C7pWVofD
西郷が人気があるのは政策云々というより、その姿勢でしょうな。

何しろ明治初めの貧乏武士あがりの政治家たちときたら、
当時家族1ヶ月の生活費が5万円という時代に月給500万円
の高給をむさぼり、大名屋敷や御殿のような家に住み
服装にも何十万と金を欠け、召使には「殿様」と呼ばせ、
商人など民間人に対しては土下座しないと会わない、
賄賂はとりまくり、愛人は何人も作る…とまさに悪代官そのもの。

が、その政治家たちの最高峰である西郷は、家は自分の家を持たず居候、
服は例の上野の山のようなカッコ、人が生活に困ってたずねてくれば
気さくにあってくれて、金を包んでやるってことで給料のほとんどはパー、
愛人などはもちろんつくらず、犬を散歩がてら庶民には声をかける、
とまるで「水戸のご老公」か「徳田新之助(暴れん坊将軍)」。

「悪代官」と「水戸のご老公」、どっちが好き?って聞かれたら、政策云々以前に答えは出てしまうでしょ。


34 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:22:39 ID:zJssyC7S
>>29
シンガポールも韓国も言ってた。

要するに>21の事実を知って、被侵略国の立場に立って考えれば、
中国人の気持ちがちっとはわかるかなと思ったんだけど。

政府を通してそれを日本に伝えるかどうかは実は大した問題じゃないんだよ。
日本の政治家はこれ幸いとばかりにバカ騒ぎしてるがね。
ホントは日本が未然に察してやるべきこと。

あと、報道すべきことを報道されて文句言うなんてどうかしてる。
中国みたいに情報統制かける気かね。

政治家がバカやってそれを情報規制で隠蔽する政治だけは許してはいけない。
靖国にA級戦犯が祀られて首相がそれに関わるのは国内的にも重大ニュースでしょう。

35 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:28:28 ID:4VTw4uaM
>>33
だから、会津も入れてふぉしいぞ
天皇を守ること中心は考えちゃうぞ

36 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 20:33:45 ID:lxkVmP4V
>>30 しいばさん
司馬遼太郎さんの番組のこと、気付いてもらえて良かったです。

>使うのも使われるのも嫌いなのですが、もし反日という言葉が誰のためにあるかと言えば、
>それは昭和の軍部のためにある言葉だと思えてなりません。

同感ですね。政府に、軍部に、楯突くかお前は、みたいなイメージを私は持ちます。
ネットをやっていてよく見る「売国奴」という言葉も、私は非常に嫌いです。これも同じような言葉でしょうか。
外交手段は、売国、とかいう単純な言葉で片付けれられることじゃないんですよね。
なんで外交が売国になるんでしょうか。
アメリカとの関係が強くなることを、この人たち(主に右傾化した人たち)は売国とは認めないんです。
何なんでしょうね。

番組の話に戻りますが、前回見た時は、「原点に戻れ」という言葉が印象的だったんですが、
今回は、たまたま私も前スレで話していたグローバルという言葉と、そしてピープル、って言葉、
そこで司馬さんが言いたかったことに共感したし、
微弱なる電流を強くせよ、という言葉を、今なんとなくリフレインしています。

日本の政治が優れたものになるのは、いつのことなんでしょうね。
生きているうちに見られるかなぁ〜。っていうか、変えないと、って思うんですけど、
自分に何ができるのか。

37 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:34:17 ID:MmwgheI5
>>30
>使うのも使われるのも嫌いなのですが、もし反日という言葉が誰のために
>あるかと言えばそれは昭和の軍部のためにある言葉だと思えてなりません。

歴史を見る上で、どこかの時点で突発的に、「悪」が発生する事は有り得な
い。歴史とは、連綿と続く絡み合いによって、現在に至っている。

・・・という見方からすると、旧陸軍の非を責めるだけの歴史認識には、そ
れを見る現代人の思考のどこかに不備がある事を意味します。
またそのようにしか歴史を見れない自分自身に疑いを抱く感性なくして、歴
史を見透かす事はできない。

そして自国の旧陸軍を非難していれば、何らかの温故知新が得られるのかと
いえば、実はあまり収穫は無い。
どちらかというと、現代日本人の思考能力の単細胞さを促進するだけだ。

当時の政治上、留意しておかなければならない点は、

・まず、ヨーロッパが世界秩序の鍵を握っていたという事。

・そして、それが偏見をはらんでいた、つまり十全ではなかったという事。
 そこから忘却された国にとっては、その秩序は迫害しか意味しなかった
 という事。

・また、とても大事な点として、当時の情報流通形体は、現在のように迅速
 ではなかったという事。その情報の共有性も限られていたから、つまり日
 本と西欧との物理的距離は、そのまま、「持たざる国」日本に、不利に作
 用したという事。

・・・このような事を忘れてしまっては、旧日本陸軍非難に終始するだけの
単細胞な歴史認識から脱却する事ができません。


38 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:40:09 ID:0nQZc9Sd
>>34
韓国は最近になって靖国と言い出しました
シンガポールは華僑の影響でほんの一部です。

報道規制など言っておりません。
ただ、朝日新聞がある時期から国際問題にしてください。と言うような、
中国を煽るような書き方をしたのは確かなようです。
要は、それまではどこにも靖国参拝に文句を言う国など
存在しなかったという事実です。

もちろん首相が靖国に参拝したというニュ-スはずっと報道され続けています。
昔から大切な事ですから、朝日新聞も当たり前の風物的ニュースとして報じていたのですよ。

A級戦犯についてですが、東京裁判での戦犯とは国内では犯罪人ではないという認識が
戦後ある時期までは当たり前の国民的認識だったのですよ





39 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:44:47 ID:c5wC2b4z
>>25
私は、「靖国参拝は悪い」という考えではありません。
しかし、周辺国が反対し、それへの配慮が必要という考え方に
日本人は理解しやすい国民でしょう。
そして、そのことを日本人が利用しようとしている事を心配しています。
まして、政局への利用に、靖国を持ち出す国会議員や野党党首などには
おどろくばかりです。



40 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 20:44:55 ID:0QMYSrq0
>>37
>・・・という見方からすると、旧陸軍の非を責めるだけの歴史認識には、
>それを見る現代人の思考のどこかに不備がある事を意味します。
>またそのようにしか歴史を見れない自分自身に疑いを抱く感性なくして、
>歴史を見透かす事はできない。

旧陸軍の全体に対して、責任を追及しているわけではありません。
その中の、腐れ軍官僚にたいして、すでに個人への責任は問わずとも、
その当時の職責は消えることがないと、言っているのです。





41 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 20:47:44 ID:0QMYSrq0
>>37
>そして自国の旧陸軍を非難していれば、何らかの温故知新が得られるのかと
>いえば、実はあまり収穫は無い。どちらかというと、現代日本人の思考能力の
>単細胞さを促進するだけだ。

事実を事実として認識するところから、すべてが始まるのではないでしょうか?
事実に目を背けて、なにも得られることはありません、と思いますが・・・?
如何でしょうか?




42 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:48:59 ID:0iykE3WF
小泉首相が薩摩の血を引いていることを考えれば、現在の靖国参拝問題は
単なる薩長史観に国民全体が振りまわされているに過ぎず、薩長連合による
靖国参拝が、分裂寸前の中国・韓国を結束させていることを考えれば、
意外と裏では『闇』つながりの仲良し勢力が潜んでいるのではないか。


43 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:49:48 ID:0nQZc9Sd
>>34
少し答えになってないような気がしたので付け足します

>>21の事実があったとして、中国やアジアに同情や反省を仮に日本が感じたとしましょう
(私は鵜呑みにできない記述もありますがそこは譲ったとして)
しかし、中国やアジアに申し訳ないと言う気持ちとがあったとして、
だから靖国参拝をしないでおこう。という答えには全く結びつきません。
侵略をしたら慰霊をしてはいけないという理論が結びつかないと言うことです。



44 :さいころちゃん:2005/06/19(日) 20:52:49 ID:wLPhnfgS
国立追悼施設の建設検討 与党、対中韓関係改善に

 自民、公明両党は19日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝などで冷え込
んだ日中、日韓関係改善のため、事実上棚上げされている無宗教の国立戦没
者追悼施設の建設に向けた検討に入った。
 同日のテレビ朝日番組で、公明党の冬柴鉄三幹事長が「(来年度予算で
建設)調査費を計上すればいい」と発言、これに自民党の武部勤幹事長が
「いいですね」と賛意を示した。
 20日にソウルで予定される小泉首相と盧武鉉・韓国大統領の首脳会談
では、韓国側が追悼施設建設の検討を促すとみられる。小泉首相は17日、
靖国神社に代わる施設ではないと指摘する一方で「そういう話が出れば、
わだかまりなく追悼できるような施設を検討してもいいかな」と述べており
、具体化に向けて動きだす可能性がある。
(共同通信) - 6月19日16時20分更新

45 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 20:54:56 ID:MmwgheI5
>>41
>事実を事実として認識するところから、すべてが始まるのではない
>でしょうか?

事実を疑う方が大事ではないでしょうか?
でなければ歴史認識の向上精神を忘れる事になりますから。
また、自分自身の「過去を見る価値基準」自体にも、常に疑いを持たなけれ
ばいけない。


46 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 20:57:03 ID:lxkVmP4V
流れを考えずに自分勝手な話を書きますが、
金大中さんの話なんか聞いていると、朝鮮半島という土地は地政学的に、大国に取り囲まれて、その脅威に晒されるということから逃れられない。
そういう位置的なことから、韓国がどうやっていくのか、多分近隣諸国とのバランスを保ちながら、渡り合っていく、協調していくしか道はない、そういうようなことを話していたと思いました。
北朝鮮のことに関しても、強硬姿勢でいることで何もいいことはない。
経済援助をし、いつになるかは解らないけれども、いつの日かの民族統合を目指して、歩みを共にしよう…そういうことなんじゃないですかね。
金大中さんは、理想主義と現実主義を併せ持つ、非常にバランス感覚の優れた人だと思いました。
理想だけでも困る、理想がなくても困るところで、素晴らしいと思いました。
こういう人もいるのだと思いました。

47 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 20:59:51 ID:0QMYSrq0
>>45
疑うにも認識がなければ、疑う対象がありません。

いまの靖国を考えるに、何が事実なのかが解らず、
それを隠している人がいる、という言うのが、
私の捉える事実です。ですから、そこには欠けている
事実があるはずだと思えます。

あなたの場合には、その事実が満ち足りているという
ことでしょうか?



48 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 21:02:56 ID:0nQZc9Sd
>>39
そうですね、政局に利用する国会議員はあきれるばかりですね

私が一番問題に感じるのはメディアの報道のあり方です。
靖国の歴史や成り立ちなどを流すのは結構な事ですが、
靖国問題がなぜ、どこから起こったかと言う事実検証は
どこも放送しません。左傾化した報道により、
世論が分断してしまったのだと私は思います。

私の記憶では、小泉首相就任後、初の世論調査では
参拝賛成が90%を超えていました。


49 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 21:13:32 ID:zJssyC7S
>>43
答えになってないというより、「確かです」とか「事実です」とか
「当たり前の」(>>38)とか言われても信じられんし。
そうですかとしか言いようがない。

で、慰霊はすればいいと思うよ、各ご遺族で。
でも国のトップが関わると、意味合いや第三者に与えるメッセージが違ってくる。
おれは日本国民だが、それでも首相には靖国に参ってほしくないね。
国民に多大な被害を及ぼしたA級戦犯は、
国から特別待遇を受けるべきじゃないと思う。
おそらく中国や韓国・シンガポール、その他のアジア住民にも
そう考える人が多いと思う。

個人的には、一般の兵卒も、国内的にはその他戦争犠牲者と同じ立場、
海外的にはそのほとんどが侵略者であったことを考えると、特別扱い
されるべきじゃないと思う。

50 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 21:27:11 ID:0nQZc9Sd
>>49
ではソースを用意いたしますのでお待ち下さい

あなたの考えは分かりました。
否定は致しませんが、私と交わる事はないと思いました。

ただ、一つ言える事は、靖国と東京裁判に対する見解は、
知識不足から来ている部分が多いように感じます。
もちろんご存知の事も沢山あるとは思いますが、
もう少し反対思想の本なども読まれたら面白いと思います。
また、新たな視点が出てくるように思えます。

では少しソースを探しますのでお待ち下さい。

51 :さいころちゃん:2005/06/19(日) 21:53:54 ID:wLPhnfgS
<宮沢喜一氏>参拝見送り求める TV番組で

 宮沢喜一元首相は19日、テレビ朝日の番組に出演し、小泉首相の靖国神社参拝
について「結局、今年は行かれなかったなあということが後になって分かっても、
それはいいことではないか」と述べ、参拝見送りを求めた。さらに「中国が、靖国
神社参拝が首脳の行き来に差し障ると考えているのなら配慮すべきだ」と指摘した。
(毎日新聞) - 6月19日20時55分更新

52 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 21:56:37 ID:zJssyC7S
>50
いったんオチます。おそらく読み手の受け取り方次第かと。


53 :さいころちゃん:2005/06/19(日) 21:58:41 ID:wLPhnfgS
<世論調査>靖国参拝 「反対」50%、「賛成」41%

 毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施。小泉首相が今後も
靖国神社参拝を続けることへの賛否を聞いたところ、「反対」が50%で「
賛成」を9ポイント上回った。参拝に伴う日中関係悪化にどう対応すべきか
との設問では30%が中国の理解を求めるべきだと答えたのに対し、国立追
悼施設建設を求める回答が29%。
(毎日新聞) - 6月19日21時22分更新

54 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 22:35:42 ID:0nQZc9Sd
>>52
私は本と雑誌が情報源ですので、そこから探したのですが、
とても打ち込める代物ではなかったので、事実のみを
列挙しているサイトがありましたので、そちらをリンクいたします

http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion1(J)/yasukuni/ohara.htm
大原康男という大学教授が丁寧に資料も載せています
「結語」以外は事実の列挙ですので、誰が呼んでも受け取り方は同じです。


@田中角栄首相参拝までは内外共に問題とされなかった
AA級戦犯合祀後も大平、鈴木総理が参拝しているが、中国韓国は全く反対していない
B中曽根総理が9回目の参拝で戦後決算で8/15に公式参拝すると大々的に宣伝した
C革新の朝日新聞が「中国が厳しく凝視している」と大々的に宣伝報道
D中国がここで公式に「靖国参拝反対」を公言
E外圧に屈するよう、9回目の靖国参拝以降、靖国参拝は中断された

新聞の当時報道ですが、ネット上では見つける事はできませんでしたが、
どの新聞も当たり前の事として淡々と報道していたのは事実です。

つまり、靖国問題は昭和60年8月から始まったのであり、
事実のみを見れば明らかに政治的産物だと言うことが分かるのです。

ですから、靖国に参拝することで傷つくなどと言う人などいるはずがないのです。



55 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 22:41:52 ID:MmwgheI5
>>53

なるほど。
世論っていうのは、複雑深刻なものごとが、このうえなく単純化されて
表出するものですからな。
おそらく今の空気感なら、「靖国参拝」を「憲法改正の可否」に置き換え
ても、同じような数値が出るような気がする。

>>47
>疑うにも認識がなければ、疑う対象がありません。

頭わるそう。
ただ言い返せばいいってもんじゃないよ。
その認識を自分で探せばいいじゃないか。
(つまり歴史を勉強する)

56 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 22:42:00 ID:zJssyC7S
>>54
>B中曽根総理が9回目の参拝で戦後決算で8/15に公式参拝すると大々的に宣伝した
>C革新の朝日新聞が「中国が厳しく凝視している」と大々的に宣伝報道

それだけわかれば充分。2ちゃんで喧伝されてるのと逆だったわけね。

57 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 22:55:13 ID:0nQZc9Sd
>>56
そうなんです
あなたの気持ちも十分分かるのですが、
侵略戦争であっのかという事と、戦没者の慰霊と言うことは
分けて考えていただきたいのです。
仮にA級戦犯であったとしても、もう死刑になっているのですから。
刑を終えた人まで慰霊できないと言うのでは、
あまりにも了見が小さすぎるのではないのかと思うのです
遺族も年をとり、誰もいなくなった時、誰が慰霊をするのか?
とやはりそれは、国が背負う責任があるのだと私は思います。

58 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:02:45 ID:lxkVmP4V
>>57
国!
靖国神社をですか?

59 :さいころちゃん:2005/06/19(日) 23:08:36 ID:wLPhnfgS
中韓は1神社が何を合祀しようと知ったもんじゃなかった。
中韓は首相の私的参拝に文句は言わなかった。

中曽根が公式参拝を言い出してから問題視した。
いま小泉が私的に見せかけて実質公式参拝しようとしている。

だから文句を言っている。筋はちゃんと通るよ。

60 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:11:45 ID:zJssyC7S
>>57
死んだら皆平等で生前の行ないに関係なく各自慰霊されるべきって
とこまではいいと思うよ。
その「慰霊」に靖国による選別が入り込むのがマズイ。
その選別は生前の行ないによってなされているわけで。

その他大勢より靖国の英霊たちは生前の行ないが優れているって
ようにしか受け取れないでしょう。
その宗教に政府が関わるのに違和感を感じる。
人によっては違和感以上の激しい感情を持つことにもなると思う。

61 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:11:57 ID:Ap+/2W2C
>>58
はい、かつては靖国神社国家護持運動という大きな国民運動がありました。
衆議院で可決寸前までいったのですが、政変の解散により流れてしまいました。
今の風潮では信じられないかもしれませんが、国民感情として、
靖国神社を国が護るというのは当たり前の考えだったようです。
無名の戦士達の上に今の日本がある事を考えれば、
国が最低慰霊の行事を行うくらいは当たり前ではないでしょうか?

62 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:18:14 ID:Ap+/2W2C
>>60
国家事業で命を落とした人を奉るわけですから、
それでいいのではないですか?
靖国の英霊が優れてるとか優れてないなんて事は
特に無いと思いますよ
具体的に誰が奉られていないと思われてるのでしょう?
ちょっと考えが違いすぎて分からないので教えてください

63 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:19:07 ID:lxkVmP4V
何が「はい」ですか、
政教分離の問題はどうするんで?>>61

64 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:22:42 ID:5vf3ALYM
どうも「日本人ならば天皇を尊敬しなければならない」ということが
理解不可能である。

実際、日本人で天皇を尊敬していない人はいっぱいいます。
そもそも「尊敬する」ということは、自発的で何か理由があってのことで、
「尊敬しなさい」という命令形自体がコメディチックです。

よく知らない人から、「女王様とお呼び!」と言われたって、いやなものはいやです。例えみんなが何となく、その人のことを女王様と言っていても、
「女王さまー!」と呼ぶのに快感を感じて、そうする事が平和につながると
考える団体さんが「女王様といえー」と脅迫してきても、「お呼び!」と言われた日には、命がけでも、呼ぶ気にはなれません。

話は戻って、俺は「天皇の事はよく知らないが、キリストの事はよく知ってて、
死んだら天国に行くと信じてる」とか、「天皇の事はよく知らないが、仏陀の事はよく知ってて、死んだら極楽に行くと信じてる」とか、「天皇の事はよく知らないが、俺は死後の世界は信じない」とか考えることは、この国では許されていなかったでしたっけ?

もし、命がけでこの国のために戦う覚悟を、今後する機会があったときは、
考え方を変えて、「天皇を尊敬し、死んだら魂は靖国に行きます」と考え直さないといけないのでしょうか?
天皇もすごいと思いますが、キリストも、仏陀も結構すごいと思いますけど。
だめなんでしょうか?

国家が靖国に行くことは、また国家が靖国に権威をキープしようとすることは、
他の宗教を信じることに対して、「それじゃダメなんだ。国家としての魂のよりどころは靖国以外に無いんだ」という脅迫じみたものを感じます。

(万が一何かご意見いただいても、議論する意志がほとんどありませんことを
あらかじめお伝えさせていただきます)


65 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:26:39 ID:lxkVmP4V
>>61
>国が最低慰霊の行事を行うくらいは当たり前ではないでしょうか?

無宗教の国立追悼施設なのなら、何も問題は生じないでしょう。
今はその施設がないだけです。式は武道館で行われていますが。

66 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:26:55 ID:zJssyC7S
>>62
国家事業にこだわるのなら
消防士さんとかノイローゼで死んだ公務員とか。

国家事業に組み込まれた人と国家事業の巻き添えになった人、国家事業を指揮した人、
前2者に違いはなく、残りひとつは切り離すべきだと思うけど。

67 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:27:59 ID:Ap+/2W2C
>>63
靖国参拝は政教分離には抵触しないのは
中曽根時代に法学者の懇談会により結論が出ています。

あと、靖国神社の運営は、善意の浄財で賄われていますが、
私は文化財として保護すればよいのではないかと思っています。
神社、仏閣を文化財として国が保護していますが、
当たり前のように政教分離などと言う人はおりません。

68 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:32:26 ID:Ap+/2W2C
>>65
無宗教の追悼施設といいますが、
追悼する時点でやはり無宗教でないのではないかと
もし、新しく施設ができても、外国要人用施設となり、
国内的には形骸化すると思います。
まさに政治的産物となるような・・・

69 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:37:28 ID:Ap+/2W2C
>>66
なるほど、公務員ということですか
しかし公務員では背負っている者が違いすぎるような気がします。
少なくとも自分で選んだ仕事であり、拒否もできるわけですから
消防士なら地域、程度までの責任感しか感じていないのではないでしょうか?

70 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:38:37 ID:lxkVmP4V
>>67
靖国神社という一宗教組織が合祀に関しても独断において行われてきた。
分祀問題にいたっては、政治がとやかくいう問題ではない、神道という宗教において、分祀は無理な話という。
そんな施設を国でどうかすると?
政教分離の問題はどうなるんで?

>>68
>無宗教の追悼施設といいますが、
>追悼する時点でやはり無宗教でないのではないかと

少なくともそこに神道は存在しない。

>もし、新しく施設ができても、外国要人用施設となり、
>国内的には形骸化すると思います。
>まさに政治的産物となるような・・・

それはあなたの想像でしかない。
武道館で行われていたものを、その施設でやることになる。

ただ、新施設に関しては、日本人が自主的に望んで建てるものではなく、
外交で不都合が生じるからというものでしかない、今の現状は、ベストの状態だとは思えない。

71 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:40:22 ID:lxkVmP4V
とにもかくにも、私から言わせてもらえば、靖国神社は厳かな施設なのではなくて、
やたらめったら因縁があって、忌まわしいんです。

72 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:44:22 ID:zJssyC7S
>>69
戦死した人の生前の行ないは(内実にかかわらず)他の死者と比べて
スバラシイと?

73 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:47:03 ID:zJssyC7S
おそらく靖国参拝政治家のやり口は、

国内向けには、国のために戦った生前の行ないは(内実にかかわらず)スバラシイと
慰霊者を選別し、

海外向けには、(たとえ市民虐殺や性奴隷・人体実験を指揮しても)生前に何をしたかは
慰霊と一切関係ありませんと言う。ってトコでしょ。

こんなダブルスタンダードが通用するわけない。
どちらの立場で聞いても気分悪い。

74 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:51:17 ID:FUJ57RpM
政教分離をこんなにも厳密にやってる国は、自由主義陣営では日本しかない。
あと厳密にやってる国は旧共産国だけ。いつから日本は共産国になったのやら・・・。

75 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 23:53:43 ID:lxkVmP4V
>>73
勝手に小泉の信条だろうと思っていることを書くと、
確かに自民党総裁選に望む時に公約に靖国参拝を掲げたところまでは票目的もあったと思うけど、
あの人は本気で、戦死した兵士に対する哀悼の意、それと不戦の誓いで参拝しているのだと思う。

自分の信念に自信があるのだろうね。
信念がいつか通ると、時間が経てば理解が得られると、多分本気で思っているんだろう。

総理大臣がそこまで思慮が浅くちゃ、困っちゃうんだよ。

76 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:55:28 ID:FUJ57RpM
>>75
何か困る事有るの?

77 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:55:32 ID:Ap+/2W2C
>>70
はいですから説明の通り政教分離には抵触しないと思います。
私が言っているのは靖国をどうのこうのするという事ではなく、
保護をするということです。
分祀問題というのも説明したとおり60年以降の話ですから、
政治的産物でしかないのです。

>少なくともそこに神道は存在しない。
なぜ神道を否定されるのでしょうか?

武道館の変わりに年に一度だけ使う施設を作るのであれば
やはりもったいないと思います。
ご指摘どおり、日本人が望んで建てるものではないですから、
形骸化した外国人用の施設になると言っているのです。
みな、靖国に魂があると思ってしまってるわけですから、
それ以上の施設を、歴史も伝統も無い形で作ろうと思っても
日本人の心を掴むことは出来ないと思いますよ。

でも、批判かわし、一次しのぎの追悼施設ならしょうがないけど納得しようかな・・・


78 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:57:34 ID:gQJdVmKB
>>75
それはほめてるのかけなしてるのか微妙な論評だな・・?

79 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 23:58:06 ID:Ap+/2W2C
>>72
勝手に他の死者と比べないで下さい
一体誰が比べているのですか?
それはあなたのイメージだと思いますよ
単に、国に殉じて死んだ人を国が奉ったというだけの事です


80 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:03:26 ID:zJssyC7S
>>75
そうなのかなー。アレが小泉じゃなければおれもそう思うのだけど。

現実の彼の政治理念を見ると、改憲し米国といっしょにシリアやイラン
あたりにまで攻め入りそうな気がするんだけどな。
米国が「自衛のための」先制攻撃しかけて日本が「集団的自衛権」
ってことで追随する。

どうも、そのときのために国のために死ぬことの尊さみたいなのを
国民にアピールしてるように見えてしまう。

81 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:03:27 ID:Ap+/2W2C
>>73
小泉首相の参拝の姿勢は私も得いかないところが多々あります。
ただ、あなたの思うように、戦争美化では参拝していないですよ

南京虐殺、従軍慰安婦、731部隊に関しては深く突っ込みませんが、
一度、いろんな本をお読みになることをオススメします。

82 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:05:13 ID:KBDwIDdY
> >少なくともそこに神道は存在しない。
>なぜ神道を否定されるのでしょうか?

国の行事に神道が関わってもいいと思うんですか?

靖国神社は、一宗教法人です。
そこらの創価学会や、オウム真理教や、その他の様々な宗教と、何も変わりません。
それを受け入れているはずです。

但し、戦後受け入れたその事実を、飲み込みきれていないのだと思います。
ねじれ現象が起きて、そのままずるずる来ているんでしょう。

>>78
>それはほめてるのかけなしてるのか微妙な論評だな・・?

誉めている訳がない。
思慮が浅い、単細胞だ、とけなしているんです。
一個人の感傷で一国の主が靖国参拝してもらっちゃ、困るんですよ。


そうでないなら、合祀の問題は靖国一法人に任せずに、国家の問題として、扱われるべきだったですか?

都合がいい時ばかりに宗教を押し出し、また調子よく国と靖国は切り離せないなどという主張をしないでもらいたい。

83 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:05:15 ID:uS6q00q0
インドネシア モハメッド・ナチール 元首相「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」

アラムシャ 元第3副首相「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたが
オランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」

サンパス 元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、
インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」

ブン・トモ 元情報相「日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。
一度持った自信は決して崩壊しない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。
そして実は我々の力でやりたかった。」(昭和32年の来日の際の発言)

シンガポール ゴー・チョクトン 首相「日本軍の占領は残酷なものであった。
しかし日本軍の緒戦の勝利により欧米のアジア支配は粉砕され、
アジア人は自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。
日本の敗戦後15年以内にアジアの植民地は全て解放された。」(「諸君!」平成5年7月号)

84 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:08:02 ID:ejRLsLIq
>>80
なるほど、そういう風に写っているのですか。
ちょっと新鮮な感想です。
そう写ってるのなら靖国参拝に懐疑的なのも納得できますね。
しかし、もうこれから先は戦死者がでても靖国に奉られる事はきっとないですよ
そこまでの視点はちょっと深読みしすぎな気がします

85 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:10:11 ID:rasUMRbF
まあ、分かる人には分かるし、分からない人には分からないと思いますが、
天皇を尊敬するというのは、ある意味でフィクションです。
神道における、鎮魂というのも、もちろんフィクションです。
このフィクションに対して、私も若い時はその意味がしっくり来なかった。
しかし、遅ればせながら、この年になってこのフィクションを作り出した
先達の知恵の深さにほとほと畏れ入っている次第です。
その知恵故に、私たちは日本人として互いに阿吽でいられるのすし、とかく
金次第になりがちなこの世の中で、もっと深いものに無意識に目を向けるこ
とができるようにもなるのだと思うわけです。
寛容であること、自らの小ささに目を向けられることといった、出来そうで
出来ないことにも自然と努力するようになるのではないかなどと思うわけです。
まあ、靖国対してどのようなスタンスをとるか、いろいろあつい議論がありま
すが、先に述べたフィクションに思いをはせれば、また、違った見方ができる
かもしれません。


86 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:13:49 ID:ejRLsLIq
>>82
宗教には教義や思想としての側面と習俗としての側面があります。
政教分離とは教義、思想に関して抵触しないという事なのです。
首相が参拝することは先ほども申したとおり政教分離に反しないとハッキリ
答えが出ています。

私が不思議なのはなぜそこまで神道に否定的な感情があるのだろう?
という素朴な疑問です

87 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:16:37 ID:tPtwWQWu
>>82

> 都合がいい時ばかりに宗教を押し出し、また調子よく国と靖国は切り離せないなどという主張をしないでもらいたい。

それは参拝反対派も同じだと思いますが。
例え首相といえど信教の自由がある筈なのに、政教分離違反がどうのというのは止めて貰いたいね。
小泉首相は厚生大臣時代も厚生大臣の肩書きで参拝して問題にならなかったのに、総理大臣の肩書
きで参拝してはならないと言うのはおかしいと思うよ。どちらも国政を預かる大臣職で、位階とし
ては同格です。違いは総理大臣職は大臣筆頭であると言う事です。

88 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:17:33 ID:8ZUIKOe2
>>86
政教分離については司法上決着がついていない。
靖国と政治の癒着による悪影響をこちらで議論する必要がある。

たとえば>86は政策判断に関係なく宗教上の理由で小泉を支持してる
んじゃないかな。政教分離の趣旨からして宗教で政治が動く(または
宗教のために政治が動かない)のはよくないと思うが。

89 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:17:52 ID:KBDwIDdY
>>86
神道に否定的な感情はありません。
戦中戦後の国家神道に否定的な感情があります。

そして、政教分離をうたいながら、都合がいい時悪い時で、靖国神社や神道自体が、
その原則がどうもあいまいになる点に、否定的な感情があります。

他の国は別です。宗教と政治が関わっていても。
日本は違います。
その原則があいまいじゃ困ります。
神道だろうが仏教だろうが、そのことに変わりはありません。

90 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:19:46 ID:ejRLsLIq
>>85
面白いですね
私は人間はフィクションの中でしか生きられないとおもっています。
家族と言うフィクション、友情と言うフィクション、国家というフィクション・・・
そのフィクションがない人間は、
本当の合理主義な恐ろしい人間になっていくような気がします
何かを信じていないと人は安定して生きれないのではないでしょうか?


91 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:23:19 ID:KBDwIDdY
公明党のことすら容認されてしまう国です。
なにもかも、なあなあになってしまう国なんでしょう。

92 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:24:13 ID:uS6q00q0
中国侵略の歴史
1949年   中国がウイグル侵略し占領
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットを侵略
1959年   中国がインドと国境紛争
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明 
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張。
同 年    中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。
2000年   中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

93 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:26:41 ID:+rWrbE18
>>63 >>64 >>73
バカっぽいやつが多いなあw




>>85
おすすめの本がありましたら、教えてください。



94 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:27:30 ID:ejRLsLIq
>>88
司法の判断など待つといいますが、
直接司法に答えを求めた裁判など無いわけですから、
法学会の統一見解で現在は十分と考えるのが良識ではないでしょうか



95 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:31:45 ID:8ZUIKOe2
>>64
わろた。そりゃ、いやなものはいやだね。
国家単位で思想統一しようったって無理な話。

96 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:32:17 ID:KBDwIDdY
>>90
>私は人間はフィクションの中でしか生きられないとおもっています。
>家族と言うフィクション、友情と言うフィクション、国家というフィクション・・・
>そのフィクションがない人間は、
>本当の合理主義な恐ろしい人間になっていくような気がします

えらいことですね。家族や友情がフィクション。国家がフィクション。
現実を生きていないんですか。

いやしかし、この最近の政治が寧ろフィクションであったなら、とは思いますね。
フィクションと思えたら楽だろうなぁ〜〜〜〜。はあ。あー長。
もう一年以上もあるんですかね?
誰かなんとかして。

97 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:35:05 ID:+rWrbE18
>>64

ものすごい想像力の貧しさだな。
おおかた、中学生ぐらいかな。
あるいは、かりそめの平和主義国家が生み出した究極の、
「あたりさわりのない、無難マシーン」かな、こいつは。

どうりで世の中がつまらなくなるわけだ・・・。



98 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:37:24 ID:KBDwIDdY
靖国にゃ関係ないですけど、
参議院選挙後、あと一月足らずで一年になりますが、
この一年、小泉政権って、一体何やってましたっけ?
一年間、何かやったことがありましたっけ?
思い当たらないんですけど、誰か教えてくれませんか?

99 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:39:01 ID:KBDwIDdY
ああ、クールビズ!
それは解ります。

100 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:39:18 ID:tPtwWQWu
>>96
だから、貴方自身何か困る事があるの?

中国は破綻寸前だから距離を置く事は良い事だし、韓国は金が欲しいだけ。
また中韓両国とも、建国神話に反日を利用してしまった為、一歩も引けなくなってしまっただけなんだけどな。

101 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:39:29 ID:ejRLsLIq
>>89
なるほど・・・そういう考えられてるのですか。分かりました

国家神道といいますが、特別何か教義や思想があるわけではありませんよ。
逆にうまく神道や天皇を利用したと言う側面はあると思います。
ただ、布教の名目で戦争するなどのおおっぴらに利用された事はありません。

他国のほうが政教分離に関してはもっと危険ではないでしょうか?
布教という名目で侵略が繰り返されたわけですから。

十字軍の遠征があったからキリスト教式の墓にはいけない
と言うのもおかしな話ですし、
神道の神社に参らないってのもちょっと偏見が強いような気が私はしています。


102 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:42:36 ID:+rWrbE18
日本人で政教分離の思想を信じて疑わないやつってものバカっぽいよなぁ。



103 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:43:41 ID:ejRLsLIq
>>96
これは思想的な事なのでもっと説明しないと
理解していただけないと思いますが。
言葉足らずで申し訳ないですが、
そう否定的な意味でフィクションを語っていないとだけ
言っておきます。

104 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:44:16 ID:7Mu3Ij5i
古代の歴史や記録が確かであれば、文明が発達したところは多神教が多い
門松立てて、神社に初詣、バレンタインやらクリスマス、ハイブリッドな
生活面での宗教が構成される
 
よって、中国は文明国では無いという結果を私は疑念するが、否定意見も
出ることだろうから断定はしないが、その可能性の高さを認めることにやぶさかではない

105 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/20(月) 00:45:23 ID:KBDwIDdY
>>100
中国・韓国との外交をスムーズにするかしないかは、国益に大きな影響がありますよ。
実際、小泉政権のせいで悪くなった対中関係で、非常に困った企業は相当な数でしょうね。

このところ思うんですけどね、小泉政権であることによる経済効果、それもマイナスの効果って、どんなもんなんでしょうね。
かなり興味あるんですけど。

私自身、困りますよ。政治に関心のある私は、政治の話題を気にするたびに不愉快でたまりません。
はらわた煮え繰り返ることの多い毎日です。

知人に「馬鹿か。」と呆れられますが。



106 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:45:54 ID:tPtwWQWu
ま、政教分離の思想自体フィクションだわな。

107 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:47:46 ID:uS6q00q0
粛清の嵐?親日真相糾明法国会法司委通過
http://news10.2ch.net/news4plus/kako/1077/10778/1077861593.html

親日反民族特別法 6
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1094899320/

親日派の財産を没収法案
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1113915968/

韓国で「反日法」成立 統治下の「親日行為」断罪
ttp://kankoku_manse.tripod.com/Kankokunokougeki/Miscellany/hannitihou.html

反民族親日派清算法 関連リンク集
ttp://www.geocities.jp/pringles_cat/

108 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:47:54 ID:+rWrbE18
政教分離の思想を守るためなら、命を投げ出してもいい・・・などと
いう日本人がいるかね?また、いたかね?


109 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:52:40 ID:7Mu3Ij5i
肺水腫で弱ったところを襲われるのであれば、対応策は決まってる

110 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:53:20 ID:ejRLsLIq
さて、眠くなってきたところで
ちょうど私へのレスも止まったようですので、
そろそろ寝ることにします。
今日は普段知ることの出来ない反対思想の方が
どう考えてるかを知ることが出来て大変楽しく、勉強になりました。
また機会があれば語りましょう

それではおやすみなさい

111 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:55:47 ID:uS6q00q0
中華人民共和国国家機構
『国家宗教事務局』

国家宗教事務局は宗教事務を主管する「国務院の直属機構」である。
その職責は主に、
宗教の仕事に関する方針と政策を検討し、提出し、
それを実行に移す措置を制定し、実施を組織し、
「内外の宗教の状況」を調査、検討し、動態を把握し、
宗教の理論問題を検討し、「政策的」提言と意見を提出し、
宗教が法律・法規および「政策の範囲内」で活動を行うよう「導き」、
法に依って「公民の宗教信仰」の自由を保護することである。

国家宗教事務局には4つの職能司(室)が設置されており、
その中には弁公室、政策法規司、第1業務司、第2業務司が含まれている。

112 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:00:03 ID:VQoxJuol
>>61
維新以後の人間だけが今の日本を作ったわけでもあるまい。
江戸時代も戦国時代も室町、鎌倉時代もそれ以前の日本人も
みんなでつくったんではないのか?
そう言うのを伝統や歴史と言うのだよ。
靖国が問題なのはたかだか維新以降の歴史しかないのに恰も
日本の歴史を背負っているが如き傲慢さ横柄さだ。

単なる新興宗教だ。


113 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:00:22 ID:tPtwWQWu
>>105

> 中国・韓国との外交をスムーズにするかしないかは、国益に大きな影響がありますよ。
> 実際、小泉政権のせいで悪くなった対中関係で、非常に困った企業は相当な数でしょうね。

賢い企業はとっくに中国から軸足を移してます。
国内回帰も始まって、国内投資が増えてきてます。おかげで景気は上向いてますよ。

中国経済の破綻はまもなく来ます。
これは確実です。中国のニュースを毎日ウォッチしてれば判ります。

日本企業がそれに気がついて、中国経済崩壊に巻き込まれないよう撤退するように
首相が仕向けているとすれば合点がいきます。

114 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:10:04 ID:uS6q00q0
日本の右翼団体、車で大阪の中国総領事館に激突
ttp://www.people.ne.jp/2004/04/23/jp20040423_38821.html

マスコミが言えない韓国の話
ttp://brain.exblog.jp/1159945

捏造される日本の報道
ttp://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara10_11.shtml

「イラク戦争」を機に国際連帯活動を本格化させた過激派
ttp://www.moj.go.jp/PRESS/031224-1/031224-1-5.html

中国政府、輸入オンラインゲームの検閲を強化
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040609202.html

新たに5人を投獄、ネット上の発言を抑圧する中国当局
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040225207.html

政府の検閲を問題にしない中国のネットユーザーたち
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20030704205.html

米議会委員会の警告:中国のサイバー版「万里の長城」があと一歩で万全に
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20021111205.html

115 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:21:33 ID:5gcNC6sb
>>112
台湾マフィアっぽい細木さんのやり方と、日本が確実に違うのは
 
中国の場合は、清の皇帝をおいたまま日本の明治維新をやろうとして失敗
日本の場合は、たまたま幕府だったので皇帝を再度上げる名目で全部刷新し成功した
 
その中でのっぴきならない混乱で死んだ人たち、実際に維新で景気がよくなったか?
正確な数字はわからないけど、庶民のあくまで庶民の生活では江戸時代の方が明治より
よかったらしい、なぜなら軍部ができたから、そんなみんなを弔う施設としてあれが
できたと自分は認識してる
 
だから、中国からすれば靖国が憎くて堪らないとは判る
でも”東京村”じゃなくて”日本”の墓地かと言うと自分も疑問な気がする

116 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:51:09 ID:rasUMRbF
>> 90, 103

あなたのおっしゃるとおり、私たちはフィクションの中で生きているわけで、まあ、その意味を分からない人には分からないということになりましょうか。
>>96さんのような方には、歴史がフィクションであること、私たち一人一人の人生そのものがフィクションであり、ある意味でそれを昇華した形として、宗教
というフィクションがあるということを理解することは、到底不可能で受け入れがたい現実なのかもしれません。
あえて、>>96さんのために、敷衍すれば、お節介かもしれませんが、フィクションとは、例えばこういう意味においてです。
東大の印哲を出たお坊さんが、田舎のお寺で念仏仏教の寺をついでいるとしますね。
毎朝の読教から一日が始まり、多くのおつとめをして、しばしば檀家の人たちを相手に説法をしている。
彼は他の宗派や、他の宗教や哲学全般への造詣も深く、しばしば説法の中に、英語やドイツ語が入ってきたりします。
檀家の人々の多くは純粋な信者ですが、中には「本当にこの僧侶は、この宗派の念仏仏教を信じているのかしら」と訝しがるインテリもいたりします。
しかし、その僧侶も、またインテリの檀家も、宗教がある種のフィクションであることを理解しており、それ故に、何事もなく、穏やかな両者の関係が
成り立っている。
まあ、うまく言えませんが、例えばフィクションとはこういうものです。


117 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 01:52:09 ID:rasUMRbF
人は自分の目でしか、世界を見ることは出来ません。
同じものを見ても、受け取り方は十人十色でしょうし、果たして同じものを見ているという証明すら、実はきわめて困難であることは、アインシュタインの
同時性のにおける相対性を理解するよりは遙かに容易なことでしょう。
つまり、あなたの現実は私にはフィクションかもしれません。
私の現実があなたにとってフィクションであるようにです。
そして私にとってのフィクションがあなたの現実であったり、あなたのフィクションが私の現実になったりもするわけです。
人は、社会システムの中にも、人間関係の中にも、様々なフィクションを構築し、その中で生きているといえば、少しはニュアンスが伝わるでしょうか。
さて、>>93さんへのお奨め本ですが、どれをお薦めしたらよいのか私には分かりません。
私は本を読むのが仕事のような生活をしておりますので、かえって迷ってしまうのかもしれませんが、読まれるのでしたら、やはり哲学関連の本を読まれては如何
でしょうか。
もっとも、あなたには釈迦に説法かもしれません。




118 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:00:37 ID:kS3eQVqS
ハクション!

119 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:03:57 ID:uS6q00q0
USTR 中国を優先監視国に
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050501-00000011-san-bus_all

米通商代表部 中国を優先監視国に
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050430-00000026-san-bus_all

中国をWTO提訴も
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050430-00000030-kyodo-bus_all

日系企業 コピー商品の権利侵害で莫大な損害を被る
ttp://www.jckc.com/topics/K2.htm

120 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:45:10 ID:5gcNC6sb
>>118
あなたには、肺に素が入ってますか?

121 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:45:33 ID:5gcNC6sb
ちなみに、俺は酢が入ってるようです


122 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:56:36 ID:+rWrbE18
>>115
>庶民のあくまで庶民の生活では江戸時代の方が明治より
>よかったらしい、なぜなら軍部ができたから

戦争文化というものを見てみると、国によって戦争のあり方に違いがある。

たとえば、日本において「城」というと、その国の真ん中に建立されていて
、「国を滅ぼす」とは「その城を落とす」事を意味する。で、城下町に住む
庶民には無関係。

これが他の国では、「城」といえば、その地域全体の事を指し、戦争となれ
ば軍人、住民すべて殲滅される。

そこらへんの機微を考慮に入れた上で、日本の近代を振り返ってみては?



123 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 02:58:36 ID:tUQJOJy6
韓国の国定教科書では「我が民族は外国を一度も侵略した事が無い、
平和を愛する民族である」と書かれていますが、ところがこの話しは大嘘なのです!
彼らは日本に9世紀から侵略をしていて、その後に現れた倭冠の発生原因を
作ったのでした。
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/genko/genko.htm


124 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:14:29 ID:+rWrbE18
>>123

バカじゃねえの?
そんな重箱の隅をつっつくような主張でしか、自分の国の正当性をはかれ
ないのか?
こんなカスが、おれと同じ国の人間だとは思いたくねえなぁ・・・。

戦国時代、いくさは農民達にとっては、花見見物のようなもので、高台に
あがっておにぎり食いながら観戦していたそうだ。
結局、民主主義になってから、国民主権になったおかげで、こういう政治
慣れしていない低質なカスがわんさか沸いてきているのが、日本の現状と
いうことだねw


125 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:20:56 ID:kxdpNibc
>>124
何を言いたいのか、意味不明だぞカスw

126 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:22:03 ID:+rWrbE18
>>53

世論の中身なんて、しょせんこんなカスの集まりよ→>>123



127 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:25:20 ID:iFoDZJ0F
>戦国時代、いくさは農民達にとっては、花見見物のようなもので、高台に
 あがっておにぎり食いながら観戦していたそうだ。

本当か?どこで聞いた?

128 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:29:12 ID:kxdpNibc
>>127
デタラメに決まってるだろw

129 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:31:57 ID:+rWrbE18
>>123

今の中国の人たちは、政府の無理示威で、反日になるように教育されて
かわいそうだなぁと思っていたが、日本には、特に教育したわけでも
ねえのに、こっんなクソみてえな低脳ナショナリズムを振りまくカスが
わんさか沸いている。
世も末だなw


130 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:34:01 ID:kxdpNibc
>>129
半島へ帰れw


131 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:39:05 ID:+rWrbE18
>>130

低脳ナショナリストによると、「中国韓国批判論を肯定しないヤツは、
売国奴か、中国人韓国人」だそうだw

「中国韓国批判を肯定しない者は日本人にあらず」だそうだ。
カスだろwww

おいおい、こんなクソみてえな調子で歴史認識だの何だのがちゃんと進行
するんかいや?
こういう奴に選挙権があると思うと、ゾッとするね。


132 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:43:21 ID:5gcNC6sb
酒の無理じいは肺で酢に成るから止めてくれ

133 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:44:31 ID:kxdpNibc
>>131
中国に亡命しろよw
民主主義に耐えられないんだろ


134 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:46:59 ID:iFoDZJ0F
>>131

歴史認識とやかく言う前に、消防の社会科レベルの日本史ぐらい知っとけ!

【足軽】
戦国大名は農民を徴発して足軽の組織化をはかった

あと、刀狩ぐらいは自分で調べろ!

なにがおにぎりだ、花見見物だW。



135 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 03:53:17 ID:+rWrbE18
>>130 >>133
>半島へ帰れw

↑こういうカスみてえな物言いが現代日本人にあるというのが怖いわ。
こんなカスがわんさかいるというのは、やっぱり異常な状況だよな、
今の日本ってのは。
>>123←こういうのが「歴史認識」だとでも思ってるんだろうか?
カスすぎるけど、こいつら低脳ナショナリストたちにとっては、これで
じゅうぶん歴史を認識してるつもりなんだろう。
いやいや、異常だぜ、怖いぜ、今の日本にこんなカスがうじゃうじゃいる
ってのは。こういうクソみてえなレスをして、「おれは日本を愛してるぜ」
的な満足感を得ているんだろうか・・・。
この異常なまでの低質さは、いわば感性や思考力の劣化という、現代日本
なりの病気なのかもしれない。


136 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 04:03:08 ID:kxdpNibc
>>135
おまえが、上質な感性や思考力を持ち合わせてるのかい?

笑わせるなw


137 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 04:10:33 ID:+rWrbE18
>>130
>半島へ帰れw

>>133
>中国に亡命しろよw

>>123も含め、だいたいこういうカスみてえなものの言い方ってのは、
韓国、中国の反日運動と同レベルで、

「他者を強烈に誹謗する事によって、自己の安定を得る」

・・・という、ゲロのような低脳心理を意味している。

つまり、共通の敵を作り出す事によって、国内の連帯感につなげるわけだ。
で、それ以上の内的、本質的考察にフタをして、見ようとしないとw

子供の頃からそういう教育が敷かれている国ならともかく、そんなカスのよ
うな理屈が日本で通用するかよ、タコが。

ようするに、日本の戦後教育においては、国レベルでの連帯というものを
まったくおざなりにしていたために、連帯感というものに飢えている人間が
多い。そういう人間たちが、中国や韓国の政策を非難する者同士で手を組み
合って、クソのような低脳ナショナリズムの連帯空間を形作っているわけだ。

いやいや・・・カスすぎるよ。

よくもまあ、そんな低〜〜〜いレベルで連帯感を得て、満足できるもんだな?
信じられん。おそらく「自分の主張はレベルが低い」という事にすら気付い
ていないんだろう?ちょっと信じられないくらいの鈍感だよな、おまえら。

138 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 04:23:50 ID:+rWrbE18
>>136

もし、今の中国や韓国が、不況の日本に見切りをつけて、政策転換したら
どうなるか。靖国批判などから手を引いて、独自の政策に転換したらどう
なるか?

おまえらみたいな、低脳ナショナリストだけが、日本国内で宙ぶらりんに
残るんだよw

で、>>123みたいなカス主張をし続ける。向こう様は知らん顔。
これって不燃物よりタチが悪いぜ。
無駄です無駄。


139 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 04:43:13 ID:Sx6hWflI
>>97
そんなこともないな。
沖縄人は日本人かどうかわからんがとりあえず日本国籍だが、
天皇を尊敬していない割合は高いと思うよ。
もともと沖縄には神道なぞない。もともと仏教国で王国だ。国家神道は当初は廃仏毀釈までしたわけだ。
神道がベースになっている天皇制が根付いているとは思えない。ましてや国家神道はな。

その沖縄に国防をおしつけといて国防のために天皇への忠魂ってのもおかしな話しだな。
なんで神道の歴史の希薄な(つーか神道の伝統なんかない)土地に国防を押し付けて、
手前は米軍の少ない本土で奇麗事言ってやがるんだ?府県で言えば戦死の多くの死者も沖縄からだろ。
ならば米軍基地のシェア−ぐらいしてやれ。
現状をかんがえると靖国の国防思想は実に偽善的な国防論だな。
ここいらは薩摩の思想がミエミエなんだよな。

東京の靖国神社の隣に米軍基地建設を希望する。
戦艦三笠の近隣に、防衛大学の近隣に、巨大な横須賀米軍基地があることを思い知れ。

恵まれた高見から綺麗事抜かしたところで何の説得力もないね。
靖国は敗戦責任者を祭るのならそれくらいの覚悟はしろ。


140 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 04:59:51 ID:Sx6hWflI
>>116
呑気な風見鶏だなww暇人なら誰でも言える社会心理的考察だなww
そのフィクションが戦争も虐殺も起こし得ると言うのが人類の歴史だ。
物事の一面しか見ようとはしないポン助太郎だなw

因みに原理主義的なイスラム復古主義と言うフィクションは日本の極左赤軍
が教えた自爆テロの原動力だ。外国では時としてこれをカミカゼテロと言う。
日本人は追い詰められると左も右も似るようだな。

さて、イスラームは平和、共同体、従属等を示す言葉だが、その本質は「秩序」だ。
イスラームが破壊を生み出す、皮肉なものだな。
人類史は皮肉に満ち満ちているぞ。


141 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 05:19:59 ID:+rWrbE18
>>139

これはこれでまた、いかにも現代日本人らしい、想像性の欠如した単細胞
なカス意見だな。靖国が建立された時期と、沖縄決戦があった時期、どち
らが前でどちらが後ろなのかをまったく無視した、いわゆる「後世の人間
の横暴」に身を任せているだけの意見だ。

つまり、靖国(東京招魂社)が建立された時点だけで、その正当性を論じ
る場合、おまえの主張は無である。
(しいて言えばこれだけ→「薩摩の思想がミエミエなんだよな」)
ということは、おまえがもし靖国建立時期に生きていた日本人のひとりだっ
たとすれば、その正当性に何の見解も持っていないわけだから、
「ああ、新しい神社ができたのか、薩摩のミエミエの思想かな」ぐらいの感
想しか持っていなかった、ということになるなw

つまり、いくら偉そうなことを言っても、おまえの思考能力はその程度のも
のなんだよ。
後世の人間だから偉そうになんでも言えるわけ。結果をすべて知った後の、
後世の人間の横暴論でしかないの、それは。

これもまた、現代日本人らしい、時間的観念の欠如、そしてそういう自らの
想像力が狭小であることに気付く事もできぬままに、偉そうに過去を批判す
るという下品さが現れているな。

結局、靖国を論じるにしても、本質から解き明かそうという胆力がない。
何かにつけると、「関連周辺事項」から、相対的な論じ方しかできない。
で、これまたいかにも現代カス日本人らしいのは、論じ方が感情むき出し
で、何かを批判、誹謗しないと持論を成立させる事ができない。
しかも、それで、自分の主張にご満悦になっている。
いつまで続くんだろうなぁ、こんな不毛な議論が。
こりゃ、解決しなくて当たり前だよ、解決しようという意志が元から現代
日本人に無いんだからw カスだな。

142 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 05:54:18 ID:+rWrbE18
結局は、現代日本人ってのは、なにか政治的主張をしようとすると、何らか
の敵を想定しないと持論を成立させられない。
で、その敵に対する怒りをバネにして、ああだこうだ言うのみ。

しかも現代日本人ごときが、そんな深い怒りなんか本当にあるのかよ・・・
想定した敵の相対で成立しただけの感情論で、よく安心できるね?
信じられないよ、その想像力の低さがよ。

これって、どこいらの反日デモと何の違いがあるの?w

あーあ、いつになったら、
「主体性の主体性による主体性のための新極東裁判」が実施できるんだろう
なぁ・・・。

143 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 06:05:28 ID:5gcNC6sb
アメリカが仮想敵を作って戦略立ててた手法が色濃く残ったまま
  
国内手法では、メリットとデメリットを列挙する手法はあんまり見かけない
僕がこの手法を知ったのはフォーディズムに触れたときだったが、アメリカ
っぽい手法で国内向けにはなかなか翻訳できない。



144 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 06:12:57 ID:z+1HZec3
>>143
>メリットとデメリットを列挙する手法はあんまり見かけない

それは君の勉強が足りないだけ。

145 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 06:27:58 ID:5gcNC6sb
>>144
仮にそうであったとしてもだ
2chで言われる内容の殆どはバランスを欠いてる

146 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 08:27:12 ID:VQEPclsd
最近の靖国議論でおかしいと思う点は、「靖国に替わる、無宗教の追悼施設」の話。
無宗教の追悼ってありえるかねぇ・・・。どっかの国にそんなものある?
儀式的なことすれば、必ず何らかの宗教色出るし、霊や魂の追悼って考え方してる限り
何らかの宗教だと思うんだけどね。

147 :さいころちゃん:2005/06/20(月) 08:48:25 ID:yB9V4P3d
>146

ついとう【追悼】
#名・ス他#死者の生前をしのび、その死を悲しむこと。
[株式会社岩波書店 岩波国語辞典第五版]

宗教とは関係有りませんが?

もう1万回くらいレスした。アフォは次々と湧いてくるんだな。゚(゚^▽^゚)゜。 ブヒャヒャヒャ

148 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 09:14:05 ID:Kc78FRGI
◆無宗教の参拝施設を「適切に判断・検討w」ってか?
最後には屈するしか能のない「半ツッパリ子鼠」だけの事はある。
常に最初だけ鼻息が荒いが、実はチキン・・・w

それと、紆余思想者ってBがほとんどだろ?
虐げられた反動で過剰に愛国者ぶって、天や下に誉められたいのかな?

149 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 09:16:49 ID:MkUmXwQt
なあ、靖国には遺灰なんて無いんだよな。
さっきチョンの議員が「遺灰を拝むのは(ry」って言ってたのを日本はスルーしてた。
靖国は神道だから遺灰を拝む週間なんてなかったような気がするんだけど。

150 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 09:29:02 ID:VQEPclsd
>>147
「追悼」って言葉の意味は分かったよ。
それがどうした?

実際どのような「追悼式」やるの?
何の宗教の影響も受けてない「追悼式」が想像できません。
「生前を偲ぶ」って行為だって宗教によりけりだと思うんだけどね。

151 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 10:38:54 ID:TKJHNawq
日本人の戦中行為(主に中国・朝鮮半島)はいまだに批判されている。確かに認めるけど、
これが逆の立場だったら、もっとひどいんじゃないの?特に中国人は今しか考えないから
虐殺、レイプはあたりまえ、人肉食の習慣があるので日本人なんか食われまくってるよ。
どっちが怖い?


152 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 10:49:43 ID:oAN2Be9d
靖国に息子が祀られてありがたい、感謝する、お国のために亡くなって
ほんとうに嬉しい、っていう老婆のコメントを読んだことがあるけど。

洗脳されるってほんとうに怖いことだな。

153 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:00:04 ID:M6gcjwQs
>>134
事実らしいぞ。
農民が戦観戦するのは、落ち武者狩りをして戦利品を手に入れるためと、
巻き込まれて被害に遭うのを防ぐためもある。

見方によれば遠足や花見気分の観戦にも見えるだろう。

154 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:09:01 ID:M6gcjwQs
>>152
なんかものの見方が傲慢で不遜な感じがする。
人を上から見下したような感性は親の教育が悪かったのか、本人の性格が悪いのか知らないが不快に感じる。

亡くなった方への配慮や息子を亡くして悲しんでいる人への思いやりが微塵も感じないコメントだ。



155 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:25:19 ID:TKJHNawq
>>154 あんたの意見もわかるけど、本当の気持ちを話せないなんて異常だろ。
我が子が死んで悲しいのが本音だよ。そう言わざるを得ない状況に問題があるんだよ。
あんたがマインドコントロールされてんだよ。

156 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:28:26 ID:Kc78FRGI
靖国信者・・・・・・この施設に魂が宿ってる。
イワシの頭信者・・・この頭にも魂が宿ってる。

この程度の論拠でしょうな?所詮。

157 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:32:21 ID:JHxZ/bDx
<世論調査>靖国参拝 「反対」50%、「賛成」41%

 毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施。小泉首相が今後も
靖国神社参拝を続けることへの賛否を聞いたところ、「反対」が50%で「
賛成」を9ポイント上回った。参拝に伴う日中関係悪化にどう対応すべきか
との設問では30%が中国の理解を求めるべきだと答えたのに対し、国立追
悼施設建設を求める回答が29%。
(毎日新聞) - 6月19日21時22分更

158 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:32:24 ID:kMEuBkYR
信者信者信者。なんでも信者だな。www

159 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:40:29 ID:TKJHNawq
靖国神社の神は戦没者。もちろん戦犯とされた人も神様です。
東京裁判を否定し、大東亜戦争を肯定しています。
もともと軍の運営だから当然ネ。
当時の政策は完全に間違いだと思う。でも逆にやられてかも?
と考えると考えてしまう。
みんなどうよ?

160 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:50:10 ID:TKJHNawq
靖国で海外ともめるのはナンセンス。靖国に行かなくても戦後処理問題は
出てくるよ。靖国なくても反日は変わらない。
日本の貢献度をアピールした方がいいのでは?


161 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:54:06 ID:MkUmXwQt
A級戦犯の中には懲役刑で済んだうえに職復帰した椰子もいるんだぞ?
東京裁判みたいな事後法裁判で処刑され、死後あんな扱いをされるんだから酷いよな。

そもそも「戦争の永久追放」を純粋に願えないのか。

靖国神社はこの後も永遠に無くしてはいけないと思う。ただし、支那がわめきだすのを判って公式に参拝するDQN総理もいかがなものか…

162 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:55:21 ID:ERMr6WLT
明治以来の戦利品をみんなとりあげられた上に、
全国焦土と化したんだから、
神様どころか、悪人っていってもいいね。

163 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:58:25 ID:ERMr6WLT
間抜けな指導者に、ろくろく批判もしないで
負け戦にかり出された上に、殺されました。
間抜けですな。

164 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 11:59:40 ID:M6gcjwQs
>>155
職業軍人の親なら殉職したことを恨むことは少ないと思うよ。
死亡したことは悲しいが、立派に働いたことを誇る気持ちは当然だろう。
そうした気持ちを汚すことは人としてイヤだ。

165 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:01:56 ID:ERMr6WLT
惨敗したってのは、立派に働いたことになるのか?
結局沢山、死んでしまったので立派ということにしとかないと
おさまりがつかないだけで、実際はぼろ負けじゃないの。

166 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:20:50 ID:T1Dr/QTV
>支那がわめきだすのを判って公式に参拝するDQN総理もいかがなものか…

支那が靖国をカードとして使うなら参拝するほうが高く売れるという計算は
働いているだろう。常任理事国入りや尖閣、と取引できるカードにまで高くなってきた
これは小泉の功績だろう




167 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:47:10 ID:Gl9+amfc
>>164
職業軍人といっても、当時は国民皆兵で赤紙が来ればだれでも兵隊だろ。
それに、戦争で死んだことが悲しいととらえるのではなく、お国のために
なくなったことを「嬉しい」と喜ぶ遺族というのは、俺には理解しがたい。

そうでも思いこまなければやってられないのだろうが。

168 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:58:08 ID:p+exTppu
>>150
黙祷なんかは宗教色のない追悼行為だとおもうけど。

169 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:59:43 ID:p+exTppu
>>167
こういった価値観を持っている世代がまだ生きているのだろう。
これらの人が小泉に靖国参拝をたのんでいたんだろう?

170 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 13:15:34 ID:ERMr6WLT
>167
そう思わせるのが靖国神社の仕事だったんだもの。
でないと、効率的に兵隊を調達できんからね。
まあ、結局それが兵隊の使い捨てにつながったんだろ、
無駄に殺しても靖国にほうりこんどけばいいわけだからさ。
気楽なもんさ。

171 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 14:31:46 ID:p8f+GHLb
>>168
そうですよね。黙祷は特定の宗教の行為ではないですよね。
(たぶん…違ってたら教えてください。)
でも極端な話だけど、黙祷だけしてはい終了〜って追悼式もありえないでしょ?
それに、追悼って気持ちは何らかの宗教感が働いてるのが自然でしょ?
辞書になんて載ってるかは別として。
形だけ無宗教にするのってすごく不自然に感じます。

実際の式典の内容だけの話じゃなくて、
日本人は、神仏入り交じった宗教習慣や文化に馴れ親しんで育ってきた人が多いわけで、
手も合わせられない追悼ってのもねぇ…なんだかね〜。


172 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:07:51 ID:tPtwWQWu
>>167
> >>164
> 職業軍人といっても、当時は国民皆兵で赤紙が来ればだれでも兵隊だろ。

国民皆兵ではありません。国民皆兵だと老若男女を問いません。
徴兵されたのは、成年男子のみです。(例外は学徒動員)

何故成年男子のみかと云うと、参政権が成人男子にしか認められていなかったからです。

173 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:15:28 ID:ERMr6WLT
>172
国家総動員なら似たようなもんじゃん。
国家総動員ってことで、学徒兵だしたんだろ。


174 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:15:50 ID:nxMp3UUy
>>171
>でも極端な話だけど、黙祷だけしてはい終了〜って追悼式もありえないでしょ?
ほかにはどんな事すればいいのかな?
平和への願いの文章読むとかかな?

>それに、追悼って気持ちは何らかの宗教感が働いてるのが自然でしょ?
俺は友人や親戚の葬式に行くけど
特定の宗教観はないような気がするな。
もちろんお経聞いたりするけど、別に極楽がどうとか考えないし・・・
そこでどんな宗教的な行事をやっていても別に気にならないけど。

>手も合わせられない追悼ってのもねぇ…なんだかね〜。
へー、手を合わせることも禁止されるんだ。

175 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:17:45 ID:ERMr6WLT
>171
平和の礎に宗教なんかないだろ。
自分の宗教でどうしてもやりたいひとは、それぞれでやればいいんじゃない?
そんなに手をあわせたいかね。それこそ形だけだな。

176 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:35:07 ID:M6gcjwQs
>>165
犯罪者と戦う警官が殉職しても、その行動は立派に働いたことになる。
サリンで死亡した地下鉄職員などは乗客をすべて救えなかったし、犯人も逮捕していないが立派に働いたと思うよ。
亡くなった人のおかげで死なずにすんだ人間もいる、玉よけになることで死んだ兵士もいるがそれを馬鹿にすることがよいことか?

そうした兵士がいたからこそ助かった民間人もいる。立派な兵士もたくさんいる。
そうした兵士を英霊として奉り、追悼のために参拝するのは、馬鹿にすべきおろかな行為とはいえないと思う。


177 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:38:43 ID:ERMr6WLT
英霊?まぬけな戦争にひょこひょこついってった間抜けな人か?
警官が殉職しても、国土が無くなったり焦土になったりはせんよ。
あんたみたいのが、兵隊の使い捨てをやるんだろうね。
あとで、靖国にほうりこんであげるから死んでこいよ。ってな。

178 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:41:34 ID:ERMr6WLT
いいよなあ、英霊ってさ。
英霊あつかいにしとけば、英霊にしちまった連中も
責めないですむどころか、そういう連中も英霊にできちまうもんな。
こんな、都合のいい言葉ってないわ。ははは。

179 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:44:14 ID:M6gcjwQs
>>167
職業軍人と徴兵された者の意識が違うことぐらい想像できるだろう。

家族が死んだことは嬉しいことじゃない、悲しいことだ。
ただ、その死が暴走族の抗争のようなくだらない死に方でないことを喜んでいるのだろう。

あんたの親父が婦女暴行しようとして逆に殺されたのと、車にひかれそうな子供を助けて死んだのでは悲しみも違うとおもうよ。

180 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:45:58 ID:8ZUIKOe2
>>176
中国の警察官が強盗犯と戦って殉職したらリッパだが、
中国の警察官が天安門弾圧のために殉職してもリッパじゃないと思う。

命令で止む無くだから可哀相とは思うが。
もし天安門犠牲者を蔑ろにして警察官だけ英霊として祀ったらどうだろう?

181 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:46:33 ID:ERMr6WLT
それから、真面目に言っておくと
殉職した警官や、地下鉄職員と、他の国を攻めに行った兵隊と
いっしょにすんなよ。

182 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:47:40 ID:tPtwWQWu
>>173
全然違います。
国家総動員法は、国家全体の生産活動等を戦時体制する為の法です。

学徒兵は徴兵年齢に達していた者で、徴兵を免除されていた学生に対するものです。
学校を卒業すれば徴兵される者達です。

183 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:47:50 ID:FA+GOh1v
>>177>>178
じゃあおまえらはあの時どうすべきだったと思うの?日中戦争がなければ中国が各国に占領され、資源のない日本は戦えもせずに欧米の言うことを聞かなければならないんだよ?

184 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:48:55 ID:ERMr6WLT
>179
どっちかっていうと、婦女暴行に近いなあ。
国内で戦争やってたわけじゃないしね。
自衛戦争を国外でやってましたなんてのはお笑いだね。
まあ、結局国内もやけこげちまったけどな。

185 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:50:10 ID:jzzylfUH
>>167
個と公の違い。

>>170
順番が逆。
国の為に亡くなった方がいたから靖国神社(東京招魂社)を作ったの。



186 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:51:16 ID:ERMr6WLT
>182
どっちみち例外があるんなら同じだろw。
竹やりで戦えとかいうまえに終わっただけじゃないの。

187 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:52:29 ID:FA+GOh1v
>>181
それ本気で言ってるの?ハルノートを知らないの?
資源のない日本が輸入差し止めにされたんだよ?

188 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:53:17 ID:M6gcjwQs
>>168
宗教の始まりなんて、そんなモノが大きくなって出来上がるモノだ。
集団で黙祷するのはなんのため? 儀式の始まりだろう。 神道など教典などよりも儀式や形式に意味を持たせる思想だ。

死んだ人間には通じないことを、集団で集まって式典をやる意味があるのか?
合理的解釈で追悼式典の存在理由が説明できるのか?

189 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:54:54 ID:BIo4zPRC
>>154
あほだな。兵士の本音なんぞ家族への手紙(検閲はあったのかな?)
でもわかる。天皇陛下なんて言葉が出ていてもそれ以上に行間に家族への心配や
愛着で満ち満ちている。

故郷や家族のために死んだんだよ。天皇や国家のためになんか死んどらん。
馬鹿ほど上辺しか見ないな。義務従わねば家族が村八分かその村落が
お上から差別を受ける。現代でさえ中央官僚に反抗すれば地方なんぞは容易に干上がる。
>>164
それも故郷や家族への栄達のため。家制度の時代だ。
個人なんて単位で動いていた時代でもない。
選挙権も偏り、身分があった時代だよ。
そして殆どは農村だった時代だ。

極論すると個人の判断なんぞできなかった時代だ。
日本人は何百年或いは何千年もの間「国」と言う単位で生きてきた。
国家なんて近代的な即席概念のために死ぬ馬鹿はいない。

軍医森鴎外の墓碑なんぞも正しくその正直な心情の典型だよ。



190 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:56:24 ID:FA+GOh1v
>>188
じゃあおまえは葬式も地鎮祭も結婚式もしないんだな?
結婚式の人前式以外は全部宗教がからむぞ

191 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 15:59:23 ID:M6gcjwQs
>>177-178
自国の兵隊を侮辱したいのか?
立派に戦った兵士を称えることは生き残った者が感謝して行うべき行為だ。

立派に戦った兵士を侮辱することに快感を感じるその神経が恐ろしいよ。

192 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:00:55 ID:BIo4zPRC
>>185
違う。国がまだできるまえに長州藩の招魂社が靖国の起源だ。
だから陸軍が管理した。
>>183
逆だ。日清戦争が寧ろ中国分割を加速した。


193 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:06:04 ID:ERMr6WLT
>185
仕事だったって言ってるのよ。
まあ、どっちでも同じだろ。
国民つかいすてシステムの最終施設だな。

>187
本気も本気よ。
アメリカさんが、僕の好きなことをやらせてくれないだあ!
なんて、あほやろ。
で、外交もしないで、勝てない相手に戦争しました?
そんでぼろ負けしましたってのは、間抜けもいいとこだろ。

しかし、英霊になりたいのがいっぱいでてきたなあ。

194 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:08:46 ID:M6gcjwQs
>>181
日本本土を守るために散っていった兵士もたくさん奉られている。

B29に体当たりした飛行機だってある。満州でソビエトの侵攻に邦人を逃がすために全滅した部隊もある。
日本人を守るために死んだ多くの兵隊が靖国に奉られている。

まさかそのような兵士を奉ることも馬鹿な兵士が無駄死にをしたとあざ笑うつもりなのか?


195 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:10:12 ID:tPtwWQWu
>>186
例外の意味がわかっているのかな?
学徒動員は、学生の兵役免除に対する例外。


196 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:12:41 ID:ERMr6WLT
>194
戦局が悪化して、戦線が下がって来ただけじゃん。
なんなら、そういう連中だけ靖国に放りこんどいても
いいんじゃないの?
今なんか、戦後に処刑されたのも入ってるくらいだからさ、
そういうのみんな出しちゃってさ。

197 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:20:40 ID:6iqtUuX8 ?#
>>196
その通り。
だから必ずしも靖国参拝する必要はない。
しかし参拝したい人間は勝手に行けばよい。

198 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:21:24 ID:ERMr6WLT
>195
わかってるよ。この場合は
「何に対しての例外かって」話だろ。
そんなもの戦況が悪化したので、そんな例外もいってられなくなって
動員しまったってのは、国家総動員もかわらんでしょう。
竹やり持たせて訓練してるのはギャグだとしてもさ。

199 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:23:33 ID:M6gcjwQs
>>190
はあ?
俺は無宗教の追悼施設なんてものを否定するだけだよ。
埋葬も追悼式典も立派な宗教活動だという見解。黙祷だって宗教的意味のある行動だ。

既成の宗教団体の活動だけが宗教活動という解釈は、宗教を勝手に狭い範疇に押し込めた、独自の宗教観の押しつけにすぎない。
一人一教祖というカルト解釈だって可能なのだ。

200 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:32:21 ID:ERMr6WLT
>199
独自見解でいいんじゃない?
黙祷すら宗教だと思うならさ。何教になるやらシランがね。
しかし、実際に平和の礎が成立してんだから
無宗教の追悼施設の設立が出来ない理由はないな。

まあ、無宗教という宗教だと思ったら?

201 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:34:11 ID:jzzylfUH
>>192
長州の招魂社はいつできたのだ?
長州の為に亡くなった方がいたからできたのだろ?

>>193
どっちらでも同じではない。

202 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:38:50 ID:M6gcjwQs
>>196
>なんなら、そういう連中だけ靖国に放りこんどいても
いいんじゃないの?

一貫性のない答えだね。w
功績があれば奉って、へたれで臆病で隠れていたのに死んだ兵士は奉るなというの?
運悪く活躍できなかった兵士は死んでも奉るなというの?
戦場に向かったのなら皆戦友じゃないのか?死んだこと=がんばったことで一緒に奉ってよいのではないのか?

203 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:40:14 ID:6ZSHdFXG
なぜ日本は戦争に踏み切ったか
学校で教えたらいいのにな
無理か日教組があるかぎり

204 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:42:33 ID:BIo4zPRC
>>201
日本全体のためではないな。朝敵は合祀されず、藩閥の影響も残る。
九州の田舎侍の招魂社になんぞ他の地域の人間が忠義たてる必要は
ない。


205 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 16:48:18 ID:M6gcjwQs
>>200
自称「無宗教」を名乗る宗教集団にすぎない。
追悼施設は彼らにとっては神聖な場所であり、冒涜する事は許さないのだろう。
部外者からみればそこは宗教施設と同じモノだ。

靖国だって自称無宗教を名乗った前例がある。

206 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:05:05 ID:W3lwrLev
>>188
>集団で黙祷するのはなんのため? 儀式の始まりだろう。 神道など教典などよりも儀式や形式に意味を持たせる思想だ。
俺は黙祷をしたことはあるが別に形式に意味をもたせる思想だとはおもわかなかったがな。
葬式に黒い服を着ていくのと同じ感覚でやったにすぎんが。

>死んだ人間には通じないことを、集団で集まって式典をやる意味があるのか?
>合理的解釈で追悼式典の存在理由が説明できるのか?
生きている人間に対しては意味があると思っている。
葬式にしろ何にしろ死んだ人間に対してよりも生きている人間に対する行為だと思うけどな。

207 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:08:04 ID:W3lwrLev
>>199
人間がする行為すべてが宗教的行為になってしまう。

208 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:10:20 ID:W3lwrLev
>>205
違う。イスラム教徒もキリスト教徒も神道もみんなが神聖と思えることが重要。

209 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:10:52 ID:MVEmzoGt
小泉は靖国を優先して領土問題は一歩引く姿勢だな。

210 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:13:27 ID:FA+GOh1v
>>193
外交努力をしてないわけないだろ
だいたい、そんなに日本の過去がいやなら日本人をやめたら?

211 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:15:42 ID:6iqtUuX8 ?#
硫黄島の追悼式典への公式参加は問題としないの?

212 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:33:52 ID:8ZUIKOe2
たとえば沖縄戦を考えると、戦死者はむちゃな命令に従わされた側面が大きい。
また、自衛のためには投降するのが一番だったのに、投降しようとする者は
日本兵に殺され、捕虜になる前に自決することを教え込まれた。

国のためだと騙されて無駄死にした彼らを、護国防衛のために散った英霊だと
おだて奉るのが、靖国神社。

遺族はやがて、表に出せない悲しみを抱え切れずに靖国の嘘を本気で信じだす。
この嘘は第三者にも伝播してひとつの捏造史観を形成する。

こうして、本当なら、戦時に国民が国体維持のための捨石にされる危険や
戦争の悲惨さについて考える貴重な題材になるはずだった史実が歪められ、

代わりに、「自己判断なく国に忠誠を誓う美徳」「国のために命を投げ出す
美徳」が国民に刷り込まれる。

213 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:53:33 ID:+mKqNxiO
>>204
何の話をしているのだ?
長州の為に亡くなった方がいたから長州招魂社を作った。
国の為に亡くなった方がいたから靖国神社(東京招魂社)を作った。
長州招魂社=東京招魂社ではないだろ。

214 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 17:58:57 ID:QskgbwXI
>>212
沖縄ではかなり無茶な戦いもあったようですね。
国の為にと騙されて無駄死にしたと申されますが、
国とはつまり、自分達の共同体ですから、
自分を守る事と普通にリンクしていたのではないでしょうか



215 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:10:50 ID:8ZUIKOe2
>>214
神風特攻でも同じ。負け戦を長引かせるための無駄死にだった。
国民は投降すれば生きながらえる(可能性が大きい)。
戦争指導者はほぼ間違いなく処刑される。この差が多くの悲劇を生んだ。

悲劇を英雄譚に摩り替える装置が靖国神社だと思う。

216 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:21:37 ID:8ZUIKOe2
もっと言えば、「国に殺された」を「国に命を捧げた」に摩り替える装置が靖国。

217 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:24:50 ID:9bCAyGjV
って事で、俺は
中国の アメリカのアラモ砦の歴史認識 に対する一考察を
絶対に聞きたい もので或る

218 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:28:29 ID:tP1jg16y
>>215-216
しかし、どの国にもいわゆる戦没者用の墓地はあるのではないか?
アメリカの戦没者の墓地は英雄の墓地で
靖国はすり替え装置なのか?

219 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:29:11 ID:QskgbwXI
>>215
確かに軍の首脳部は無能な作戦ばかりをやっていたようですね
しかしそれも結果論であって、日本が負けたらどうなるか?
という事は誰一人分かってなかったわけですから、
無茶でも作戦を進めるしかなかったとは考えられませんでしょうか?

もちろん無能な作戦によって奪われた命は悲劇以外何者でもありませんし、
神風特攻の作戦的愚弄を肯定できる人はいないでしょう。
だからこそ英霊として未来永劫大事に奉る事が大切なのではと思うのですが
どうでしょうか?

220 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:29:57 ID:T1Dr/QTV
ここまできたら靖国問題を解決するには
歴代総理は靖国に参拝し続けるしかないだろう

221 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:30:50 ID:+mKqNxiO
>>216
>>185

222 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:31:09 ID:QskgbwXI
>>216
その「国」の定義が、自分と決してかけ離れたものとして
考えていなかったのではないでしょうか?

223 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:33:31 ID:MVEmzoGt
>>216
言い得て妙だな。
靖国には自ら率先して(でも大本営発表を信じ込まされてだけど)戦地へ行った人も
本当は行きたくなくても行かないと自分だけではなく家族も非国民にされるので仕方なく言った人も
そういう人達を戦地へ送って死に追いやった責任者も同じように祀られているんだからね。
そもそも陸海軍管理下の神社ってなんなんだろうな、むしろ軍の施設の中に神社があると言った方がいいのでは。
神社というから誤解を生じるのであって軍の施設だった所と言う方がむしろ合っているかな。


224 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:34:48 ID:8ZUIKOe2
>>218
米国墓地がイラク戦争の戦意高揚に果たす役割を考えると、
日本に軍人墓地は必要ないと思うね。

ちょっとゴハン食べてくる。

225 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:35:13 ID:MVEmzoGt
>>222
一心同体と言う事ね。
でも実体の無い国家と言う概念と心中する事ほど悲劇はないよな。

226 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:36:39 ID:9bCAyGjV
もう、夕日に向かって去っていくジョン・ウェインの背中に
靖国とでも書いておけ


227 :ロバート:2005/06/20(月) 18:37:21 ID:tP1jg16y
>>223
だから無宗教の追悼施設の設立が一番の解決策だと思うんだけどね。

228 :ロバート:2005/06/20(月) 18:39:25 ID:tP1jg16y
>>224
アメリカ以外の国でも軍人墓地はあるんじゃないの?

229 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:41:57 ID:QskgbwXI
>>225
すみません、その「実体の無い国家という概念」といのが分からないので、
少しご説明願えませんか?

230 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:45:19 ID:p8f+GHLb
新しい無宗教の追悼施設に賛成の人の言い分聞いても、反対の人の言い分聞いても、
「無宗教の追悼」ってありえないと思うんだけど。

「無宗教の追悼」ってのは、これだ!こうやれば良いんだ!
って意見あれば聞いてみたいですね。

231 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:46:18 ID:K8lsNRgN
>>229
むきにならない。
ことばをもてあそんでいるだけだよ。
実体のない国家という概念とやらに、さんざんお世話になっておきながらネ。
幸せな、極楽とんぼサンだね

232 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:47:08 ID:9bCAyGjV
>>230
911の犠牲者がいつも使ってた鉄道の駅に置かれた石版
 
刻まれた言葉は各自の”目”で確認する事

233 :ロバート:2005/06/20(月) 18:47:33 ID:tP1jg16y
>>230
原爆ドームみたいなのじゃだめか?

234 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:52:07 ID:+rWrbE18
>>230
>新しい無宗教の追悼施設に賛成の人の言い分聞いても、反対の人の言い分
>聞いても、「無宗教の追悼」ってありえないと思うんだけど。

どっちの言い分もカスだからだよ。

賛成→靖国は軍国主義の象徴だから。近隣諸国への配慮。
反対→靖国は日本古来のもの。近隣諸国へ屈服するわけにはいかない。

・・・結局さ、カス両者とも、「主体的に自分の意志」でなにかする
という発想がないのよ。カスだね。

235 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:53:47 ID:QskgbwXI
追悼記念碑
なら可能でしょうけど、
追悼施設
となるとやはり無理ではないでしょうか?
未来永劫、人心を掌握する施設は難しいと思います。
恐らく政治的産物の何者ではないかと・・・

236 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:56:48 ID:+rWrbE18
>>235

ほら、こういうカスみてえな意見しか出てこないだろ?
脳がゲロカスなんだよ。

根本的考察ができないカスしかいないのよ。
そのくせ、脳みそ空っぽのくせにいっちょまえに政治批判してるし・・・w

>恐らく政治的産物の何者ではないかと・・・


237 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 18:56:54 ID:9bCAyGjV
空海和尚は、四国に靖国を88箇所に分割し
それらを漫遊と言えば碁会が或るが、回る事で
観光資源と追悼とを両立させたらしい
 
あの和尚、ほとんど忍者みたいだから未だに実態がよく判らん

238 :ロバート:2005/06/20(月) 18:58:11 ID:tP1jg16y
>>235
記念碑なら可能で施設なら無理というのは何故?

239 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:01:20 ID:QskgbwXI
>>236
靖国に代わる追悼施設という考えは
中国の反発後に出た話ですから、
やはり政治的産物と考えるのが普通ではないでしょうか?

240 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:01:36 ID:+rWrbE18
>>238

質問すらカスだ。
表面的なことしか考察できない。
ゲロ脳だな。



241 :ロバート:2005/06/20(月) 19:04:36 ID:tP1jg16y
>>239
追悼施設の話は結構昔からされてたと思ったけど。

>>240
つられてあげようか?

242 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:05:56 ID:+rWrbE18
>>239
>靖国に代わる追悼施設という考えは
>中国の反発後に出た話ですから、
>やはり政治的産物と考えるのが普通ではないでしょうか?

カスはしゃべらなくていいよ。
「靖国に代わる追悼施設という考え」というものを対外的考察の所産でしかないと、
まったく主体的、国内的に考えることができないゲロカスはね。
追悼施設が中国の反発から出た案件でしかないなら、ちゃんとした国内的歴史認識
を表明して打ち消せばいいだけの話だろ?
そういう考察も持ってないだろ?おまえのようなカスは。
それで中国の反発から出た案件をああだこうだと論じてる。
カスなんだよ。歴史認識表明一発で済む話しだろ本来。


243 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:06:55 ID:QskgbwXI
>>238
追悼施設となると、無くなった方に思いを馳せる場所
だと思いますので、実際にそこの霊やら魂みたいなものを
感じないと難しいのだと思います。



244 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:10:12 ID:QskgbwXI
>>241
たしかに全く無かったわけではありませんが、
完全に左翼化した無宗教論者の話で、
ほとんど誰も相手にいていませんでした

245 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:10:45 ID:J4r55EgQ
靖国神社は分祀しても魂そのものは靖国に残るから、中・韓の要求には答えられない
という立場のようだ。ローソクから次のローソクに炎を移しても、元のローソクには
炎が残っているという考えだと、産経が説明していた。
でもね、いいじゃないか。これって便利だと思うよ。A級戦犯を、それぞれの出身県にある
護国神社に分祀し、中国韓国はそれで満足させ、実態は靖国に残っているんだからいいじゃないか。
今度は、正々堂々と8月15日に参拝し、不戦を誓えばいい。中韓は、分祀しても靖国に魂が残ることを
いくら説明しても、神道が分かっていない(というかっこうをしている)のだから理解できない。
なら、逆手にとって、分祀しましたよ(本当は残っている)って説明すれば、いまさら、どうも残っているらしい
なんて言えないでしょ
なんだ、簡単じゃないか。

246 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:11:18 ID:QskgbwXI
>>242
ではあなたの考えをお聞かせ下さい

247 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:11:24 ID:+rWrbE18
>>243
>追悼施設となると、無くなった方に思いを馳せる場所
>だと思いますので、実際にそこの霊やら魂みたいなものを
>感じないと難しいのだと思います。

まったくお話しにならんね、カスは。
じゃあ、総理大臣が毎年、寺と教会と神社に慰霊にいけば
問題解決するわけ?おい、カス?
まったく根本的、本質的考察がない。
表面的な問題をうだうだ論じるだけで、問題を解決する意志
すらないようなゲロカスがああだこうだしゃべる必要性が無い
んだよ。しゃべんなw


248 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:12:09 ID:+aGEA7a6
理論上、
戊辰戦争で戦った武士は、忠義で(給料貰っているから)主君(藩)のために戦ったのであって、
日本国のために戦った訳ではない。

東京招魂社をつくった大村益次郎は長州出身だが、もともと、
藩から給料もらっている藩士ではなく、ただの村の医者だ。

武士なんて時代遅れの役立たずを、百も承知の大村が
新政府のために戦い死んだ武士のために招魂社をつくった。

249 :ロバート:2005/06/20(月) 19:16:29 ID:tP1jg16y
>>243
海外にはそういった施設があると聞いているのですが?

250 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:17:35 ID:QskgbwXI
>>249
具体的にお願いいたします

251 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:20:01 ID:+rWrbE18
>>248

・・・で、何が言いてえんだ、このカスは?w
なにが「理論上」だよw

誰でも知ってることを偉そうに、理論上とかって説明しちゃうこのカスは
何なの?しかも説明ヘタだし。

レスするだけ無駄なことをなぜ書き込むんだろうか?
わからん・・・
もしかして歴史認識の根本的考察をしてるつもりなの???
うわぁ・・・だとしたらさらにカスすぎる。


252 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:21:57 ID:+rWrbE18
>>250
>具体的にお願いいたします

で、バカなレスに対して質問してるバカか、どーーーーしようもねえなあ
こりゃ。そんなことも知らずに今までこのスレでうだうだ言ってたわけ?
これじゃ話しが前に進むわけもなくて当然だわ。
いやぁ、まじ、カスだらけ。カスしかいない。


253 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:25:57 ID:p8f+GHLb
荒らしだか煽りだか分からないけど、それっぽいのはスルーで。

石碑とかモニュメントとかにで追悼式って出来ないと思います。
(個人的にお祈りを捧げたり黙祷したりは可能でしょうが。)
原爆ドームって例もありましたが、あれを見に来る方は多いですけど
あれに追悼に当たる行為(合掌等)をしてる方は少ないです。

僕は、特定の信仰を持ち合わせていませんが、
墓参りに行けば合掌しますし、葬式に行けば焼香します。
神社に行けば二礼二拍一礼です。
そういう行為そのものが、宗教的でしょう?
戦没者の慰霊に行けば、やはり手を合わせるだろうと思うんですよ。


254 :ロバート:2005/06/20(月) 19:38:55 ID:tP1jg16y
>>250
すいません。具体的には知りません。
何年か前の国会で菅の質問で
「先進国には全て無宗教の戦没慰霊施設があるのに
日本にはなぜないんだ」
と言っていたので
日本だけにないのかと思っていたのですが。

255 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:51:01 ID:QskgbwXI
>>254
菅さんが何を差して言っているのか分かりませんが、
「無宗教の追悼施設がある」という認識は間違いでしょう。

アーリントン墓地は特にキリスト教に限って埋葬しているわけではありません。
中には生長の家という新宗教のマークが入った墓もあります。
つまり、色んな宗教が混在した施設があると言いたかったのではないでしょうか?

神社という形式の奉り方は、日本では習俗として一般的ですから、、
ある意味無宗教に近い施設として捕らえることは出来ませんでしょうか?


256 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:51:15 ID:+rWrbE18
>>254
>すいません。具体的には知りません。

あのさw
ど〜〜〜〜〜考えても、バカにされて当然だろう?
ど〜〜〜〜〜考えても、カス呼ばわりされて妥当だよな?

煽りだとか叩きじゃないんだよ。
本当におまえらはカスなの。
そうとしか言いようがないのよ。
レスするだけ無駄なやつしかいない。

>>253
>石碑とかモニュメントとかにで追悼式って出来ないと思います。

こんな理屈をうだうだ言って、何になるんだろう?
このゲロカスはなぜこんな無意味なレスをするんだろうか?
自分のレスが無意味である事にすら気付いていないんだろうなw

石碑・モニュメントによる追悼式はじゅうぶんできるよw
アホすぎる。
レスする意味がない。
他人が読んで一銭の価値も無い。
たのむから、そのくらいはわかってよ、たのむよw


257 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:53:09 ID:3R2UjI9Y
明治初期、戊辰戦争は農民達にとっては、花見見物のようなもので、高台に
あがっておにぎり食いながら観戦していたのですか?


258 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:55:37 ID:9bCAyGjV
>>257
実際は、戦死者から追剥目的だったので或る

259 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:56:07 ID:8ZUIKOe2
>>223
>そもそも陸海軍管理下の神社ってなんなんだろうな、
>むしろ軍の施設の中に神社があると言った方がいいのでは。

結局、国による思想教育の一貫だったみたいだね。
宗教の皮を被ってはいるが、
本質は、軍事的な観点から見た戦争に勝つための国民教育。

>>219
>日本が負けたらどうなるか?
>という事は誰一人分かってなかったわけですから、

当時わかっていたのは、神風特攻隊やひめゆり部隊に待っているのは、
投降しない限りは、確実な死だったこと。彼らの死は全面降伏までの
時間をほんの少し延ばすためのものに過ぎなかったこと。

彼らは日本政府に殺されたと言うべきでしょう。

そもそもその前に日本政府は、侵略のためにアジアへ多くの兵士を
送り出し、不名誉な死を与えた。
彼らに必要なのは「英霊」などの偽りの称号じゃない。
一戦争犠牲者として日本政府からの真摯な謝罪が必要だと思う。
そうすることが、同じ過ちを日本政府が二度と繰り返さないことにつながる。

260 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:59:01 ID:9bCAyGjV
>>259
そのための解決策が金であり、日本遺族会への遺族年金であり、社会保険庁である
 
計算結果は、若者は我慢しろだっただけだ

261 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:59:55 ID:3R2UjI9Y
昭和初期、太平洋戦争は(アジアの)農民達にとっては、花見見物のようなもので、高台に
あがっておにぎり食いながら観戦していたのですか?


262 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:03:16 ID:9bCAyGjV
>>261
流れ弾が飛んできたらしいね

263 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:04:36 ID:+rWrbE18
>>259

これの昔ながらいるカスに対して、聞きたいが、

>そもそもその前に日本政府は、侵略のためにアジアへ多くの兵士を
>送り出し、不名誉な死を与えた。

との事だが、では「兵士の名誉ある死」の定義について言ってみな?
で、もし靖国がその「兵士の名誉ある死」を保証するインフラだったら
おまえは靖国を認めるわけだな?

・・・こんなくだらねえレスしてさ、根本的問題にすべて回答しうる
と思ってるの?w
まーーーーったく、本質を欠いた、クソのような感情論だけを振りまいて
自己満足に浸っているおめえのようなヤツが今の日本にはわんさかいる。
平和ですわw


264 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:05:22 ID:QskgbwXI
>>259
投降しない限り、確実な死が待っている
ということですが、
占領されたら、アメリカに殺されるかも
という認識もあったのではないでしょうか?

たしかに国内的に無能な作戦で亡くなられた方への
謝罪は必要だったかもしれませんね
しかし今の政府が謝っても当時の責任者はもういないわけですから、
全く現実味の無い謝罪になると思います。
今に出来ることは、未来永劫、忘るること無く慰霊し続ける。
ということではないでしょうか

265 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:07:07 ID:ojqAgxoL
流れ弾食ってまた花見してると勘違いしてる莫迦がほとんどの日本人だね

266 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:09:11 ID:ojqAgxoL
細川とか、キリストも和尚も、人間そのものよりストーリーを優先する
そんなに筋書きが重要ならそれだけ書いておまえらさっさと死ね
俺はそんなのに興味が無い

267 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:10:25 ID:+rWrbE18
>>264
>今に出来ることは、未来永劫、忘るること無く慰霊し続ける。
>ということではないでしょうか

それは無力と言うんだよw
おまえが無力だからそれしかできないの。
それをまるで美談であるかのように言うのはやめてくれる?
「未来永劫、忘るること無く」などとまるで綺麗事を並べているけれども、
こういう人間こそが、無責任で自らの保身しか考えない人間の典型なんだ
よ。そればもう戦後60年で、我々日本人は経験済みのはずなんだがなあ。
まだいるんだね、こういうカスが。
そんなカスのような精神論で、人間の一生分をはるかに越えた政治的時間
を把握できると思いこめる、想像力の狭さがうらやましいわw



268 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:12:31 ID:8ZUIKOe2
>>264
勝てない戦争をいくら続けても戦死者が増えるだけ。
最後まで抵抗を続けると皆殺し。これは確実。

アメリカに占領されても皆殺しにされない可能性がある。
当時の常識からいって普通されないでしょ。

269 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:16:22 ID:QskgbwXI
>>268
それは今だから言える結果論であって、
切迫した当時にそう考え、決断することは難しかったと思いますよ。

勝てない戦争ではありましたが、ではどう戦争を回避できたか?
と考えると、やはり戦争回避は難しかったと思います。

270 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:16:53 ID:+rWrbE18
>>259
>彼らは日本政府に殺されたと言うべきでしょう。

確実に言えることは、(こんな事、今さら言いたくもないんだけどさ)
彼らはアメリカ人に殺されたのよ。
いつになったら、観念的妄想論から解き放たれて、当たり前の事
を当たり前に受け止められるんだろうか?
ほんっと!いつになったら?w
ほんとカスしかいないよな・・・。
目に見える事実が見れない。
だれが殺したのかもわからない。
この現代日本人の精神病のようなものはいつ解けるんだろうか?

おれは、はっきり言えますよ、こいつは偽善者だと。

271 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:17:20 ID:ojqAgxoL
アメリカ共和党のやり方は、守ってやると言いながら子供を誘拐するけどな

272 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:19:34 ID:8ZUIKOe2
>>264
>で、もし靖国がその「兵士の名誉ある死」を保証するインフラだったら
>おまえは靖国を認めるわけだな?

そういうことまで考えてなかった。
「不名誉な死による戦死者」を「英霊」だと強弁することで
うやむやになる戦争指導者の責任みたいなのがあるんじゃないかと思って。
ましてや戦争指導者まで「英霊」だなんてトンデモ思想だ。

273 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:20:24 ID:3R2UjI9Y
大切なことは農民の心を持つ事だ。

いつ、どこで、どんな戦争が起ころうとも、
>花見見物のようなもので、高台にあがっておにぎり食いながら観戦する



274 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:21:40 ID:+rWrbE18
>>268
>アメリカに占領されても皆殺しにされない可能性がある。
>当時の常識からいって普通されないでしょ。

戦前戦中の歴史をよく知りもせずに、こんな横暴な戯言をのたまう
ほどに、現代の日本人は堕落したんだろうか?
戦中の日本政府首脳がもし、「常識からいって、降伏しても皆殺しされな
いでしょ」などという無責任発言をしたとしたら、これぞ戦犯ものだよw

ほらね、偽善者なんだよ、こいつは。
何も考えて無いし、何も知らない。
異常だよ。
人間の歴史に謝罪に値するような悪があるとすれば、それはたとえば、
こいつのような人格が該当すると思うよ、おれは。
偽善どころか、悪だと思う。こういう無知横暴な人間は。


275 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:22:13 ID:ojqAgxoL
>>273
信長の側近がその手の出身者でいまで言う物書きだった
それの集積が秀吉だったんだが、それどまりの大阪ってことか

276 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:27:33 ID:QskgbwXI
>>272
横レスで失礼いたします
戦争指導者と言いますが、日本では日中戦争以降も政権が交代し、
一点に責任が集約されていた訳ではないのですよ。
もちろん、無駄な死を増やした無能な政策、作戦は許されるものではないでしょうが、
A級戦犯は死刑という極刑、死によって償っているとは考えられませんでしょうか?




277 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:29:07 ID:8ZUIKOe2
>>269
もちろんすべては歴史の必然。
当時の状況に当時の精神状態で戦争指導者たちの性格まで考慮すれば
他の道などありえない。だからこそ現代に生きるおれらが歴史を評価
することに意義がある。1000年先には「武士道とは死ぬことと見つけ
たり」って価値観から歴史を再評価することがあるかもしれない。

現代の平和主義国家日本の価値観では日本兵は英霊ではあり得ない。

278 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:31:54 ID:+rWrbE18
>>272

ID:8ZUIKOe2

どこからどう見ても、「偽善者」「悪人」にしか見えないおまえのようなカスは、
結局、潜在意識の中で何を望んでいるかと言えば、
「第二次大戦で日本が勝ってほしかった」という事なんだよ。
自分で気付いているか?その事に。

もし日本が勝ってたら、今頃お前は日本万歳三唱してるよ、確実に。
自分の考えというものを持っていない。
つまり無知、カスでしかない自分の目を信じて疑うことすら出来ない。


279 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:33:38 ID:QskgbwXI
>>277
歴史の必然で戦争回避が無理であれば、
それは誰の責任でもないと言う事にはなりませんか?

>現代の平和主義国家日本の価値観では日本兵は英霊ではあり得ない。
このお考えについて、もう少しご説明いただけませんでしょうか?


280 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:34:44 ID:ojqAgxoL
マフィアのおやじは、軍隊?あんなもん偽善者だ
 
牧師と修道女は、軍隊?なんらかの名誉を持って死んだ連中だ
 
でもマフィアの親父さんよ、あんたの為に死んでる兵隊はどうやって弔ってる


281 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:35:12 ID:+rWrbE18
>>277
>だからこそ現代に生きるおれらが歴史を評価することに意義がある。

ないよ。
少なくともお前にはない。
お前は黙ってればいい。
言えば言うだけ他人に耳障りでしかない。
無知で、知る努力もせずに、それに気付きもしない人間が歴史を
云々言うのは、「悪」の行為だよw

>現代の平和主義国家日本の価値観では日本兵は英霊ではあり得ない。

もう、放置する時期だろうかw


282 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:38:45 ID:aEyMFzJx
マフィアのおやじは、軍隊?あんなもん偽善者だ
 
牧師と修道女は、軍隊?なんらかの名誉を持って死んだ連中だ
 
和尚は、軍隊?死んでからも勤める気概の連中じゃ、わしが現世との翻訳も
してやらんといかんのじゃ、大変じゃで、ほっほっほ

283 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:39:08 ID:8ZUIKOe2
>>276
人ひとり殺して懲役10年。ふたりでは無期懲役。三人殺せば死刑。
100人殺しても死刑。死刑は必ずしも罪状に見合った刑じゃない。

罰を受けずに戦死した戦争指導者もいるだろね。
彼らの罪は国際的に確定されていないが、歴史学的な評価は必要だと思う。

で、かりに実刑を受けて罪を償ったとしてもそれは、過去が帳消しになる
ことを意味しない。○○を殺したという事実は残るし、その事実は第三者
からの評価の対象になる。

戦争指導者は「英霊」ではない。というのは罰ではない。
事実を指摘しているにすぎない。

284 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:42:03 ID:aEyMFzJx
>>273
そんでもって和尚以外ができる事と言えば
マフィアの親父含めて、酒のみながら
 
「戦没者に乾杯!(誰かしらねーけど)」
 
って事でよろしいか

285 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:42:31 ID:+rWrbE18
>>283

ID:8ZUIKOe2

おい、しゃべんなよ。
無知がうだうだしゃべるな。
はっきい言えるけども、おまえの言ってる事は、1行目から最後の行まで
全部間違ってる。

「ぼくは歴史の事は詳しくは知らないけど、ぼくにだって言う権利がある
んだぁあ」みたいなクソレスはやめろ。
話しにならねえから。


286 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:43:17 ID:8ZUIKOe2
>>277を少し訂正です。

当時の状況に当時の精神状態で戦争指導者たちの性格まで考慮すれば
他の道などありえない。だからこそ現代に生きるおれらが「自分たちの
価値基準で」歴史を評価することに意義がある。

同じ史実から何を学び取るかは、時代時代によって異なる。

287 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:46:25 ID:+rWrbE18
>>286
>だからこそ現代に生きるおれらが「自分たちの価値基準で」
>歴史を評価することに意義がある。

だから、ねえって言ってるだろ。
ねえんだよ。
おまえにはないし。考える必要もない。
無能に生まれついてるんだから。

>当時の状況に当時の精神状態で戦争指導者たちの性格まで考慮すれば
>他の道などありえない。

って、どう考えてもこいつは戦中戦後の歴史を知りもせずにしゃべってる。
偽善なんだよ。しゃべるな。


288 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:48:20 ID:QskgbwXI
>>283
戦争指導者とされる方の罪は東京裁判により
国際的には確定されております
ただ、歴史学的には評価が確定していないです

戦争責任者と一言に申しますが、日本はファシズムではなく、
議会が機能していましたから、誰かに責任が集約されていた訳ではありません。
誰が、何の責任を追うべきか?というのはかなり難しい問題です。

逆にお聞きしてみたいのですが、戦争指導者とは誰の事で、
戦争の何について責任があるとお考えなのでしょうか?


289 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:49:00 ID:aEyMFzJx
>>285
だからさ、マフィアの親父さんよ
 
靖国に入るって事は、あんたがたの世界では刑務所と同じだ
死んでからも刑務所に居るんだよ連中は

290 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:52:12 ID:QskgbwXI
>>286
今の価値基準で歴史を評価するなら、過去の歴史全否定になりませんか?
飛鳥時代も、戦国時代も、江戸時代も、
すべて今の価値ではおろかに映るのではないでしょうか?

291 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:52:53 ID:+rWrbE18
このスレでは、それなりに偉そうな態度で大胆な事をレスするやつがいる
ので、深くつっこんで議論してやろうとすると、実はそいつは、歴史の事
を何も知らないで、場当たりでしゃべっているだけだったという化けの皮
が剥がれるパターンばかりである。
そういうやつしかいない。
こっちとしては別に揚げ足を取るためにレスしてるんじゃないし、もっと
深くつっこんだ議論をしたいだけなんだが、ちょっとでも専門的な話しに
なると、ついてこれなくなる。
で、挙句の果てには、自分の主張がくつがえされたのに腹を立てて、
煽りに転じる。こうなると単なる2chの粘着だ。
しょうもない。
>>283のように、具体的な突っ込みを受けると、知識がないもんだから、
一般論的なことを言って逃げる。カスだよカス。


292 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:55:37 ID:s7ZKPL1c
>>288
戦争指導者 東条英機 平和に対する罪

293 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:55:57 ID:aEyMFzJx
>>291
あった事を無かったように言うのはそっちでは良くある事だろ
 
有った事を有った事でとどめようとする女性とかが居てもいいだろ、別に

294 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:56:57 ID:8ZUIKOe2
>>288
>日本はファシズムではなく、

そんなバカな。

治安維持法
>…普選法成立の10日前の3月19日、国会は治安維持法を成立させていた。…
>…以後、治安維持法は猛威を振るい、反体制運動壊滅後の天皇制ファシズムが
>形成過程においては、反体制運動とは無縁の国民の自由と権利をも弾圧の対象に
>拡大して日本国民を追いつめ、国家総動員法をもって全資源を侵略戦争へと消費し、
>他国民に筆舌しがたい惨劇と日本国民に惨憺結果をもたらすことになるのであった。…
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/jiyuudannatu.htm

295 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:58:04 ID:+rWrbE18
>>292

おい、カスよ。
それを明示するためには、極東裁判に対する、日本独自の裁判を開廷する
必要があるんだよ。あったか?そんなこと?
おまえ日本人だよな?おまえの責任なんだよ?日本独自の裁判ができないの
は、おまえの責任なんだよ?意味わかる?カスが。
そんな責任も果たせないおまえが、なぜ偉そうに「東條有罪」と確定できる
のか?
おまえなんだよ?わかる?


296 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:58:14 ID:aEyMFzJx

どうせ中国人なんて>>284のノリでみんなに酒売る事しか考えてないんだから
酒場のうだ話を靖国を象徴として言ってるだけだ、みんな思いは或るだろうけど
俺はそういう酒あんまり好きじゃないな

297 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:01:43 ID:QskgbwXI
>>294
天皇の独裁などありませんよ
敗戦までちゃんと議会が機能しておりました

治安維持法は、当時世界的に広まりつつあった
共産主義取締りのためにできたもので、
たしかに悪法ではありましたが、
海外のようにかたっぱしから捕まえて殺してしまうようなことはありませんでした。
死刑になった人もいません。

298 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:06:41 ID:+rWrbE18
>>294

日本がファシズムだったと思ってるわけだな?
このゲロクソは。

お は な し に な ら ね え 。

言っておくけども、戦前戦中の日本は、逆にファシズムであった方が、
戦争に勝てる見込みがあったくらいなんだよ。
たのむわ、カス、しゃべるな。


299 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:09:38 ID:8ZUIKOe2
>>297
1928(昭和3)年に死刑を含む極刑が追加されたとあるが、ホントに死刑に
なった人いなかったの?小林多喜二は拷問死らしい。当時は裁判さえ受けさせて
もらえなかったのかな。

治安維持法と小林多喜二虐殺
>特高警察の歴史は血に彩られた日本社会運動の歴史である。この秘密警察制度は
>初め社会思想取締りに主眼を置いて全国に網を張りめぐらしたが、昭和7年6月
>27日、従来警視庁総監官房内にあつた外事、特高、労働、内鮮の各課が併合
>されて特高部として独立するに及んでその網は一層強化された、この警察制度の
>用いた武器は今次撤廃された治安維持法その他の法令であるが、実際の運営は、
>しばしば法規を越えて行はれた、取調べにあたる警官は言語に絶する拷問を用ひ、
>遂に死に至らしめた例も少くない、…
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/TIANIJIHO.html

300 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:09:49 ID:50iRy5gl
国、国民、家族を守るために命を賭した先祖、先輩を
参拝してなにが悪い?
それを日本の議員が外国の非難により靖国参拝反対を掲げるのは
あまりにも相手の思うがまま、弱腰、短絡的ではないのか?

301 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:11:51 ID:+rWrbE18
>>299
>ホントに死刑に なった人いなかったの?

うるせえよカスが。
ここで質問してんじゃねえよ。
だまってろ。


302 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:12:08 ID:8ZUIKOe2
死刑あるじゃんか。

>「……7人の日本共産党員がしばり首にされ、200人が警察の取調べ中に
>拷問で死んだ。多くの女性は取調べのきつさに耐えかねて死を選んだ。
>約200人が栄養失調とひどい仕打ちのため死ぬ……」。

303 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:15:13 ID:aEyMFzJx
バーチャル日露戦争

304 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:16:52 ID:QskgbwXI
>>299
たしかに獄中死した人はおりました。
死刑はないはずです。
共産主義取締りのため作られたものが、
一部宗教者などにも適用された悪法ではありました
しかし、当時の共産主義は本当に過激で危険で、
必要な法であったのは確かなようです。
リンクのサイトでは、特定思想の為に
過大広告してると考えた方がいいと思います。
一面だけで治安維持法をとらえないほうがいいかもしれません。


305 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:17:16 ID:kxdpNibc
>>295
まだ日本にいたのかよカスw
とっとと日本から出てけよ

おわかり?w

わかる?




306 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:17:28 ID:W6sXIgv5
なんでもいいけど日本人は団結して中国の扇動策をはねつけようよ

307 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:21:45 ID:OzTh5Nvm
人を簡単に罵るのは、非常に馬鹿っぽいことにいい加減気づいたらどうか。

308 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:22:17 ID:QskgbwXI
>>302
それは証拠なく、過大広告されてる可能性大です。
共産党のサイト
あくまでも、司法として死刑がだされた訳ではなく、拷問での死ですね。
つまり、国としてのベクトルとして死刑にするという意志は無かったという事です。
もちろん、拷問での死が免罪されるわけでは無いと思いますが。



309 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:22:49 ID:aEyMFzJx
>>305
隣のじいさんがワシントンに引っ越したら考えるよ

310 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:27:47 ID:kxdpNibc
>>301
どうしたID:+rWrbE18?

アクセス制限にかかったか?
マヌケw


311 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:30:51 ID:ELImUBKl
靖国参拝を総理がやめることは、日本の主権と誇りの放棄!
国の礎となって死んでいった人たちに感謝せずしてなんの国の繁栄があろうや!

312 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:31:16 ID:aEyMFzJx
>>305
ああじいさんだけじゃ駄目だな、もともとうちの土地だったから
家族全員で引越してくれと言いたい

313 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:42:56 ID:+rWrbE18
>>310

おれは>>291で言ったけども↓

>で、挙句の果てには、自分の主張がくつがえされたのに腹を立てて、
> 煽りに転じる。こうなると単なる2chの粘着だ。

・・・で、ごらんの通り、ID:kxdpNibcはその該当者。
中途半端なカス主張を、おれに叩くだけ叩かれて、今は単なる2chの粘着
荒らしに成り果てた。

結局さ、これといった確信も持たないでレスしてるヤツってのは、もちろん
論理が穴だらけじゃん、だからこっちが突っ込むじゃん、そうすると、いつ
の間にやらそいつは自分が最初にした主張の事はすっかり忘れて、とにかく
相手を叩く、煽る事しか興味を持てなくなる。
もとから、持論に対する確信など持って無いわけだから、そうなって当然だ
わな。

この歴史認識に対する背徳ぶり、無知軽薄なくせに、自信たっぷりに中国だ
の過去の日本だのを批判してしまえる愚鈍、横暴さ。

最終的には議論の要点すら忘れて、ネットでの喧嘩に終始するという、、
「キレやすい大人子供」のようなカス人格がうじゃうじゃいる、現代日本っ
てのはやはり異常ですよ。

わかったかな?それがおまえなのよ。ID:kxdpNibc

本気で、生身の感覚で歴史を考察できるやつなんていないのよ。
ネットで喧嘩したいだけのカスの集まりよ。

314 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:45:40 ID:aEyMFzJx
>>306
虫するのが一番良い

315 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:55:05 ID:p8f+GHLb
極東国際軍事裁判が、不公平な裁判だったのは事実だと思われる。
でも、日本はポツダム宣言やサンフランシスコ条約を受け入れたわけで、
今になって、極東国際軍事裁判の結果は不当だの何だのと
外に向けて言うのはいかんでしょ。

A級戦犯だけに、日本を誤った戦争に導いた責任があるのか?
と、考えたら必ずしもそうだとは言いきれないと思う。
だけど、いったん受け入れてるわけですよ。彼らは戦争責任者だと。サンフランシスコ条約で。
それを外向きに主張しても理解されない。

靖国問題で、主張すべきなのは、
慰霊や追悼のしかたを他国にとやかく言われるべきでないということ。
靖国を参拝したくらいで、日本は軍国化しないと説明することじゃないでしょうか?
日本人が死者を敬う姿勢を、説明することじゃないでしょうか?

316 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:00:09 ID:+rWrbE18
>>315

さっきテレビタックルで映されていた民主党議員と小泉総理の問答をミック
スして、しかもまったく何のオリジナルなアレンジもせずに、このスレに書
き込みできちゃう、無知横暴カス低脳さが、今の日本人だと言ってるわけ。
おいカス、おまえだよ。

たとえばここでポツダム宣言の話しが出たけれども、ここでおれが、
「じゃあポツダム宣言受諾の経緯について・・・」などと議論に入ったと
ころで、テレビタックルの受け売りカスが、その議論についてこれるわけが
無いのは目に見えているだろ?w

そしたらコイツは「キーッ!!」キレて、2ch荒らしになるだけ。

ショーーーーーーーーーーーーーーーーーーーもないわ。
おまえらほんま。


317 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:03:11 ID:kxdpNibc
>>313
おれはおまえと議論などした覚えはないがw
「キレやすい大人子供」のようなカスとは、おまえそのものじゃないか?
まあ、過去のことは知らんがw


318 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:03:37 ID:+rWrbE18
>>315

テレビの影響力、大衆を扇動、洗脳しうる力、というものを、この>>315
カスの書き込みで、まざまざと見せつけられたね。
番組のコメンテーターが言ってることを、あたかも持論にして、吹聴する
という、ちょっとおれには信じられないような、自己放棄の心理。
体制翼賛時代と何の進歩があろうか?w


319 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:04:59 ID:p8f+GHLb
いや、テレビなんざ見てないよ、今は。
ポツダム宣言受諾の経緯を掘り返して、これから先の話できます?
不当だったから破棄しろってゴネるんですか?

320 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:07:53 ID:+rWrbE18
>>315

ちょっと気味が悪いわ・・コイツ。
なぜこんなことができるんだろう?
テレビタックルで他人が言ってた事を持論にして、まったく後ろめたさも
なく書き込みしてしまう・・・どんな人格なんだろう・・・。
怖いよ。異常な国だと思うよ、率直に言って。
まじで。


321 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:09:11 ID:+rWrbE18
>>319
>ポツダム宣言受諾の経緯を掘り返して、これから先の話できます?

知らないんだろ?経緯を。
しゃべるなよ。
怖いわ・・・。掘り返してもどうにもならない?
怖い、マジで。


322 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:11:34 ID:QskgbwXI
>>315
サンフランシスコ講和条約11条ですが、
これは刑の執行の義務を負っただけで、
裁判そのものを受け入れたものではありません
その後の日本の国会の動きを見れば明らかに分かりますよ。


323 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:12:17 ID:rasUMRbF
どうでもいいけど、読むに耐えないほど下品なやり取りですね。
匿名になると、こうまで無責任で御下劣になるのが、2ちゃんねる
でしょうか。
靖国参拝賛成、反対、どちらもこれではお里が知れます。

324 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:14:22 ID:aEyMFzJx
どうでもいいとか言い出すと基地外で有ります

325 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:14:58 ID:M6gcjwQs
ゾルゲ事件のようなことがあれば、治安維持法や特高組織をつかって体制を守ろうとするのも当然だろう。

近衛内閣でゾルゲの影響を受け国民党を攻撃して中国共産党をたすけ、日中戦争の和平をつぶした。
三国同盟を成立させ日米戦争の火種をつくった。日本を米ソ共通の敵とさせることで独ソ戦を有利にさせていった。
国家の進路を近衛内閣が狂わせた元が共産党のスパイ工作と理解したら、過激な弾圧に走ったのも理解できる。

326 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:16:15 ID:p8f+GHLb
エライしつこいなぁ。TVタックルなんざ見てねぇ。
局が嫌いだし。今職場だしな。
ポツダム宣言受諾の経緯くらい調べたことありますよ。
サンフランシスコ条約での合意だけに絞って見たとしても、話は一緒でしょうに。

はぁ、くだらん荒らし君かまっちゃった…。

反省を胸に仕事に戻ります…。


327 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:18:54 ID:+rWrbE18
>>315
:名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:55:05 ID:p8f+GHLb

月曜日、21:55、テレビタックルを見終わる。
コメンテーターがなかなか面白い事を言っていた。
それを視聴していたら、まるで自分が歴史に詳しくなったような錯覚に
おちいる。
テレビタックルで聞いた事をそのまま、ここに書き込む。

・・・・怖いよ。自我を持った人間は、今の日本に存在するのだろうか。
いや、まじで。


328 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:23:22 ID:+rWrbE18
>>315
:名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:55:05 ID:p8f+GHLb

そして、それを突っ込まれると、「今さら過去を掘り返してもしょうが
ないでしょう」として議論は拒否。
つまり持論は完全無欠を謳って退却。
うそだろ・・・それで自分が正当化されるの?
それで何の充足感があるの?本当に自分はこの世に存在しているの?



329 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:23:35 ID:R4WAWlLE
靖国問題でも常に話題になる「歴史認識」であるが、これは中国、韓国、北朝鮮、供に
自国の歴史教科書を、日本国に対して公開する事を考えているのでしょうかね。
「歴史認識の共通な認識をさぐる」と、有るが、共通認識というなら、やはり中国、
韓国、北朝鮮は自国の歴史教科書を、日本に公開するのが常識と思うが?

これって、近隣三国は自国の歴史教科書を公開してくれるのか・・な?
期待はしてるのだが、可能である事を願うばかりである。
共通認識というなら、やはり自国の歴史教科書の公開は必要と思うが?

330 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:24:27 ID:kxdpNibc
>>327
日本の事に口出しすんなよカス
おまえには関係ないだろw


331 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:24:52 ID:ERMr6WLT
>328
他人をカスだといいたいだけの人がいるな。


332 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:29:23 ID:+rWrbE18
>>326
>エライしつこいなぁ。TVタックルなんざ見てねぇ。

絶対に認めたくない気持ちはわかるけども、これだけは覚えておいてくれ。
もう二度とテレビの受け売りに洗脳されるな。
で、せっかくほんの一瞬でも歴史に興味を持ったんだから、自分なりの歴史
観を確立する生活を送ってくれ。
そして、この世に自我を持って誕生してくれ。

それができないなら、黙れ。


333 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:33:15 ID:ERMr6WLT
>332
おーおー、他人に無能だからものを考えるなとか
言ってると思ったら、自分なりの歴史観を確立する
生活だそうだ。

334 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:33:18 ID:aEyMFzJx
>>325
俺は、あれはヤクザの仕業だと思ってる
フィクションとしては悪く無い、映画に成ってるし
 
でもケネディを殺したのだって結局マフィアなんだよ

335 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:40:21 ID:aEyMFzJx
そして、ヤクザが起こす抗争
 
あの”メンツ”に翔ける気概こそ、戦争の元だ
 
実際あの連中に靖国のような墓があるのか?
羨ましくて蛇頭の連中も叩いてるだけじゃないのか?

336 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:41:37 ID:kxdpNibc
>>332
おまえの命令なんか聞く義務あるかよ

337 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:44:52 ID:+rWrbE18
>>317
>>336
>>330
>>336
ID:kxdpNibc


これね→>>313

・・・2chの煽り厨に成り果てたカス。


338 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:46:31 ID:ERMr6WLT
英霊云々って言ってる連中だって面子にこだわってるだけだろ。
英霊って言っても、植民地を失ったうえに、国土は焼け野原だもんな。
どこが英霊かよ。笑わせてくれんな。
そんなもんが、放り込まれてる靖国なんざ、無駄な自爆をやりたい
奴以外誰も入りたかないんじゃない?
ああ、なるほど、ヤクザみたいな連中は入りたがるかもなあw。

339 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:49:01 ID:kxdpNibc
>>337
>2chの煽り厨に成り果てたカス。

まんまおめーえじゃねーか
今日一日の書き込みを全部読み返してみろカスw




340 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:50:13 ID:+rWrbE18
>>338

しょうもないカスレスだな・・。

ちょっと聞くけども、おまえの、全6行のレスのうち、上3行に関しては、
「敗戦」を意味してるよな?

じゃあ、もし日本が勝っていたら、おまえのレス下3行はどのように変化す
る?あるいは変化しないのか?

するかしないかで答えてみろ。
まあ、無理だろうが。


341 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:50:47 ID:+rWrbE18
>>317
>>330
>>336
>>339
ID:kxdpNibc


これね→>>313

・・・2chの煽り厨に成り果てたカス。



342 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:02:10 ID:QQM6fNbJ
この中で靖国に毎年お参りしてる奴っている??? 
中国や韓国の若者と大して変わらない(情報だけで左右される)と思う。
戦争って悲惨なモノなので、特にアメリカとの戦いでは靖国に祭られている
人以外の多くの民間人の命が虫けらのように奪われた事実を我々日本人は
認識しなければいけないと思うよ。そして、生き残った人達にも多くの
心の傷を負わせていることも・・・ その責めはやはり大きいと思う。
今の靖国問題は双方とも‘言葉遊び‘、‘当事者不在‘、‘国家のプライド‘
・・・など犠牲者に対して無礼な行為にしか思えない。
人の痛みを敏感に感じることができればこの問題はマイナス面にこじれる話
では無く、平和への道につながるはずなのに・・・
‘拉致問題‘なんか見ると自国民の不幸に関して、同じ被害者の立場に立ったか
のようにやさしく、同情的になれるのに、加害者の立場に立つと逆切れして、
何回誤ればいいのか!!!(その時の当事者を含め、日本人自身が謝ったことは無いはず、
首相というか日本のそれなりに責任のある人が陳謝したぐらいで、
国民レベルで、すまないと思ったことは一度も無いはずだ)と誤ったことも無い人が
疑似体験の世界で憤慨してるのも、経済大国・アジア唯一の先進国と普段自負している
日本としては情けない姿なのかも(余裕なく、アジア諸国の急激な発展に日本に
スポットライトが当たる機会が減ってきたのにジレンマを感じて)・・・

343 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:04:47 ID:+rWrbE18
>>338

結局、おまえは潜在意識の中で「勝敗」にこだわってるだけなんだよ。

靖国の根本的正当性には興味がないの、おまえは。

反戦の意志もなければ、平和への学習もしていない。
おまえは潜在意識の中で「負けた事を悔しがってる」だけ。

つまり、おまえのレスは、上3行において、表面的には戦前軍国主義を否定
しているかのように見えるが、よくよく文脈を見ていると、「負けた事を
批判しているだけ」。
という事はつまり、「もし日本が勝っていれば」レス下3行のような発想
はおまえの中に生まれなかっただろう。
おまえの全6行のレスの本質を見ると、実はおまえは潜在意識下では、戦争
を否定すらしていない。
日本が勝ってくれれば良かった、そう思っているだけ。

自分でも気付いていないと思うけど、おまえの内面には反戦も平和願も、
1ミリたりともも無いよ。

危険だと思うよ、それ。


344 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:09:21 ID:r6wFeC3+
変化型ウイルスの可能性
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050523-00000005-scn-int
渡り鳥1000羽以上死ぬ
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050527-00000074-reu-int
感染のガチョウ460羽死ぬ
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000139-mai-int
鶏に乱用、薬が人に無効
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050618-00000133-kyodo-soci
生食原因の寄生虫激増
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050516-00000011-scn-int
軍事力、最警戒 急激な増強
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050606-00000009-san-int

345 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:24:39 ID:YuVIqnRD
>>215
その通り。問題は無能な指導者が生き残り、投降すれば助かるはずの
人間が洗脳自決で寧ろ死んでいったことだな。

346 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:25:19 ID:R4WAWlLE
この、歴史認識の共通認識での、日ごろの疑問に、何で近隣三国の歴史教科が日本
の書店で販売されてないのかが、一番の疑問でもある訳ですがやはり国政の?教科
書?だから?日本の書店では販売されないのでしょうかね。
日本では、近隣三国の問題としている日本の歴史教科書は書店でも販売されている。
この違いは、一体何だろうね?。
つまり、日本では「問題の歴史教科書だ」の烙印というか、疑いというか、とにかく
近隣三国が問題であるとする教科書は、書店で販売されてる訳ですな。
なんで、近隣三国の歴史教科書は、日本国内では自由に買え無いのかな?不思議だ。

こんな状態で?「歴史認識の共通認識」って言われても、俺は理解できない。

347 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:28:17 ID:qrseeAVI
素人考えを言います。
未来に向かって話をするならば、
靖国参拝をやめればいい。
違う施設作るならつくればいい
そしてはっきりと竹島問題他諸問題に対して意見を言うべき。
何も譲らないで他の問題に関しては言いづらいだろう。
日本人が侵略したのは間違いない。
でもやめたら韓国や中国では『我が国の努力により…』
とか報道されるんでしょうね。
報道規制も問題ですね。


348 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:28:34 ID:rasUMRbF
どこまで下品な議論をやってんだか。
本当に情けない方々ですねえ。
言葉も知らず、礼儀も知らず、揚げ足とるのだけが取り得とは。
靖国の英霊は泣いているでしょうし、東條を憎んだ人も臍を噛んでいるでしょう。
中国や朝鮮は笑っているでしょう。
このスレもそれなりにいくつかの示唆に富む発言を生んできましたが、
このところ、急速に幼稚化してきましたねえ。
まるでヤクザの怒鳴りあいみたですよ。




349 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:31:11 ID:aEyMFzJx
>>338
そうだろうね
でも1つだけ違いがある、軍隊の連中は面と向かって話するが
ヤクザの場合は、代用叩きしかできないって事だ
 
だから連中には墓が無いし、墓の靖国でさえも叩く
 
流行の言葉でも言うようにニコニコしながら、背中を刺す機会を伺ってる

350 :うー:2005/06/20(月) 23:31:39 ID:qrseeAVI
首相が靖国参拝するのて公約だといってますが
実は〇翼の票が欲しいからて本当ですか?
他の公約は破るのにこれはやけに守ると思ったら納得します。

351 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:34:32 ID:aEyMFzJx
>>348
ええ、バックミュージックはピアノマンに変わってますね
知らないあいだに

352 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:35:17 ID:kxdpNibc
>>347
靖国参拝をやめる必要はない。
違う施設を作ることは憲法違反。

そしてはっきりと竹島問題他諸問題に対して意見を言うべきだ。



353 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:35:46 ID:rasUMRbF
>>351

すいませんが、意味が分かりません。


354 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:37:33 ID:aEyMFzJx
>>353
あなたはポリティクスを話をしてるが
ヤクザのようなじいさんは昔を歌を歌ってくれを言ってるに過ぎない

355 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:38:47 ID:kxdpNibc
>>350
>実は〇翼の票が欲しいからて本当ですか?

本当なわけないだろ。
どこのアホがそんな事言ってる?



356 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:45:44 ID:+rWrbE18
>>347
>靖国参拝をやめればいい。
>違う施設作るならつくればいい

歴史認識の議論を深めていって、突き詰めるだけ突き詰めれば、最終的には
そういう答えに行き着く可能性も有り得るよ。

ただし!ここで言う「歴史認識の議論」というのは、日本人による日本国内
の議論じゃなければならない。あなたの言い方は、「近隣各国」と仲良くな
るためという発端だよね?
それは不純。そういうことをすると、そのツケを、我々の子孫が背負う事に
なる。それでは、将来、どんな不幸が待ち受けているか知れたもんじゃない。

根本から問い直す場が必要。
靖国参拝をするのもよかろう、やめるのもよかろうが、それは我々が決める
というスタンスが大事。
靖国問題は、中韓が引き起こした問題ではあるけれども、実は日本にも非が
ある。国内的に解決しなければならない議論をおざなりにして戦後60年やっ
てきたからつけこまれる。
ちゃんと議論が済んでいれば、外から何を言われようが、ちゃんと反論を返
せるはず。
実は「不戦の誓いを英霊に捧げるため」では、根拠として弱いのだ。


357 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:48:03 ID:qrseeAVI
四〜五年前テレビの靖国参拝を考えるみたいなテレビで見ました。首相の支持基盤が結構そちらの割合が高いので
参拝辞めれないという思惑があるみたいな感じですね。
ソレミテ政治って…。て思った記憶あります。

358 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:52:51 ID:+rWrbE18
>>352

うるせえよタコ。




359 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:53:16 ID:yTDtjFfk
>>351
>ええ、バックミュージックはピアノマンに変わってますね
>知らないあいだに

最近は、一人でというより、掛け合い型の、一人芝居が流行ってますね。
とにかく、このスレがあるのが気に入らないのでしょう(笑)




360 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:53:51 ID:Hf8ZKm4G
選挙で、
民主にいれるということは在日参政権賛成ということ。
民主に入れるということは朝鮮人に国会議員を選ばせるということ。
民主に入れるということは総連工作員メンバーに参政権を与えるということ。
民主に入れるということは竹島を奪われるということ。
民主に入れるということは日本人の税金が在日のために使われるということ。
民主に入れるということは京都の美しい町並みに在日性風俗店の出店を許すこと
民主に入れるということは日本という国を朝鮮人に売り渡すということ。

民主党の比例候補者
 元自治労書記長
 電力総連副会長
 日教組教育政策委長
 朝鮮日報日本支社長
 部落解放同盟書記長

こういう連中を国政に送り込もうとする政党は全く信用できないわ。

民主党 参院比例区 公認候補「ハァ?」リスト
------------------
当(9)  那谷屋正義 日教組 教育政策委員会委員長(新人) 202,612
当(17)   松岡徹 部落解放同盟中央本部書記長(新人) 114,136
当(15)  円より子 ”ジェンダーフリー”夫婦別姓急進論者(現職) 130,249
当(8)  白眞勲 元朝鮮日報日本支社長(新人) 203,052
当(11)  喜納昌吉 反戦歌手・左翼活動家、麻薬所持で逮捕歴(新人) 178,815
当(2)  加藤敏幸 三菱電機労働組合特別中央執行委員(新人) 247,917
当(1)  小林正夫 全国電力関連産業労働組合総連合副会長(新人) 301,322
当(13)  ト電通鐶析此。複腺諭糞ヽ6眤飴唆範・函防m馗后平型諭ヒ 162,509
当(5)  柳澤光美 UIゼンセン同盟(流通・サービス業系労組)政治顧問(新人) 216,760
http://senkyo.nhk.or.jp/hirei/hmb02.html
より。括弧内は上記URLランキング順位、末尾数字は得票数

361 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:55:52 ID:i1BkX+MR
やつらの本音は、領土の拡張でしかない。
尖閣諸島をのっとられる前に、憲法改正を行い、徴兵制
を早い段階でしくべきだ。当然、核装備はもちろん視野
にいれること。

日本企業は全て、中国から撤退、インドやベトナムに進出
すべき。

中華帝国主義を打倒!

362 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:58:45 ID:aEyMFzJx
>>359
んー、僕はこのスレでたまに神話の伝承を書いたに過ぎません
それはじいさんの求める歌では無かったようだ
 
アメリカのじいさんはみんな鬼軍曹みたいで気難しいね

363 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 23:58:45 ID:kxdpNibc
>>358
参拝するのに議論もくそもあるかよ
行きたい奴は行けばいいのだ。

文句でもあるのか?


364 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:00:10 ID:aEyMFzJx
>>363
そうだよね、中国人も大挙して靖国に押しかければ
日本のみんなも一斉に考え直すんじゃないのか?(笑
 
っと、賽銭忘れるなよ


365 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:00:45 ID:BX0IGJNf
>>363

うるせ



366 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:02:48 ID:kxdpNibc
>>365
おまえ共産主義者か?
全国民が同じ考えじゃなきゃ気がすまんのか?



367 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:07:11 ID:Kd+QeR7b

+rWrbE18 さんと、kxdpNibc さんと、BX0IGJNf さんは、とても仲が宜しい(笑)



368 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:08:27 ID:BX0IGJNf
>>366

うるせえんだよ。



369 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:08:43 ID:AYm6vYdl
FREEDOM日本。
小泉もFREEDOM。
好きなことして、好きな事やれば、いいじゃないか。

370 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:08:59 ID:RSFqSe66
>>356
歴史の検証などとっくに済んでいるw
色んな側面がある。以上だ。
どんな視点を重視するかは各自の自由だ。
文句でもあんのかよ?


371 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:10:57 ID:BX0IGJNf
>>370

うるせえな。



372 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:10:59 ID:7pSdQyQF
なるほど356さんの言ってる事は分かりました。
国として考えて自分達で議論していかなければいけない訳ですね。なんか分かる気がします。
でも難しい問題ですね。
政治的思惑がありすぎて。
靖国を政治的駆け引きに日本も中国も韓国も使ってるような気がしますね。
なんか本質的な議論している委員会とかあるんでしょうか?
遺族会ですら参拝は控えた方がいいと言ってるのに行くなら
やっぱ外交的な思惑あるんですかね。

373 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:14:39 ID:z0gAGP5X
靖国には遺骨も位牌も無い。
何故、そんなに拘るのか?

新しい慰霊施設を造っても
どっかの変な団体が勝手に
魂を移したと言って拝み、
崇めて象徴とした場合は、
どういう反応が起るのか?

374 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:17:01 ID:BX0IGJNf
>>372
>やっぱ外交的な思惑あるんですかね。

ある。
あって当然。
でもオレが言う「思惑」とは、キミが考えている「思惑」をはるかに超越
している。その場かぎりの外交的思惑などではない。

今の日本の国家体制を強固に維持するという思惑だ。
そしてここに絶対、他国を介入させない。

物凄くおおざっぱに言えば、それを実現するという思惑だ。
歴史認識を追及した結果、「わが国日本は存在すべきではありません」
という結論だけは絶対出さない。つまり歴史認識とは、ニュートラルな
立場でできるようなもんじゃないという事だ。これ常識。

詳しいことは調べろ。


375 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:23:22 ID:RSFqSe66
>>374
おまえ全体主義思想だろ
右に行ったり左に行ったり
朝日新聞に近いw


376 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:24:28 ID:Kd+QeR7b

阿吽の呼吸というやつですなぁ

377 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:25:12 ID:BX0IGJNf
>>375
>おまえ全体主義思想だろ
>右に行ったり左に行ったり
>朝日新聞に近いw

ネットプチが本性を現したな。
右・左でしかものが見れないから理解できねえんだよw
カスが。


378 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:25:13 ID:r2oVYsx9
少しだけ軍クツの音じゃなくて、安全靴の音が聞こえる

379 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:26:35 ID:7pSdQyQF
えっ!日本がなくていい国?
また極論ですね。
そういう烙印をつけられるたらずっと足枷をつけられたまま生きなければいけないて事でしょうか?
今生きている我々は悪びれる必要は無いと思いますが、
侵略した事実は知ってた方が良いような気がします。
答えは出ないでしょうからどこで譲歩するかですかね。

380 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:28:03 ID:z0gAGP5X
1.NYTimes東京支局は朝日新聞本社9階にある。
2.人民日報と提携している朝日新聞。
3.共同通信は日本のマスコミ数社が共同出資で設立した会社。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関係特集

人民日報と朝日新聞は、両社の間で交わされた「友好覚書」の精神
および情報交換協議に基づいて、
人民日報日本語版・中日飛鴻・第2シリーズを正式に開始します。
人民日報日本語版は今後毎日、朝日新聞asahi.comに掲載された中から
数件のニュースを選んで、読者の皆様にお届けします。
第2シリーズについては下記をご参考ください。

両社友好宣言
中日飛鴻書簡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連資料
捏造される日本の報道
ttp://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara10_11.shtml

関連キーワード
「日本解放第二期工作要綱」
「中央宣伝部国際宣伝処工作概要」
「対敵宣伝科工作活動概況」
「日中関係の政治三原則」
「近隣諸国条項」
「日中関係重要文献集」

381 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:28:34 ID:RSFqSe66
>>377
おまえが全体主義者だということは間違いない。
自由の尊重という概念がみじんもない。


382 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:29:04 ID:BX0IGJNf
>>375

おれがここ>>343で証明したように、左こそが戦意高揚の意欲マンマン
だったりする。
おまえのようなカスネットプチ右翼も似たようなもんだ。
脱却しろよ脱却。
カスが。


383 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:29:21 ID:Kd+QeR7b
>378

どた どた どた どた (笑)

でも、歩調はそろっているかも?



384 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:32:37 ID:BX0IGJNf
>>381

もうこのスレはレベルが低すぎて、質的歴史認識の議論が出来るような状況
ではないことは、オレにとっては明白。
おまえのようなプチネットカスゲロ右翼しかいねえから。

まあ出来る事と言えば、おまえらの低質な脳みその矛盾を暴くことぐらい
だな。


385 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:32:43 ID:926Qejgw
靖国神社なんてな、へんな団体がここに魂がありますよって、
いってんのを間に受けられるのがすげーよなあ。


386 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:34:27 ID:AYm6vYdl
60年間何も無かったんだ。
疲弊された世界を変えるためには、そろそろドンパチやってもいいんじゃないか。
小泉は、中韓煽っているし。
小泉大将。
前線の最後尾で、いけいけどんどん。1億玉砕。

387 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:34:28 ID:RSFqSe66
>>382
おれは自由の尊重を重視している
だからおまえみたいな全体主義者を放置出来ないw


388 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:35:14 ID:Kd+QeR7b

もう一息、リアリティがほすい・・・

389 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:35:57 ID:926Qejgw
靖国神社を有り難がるやつのほうが全体主義にちかいよな。
敗戦前よりも、今のほうが全体主義だっていう人もめずらしかろうよ。

390 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:38:15 ID:RSFqSe66
>>389
靖国神社を有り難がるやつは
そいつの自由だ。

391 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:40:53 ID:BX0IGJNf
>>390

そこらへんの女子厨房でもしゃべるよな、その程度のことなら。

このネットゲロプチチョン右翼よ。


392 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:41:13 ID:926Qejgw
>389
靖国神社なんて国のために死ぬのは美しいなんていう考え方の
施設は、ハッキリ言って全体主義的だろ。

393 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:41:20 ID:RSFqSe66
民主主義だろうが、独裁主義だろうが
いつでも、どんな状態でも
全体主義は身近に迫ってくる。

394 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:42:03 ID:Rrwb/TKR
ちょっと面白そうだと覗いてみると2ch右翼が蔓延ってんのな。
レベル低すぎ。

395 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:42:54 ID:Kd+QeR7b

低い日もあれば、高い日もある・・・

396 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:43:05 ID:926Qejgw
そういうのを遠ざけるためには、政治と宗教とは分離されていたほうが
よいでしょう。
どちらが、どちらを利用するのも、ろくなもんじゃない。

397 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:47:19 ID:AYm6vYdl
古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

何から何まで 真っ暗闇よ
筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
どこに男の 夢がある

398 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:48:09 ID:RSFqSe66
>>396
全体主義はそんなわかりやすい所ではおこらない。
だれも気がつかないところでおこるのだ。


399 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:49:25 ID:BX0IGJNf
>>398
おまえさ・・・


>>352
>靖国参拝をやめる必要はない。
>違う施設を作ることは憲法違反。
>そしてはっきりと竹島問題他諸問題に対して意見を言うべきだ。


・・・などと偉そうに、いっちょまえの事を抜かしている割には、
お前の脳みそをネルドリップして、アクを取って、ろ過蒸留してみたら…


>>390
>靖国神社を有り難がるやつはそいつの自由だ。


・・・などという、ポンスケな、女子中学カス論しか残らないってのは、
やっぱりアホなんだよな、お前はw

この、プチチョン助ゲロカスネット右翼がw


400 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:50:49 ID:NMOZCW3/
>>345
当時の指導者たちがやったのは、国民を、
虎(米軍)のいる檻に後から蹴り入れたようなものだね。
国民を殺したのは虎(米軍)でもあり日本政府でもある。

戦没者の死は決して「国のための尊い犠牲」なわけでも
「彼らの犠牲のおかげで今の日本がある」でもない。

政治家の発言を聞いていると、日本は侵略戦争ではなく
自存自衛の戦争を戦ったのかな?と思えてくる。
靖国史観によって戦死者の位置づけが完全に変わってしまっている。

戦前に政権を担っていた人たちがそのまま戦後政治を引き継いだのは
マズかったのかもね。
前の戦争を正当化しようとする人たちが
今も政権に居座り続けていることが問題。

401 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:52:07 ID:926Qejgw
>397
わかりやすくなってるのは、反対するやつがいるから問題に
なってるからだろ。
こういうのがいなくなって、当然のようになっていく
と気付かなくなってくんじゃないの。

402 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:52:31 ID:GncvZl7y ?#
>>389
何が全体主義なんだろう?
参拝を強要されたら嫌だが、強要されることも無いんだろ?
靖国の存在が戦争につながるという発想は『風が吹けば桶屋が儲かる』
並みの感覚じゃないのかな。
死んだら極楽浄土へいけるという浄土真宗を廃止しろと言う意見と同様だと
しか思えないんだけどね。

もし靖国問題が解決したら中国から浄土真宗を廃止しろといってくるかもしれないね。
中国にとって日本の反省材料が何であってもいいんだし、日本独自の文化を
否定していけば批判材料がなくなることはない。

403 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:53:36 ID:wXvPTImk
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1119282232/l50


404 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:55:25 ID:r2oVYsx9
アメリカかイギリスが中国使って腹話術やってるだけですからな

やり方は、エスキモーを殺していった手法と変わってない

405 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:55:36 ID:926Qejgw
>401
国家のために死ぬのはよいことだってのは、全体主義的だろ。
わかりやすいじゃないの。

406 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 00:56:23 ID:cz1YHxa2
>>89
>戦中戦後の国家神道に否定的な感情があります。
は、

戦中戦前の国家神道に否定的な感情があります。

の間違いでした。


スレが進みすぎてて驚きましたが、最近はこの傾向はしょうがないっすね。

407 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:57:10 ID:RSFqSe66
>>399
で、おめーの主張はなんだ?
全国民が納得する歴史認識か?
子供相手に説教でもして喜んでろw


408 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:57:51 ID:Kd+QeR7b

阿吽さんが いっぱい(笑)


409 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:58:08 ID:AYm6vYdl
軍隊は名目、国民を守る機関であるが、
究極の状況下では、国民ではなく、軍隊を守る。
名をも知れぬ者よりも、大将を守る事が、大事であるかのように錯覚する。
国民を守る事よりも、小泉を守る事が必死な政権は、この先どんな崩壊の道をたどるのだろうか。

410 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:58:35 ID:z0gAGP5X
アメリカが第二次世界大戦後、空爆を行なった国々

        中国 1945〜46
        朝鮮 1950〜53
        中国 1950〜53
        グアテマラ 1954
        インドネシア 1958
        キューバ 1959〜60
        グアテマラ 1960
        コンゴ 1964
        ペルー 1965
        ラオス 1964〜73
        ベトナム 1961〜73
        カンボジア 1969〜70
        グアテマラ 1967〜69
        グラナダ 1983
        リビア 1986
        エルサルバドル 1980年代
        ニカラグア 1980年代
        パナマ 1989
        イラク 1991〜99
        スーダン 1998
        アフガニスタン 1998
        ユーゴスラビア 1999
        アフガニスタン 2001
        イラク 2003

411 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:58:42 ID:BX0IGJNf
>>405
>国家のために死ぬのはよいことだってのは、全体主義的だろ。

・・・これさ。
低脳でものをよく知らずに発言する人間ってのは、時々、こういう危険
な事を、無意識に言っちゃうんだよね。

おまえ、クーデターでも起こすつもりか?
気付いてる?



412 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 00:59:57 ID:maeWDmjf
昔廃案になった靖国国家護持法について調べているんだけど、どこかお薦めのサイトはないですか?

>>400
侵略戦争とか自衛戦争なんて難しい言葉を使うことないよ。
どちらも戦争であって、国際法上違法ではない。
つまり責任はあっても罪はない。

413 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:00:57 ID:BX0IGJNf
>>402
>中国にとって日本の反省材料が何であってもいいんだし、日本独自の文化
>を否定していけば批判材料がなくなることはない。

自覚して言ってるのかどうか知らないけども、本質的問題だな。

中国も韓国も北朝鮮も共和国だ。
日本だけが違う。
気をつけないといけない。



414 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:01:29 ID:926Qejgw
>410
返事もできないで、いいわけがましいことを書いてるだけに見えるが?
まぬけな政府がましになるなら、クーデターでもかまわんだろ。
北朝鮮あたりでおきて、ちっとはましな国になってくれればいいけどな。

415 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:02:08 ID:BX0IGJNf
>>407

うるせえよ。
おれのレス>>399は名文なんだよ。
寝ろ。

416 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:02:44 ID:r2oVYsx9
>>409
中国が今後電子化されていくと、情報の発信元がアメリカか日本に成るかで
状況が変わってくると思う
テレビのデジタル化もアメリカが主導権を握るための手法でしか無いし、この
神社もますます”報道では”利用される事もあるんだろうね
 

417 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:06:35 ID:GncvZl7y ?#
>>413
>中国も韓国も北朝鮮も共和国だ。
やっぱりそこに行き着くかもしれないね。

418 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:06:44 ID:RSFqSe66
>>415
だからおれは右翼ではなく
自由主義者だ
おまえの対極だ

おわかり?


419 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:08:43 ID:Kd+QeR7b

仲良きことは美しき哉 ・・・ 実篤

420 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:09:40 ID:BX0IGJNf
>>417

変な言い方だが、大事なのは、この先、歴史認識の議論を、国内でも、
多国間でも行う時に、

「あまり直接的に本質に触れずに、輪郭だけなぞるように論じる」ことだ。

これが戦略。わかるかな。
だからおれは靖国問題自体、やばい側面があると思う。



421 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:13:15 ID:z0gAGP5X
中国政府、輸入オンラインゲームの検閲を強化
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040609202.html

新たに5人を投獄、ネット上の発言を抑圧する中国当局
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040225207.html

政府の検閲を問題にしない中国のネットユーザーたち
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20030704205.html

米議会委員会の警告:中国のサイバー版「万里の長城」があと一歩で万全に
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20021111205.html

422 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:13:48 ID:r2oVYsx9
多数の中国人が自転車で靖国周辺を回るわけですか

423 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:15:11 ID:RSFqSe66
>>420
自由の意味がわかってない国と
議論などする必要ない
ショボイ戦略など提案すんなw


424 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:17:40 ID:r2oVYsx9
まあ、政治板で褒められるとロクな事は無い
 
ので、中国に褒められるのもロクな事が無い、と思われないように
先方の当局も気をつけて貰いたいもんだね

425 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:17:58 ID:AYm6vYdl
>>417
>中国も韓国も北朝鮮も共和国だ。
???????????????
朝鮮民主主義共和国
北朝鮮は民主主義国家で、日本は国名に【民主主義】って書いてないから民主主義じゃないんだね。
知らなかったorz

426 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:19:02 ID:z0gAGP5X
我們的偉大領袖毛主席説:

“無産階級不但要解放自己,
而且要解放全人類。
如果不能解放全人類,
無産階級自己就不能最後地得到解放。”


わたしたちの偉大な指導者毛主席は次のように言っている。

「プロレタリア階級は、自己を解放するばかりでなく、
全人類を解放しなければならない。
もしも、全人類を解放できなければ、
プロレタリア階級自身の最後の解放は得ることができない。」

427 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:22:05 ID:GncvZl7y ?#
>>425
国家元首を選挙により決めるってこと。
つまり次のターゲットとして日本の元首(日本国内では象徴となっている人物)
の否定じゃないかという問題提起だと読んだのだが、違いますか?>>417

428 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:23:01 ID:r2oVYsx9
>>426
これと
 
>だからおれは靖国問題自体、やばい側面があると思う。

こういったコメントを勘案すると、中国ってのはキリスト教の統治に
対抗してる側面が強い。共産主義がキリスト教に対抗しうる勢力と認識
されてていらん紛争が生まれてるのが実際なんじゃないか?
その計画に狂いを生じさせたのが日本の靖国って象徴と海外は認識してるのでは


429 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:23:39 ID:z0gAGP5X
毛主席語録歌
造反有理

馬克思主義的道理千條萬緒,
歸根結底,就是一句話:
“造反有理。”
根據這箇道理,
於是就反抗,
就鬪爭,
就幹社會主義。


叛逆には道理がある

マルクス主義の道理は 数限りなくあるが、
とどのつまりは この一言:
「叛逆には道理がある。」になる。
この道理に基づき、
反抗をし、
闘争をし、
社会主義を 推し進めるのである。

430 :425:2005/06/21(火) 01:29:19 ID:AYm6vYdl
>>427
>国家元首を選挙により決めるってこと。
韓国はそれなりにだけど。
中国・北朝鮮は、
結局、共和国って書いてるだけだろ?
本音を言えば、日本の民主主義も怪しいが。

431 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:32:08 ID:RSFqSe66
まあ、中国は天皇制が気に食わんだろうな
裏をかえせば嫉妬してるんだろう
それだけ優れたシステムなんだろw
外から見りゃ


432 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:35:38 ID:z0gAGP5X
盧武鉉大統領当選後のかの国の流れ

・第16代韓国大統領就任(支持率80〜90%)【02/12】
・大統領側近への不正献金発覚等(支持率22%)
・反日発言・親日行為究明法成立
・韓国憲政上、初の大統領弾劾可決→職務停止
・韓国総選挙でウリ党躍進、第一党に
・憲法裁判所、大統領弾劾棄却→復帰
・米、韓国を同盟と見なさず(非公式)
・北朝鮮専門家招き学術会議(テーマ:日本の「右傾化」)
・中小企業も韓国離れ、海外投資が急増
・在韓米軍削減決定→国防費引上げ(GNP比2.8%→3.2%)
・李秀赫次官補「北朝鮮の核放棄を確信」と楽観視
・プロパガンダ放送の中止や衝突防止策で合意
・米軍削減は米が公開反対と嘘吐いて米に怒られる
・国民意識の反米性向が高調
・金正日韓国を訪問表明
・韓国政府、南北首脳会談の年内開催を北に打診
・与党、「親日真相究明法改正案」提出
・国家保安法上の反国家団体から北朝鮮を除く

433 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:36:08 ID:BX0IGJNf
>>428

各国の歴史認識ってのは、当然、その国の都合でかまわん。
日本には日本の都合があるんだから、日本の都合でものを言えばいいし、
逆にそこで一歩でも引いてしまったら非常にまずいでしょう。

日本人として都合のいいことならいくらでも言えるよ。
言えるんだから利用すればいい。
で、日本の歴史認識は、日本の国体を正当化すればいい。

たとえば、現日本の国体は、サンフランシスコ平和条約で国際社会が
承認したものです、何ら問題ございません、とかね。

利用できるものは利用する。


434 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:36:10 ID:z0gAGP5X
・米国務省ボルトン次官訪韓当日、映画「華氏911」国会上映
・日韓両国の歴史認識問題、任期中は提起せず【04/7/21】
・米国の北朝鮮人権法を真っ向から批判
・政府レベルで親日人名録・辞典作成へ(弾劾予定者リスト作成)
・日本統治時代、辛基南議長の父から拷問受けた
・ウリ党議長父親が日本軍憲兵と発覚して辞意
・共産主義者を再評価 抗日運動家顕彰へ
・自民党安倍幹事長へ歴史認識問題などの対応要請【04/9/2】(40日で方針変更)
・韓国科学者が2000年にウラン分離実験していたことが発覚
・越境北朝鮮船に警告自制 韓国軍作戦規定緩和
・「国家保安法撤廃」で北と意見が合う
・1982年のプルトニウム抽出発覚
・IAEA理事会で新たにウラン転換発覚
・ウリ党、「北朝鮮人権法」に懸念表明
・盧「近く対北朝鮮抑制力持つ」と公言
・国民の70%「盧大統領は誤っている」
・ウリ党は国家保安法の廃止を決定(一応骨抜き代案あり)
・首都移転「(不文)憲法違反」で混乱、予定地の地価は下落
・支持率低下22.4%(11/11ハンナラ27.1%、ウリ党23.2%、民労13.7%)
・対北武力行使・封鎖に反対=抑止力主張にも「一理」

435 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:40:49 ID:r2oVYsx9
>>433
なるほど

436 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:42:07 ID:z0gAGP5X
第一大邦丸事件
ttp://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/015/1076/01502231076001c.html

437 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:43:00 ID:RSFqSe66
>>435
何も大した事書いてないが?w

438 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:46:20 ID:z0gAGP5X
靖国神社規則 昭和21年4月1日


   目的及び事業

   国事に殉じた御霊を祭神とし、神徳光昭、遺族慰藉、平和醇厚なる
   民風を奨励するのを目的とし、事業を行なう。

   註

   占領軍は、靖国神社を厳しい制約下に置きながらも
   陸海軍の残務を引き継いだ復員局の、

   1. 戦没者身元調査と、
   2. 祭神名簿の靖国神社送付、
   3. 靖国神社の霊璽簿調整

   については黙認した。

439 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:47:10 ID:z0gAGP5X
   これには

   占領軍の当初の方針は、靖国神社を焼却する意向で
   マッカーサー元帥はローマ法王使節のブルノー・ビッテル神父に
   諮問したところ、下記の回答を得た。

   「自然の法に基づいて考えると、いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に
    対して、敬意を払う権利と義務がある。
    それは戦勝国か敗戦国かを問わず、平等の心理でなければならない。
    無名戦士の墓を想起すれば自然に理解できる。
    もし、靖国神社を焼き払うことがあればそれは犯罪行為であり、
    米軍の歴史に不名誉極まる汚点となって残るであろう。
    歴史はそのような行為を理解しないに違いない。」

          マッカーサーの涙 朝日ソノラマ刊より

   や

   昭和20年11月19日靖国神社臨時大招魂祭 
   に立ち会ったGHQ民間情報教育部長ダイク准将が
   靖国神社の儀式が厳粛かつ平和裡に行なわれたことに
   感銘を受けた。

   ことなども影響しているかもしれない。

440 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:48:23 ID:AYm6vYdl
>>431
創価学会員もアンチ創価が羨ましいから、叩くって言ってたよ。
無視したり、ウダウダ言ったり、そんな事で無く。
戦略的に優位に立つことが出来ない日本政府の問題。
そんな、無能な連中を選挙で選んだ国民の問題。

441 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:55:32 ID:RSFqSe66
>>440
>創価学会員もアンチ創価が羨ましいから、叩くって言ってたよ

墓穴掘って自爆するのが目に見えてるが。
小泉は正論だけ吐いてりゃいい。
相手が勝手に自爆するだけ。


442 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 01:56:31 ID:BX0IGJNf
>>439

それは日本の国体を正当化していく上で価値のある歴史資料だ。

GHQってのも批判するばかりが脳じゃないな。

だからそういう時は我々はこう言えばいい、

「アメリカの占領統治においては、我々後世の日本人は、マッカーサー元帥
に敬意を抱かずにはいられない。日本という国の悠久の文化を尊重し、いか
にして国際社会に復帰させうるか、その偉大な至力と功績を忘れてはなら
ない」

・・・これによってアメリカは、グウの根も出なくなる。



443 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:01:15 ID:r2oVYsx9
ブッシュさんだと、マッカーサー元帥は靖国で眠ってるのか?
とかジョーク言いそうだけけどね

444 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:01:15 ID:AYm6vYdl
>>441
相手が自爆する前に、日本が自爆している。
小泉は、その前にスルー。

小泉は何もしないが回りが大変。
自分のケツもふけない首相。

関取も、馬鹿ほど自分のケツを拭かせているらしい。
自己管理が出来ない奴ほど、回りに迷惑を与ええる。しかし、錯覚する人間はそれが権威に映る。

445 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:05:48 ID:rnBcjfKV
>>444
確かに相手側に利権を持っている人間は迷惑を被っているかもね(・∀・)ニヤニヤ

446 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:06:45 ID:BX0IGJNf
>>439

小泉総理:「いやぁ、この間、朝日ソノラマ刊の『マッカーサーの涙』とい
う本を読みましてね。マッカーサー元帥は、日本再興において、本当に深く
日本の文化を研究していらしたんだよねぇ。感動した。昭和20年の靖国神社
臨時大招魂祭に立ち会ったGHQ民間情報教育部長ダイク准将は、靖国神社の
儀式が厳粛かつ平和裡に行なわれたことに深い感銘を受けたというんだよね
え。こうやってアメリカの尽力もあって、今の日本があり、そして不戦の
誓いのために靖国参拝に捧げるというのは、やはりアメリカのパートナー
シップの所産でもあるわけだねえ。」



447 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:09:14 ID:RSFqSe66
>>444
野党の連中が賢く見えるか?
おれには馬鹿にしか見えんが。


448 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:20:17 ID:AYm6vYdl
>>447
野党に限らず、自民の中に賢い奴を探せばいいじゃないか。

ただし、小泉のままでも言いと思うのも問題なし。
戦争が下手な奴を支持して野垂れ死にしたくない。
小泉程度ならいくらでも有能な奴はいるはず。
東条よりも100倍小泉は馬鹿だろ?

449 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:26:53 ID:RSFqSe66
>>448
東条は生真面目で墓穴を掘った。
馬鹿で総理でいられるほど
世の中甘くない。

450 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:36:31 ID:RSFqSe66
>>448
小泉以前の
派閥、族議員、官僚が実権を握っていた時代には
もう、戻らない。

451 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:40:44 ID:jK6VMhJm
「アッシリア滅び、バビロン滅び、ペルシア滅び、そしていま
カルタゴも滅びさりぬ。つぎに滅ぶるは、これローマか……」

452 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:52:13 ID:r2oVYsx9
実はインタンブールだったとかな

453 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 05:13:49 ID:lEtFen+r
2chの政治版に貼りついてる「 思 い 込 み 」という粘液を出す羽虫のID:BX0IGJNf。
この虫の生態は「日本」の「歴史」と「思い込み」を同一視かつ同一化して、「糞」を
人になげることでなりたっているが、しかしこの虫は自分の質問に自答できない無力・無能である。
無能なのに本気出すと恐ろしく陳腐な話ばかりである。
彼には2chの政治版にしか生きる場所がないが、いい加減少々目立ちすぎている。
例えば >>442 >>446 これがお得意な当事者理論かね?
吉田茂はアメリカにグウの根を言わせたが、こんなの聞いたら「Good」って言うだけだな。
アーミテージもにんまり、と。
しかし重ね重ねこのような本性が虫のようなものがネタとして靖国を利用することに
靖国に祀られた英霊は憤りを憶えていることだろう。
このまま調子込んで靖国を利用した気になっていると、どういうことになるのかな。
すでにID:BX0IGJNfは目立ちすぎてしまっている。

454 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 05:15:18 ID:lEtFen+r
2chの政治版に貼りついてる「 思 い 込 み 」という粘液を出す羽虫のID:BX0IGJNf。
この虫の生態は「日本」の「歴史」と「思い込み」を同一視かつ同一化して、「糞」を
人になげることでなりたっているが、しかしこの虫は自分の質問に自答できない無力・無能である。
無能なのに本気出すと恐ろしく陳腐な話ばかりである。
彼には2chの政治版にしか生きる場所がないが、いい加減少々目立ちすぎている。
例えば >>442 >>446 これがお得意な当事者理論かね?
吉田茂はアメリカにグウの根を言わせたが、こんなの聞いたら「Good」って言うだけだな。
アーミテージもにんまり、と。
しかし重ね重ねこのような本性が虫のようなものがネタとして靖国を利用することに
靖国に祀られた英霊は憤りを憶えていることだろう。
このまま調子込んで靖国を利用した気になっていると、どういうことになるのかな。
すでにID:BX0IGJNfは目立ちすぎてしまっている。

455 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 05:15:33 ID:lEtFen+r
2chの政治版に貼りついてる「 思 い 込 み 」という粘液を出す羽虫のID:BX0IGJNf。
この虫の生態は「日本」の「歴史」と「思い込み」を同一視かつ同一化して、「糞」を
人になげることでなりたっているが、しかしこの虫は自分の質問に自答できない無力・無能である。
無能なのに本気出すと恐ろしく陳腐な話ばかりである。
彼には2chの政治版にしか生きる場所がないが、いい加減少々目立ちすぎている。
例えば >>442 >>446 これがお得意な当事者理論かね?
吉田茂はアメリカにグウの根を言わせたが、こんなの聞いたら「Good」って言うだけだな。
アーミテージもにんまり、と。
しかし重ね重ねこのような本性が虫のようなものがネタとして靖国を利用することに
靖国に祀られた英霊は憤りを憶えていることだろう。
このまま調子込んで靖国を利用した気になっていると、どういうことになるのかな。
すでにID:BX0IGJNfは目立ちすぎてしまっている。

456 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 05:17:48 ID:uIQ9Kg0v
糞をテレビ画面から投げてる連中も忘れるな

457 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 06:53:29 ID:BX0IGJNf
>>455

おまえが一番奇妙だよwww



458 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 08:52:03 ID:RUNO3LxB
>>352
何で憲法違反なのかい?

459 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 08:52:38 ID:jK6VMhJm
ID:+rWrbE18=ID:BX0IGJNf>>
あなたが何を考えているのかわからない。
議論をしたいのか、自分の持論を感染させたいのか、
単に感情に任せて貶したいのか、それ以外の何かなのか、
ただ、議論ないし批判というならば、なにかしらの代論をもって
問答を行うのが道理なのでは?
勿論。何かしらの論を展開しているレスもあるが
ただ単に批判しているだけなのも多い
それは、無責任にすぎるだろう。
そして僕が一番聞きたいのは、何を以って『悪』とし
何を以って『偽善』と言ってるのか。
そこのところ答えていただけませんか?

460 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 09:01:48 ID:RUNO3LxB
ID:+rWrbE18=ID:BX0IGJNf>> ←◆一行しか書けない低脳粘着だなw

僕は二行書きましたよw

461 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 09:37:01 ID:jK6VMhJm
460>>
それは、すみません。
宜しければどこがどんな風に何でいけないのかを
説明していただけませんか?
低脳粘着の僕にはわからないので

462 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 11:22:22 ID:m00zpBdl
六カ国協議で日本がトイレに席を立ったあとの会話。

中国  「日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国  「独島を占拠しても怒らない」
ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」
5カ国  「一体どうすれば‥」
中韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、
       俺らの国の国民にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北露  「ふーむ‥」
米国  「あ、そういえば、愛知万博が弁当持込不可にしたら、
     日本国民が激怒したと聞いたな‥首相まで出てくる騒ぎになったとか‥」
その他 「な、なんだってー!!!!!」


463 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:15:46 ID:6Qgh+VAu
>>449
つーか、一徹なんだろ。馬鹿の一つなんとかとも言えるけどな、、、。
政治家小沢は東条の実家と同じ岩手。
もっと妥協しろよ。

安倍の故郷は長州、いや山口。実は狡い野郎だろ。
小泉は薩摩、いや鹿児島。自己主張強過ぎ。

で、維新改革とか言う構造改革はどうなったんだ?
最後はまた収集つかなくなって靖国神社か?

やれやれww
>>446>>442
馬鹿。コーンパイプは当初日本にカトリックを普及させようとしたんだよ。
でないと占領当初の忙しい時期に神父になんか聞くかよ。
靖国の歴史と同様薄っぺらな歴史の知識しかないようだなww

靖国は薩長寡占支配体制のドグマでしかない。
GHQが利用するのは当然だろ。究極の寡占支配だw

驚いたな、靖国神社は独立自尊の気風があるのかと思いきや、
占領軍支配を歓迎していたわけだ。忠義の基準がよく変わる
招魂社だとは聞いていたが、外国軍にも忠義か?
変幻自在だなww
そう言えば昭和天皇も朝鮮戦争後の米軍支配継続を歓迎していたらしいな。

さて、真の売国奴は誰だ?


464 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:55:55 ID:Yp9QhDuB
 6月19日報道2001で、日韓議員による歴史認識に付いての議論があった中で
桝添要一氏が日韓併合35年の多民族国家での朝鮮半島人も同じ日本人として選
挙権、被選挙権を保有し、市議会議員、国会議員も居たと言う発言に対し、韓国
国会議員の思考は感情だけの最低な思考過程しか持たない低レベル発言だったの
には驚いた。

 それは、韓国の国会議員が屈辱の歴史で早く忘れたいと言う発言だった。
 屈辱と言えば日本も耐え難きに耐え、忍び難きを忍んで占領軍に5年間占領さ
れたが我々はただ感情的に屈辱だから早く忘れたい等と韓国国会議員のような低
レベルの思考は日本国民なら絶対にしない。
 例えば占領の事実を受け入れ、しっかりと占領政策の善し悪しを見極める日本
国民が殆どだと思っている。
 俺なら、明治から昭和までの政府が行った民主改革成果は大きいが、アメリカ
の5年占領間に行った民主化改革に比したら不十分で占領政策の良い点は日本の
徹底した民主化政策だと評価出来る。

 また、韓国国会議員が感情的に屈辱で早く忘れたい歴史と言うので有れば日本
人が事実を明らかにし、日韓併合前の韓国は、絶対君主制と儒教社会の呪縛に捕
らわれ韓国政府は、餓死朝鮮半島の怨念から脱出出来ないで居たのだ。
 その近代化を日韓併合により、農地改革、教育改革、民主改革等矢継ぎ早の改
革で成し遂げ朝鮮半島国民は歓迎していたし支持していた。

 35年の日韓併合間に反対独立運動が有ったのは3.1事件位で、これは日本の
明治維新の西南戦争のようなもので、旧利権者(武士・両班)の抵抗運動ぐらい
のもので敗戦まで独立運動等無かったのだ。
 つまり、35年間の民主改革・教育改革等々は朝鮮半島人に支持されていたの
だ。韓国国会議員よ、感情的に屈辱として事実から逃げないで、現在の韓国近代
化へ誘導したのは35年間の日韓併合の歴史が絶対必要だった事を知るべきだ。

465 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:09:14 ID:IePy0GB+
>>464
韓国の国民の民意が低いということだね。

466 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:36:24 ID:Hg/Rs948
>>465
 韓国国民では無く、韓国の政治家の統治レベルが低すぎて歴史認識について
議論するレベルに無いと言うことです。

 歴史の事実から逃げ出して、自分達政治家の都合がよい事ばかり言っていては
共に議論出来る人達では無いのではないでしょうか?

 歴史認識の統一と言うときは、歴史の事実認識の統一で有って、歴史評価の
統一で有っては成らないのです。
 歴史の評価は、個人の信条、思想、宗教の自由と同じく自由に評価するべき
なのが歴史の評価です。

 歴史認識の統一は、あくまで歴史事実認識の統一で無ければならないのです。
 捏造した歴史認識で統一等、あり得ないことです。
 日本海を東海等と捏造する韓国国会議員と、歴史事実認識の統一等あり得ない
事です。
 日本の政治家は、この件で安易に妥協してはいけません。
 盧武鉉大統領に良く教えて帰ってきた小泉は立派です。
 安易に妥協するべきではないのです。
 竹島がどちらに帰属するかは、歴史認識問題ではなく、国際法律問題なのです。
 韓国国会議員は、余りにも我田引水理論が、横行し過ぎです。

 例えば民主党の前原次の内閣防衛庁長官?は、先の戦争は日本の侵略戦争だと
発言していましたがこれが歴史評価の自由だと言えます。
 アメリカ占領軍司令官マッカーサー元帥は、先の日本の戦争は日本の自衛戦争だと
評価していますが、民主党前原議員は侵略戦争だと決めつけています。
 これは、事実認識ではなく、評価だから分かれても仕方がないけどね。
 でも、日本国民なら、マッカーサー元帥の日本は自衛戦争をしたと同じ評価をして
欲しかったけどね。



467 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:43:53 ID:GncvZl7y ?#
中韓の態度だが、ひとつ疑問がある。
無宗教の追悼施設なら良くて靖国なら駄目と言う根拠が理解できない。
国内の他宗教関係者(例えば創価とか)なら靖国批判の理由も想像するに容易い。
しかし、戦死者の慰霊を行う施設を無宗教で建てようと中韓にとっては
まったく関係ない話ではないかと思う。
中韓にとって宗教法人か無宗教かが問題になるものなのだろうか?

468 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:45:00 ID:wS4icjMe
>>459
戦争で生き残ったじじいにロクなのが居ないと怒ってんでしょう
あんたのように

469 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:48:29 ID:IePy0GB+
>>466
なるほど。

>>467
論理的な意味ではなく感情的なものなのではないですか?

470 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:53:27 ID:wS4icjMe
>>467
国家神道を外せればなんでもいいのだ
ようするに創価がそれに成り代わろうとしてる

471 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 14:21:10 ID:NMOZCW3/
憲法前文つまみ食いと「瞬間タッチ断言法」の危なさ 2003年12月15日
>だが、小泉首相は何ら悩むことなく、憲法前文のこの下りを堂々と読み上げたのだ。
>しかも、その直前にある平和主義の基本線に関わる重要な下りを飛ばして。
>これは、憲法前文の「つまみ食い」といった生易しいものではない。完全な意味逆転である。
>本来、9条とセットで平和的生存権を根拠づける前文の当該箇所を読み上げて、
>他国への軍事介入を正当化したのは、小泉首相が初めてだろう。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2003/1215.html

村山富市元首相;「恥ずかしい限りだ」と大分市の自宅で非難((01年)8月13日)
>「誤った国策に基づく植民地支配と侵略」との「戦後50年の節目に、精いっぱい、
>ぎりぎりの形で歴史認識へけじめをつけようとした」)私の談話を引用してまで、
>なぜ参拝したのか。矛盾だ。これでは『村山談話』は単なる作文になる。恥ずかしい限りだ」
>「『小泉談話』には『心からのおわび』が消えている」
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yasukunihatugenn2.htm

日韓首脳会談でも「不戦の誓いから自分は参拝した」とまたのたまったらしいけど、
マジでいいかげんにしてほしい。
この件に限ったことじゃないが、小泉は自分の行動を正当化するのに、
耳障りの良い既成概念の語感を本来ありえない文脈で使用する。

無論、善意に解釈することも可能だが(靖国をただの追悼施設だと本気で思ってるなら、
「不戦の誓い」も理解できる)、あまりに前科が多すぎて、おれには「オオカミ中年」にしか見えない。

日韓首脳、靖国問題で溝埋まらず
http://www.asahi.com/politics/update/0620/005.html

472 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:14:54 ID:Ql3zSmAH
韓国側へのアピールとして
我々がアメリカから占領された期間をどう考えているか
屈辱の期間でもあったが、それによって得たものは大きいと
アピールするのはどうだろう。

473 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:50:32 ID:eFJFv0+M
>>471
無意味なコピペはいらない。
あなたの結論を述べていただきたい。

474 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:59:27 ID:BX0IGJNf
相変わらず頭悪いやつが多いよ。

脳もタコなら文章力もタコだよなおまえら。
ほんと文章書くのがヘタだよなぁ〜、なんでなんだろうな?
たとえばこれ>>464
最初の5行で、文章の読みづらさから、それ以上読む気が失せるよ。

でもおまえらバカだから読み易い文章と読みづらい文章の区別もつかない
だろう?だから誰も>>464にツッコみを入れてない。
ツッコみを入れるどころか、ちゃんとレスを返しているアホもいるw


475 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:11:22 ID:pxeZP1Up
近隣三国は、歴史認識については「日本は歴史認識を改めろ」と言ってる訳で。
その歴史に元ずく現在の、近隣三国のそれぞれの歴史教科書は日本人には、見れ無い
状況にあることを、見越して脅迫に近い形で抗議しているように感じる。

事実、日本国内の書店で、近隣三国の歴史教科書を買う事、あるいは図書館でさえ
見られない状況であるわけで、その歴史認識での日本人の感覚のずれを検証しよう
にも、出来ない状況である。
こんな事で、裁判でいうなら、証拠不十分な状況がなんで、近隣三国は「正当である」
と言えるのか非常に不思議な感じでもある。
社会主義な国で有れば有るほどに「ほころび」を隠したいのでしょうかね。

中国でも2004年から、反日教育は政府指導で強固な物になってるとか。
反日教育の出来る国柄で、歴史認識がどうたらぬかすのは、おかしなことである。
この様な意見に対して「日本は侵略した事は間違いない」と言うが、反日教育を
国を挙げて施行できてる、国が歴史認識を日本に問える事、自身がなんとも奇妙である。

で、何で反日教育が必要なのかね・・今でも?一番の疑問だわな!
で、日本でも「反、中国教育」「反、韓国教育」「反、北朝鮮教育」なんぞ・・・
Ww・Ww・Ww〜〜〜は、間違ってもしないだろうね。

476 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 16:23:06 ID:cz1YHxa2
>>474
うわっはっは!
読み易い文章と読みづらい文章の区別もつかないだろう??

随分と今まで読みづらい文章をいくつも書いてきて、
そのカキコに答えてみろと人に強要している人って、誰のことざんしょ?


477 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 16:27:57 ID:cz1YHxa2
>>474
最初の頃のあんたさんのカキコを、暇だから以下にコピペしてさしあげるざんす。
    -----------------------------------------------
まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
・・・という事をいちから見直す必要がある。
「恒久的平和の尊さ」などという漠然とした綺麗事では物足りない。
では、実際に何を学んだのか。何を知ったのか。

@国家が77年で命脈尽きた有様を見た。
A2000年に及ぶ文化が命脈を保っている姿を見た。
B民族は絶滅せずに、生き残っている自分を見た。

・・・つまり、@、A、Bは一元ではない、多次元であり、各々別次元で
あることを知った。学んだ。そしてそのすべてに自分の実像を見出す事が
できる、多層的認識を新たに得たといえる。

戦前はまでは、@〜Bは一元だった。命運を共にして当然だと思っていた。
しかし、昭和20年を契機に知ったことは、多次元だという事。
これは戦後、国民の政治への無関心という悪影響にもつながったが、それに
はそれなりの理由が在ったという事だ。
特に、@には寿命の期限がある事を知った以上、文化民族のすべてをそこに
委ねるのには、あまりに心もとない、という認識を得たのではないか?

もちろん@〜Bは密接に関係している。
しかし、一元であるかというとそうではない、という新たな感知性。
実はこの多層的認識によって、結果的には戦前よりも、@、A、Bを強固に保
持する事にもつながる、というのが私見。
これは西欧から丸ごと輸入してきた「政教分離」の概念などとは違い、我々
が身を持って体得した、真の多層性ではないのか。

・・・・そこから靖国問題を考えてみるべき。
  ----------------------------------------------------------

478 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 16:30:03 ID:cz1YHxa2
この>>477のコピペに答えてみろと、随分しつこかったっすねぇ。

で、あんたさん、何をしたいんですかね?
このスレの雰囲気を悪くしたいだけの話ですかね?


479 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:32:19 ID:CauVsk+y
>>433
そのとうり。正論。

ヨーロッパでは各国とも歴史感が違うし教科書も違う。
教科書だって、お互い合致する所や似てる所は載せるが「それ以外」は自国の歴史感で書いている。
日本には日本の歴史感があるし、韓国には韓国の歴史感がある。
日本は韓国の歴史が間違っていると長年否定してきたか?
韓国は自分勝手な満足の行く歴史感を日本に固定させたいだけ。

480 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:34:40 ID:CauVsk+y
中国だって自国に都合の良い歴史感を日本に固定させたいだけ。

そんな自分勝手な国の言う事を真に受ける日本国内の無能人達も問題だ。

日本には日本の歴史感がある。
靖国参拝だって日本の事である。
日本の事にいちいち批判するなら日本政府も中国や韓国の行事に何でも批判しろ。

481 :海老名市の英ちゃん:2005/06/21(火) 16:37:04 ID:DqYCtMUP
全然書き込みできないぞ!!れぼりゅーしょん。
日韓でなんかもめているようだけど、くだらないと思う。
竹島でも独島でもどうでもいいよ。 ほしいならあげればいい
両者ともに頭が痛く爆破したいのなら レボリューションをおこそうぜ!!
人類の歴史に日韓の真剣を記そう!! 歴史は捏造するものだ!!
政治家同士は認められないにしても本音はどうでもよく 過去より現在を大切にしたいんだろ!!
お互い全然、現在を知らないのが問題だ!! お互い現在をもっともっとよく知ることが重要では??
爆破よりは残したほうがいい。 成熟した国家間での・・・・うまく書けない
両国ともに領有権を主張しているんでしょ??? だったら今現在を韓国と日本の竹島?独島? 肯定的な意味でお互いをよく知るために
わざとその問題を残すということはどうだろう??
1年に一度かならず竹島の日と独島の日と日韓、韓日?の日 3日お互い祝日がきて
今現在のお互いをよく知るように 戦争についてや歴史についての交流をする番組をつくり
また芸能人同士の交流もする 最後はサッカーでしめくくり 必ず日本が勝つ!!
ケンカするのは疲れるよ 仲良くケンカできるような空気をつくって ケンカになってもこの韓国人め!!ではなくて
個人間で終われるように・・・ もうののしりあうのはやめよう!!
ペヨンジュンさんは体調が悪いらしい・・・ 浜崎あゆみについて韓国は気にならないのか??

まず交流できるように竹島を埋め立てて広くしよう!! 韓国の軍隊と自衛隊で。



482 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:38:51 ID:pxeZP1Up
まっ、この靖国問題でも指摘されている事だが・・・
1985年までは、近隣三国からは何も抗議は無かった。
で、中曽根が「公式参拝として靖国に参拝した」と、証言した事を日本のメディア
は国際的に大々的に報道した事で、靖国問題は発症したわけだ。
つまり病気になった訳だ。

不思議なのは、1985年以前の近隣三国の対応である。何故、無関心で居られた
のか。で、何ゆえ日本のメディアが取り上げた事に、従順であるのか?
何も、日本のメディアが近隣三国の「親分」でも有るまいしに、何で素直に従った
のか俺的に言わせて貰うなら、近隣三国は「日本メディアの奴隷である」としか
思えない。
しかし、素直なんだね〜〜これが、日本のメディアが騒げば「そうだ!そうだ!」
の大合唱である。
しかしさ?この21世紀において、この様な無国籍民族が居る不自然さ!

つまり、近隣三国は結局日本のメディアに、遊ばれているだけのように感じるが。
なんで、自国の意見とか・・・持てないのかね?
やはり日本メディアに侵略された・・
国々のなれの果てと、いうことかいな?
たしか、中国は「先進国である」と、自覚してる訳だが?・・ではないのかね?
途上国なのかな?


483 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 16:46:33 ID:cz1YHxa2
何かしらんけど、正論という言葉が好かんです。
何を持って正論というんだろうなぁ。
何何論、というのは、こういう考え方もある、別の考え方もある、そういうもんだと思うんですけどね。
これこそ正論、とでも言いたげな表現には、傲慢なものしか感じないし、
論じるということをするのに際して、初っ端に根本的な間違いを犯している、
としか思えないんですよね。

>>482
あなたのマスメディア論の話も相当にしつこいですね。
マスコミ板に行けば、話の合う人がわっさわっさといるはずですよ。

484 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:48:58 ID:6Qgh+VAu
>>477
実際明治政府が国家として機能していたのは西南戦争1877年前後から
満州事変1931年前後までの僅か半世紀程度じゃねーかな?
>>433
その国体或いはそれを担いでいる連中に異論がある。

485 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:49:28 ID:NMOZCW3/
>>474
文章力のコンテストやってるんじゃないんだから、ほどほどにね。
文意がとれてかつ自分に興味のある話題なら、
ほとんどの人はこだわらずにレスしてると思う。

読む気が失せるレスは黙ってスルーすればいいし。

486 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:49:40 ID:65K5UcYf
>>483
tekkoさん最近怒ってばかりですね。あなた、そんなに怒る人でしたっけ?文章が読みにくくなってます

487 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:51:38 ID:3aiYcoaC
外出時に妙な人間につけられてるだろうな
2chはそういう事が現実に起こりえる場所だ

488 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:55:12 ID:sUOTj857
プロテスタントの仲間さん情報  靖国・有事・靖国靖国靖国靖国・・・
おまいら靖国教??w靖国靖国と有事靖国靖国・・・

http://www.jca.apc.org/~cp_net/   プロテスタントさん
********************************
… 靖国神社法案 国会提出 36周年・「6・30 公開学習会」 …
「有事体制づくりの日本にあって、改めて靖国神社問題の今を考える」
********************************
日時 2005年6月30日(木)    
6:30〜8:45pm (開場 6:00-9:00) 
場所 OCC 901号室(お茶の水クリスチャンセンター)

第1部  礼拝 (6:30-7:00pm、席上献金有)
「平和の福音の威力」(エペソ人への手紙2章14-17節)
説教者 村瀬俊夫牧師 (日本長老教会「ヤスクニと平和」委員会委員長、 
日本福音同盟(JEA)社会委員会委員、平和を実現するキリスト者ネット事務局員)

第2部 講演 「有事体制づくりの日本にあって、改めて靖国神社問題の今を考える」(7:00-8:00pm)
講師 西川重則 氏 (靖国神社国営化反対福音主義キリスト者の集い代表)
(日本キリスト改革派 東京教会名誉長老)
質疑、報告 (8:00-8:30) アピール、祈祷(グループ)(8:30-8:45)
主催  靖国神社国営化反対福音主義キリスト者の集い(略称・「靖国の集い」)
協賛  靖国問題連絡会( 加盟教派:日本福音キリスト教会連合、日本長老教会
「ヤスクニと平和」委員会、日本同盟基督教団 教会と国家委員会、日本キリスト改革派 東部中会社会問題委員会)

489 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 16:58:35 ID:cz1YHxa2
>>486
あなたがどんな人か知りませんがね、
たったの2、3日でこのスレが罵りあいのくだらないレスだらけで500近くも進むんじゃ、腹も立つんですが?
政治板って、割に過疎板なはずなんだがな?

ところで、次の首相について語るいいスレって知りませんか?
立てようかな。

490 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:04:42 ID:pxeZP1Up
>>483 で・・<相当しつこい・・とあるが、まだ俺は2回目だが?

というか、「書かれたくないことかきやがって!」に方に論の重心があるのかな?
いえる事は近隣三国は、日本のメディアのコントロールされてる事は間違いないだろ。
韓国にしても、狂乱的反日行動一つとっても、「何で狂ってるのかな?」でしかない。
つまり、日本のメディアに程よく暖められて、燃焼してるってとこが、俺には感じる。

冷静さに欠けると言う事は、完全にコントロールされてるしょうこでもあろうね。
>>483 で、これで今日は3回目。
2回でもしつこいと言うならお前は、アホのコテと言うことか?

491 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:04:50 ID:ut9XXiM2
>これこそ正論、とでも言いたげな表現には、傲慢なものしか感じないし

それを言うなら天の声を人が語るというほうが尊大というか罰当たりというか

492 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 17:09:10 ID:cz1YHxa2
>>490
今日だけじゃないでしょうが。
書かれたくないことじゃなくて、つまんないことです、私にとっちゃ。
以下スルーしまっす。

>>491
天声人語?
さぁ、その言葉の意味まで考えたことはなかったですが。朝日びいきでもないから、なんとも。

493 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:15:24 ID:pxeZP1Up
>>492 やはりな・・何に対して・・<しつこい・・には、答えられないんだな!
分るよその気分。只、持論に対して意見が合わないだけでの・・<しつこい・・
なんだろうな。

論者としては、恥かしい限りでもあるな。
事実は事実なんだろが、一方的に攻撃してるのは、近隣三国なわけだし。

これで・・4回目!だ。つまらんから、終わりにする。


494 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:23:11 ID:3aiYcoaC
亀井さんが浪花節と言ってたから
 
俺は、韓国の歴史は訛り節だと言っておく

495 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:33:56 ID:BX0IGJNf
>>493

これはもう文章力といった次元を超越してるな。
日本人じゃないなこいつは。


> やはりな・・何に対して・・<しつこい・・には、答えられないんだな!
>分るよその気分。只、持論に対して意見が合わないだけでの・・<しつこい・・
>なんだろうな。
>論者としては、恥かしい限りでもあるな。
>事実は事実なんだろが、一方的に攻撃してるのは、近隣三国なわけだし。
>これで・・4回目!だ。つまらんから、終わりにする。




496 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:34:11 ID:NMOZCW3/
>>479-480
たとえば江戸時代の日本の歴史認識に他国が異議を唱えたりは
しないでしょう。でも前の侵略戦争を日本が美化することは
中韓が受けた被害に日本が別の意味を持たせようとすること。

強盗殺人の犯人が「あれは事故だったんだよ」と吹聴して回るのを
見て被害者の遺族が平静でいられるわけがない。

それから、中国や韓国が日本の歴史観を否定するっていうより、
日本側が自国の歴史を改ざんしようとしているように見える。

497 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:35:24 ID:RUNO3LxB
◆小泉が、諸外国からの批判を姑息に屈して適切に判断して「無宗教の参拝施設を検討・・・」
と明言した事は、一応「政治屋レベル:乙種合格基準」に値する。
但し「それでも、靖国に取って代わるものはない・・・」って発言は、さすが半ツッパリ翁の面目躍如だな。
頭下げた振りしつつも、舌をペロッと出す様な幼稚さ・いちびりっぷりは笑うしかない。
相変わらず、胆力の無い腰の据わらぬ生き様よのう・・・
明治に俄かに設立された、歴史の浅い鎮魂根拠の論理的合理性の全く無い、
たかが「賽銭施設・建前装置」に固執するしか能の無い、偏屈・執着気質で幼稚な馬鹿たれ男の極みよのう!
国益にとことん瑕疵を与える国賊よのう!

498 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:39:25 ID:CzUzrJfd
>>496
それはイギリスの手法を否定するって事でよろしいな

499 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:42:29 ID:NMOZCW3/
>>498 どんな手法?

500 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:43:27 ID:BX0IGJNf
>>496

なんともまあ、カスが多いねしかし。
ほんっとに・・・。

コイツは、「強盗殺人の犯人」の例え話まで出して、いかにも一般通念上、
誰もが納得する当然の帰結を説明しているように見えるが、よくよく文章
を読んでみると、「侵略戦争を日本が美化する」件に関しては、余談を許
さない確定事項にしている。

・・・あのさ、そんな一本調子でお話しになると思ってんの?
カスすぎるのよ。

いちいち説明してやらないと分からないのかねえ?こういうカスには?

今、巷で問題になってるのは、

「侵略戦争を日本が美化する」

こ と 自 体 の 可 否 な ん で す よ 。


それを固定確定した上で話し出すような人間のカス理論を、他人に読ませて
何の価値があるのかね?
その行為が無駄である事にすら気付けない、こいつの無能さも悲しいわな。

こいつは山奥に住んでるんだろうか?
まったくお話しにならない。

501 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:43:59 ID:CzUzrJfd
>>499
ヤクザと同じ、ぶつけて置いて、通商と言う名目で保険金が
”少しずつ”払われる
 
日本はガバッと気風良くやってるがな

502 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:47:29 ID:BX0IGJNf
>>496

「侵略戦争を日本が美化する」

まず「侵略戦争」と確定できる経緯を具体的に言ってみろ?

それから「日本が美化」したという具体的事実を言ってみろ?

・・・・どうせ答えられないだろw
ものを知らないやつに限って、偉そうな事をのたまって、そのあと自分の
レスに責任が持てなくなって、逃げる。

ほんと低脳ですわおまえら、ほんと。


503 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:49:17 ID:CzUzrJfd
靖国には大英博物館みたいに海外の略奪品無いし

504 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:50:14 ID:cz1YHxa2
>>500
コテハン名乗ってもらえませんか?
そうすれば、あぼーんできるんですが。
あなたが私の発言をことごとくスルーしてくれてるように。

505 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:52:28 ID:NMOZCW3/
>>501
じゃあ、イギリスの手法を否定するって事でよろしい、です。
それが正しかったなどと英国人もまさか思っていないでしょう。

506 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:54:30 ID:pxeZP1Up
>>502 一つだけ疑問。君に一回だけ・・コテするか。

あのさ!>>495で、君は俺に・・<答えられないんだ・・で、批判してるけど。
自分で他人に同じ事で、設問できるんだ・・不思議だね。

俺も因みに「日本は歴史認識を美化しては居ない」・・派、なんだけど、一応は伝える。

507 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:56:10 ID:BX0IGJNf
>>506

文章が読めないので答えられない。



508 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:57:20 ID:CzUzrJfd
>>505
イギリスの点は定かでは無い
 
みな、その判断で苦しんでる
海軍は英国の手法も仕方無いと理解した
陸軍はそれはプライドが許さなかった
結果が太平洋戦争なんだ

509 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:59:00 ID:CzUzrJfd
そして、あえて付け加えると
陸軍のそれは、日本の神道か坊主か知らないが
そういった輩それも悪番頭レベルの慢心が少々
見え隠れしてる気がしてる


510 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:59:02 ID:NMOZCW3/
誰にレスしていいかわからんから、とりあえず書きっぱなしでw

もちろん、一般の教科書は史実を伝えないことはあっても、
侵略戦争を美化してはいない。

美化しているのは「つくる会」の教科書、靖国史観、それを
信奉する政治家たち。

511 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:00:47 ID:GncvZl7y ?#
なんだか話がわけのわからない方向に行っているように思えてならないのだが、
戦争の保証や賠償は済んだことではなかったということだよね。
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約
財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定
日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約
等で結んだ条件では不十分と言うことだよね。
で、そこでは問題にしていなかった靖国というものを否定してきているわけだよね。
まず、上記のどの条約違反なのかを説明して頂くか、それらの条約の変更手続き
を双方で合意しあうべきだと思うよ。
そうでなければ今後も日本独自の文化を何でも戦争の所為にして否定しないとも
限らないね。
上記3条約に違反しているところがあれば中立なな立場であるだろう
国際司法裁判所等で決着つけるものいいと思う。
条約改定が必要なら、その根拠を示すべきだよね。
感情論で要求がエスカレートするような変な国際関係になるのは
まったくナンセンスだと思うよ。

512 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:01:33 ID:CzUzrJfd
中国に進出していた紡績工場が、ある日国有化され
みな焼きだされた、身寄りの無い人は神社に寄り添った
 
中国はかつての現地での侵略を正当化する為に、逆説的表現で持って
これを抹消しようと常に画策している

513 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:02:23 ID:BX0IGJNf
>>505
>じゃあ、イギリスの手法を否定するって事でよろしい、です。
>それが正しかったなどと英国人もまさか思っていないでしょう。

何も物を知らないクセに、よく偉そうにうだうだ言えるもんだよな?
なんなの?その自信?
おまえらほんと、なんでそんなに自信満々なの?まじで。

国際連盟の本質も知らないようなカスが、「侵略戦争を日本が美化する」
なんてよくもまあ、偉そうに言えるもんだわ。

あのさ、もう認めてもいいんじゃない?
自分がカスである事を。
お話しにならない低脳だという事を。

おれの言い分は間違ってるかなあ?どう考えても妥当だと思うんだが?


514 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:02:52 ID:Vb6bv6qL
>>508の点はインド人の博士しか言ってない事かもしれない
 
だが、話が大きくなりすぎるが、これは人類の反省点だ


515 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:03:22 ID:BX0IGJNf
>>510

ID:NMOZCW3/

おい、うるせえよ、そろそろ黙れよ、カス。



516 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:03:53 ID:eFJFv0+M
>>505
>強盗殺人の犯人が「あれは事故だったんだよ」と吹聴して回るのを
>見て被害者の遺族が平静でいられるわけがない。

何れにせよ↑国対国の問題を、個人レベルの問題にすり替えれると考えている時点で話にならないよ。
朝鮮半島では世界史の授業がないと言う噂は、どうやら本当のようだ。

517 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:08:46 ID:pxeZP1Up
>>515 コテ・・2回目。
お前もかなり「ウザイ」わな!
論点が見えないのも、情けない。

518 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:08:55 ID:FmbPkW1P
産業革命以降の海外侵略が今の世界を作った、過去の事実はどう評価しても変わらない。
それぞれの国で評価がある、無理に強制して認識を統一しようとするから日中のような混乱が起きる。

韓国での秀吉や伊藤博文の評価が日本と真逆なことも日本人には不愉快だが無理に日本は訂正しろといわない。
中国のような内政干渉は国際関係を悪くするだけだ。
日本は不当な干渉などに惑わされないことが、成熟した関係を作るためには必要な態度だ。

519 :国を愛するような愚かな犯罪者に堕してはならない:2005/06/21(火) 18:09:04 ID:DxUO4Egb
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上九一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国或いは北朝鮮の愛国兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


520 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:10:29 ID:Vb6bv6qL
正柔郎殿には勉強させて頂いた、御礼申し上げる

521 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:15:12 ID:BX0IGJNf
>>511
>戦争の保証や賠償は済んだことではなかったということだよね。

おれもこないだ、NHKの番組で初めて知ったが、日韓問題は傷が深い。
日中問題はそれに比べたら、簡単なぐらいだな。
あの番組を見ていると、現韓国政府にも責められるべき咎が山ほどある
が、それもデリケートに対処しないといけない。
なによりも、番組の中で、戦前生まれの韓国人が日本語を流暢に話せる事
自体が、あの番組の最も強いメッセージ性でもある。

>国際司法裁判所等で決着つけるものいいと思う。

実は竹島問題にしても、日本側は国際裁判への上奏を提案しているが
韓国側が拒否してるんだ。・・・・などと言うと日本右傾は「そら見た事
か」とでも言いそうだが、これはデリケートな問題なので、国際裁判など
という、かしこまった所へ持ち出すのは得策じゃないな。
韓国側のメンツが丸潰れになるので、やばい。


522 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:24:20 ID:gGlVBGCX
>>ID:BX0IGJNf
とりあえず。>>459の問いには答える意思がないのですね?
まあ、スルーが楽っていうのは分かりますけど
自分の言動に説得力が欠如しているという事実には
気付いて欲しいものです。

それから>>495で“これはもう文章力(以下略)”という発言がありますが、

(以下>>446コピペ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

小泉総理:「いやぁ、この間、朝日ソノラマ刊の『マッカーサーの涙』とい
う本を読みましてね。マッカーサー元帥は、日本再興において、本当に深く
日本の文化を研究していらしたんだよねぇ。感動した。昭和20年の靖国神社
臨時大招魂祭に立ち会ったGHQ民間情報教育部長ダイク准将は、靖国神社の
儀式が厳粛かつ平和裡に行なわれたことに深い感銘を受けたというんだよね
え。こうやってアメリカの尽力もあって、今の日本があり、そして不戦の
誓いのために靖国参拝に捧げるというのは、やはりアメリカのパートナー
シップの所産でもあるわけだねえ。」

―――――――――――――――――――――――――――――――――

はい、文法が間違っています。
『靖国参拝に捧げる』これおかしいですよね?
ニュアンスはわかりますが。
それと、かぎかっこの閉じる方“」”には句点が持っている
文の切れ目を表す意味も含まれているので、句点はいらないです。
一応書いておくと句点は“。” ですよ。

人に指摘する前に、自分の身を振り返ってみては?
ちなみに、この文の改行とかの不整合性は
ある程度の見易さを考慮したものですので、あしからず。

523 :>>459>>522:2005/06/21(火) 18:28:54 ID:gGlVBGCX
>>468
僕は一度もも戦争で生き残った老人に
対しての怒りを表明したことはありませんよ

524 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:30:04 ID:Vb6bv6qL
えーと、これはデリケートでは無い対処の例を示してるのですか

525 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:32:32 ID:Vb6bv6qL
それ”も”なんかの暗示なんですね

526 :459:2005/06/21(火) 18:32:55 ID:gGlVBGCX
言ってる内から自分でやってれば世話ないですねorz
「一度もも」って…………。
すみません。自省します

527 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:37:07 ID:BX0IGJNf
>>496

ID:NMOZCW3/

このカスが、アホ丸出しで言及している、
「侵略戦争を日本が美化する」という考え方について、国民の心理面から、
おまえらにも分かりやすく説明してやるから、よく聞け。

例えば、大衆文化の音楽でも、どんな流行でも、10年くらい経つとダサくな
るわな。
前の流行がダサくなると、その次に出てくる新しい流行は、「前の流行を否
定」する事によって、「今のおれらの方が新しいんだぜ」という事をアピー
ルするのが常だな。

ひと昔前までは、もてはやされてカッコいいと思われていたものを、次の世
代がバカにするという行為は、「快感」なんだよ。

あるいは違う例え方をするなら、田中真紀子が演説で、森前総理の事をデブ
と言ったり、山崎拓の事をエロオヤジと言ったりすると、大衆ってのは喜ぶ
わな?で、田中真紀子の人気はあがるわな。
でも田中真紀子自身は政治家としては無能で、国民に多大なる迷惑をかけた
のにな。

このように。
「戦前を批判する、バカにする」のは、戦後の大衆にとっては、この上ない
「快感」だったんだよ。実は、ただそれだけの理由なの。
で、戦後60年経って、その「快感度」が薄れてきた。

だからID:NMOZCW3/のように「侵略戦争を日本が美化する」などという戯言
をいまだに信じて疑わないカスは、時代遅れの流行を、時代遅れだと気付き
もしない単なるゲロカスだという事だ。


528 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:38:42 ID:Vb6bv6qL
昔の海軍士官は太ももに鉛筆刺して眠気取りながら勉強してたそうですね


529 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:44:29 ID:SzlxEKCE
>>522
そんな煽りばっかの荒らしつつくなよ。
荒らしに反応するやつも荒らし。

…で、その理屈だと俺もry

530 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:47:45 ID:U0K+KkWz
そういやあ、靖国スレも10から14辺りまで、悲惨でしたっけねぇ。。
あれを思えば今のこの状況は、まだマシか…?

531 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:49:09 ID:BX0IGJNf
>>522

いいか?
お前も含め、大衆ってのは、結局は毒舌に弱いんだよ。
毒舌から目をそむけることができない。
まるで毒舌が中心になってスレが進行しているだろ?
おまえもその虜になってる。離れられない。

田中真紀子のような無能な政治家が祭り上げられたのも、おまえのような
一般大衆がちやほやしたからなんだよ。

間抜けなのは、お前が、その事を自覚していないという事だ。

まるでおれを否定できたようなレスをして、自己満足に浸っているのかもし
れないが、実は、一度、毒舌の虜になってしまった人間というのは、本来の
政治的主張などどうでもよくなる。とにかくその毒舌を言う人間につきまと
う行為だけに集中するようになる。完全に痴呆化するんだ。
おまえのレスの内容を見ても、その通りだろ?

こうして、おまえらのようなカスが量産され、第二、第三の田中真紀子
が生まれていくわけだ。


532 :459:2005/06/21(火) 18:50:58 ID:gGlVBGCX
>>529
すみません。自省、自制を心がけます。
これでこのスレには、何かレス(まともなもの)
がなければ書き込みやめます。

533 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:02:45 ID:BX0IGJNf
>>522

12時間以上前のレスを検索し、その内容からアラを探し、コピペして、
叩く。

・・・これほどまでのエネルギーを、スレッド本来の靖国の問題から完全
に逸脱したところで、発揮してしまうのが一般大衆なんだよ。

結局は、本気で政治を考えてもいないし、なんの主張もなければ、目的すら
持っていない。だから無駄なだけのエネルギーを存分に使えてしまうわけ
だ。

・・・どうだろう?
完全にカスだと言って、差し支えないだろ?




534 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:03:24 ID:MLESTjdr
>>529 >>532

こういう時期には、これまでも そうであったように。

【季節労働者】が寄ってくるのですよ・・・

聞こえましたか?

【季節労働者】とは【BX0IGJNf】さんのことですよ。




535 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:07:21 ID:J3py5xCe
だからID:NMOZCW3/のように「侵略戦争を日本が美化する」などという戯言
をいまだに信じて疑わないカスは、時代遅れの流行を、時代遅れだと気付き
もしない単なるゲロカスだという事だ。

途中参加だがどういう意味?
お前はファシズムを美化するのが、いまどきの流行だと言いたいのか?


536 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:13:14 ID:GncvZl7y ?#
>>521
日中間、日韓間の問題がデリケートでセンシティブな問題であることは(個人的には)承知している。
しかしそれが故、双方合意の上、文書化し条約を批准したのではないだろうか?
条約違反ならそれを指摘すれば是正しないわけにはいかないだろう。
条約に不備があるなら双方合意の上、再度条約改定を行えばいい。
問題なのは一旦結んだ条約があるのにそれに違反しているわけでもないのに、
要求がエスカレートするようなシステムにしてしまわないことだと思う。
例えば、条約改定のテーブルができるようならそこで決着するまで、
靖国参拝を控えてもらいようにでも問題を棚上げにし参拝してもいいがその分の
ペナルティを科すとしておいてもいいと思う。
センシティブな問題だからこそ合意文書が重要になってくると思うし、
それをよりよいものにする相互努力は必要だろう。
合意文書が拠り所となれば要求がエスカレートするときの歯止めになるかもしれない。
現状の中韓の要求のエスカレートを見ていると日本人のアイデンティティを崩壊するまで
続くのではないかと思ってしまう怖さを持っている。

537 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:30:42 ID:BX0IGJNf
>>536

エスカレートした先で、どこに行き着くのかと言えば、前近代的な志向への
歴史認識に行き着く。
というのは、近代東アジアの歴史上、日韓(朝鮮)の接触・折衝が始まった
時点では、双方が近代国家然としてとは言えないし、必ずしもその双方の付
き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。

しかし、この先、日韓条約見直しのテーブルに双方がつく上では、これは
直接的には表面には出てこない事だし、もちろん、事はごく近代的に進む
わけだ。もちろん今の韓国は、ある意味、日本より意識は近代化している
わけだから。

たしかに、近代的な意識レベルで、問題に区切りを着けてしまう事に、越し
た事はないね。


538 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:36:13 ID:MLESTjdr
感情の話に、近代的も何も無いでしょうが・・・
寝ぼけたことを言わんといて。


539 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:43:57 ID:FmbPkW1P
>>521
>韓国側のメンツが丸潰れになるので、やばい。

それでは日本側のメンツが丸潰れになるのでやばい。

何で韓国のメンツを日本が心配するのだ?日本は親切な保護者か?大きなお世話だと韓国人も思うぞ。
韓国を馬鹿にしているから、けんか相手のメンツまで心配するのか?そんな傲慢な態度はとっている余裕などないぞ。


540 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:50:04 ID:BX0IGJNf
>>539

おしえてほしい?
おしえない。

>>536
朝鮮という国は、私見では、元を正せば非常に忠義心の厚い国で、
東アジア中、西欧の侵食を最も嫌った国だったように思う。
そこで当時の大日本帝国がどのように映ったか。

しかし、いまや立場は逆転していると言える。
ということは、あなたが言う「エスカレート」は、現韓国の自己否定に
繋がらなくもない。ここがミソ。


541 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:50:12 ID:MLESTjdr
>>537

>必ずしもその双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。

「必ずしも」は否定文とともに使うのが、一般的な日本語です。

上記の一文は、「必ずしも」を間違えて使ったのか?

否定文にするところを間違えて肯定文にしたのか?

それが読み取れません。

どちらなのか、教えてください。




542 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:59:45 ID:GncvZl7y ?#
>>540
>あなたが言う「エスカレート」は、現韓国の自己否定に繋がらなくもない。ここがミソ。
さすがだな。
今日の深夜に日本との違いを共和国と書いた人だけのことはある。
でも民衆を扇動するためには(共通な)敵を作ることが手っ取り早いと言うことを
前近代人も現代人も理解している為政者がいる。

543 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:02:16 ID:FmbPkW1P
>>540
おまえは馬鹿か?

これは疑問文ではないんだぞ。おまえが馬鹿なのかと質問しているのではないのだぞ。
>>539を疑問文と解釈する馬鹿には断りを入れないとまた誤解されそうだ。
馬鹿は笑って許してやる、からむな。


544 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:13:24 ID:BX0IGJNf
>>542

為政者の扇動を打ち消しても、彼らの本質的愛国心は消えないでしょうし、
彼らのルーツへの探究心を止める権利は誰にも無い。
また、その純粋な気持ちは、我々も尊重すべきだ。
逆に言えば、それが為政者の扇動ごときであってくれた方が、>>543のよう
なカスがうだうだ騒ぐ程度のレベルで済むから安心するくらいだ。

国際裁判のような究極のカードは、すべてを危急的に白日の下に晒さざるを
得なくなるため、そこに火をつける恐れがあるという事ですね。


545 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:26:42 ID:MLESTjdr
>>536
>朝鮮という国は、私見では、元を正せば非常に忠義心の厚い国で、
>東アジア中、西欧の侵食を最も嫌った国だったように思う。

朝鮮は儒教国家で、仰ることは 極々 常識的なことなのですが、
そんなことは、このスレでは誰もが理解していることなのです。

さも、とってつけたように、「日は東から上るというのが、私の私見です」
と言っているようなものです。 それに、気づいてください。


546 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:30:10 ID:/E/qgtGB
A級戦犯の合祀のせいで天皇陛下は靖国参拝できなくなったんだって。
「天皇陛下万歳」と言って死んでいった英霊カワイソッス
A級戦犯イラネッス

547 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 20:37:19 ID:cz1YHxa2
日韓首脳会談で、
春がどうこう、冬がどうこう、いう話をしてましたですね。
我が日本の総理大臣、小泉君は、
「冬が長ければ春のなんとかが〜…」
てなことを話していました。相変わらずのお調子者小泉だわと思って見ましたが。

小泉という総理大臣が辞めた暁には、春の暖かさを感じたいものだとつくづく思うんですよ、私。

スレ違いでしょうけどね。

548 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:41:43 ID:SzlxEKCE
小泉は、お調子もんだしいい加減な発言も多いですが、あの場面でのあの言い方は
普通…っか、良い言い方だったんじゃないでしょうか。

ってかスレ違いな上にただの愚痴なら余所でやられてはどうでしょう。

549 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 20:44:16 ID:cz1YHxa2
良い言い方だとは思いませんけどね。
ただのお調子者。中国でも韓国でも、そうとしか思われないでしょう。
で、そういう人物を選んでいる日本の民度もその程度だとしか思われないでしょう。

はい、愚痴はここまでにしますよ(笑)


550 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 20:48:26 ID:MLESTjdr
BX0IGJNf さんへ、

>>537 で、私がお聞きしたのは・・・

>必ずしもその双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。

上記の一文は、

@ 【必ず】、その双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。
A 必ずしもその双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影がある【わけではないからね】。

・・・ どちらなのですか、という質問なのです。

B どちらでも構わない、と思ってらっしゃるのでしょうか? そうなると、日本語が使えない人と思われますよ。

・・・ それとも、

C 間違いを認めると、あなたが行なったように【カス呼ばわり】されると思ってビビッているのでしょうか?



551 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:00:19 ID:926Qejgw
負け戦の責任者が「英霊」になってるってのが、
一番間抜けだよな。
なんにひいでてんだろかw

552 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:00:42 ID:Vb6bv6qL
>>538
”切った張った惚れた晴れたに理屈は無い”
”理屈も蒙薬は何処にでもつく”
 
ほな最後は薬か?んじゃ日本の場合はそれが核じゃったんやなと
 
韓国はこのまま行くとほんまに原爆落ちると思いますよ、危ない
2chの戯言で日本に落とせばいいとか言ってるがようするに
そんだけ危機感も心当たりも或る言うことや
 
って事では無いかと

553 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:04:12 ID:926Qejgw
原爆が落ちてもなんもかわらんのじゃない?
そこまで戦況悪化させても「英霊」になれるんだからさ。


554 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:08:15 ID:FmbPkW1P
>>545
>朝鮮という国は、私見では、元を正せば非常に忠義心の厚い国で、

朝鮮という国はなかった、朝鮮と呼ばれる地方は存在したがそんな国家は存在したことはない。
ありもしな国のはなしなど妄想の世界だ。

忠義心があつい国の本当の国名をおしえてくれ。

555 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:09:22 ID:926Qejgw
戦争指導者はらくだよなあ。
間抜けな作戦やって戦死者が多数でたとこで、
英霊にしてやったっていえるもんな。
ほうら、つっこめー。兵站?よくさがせー。そのへんにあるだろさ。

556 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:11:40 ID:Vb6bv6qL
豊田への思いっきり嫌味に聞こえる

557 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:35:29 ID:FmbPkW1P
>>551
えいれい 0 【英霊】
(1)霊魂。特に、戦死者の魂を敬っていう語。

(2)すぐれた人。また、その魂。



558 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:41:29 ID:NMOZCW3/
>>547
小泉くんは、来るべき春のために冬をわざわざ長引かせてくれてるわけだね。
このまま日本だけ氷河期に突入しそうな気がしなくもないがw

小泉:「一部に対立の感情をあおる向きがあるが、指導者はそれに乗ってはならない。」
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005062001003905_Detail.html

むちゃムカツク。おまえ(小泉)のことだ>一部に対立の感情をあおる向き

559 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 21:47:22 ID:7WHZLHyM
韓国の教科書を見るとおもしろい歴史がなさそう。
歴史の話をするなら、植民地後しかないのかもしれない。

560 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:17:04 ID:65K5UcYf
おまいらどうぞ
http://www.ne.jp/asahi/nadja/bc/

561 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:24:15 ID:4H2o8KuD
>>560
爆笑したw完全な自己矛盾
ここまできたらギャク以外なんでもないwww

562 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:26:10 ID:H6g7Jc2U
いつの間にかものすごくやっかいな売国機関と化してる
止めないとやばいよ

http://domo2.net/bbs/image/1098794566.jpg (外国人参政権の記事)

北側国土交通相(公明党)の最近の政策
   ●女性専用車両導入
   ●北朝鮮船18隻に入港証明書を与える →契約保険会社の支払能力に疑問あり
   ●万景峰の入港許可 →5/18、入港予定
   ●中国 観光ビザ発給地域拡大
   ●韓国 観光ビザ免除恒久化

公明党の推進している政策
   ●外国人地方参政権付与
   ●人権擁護法案 →国籍条項撤廃には強く反対

韓国SGI(韓国創価学会)の2005愛国大祝祭での主張
   ●「独島(竹島)はわれらの領土」 →2万人参加の人文字

冬柴幹事長(公明党)の韓国ハンナラ党訪問時の談話
   ●「日本には奈良県があるが、"ハンナラ"からの"ナラ"である」 →ハンナラ党(「偉大なる国党」「韓の国党」)


563 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:43:11 ID:a/3n9eYX
このごろ2chって右翼やらアジアと日本との関係を悪くしようとする
工作員ばっかになってしまってなんだかつまらない。
3年前はそんなことなかったのになぁ〜
昔だってそれほど統制が取れていたわけじゃないけど、ある種の議論
があったがもう既にそんなものもなく、相手の悪い部分だけを強調した
りして印象操作を行うツールとなり下がってしまった。

564 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:51:33 ID:hLU0yRq3
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/yasukuni/news/20010807-81.html

 靖国神社とは

 靖国神社 明治維新直後の1869年に東京招魂社として設立され、79年に靖国神社と改称、軍の直轄下で天皇のために戦った死者を祭った。
250万人近くが祭られているが、うち210万人余りは太平洋戦争の戦没者。
合祀(ごうし)対象は戦死軍人だけに限られず、靖国神社が霊璽簿に名前を記載すれば祭神とされる。
 戦後、連合国軍総司令部(GHQ)の指令で宗教法人に。
1950年代後半から遺族会などで国家護持復活を求める動きが活発化、69年には靖国国営化法案が出されたが、
憲法の政教分離原則がネックとなり74年に廃案。
その後は首相参拝の是非が議論の中心となっている。
 朝鮮など旧植民地出身の兵士約5万人も合祀されているが、遺族から合祀をやめるよう求める訴訟も起きている。
                                           (了) 08/13

565 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:52:07 ID:4H2o8KuD
>>563
それはみんなが知識をつけた結果じゃないかな?
靖国に関しても韓、中がカードとして問題にしてきた訳だから
引くわけにはいかないんでしょう

566 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:53:03 ID:EWgwwMv3
良くわからないことがある。
何でA級戦犯なる人物が一緒に参拝されていると、他の善良な英霊がいる靖国に参拝出来ないのであろうか?
「英霊は、本来、参拝される権利がある」が、たまたまA級戦犯が合祀されているために、その参拝が困難となっている。
もし、A級戦犯が悪人なら、英霊は死んでもなおA級戦犯に権利を蹂躙されていることになる。
本来は、まず、靖国に祭られる大多数の英霊に対して何が出来るかを考えるべきで、頭数としてはホンの一握りのA級戦犯の問題は、次の問題であると考えるが如何だろうか。
こう考えると、参拝の際にまずA級戦犯のことを言い出す方々は、この問題を矮小化しているような気がしてならない。
この構図は、「ある一部の権力のために、善良な市民が犠牲になっている」構図そのものではないか。
一部の方々が、市民感覚を売り物にして靖国参拝を批判しているようだが、私には「その方々こそ市民感覚がない」と思えてならない。
どこか近くの共産主義国家の様に、結局、体制が反体制という体制に取って代わられた、ような感覚である。

それに、もしA級戦犯が悪人で本来の戦争責任があるなら、その前で「先の戦争は誤りだった」と宣言するのは、いい当て付けではないだろうか。
そもそも、参拝しなくても過去の戦争を肯定する人もいるし、参拝してもそうでない人もいる。
結局、参拝するしないは外形的ななものであるから、「二度と戦争をしない」と公に宣言すれば、それを事実とすれば良いのではないのだろうか。

567 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 23:08:21 ID:cz1YHxa2
>>563
> このごろ2chって右翼やらアジアと日本との関係を悪くしようとする
> 工作員ばっかになってしまってなんだかつまらない。
> 3年前はそんなことなかったのになぁ〜

以前がどうだったかあまり解らないけど、同感です。
各板、本当にどこもかしこもひどいもんですね。よくもここまで完璧に右傾化してるもんだと。
どう考えたって、おかしいだろうに。

これがどこまで世論として浸透しているのか、不安な気持ちになります。
ブログを適当に抽出して読んでいても、相当な右傾化を感じます。

568 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:08:38 ID:vFrCcboa
 この掲示板に書きこんどるメンバーでしっかり神道の教理を勉強したもんで靖国神社に
参拝したもんが何人おるんやろか。また中曽根元総理が分祀の意味を間違ごうてるんをこ
の掲示板のメンバーは知っとるはずや。神道の教理も知らんと靖国を参拝し、できもせえ
へん分祀を主張した上ほんまの意味すら知らん。特攻で死んだ兵隊さんも、死んだら靖国
に神として祀られる、そう言われて死んだもんの死んだらどういう神さんになるんかも知
らん。合祀も分祀もその意味すら知らんと死によった。こんなことやったら小泉総理も失
礼ながら外人に靖国参拝を説明しようにもその知識すらないん違うやろか?
 いくら総理でもロクに勉強せえへんと拝んだらあかんわな。何も考えんとやらかしとい
て説明するにも知識のないアホやったんやんやろか。

569 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:15:33 ID:Z4GHjjwe
>>567Tekkoはん。ひさしぶりやなあ。達者なやったか?わて、しいばはんの葬式HP
に気ぃとられて書き込みどこやなかったんや。その勉強で睡眠不足です。久しぶりや
けどもう寝るわ。ごめん。

570 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:16:07 ID:BX0IGJNf
>>566

なかなかいい所に疑問を持っているレスだが、このスレにいるカスどもには
通じないよ。

このスレにいるゲロカスどもは、靖国問題をみずから進んで対中国、対韓国
問題にし、みずから進んで中国、韓国を誹謗し、しかも、かといって、偉そ
うに中国韓国を叩いている割には、中国韓国に戦争を仕掛ける意志があるわ
けでもない。結局こいつらのようなカスは、頭から尻まで、何の役にも立た
ないって事だな。

この驚くほどの馬鹿さ加減っていうのは、例えばオレがこういう事を言う
と「靖国問題が対中、対韓問題じゃないなら、じゃあ何なんだ!?」とか
「靖国問題は、向こうが言い出した問題だぞ?」とか抜かす。

歴史の何も見えていないし、こんなゲロカスどもに、問題の本質を教えて
やるつもりもさらさらない。どうせ理解できる頭は持ってないからね。
まあ、知りたい気持ちは分からないでは無いが、レスの内容から見ても、
どう考えても、歴史を正視できるような連中じゃない。こいつらはカスすぎ
る。



571 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:17:43 ID:MLESTjdr
BX0IGJNf さんへ、

>>537 で、私がお聞きしたのは・・・

>必ずしもその双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。

上記の一文は、

@ 【必ず】、その双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影があるからね。
A 必ずしもその双方の付き合い方に、近代志向とは異なった、何物かの影がある【わけではないからね】。

・・・ どちらなのですか、という質問なのです。

B どちらでも構わない、と思ってらっしゃるのでしょうか? そうなると、日本語が使えない人と思われますよ。

・・・ それとも、

C 間違いを認めると、あなたが行なったように【カス呼ばわり】されると思ってビビッているのでしょうか?


572 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:20:02 ID:MLESTjdr
>>570 BX0IGJNf

これこれ、何も答えんと、何を言っても負け犬の遠吠えになっちゃうよ。

573 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 23:23:13 ID:cz1YHxa2
>>568
オイチャン、すごく単純なレスしてすいませんが、小泉がアホ、ていうのは、王様は裸だ(王様の耳はロバの耳?)、言うんと同じようなもんだとしか私には思えません。
賢明な人の目には明らかだと思うんですけど。
私は元気ですよー。オイチャンも無理をしないでくださいね。
それにこのスレ、落ち着いて話ができる状態じゃない時ばっかりですよね、最近。
ちゃんと休んでくださいね。


574 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:29:21 ID:4H2o8KuD
>>567
一度聞いてみたかったんですが、
靖国について
もし、自分の考えが完全に論破されたら転向する可能性はありますか?
今の考えが、新たな知識を得ることにによって違う方向に変わる可能性はありますか?
それともあなたの考えはもうほぼ確立されてるんですか?

質問に特に他意はありません。



575 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:33:09 ID:rnBcjfKV
>>570
中国韓国には戦争を仕掛けるまでもないのだよw

自滅に誘導するだけで事足りる。

スルーするだけで勝手に自滅してくれるよ。

576 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:35:27 ID:MLESTjdr
>>575

否定文と、肯定文の使い方も知らない人に、なにを言っても無駄だと思いますよ。

なんせ、BX0IGJNf さんは、日本語の読み書きができないみたいですから。


577 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/21(火) 23:42:15 ID:cz1YHxa2
>>574
>靖国について
>もし、自分の考えが完全に論破されたら転向する可能性はありますか?
>今の考えが、新たな知識を得ることにによって違う方向に変わる可能性はありますか?
>それともあなたの考えはもうほぼ確立されてるんですか?

転向する可能性とは、何に転向するんですか?

どの位私の意見を把握されているのか解りませんが、私はニュートラルな部分も持っているつもりですよ。
靖国神社という神社はあっていいものと思っていますし。

私が固執しているもの…確立しているものと言ったら、何だろうな?
今で言ったら、小泉の靖国参拝を否定していることですかね。
それと、第二次大戦の日本を指揮した人間の罪は重いと思っています。
そのことと、宗教観を混ぜて考える気は私にはないですね。
亡くなっているから、処刑されているからどうこう、という話はナンセンスだ、という気持ちは確かですね。多分。

578 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:45:23 ID:tFfXtDYJ
”靖国で会おう”と言って死んだ人達を美化してはいけない。一種のマインドコントロール
であり、コントロールされていない人間でも”全体主義”の中のちっぽけな個人の力を
思い知らされて悲壮感漂いながら死んでいった人もたくさんいるだろう。
この理屈を肯定してしまうと”自爆テロ”を肯定してしまうことにもなる。
細かい理屈を言う人もいると思うが原理的には同じ手法だ(事実、自爆テロは
日本の”カミカゼ”をお手本にしているらしい)。
薬(ヒロポン)を打って、ハイな状態して出撃した特攻隊の話も聞く。
ただ、遺族にとっては自分の縁者が無駄死にしたとは思いたくないわけで・・・
もちろん国家に貢献して死んだ人も多数祭られてるわけだけどね。
ただ、イスラム教のように現世代が生きている社会で崇拝されている宗教
と違い、基本的に大日本帝国が柱とした天皇を中心とした神道国家とは
決別して、今の日本国があるわけだから(それを盾に現政府が、旧大日本帝国の
行った行為に責任保障は無いと言い切ってる部分は多数ある)、
中国・韓国に言われなくても小泉の靖国公式参拝は疑問に思うのだけど・・

579 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:51:35 ID:FmbPkW1P
>今で言ったら、小泉の靖国参拝を否定していることですかね。
>それと、第二次大戦の日本を指揮した人間の罪は重いと思っています。

では質問するが日本軍の開戦は妥当であり批判するべきで行為ではないと思っているが、
あなたはどう解釈しているのか?
日本と開戦するために英米が圧力を仕掛けてきた事実があり、回避できなかったと思うが、回避が可能だったと言い張るのか、
どちらなのか、可能ならその手段を示して欲しい。


580 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:51:58 ID:4H2o8KuD
>>577
なるほど
私は首相という立場の人間が参拝する事は賛成ですが、
小泉首相の参拝の姿勢は中途半端なので積極的には支持できないと思います。

今日はもう落ちますが、また機会があれば一度じっくり意見を聞かせてください。
突然の質問に誠意ある回答ありがとうございました

581 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:55:19 ID:BX0IGJNf
このスレにいるゲロカスどもが、中国、韓国を、まるで鬼の首を取ったよう
に誹謗し、そして内実では、中国政府などが扇動している敵対感情の共鳴増
幅効果に貢献しているだけの存在でしかない有様というのは、ある意味、と
ても面白い現象でもある。しょせん、いち政府の恣意による反日感情の扇動
というものが「低レベル」な政策だとするなら、それに呼応して日本側から
巻き起こる対向感情というものもまた「同レベル」の域を出ない、という構
図が面白い。

結局は、馬鹿に呼応するのは馬鹿でしかないという事だ。

ある意味、日本人の歴史解読に対する、本質的な潜在力はまだ発露されてい
ないとも言える。今、たとえばこのスレなどで表面に現れているゲロカスど
もの歴史見識は、もちろん日本の歴史の本質とは程遠い。

>>566での、素朴だが的を得ている問題提示とは、物事を重層的に見ようとし
た場合に発する疑問であり、問題の齟齬を追及しようという姿勢がある。
しかし昨今の靖国問題で、うじが湧くように出てきた日本国内の馬鹿どもに
は、このような機微までを理解できるわけがない。
これからの日本の政治指導者は、こういった馬鹿どもを、利用
する事こそあ
れ、まつりあげられる事の無いように留意する事が肝要だろう。

>>575のゲロカスのように、反中、反韓国を表明しておいて、将来の事は、自
滅に期待するという馬鹿っぽさ。

そしてまた付け加えておくと、右傾化するカスどもに対して、「戦争の美化
につながるから反対だ」という、お決まりの見解しか持たない反対意見もま
た、馬鹿に呼応した馬鹿でしかない。

582 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:59:24 ID:FmbPkW1P
>>578
国家というモノを無視した議論だ。戦時と平時では違う。
自爆テロと特攻攻撃には大きな違いがある。
戦争であり戦闘員を相手にした戦時の戦闘行動だ。条件がまるで違う。

法解釈を無視した議論をするならそれでも良いが、説得力がないモノとなることを自覚するべきだな。

583 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 00:00:15 ID:cz1YHxa2
>>579
開戦の責任を問うているつもりはありません。
戦術ですか。
それと、引き際とか。敗北を受け入れるタイミングとか。
大英断、みたいなことが出来なかった、ということだと思うんですが。

>>580
いえ、ご丁寧に、こちらこそどうも。

584 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:00:27 ID:MLESTjdr
>>581

あなたが何を言っても、ちゃんと日本語が解っていないだろうという、
先入観で見られていることを自覚しなさい。

それは、レスの内容以前の問題であり、あなたがコメントして解決するほかに、
方法は無いのです。

逃げ回っていても、ますます、あなた自身が惨めになっていくことを理解しなさい。




585 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:03:53 ID:tFfXtDYJ
金正日が死んで、国葬で祭られて、拉致被害者の遺族に対して
「彼は死んだ、彼も十分苦しんだ、彼が生きている間に行った行為は
死んでしまったのだからいまさら詮索してもしょうがないじゃないか、
それよりも両国の未来について話し合おうじゃないか。そんな昔のこと
言ってもしょうがないし、わが北朝鮮国民も相当苦しんで、犠牲も払った・・
ただ、彼を国民がある程度許しているし、他国の人間にどうのこうの
言われる筋合いも無い。そういう不幸な歴史は忘れて未来に進もうじゃないか?
あなたの国は多く見積もっても数百人単位、こっちからすれば万単位の
人間の人生狂わせた事実が過去にあるわけだし・・・」
果たして、日本人はどういう反応するのだろう?

586 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:04:04 ID:rnBcjfKV
>>581
期待ではなく予測ですよ。しかも確度の高い。

中国は既に崩壊し始めていものw

587 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:06:07 ID:NXuaE1s7
>>581
で、何が言いたい?
手短に結論だけ言えタコ

588 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:09:19 ID:wE9qam1a
>>583
英米などが、勝てると確信していたから始めた戦争を、日本の都合で停戦したり敗戦したりが、可能と主張するつもりなのか?
なぜそうした日本側の都合で、求めたときにそれが成立すると確信しているのか、どんな根拠があるのか知りたい。

何でそう思うのですか?
日本を徹底的にたたくために始めた戦争をなぜ途中で、中途半端でやめると思うのですか?

589 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 00:11:20 ID:qtF0a1bG
>>588
へっ。
日本を徹底的にたたくために始めた戦争だったんですか??

590 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:11:26 ID:GpP/uIfS
>>587
書きたいことなんか無いのですよ。
これは仕事でね、とにかく このスレを目茶苦茶にしろって言われたもんだから、
内容は無くても、ほかの人を汚い言葉で罵倒していやな気分にさせるのが仕事なんです。
まぁ、本音を言うと、俺こそ ゲロカスなんです・・・・

と、BX0IGJNf に代わって言ってみる。







591 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:19:01 ID:wE9qam1a
三国同盟が成立した時点で、アメリカは欧州戦線を調査してドイツの崩壊に確信を持っていたのですよ。
ドイツ敗北の混乱期にアメリカ軍を欧州の支配者として展開させる目標がアメリカに発生していたのです。

世界戦略をもってアジアに介入しようとしたアメリカが中途半端な停戦で日本の勢力を温存する思うのですか?
壊滅的破壊なしに日本と停戦するとなぜ思うのでしょう、そんな必要性などアメリカに無いと思いますよ。

592 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:22:40 ID:wE9qam1a
>>589
何のための戦争だと思うのですか?
ハルノートを実現するための戦争ですか?

593 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 00:24:50 ID:qtF0a1bG
アメリカは最初から敵でしたか?

594 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:25:48 ID:NXuaE1s7
>>591
停戦出来ない戦争などない。


595 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:36:58 ID:K2dUsSap
戦後60年が長いか短いかは良く分かりませんが、60年を経て解決できないことは
当分解決できないのではないでしょうか。
別の言い方をすれば、60年かけて解決できない問題を、エイヤーっと無理矢理
解決していいことはまずない、まず、九分九厘失敗すると見た方が良いのでは
ないかと思うわけです。
靖国問題は良きに付け悪しきに付け、そういったカテゴリーに属する問題では
ないでしょうか。
いかなる問題も、時間がそれなりの解答を与えるものですが、アジアはこれから
激動の時代を迎えるでしょうし、本格的に戦争を知らない世代が日本あふれる
ことになるのでしょうから、しばし静観はそれなりに賢い姿勢と思われます。
その間に、我々日本人は、複眼思考をもって、歴史問題や靖国に問題、神道と
政教分離などについて、思いを巡らせることが大切と思われます。
そこで、提案ですが、ゲロカス、アホ、タコ、ムカツク、うるせえ、ハクションなどといった
礼を欠いた物言いをやめて、内容の濃さや説得力の強さによって、冷静に議論されては如何
でしょうか。


596 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:58:10 ID:NXuaE1s7
最大の過ちは
開戦した事ではなく
終戦が遅れたことだ。

サイパン陥落で止めていれば
一般国民の犠牲者はほとんどなかっただろう。

東条の責任は軽い。


597 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 00:59:08 ID:6+sxfkjV
>>582 あなたの言ってること矛盾してるんですよ? わかる?
国家が大義名分を付けて行った戦争は”正道”、たとえ国家が宣言しなくても
裏で国家が支援(例えではあるが・・)して行った行為は”非道”、”ルール違反”・・
”戦争”というのは勝つこと(或は戦果を挙げること)が大前提なわけ、それが
最大の目的。しかも、ルールを作った人達の基準の”平時””戦時”な訳で、
実際に特攻隊や自爆テロを行った人間にはそんなことは関係なく、共通点があると思う
けど? 皮肉なことに、 日本は戦争に負けて国家として戦勝国に裁かれたけど
、国家の最高責任者の”天皇”は罰を受けなかった(あれだけ国民の命を犠牲にさせて)。
逆に自爆テロ(本人が指示したかは定かではない、それは天皇も同じ・・)を行わせた
”ビン・ラディン”は、もし捕まえられれば、その責めを負わなくてはいけないだろう。
どっちが正常なのか・・ ただ、言える事は人間の殺し合いに国家・個人と分ける
考え自体、洗脳されてる気がしてならない。どちらも正しくないでしょう?


598 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:01:20 ID:y87XCjr6
とりあえず参考資料投下。

第二次世界大戦―該当ページ「独ソ戦の開始と太平洋戦争の勃発」
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_chirekikouminn/sekaishichizu/sww/sww_0.html

>一方、日本は日中戦争の長期化で国力が消耗し、状況を打開するために
>南方への進出を企てた。…
>…これに対し、反ファシズム諸国支援の姿勢をとるアメリカ合衆国は、
>日本の南方進出を牽制するために…

599 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:08:13 ID:NXuaE1s7
>>597
戦時国際法を遵守してやっている戦争と
何でもアリのテロリストを
一緒にすんなよ。


600 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:08:38 ID:I+8ucfzb
>>527

一日政治版便所虫=ID:BX0IGJNf

このカスが、アホ丸出しで言及している
「侵略戦争を日本が美化する」という考え方について、「思い込み」で
説明してやった気になっているが、中身なし。
またまた例の「仮想的敵を作ってうんぬん」という神経症患者の
一日政治版便所虫=BX0IGJNfが同一化している「 思 い 込 み 」論だな。
こいつは「仮想敵を作っているやつを仮想敵にした叩いているだけ」、
めぐりめぐって同じ穴のムジナなのに、ご本人まるで気づかない。
だからID:BX0IGJNfのように「侵略戦争を日本が美化する」などといった話
を刷り込まれたやつを叩いて吹き上がっているだけのカスは、
時代遅れの流行を、時代遅れだと気付きもしない単なるゲロ便所虫だという事だ。

601 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:25:38 ID:I+8ucfzb
このスレにいるID:BX0IGJNfが、中国、韓国を、まるで鬼の首を取ったよう
に誹謗し、そして内実では、中国政府などが扇動している敵対感情の共鳴増
幅効果に貢献しているだけの存在でしかない有様、
などといった記述をしているのはある意味、と ても面白い現象でもある。
しょせん、いち政府の恣意による反日感情の扇動 というものが「低レベル」な政策
だとするなら、それに呼応して日本側から 巻き起こる対向感情というものもまた
「同レベル」の域を出ない、というありふれた構図を空想している陳腐な論である。
最近こういう議論よくあるよねえ。

結局は、馬鹿に呼応するのは馬鹿でしかないといった紋きり型しか言えない便所虫ID:BX0IGJNf 。

ある意味、日本人の歴史解読に対する、本質的な潜在力を妨害し続けているのが
ID:BX0IGJNf のようなろくな知識もない便所虫である。
このスレなどで表面に現れているID:BX0IGJNf の歴史見識は、
もちろん日本の歴史の本質の認識とは程遠い神経症患者の哀れな症例である。

>>566での、素朴だが的を外している問題提示とは、物事を重層的に見ようとし
て実は最初から嘘に塗れている疑問であり、問題の齟齬を追及しようというポーズの
背後にある傲慢にある。
しかし昨今の靖国問題で、ID:BX0IGJNfのようなうじが湧いてきても、
このような傲慢な「思い込み」の本質までを理解できるわけがない。
それゆえID:BX0IGJNf は勝手にこれからの日本の政治指導者を想像し、
こういった馬鹿どもを、利用する事こそあ れ、まつりあげられる事の無いように
留意する事が肝要だろう、などと空想し射精するところで留まっている。
さて、
ID:BX0IGJNf のように昼間から一日部屋に篭って2chで粘液を垂れ流すという
醜い生存を衆人に晒しているやつが、天下国家を論じ、陳腐な歴史論をぶって
射精する、こういうゲロカスが増殖しないための方策は公衆衛生の問題として提起される。

602 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:27:13 ID:daZBdebs
>>595
>そこで、提案ですが、ゲロカス、アホ、タコ、ムカツク、うるせえ、ハク
>ションなどといった礼を欠いた物言いをやめて、内容の濃さや説得力の強
>さによって、冷静に議論されては如何でしょうか。

無理だね。

ここにいるカスどもが、ゲロカスである以上、それはゲロクソカスと呼ぶべ
きでしょう。

あなたの言うように「60年を経て解決できない」という事は、60年は短いん
です。さっきNHKのニュース特集を見ていたら、馬鹿な年増女キャスター
が、「最近は歴史問題などで日韓関係が冷え切っている」などとほざいてい
た。

歴史問題への積極性が少しずつ増している日韓の情勢を、
「冷え切っている」と捉える事しかできないのが、未成熟な我々現代人の真
の姿です。

あるいは、バブルの時代に遊びまくっていた年増女には、いまの世の中はそ
う見えるのかもしれない。こういうのをゲロカスと呼ばない事には、物事が
前進していかないという事です。



603 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:48:28 ID:NXuaE1s7
韓国が、日本に国立追悼施設を建設せよと
言って来ている。

なめとんかw



604 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:04:49 ID:ePyijcue
太平洋戦争開戦という、極一部を取り出しても何の意味もない。
朝鮮半島、台湾併合や、満州建国、南方への進出は紛れもなく当時の国際的
合意をコケにして打ち壊した行動だった。
おまけに誇大妄想的な軍事拡大戦略を取っていたドイツ、イタリアと軍事同盟。
これらの背景があって、各国は日本に強力な圧力を掛けてきたんだよ。
しかも開戦を回避するための圧力。これを蹴ったのは日本自身。
アメリカのタリバンに対する全面武装解除要求は、まったく不当だったか?
恐怖政治による支配と内戦に明け暮れ、国際テロリストと一体化して、いた事実
を無視できないだろ。

アメリカがどうしても戦争をしたかったので日本は陰謀にはめられたとかの妄想
を抱いているなら、何も言うまい。

605 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:09:05 ID:I+8ucfzb
本日のID:daZBdebs =昨日のID:BX0IGJNf とお見受け。

>>602

ここにいるID:daZBdebsが、ゲロカスである以上、それはゲロクソカスと呼ぶべ
き。

ID:daZBdebsの言う「60年を経て解決できない」という事は、60年は短い、
というのは「思い込み」。
便所虫=ID:daZBdebsがさっきNHKのニュース特集を見ていたらしく、
キャスターが「最近は歴史問題などで日韓関係が冷え切っている」と言っていた
のに噛み付いているわけです。
ID:daZBdebsがようなゲロカスが歴史問題を利用した感情的噴きあがりが
増している日韓の情勢を端的に「冷え切っている」と原稿読みしただけの
女子キャスターに対して「バブルの時代に遊びまくっていた年増女」などと口走る、
それが未成熟な原始人ID:daZBdebsの真の姿であると。
こういうのをゲロカスと呼ばない事には、物事が前進していかないという事です。

606 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:12:57 ID:daZBdebs
>>604

あんたは「当時の国際的合意」を善としてしゃべってるの?それとも悪とし
てしゃべってるの?
おれは悪として認識しているので、あんたのレスの後半部分がちんぷんかん
ぷんだったよ。


『・・・は紛れもなく当時の国際的合意(ショッカーの陰謀)をコケにして
打ち壊した行動だった。』

・・・うんうん、なるほどなるほど・・・

・・・ん?
・・・あら?
・・・え?
・・・はあ?

607 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:14:49 ID:GpP/uIfS

本日のID:daZBdebs = 昨日のID:BX0IGJNf = アタマ カラッポ



608 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:18:54 ID:6IOn0T+q
1871年、日本は大蔵卿大久保利通や工部大輔
伊藤博文をはじめとする百人余りの視察団(岩倉使節団)を欧米に派遣し、
22ヶ月に渡って、欧米各国の政府制度、司法機構、教育体制などの詳細な調査研究を行った。
日本使節団は当時の列強の元首と相次いで面会を持った。
とりわけ、プロイセン(ドイツ)のビスマルク大統領は、日本の代表団を宴会に招待し、
その席で弱小国家であるプロイセンが新興強国になる経験を披露した。
その話を聞いた日本人達は、「富国強兵の秘密はこれか」と驚きを抑えずに感嘆した。
その後、日本がドイツをモデルにし、軍国主義の道を歩む建国方針を確定した。
これは後に日本が対外侵略に走る遠因ともなった。

1875年、清朝政府は日本に対して、
連合して欧米列強に対抗しようと呼びかけたが、日本に拒否された。
なぜなら、当時の日本はすでに「脱亜入欧」を決意し、
中国のような後進国との連盟を望まなくなっていたのである。

日本が1894-95年の甲午(日清)戦争で中国を、
さらに1904-1905年の日露戦争でロシアを相次いで破り、
「脱亜入欧」という抜本的な構造改革の正しさを証明した。

1945年日本は敗戦した後、今度は、自分を破ったアメリカに真剣に学び、
抜本的な民主主義改革を展開し、
軍国主義から民主主義の経済大国へと見事に変身したのである。

609 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:26:40 ID:daZBdebs
>>608

すざまじい曲解だなこりゃ。ゲロカスだな。
あなたアメリカ人?

>軍国主義から民主主義の経済大国へと見事に変身したのである。

軍国主義から民主主義に変わったというのは、とてつもない作為的な言い方
だよなwwwwwwww
こんな言い方に騙される日本人が今いるかね?



610 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:28:14 ID:AD9FuaXH
>>607
>国際的合意 【 (ショッカーの陰謀) 】
>【 (ショッカーの陰謀) 】
>【 ( シ ョ ッ カ ー の 陰 謀 ) 】

政治的合意に基づく枠組みを善悪でしか判断できないことよりも
日本自身も賛成した国際的合意を【ショッカーの陰謀】呼ばわり
するのには驚愕した。


611 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:30:46 ID:t8/X6Pc6
>>609
>すざまじい曲解だなこりゃ。ゲロカスだな。
>あなたアメリカ人?

下品な君は何人?

612 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:37:48 ID:NXuaE1s7
どうでもいいが
誰が靖国へ行こうが、本人の勝手だ。

妨害する自由の敵は、叩きのめすのみ。


613 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:39:42 ID:6IOn0T+q
日本人が新年の初詣に靖国神社を参拝することは、
戦犯を偲ぶもので、軍国主義復活の兆候であると、中国国内では絶えず批判の声がある。
その動機はどうあれ、毎年、大勢の日本人が自発的に神社に参拝していることは、
日本人には、昔国家に命をささげた「先祖」達に対する感謝の気持ちがあることを物語っている。
一方、抗日戦争(日中戦争)の際、国家のために大勢の中国人が犠牲になったが、
現在、その存在は殆ど忘れられ、ましてその魂を参拝することはありえない。
自らの祖国に命を捧げた先祖をすぐ忘れてしまう民族には、
強大な民族集結力が永遠に訪れないのである。

戦後、日本は巨額の資金を投入し、
かつて激戦が繰り広げられていた太平洋の島々に残された
日本兵の遺骨を日本に持ち帰り、埋葬している。
ベトナム戦争後、アメリカはベトナムと国交を回復する際、
ベトナムに対しアメリカ兵の遺骨の返還と
ベトナム各地における米兵の遺骨の調査を行う事を要求した。
しかし、中国とベトナムとの関係の正常化が実現するときに、
戦死した中国兵士の遺骨を回収に関する問題は殆ど提起されたことがなく、
人気のあった中越戦争の中国軍の英雄達も、現在は忘れられようとしているし、
まして朝鮮戦争、抗日戦争でなくなられた先祖のことは、
完全に忘れられているといっても過言ではない。

614 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:47:51 ID:daZBdebs
>>612

うるせえよカス。



615 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:51:33 ID:6IOn0T+q
韓国学長の言葉
「戦わざる者は自ら滅ぶ」

私は平素学生に対して、韓国人としての自覚を促している。
日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人自身が考えなければならないことがある。
日本の韓国併合に対してアメリカもイギリスも誰一人反対しなかった。
世界は当然のような顔で受けとめていた。
それは何故か。
清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。
だから日本軍が戦って清国を追い払った。
ロシアが入ってきたときも我々は戦わなかった。
日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。
だから日本はこれ以上トラブルはいやだと、朝鮮を併合してしまった。
これに対して世界の列強は、
日本がそうするのも無理はないとして、ひと言も文句を言わなかった。
このことを忘れてはならない。
韓国は自ら滅んだのだ。
日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前に、
我々は戦わなかったから滅びたことを知らねばならない。

「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著

616 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:54:40 ID:NXuaE1s7
>>614
自由にたてつく気かよ?
全体主義者のアホw


617 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:57:06 ID:daZBdebs
>>616

おめえは確実に口先だけで自由と言ってるタコだから、
さらに練り込んだら、何が残るのかを見てみたいよwwwwwwwwww


618 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:58:16 ID:6IOn0T+q
在日が帰化しない理由

○1.公文書への通名使用可(在日隠蔽権獲得)
○2.永住資格(非権利)
○3.犯罪防止指紋捺印廃止
○4.所得税・相続税・資産税等税制優遇
○5.生活保護優遇
○6.永住資格所有者の優先帰化
○7.民族学校卒業者の大検免除
○8.外国籍のまま公務員就職
○9.公務員就職の一般職制限撤廃
○10.大学センター試験へ韓国語の導入
○11.朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除
△12.民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格
×13.在日外国人地方参政権
×14.公務員就職の管理職制限撤廃(これは9と同じか?)
△15.掛け金無しで年金受給可能


(○:実現済み。△:実現中。×:要求中。)

619 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:04:22 ID:daZBdebs
>>615

おめえ、何が言いたいんだよ?
連続長文のコピペカスが。

他人の意見をコピペしているだけだから、さっきから曲解だらけなんだよ。
このカスが。

>清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。
>だから日本軍が戦って清国を追い払った。

清と朝鮮は宗主国と属国の関係なんだから戦わなくて当然なんだよ。
その韓国学長は、それを分かった上であえて言ってるわけ。
それを丸ごとコピペしてんじゃねえよカスがこら。


620 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:04:42 ID:NXuaE1s7
>>617
おまえも所詮、島国の団体主義者
左翼と同じようなもんよw


621 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:07:52 ID:Qr7GtrVO
>>602
>>605

他人のことを『ゲロカス』等と呼んで憚らない。
諫めや忠告に耳を貸さない。

こんな人達と語るべき言葉を持ち得ますか?
放置でいいじゃないですか。
いらうヤツも同列ですよ、まったく。

622 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:09:56 ID:daZBdebs
ID:6IOn0T+q

このカスは参考資料を提示してるつもりなんだろうけど、ひでえ洗脳野郎
だわ。
文脈がぐちゃぐちゃ。
まるで事実をありのままにコピペしてるようでいて、とてつもなく歪んでる。

623 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:18:50 ID:6IOn0T+q
日華事変最中の昭和十五年当時、
同盟通信社が作成した『国際宣伝戦』と題した書は、日本について
「事変勃発以来、中国は世界一宣伝上手な国、
日本は名うての宣伝下手として不覚の烙印を捺されている。
日本の宣伝は中国の宣伝に圧倒されている。
論語の『巧言令色 鮮矣仁』(巧言令色、 鮮 ( すくな ) し仁)
という語が日本武士道にぴったりと来て幾多の美談を残した。
だが宣伝戦に関する限り 、この思想は日本を世界一の宣伝下手にしてしまった。
宣伝とか弁明は武士の採らざるところであり、
正しいことは黙っていても人が理解してくれると泰然と構え過ぎた」と分析し、
自ら「宣伝下手」を認めている。

わが国の対外宣伝の歴史は、
第一次大戦後にイギリスの活躍に倣えという気運が軍部や外務省において生まれ、
大正期に陸軍が「新聞班」を、外務省が「情報部」を相次いで設置したことに始まり、
日米戦争では参謀本部が日系二世などを使った対米策謀ラジオ放送を行った。
その歴史的評価はともかく、ここで着目すべきは古くからプロパガンダの重要性を認識して、
世界の流れに遅れることなく対応していたという事実である。
それは主権国家としての矜持と国際社会へ積極的に係わる意思を有していたことの証であるといえる。

北朝鮮の拉致事件や核開発、イラクへの自衛隊派遣を挙げるまでもなく、
日本は従来の愚劣な「一国平和主義」から大きく脱することが求められている。
それは「何を考えているか分からない」という日本に対する評を脱することが求められていることでもある。
わが国が主権国家として「正気」を取戻し、
主体的な外交を展開するには、「プロパガンダ」を卑しめず、
それを積極的に展開しようする決意を固めることが不可欠だ。

624 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:22:49 ID:6IOn0T+q
>>622
文句垂れるヒマがあるなら
コピペの特徴ある文節をググって解析ぐらいしろ

それができないなら、残さず食べろ。

625 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:45:17 ID:daZBdebs
>>624

カスが。コピペした文章の出どころと経緯、コピペした意図をしゃべれよ
タコwそれをしないと努力が水の泡。いやまじで。ほんとぐちゃぐちゃだよ。

 >>608
 >これは後に日本が対外侵略に走る遠因ともなった。

・・・遠因も遠因、あまりにも遠すぎて、因などと呼べる代物ではない。
これは確実に古い左翼の物言いだよな。歪曲が多すぎる。

役に立つのはここだけ↓

 >1875年、清朝政府は日本に対して、
 >連合して欧米列強に対抗しようと呼びかけたが、日本に拒否された。

・・・どうせコピペするなら、おまえがこのテーマを掘り下げてコピペしろ
よ。

>>613
・・・これはプロパガンダ性だけが目立って、ほとんどどうでもいい。

 >>615
・・・これは文字通り、韓国学生向けに言った時にのみ効力を発揮する文章
であって、他の目的(例えばおまえがこのスレにコピペする)で使用すると
、多大なる誤解を招く。


626 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:49:49 ID:KOnMiYXb
靖国参拝の精神の根本部分は外から見ればヒットラー礼賛と同じに見えるんだろうな。
おれも説明できない。

627 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 05:54:15 ID:99KP/blR
>>外から見ればヒットラー礼賛と同じに見えるんだろうな。

外からといっても、支那&チョンだけです。

628 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 08:02:10 ID:E2hYbmG+
靖国神社にA級戦犯が祀られていることで反省していない
といわれていることにたいして、二度と戦争をしないと誓えば
いいと答えるのは返事をしていることにはならず、話のすり替え
と一種の差別と捉えられる。小泉の国会答弁が問題であって他の
言い方、例えば戦没者追悼施設は他国の日本が殺した戦没者に対して
も慰霊すると、A級戦犯に戦争責任があったことは認めるうえで
あらためて謝罪するというような内容であればここまで尾は引かない。
靖国を廃止することは誰が考えても不可能だから参拝するのを考えて
ほしいと要求されていることにここまで固執する原因はなんだろうか

629 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 09:14:35 ID:ghwZqgeg
支那とかチョンとかいう言葉を平気で書き込む神経を疑う。中国や韓国に被害者意識を
いつまでもひきずるなといいたいがこんなやな日本人が多いといえない。

630 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 09:19:30 ID:wE9qam1a
>>593
最初からとは何時のことだ?1492当時は敵ではなかったと思うよ。

631 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 09:27:28 ID:wE9qam1a
>>594
馬鹿なことをいうな。日本の勢力を温存して停戦などするはずがないだろう。
日本の軍事力や影響力を壊滅させ自分がそこに替わることが目的だ、その目的をアメリカが放棄する理由は何だ?
アメリカの国民を満足させる停戦理由はなにがあるのだ?

どうやれば停戦できるというのか具体的に提示しろ。
妄想だけでは議論にならない。

632 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 09:45:19 ID:wE9qam1a
>>597
全然違う。
あんたの議論は法治というモノを否定するモノだ。

国家による死刑執行と、私的制裁による殺人を同じする解釈だ。
自分が成立に関わっていなくても、ルールがありそれに従う義務があるのだ。
それがイヤなら自分でルールを変えない限りそれに従い続ける義務がある。

そのルールでは特攻攻撃は国家のための行動であり、許される。
勝ち負けに関係なく交戦国のルールとして罰せられるような活動ではない。

>ただ、言える事は人間の殺し合いに国家・個人と分ける
考え自体、洗脳されてる気がしてならない。どちらも正しくないでしょう?

世界がそうしたルールで動いている、イヤならルールを変えるべきでそれまではルールに従うのが正しいことだ。

633 :ゲロカス28号:2005/06/22(水) 09:57:52 ID:Qr7GtrVO
ゲロカス1号とゲロカス2号が愛を語らう、ラヴチャットはここですかぁ?

634 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 10:22:40 ID:wE9qam1a
>>623
同意する。

今回の靖国を理由とした中国の行動も国家戦略としての宣伝戦だね。
それを正しく認識しないで国内で与野党が政争の具にしようとして中国に利用されている。
全く外交を政争に使おうとする売国奴にはあきれかえる。
国論としての統一を優先させるべきだが、利敵行為に走る馬鹿が多すぎるな。

635 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 10:22:51 ID:s61AaTrl ?#
靖国問題は信教の自由を侵すという憲法違反という国内問題と
先の戦争に対する認識不足で謝罪と賠償が足りないと言う外交問題であろう。

まず、憲法違反という国内問題では違憲判決が出ても是正措置が出ない法体系の不備を
整備(法律制定、憲法裁判所等の設置)するべきである。そうすれば違憲判決が出たら
たちどころに解決する。
外交問題では指摘を行っている国と日本の間で戦争の賠償および処理について
2国間条約を結んでいるので、それに基づいて本問題がどの条項違反なのか
はっきりさせるべきである。その上で条約違反であれば早急に是正するべきだし
条約の不備なら条約変更手続きに入るべきだ。
法や条約といった明らかな基準により本問題を解決させるべきで、感情論といった
曖昧漠然とした基準を見出しえないもので問題解決することは避けるべきである。
またその方がはっきり決着が付く。

636 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 10:45:55 ID:wE9qam1a
>法や条約といった明らかな基準により本問題を解決させるべきで、感情論といった
>曖昧漠然とした基準を見出しえないもので問題解決することは避けるべきである。

基本的には、正しい意見だと思う。
だが中国も朝鮮も法治などよりも自国の政治的思惑を優先する国だ。
無理難題を押しつけることが目的だから論理的説得に従うことはない。

条約等ですでに日中日韓には戦後処理はすべて完了している。
法的解決で決着するなら竹島の不法占拠など韓国がするはずはないし、
中国が原潜で領海侵犯などをさせるはずがない。
無法者達と付き合うのだからいくらこちらが合法的手段で要求しても解決はしないと見るべきだ。

力での圧力にしか両国は従わない。


637 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 11:17:03 ID:Z6WA6t9q
外交って、なんか男女の恋愛のようなところを感じる。

靖国編
「君を愛してる」
『じゃぁ まえの女の写真を捨てて』
「それは私個人の問題だ。君に干渉されたくない。」
『じゃ 別れましょう』
「おい そんな事言うなよ。俺は二度と浮気をしないために、まえの女の写真を持ってる。」
『あっそ、分かったわ 二度と電話しないでね バ〜〜イ』



638 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 11:28:09 ID:wE9qam1a
>>637
他人なのに干渉するストーカーが中国だろう。

靖国参拝は日本の国内問題だ。大きなお世話だ。
自分の国で好きなだけ反日暴動をして盛り上がればいいだけの話だ。
反日デモを日本は取り締まれなど言っていないぞ。
自由に反日デモを連日繰り広げていればいい。

639 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 11:43:17 ID:n0AMQTNH
なんでも反対すればいいってモンじゃない
靖国問題は一致団結して毅然と振り払うべき問題

政権欲しけりゃ何やってもいいのか?

640 ::2005/06/22(水) 12:07:11 ID:XCM5dPfE
靖国神社参拝をA級戦犯が合祀されてるから
小泉総理が行くなという売国クソメディア、売国政治屋、
売国産業屋、売国官僚屋により包囲網が敷かれているが
靖国参拝を反対しているのは極東三馬鹿国以外は無い。
戦勝国でもアメリカを含めて何処も靖国参拝を
反対はしていない。
という事は、日本の売国派の世論操作にに便乗して
極東三馬鹿が乗って騒いでるだけ。
皆も売国クソマスゴミ共の小泉総理の
靖国神社参拝反対の世論誘導操作に騙されるな。

641 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 12:32:24 ID:RrMpqlyK
この靖国問題にしろ、歴史認識問題にしろ、騒いでる張本人は日本のメディアで
ある訳で、靖国でも朝日が「国際問題にしろ!」と、分けの分からんイデオロギー
(思想傾向)で騒ぎまくって、靖国参拝症候群(原因不明の病気)を、アジアに
ぶちまけた結果として、今、この状況があるわけだ。

基本的に、病原体を始末しない限り、病気は広まるばかりである。
さて、しかし・・この、イデオロギー症候群に対しての特効薬なんて、有るのか
無いのか、・・だね。
どんな「薬」が、効くのかね?・・それが最大の問題だ。
日本のメディアは、完全にイデオロギー症候群に感染してる事間違いないことだ。

642 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 12:45:43 ID:+yDtfh6s
戦時中、靖国を美化していたのも
朝日だしw


643 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 13:45:04 ID:y87XCjr6
そもそも政治家はなんで靖国に行くのだろう。

たとえば「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」というふざけた団体がある。
勝手に行けばいいとは思うが、靖国の売名と権威付けの意図が見えてゲンナリする。

新しい追悼施設が話題にあがると「靖国に代わる施設ではない」と気色ばむ。
新しい施設ができても別に靖国が取り壊されるわけでもないし、
首相本人さえ納得さえしたら、内政上も外交上も靖国でないに越したことはないのに。
それとも靖国は政治上、他の施設では代用できない特別な役割でも果たしているのだろうか?

で、自分なりに出した答えは、靖国は保守政治家にとって特別な役割を果たしていると思う。
他の施設で代用できない政治上の役割とは、
・国民への愛国教育
・戦前日本は正しかったとする歴史観を国民に植え付けること
・明治以降〜終戦の国民性を取り戻すこと
これらが成功すると日本の保守基盤はますます強固になる。
このスレで靖国参拝に賛成している人たちの思いも同じじゃないかな。

麻生太郎事務所
>平沼 小泉さんの対応は二転三転してきたが、靖国神社というものは
>日本人の精神文化でもある。…
>麻生 公式参拝は当然と思いますが、…
>…八月十五日なんて、敗けた日に行くのは面白くないじゃない(笑)。
http://www.aso-taro.jp/newspaper/040628-2.html

644 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:07:50 ID:RrMpqlyK
この日本のメディアの状態を、国際常識に俺なりに当てはめると、レジスタンス
(権力抵抗組織」とも??いえるのかね?
しかし、その条件に必要なことは「強健政府」つまり「社会主義国家」とも言えるが
はたして、日本の政府はその様な強健政府・・とは、分析しがたい物がある。
ましてや、日本のメディアは地下組織でもなく、有体に言うなれば普通のメディアで
政府から指名手配されてるわけでもないので、やはり、地球上に存在し得ない組織と、
言えるだろう。そんなんで、日本メディアの存在は異端児組織で有る訳だ。

普通に考えて、自国を滅亡に導かんとするメディアが、日本以外に存在しない事だ。
おかげで・・<国会議員が靖国参拝とはふざけたはなしだ。・・・となるのだろう。
つまり、日本人が日本政府を滅亡に導く如く誘導できる組織・・とは一体・・何?
「この状態を説明しろ」と、仮に問われたら答えられないね・・俺には。
自国を破滅に導く組織とは、日本のメディア組織とは何物なのか・・知りたいですな。

645 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:27:51 ID:RrMpqlyK
俺が一番気になるところは、日本のメディアがアジア製服を企んでいると予測できる
ことに、材料に不足の無い事が、気になるところである。
つまり、日本のメディア組織は、普通に考えるなら「アジア征服の陰謀」を企む組織
であると、思えて成らない。

で、先ずは「靖国問題は国際問題にしろ」と、ほざいた理由が・・繋がってくる。
つまり、日本のメディアは「我々に逆らう事は、日本の実態である」と、言いたいのであろう。
その証拠に、近隣三国は日本のメディアの注文道理の行動に終始している事が・・
俺的には非常に気がかりな事でも有る。
このままでは、近隣三国は自力で国政は維持できないで有ろう。
つまり、日本のメディア組織無くしては、自国の治安も維持できないと言うことだろう。

で??・・・良いのかね。
近隣三国は、日本のメディアの奴隷として生きて行く訳か?

646 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:31:53 ID:EHtnSBG2
>>644
 それはね、日本のメディアは日本の自民党政府を信頼しているということではないか?
 つまり、朝日のように日中冷戦を引き起こすような報道をして戦争を焚き付けても
小泉自民党政権は、戦争に成らないように旨く裁くだろうと信じているのだと言える。

 そうでなければ、冷戦は一歩間違えば戦争の口実になる。
 そして、中国は朝日に煽られて反日抗日教育し、核兵器搭載ミサイルを日本の各都市
に照準を合わせている中国を冷戦→戦争をけしかける報道などしないと思うよ。

647 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:37:56 ID:RrMpqlyK
>>646 それは、自民党の誰が中心で陰謀しているのかの、情報あると有りがたいが!

648 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:48:21 ID:s61AaTrl ?#
>>643
>そもそも政治家はなんで靖国に行くのだろう。
そのことを創価信者に「なんで創価学会に行くの?」とか敬虔なクリスチャンに
「なんで教会に行くの」とかと置き換えてみれば話は早い。
そこに行かない人間にはわからないものではないだろうか?

>靖国は保守政治家にとって特別な役割を果たしていると思う。
靖国に参拝している実質人数はどの程度なんだろうか?
300万人くらいなら全人口の30分の1程度で創価の3分の1だが、
果たしてその程度の参拝者で特別な役割をなしうるだろうか?その中には半分観光気分の人間も
含まれるだろうし、特別な役割をなしえるとは私には疑問だな。
行くことを強制されない限り(個人的な意見では)誰が行ってもいいと思うし、
強制されたら批判的になるだろう。
私的なことではあるが幸福の科学の勧誘が一時しつこいことがあり
それ以来上記宗教には嫌悪感を感じるということはある。そんなもんじゃないか?

法的な議論に関しては>>635で述べているのでここでは個人的な感情論のみを示しておく。

649 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:53:40 ID:EHtnSBG2
>>647
 自民党は何の陰謀もしていないだろうよ。

 朝日の存在理由を共産主義報道に、特色と存在意義を置いているだけだ。

 だから朝日の共産主義実現の為には、日本が中国の核兵器に恐れて
中国の言いなりに日本共産化するのが朝日の究極の目的なわけだからね。

650 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 14:57:32 ID:RrMpqlyK
>>649 つまり、俺の予測は外れては居なかったという事か?

俺も、自分なりに朝日の行動はアジア混乱を誘発する事が目的と分析してた。

651 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:01:11 ID:EHtnSBG2
>>650
 マスコミは、美味しい儲かる報道ネタが欲しいわけだからあんたの予測は
大当たりだと思うよ。


652 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:03:43 ID:RrMpqlyK
>>651 有難う・・俺の予測も捨てたもんじゃ無いことに自信を持てた瞬間だ。

653 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:04:35 ID:EHtnSBG2
>>650
 だから、日韓紛争冷戦、日中紛争冷戦は、朝日にとって儲かるネタの
宝の山なのだよ。


654 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:10:14 ID:6uk4vYWb
戦争広告代理店って話があったけどアサヒに限らず、行われてる

655 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:12:33 ID:EHtnSBG2
>>652
 うんそうだね。
 共産主義報道を特色にする朝日は、日中友好親善、日韓友好親善状態が
続くと左翼読者が、読売系に取られてしまうのです。

 だから、何としても日韓紛争冷戦、日中紛争冷戦が無いと経営が成り立たない。
 そこで、朝日は紛争の火種をばらまかざるおえないのだ。
 これが朝日の生き残り戦略ののです。


656 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:17:03 ID:6uk4vYWb
キリスト教は共産主義を嫌ってるから、アサヒは釣るために
そういう記事を作ってるだけ

657 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:17:11 ID:y87XCjr6
>>648
もちろん個人に信仰心があるのは否定できない。
参拝の様態や発言内容から見てとれるプラスα。

創価が国会に議員を送り込んでいるのはなんでだろう?
創価がマイナーな異端ではなく世間的に認められていることを知らしめ
新たな信者を獲得するためじゃないだろうか。そのことによって公明の
集票力はますます高まるという循環。

創価の本尊にことさら「議員みんなで参拝」したり
「国の追悼施設は創価の施設しかあり得ない」とか
「創価に参拝するのは首相の義務だ」とか言い出す
とその意図はさらに明らかだと思う。

658 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:18:36 ID:daZBdebs
>>628
>話のすり替えと一種の差別と捉えられる。

話のすり替えは、中国政府も同様。

>あらためて謝罪するというような内容であればここまで尾は引かない。

尾を引きます。
日本首相が筋の通った答弁をして、解決する問題だと、あなた本気で思っ
てるの?

>ここまで固執する原因はなんだろうか

その疑問を小泉首相に投げる前に、あなた、中国政府に同じ疑問を投げる発
想は、お持ちでない?

・・・外交というものを全くわかってない。
正直を通すのはいいが、正直を投げて、受け取ってくれる相手がいますか?
アホすぎる。靖国の対中問題を、両国間の心の問題だと思い込めるほど、現
代日本人はボケてしまったようだ。


659 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:20:52 ID:EHtnSBG2
>>656
 意味不明
 キリスト教を釣ってどんなメリットが有るの?
 キリスト教などわずかな者相手してもメリット無い。
 仏教徒、神道相手でないと、朝日のようなマスメデイアは
経営が成り立たない。
 つまり、倒産すると言うことです。

660 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:21:50 ID:daZBdebs
>>628

こういう馬鹿正直で、日本を破滅させるような主張というものが、学生の
意見ならまだいいんだが、日本という国では、こういうどうしようもない
政治的文脈の読み違えをする人間が、高齢者に多い。
あなた何歳だ?
あなたが成人だとしたら、とてつもない低俗さだよ。
たのむから気付いてほしいわ。


661 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:23:04 ID:W31lfGq2
自分とこの記者も靖国に祀られてる訳なんだが、それに対しては何も抗議しないんだよな>朝日新聞社

662 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:23:07 ID:6uk4vYWb
キリスト教は他の宗教と比べて先進性や目新しいものに敏感だ
だからその動向で記事をつくると扇動しやすい

663 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:27:32 ID:daZBdebs
>>628

表面的に目に見えるものしか認識できない。
ものの筋を読むことができない。
相手が真剣に怒っていれば、真剣に怒っているとしか認識できない。
笑っていれば、笑っているとしか認識できない。
・・・その結果、あんたのような人間が出す結論は、

>小泉の国会答弁が問題

・・・だそうだ。あんた高齢だろ?おそらく。
あんたに比べたら、ここにいる若いアホどもの方がまだマシ。
今の日本には、非常に危険な高齢の人間が多い。
それは何らかの世代的、感性の貧困に起因している。

あなたが高齢者だと想定して言ってみた。


664 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:35:09 ID:yBkdBpC1
単純に
靖国神社に「戦争大好き」「日本は必ず戦争して勝ちます」と思いながら参拝する阿呆が居るだろうか?
だいたいの人が「戦没者の方々は安らかにお眠りください」と思いながら参拝するだろうよ。
戦争美化で参拝するなら小泉自ら軍服着て「日本は勝ちます」とか言うだろうよ(笑)

こんな単純な事も判らないで左翼は靖国批判?(笑)


665 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 16:00:42 ID:RrMpqlyK
しかし、今後も近隣三国は日本のメディアに、引きずられ、引きずりで行くのかね。

疑問なのは何で、近隣三国は日本のメディアに完全に乗せられる結果と成ったのかね?
そこが、一番の疑問だわさ!・・・なんでかな〜〜なんだかねぇ〜〜

666 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 16:04:15 ID:y87XCjr6
>>664
さすがに「次は勝ちます」とは言わないだろうが、
首相参拝を公式行事にさえしてしまえば
参拝の理由はのちの首相が好きに変えられる。

たとえば
>中曽根首相は、戦後40年の節目のこの年、「さもなくしてだれが
>国に命をささげるか」といって自らの強い意向で公式参拝(拝殿に
>おいて「内閣総理大臣中曽根康弘」と記帳)をする。

今までも既成事実の積み重ねで日本はここまで来た。
国歌強制もそうだしイラクの「非武装地帯」もそう。

667 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 17:02:43 ID:s61AaTrl ?#
>>666
公式行事になれば違憲になるのだろ?
そうなったら是正できるような法整備やシステム整備(憲法裁判所)を行うと言うのであれば
賛成する。しかし、総理の自主性に任せ参拝しないように配慮して欲しいと言う意見には
賛成できかねる。

>国歌強制もそうだしイラクの「非武装地帯」もそう。
イラクについては戦闘行為が行われた瞬間に自衛隊撤退支持に回るだろう。
しかし、現に戦闘は行われていないのだし、サマワの州知事も安全と言っている
地区である。そこで道路を作り学校を作ることが悪いこととは思っていない。
よって現状では支持派である。もちろん日本独自に危険地帯かを判断するために
CIA並みの諜報機関が必要だと言うことだろうが現状では相手国の意見で行動を
起こすのには問題ないと思っている。

国歌についてだが20代になって国歌も歌えない人間が存在することの方が異常だろう。
強制するしないではない。
それが急に『今日から新しい国歌を決めました。国民の承認は得ていませんがきっと認めてくれるでしょう。
つきましては明日までには歌えるようになっておくこと』
と強制されたら批判側に回るだろう。

(ところであなたが何歳かは知らないが国歌を歌えますか?)

668 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 17:52:01 ID:+K9ARS9N

なぜか、靖国用語派には、平日の昼間からジャンジャカとカキコできる人が

と て も、と て も、多 い !!!!!

み ん な、仕 事 し て い る の か ぁ ?????



669 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 17:57:53 ID:z2kYxObh
>>664
単純に。靖国を信じてるオマエ。戦争に勝った?
負けたんだから、靖国なんて信じる理由はないだろ。
勝ったのなら信じてあげてもいいけど。
負けちゃったのに、まだ靖国信じるお前ってパカだよね。

670 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 17:59:16 ID:y87XCjr6
>>667
国旗国歌法成立当時小渕は「法律成立後も、教育現場での国旗・国歌の
強制は考えていない」 と説明し国民に理解を求めた。それが今の有様。

イラクも「非武装地帯」に派遣するということで国民に理解を求めていたのに、
「どこが非武装地帯かわかるわけがない」「自衛隊のいるところは非武装地帯」
では、歯止めは政府の腹一つ。まともな法治国家のやり方じゃない。
武装ゲリラの砲撃喰らいながら非武装地帯もないもんだ。

「不戦のための靖国参拝」も小泉個人が言ってるだけで、
後々の首相は参拝に別のメッセージを持たせると思うよ。

671 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:02:29 ID:y87XCjr6
(兵士・一般市民問わず)戦争犠牲者の死を悼み不戦の誓いを立てるなら、
広島の原爆慰霊碑に類する施設がふさわしい。

>石棺には、「安らかに眠って下さい/過ちは繰返しませぬから」という
>碑文が刻み込まれています
http://www.hi.hkg.ac.jp/peace/jp/cenotaph.html

こうして靖国と比べてみると施設としての理念の違いが明らかだね。
今の政権の前ではどうせ絵空事だろうけど。

672 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:18:13 ID:daZBdebs
>>670
>後々の首相は参拝に別のメッセージを持たせると思うよ。

あいまいさに危惧を持っていらっしゃるみたいだけど、戦後60年の政治を返
り見てもわかる通り、政治のあいまいさが、恐怖政治や独裁政治を生んだ事
は、結局一度も無かった。

マスコミや市民は、それを恐れて常に政治に目を光らせていたけど、結局無
かったよ。そして今、その危惧していたものと本質的に似たようなプレッシ
ャーを中国から受けている。歴史の流れってのは面白いもんだね。思わぬ
方向から危惧していたものがやってきた。

ただ、その外来プレッシャーのおかげで、日本の内政は、抜本的な物事に
着手できる状況が出来てきた。今までは、それを国政がやろうとすると、
マスコミや市民が「圧制的だ」といって邪魔をしていたんだけども。

あなたもニヒリストを決め込むのはそろそろやめにして、具体案のひとつ
でもお考えになったらw


673 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:28:46 ID:6+sxfkjV
>>643 私もほぼ、あなたの意見に同意します。国会議員の参拝に個人の信仰を
リンクさせる反対意見にはちょっと違和感を感じる。あれは、信仰ではなく
”ポーズ”でしかない。もともと、信仰の自由はある特定の宗教を崇拝する
ことによって、国家・社会から差別・圧力を受けない(過去・現在でも起きている
不幸な出来事の反省)ためのものであって、他の宗教を崇拝している人からも票を
もらい、公明党のような宗教色の強い党でもない、公平性のある立場でいなければ
ならない議員たちが徒党組んで堂々と靖国に参拝しようと言ってること自体、
違和感を感じるし、信仰の自由とはかけ離れたパフォーマンスでしかないと
思うのだが・・

674 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:29:25 ID:s61AaTrl ?#
>>670
>国旗国歌法成立当時小渕は「法律成立後も、教育現場での国旗・国歌の
>強制は考えていない」 と説明し国民に理解を求めた。それが今の有様。
公立の学校ならその地方自治体の支持に従うべきだと思うけど私立の学校でも
強制されていると言うのかな?それは学校側に文句を言うべきことだね。
国立の学校なら国歌斉唱は当たり前だと思う。
靖国スレの話題ではないので誘導してくれたら当該スレで個人的な
意見を述べることはやぶさかではないよ。

イラク問題もしかり、当該スレに誘導願う。

675 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:30:25 ID:8QLawMYs
>>670 >>671
 わてもそう思いたないけど、その意見には反対ではない。第一、神道を知らずに参拝する
理由はそれしか考えられへん。軍国主義のお先棒担いだ神社に不戦を誓うていう矛盾。分祀
の意味すら知らずにその言葉を使う政治家の無神経さ。それはつまり単に信仰を利用しよう
としとるだけやないか?
 政治家は日本民族のアイデンティティーを、また、天皇や神道に求めようとしとるんやろか。
ほな、翻ってわてらはその日本民族のアイデンティティー何に求めるんがええんやろか?わて
にはその答えが見つからんのや。

676 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:40:14 ID:daZBdebs
>>675


>軍国主義のお先棒担いだ神社に不戦を誓うていう矛盾。

それは俗論。建立の意図にそんな事は明記されてない。
批判してもいいけど、もっとハイレベルな所から言ってちょうだい。
日本人でしょ。なぜ中国政府と同レベルの批判しかできないの?w

>ほな、翻ってわてらはその日本民族のアイデンティティー何に求めるんが
>ええんやろか?わてにはその答えが見つからんのや。

わからなくて当然。あなたにはわかるわけがない。
あなた、日本民族のアイデンティティをかなぐり捨てて、新国家を作る所存
とか無いでしょ?それはあなた、あなたがあいまいだから、だからわからな
くて当然。今の状況で安心しながら批判してる状態だから、あなた。
皮肉っぽくなったけども、それでいいんですわな。
戦前は何でもかんでも、口に出してしゃべった。
226の青年将校も、決起してみたら、「賊軍」と規定されてしまった。
青年将校たちはこう思ったのではないかな→「わてにはその答えが見つから
んのや」

戦後は口に出してしゃべらなくなった。それでいいと思うよ。




677 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:40:55 ID:z2kYxObh
>政治家は日本民族のアイデンティティーを、また、天皇や神道に求めようとしとるんやろか。
>ほな、翻ってわてらはその日本民族のアイデンティティー何に求めるんがええんやろか?わて
>にはその答えが見つからんのや。

アイデンテティーとして靖国にする必要はない。
過去の迷信にもどる必要はない。
靖国なしで、新しい日本の愛国心・軍備を持つことは可能だ。

678 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:56:09 ID:6+sxfkjV
現代の日本人が、日本の歴史の一時代(現代の日本人の中にもその時代を
生きた人もまだいるわけだが)の国家が行ったことを”誤り”と考えては
いけないことなのだろうか? 一部の政治家や右よりの著名人が戦後教育の
せいにしてるのをよく聞くが、そういう考え方が国民を馬鹿にしている。
発想としては、大日本帝国や北朝鮮の一個人を尊重しない、しかも国民の
思想を国家が誘導(コントロール)すべきだと考える、思い上がった意見
(ソフト口調だが、本質は同じこと)を言う輩が一部で評価を得ていることに
この国の危うさを感じる。冷静に考えて、戦争に負けて、多大な国民の
生命・財産を奪った前時代の国家を否定することのほうが正常な感覚だと
思うけどな。

679 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:07:59 ID:/Rdp7+a6
  「名誉を犠牲にすれば、次は命を、それもイギリス国民
   の命を犠牲としなければならなくなるであろう。」

           −−−W・チャーチル(英国首相)

680 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:10:04 ID:43+lsWt6
常任理事国問題で、米国が「日本+α」を提案したね。つまり、中国が反対しなくても、
このままG4のプランでいく事は、極めて実現性がなくなってきた。
また、米国に同調する国も増えてきている。やはり何処も「強いものの味方」という厳しい現実なのか。
こうなると、中国のいやがらせも効果が薄くなる。そして、このまま国連改革は延期となるのではないか。
同じ、「理事国入り成らず」でも、中・韓が喜ぶ結果ではなくなる。
こうなれば、「靖国に参拝」→「中国拒否権」→「理事国入り失敗」というシナリオには成らない。
参拝の可能性がかなり高くなってきた。プーチンをエスコートして、参拝してもいいかな




681 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:26:01 ID:Qr7GtrVO
もともと、国内世論の高まりで、靖国に代わる追悼施設作ろうってんなら、
それはいいと思うんだよね。
でも、今は外圧に押されてその流れになってるでしょう。
そこはイカンと思うんだよね。
外圧によって、参拝の可否を変えました、って事実を残すのはね〜。

今の流れって不自然なんだよね。
韓国がこんなにも靖国参拝を問題にするのは今回が初めてでしょう。
こういう事を外交カードにされて、しかもホイホイ踊るなんて、国家としてどーなんだろうね。

別に靖国大好きでもないし、あそこに首相が参拝することにこだわりもないけど
「今」「外圧のせいで」参拝止めるのが正しいのかどうか、
自分の考えがうまくまとまりません。

682 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:29:55 ID:R6N27kgn
>>679
でも、結局大戦では名誉は残っても人命も植民地も失ったわけだが、、、。

>>676
建立当初はもっと始末の悪い藩閥の影響があったのだが、、、

683 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:46:54 ID:daZBdebs
>>678
>国家が行ったことを”誤り”と考えてはいけないことなのだろうか?
>冷静に考えて、戦争に負けて、多大な国民の生命・財産を奪った前時代の
>国家を否定することのほうが正常な感覚だと思うけどな。

否定してるよ?今のぼくらは。だから変えたじゃん?今のぼくらは。
ていうか、キミにとっての「否定する」というのはイコール「100%殺す」
事を意味しているのかな?それは出来ないなw
当たり前だろ?
キミは「冷静に考えて」って言ってるけど、キミは本当に「冷静」かい?
ぼくは冷静だよ。




684 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:49:31 ID:32bmsOsB
ケガでもしたのかね>冷静
 
俺はあんまりケガしても関係ない

685 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:53:22 ID:y87XCjr6
>>673
同意してくれる人がいてよかった。
所詮状況証拠にすぎないから言いっ放しでは心許なかったし。

>>675
天皇や神道にアイデンティティーを見出せる国民はいいが、
政治がそういう意図を持って国民を指導すると
(そもそもこの考え方が儒教的なのかもしれないが)、
それはイヤだと思う国民は辛い。

日本がアメリカみたいな歴史の浅い多民族国家だったら、、と考えても、
アメリカ政府が今やってるのは愛国とキリスト原理主義の
普及だから、日本の国家神道を使った国民統合と大差無い。

思うに、日本民族の長所短所は多種多様だし、人によって捉え方も違う。
自分なりに誇れる部分を見つけて支えにするしかないと思う。

おれだと、松井や野茂が活躍すると自分のことのように嬉しいし、
日本の格闘技とかも好き。

686 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:02:21 ID:y87XCjr6
>日本の国家神道を使った国民統合と大差無い。

やっぱり大差ないこと無い。
キリスト原理そのものは国民を死地に追いやったりしない。
おかしな理由でブッシュ政権を支持するから悪政が続くというだけ。

687 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:02:25 ID:daZBdebs
>>685
>天皇や神道にアイデンティティーを見出せる国民はいいが、政治がそうい
>う意図を持って国民を指導するとそれはイヤだと思う国民は辛い。
>日本の国家神道を使った国民統合

キミは、自分で気付いていないかもしれないが、キミは「国家全能論者」
なんだよ。「国家絶対主義者」でもいいかもしれない。

自らの肩書きである「国家国民」というものを信じきっている。
なんでも「国家国民」で説明し切ろうとしているね?
だからそこに符号しない物が在るのは何か居心地が悪い気がする。

ぼくはそこまで「国家」を信じられないなw

国家が滅んだ姿を60年前に見ているしね。
どうだろう?もうちょっと肩の力を抜いてみたら。
ふぅ〜っと。


688 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:07:30 ID:IdQRvXiJ
韓国とA級戦犯て何か関係が有るの?
大体韓国は東京裁判関係ナインとちゃう
何が原因でさわいどるん?

689 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:37:18 ID:t8/X6Pc6
>>687
>ぼくはそこまで「国家」を信じられないなw

はじめから「国家」は信仰の対象たり得ない。
立憲民主主義を掲げる戦後日本において、「国」の価値は「国民」による日々の弛まぬ努力によって支えられるのです。
時には肩の力を抜くのも必要ですが、のべつ幕無しに緩みきっていていいのかな?

自分の属する共同体について思い致すというのも、たまには良いものですよ。

690 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:48:35 ID:daZBdebs
>>689

>肩の力を抜くのも必要ですが、
>のべつ幕無しに緩みきっていていいのかな?

「肩の力を抜く」とだらけることと受け止めたのですね?w
おれのレスが「政治から離れろ」と言ってるように見えたと。

・・・お話しになりまそん。



691 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:55:06 ID:e3jn3Vwk
>>687
>ぼくはそこまで「国家」を信じられないなw
>国家が滅んだ姿を60年前に見ているしね。

何なら信じられるのかな。
キミの理想と思えるものはどういうもの?

692 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:59:31 ID:tXPKdC9t
ちょっと横から独り言。
国民は、首相が靖国参拝しないと、怒る人ってほとんどいないでしょ。参拝しても殆どは怒らないでしょ。
だから今中韓と摩擦が起きていることを考えたら、要らぬ争そいは避けた方がと思う国民は多いと思う。
なのになぜ、参拝にこだわるのかって不思議。
歴代首相たちも(中曽根、宮沢、他)も反対している。
これは首相であるからというのは理由にならないし、
自民党が遺族会と癒着があるからかもっていうのも理由にならなそう。
だったら何かっていったら、公約で言ってしまったので、意地でやめるわけにはいかないということかな。
でもなぜ公約したんだろう。その時点で何か、小泉さんに秘密があるのかな。
そこを国会で追求していただきたい。何か新事実が出てくるかもしれない。
でも無駄かな、結局「不戦の誓いをたてるためです」というお決まり文句に終わりそう。

で、大部分の国民は過去の軍国主義は否定している、(2ちゃんねるではそうは見えない発言が多いし、一部の政治家の不用意な発言で
疑問に思うかもしれないが)のだということを素直に受けとめて、
中韓はもう靖国参拝に対し、あきらめて無視されたほうがいいのではないでしょうかね。

しかし、小泉さんの外交姿勢は他のみなさんのいうように国益を考えたらどうなのかなと思います。
やはり不満って経済問題から起こる事多いし。。

693 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:00:39 ID:+K9ARS9N
>>676
>>軍国主義のお先棒担いだ神社に不戦を誓うていう矛盾。

>それは俗論。建立の意図にそんな事は明記されてない。
>批判してもいいけど、もっとハイレベルな所から言ってちょうだい。
>日本人でしょ。なぜ中国政府と同レベルの批判しかできないの?w

中国政府の見解と日本の世論が一致したらいけないことなのか?

たとえば中国政府による「日本の国民も戦争の被害者である」という言葉に、
反感を持つ日本人は少ないはず。

あなた、それも 気に入らない?


694 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:01:49 ID:t8/X6Pc6
>>690
噛み付く箇所間違ってませんか?

695 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:03:10 ID:+K9ARS9N
>>694
それがハイレベルだと、本人は思ってんじゃない?


696 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 21:07:34 ID:qtF0a1bG
郵政民営化のことといい、
自分の信じた道を絶対だと思い、反発がどれだけ強かろうとも貫き通すことが、
小泉純一郎という人の美学なだけと違うんでしょうか?
私には猪にしか見えません。石頭のイノシシ。

こんな人が戦時中に総理大臣やったらえらいことでしたでしょうね。

697 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 21:13:44 ID:qtF0a1bG
で、小泉純一郎さんという人の思想の中に、グローバルというものも、ピープルというものも、私には見えません。
例えば、小渕さんなんかはあったような気がしますね。グローバルも、ピープルも。なんとなく。
(森さんには触れません。)
グローバルとピープルの精神がなかったら、国粋主義で独善的な政治しかやれないと思うんですよね。
だから、こうも今の日本は暗いんじゃないでしょうか。明るいのはスポーツのこと位。

698 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:14:20 ID:daZBdebs
>>691
>何なら信じられるのかな。

いろんな肩書きだね。
「国民」という肩書きだけでは事足りないという事だよ。
様々な肩書きの中に自分の実像を見出した上で見解を出すという事。

複合的感性の問題だから、わからない人はしょうがないけど、今日に至るま
で、激動の歴史を歩んだ日本人なら、備わっている感性だと思うけどね。
まあ、他人が押し付けるものではないわな。分からなければしょうがないw
分からない人は、こういう事を言うと、噛み付いてくるかもしれないけれど、
分からなければ、別にそれはそれでいいんですよw

なんでも「国家国民」という肩書きだけで理論づけしようとする人には無理
を感じるという事だね。
その考え方自体が、しょせん西欧から輸入した肩書きである以上、なおさら
ね、それですべての問題を解決しようもない。必ず違う文脈に否定されうる
可能性から逃れられないだろうね、それだけでは。

その様々な「実像」の複合性から「国家」というものも「政治、歴史」とい
うものも解き明かせればいいわけだね。

たとえばどんな肩書きがあるかは、みなさん思いつくだけのものを自分で連
想出来れば、それが一番いいでしょう。そしてそこから今まで見えなかっ
違う視点の歴史文脈も見えてくるかもしれない。
そこに着目できるのには、やはり、その人の感性に委ねられる問題でしょう
ね。

699 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:19:54 ID:daZBdebs
>>691

ただし、分からないという事自体を、おれに責められても困りますよ?w
それはあなた自身の問題ですからね。


700 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:55:11 ID:+K9ARS9N
>>698 の daZBdebs へ、

オナニーをしようがしまいがあんたの勝手だが、
たのむから 隠れて一人でやってくれ。

キモいんだよ、お前みたいのは。



701 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:57:57 ID:6+sxfkjV
>>783 私も冷静ですよ?? 否定することが絶面否定と理解することのほうが
おかしくない? 物事を100%、肯定・否定すること自体非常に難しい、というか
無理でしょう? そういうことを前提(基礎)に書き込まれてるぐらい普通は
理解できるおもうのですが・・・ ここでも、靖国を全面的に肯定・否定している人は
いないと思う。もし、それができる人いるんだとすれば何かに取りつかれて、
周りが見えない人なんでしょう。肯定・否定には、それなりの理由・根拠が
あるんだけど、私の場合は日本・日本人にとって前時代の日本はプラス面より、
マイナス面の方がはるかに大きいと考えるから否定してるだけです。
”変えたじゃん”って・・ のはどういう意味なのかな? 一応、戦争に負けて
変えさせられたんだどね。ただ、そのおかげでこのような意見が言い合える
自由が与えられたのも事実だし・・ 話は変わるけどここ10年、日本は敗戦以来の
絶不調・・ 中国の台頭など日本にとってはストレスが溜まる社会になってるんだよね。
そういう中で、”回顧主義””愛国主義”なんてのは当然出てくるんだよね。
賢くて、野心のある人間はそういうことをうまく利用して、国民を煽って、
自分の地位を高めようとするんだよね。問題なのはそんなことしたって現状は解決
しないし、ただのガス抜きでしかないところにあると思うんだけど。

702 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:11:34 ID:qtF0a1bG
>>698
今、「その時歴史が動いた」で、西郷さんと徴兵制の話だったんですが、
明治維新、四民平等、廃藩置県、
侍という存在を無くす徴兵制、
そういうような話を見ていた訳ですが、

>いろんな肩書きだね。
>「国民」という肩書きだけでは事足りないという事だよ。
というのは、明治維新でやったことの逆を言っていると思って間違いないですか?

703 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 22:18:59 ID:qtF0a1bG
で、小泉総理大臣ですが、個人の観念、個人の信念というものを、政治への影響力の大きさを考えて、切り離して考えるということができないんですね。
個人と、総理大臣という自分の肩書きがごっちゃです。

704 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:21:45 ID:daZBdebs
>>702

知りたいんだね。
知りたい気持ちはわかるが、

キミの質問の内容がよくわからんwww



705 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:22:22 ID:t8/X6Pc6
>>701
恐らく何も考えていないのではないでしょうか。
引用されている部分からも明らかですが、691の「何なら信じられるのかな」の質問に対する答えが
>いろんな肩書きだね。
>「国民」という肩書きだけでは事足りないという事だよ。
という事からも明らかです。

普通に判断するなら「オレは肩書きがいっぱい有れば信用する」という事になります。
これって思考停止ですよね?

706 :705:2005/06/22(水) 22:24:35 ID:t8/X6Pc6
アンカー打ち間違い。
705は>>702へのレスです。

707 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:26:15 ID:qtF0a1bG
>>704
いやー別に知りたくもないが、なんであんたがずっとここに執着してるか、執着して暴言吐きまくって何がしたいのか、
それを聞きたいからであって。

で、言ってる意味がわからんと。
人のことを低脳呼ばわりするだけの知能はないと見えますがね。

708 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:27:14 ID:NbqtLcus
>>701

君はもう少し気概を持て。なんか理屈ばっか言って無気力な印象だぞ。
熱いものを持ってないと生きてる価値を見失うぞ。

709 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:33:46 ID:daZBdebs
なんかヒステリーなレスが続いているな・・・。

ひとつ言える事は、何らかの怒りに囚われて、スレタイの論点を忘れてしま
う瞬間に、その人の限界値があるという事。

そこを乗り切る人は、他人が読んで面白い政治論を繰り出せる人だろうねw
このスレの流れは、現代日本人の何らかのサンプルになるかもしれない。
誰か、ピンときたひとがいたら、分析レスをしてみてもらいたいw

「ここを突っ込むと現代日本人は思考停止する」・・・みたいな。


710 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:36:52 ID:32bmsOsB
毛沢東の奥さんの下着の色とか民主選挙の無い常任理事国とか学生デモを戦車で轢かない国とか
だったら知ってるけど、イギリス人みたいなので面白く無い

711 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:37:13 ID:sR3N+Snv
ID:daZBdebs
一日中2ちゃんに貼りついてるwwwwwwwwwwwwwwwww

712 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:37:44 ID:qtF0a1bG
>>704
>>705-706
>>702は意味が読み取れない文ですか?

明治維新は、肩書きを無くす改革だった訳ですよね。
だから肩書きがあることが信じられるということは、明治維新でやったことの逆を求めているのか、
そういうことを書いたつもりだったんですけど、質問の内容を読み取りにくかったですか?

>>709
>ひとつ言える事は、何らかの怒りに囚われて、スレタイの論点を忘れてしま
>う瞬間に、その人の限界値があるという事。

論点がすれていることを把握しながら、それでも議論ができる、っつうのが、高レベルの議論と違うんですかね。
恐らく、貴方には理解不能でしょうね。
自分への批難が続くとヒステリー呼ばわりですか。
そりゃあ、議論も続かなんだわ。




713 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:37:55 ID:y87XCjr6
「東京裁判、正しかったか」 森岡氏、議員懇でも発言
>細田官房長官が「極東国際軍事裁判などは政府として受け入れている。
>政府の一員として話したということは到底ありえない」と述べていた。
http://www.asahi.com/politics/update/0622/006.html

個人の信念と言えば、森岡が日本会議国会議員懇談会でまたやらかしたらしいが、
厚生労働政務官が公の場で話したことが「政府の一員として話した」のではない、
の一言で片付けられる今の政治って終わってる気がする。

714 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:41:45 ID:daZBdebs
>>712
>論点がすれていることを把握しながら、それでも議論ができる、っつうの
>が、高レベルの議論と違うんですかね。

そうなの?
ようわからんw



715 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:43:13 ID:qtF0a1bG
>>712
× 論点がすれていることを把握しながら、
○ 論点がずれていることを把握しながら、

>>713
最近の日本の政界において、そういう発言に対するものが非常に甘くなっている気がしますね。昔ならもっと大事になっていたはずのものが。

これは何のせいなんでしょうか?小林よしのり?産経新聞?つくる会?

716 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:49:54 ID:Z6WA6t9q
今日の小泉
「そもそも、どこそこの神社に詣れと強要するものではないでしょ」

それを終戦前の日本は他国に強要していたんだが
その最高責任者が靖国におるわけだ。
中国韓国が怒らんわけがないわな

717 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:00:20 ID:y87XCjr6
>>715
細田がタテマエ、森岡がホンネというメッセージが世間に浸透していくのだろね。

昔なら、よしのり・産経新聞・つくる会などが発信源だったのが、

最近では、「政権中枢により近いところが発信源→政府が形だけ否定
→右派メディアが発信源(森岡・麻生・安倍など)を擁護」、
と変わってきてるように思う。

718 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:09:51 ID:+K9ARS9N
>>709
>そこを乗り切る人は、他人が読んで面白い政治論を繰り出せる人だろうねw
>このスレの流れは、現代日本人の何らかのサンプルになるかもしれない。
>誰か、ピンときたひとがいたら、分析レスをしてみてもらいたいw

ばーか。乗り切るも何も、オナニー レスしか書けないくせに偉そう言うんじゃないよ
ばーか。 「必ずしも」+「肯定文」を書くようなやつのレスを分析なんか出来るわけないだろう。
できたら、そいつは基地外だよ。




719 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:13:16 ID:RrMpqlyK
なんか・・俺は、この靖国問題の根源に有る、朝日新聞の存在と、日本のメディアの
動きが最近特に気になるばかりである。
何故か「俺らは関係ないけど靖国については・・云々」的報道が目に付くのは、俺の
妄想的思考がその様に感じるのかもしれないが・・本当にそうなのか自問自答してる。

第一、日本のメディアの「アジア征服気運」というか、アジア植民地を形成しようと
してるのかは、誰も予測も出来ない事であろうが。
日本のメディアは完全に、近隣三国を弄んでいることは間違いないようであるね。

特に、歴史認識問題について言うなら、近隣三国は自国の歴史教科書を日本国民に
公開義務が生じる事を知らない事はないだろうな。
いくら、ぼんくら首脳としてもそれくらいの判断は出来るはずと・・思うが。
俺の感じるところは、そんな、不安定な近隣三国を投網で括る如く、日本のメディアは
陰謀を企んでいるとの思いもする。
ようするに「近隣三国の歴史教科書はこんなに反日誘導である」と、そろそろ
近隣三国への攻撃が始まるような気がして成らない。
単なる俺の妄想であるなら・・それに越した事は無いが。
なんか?・・・さ、きな臭いんだな?

720 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:13:18 ID:6+sxfkjV
”参詣新聞”を侮ってはいけません。結構ファンがいるのですよ。
日本がうまくいかないのも、ひいては自分の人生がうまくいかないのも
中国・韓国・北朝鮮が悪いという裏メッセージを自分自身では気づかずに
好んで読み、「俺って、愛国心が強いんだな」と悦に入ってる人が
結構いるんだからさ。 ちなみに参詣では甘い!!と言う人達には
ちゃんと思考停止できる雑誌も近年の日本ではたくさん発行されている
ので自分で物事を判断できない人にはお勧め。日本の古代からの歴史を
うまく引用してるから知識も無い常識人を論破するための理論武装には
最適かも。

721 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:16:12 ID:qtF0a1bG
>>717
>細田がタテマエ、森岡がホンネというメッセージが世間に浸透していくのだろね。

メッセージとして浸透するかどうか解りませんが、
政治家の思想がくっきりと分かれていて、それを包み隠さず、森岡・麻生・安倍・町村のように大胆に発言するようになっていて、
周りの者もそのことに対して厳しくない態度を取るというか。タブーでなくなっているというか。
つくる会などの思想が、前面に現れてきているというか。
細田さんは右傾派な方ではないのでは。福田さんの思想に近いのだろうか。
小泉は右傾という思想を現している訳でもないですけどね。

タカ派ハト派というのも関係ありますかね。

右派メディア、産経新聞を読んでいると、私はいつもびっくらこきます。
例えば社説に、
>戦死者を慰霊する儀式は、世界各国で行われている。米国では、五月末の戦没将兵記念日や十一月の復員軍人記念日に、大統領や閣僚がワシントン近郊のアーリントン墓地に赴き、戦没者らをたたえる演説を行う。
>フランスでは、第一次大戦の休戦記念日の十一月十一日と第二次大戦の戦勝記念日の五月八日に、大統領が凱旋門の下の無名戦士の墓に献花する。
>日本では、これにあたる重要な儀式が、首相の靖国神社参拝である。靖国神社は昔も今もこれからも、日本の戦没者慰霊の中心施設なのだ。

などと書いてみせます。
靖国参拝が重要な儀式??
どえらいこっちゃと私は思うんですけどねぇ。
なんでそこに武道館の戦没者追悼式のことが出てこないんですかね。

722 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 23:23:27 ID:qtF0a1bG
試験的にコテ(固定ハンドルネーム)を外して書いていましたが、コテを戻して書きます。

例えば赤旗、聖教新聞がどれだけ過激で偏ったことを書いていても驚きはしませんが、
一般大衆紙であるはずの一新聞が、こうも大胆な思想に凝り固まっているのは、たまげてしようがありません。

しかし、ある意味朝日も偏っているという判断もできるんでしょうか。
ちいと私には解りません。朝日のことは肩を持つ気も批難する気もあまりないので。

723 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:23:34 ID:CZPIBMl7
>>676をお書きになった人。
もっとちゃんと教えてえな。て言うても無理やろな。しゃあないなあ。
<分祀の意味すら知らずにその言葉を使う政治家の無神経さ。それはつまり単に信仰を
利用しようとしとるだけやないか? >についてはどう思わはりますか?

724 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:25:37 ID:RrMpqlyK
何故かこの靖国問題で日本人がかなり、日本のメディアに誘導されてるところが
納得できない。靖国問題は朝日新聞が「こさえた」、揉め事・・だ。
と・・証明できてる訳だが。

なんで、妄想的課題とも言える「靖国問題」に振り回されてる?それに流されてる?
日本人の有り様って物が理解できない。

725 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:27:14 ID:7Kh+QVu8
ぶっちゃけ、朝日も偏ってる。時々とんでもないこと書いたりしてる。
っていっても産経の酷さはダントツ。
毎日、朝日を交互に読んでたまに産経とか読むとかいいんじゃない、

726 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:35:14 ID:y87XCjr6
>>721
政治家を個別に見るとそうだと思う。

で、小泉政治は、経済は新自由主義、外交は脱亜入米、思想的には国粋。
政治手法は独断/丸投げ型。

小泉政権は超タカ派の政策をいくつも実現してきたのに
そういう印象を持たれないのは、発言そのものはタカ派の言説ではなく
世間受けするものばかりだから。最後は他人任せにして自分は責任を負
わないから。…だと思う。

の内容で書き込もうかどうか迷っていたら、Tekkoさんだったのか。
最後は情報の受け取り手の感性次第です。
くどいの覚悟の上で言いたいこと全部吐き出してしまったので
これ以上はもう出てこない。

727 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:38:09 ID:t8/X6Pc6
>>723
わざとらしく方言で書き込む事については、どのようにお考えですか?

728 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:39:02 ID:wE9qam1a
朝日はひどい。基本的な歴史認識が狂っている。
ゾルゲ事件に関与して戦争を煽ってきた朝日新聞の罪状を未だに認めていない。

自分への批判に正しく答えない。こんな新聞社に歴史認識で他人を批判する資格などまったくない。

729 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:43:09 ID:RrMpqlyK
>>725 そういえば、テレビでコメンテータが、言ってたな。(何処かはわすれた)

ニュース番組・・確か17時代のニュースで有ったと思うが・・・
「日本の新聞を読むより、海外の新聞を読んだほうが日本を良く知るこことが出来る
 不思議さが有る」
つまり、日本の新聞は信用できないと、言いたかったのだろうかね?


730 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 23:48:27 ID:qtF0a1bG
>>723
>分祀の意味すら知らずにその言葉を使う政治家の無神経さ。それはつまり単に信仰を
>利用しようとしとるだけやないか?
オイチャン、小泉は信仰を利用しようとしているのかな?
何せ小泉は思慮深い人だとは思えません、至極単純な動機、信念から参拝しているようにしか見えないんですが、
そのことによる余波がすごいというか。外交問題に限定されずに、政治家の国粋主義思想が前面に押し出されてきている。
小泉参拝を利用する政治家や団体、というのは存在するような気がします。
そこに、信仰を利用しようというものがあるかどうかまでは、私には解りませんけれど。

>>725
2ちゃんねるは産経擁護派がゾロゾロいるところだから、そう言ってくれるとホッとする。

>>726
>小泉政権は超タカ派の政策をいくつも実現してきたのに
>そういう印象を持たれないのは、発言そのものはタカ派の言説ではなく
>世間受けするものばかりだから。最後は他人任せにして自分は責任を負
>わないから。…だと思う。

成る程です。世間受け。
思うに、小泉のやり方ってなんというかワイドショー政治、みたいな。テレビを見る国民を完全に意識している。
中島みゆきの歌に「ショウタイム」っていうのがあるんですが、国内の政治を皮肉った何年も前の歌だけど、
非常にしっくりくる歌だと思います。余談ですが。

731 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:50:06 ID:+K9ARS9N
>>729

たぶん、それは、体制批判に関する報道の自由が、どれだけあるかと
言うことだと思いますよ。

以前にヨーロッパのペンクラブの統計データを見たことがあるけど、
約160カ国を調べた結果の、アジア諸国は ↓ こんな感じだった。

 35位 : 台湾
 55位 : 日本・韓国
150位 : 中国
160位 : 北朝鮮

冷戦崩壊後の、大半の東欧諸国の方が日本よりも上だったことに
驚いた記憶があります。



732 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:50:15 ID:7Kh+QVu8
海外の新聞は読んだことないのでわかんないけど、
ネットで海外のニュースとかに触れると
”わかってないのに適当なこと書くなよ”とか思うね。
なんつーか、スシ、テンプラ、フジヤマの世界。
日本の海外における見られ方、を理解するにはいいかもしれんけど。

733 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:53:10 ID:+K9ARS9N
>>729 ごめん、間違えた。以下が正解。

たぶん、それは、体制批判に関する報道の自由が、どれだけあるかと
言うことだと思いますよ。

以前にヨーロッパのペンクラブの統計データを見たことがあるけど、
約160カ国を調べた結果の、アジア諸国は ↓ こんな感じだった。

 35位 : 香港
 55位 : 日本・韓国
 60位 : 台湾
150位 : 中国
160位 : 北朝鮮

冷戦崩壊後の、大半の東欧諸国の方が日本よりも上だったことに
驚いた記憶があります。


734 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:54:45 ID:wE9qam1a
>>722
朝日は偏向しています。偏向が過激なら一方的な政治信念による編集方針を持って発行をしています。
NHKとの争いでも従軍慰安婦や人権グループへの過度な関与をして天皇批判をしています。
公平な報道よりも間違った正義感を優先させる報道姿勢を採りながら、自分たちは公平だと平気で嘘をつきます。

珊瑚礁報道のようなねつ造報道を何度もやりながら体質を改善する意志がありません。
公平な真実を知りたいなら朝日など読んでいては嘘で洗脳されてしまうでしょう。

735 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 23:56:13 ID:RrMpqlyK
>>731 なるほどね。しかし、日本と韓国のランクが同じとは・・ね?

>>732 そう言うこと感じる処はあるよね!同感!

736 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/22(水) 23:57:34 ID:qtF0a1bG
>>734
すみません、そんな貴方にお聞きしたいんですが、
朝日は偏向報道している、ということを認めたとして、
産経新聞は偏向報道しているんですか、していないんですか?

737 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:03:32 ID:zfamqpX8
>>730
ホントだね(うちにもCDあったから聴いてみた)。
閉塞感の中で虚像にしがみつこうとしている感じが。。
「ファイト!」の歌詞みたいに地道に生きる方がいい。

738 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:05:06 ID:fsfH/juo
日本がヒステリックになってる場合、日本のメディアの意見を鵜呑みに
すること事態、学習能力が無いといえる。9・11のときのアメリカのメディア
(この国よりはるかに進んでいる思われるメディア社会)でさえ、冷静な
報道はできなかったでしょ? そういう時は第三者の意見に耳を傾けること
が大事だと思う。しかもそれは意図的に当事者国に向けて発信している
第三者のメディアではなく、世界に向けて発信しているメディアが好ましい。
9・11の時は日本のメディアも冷静な対応ができたのは当事者の国では
無いからだ。朝日だの産経だのくだらない数社で形成してる日本の新聞に
意見が集約される日本では情けない気がする。朝日のせいと言ってる人達は
それだけ、日本社会のレベルが低いといってるようなもの思うんだけど・・
たかだか、日本にあるひとつの新聞社が国際レベルの問題の引き起こしたなんて
それこそ世界の笑いものになる。

739 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/23(木) 00:11:46 ID:/C/nbdQR
>>737
お〜早速聞いてくれましたか。
今私には、「決まりきった演説 偉いさんの演説 揺れるゼネレーション イライラの季節」
「今やニュースはショウタイム 今や総理はスーパースター」
みたいな歌詞だけ思い出せます。

「ファイト!」いいねー!
今の時代に一番いいかもしれない。

740 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:11:50 ID:q3STxA6E
>>730
中国問題に関しては産経は台湾支持だよ。中国共産党政権に抵抗して真実の報道を貫いた新聞社だ。
だから中国共産党は産経新聞を最後まで大陸に受け入れようとしなかったが、世界のマスコミから批判されて認めたのだ。
中国批判は偏見もあるだろうが迎合せずに事実を報道する姿勢は評価するべきだよ。

それに引き替え朝日新聞は、文化大革命を中国政府の言う通りにすばらしいモノと報道して世界中の物笑いになった。
民衆を弾圧するだけの文革のゆがんだ政策を批判する日本の新聞が、中国政府から次々と追放されていった中でも、
朝日新聞社ただ一社が中国政府の御用新聞として、毛沢東礼賛や紅衛兵賛歌の記事を書き続けていた。
真実の報道という使命を完全に放棄して、中国の犬となって中国に支社を一社だけ確保していたのだ。

大本営報道を批判もせずに垂れ流した過去を持ちながら、中国政府の大本営発表を再び垂れ流してきた朝日新聞には、
戦犯を批判する資格などまったくない。

741 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:18:59 ID:t96pnHt1
     彡ミミミヽ ノ彡ミミ)))    自慰自体は、自然な行為で、問題になるとは全く思わない
    ((彡ミミミミ)(彡彡)))彡)   
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙" """"ヾ彡彡))  過去に犯した強姦・監禁を2度と繰り返さないと誓うためにやった
   ミ彡゙ .._    _   ミミ彡 
  ミミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミ)))  犯行時に撮った写真をオカズにしたのは、被害者に申し訳ないことをした
  ミ彡  ' ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ))  との思いをもう一度新たにするため
  ((彡|      | | `    |ミ彡   それがなぜ被害者を傷つけることになるのか理解に苦しみますね。
   (彡|    ´-し`)\  |ミミ   
    ゞ|      、,!  」  |ソ   それを止めろと言うのは、ひとの性生活に対する明らかな内政干渉
     ヽ '´ ̄ ̄ ̄'ノ /      むしろ、そちらの方がどうかと思いますがねぇ。
   /⌒ \____/ ⌒\
\ /     ¬         \            / ̄ ̄ヽ
  \            □■□■         /      \
   \   ・  | \ □■□■□       /        ヽ
     \   /     ゝ    ヽ \   /          |
      \        |;;    |   \/    |       |
        \     l  |;;  ;;;  |\__/      |      |
         \ ̄  ―|;;  ;;;  |-/        |      |
          \   |;;  ;;;  |/         |     |
           \  |;;   | |/          |     |
             | |;   ;; ;;|          /|    |
                ;;            /  |
\          /    ;;          /



742 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:22:09 ID:q3STxA6E
>>736
産経は北京政府に睨まれているから反動で台湾よりになっている。
朝日と産経を二紙読み比べてはじめて公平な報道になると思うよ。

743 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/23(木) 00:34:54 ID:/C/nbdQR
「ショウ・タイム」、政治批判よりももしかしたらマスメディア批判の方が強いのかもしれない。
手元に歌詞の正しいのがないし、CDもないもんで。
このスレでこんな話題をしてしまってすみませんでした。>不愉快に思われた方がいたら。

>>740
>中国批判は偏見もあるだろうが迎合せずに事実を報道する姿勢は評価するべきだよ。

偏見もあるだろうが、という言葉でホッとします。
で、私は産経新聞の姿勢に評価できる部分を未だ見出せませんでね。何せ、ちょっと覗いてみると、
>>721にコピペしたような内容の社説がドドーンと書かれてるので、
こりゃ一体何なの?ってショックが大きいもんでして。
参考にはしますよ。一新聞紙として。

朝日批判の長々しい話は、私は興味を持ちません。この場所で相手する気は全然起きません。
靖国の話に絡めてのことなら結構ですが。

>>742
睨まれたから反動で?
マスメディアが政権等に睨まれたからといって反動で報道姿勢を変えてどうするんですか?
ジャーナリズムとはなんぞやと。

以降は是非マスコミ板へでも。

744 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 00:53:52 ID:Krq9fpI1
>>736
横レスです。
朝日も産経も偏っていることは事実。
偏っていない新聞社など、どこの国にも存在しないと思います。
ただ、朝日の問題は、1)他社に比して、偏向の事実を隠微しようとしすぎること、
2)目的のためには手段を選ばない態度がつよすぎること、3)ジャーナリストとしての
責任をとろうとしなさ過ぎること、4)過去の報道の過ちが明らかになっても認めようと
せず開き直る頻度が著しく高いこと、5)エリート意識が強すぎて、決して地に着いた泥
臭い地道な取材を心がけようとしないこと、6)特権階級であることを笠に着て、平気で
弱いものいじめをしたり、市井の民を脅そうとしすぎること、7)そのくせ、自分は弱者
の味方のような態度を取り繕って恥じないこと、などの点において、他社の程度を圧倒し
ていることでししょうか。
まあ、ある意味で新聞の代表でもある朝日故に、問題点が目につきやすいことは事実で、その
意味で朝日には状況が不利であることを多少考慮すべきとは思いますが。

745 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 01:14:34 ID:SsNOvUvw
昨日のスレ常駐便所虫通称”ゲロカスクソ”の粘液分泌生活統計 @
>>602 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 01:27:13 ID:daZBdebs
606 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:12:57 ID:daZBdebs
609 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:26:40 ID:daZBdebs
614 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:47:51 ID:daZBdebs
617 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 02:57:06 ID:daZBdebs
619 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:04:22 ID:daZBdebs
622 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:09:56 ID:daZBdebs
625 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 03:45:17 ID:daZBdebs
658 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:18:36 ID:daZBdebs
660 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:21:50 ID:daZBdebs
663 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:27:32 ID:daZBdebs
>>672 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:18:13 ID:daZBdebs

746 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 01:15:16 ID:SsNOvUvw
昨日のスレ常駐便所虫通称”ゲロカスクソ”の粘液分泌生活統計 A
>>676 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:40:14 ID:daZBdebs
683 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:46:54 ID:daZBdebs
687 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:02:25 ID:daZBdebs
690 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:48:35 ID:daZBdebs
698 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:14:20 ID:daZBdebs
699 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:19:54 ID:daZBdebs
704 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:21:45 ID:daZBdebs
709 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:33:46 ID:daZBdebs
>>714 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:41:45 ID:daZBdebs

747 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 01:59:07 ID:qSsogHtb
完全に小泉包囲網が完成したかな〜と思ったら盛り返してきた今日この頃
小泉さんも8月15日きっぱり参拝したほうが良いでしょう。
近い将来と言うより、3年後ぐらいにはみんなに評価されるよ。
「あの時小泉良くやったよな〜〜〜」左右問わずね。

しかしA級戦犯とは言わないが、このクラスの指導者は戦後
恩赦復権されたが、それどころか永遠に地獄にいてください。
敗戦の責任もあるが、何百万もの兵士、民間人をあらゆる死
に追いやった、戦死ならまだ報われる?餓死、犬死、虐殺・・・
ありとあらゆる〜〜。
後世に語り告ぐとしたらこっちのほうが大事だよな。そしたら戦争
美化どころか、もう少し賢くなるよ。

748 :667:2005/06/23(木) 01:59:09 ID:DQCtQw3e
601へ
>>566での、素朴だが的を外している問題提示とは、物事を重層的に見ようとし
て実は最初から嘘に塗れている疑問であり、問題の齟齬を追及しようというポーズの
背後にある傲慢にある。

齟齬を追及するのはそうだが、どこが傲慢なのか?具体的に説明しろ。
私は、そもそも「国のために犠牲になった方々に参拝するのは、当然」で、どうやって実現していくかをまず考えるべきだ。それを、靖国やA級戦犯の問題にすり替えて、先延ばしするのはおかしい。
先延ばしする背景には、靖国問題を政治の玩具にしてパワーゲームをしている風にしか見えないし、議論の迷路に嵌っているとしか思えない。
といっているだけだ(ま667では、柔らかく、質問形式にしてみましたが・・・)
確かに、昨今の靖国論争とは視点が違うように見えるので、議論の文脈からは外れているのかも知れないが、本質的ではある。と思いますが如何でしょうか。それとも、私の投げかけた論点には、既に定説となっている回答が用意されているのでしょうか。
もしそうなら、教えていただきたく。

670へ
>「不戦のための靖国参拝」も小泉個人が言ってるだけで、
後々の首相は参拝に別のメッセージを持たせると思うよ。

そうかも知れないが、私は、交渉のテクニックの問題と思っています。参拝するしないに関わらず人間誰しも考えがある分けで、それはいつかは何らかの形で出るわけで・・
結局、どれだけ具体的で逃げのない言質(「首相の公式見解」)を引き出すかが重要ではないでしょうか。
それを次の交渉のカードに使えばいいわけであります。
今回のような、進展のない入り口論議は、左に座っていらっしゃる方々の常套手段で、私個人的には、飽き飽きしています。
左にいらっしゃる進歩的な方々、進歩がないですぞ。

749 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:12:09 ID:xNpe40bW
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
おまえら、2ちゃんねるが馬鹿にされてますよ

2ちゃんねらーは社会不適合者などと言われています

このまま放置しておいていいのか?

2ちゃんねる信者は社会不適合者
http://blog.livedoor.jp/nichanneru/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

750 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:33:35 ID:4JFnrjDj
>>749
ユザーだけど、信者じゃねえしなぁ・・・

751 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 05:03:42 ID:DgWnwq+B
日経のサイトでアンケートをやってますので、興味のある方はご参加をお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 アンケートのお知らせ 】 靖国参拝、賛成、反対?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 旬の話題をさらって素早く結果を反映する“即問速答!”。第9回目のテーマは、
「靖国問題」を取り上げます。小泉純一郎首相が靖国神社を参拝することに対し、中
国が抗議、中止を要請しており、日中間の関係悪化が深刻になりつつあります。ま
た、日韓首脳会談でも、韓国側が靖国神社参拝中止および新しい追悼施設を検討する
よう求め、靖国神社のあり方が、改めて問われています。

 自民党内や識者の間でも意見が割れている参拝の是非について、あなたはどのよう
に考えますか。あなたのご意見をお聞かせください。〆切は2005年 6月23日(木)17
時です。

 回答して下さった方の中から抽選で10名様に2000円の図書券をお送りします。集計
結果をお楽しみに!


◎アンケートページはこちらから
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/sokumon9.html


752 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 08:21:57 ID:hKD4rgZf
>>730 :Tekkoはんへ
 何せ小泉は思慮深い人だとは思えません、至極単純な動機、信念から参拝しているようにしか見えな
いんですが、>
 わてはそうは思えない。思慮深いとも思わんけど。もちろん信念もあるやろ。けど信仰を利用するの
は政治家として世の常や。思慮深なかっても総理は国民を騙すための政治の手法を上手に使ってはる。
 わては、かつてスエーデン王立研究所が出したレポート、「そう遠くない将来、極東が紛争地域に
なる」という予測が気になっているんです。正確な文章は忘れたが、紛争は中東から極東に移るみたい
な予測がある。それに符合するかのように、最近、次のような新聞記事(朝日やないで)が目にとまっ
た。
「日本が右傾化すればその周辺の国々の民族主義が燃えあがり、それが極東の紛争を増大させる。」
 わてが政治屋(右翼系)にそれを言うたら、へんな手応えを感じた。右傾化を意気込んでいたもんや
さけやろ、ちょっと腰が砕けたみたいや。立場上、民族の利益を主張するはずの民族主義運動が、かえ
って国民の命を奪うことになりかねへんのやったら・・、そう言う困り方や。
 政治屋どもは知っとるやろな。日本の景気は良うなるどころか悪なるばっかりやと。それやったら、
国民は民族主義に走るやろと予測はしている筈や。過去の歴史が語っとる。戦争は自然の流れやろか。
戦争できる国にするんにアイデンティティが必要やろ。平気で命捨てるためのな。靖国も利用せえ、天
皇も利用せえ、神道も利用せえ。そんな気がするんや。あのハンドルネームの長い人やったらどう答え
てくれはるやろ。あの別の人はこりごりや。議論にも何にもなれへん。

753 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 08:37:16 ID:ifqpioMe
宮司が悪く思える。

754 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 09:47:45 ID:83xQDmdh
>「国のために犠牲になった方々に参拝するのは、当然」

話のすり替え。
「追悼」するのは当然である → 武道館公式追悼式典 で十分。

それと中韓と日本の関係を未来思考で行くなら、靖国なんて言う過去の神社に

  こだわるのはおかしいんじゃないか?
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

755 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 10:20:51 ID:BdrKi00O
>>749 ??それは全く逆とおもうぞよ・・・

理由は簡単至極。
2chで余りにも知られたく無い書き込みが多すぎて警戒のポーズなんでねぇ〜〜の。
ほらっ・・言われたくない事いわれると・・「があぁ〜〜〜〜」なんて、怒鳴るやつ。
それと、おんなじだわさ・・・見てきたけど、あっちのほうが病気だわさ!

756 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 10:29:48 ID:BdrKi00O
まっあえて、別に書くが・・・
臭いなぁ〜〜2chの粘着さんでね〜の、サイト作った奴。
理由は何で?2chなんだ?・・ネット住民になるのが普通だね!

757 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 11:36:47 ID:q3STxA6E
>朝日批判の長々しい話は、私は興味を持ちません。この場所で相手する気は全然起きません。

朝日新聞がねつ造報道などを批判されたときの逃げ出す態度と同じだな。
自分に都合が悪い話は無視してごまかす。

俺が何で書いたかわからないのか?知らんぷりを通す気か?
朝日が中国政府とどういう関係であるかを無視しては、朝日が執拗に靖国批判をしてくるかの背景が見えてこないだろう。
戦前の共産党スパイと蜜月関係にあり、近衛内閣を国民党攻撃に向かわせた政治志向を朝日は反省していない。
ゾルゲ事件の精算を未だに拒否している新聞社だ。尾崎問題を闇に葬ろうとしている。

馬鹿か、朝日が中国共産党の手先となっている事実を無視しておきながら、
産経新聞の台湾より報道を一方的に批判するおまえの態度が中国の手先と同じに見えるんだよ。

758 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 11:51:38 ID:BdrKi00O
最近の朝テレの狼狽振りは・・なんだろうね?
やはり、自分等の起こした悪行というか、陰謀に対しての整合性に疑問を持ち始め
たなんて事なのかね。
朝テレのニュースを見ていても何故か、おどおどしたキャスターの態度も気になる
ところでもある・・・が。まっ俺の妄想に違いないだろうが・・・

元々、靖国参拝問題なんて日本には存在しなかった訳だし。
それに、泳がされてる日本人のあり方にも、俺的には日本人は「大馬鹿」だなと、感じる。
また、歴史認識についても、有り得ない近隣諸国の抗議である事を、特に日本の歴史学者
は何ゆえ理解出来ないのか、疑問である。
その理由は、近隣諸国が日本の歴史認識を言及するという事は、自国の歴史教科書を
日本国民への公開義務が、国際常識の元自然的に発生する事の説明が無い事が、本当は
日本の歴史学者はのほとんどが「反日組織」の仲間であることの・・
証拠でもあるのだろう。

笑えるね、日本の学識経験者って・・・嘘つきが多いんだね!

759 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 11:54:15 ID:q3STxA6E
>>754
>話のすり替え。
>「追悼」するのは当然である → 武道館公式追悼式典 で十分。

薄情者のあんたが十分と思うのは勝手だ。
靖国参拝が必要と感じているから参拝するんだ、あんたに付き合う義理などないし、
あんたの薄情な性格を押しつけられては迷惑だ。

760 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 12:01:02 ID:q3STxA6E
>それと中韓と日本の関係を未来思考で行くなら、靖国なんて言う過去の神社に
>  こだわるのはおかしいんじゃないか?

過去を反省しているから靖国に参拝する。過去のこだわることから未来へ進むことが出来る。
過去に賠償等はすべて条約で精算した。
何らいまの政府が中韓に対して謝罪などするような罪は犯してきていない。

未来志向でいくなら、靖国参拝を批判することこそおかしいんじゃないか。先祖供養を他国が非難するなど許されない暴挙だ。


761 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 12:04:14 ID:83xQDmdh
>過去を反省しているから靖国に参拝する。

筋が通らない

762 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 12:06:43 ID:83xQDmdh
漏れの親戚@終戦時13才に直撃アンケート!!

Q:「東京裁判でA級戦犯、特に東条英樹が死刑になったときどう思いましたか?
  かわいそうだとか、復讐裁判だとか思いました??」
A:「死刑は当然だと思った。周囲にも死刑になってかわいそうという人は
   いなかった。」
Q:「戦犯の赦免を求める署名が4000万人も集まったと聞いていますが、
  署名しましたか?周囲に署名した人は居ましたか?そもそも署名運動
  が有ったことを知っていますか?」
A:「署名があったことなんか全く知らない」
Q:従軍慰安婦って知っています?
A:近所で2〜3人、家が貧乏だったので、’自発的に’大陸や半島へ
  売春目的で渡航していった。満州では女は売春すると一稼ぎできる
  と噂されていた」
Q:「強制的に連れ去られた女性とかはいましたか」
A:「直接には知らないが、聞いたことはある。戦前には冗談ではなく
   人さらいが珍しくなかった。女の子の辺鄙な場所での一人歩きは
   危険だった。」
Q:「それは、ヤクザとかの人身売買組織であって、国が慰安婦を徴用
   したのではないんでしょ?貧乏な家の娘が金を稼ぐために慰安婦に
   なったのでしょ?」
A:「そのとおり。それと人さらいは良家の娘が狙われた。」


763 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 12:20:48 ID:BdrKi00O
>>761,>>762 おもろいねぇ〜〜そうなんだ、誘導したい訳だ。

あの〜〜アンケートの、偏った設問は何んですか?
やはり、朝日新聞の関係者??・・ですかいの?

764 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 12:54:19 ID:83xQDmdh
Q:戦前社会と戦後社会を比較してどう思います?
  たとえば汚職や犯罪など。戦後教育・日教組のせいで汚職や犯罪が
  増えたと右翼が言っていますが?」
A:汚職は戦前の方がひどかったろう。役人とヤクザの癒着なんかも
  今だったら新聞沙汰になって大騒ぎになるようなことが平然と行われていた。
Q:たとえば?
A:家の3軒向こう隣がヤクザだった(注、家は某寺の門前町の呉服屋である)
  が、完全に警官と癒着していた。賭場で警官が自ら徹夜で博打をして、
  賭場から交番に出勤していた。良い言葉で表現するとおおらかだったのだが
  敵に回すと官・ヤクザ双方から圧迫を受けた。もっとも家の○○にいちゃん
  が別のヤクザに絡まれたとき、そのヤクザに頼んで手を引かせたことがある。

Q:戦前の教師は?
A:どうしようもない奴は教師か坊主になれと言われていた。
  我々の中では教師に権威はなかった。
Q:戦後は
A:かわいそうだった。日教組はちょっと何かあるとすぐに問題にして
  先生にうるさく言っていた
Q:それはいわゆる糾弾ってやつ?
A:そう


765 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 13:29:42 ID:BdrKi00O
基本的に、靖国問題も、歴史認識問題も、始めから存在しなかった問題というより、
日本のメディアの捏造そのものでしか無かった事の証明が至る所で、噂され始めて
るわけで、仕掛け人の日本のメディアとしてはその噂を払拭したいんだろな。

しかし、日本人も、近隣三国人もその捏造の嘘に気付き始めている事は、確かなようだ。
今後、日本のメディアの何処が最初に、訴えられるのか興味有る。
しかし、日本からより近隣諸国での訴訟が・・先にあるだろうな。
今まで散々、馬鹿にされ続けていたわけだし。その行方が・・ね、見える感じだ!

766 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 15:06:22 ID:ZWMHbO6W
NHKの民営化

767 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 15:39:36 ID:nYHkGNNq
まあ、戦前のヤクザ+戦後のヤクザと近年(1960年以降)のヤクザでは大違いだからな。
戦前のヤクザは決して素人に手出さず町内の揉め事仲裁や企業の利権争いで揉めるなどしてた。
ヤクザ同士の抗争でも素人を巻き込む事は皆無だったと。
戦後から1960年代頃までは戦前の面影を引きずっていたが、
1970年頃から暴力団へと変っていったと本で読んだ事あるな。

基本的に現代と以前では考え方が違うんだから以前の事は現代人には理解不能だろ。


768 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:14:25 ID:BAEpvlWN
>>767ヤクザ同士の抗争でも素人を巻き込む事は皆無だったと。 >
 ホンマかいな。わて清水の次郎長好きやさけ広沢虎造の浪曲鑑賞しているけど、「やくざ
に強くかたぎに弱い真の侠客」言うセリフが出て来よる。て言うことは「かたぎに強くやく
ざに弱い偽の侠客が居った言う事になる。素人に手ぇだしたしょうもないやくざも居った言
う事になるんやて思てたんやけど。ちょいちょい「石松三十石船道中」聴いとりま。ええでぇ。

769 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:16:20 ID:sIfGQmYV
>>768
今でもフォローはちゃんとしてる人が居る
そこらの下のは全く無いけどな

770 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:21:20 ID:4JFnrjDj
>>768

オレも関西人だが、お前の気色の悪い関西弁には虫酸が走る。



771 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:28:59 ID:sIfGQmYV
あれは広島風味のふりした今治弁やろ

772 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:36:03 ID:gCYIUrLE
>>762
署名4000万人は大嘘だろ。
当時の人口は6000万人程度で半数以上は未成年だよw

成人全員とガキの名前勝手に使ったな。アリエネー数字だw

署名運動なんかそんなもんだけどな。

773 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 17:30:17 ID:LDqA4awt
>>772
当時の人口は八千万人だよ。
少なくとも三千万人の署名を集めたというのは本当、議事録にそう書いてあります。

774 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 17:39:57 ID:suug6ojn
>>770 >>768
オレも関西人だが、お前の気色の悪い関西弁には虫酸が走る。 >
まあ、そう嫌わんといて。
>>771 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 16:28:59 ID:sIfGQmYV
あれは広島風味のふりした今治弁やろ >
惜しい!ええ語感や。広沢虎造を聴いてみ。ええどー。

775 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 18:04:13 ID:83xQDmdh
>773

だあかっら、その署名、本当に3000万人が署名したのではないだろう
と言っているわけ。

重複、借名、偽造捏造が相当含まれているんじゃないのと疑問視されて
るんだよ。

少なくとも漏れの親族オーバー70才で署名した人は皆無。

776 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 18:17:06 ID:YFDz8j9g ?#
>>775
延べ300万人署名でもそれはそれですごいと思うよ。
1ページ30人だとしても100万ページ、5cmのキングファイルで1700冊程度。
受け取った方も処分に困っただろうね。

777 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 18:21:55 ID:YFDz8j9g ?#
>>776
3000万署名と書いたつもりが300万になっていた。
300万なら大した事無いけど、3000万はすごいと思う。

778 :rrr:2005/06/23(木) 18:28:37 ID:wmMgWOAP
天下は永久に小泉家のもの

779 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 18:38:59 ID:83xQDmdh
>>777

だあかっら、その署名、本当に3000万人が署名したのではないだろう
と言っているわけ。

重複、借名、偽造捏造が相当含まれているんじゃないのと疑問視されて
るんだよ。

少なくとも漏れの親族オーバー70才で署名した人は皆無。


780 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 19:10:51 ID:q3STxA6E
>>779
おまえは署名が100%嘘だと言いたいのか?
馬鹿じゃないの?無効な署名が含まれたとしても多くの有効な署名が現実に集まっていたと理解するべきだろう。

781 :さいころちゃん:2005/06/23(木) 20:10:29 ID:83xQDmdh
>おまえは署名が100%嘘だと言いたいのか?

ドアフォ低脳かおのれはm9(^Д^)ギャハハハハハ バカジャネーノコイツwwww

3000万人は実数ではないだろうなと言っているんだ。
南京大虐殺30万人と同じだ。否定しないがそんなに多いのはおかしいだろということだ。
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

782 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:12:56 ID:F3fmpyWh
必死だな

783 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:14:06 ID:OaxSLuDk
 
香港人は、東京にあんなに人が集まってるのを見た
 
これなら30万を3000万と言っても問題ないだろうと思った
 
香港がそれぐらい収容可能に成る事も望んで、ふざけるな

784 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:30:19 ID:LDqA4awt
>>781
実際は三千万を目標に署名を集めたら、四千万も集まってしまったとさw

当時は国民運動にまで発展したんだけどね。

785 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:35:16 ID:EMpnj8Gp
今日の平和の礎の様子をみれば、靖国以外の追悼施設がありうることは
明白だろう。

786 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:37:53 ID:EMpnj8Gp
>784
悪いが、大した記憶にないよ。そんなもん。
それに靖国神社のほうがいやがったろ。
内閣法制局かな、そのへんからでた政教分離のための
要件でさ。

787 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:47:13 ID:LDqA4awt
>>786
昭和30年頃の話なので、記憶にあるとしたら貴方は60歳ぐらいですか?

788 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:53:00 ID:EMpnj8Gp
>787
なんだ?それなら私の間違いだな。
しかし、昭和30年頃の話なんかどうでもいいことだろ。
そんなもん持ち出しても意味ないでしょう。


789 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:57:53 ID:LDqA4awt
>>788
少なくとも戦争の当事者が赦しているのですが。
当時の人間が赦しているのに、その後生まれた人間が赦さないと云うのはおかしな話ですよ。

まあ赦すと云うよりも、殆どの国民は戦犯とは認識していなかったという証左ですね。

790 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:59:29 ID:EMpnj8Gp
>786
当事者ってのは、もう死んでるだろ。


791 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 20:59:55 ID:bYV7NYlV
あいかわらず低レベルすぎる・・・

カスどもが・・・


792 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:01:15 ID:EMpnj8Gp
>786
いやいや、死人に口なしとはよくいったものだ。

793 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:03:31 ID:LDqA4awt
>>790
退役軍人や遺族も当事者ですよ。
国民全てが当事者と云っても過言ではありません。

794 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:08:31 ID:EMpnj8Gp
>790
一番の当事者は死んだ連中だろ。
生き残った人間どうしが傷をなめあったうえ、責任の所在をうやむやにし、
死んだ連中を「英霊」にして奉ってるだけじゃん。

さらに言えば、国民裁判なりがあったとも聞かないが、
罪も明確にしないで何を赦すもないでしょう。
国内的には、彼等はどういう責任があって、どういう罪があって
何が赦されたのかね。
そのへんを適当にごまかしといて、そのうえ「英霊」に列席とは
無責任きわまりないね。

795 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:10:26 ID:EMpnj8Gp
しかも、死んだ連中のうち民間人は英霊じゃないのに、
責任の有りそうな連中は英霊だそうだ。おわらいだな。

796 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:13:09 ID:LDqA4awt
>>794
結果的に責任をうやむやにしたのは戦勝国だよ。
国民によって裁かせなかったのは戦勝国。

そしてその裁きを受け入れたのだから戦犯には罪はないよ。
もちろん国民にも罪はない。

797 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:13:39 ID:/i/+zZtp
戦後の記憶が風化しない時代に、国民は戦犯を合祀することに抵抗はなかったと言うことだろう。

798 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:19:47 ID:/i/+zZtp
戦時中の罪なんてすべて東京裁判を受け入れたことで精算されている。
講和条約と共に独立国日本は近隣諸国とも条約を結び戦後処理は終わった。

靖国が戦犯を英霊として奉ることに何の問題もない。

799 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:28:07 ID:zfamqpX8
そういえば国際裁判で追及されたのは対外責任のみだね。
自国民に対する罪が一切裁かれていない。

罪状が増えてもどうせ死刑以上の罪はないが、
戦争を総括する上で必要だったかも。

800 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:30:27 ID:LDqA4awt
>>799
だが二度裁く事は出来ない。
法治の原則だよ。

801 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:33:38 ID:/i/+zZtp
>>799
敗戦直後の国民が不問にした問題だ。今の時代の馬鹿者には請求権など無い。
敗戦で国民自身がすでに総括している。

802 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:39:14 ID:MKXtl7Jb
ttp://online.wsj.com/article/0,,SB111947302346566823,00.html?mod=opinion%5Fmain%5Feurope%5Fasia
WSJ(アジア版、社説):リアリティを直視しない日韓首脳会談

歴史は、首脳会談の良いテーマかもしれないのだが、普通人は、北朝鮮問題が日韓首脳会談で
議論されることを期待するだろう。金正日が核のアルマゲドンを考えているかどうか定かでは
ないが、彼が国民を飢えさせていることは確かだ。

日本と韓国のトップが時間をかけて話し合ったのは60年以上も前の事件であり1910-1945の日本
による韓国の併合時代のことが含まれる。日韓両国には、その件で互いに和解していない。

恐らく両首脳は現実を直視することを避け、現在の事件を議論することがより悪い結果をもた
らすと知っているのだろう。ノムヒョン大統領は金正日に譲歩することを決意しているのだが
韓国の昔からの友好国である日米がそれに反対している。韓国の野党だけでなく、中国でさえ
韓国が北朝鮮を支援する限り、核廃棄の圧力をかけても効き目が無いといっている。

北朝鮮はノムヒョン政権を最大限に利用すべく、ここ数日間は北朝鮮は南北朝鮮の閣僚級協議
を使ってアメリカを脅迫しようとしている。金正日は先週、韓国の統一相に、アメリカが安全
保証を約束し、北朝鮮を「尊敬」するなら6者協議に出席すると述べた。無論、それに加えて、
多くの支援が必要なのは言うまでもない。

ライス国務長官は北朝鮮が6者協議に出席しない言い訳ばかり探していると言い、国務省のドブ
リアンスキーは北朝鮮を独裁の前哨基地("an outpost of tyranny")と呼んだので韓国外相が
「北朝鮮を刺激しないように」と要請した。

そういうわけで、我々は理解できるのだが、日韓首脳会談で歴史を論議することはノムヒョン
大統領にとって便利なやり方であるわけだ。小泉首相はブッシュ大統領の言う、北朝鮮への強
攻策の必要性を理解しているからだ。

首脳会談後の記者会見では質問が禁止なのだったが、そこでは小泉首相の靖国神社参拝が、日
韓両国の間の「コア」の問題だと言うことだった。しかし小泉首相は昨日、議会で「私は靖国
神社参拝がコアの問題とは思わない」と言い切っている。このことから見て、日韓両首脳の見
解は全く異なったもののようだ。

803 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:40:03 ID:MKXtl7Jb
>>802

WSJの日韓首脳会談への評価は、簡単に言ってしまえば:

・北朝鮮の核危機を前にして60年前の昔のことばかり言ってる場合か?

・そういう問題が議論されるのは、韓国が北朝鮮政策の議論を避けているからだ

・小泉・ノムヒョンには北朝鮮政策で全く対立する見解があるのだが、
 それを隠蔽しようとする外交努力はナンセンスである

このWSJの直截な評論は全くの正論なのだけれど、日韓首脳会談を評した国内のメディアが
「歴史問題」ばかりを云々していたことは、まことに異常で基地外じみているというべき。

WSJの論法を使えば、そうした歴史議論をしている連中は金正日のシンパで、
現在の重要問題を直視できない、したくない人だということになる。

804 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:42:27 ID:BXYc+dO1
>>798, 侵略戦を遂行する為に、国民の言論表現思想弾圧と
闘い拷問を受けたり殺害された人々に対する救済措置、下手人に対する
処罰などは戦後60年経過しても何も為されていない。大問題だ。
日本人自身の手で是非解決すべきだ。

805 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:46:34 ID:LDqA4awt
>>804
裁く資格があったのは、当時の人間だけだ。
現代を生きる我々に裁く資格はない。

806 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:54:14 ID:EMpnj8Gp
>802
じゃあ、責任があったやらはっきりしないだろ。
東京裁判が無効なら、やりなおしたらよかろう。
でないと、当時の人間が裁いただけ、東京裁判のが
ましだなあ。
東京裁判で裁かれたんだから、いいだろうってのは、
罪があったのを認めてるようなもんだしな。


807 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 21:54:35 ID:/i/+zZtp
>>804
はあ?何処の世界の話だ?請求権など大昔に消滅しているよ。
明確な被害には戦後に救済措置がなされた。今時騒いでも請求する権利など無いよ。

おまえが罪に感じて解決したいならおまえが勝手に解決しろ。
俺には全く関係がない。

808 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/23(木) 22:07:57 ID:/C/nbdQR
>>752 オイチャン
以下、長くなりましたので、分けて書き込みます。
書き方が悪くて、意味がよく解らないところもあるかもしれないです、
そういうところは流していただいて構わないですので。

小泉を見ていて、「信仰心というものを政治利用しようとしている」と思わせるものを、私には感じ取れないのですよ。小泉という人物が神道とか宗教を考えていそうには見えないんです。
寧ろ、もう少し考えているなら、あんなに簡単に靖国参拝しないんじゃないかと思うんですよ。

頑固で石頭で猪だ、と常々私は小泉をボロクソに言っていますが、ピープルという精神もない、と言っていますが、そうは言いながら、結構ヒューマニズムを持っているようにも見えます。
戦争はいけないと、本気で思ってると思うんですよ。
私がボロクソに言うのは、ヒューマニズムは結構だけど、いかんせんあまりに思慮が足らない、と思うからなんですけどね。

809 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/23(木) 22:11:42 ID:/C/nbdQR
>>808の続きです。
でオイチャンが心配している内容
> 「そう遠くない将来、極東が紛争地域に なる」という予測 
のことですが、
それを私は小泉本人が策略しているだろうとは思わない訳ですが、
小泉ではない人間や組織が策略しているかもしれない可能性は十二分にあると思います。
ここ最近、日本の近隣諸国との関係は、あっちもこっちもガタガタで、本気でひどいものでした。

憲法改正をスムーズに行う策略、というようにも感じたんですよね。
世論操作しようとしているなぁ、とビリビリ感じました。えらく性急でした。最近あまり感じなくなりましたが。
露骨すぎた、と反省したんじゃないですかね。

で、小泉ではない人間や組織にとって、小泉の靖国参拝が非常に好都合になっているかもしれない、そこにもしかしたら信仰心、日本人のアイデンティティを、流れに乗せてそちらに持っていこうとしているかもしれない、
そんな気だったらします。
現に小泉が靖国参拝することで、対中対韓関係が緊迫し、日本の国内も今のところ目立った行動は起きていないまでも、変なナショナリズムの感情は強まってしまった、強くなったのは確かだ、と思ってます。

810 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/23(木) 22:20:05 ID:/C/nbdQR
>>809の続きです。

>「日本が右傾化すればその周辺の国々の民族主義が燃えあがり、それが極東の紛争を増大させる。」

日本の右傾化は、絶対に近隣諸国の民族主義を煽ることになるでしょうね。
そして小泉総理のやることは、日本の右傾化を煽るんですよね。

それと、小泉以外の日本の政治家に、やはり、つくる会の押し出しているような思想を持つ派閥が、存在感を増すようになってきていますよね。
愛国心を高めるには、とか、日本の歴史教育は、歴史認識は自虐的である、ということだとかも政治の場において当たり前の議題のようにやりとりされていますし。

結局、日本人は、「あの戦争はなんだったんだ。」という総括が出来ていないことの現れなのかもしれない。
いつかは噴出することだったのかもしれない。
そんな気もしました、今書きながら。


取りあえず以上です。

811 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 22:36:03 ID:zC5zFKXs
新たに追悼施設を建設するのには反対だな。
どこの金を使って
どこの土地を用意して
誰が建設して
誰が主宰し管理維持するのか?

国営で国がやるというなら本末転倒、政教分離に反する。
無宗教で追悼慰霊という矛盾を言うならなおのこと。

812 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 22:38:30 ID:bYV7NYlV
>>807

なんなんだろう?
この怒りのテンションはw

何に対してそこまで噛み付いているんだろう?このカスはwww

>俺には全く関係がない。

・・・ここで本音が出ているな。
こいつには参政の意志が全く無い。
ただうだうだ言ってるだけのオヤジだなw


813 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 22:39:04 ID:BdrKi00O
てかさ!日本のメディアは、近隣三国に誤る事考えたほうが良いんでねぇ〜の。
今更、「私らに関係ない事で・・ござんす。」なんて、・・・やはり、言えるのかね?

気になる言語に「アイデンティティ」って直訳すると「自分は自分である」と言う
ことだろ?・・で、一体何を表現したいのか・・の、疑問にぶち当たりますな!
つまり、その言語自体「引きこもり」って事だろが。
自分の意見に「同化」出来る、お優しい他人は皆無と・・思うがね?

814 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:05:43 ID:/i/+zZtp
敗戦国だから今まで不当な評価に耐えてきた。
WW2への正当な評価を日本側の視点で再検討するのは戦後60年も経てば当然だ。

平和国家を60年維持してきた現在の日本の視点で、戦死者を悼み靖国を参拝することは、軍国主義を復活させるモノでないことは明らかだ。

常任理事国入りを目指す国歌として日本の過去の業績は決して恥じるモノではない。

815 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:10:24 ID:/i/+zZtp
>>812
厨房のガキが寝言をほざくな。選挙権もないくせに参政を語るなばーか。

816 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:24:03 ID:zhesO3NB
>>809TekkoはんへT わても2つに分割するで。
<小泉ではない人間や組織が策略しているかもしれない可能性は十二分にあると思い
ます。 >小泉総理も入っているはずやと思うんやが・・・違うかのう。総理の父親は
右翼のボスや。総理と思想を同じくすると言われてはる平沼経済産業省の父親かおじ
いさんが確か平沼騏一郎だと思う。彼は戦前の右翼のボスでありながら首相にまでの
ぼりつめた男のはずや。ここら辺は確認を要すがそうやと思う。余談になるが彼が、
「複雑怪奇」という言葉を残して総理を辞職したのを歴史の時間に習った。彼らはグ
ループ(何人居るか知らん)をなし相談しながら事にあたっている事は十分考えられ
る。石原慎太郎もその中の一人やろな。政治学を習ろうたことのある知人から聞いた
んやけど、国民をいかに騙すかも習うんやて言うてたわ。マキャベリの「君主論」や
「謀略」をえらい古いけど興奮して読んでたな。政治家に正直を求めることは八百屋
にテレビを求めるようなもんやろな。総理が嘘ついたり宗教を利用しようとするのは
政治家が考えてするもんやのうて本能的なもんやろと思う。平沼さんについてはもっ
と確認して書くべきやったかもしれん。

817 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:27:17 ID:zhesO3NB
>>809TekkoはんへU
<現に小泉が靖国参拝することで、対中対韓関係が緊迫し、日本の国内も今のところ
目立った行動は起きていないまでも、変なナショナリズムの感情は強まってしまった
強くなったのは確かだ、と思ってます。 >それについてはほぼ同感。

ところで、脱亜入欧か入亜脱欧やけど、どちらが将来日本にとって得やろ。キーワー
ドは中国やろな。日本がアジアの国を仰山味方につけて中国に対抗でけへんやろさけ、
やっぱりアメリカ味方につけて中国と対抗するしかないか。ほいやけどアメリカはど
こまで頼りになるやろ。


818 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:30:59 ID:bYV7NYlV
>>814

言ってる事がおかしい。

>WW2への正当な評価を日本側の視点で再検討するのは戦後60年も経てば
>当然だ。

・・・と再検討を促しておいて・・

>戦死者を悼み靖国を参拝することは、軍国主義を復活させるモノでないこと
>は明らかだ。
>日本の過去の業績は決して恥じるモノではない。

・・・すでに結論を述べているw

あのさ、アホすぎるんだよ。
今のおまえに必要なのは「他人を説得する力」。

・・・と、このように、日本人は現代に至るまで思考能力は全く進歩して
いない。感情に流され、それを理路整然と他者に伝える能力に欠け、
結論を信じ込んだら、どんな議論も拒否する。

変わってねええ!!!!w


819 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:33:52 ID:F4Kml+8o
2004年1月1日以降、靖国神社に参拝していないで、
1年1回参拝するだと。
すでに公約違反。


820 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:37:01 ID:bYV7NYlV
>>819

日本人は近代から現代にいたるまで、思考能力がまったく進歩していないと
思うが、




計算能力は退化している!!!!!!!!!!!wwww



821 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 23:39:11 ID:bYV7NYlV
・・・と、このように、おまえらカスどもに言いたいのは、
自分がまともだと確信するには、おまえらの脳は頼りなさ過ぎる。
ということだ。
それは靖国参拝に賛成するにしろ反対するにしろ、おまえら考える
根拠では、何の展開、解決もありえない。


822 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 00:09:49 ID:XThyHYM2
賛成でも反対でもないけど、これはぜひ見てほしい。
今の日本の土台になってくれた人達。。。
ちょっと考えさせられます。
http://ime.st/gazo05.chbox.jp/flash/src/1117343899243.swf

823 :toyota:2005/06/24(金) 00:11:34 ID:ASXKlB08
:3:2005/06/23(木) 23:55:58 ID:Ypm9QNeq
360 :トヨタ首吊り工場 :2005/06/23(木) 23:54:27 ID:Ypm9QNeq
45 :凹凸 :2005/06/13(月) 17:11:10 ID:5ax2weP1
771 :トヨタ自殺自動車 :2005/06/13(月) 05:22:21 ID:iskfhxeN
彼らが指折り数えたのが自殺者の数だった。その日話しにでただけでも
20名をこえた。海に飛び込んだのは高岡工場の27歳の労働者である。
工員とダム湖にクルマごと飛び込んだ社員だけが新聞記事になった。
28日堤工場の45歳が首を吊った。
高岡工場の労働者は、寮で睡眠薬自殺を遂げた。彼は遅刻を咎められていた。
本社では、山の中で首をくくった。
QCサークルの準備に手間どりクルマに排気ガスを引き込んだ例もある。

 尾行 尾行 尾行 尾行 尾行 尾行 トヨタの尾行はすごいらしい

772 :トヨタ自殺自動車2:2005/06/13(月) 05:32:17 ID:iskfhxeN
高岡工場寮で発見された自殺者の死体は保安課員?がかたずけた。
パチンコ台のガラスに自殺者の顔が浮かび上がってしょうがないと
保安課員がこぼしていた。
その夜集まった期間工たちは次々に話だした。
精神障害と自殺者についての噂は、これまで何度もかきけされていた。
しかしその数が急速にふえていることが、
私を暗然とさせた。



824 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 00:13:30 ID:JsFH7yMu
>>822

情緒論なわけだが。

いまニュース23では、「もうひとつの情緒論」沖縄の特集をやっている。

情緒論では解決しない事を示唆している。


825 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 00:29:55 ID:I3ZkAaU/
>>816 オイチャン
>総理の父親は右翼のボスや。

そうなんですか?
一応、前スレにもあったコピペをここにも貼っときますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小泉純也(こいずみ じゅんや 明治37年(1904年)1月24日〜昭和44年(1969年)8月10日)は、
昭和期の政治家。衆議院議員、防衛庁長官。衆議院副議長、逓信大臣を歴任した小泉又次郎の養嗣子。
小泉純一郎首相の父親。旧姓は鮫島。

明治37年(1904年)1月24日、鹿児島県加世田市万世小松原 に生まれる。昭和5年(1930年)
日本大学法学部政治学科を卒業。逓信大臣秘書、内務参与官を経て、昭和12年(1937年)
岳父である小泉又次郎の跡を継ぐ形で神奈川県から衆議院議員総選挙に立候補し、当選する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小泉首相は、選挙事務所か何か、そういうとこでも右翼団体(暴力団?)との繋がりのことを言われていたりしますね。何故か大問題にまで、発展しませんが。


>政治家に正直を求めることは八百屋
>にテレビを求めるようなもんやろな。

うん、「お前はもっと物事を疑ってかかれ。」ってね、人に言われますね。
正面から見てしまうんですよねぇ。マスコミをようやく、最近疑うようにもなったんですけど、それでもまだまだ間に受けてしまうんですけどね。

でね、今のこの話は、オイチャンも私も直感とか勘繰りが主であって、根拠に乏しいような気もしますよ。
オイチャンの話好きですけど、全部鵜呑みしようとしないのは、私の良さだなきっと。なんちて。
真相は、どうなんでしょうね。

826 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 00:32:34 ID:I3ZkAaU/
しいばさんは、どうしちゃいましたかね。
忙しいのかな。

827 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 00:38:18 ID:IXiYk38L
>Tekkoさんへ
昨日、小泉の政治手法は独断/丸投げだと書いたね。
それに関連して付け足すと、小泉内閣は今までの内閣と性質が違う。
というのは、それまでの派閥の論理を無視して、
密室・独断で人選した超タカ派内閣だということ。

そのことの良し悪しを言ってるのではなく、政治の方向を決めたのは小泉で、
あとは自動操縦(丸投げ)でも勝手に右へ右へと進んで行くと。

教育問題に小泉はほとんど口を挟んでないように見える。
改憲も、陸自の幹部が改憲案を起草していたことがバレて
やっとイメージ回復のための新組織(新憲法制定推進本部)の責任者(本部長)に就任した。
ここらも小泉にタカ派の印象が薄い原因なのかな。

あと、イラク人質の家族と面会しない、平和記念式典で被爆者代表との面会を中止する、
など世論に与える影響がプラスかマイナスかを見分ける嗅覚が一級なのだと思う。

>…この失言にゴマスリ小泉チルドレンの閣僚が過剰に反応した。町村外相、中川経産相、
>麻生総務相、小池環境相、中山文科相等々から、かなり荒っぽい発言がつづいた。
>小泉内閣の閣僚は中国とケンカをしたがっているような感じだった。…
>…小泉首相や町村外相らの言動を見聞きしていると、「単なる外交オンチ」「単なる幼児性」
>「単なる愚鈍」とは言い切れない節がある。彼らは本当に日中関係の悪化を望んでいる
>のではないか、という感じがしてくる。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01051.HTML

おれの感想も上に近いです。また書いてしまった(汗

828 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 00:44:29 ID:KSIihekv
小泉の行動は、2chで良くある贔屓の引き倒し行為。
小泉がやればやるほど靖国が窮地に立たせられる。

829 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 00:46:40 ID:3FnpcDXU
ライスは多数派工作に出てるな、女だから

830 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 01:11:27 ID:I3ZkAaU/
>>827
>昨日、小泉の政治手法は独断/丸投げだと書いたね。
>それに関連して付け足すと、小泉内閣は今までの内閣と性質が違う。
>というのは、それまでの派閥の論理を無視して、
>密室・独断で人選した超タカ派内閣だということ。
>そのことの良し悪しを言ってるのではなく、政治の方向を決めたのは小泉で、
>あとは自動操縦(丸投げ)でも勝手に右へ右へと進んで行くと。
>教育問題に小泉はほとんど口を挟んでないように見える。

ここまで大体同意します。意味が解っているつもりですが、
結局、小泉の独断の後の丸投げ部分が、右に進んでいくということで合ってますか?
教育問題も、小泉の口から愛国心という言葉も自虐的という言葉も出ていないですよね。
結局、小泉が望むと望まざるとにかかわらず、無責任な部分において、勝手に右傾化が進んでいる。

解釈が間違ってたら、指摘しといてください。

>改憲も、陸自の幹部が改憲案を起草していたことがバレて
>やっとイメージ回復のための新組織(新憲法制定推進本部)の責任者(本部長)に就任した。

このことは知りませんでした。

昨日、世間受けの話をしてましたよね。その嗅覚が小泉は優れている、ということですね。
今私が思うのは、世間も大分小泉に愛想を尽かしていると思うんだけど、
小泉には敵が不在なのだ、と思うんですね。誰も小泉をコテンパンにやりこめることができないんですよ。
小泉には、辻元や真紀子さんのような、女性の方がコテンパンにやりこめるみたい。

そのコピペの部分、
>「単なる外交オンチ」「単なる幼児性」「単なる愚鈍」
にもうなずけるし、
>彼らは本当に日中関係の悪化を望んでいるのではないか
にもうなずけるし。

831 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 01:16:20 ID:I3ZkAaU/
うーん、ちゃんと理解してレス書いたのかな私。
要するに、小泉は完璧に右派の人間だけど、
その思想をメディアでは表していない、言葉を慎んでいる、
そういうことを言いたかったんですかね?>>827さんも。オイチャンも。

832 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 01:33:07 ID:IXiYk38L
>>830
始めに方向を決めたのは小泉だから大体望んだ方に行ってると思う。
で、愛国とか自虐とかマニア受けする話は取り巻きが言ってくれる。
小泉はお茶の間の方だけを見ていればいい。みたいな感じで見てます。

>>831
そんな感じです。どう書こうか、あれこれ考えてるうちに時間だけが
経っていく。。w

833 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 01:44:42 ID:I3ZkAaU/
>>831の感じですね。なるほど。

うーん、私は表面を見て騙されてる口なのかなぁ。
今後、見極めたいものです。

遅くまでどうもでした。

834 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 01:59:06 ID:IXiYk38L
>世間も大分小泉に愛想を尽かしていると思うんだけど、

そうそう。だけど、小泉後を考えると怖いというのがホンネかも。
右も左も右翼だらけ。言ってることはソフトだけど政治は右翼な
小泉がマシに思えてくる。

でもみんな小泉政権下で日本が急速に右傾化したことを忘れてる。
小渕のときはそんな世論ほとんどなかったし、
森のときは誰もあんなの支持してなかった。

で、実際、小泉の政敵は自民内も含めあらかた失脚させられている。
右派メディアも小泉政権下で暴走をはじめた。

どう考えても暗いね〜。

>>833
小泉の肩持ってるんじゃなくて人を見る目に自信があるんだと思う。
でもTVドラマで俳優の人格まで見破れないのと同じだと思うよ。
そういうおれも、イラク開戦〜人質事件ぐらいのときから、
小泉が嫌いで嫌いで、、ちょっと偏見入ってるかも。

おやすみなさい。

835 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:04:50 ID:W3ON/vUp
反日教育の実態
http://okuman888.livedoor.biz/

「おじいちゃんは人殺し」
「人げんのくず」
「日本からきえろ」
「日本のクズをゆるしてください。死ぬまであやまります」

は〜い、よくできました!二重◎!!


こんな教育が許されるのだろうか?
しかも、この日本で。

836 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:31:45 ID:pgmf8qKS
だからさー在日は逝けよ。うぜーんだよ。

837 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:34:26 ID:6NAdEhq0 ?##
>>835
ナショナリズムの否定は占領政策や戦後教育によって完成(封印)されたものだと思います。
ただし、国民がナショナリズムというものを持たない国家は自立した国家ではありません。
そのことを国民が理解しだし、長年封印していたものが解け出したということが
あるかもしれません。
それに過度な外圧も封印を解く要因になっていることは明らかでしょう。
適度なナショナリズムは国家にとって必要なものだと思いますが、
過度な状態にならないように外圧を溜め込まずに軽く受け流す手段が必要となるでしょうね。
今の政府はその辺のところが不十分ですね。ただ相手にすべて合わせるのも問題ですね。

838 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:37:12 ID:3FnpcDXU
これまでは右翼左翼と言ってましたが
ナショナリズムとグローバリズムと言う対立軸を観点にするのもいいかと
 
21世紀なんだから

839 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:39:41 ID:JsFH7yMu
結局、「過度なナショナリズム」ってのは、相対的敵対心が生み出すもの
だろうな。おれは「過度なナショナリズム」は「にせもののナショナリズム
」に置き換えられるものだと思う。

「適度な・・・」は内的なものだろう。
しかし、NHKの解説者が今の韓国の情勢を「青春期のナショナリズムの
高揚」などと表象していた。この意見にはアホっぽさを感じる。
まるで今の日本は、それを乗り越えて成熟したとでも言うような、上から
見下げたような欺瞞に満ちているから。


840 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:46:27 ID:JsFH7yMu
839つづき

よく考えてみると、ある意味、こういう事を言うNHKの解説者こそが
「にせもののナショナリズム」を内に秘めているとも見れる。

おまえらも気をつけろよ、自分の無意識にwww


841 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:49:36 ID:3FnpcDXU
団塊の人には顔は無い
みんなNHKの写ったテレビを被って歩いてるんだ、と
 
若い世代はそれを携帯電話に代えて持っている、と
 
なんか子供のような意識だけど為政者はみんなそんなもんなんだね

842 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 02:57:02 ID:H3jtGtRL
平和の礎みたいのをつくればいいだけなのに、右翼は大変だね。
公費でつくってしまったら、そっち行かない理由はないし、
靖国にいるのは、なんだかわからない「英霊」だけなんだから、
軍民ともいるところができれば、そっちのが理屈にあうね。
政教分離も問題ないし、靖国神社みたいに、国の意向と関係なく
誰か祀られしまうこともない。
まったく合理的ですな。

843 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 05:12:32 ID:UgYxJ/p2
英霊を追悼することと、平和を希求することは別次元の話だろ?

ぜんぜん世界平和を望んでいない中国でも、
自分とこで起こした戦争で死んだ
自国の兵の追悼施設ぐらいあるだろ?

844 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 05:16:53 ID:Vs/1m+V2
毛沢東は孔子像でも壊した

845 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 05:25:26 ID:UgYxJ/p2
A級戦犯云々というよりも、

戦争のない平和な国を作りますと
英霊に誓う平和国家日本が、

勇敢によく戦った!
お前らが取れなかった、敵の領土や資源は
後に残った俺達が獲ってやったぞ(獲ってやるぞ)と
死んだ兵隊に誓う覇権国家に理解されなくて

当たり前だろう。




846 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 05:46:07 ID:JsFH7yMu
>>845

チンプなナショナリズムだなあ・・・

誰かのせいにして自己を正当化する。

中国に領土や資源を奪おうとしたら、
「中国が領土や資源を狙っている」とボヤく。

中国に領土や資源を奪われたら、
「中国に領土や資源を奪われた」とボヤく。

・・・そんな、それだけの、それゆえの、チンプなナショナリズム。


847 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:27:38 ID:U3tu2us3
>>839
ナショナリズムなんて常に敵を求めるものだよ。
例えば今の日本の対北朝鮮ナショナリズムは多分対米ナショナリズム
辺りからだな。具体的には沖縄少女輪姦事件辺りだろ。愛媛丸事件もだな。
ここいらは左翼の馬鹿が煽っていたろ。今回は右翼のアホだな。
冷戦後に解放されたものだ。流れは同じものだよ。

戦前は軍部が対米敵愾心とナショナリズムを煽って特攻隊とかも実行させたわけだ。
戦後連合赤軍がテルアビブで最初にアラブのテロリストに自爆テロを教えた。
カミカゼテロと名づけられる所以だな。血は争えないなw

極端にブレルと日本人は左右だいたい似て来る。
戦前の北一輝(新潟出身)にしろ目指したものは社会主義だ。
本質は貧乏が憎かったんだろ。貧乏山口で身分を憎んだ陸軍の山縣有朋と似ているな。
ここいらに靖国の思想も現われている。起源は長州の招魂社だろ。
その本質はアジア共栄でも愛国心でもない。
偽装された一種の平等思想だよ。だから天皇と国民とを等しく忠義で直結したがる。
形式的な君主をたてて中間支配層を排し、寡占的な支配を毛嫌いしているな。
しかしその実、忠義なる前政権の武家の思想にとらわれている。
ならば武家を残せばいいのだが、そうはしない。公家化して久しい天皇家
に庶民を武家の信義で結びつける等という紛い物をつくる。
そして無理な寡占支配をまた作り出す。なるほど現与党が靖国支援するわけだ。
中央集権は寡占支配と言うよりも独占支配に寧ろ近い。
もともと欧米では貴族と言うより国王の支配体制から官僚制の集権体制は生まれた。
貴族が望んだものは寧ろ分権支配だ。

欧州では市民等という連中が結局は貴族の猿真似をはじめて古典音楽にも被れ、
寡占支配たる身分制議会を継承する。その典型はフランス身分制議会三部会だ。
現在のフランス議会の前身だ。そして「創られた階級」たるグランゼコールの寡占支配が
始まる。そういえば北一輝が参加した辛亥革命も共和制を目指したんだったな。



848 :貧乏思想:2005/06/24(金) 06:29:03 ID:U3tu2us3
維新後の日本人は社会や会社への奉仕が好きだなww
左翼も組織へ奉仕させるのは得意だったなw
そんなに平等が好きかなーwで、行きついたものは国民総動員体制だった運動会
での戦後の徒競争順位平等か、、、なるほど精神も貧乏だなww
山縣有朋は賄賂が大好きだった。精神が貧しいとやる行為も当然貧しくなるらしい。
この男は最後まで貧乏から抜け出せなかった人間の典型だ。

革命で平等を極端に推し進めて国王を処刑し、挙句英国島を叩き出されたピューリタンに
支配されているのは運命かもしれんな。
君主制を排し共和制化したピューリタン革命は英国史では恥部らしいな。
さて、日本ではどうか?
革命はいやだけど改革ならいいや、みたいな??www

日本を窮屈にし様々政策の失敗を招いた原因はこの愚かな平等思想だよ。
靖国もこの例外ではない。早く気づけよ。もはや日本は貧乏ではあるまい?
貧乏人ほど平等が好きだ。本音は下克上だがね。
人間はその憎んだ対象に似るらしいな。
左翼と右翼は実によく似ている。そして典型的な日本人だ。
平等に異常なほど固執し実は武闘は嫌いではない。

さて日本人がこの貧乏くさい思想から抜け出すのはいつだ?

849 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:41:56 ID:yQ7i+I1O
それは中国人への自問自答か?

850 :貧乏思想:2005/06/24(金) 06:45:25 ID:U3tu2us3
貧乏人の差別への憎悪は正義感ではない。
妬みだよ。角栄の秘書早川が政治の原動力と言ったものだな。
現自民党は世襲議員が7割を占める。
また寡占支配だなw
維新後の選挙民1%未満。

さてさて、次ぎは誰が「妬む」んでありましょうか?

851 :貧乏思想:2005/06/24(金) 06:45:54 ID:U3tu2us3
>>849
君か?ww

852 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:47:51 ID:qI/eQ4qC
日本がイギリスに倣うなら、孤立も仕方あるまい

853 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:49:49 ID:NXSu9GzG
tekkoはんへ
<お前はもっと物事を疑ってかかれ。」ってね、人に言われますね。 >
 マスコミ疑わなあかん。小泉内閣の支持率が今でも50%近くおます。この事を
疑う人があっても新聞が嘘をついているということを言う人はおらん。せやけどマ
スコミが嘘吐きやいうことを簡単に確認できる。あんさんの友人で小泉内閣を支持
するかどうか尋ねてみなはれ。10人おって4or5人賛成したらマスコミが正しい。
やってみてみ。そんな事せんでもマスコミが嘘吐きや言うことが想像で分かるやろ?
マスコミが嘘をついている証拠はまだある。マスコミは国民が政治離れしとると言
うてるやろ。せやけど政治離れしとると主張しているのは当のマスコミが国民が、
小泉内閣を50%支持し取る言う矛盾。朝日も毎日もサンケイも、不思議な事にだ
いたい数字を合わせよる。しかも、非常識なほどの高い支持率に・・・。わて朝日
も毎日もサンケイもその他の新聞も口を揃えて嘘言うとると断言する。2チャンネ
ルのへんな書き込みよりまだタチが悪い。

854 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:50:32 ID:NXSu9GzG
tekkoはんへ
関係者から聞いた。小泉内閣に都合の悪い記事を書きよったら、総理の秘書に呼ば
れ、なぜこんな記事書きよったんかとひつこう問詰められるんいうとるや。わてが
この掲示板で靖国問題について書く気になったんは、今始まっている恐ろしいこと
を知ったのが原因や。なんで靖国に参拝する若もんがおるんやろってな。小泉総理
の父が右翼のボスや言うことは、ある週刊誌で知った。総理になる前でまだ話題に
なってないときやからたぶんホンマやろ。いやらし週刊誌と違うで。

855 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:51:00 ID:JsFH7yMu
>>847-848

うさんくさいなぁ〜おまえ。

島田雅彦と同じ胡散臭さを感じるよ。

自己の立ち位置がまったく見えない。
その書き込む目的すら不明瞭。
アンチテーゼだけでお送りするワンマンショー。

うさんくさ!!!!!!!!!!!



856 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:52:42 ID:qI/eQ4qC
>>851
俺は甲板でボーっとしてるだけさ、なにがあってもな
 
上海を占有してたイギリス人が中華民国から日本に影響を与え
コップを逆さまにし水を全て捨てるような求クツな考え方を流布
したんだろう

857 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 06:55:04 ID:JsFH7yMu
>>847-848

おい、おまえがもし、島田雅彦本人なら、

どうせここは、匿名掲示板だ。
本音を言え、本音を。
あほ。


858 :貧乏思想:2005/06/24(金) 06:57:49 ID:U3tu2us3
>>852
あほだな、英国国王の血筋を考えてみろ。
夫君はギリシャ皇帝の血筋、現女王はドイツのハノーバー朝からだ。

さて、日本の皇室はどうして純血主義なのか?挙句大正天皇か?
英国に比して外交をあまりしてこなかったからだ。
外交の担保として血縁を結ぶのはよくあることだ。
>>856はそん成果かもしれんな。

近代英国しか知らんのではいかんな。こんな所にも戦後の歴史軽視
の教育があらわれているな。
>>857
寂しいのか?本音を言えよ、本音をww

859 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:01:00 ID:sjA0SsMH
>>858
産業革命以前の英国なんて、ウイリアム・テルだったか?
野蛮な殺し合いの血で血をぬぐうような話だけじゃないか

860 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:04:42 ID:sjA0SsMH
ああ、でも言いたい事はなんとなくわかったよ、あんがと

861 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:05:15 ID:JsFH7yMu
>>858

気持ち悪いわ〜、コイツの文章。
読んでると脳みそが胃モタレする。

・・・これはおれの思考の限界を表してるんだろうか・・・

いやぁ気持ち悪い・・・


862 :貧乏思想:2005/06/24(金) 07:08:54 ID:U3tu2us3
>>859
そりゃスイスの伝説の英雄だろ。
やはり歴史教育が、、、、ま、いいか。
>>860
せめて間違いでもいいから内容のあること言え。
そうすれば答えるよ。
藻前内容無さ杉の感想文だからなー。
戦後の国語教育の弊害だな。

863 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:12:33 ID:JsFH7yMu
>>862

え?
おれのこと?

いやぁ・・・わからんよ、おまえの主張は・・・。
何と言うか、肉が主食の人間と話しをしているようで。
何が言いたいのかもわからん。
まじです。


864 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:14:05 ID:sjA0SsMH
ここの通信文はイギリスに監視されてるから
適当な事しか書けない
だいたい、俺は理系なのになんでこんなとこに居るのか不思議だ
技術面でも政治が絡んでるからやむを得ずだけど

865 :貧乏思想:2005/06/24(金) 07:16:46 ID:U3tu2us3
>>861
国際政治語った時に、米国支配後に「イラクには地獄が訪れた後に初めて天国が現われる」
と結論したら嫌悪感をもよおすと感想文返してきた香具師がいたよ。

気持の良い内容はあまり書かないみたいだなw

>>863
藻前の主張の内容はもっとわからない。そもそも無い様だしなw
この程度で肉食か、、ナイーブなものだなw

866 :貧乏思想:2005/06/24(金) 07:19:44 ID:U3tu2us3
英国の方が上手く伝統を残していると言うことだ。

因みに英国人はそれほど肉は食べない。パンやジャガイモだ。
貧しい国だろ?
だから日本なんかよりも遥かに貧しい食生活になるのだよ。

867 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:25:38 ID:sjA0SsMH
他の二人は元の会社の同僚かな?
 
伝統は必要だけど、ほとんどの場合は寛容、慣用、慣用ですな

868 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:40:03 ID:CwcKsMwp
A級とされてる東条が合ししてから天皇はなぜ参拝しないのか?東条は天皇に戦争責任はないといったらしいが なぜそれでも天皇は参拝しない?

869 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:42:41 ID:JsFH7yMu
>>865

なんというか、せっかくおれの無意識の中に収められていて、安定して
いたものを、ほじくり返されているような、気分の悪さだ・・・。
それをまな板に晒されているような気分。


870 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 07:58:02 ID:sjA0SsMH
おかしいな中国ってまな板じゃなくて、丸太使うんじゃないの

871 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:01:41 ID:WWg+euCj
tekkoはんへ
 平沼騏一郎について余談を書きます。彼は独ソ不可侵条約を締結した時
「(国際政治は)複雑怪奇」言う言葉を残して総理の職を辞した。へんな辞めかたで
右翼の宰相とともにわての記憶に残っておる。

872 :連投で書けんな、、:2005/06/24(金) 08:03:19 ID:0bt8oScl
日本は本来豊かな国だ。それは自然の恵みが豊かだからだ。
だから自然信仰が長続きし寛容な多神教が続いた。
つまらん平等の理念になんぞ拘泥する必要はない。
理念よりも現実や実利を重視する国民性はそういった環境から生まれたものだ。

>>867
変なコン猿の指導でも受けたのか?ww
慣用は慣習から慣習は伝統からそして伝統は歴史から生まれるのだよ。
靖国の伝統や歴史なんぞ貧弱なものだ。
維新政府が軍部を把握し安定していたのは僅か半世紀前後だ。
満州事変1931年、西南戦争1877年。
靖国の理念の貧弱さに早く気づけ。それはそのまま歴史や伝統の貧しさだ。
どこまでも貧しいのー。だから朝敵西郷にも非寛容なんだろうな。
その実は、長州の薩摩への妬みだろ。
さて山口が故郷の安倍慎太郎は鹿児島が故郷の小泉純一郎にどう対処するのか?

>>869
日本人としての自覚だなww
実は、国家よりも地方としての国に忠誠を誓いたいんだろ?

じゃあ、またね、ぼくちゃん。


873 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:05:24 ID:lx91ZWbJ
>>872
さっきP&G提供の番組で変なディズニーの絵を見せられた
他人だったら容認できないだろうね
 
いいさ、名前で全て決まってるわけじゃない

874 :連投で書けんな、、:2005/06/24(金) 08:12:24 ID:0bt8oScl
追加。

マホメットは統一の理念イスラームを浸透させるために多神教を破壊した。
イスラームの本質は平和でも従属でも共同体でもない。秩序だ。
オアシス利権で対立や抗争を繰り返してきたアラブの部族を統一する
ために神も一神教の理念に統一させた。そして7世紀に統一する。

しかしイスラム帝国は8世紀にははやくも分裂する。

今のアラビア半島はサウード家の最初の当主が24もの部族長の娘と婚姻し
統一したものだ。それが今の王族の起源。

人間、理念なんぞで纏まりはしない。

875 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:20:37 ID:ddtRUEaj
そのために、今ではクローンを多数用意してるだろうね
でもね僕はそういう女性がかわいそうでそういう人の悲しさに
潰されそうな気がする事もある、イスラムも考え直してくれないか

876 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:24:59 ID:7PVEV20H
>>868
>天皇はなぜ参拝しないのか?
政治的に利用されないためじゃないか?代参というのかな天皇の代わりが靖国には行っているはずだよ。

877 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:41:38 ID:38eWILm4
>チンプなナショナリズム

とは?

斬新なナショナリズムとのちがいとは?

878 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 09:06:31 ID:7PVEV20H
国家のために戦った戦士を顕彰し追悼して何が悪いのか、当たり前のことだろう。

戦後日教組や共産党に洗脳された馬鹿な大人が増えたが軍国主義批判や平和運動の正体は、
単なる反米闘争のための政治的な宣伝戦略にすぎない。
スパイや工作員を野放しにしてきた日本の失敗を反省して、防諜体制を再検討して強化するべきだね。

国家体制を護るために戦った者を否定しては国家を崩壊させることになる。
亡国を望まないなら、戦士を称え国を護る意義を再確認するべきだ。

879 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 09:17:01 ID:3SvwCl56
>>876
 陛下の靖国神社代参はないやろな。清水の次郎長は石松を金毘羅代参にやったけど・・。
もし靖国神社の攻撃材料に陛下の参拝ウンヌンを言うのやったらおかしいんと違うやろか?
陛下がどうの中国がどうの韓国がどうの言うのはおかしい。これは日本の国民が自分自身
に問いかけ自分達で戦争責任について語る問題やと思うんやけど。ほいやけど国民自身が
その面で情報をコントロールされてるような気がするからそれも単なる理想かなあ。

880 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 09:25:44 ID:uBcE0uCd
Newsweek - Tic Tac Tojo - May.13/1946
--------------------------------------------------------------------------------

元陸軍士官学校の換気の悪い講堂で開廷した極東国際軍事裁判はやっと四週間目に入った。
強烈な照明で汗をかきながら、当事者たちは苛立って、すぐにも憤懣をぶちまけるようなムードに
満ちている。東條はある記者に、裁判は公平でない、と次のように不満を表明した。

「証拠書類を入手できないため自分の弁護の用意が出来ない。
また弁護人との面会も一度に十分以上許されたことがない」

ウェッブ裁判長は、検事団と弁護団の双方に、網羅的過ぎる、と述べた。
「些細なことばかり審理していたら、この裁判は決して終わらない」

弁護団も怒りを表明した。弁論の準備期間が十日しかなく、交通手段や事務スタッフ、翻訳など
の便宜の提供も不十分なのだ。もう既に六人が辞任している。

東京裁判の根本的な目的は、ニュールンベルグ裁判と同じ筈だ。
即ち侵略戦争の計画や実行が国際犯罪であることを明確にすることだ。
東京裁判はそれ以上のものにはなるまい。

日本人のほうは死刑判決は避けられない、と考えている。
日本の弁護士は、証人のの扱い方や異議の裁きかたに大きな関心を示しており、大学の授業では
被告側に不利な裁定が熱心に議論された。

しかし一般の国民は相変わらず無関心だ。起訴された一握りの指導者が有罪でであることと、戦争
が無益であることを庶民は既に確信している。

でも戦争が国民全体の犯罪だ、という概念は、日本では永久に誤解されたままだろう。



881 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 09:36:48 ID:0CL5LBE2
http://okuman888.livedoor.biz/

「おじいちゃんは人殺し」
「人げんのくず」
「日本からきえろ」
「日本のクズをゆるしてください。死ぬまであやまります」

最近の学校では、回答にこう書くと100点がもらえるそうです。

882 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 10:08:54 ID:MqnekH6g
aho

883 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 10:40:31 ID:0QuOoQQW
>>872
今の平和だって幻想に過ぎんのだがな。


884 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:24:49 ID:mZUZC402
>>879
靖国へ行くことを取りやめてからは、確か陛下から靖国へ使者が行っていたはずですよ。

885 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:35:38 ID:9Bjob9n+
米大統領がアーリントン墓地の追悼式典に参加したり、
中国の主席が人民解放軍の墓地(あるのか知らんけど)に参加したり、

その国の最高責任者が自国のために戦い、死んだ兵隊を
追悼する施設に出かけることは普通にあるだろうけど、

大抵、彼らの国家に対しての忠誠心は他の模範となるものだ。
とか、彼らの戦いぶりは勇敢で、英雄と呼ぶにふさわしい。
とか賞賛するだろう。

兵士の追悼の場というものはそうしたところで、
別に世界平和を希望しているぞ、とか、
おれは平和主義者として他国からも評価されているぞ。

ということを言う所とはちがうだろう?

886 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:36:22 ID:w2DuuP6Z
↑で、中継式に魂を持って帰ると?・・・

887 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:38:04 ID:w2DuuP6Z
スマン!
↑で、中継式に魂を持って帰ると?・・・
は、>>884へのレスですた。

888 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:47:14 ID:45kBQvZt
靖国参拝問題は国内法的には、憲法の政教分離の主旨違反。
国際法的にも、サンフランシスコ講和条約の主旨違反。

経済国益的にもマイナス。

889 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:53:21 ID:v8mfAjeA
遺族・戦犯家系・政治家・神社に利権があり、
関係がないものは犠牲になっているだけ。

890 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 11:54:25 ID:45kBQvZt
靖国参拝問題は、被害者同士のぶつかり合いでもある。
国外の侵略された国民からすれば、被害者意識で参拝中止を求める。
国内の徴兵・戦死した国民からすれば、同じく被害者意識で参拝を求める。
相反する見方をする被害者同士の感情のぶつかり合い。

だから、首相が参拝するとすれば、私人として参拝するしかない。

891 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 12:07:26 ID:45kBQvZt
靖国参拝問題は、被害者同士のぶつかり合いでもある。
国外の侵略された国民からすれば、被害者意識で参拝中止を求める。
国内の徴兵・戦死した国民からすれば、同じく被害者意識で参拝を求める。
相反する立場にたつ、同じ被害者同士の感情のぶつかり合い。

相反する被害者がなぜ出たのか?

それは、日本が負けたから。
(勝っていれば少なくとも一方からの責任追及は無い。)

負ける戦争に打って出た、当時の指導者の責任は免れない。


892 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 14:42:01 ID:dQlNMtQk
>>872
安倍慎太郎?w

893 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 15:33:44 ID:H3dayfJi
>>834<そうそう。だけど、小泉後を考えると怖いというのがホンネかも。>
ほんまやな。
<右も左も右翼だらけ。言ってることはソフトだけど政治は右翼な小泉がマシに思えて
くる。 >
ほんまや。
<でもみんな小泉政権下で日本が急速に右傾化したことを忘れてる。>
わては忘れてへんでー。
<小渕のときはそんな世論ほとんどなかったし、森のときは誰もあんな
の支持してなかった。>
世論もまたマスコミの捏造と違うやろか。支持率と一緒で・・。
<で、実際、小泉の政敵は自民内も含めあらかた失脚させられている。>
ほんで総理のあとがまにええのん残ってないんかあ。

894 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 16:08:24 ID:Vu8kd24r
国内で利用されるのが調子づかせてる。支持率上げる為に外交悪化させる
是までの外交努力を無駄にするノムヒョンの政治の私物化こそ非難されるべき。

平和を望むなら「戦争しません」って「前責任者」にいわねえ方が問題。

靖国批判の野党の支持率が下がるのは当たり前。
ノムヒョンは「未来志向の友好」を約束しながら他に良い政策を出せず支持率を上げるため
「突如とした靖国批判」を展開する「変節漢」。去年はよくて今年はダメか?
わらわせんな。

895 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 16:42:46 ID:WlLjfq1N
サンフランシスコ講和条約批准国(48カ国)で、
靖国神社にA級戦犯を合祀することに
クレームをつけている国はどこですか?

896 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 16:47:39 ID:IXiYk38L
>>893
世論はどんなもんでしょう。おれのイメージでは、

(1)終戦直後から自民を支配してきた血統みたいなのが、
選挙のたびに右翼思想の候補者を擁立し今まで地下で体制を整えてきた。
それらを小泉内閣が一手に任用した。
読売・フジ産経(たぶんトップが右翼)が小泉人気に乗じて素を出した。

(2)それとは別に経団連を柱とした勢力があって、彼らはブッシュやラムズと価値観を共有し、
軍需の儲けと市場化による侵略(国の内外問わず)を狙っている。
これに連なるのが、上記に加え、民主(労組系除く)と日経。

朝日は(1)と距離を置きつつ、(2)に対しては腰砕け、軍需を除いた市場自由化
や金持ち優遇税制については積極的に支持。
毎日は、朝日と(2)の中間。9条の改正にも意欲を見せる。って感じです。

で、なおかつ飯島秘書官をはじめタカ議員が日常的に報道機関に圧力をかける。
番組構成次第では人気議員が番組出演を拒否する。
出すぎたマネをすると脱税などのガサ入れが入るから左メディアが萎縮する。

結果的に、各々の損得によりメディアが全部抑えられた格好で、
小泉人気は実際にまだあれぐらいあるんじゃないかと思ってます。

897 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 16:51:53 ID:sRlo45iB
>>896
例証を挙げないと「謀略史観オタク」の烙印押されてしまいますよ。

898 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 16:55:55 ID:IXiYk38L
ちょっと追加。

で、(1)のウヨサヨ対立は、(2)において争点がないことを隠すための
ものだと思います。要するに本質は大政治翼賛体制だと。

>>897 まぁ仕方ないかw

899 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 17:58:26 ID:XOKrPz4k
靖国参拝反対してる人は「中国・韓国との関係悪化の為に反対」してる人がほとんど。
A級戦犯や憲法違反を挙げる人はほとんど居ない事実。

中国・韓国の関係悪化で言うなら、
中曽根が参拝中止した年から11年間誰も参拝しなかったが
その間、中国・韓国の関係が良くなったか?
まったく良くならず逆に日本に対する要求が増えただけ。

これを見て判る限り、

参拝を中止しても日中・日韓関係は良くならない。

逆に参拝中止すればどんどん悪化するだけ。

900 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 19:12:03 ID:IXiYk38L
進む政界とのゆ着
>5月14日の読売新聞2面「小泉首相の一日」に、小泉純一郎首相が「13日午前11時
>58分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで、ジャーナリストの田原総一郎氏、
>御手洗富士夫キヤノン社長らと会食」とあった。
>どこの国に、「ジャーナリスト」を職業とする人間が、首相と公式に「会食」することがあろうか。
[朝鮮新報 2005.5.26]
http://210.145.168.243/sinboj/%EF%BD%8A-2005/05/0505j0526-00004.htm

でも、こういうのは日常茶飯事だろうな。捏造とまで言えなくても「癒着」は間違いない。
所詮、稼いでナンボの世界。

901 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 19:48:25 ID:IXiYk38L
失われた「失言」。
>…むしろ言葉の持つ意味や機能を限りなく無化していき、
>自身の言葉に一切責任を持たずに済むようにするという、…
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2005/01/post_7.html

小泉首相の言語態分析――ことばとスペクタクル(高橋源一郎)
>…ことばを空虚なままにしておくと、イメージによってその意味が補われるようになる。…
>…小泉純一郎は、ことばでは語らず、イメージで語るのである。…
>…チームの頭脳である飯島勲秘書は、テレビ対策だけではなく、メディアへの露出一切を
>イメージづくりに活用してきたようだ(「漫画本、スポーツ紙、婦人雑誌の取材に最優先で
>応じてきた」)。…
http://homepage3.nifty.com/mahamaha/koizumi.htm

こんなことは皆、なんとなく承知だろうけど、
それでもまだ自分に都合の良いように小泉を解釈している人が多いのでしょう。

たとえば靖国参拝では、国粋思想の人は、参拝は戦犯の行為を正当化するものだと解釈し、
良心的な人は、小泉に他意はない、彼の心の問題だと解釈する。
これでは内閣支持率が落ちるわけがない。

そもそも他人のやることをイチイチ悪意を持って見るやつは、よっぽどの性悪だけ。
どうとでもとれる中身の無い言葉をそれぞれが好意的に解釈しているのだと思う。
平和祈願に軍国神社に参るとはそういうこと。

「痛み」を伴う構造改革だって、まだリアルに感じてなくて、痛むのは公務員のサイフ
ぐらいにしか思ってない人が多いんじゃないかな。

クリントン政権下の米国では、「富の93%は上位5分の1の層に集中し、最も裕福な
上位1%が米国家計の39%を握っている」。ここからさらにブッシュのあからさまな
富裕層優遇政策が現代進行中。日本も米国化がこのまま進むと凄まじいことになる。
上位5分の1に入れる2ちゃんねらは少ないはず。

902 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 19:51:14 ID:IXiYk38L
>マンガ家は性格が悪いと言われます。良い人は、自分に悪意がないので
>他人の悪意に気がつかない。だから負けるのです。
>いくら小泉さんでもそこまでひどいことはしないだろう、
>いくら何でも日本がまた戦争をするわけがない。イラクで自衛隊は役に立っている。
>もっと良くなるなら憲法を変えてもいいのでは・・。(漫画家 石坂 啓)
http://www.kin-ikyo.or.jp/headquarter/tokusyuu/imahasenji/imahasenji.htm

903 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 20:46:33 ID:sRlo45iB
>>902
これが故・中島らも氏の言う「ご婦人の理不尽」と言うやつか・・・
呆れてものが言えん。

904 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 21:05:55 ID:TvY5cUtT
>>903
ま、最悪の事態も想定しておいて損はない。

それよか、前にいたスレのノリで
壮大なスレ違いをやってしまった。。

>>899
少なくとも敵対してなかったし、経済の邪魔にはなってなかった。
韓国とはかなり仲良くやっていた印象がある。Wカップ共催とか。

905 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 22:01:24 ID:Fl2YG51M
>>896
(1)も(2)もごく単純な図式を見てるみたいで分かりやすい。
問題は・・「結果的に、各々の損得によりメディアが全部抑えられた格好で、
小泉人気は実際にまだあれぐらいあるんじゃないかと思ってます。」
 この意味が少し分かり難い。押さえられた格好で小泉人気が50%近くあると
言う事かいな。右翼に押さえられて、あるいは権力に押さえられて人気がある言
うことやったら人気と違うけど・・・。
 質問を工夫して50%にする方法や対象を抽出することに工夫を凝らして50%
にする方法が考えられる。世論操作や支持率操作はそんなに難しないと思う。

906 :さいころちゃん:2005/06/24(金) 22:15:55 ID:FAowOalW
>逆に参拝中止すればどんどん悪化するだけ。

おろかな・・・・
参拝すれば、中韓との間は断絶する。俺はかまわないが
経済界が大打撃を受ける。

907 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 22:19:46 ID:hTb3+lEW
 
靖国に行って欲しくなければ、歪んだ元を調整せよ


908 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 22:23:48 ID:hTb3+lEW
>>907>>906が発端の解答ね
 
ちなみに

909 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 22:55:19 ID:BI+jIcia
 ついでに言うんやけど、景気指数も嘘ちやうやろか?これについては証拠はない。
友達にも尋ねてみたけど。実感や。わての親しいマスコミ関係者に尋ねたら、即座に
「そうや、景気は良うないはずや。大新聞は嘘ついとる。」て言うてた。これがホン
マやったら最近になってからのマスコミは2chよりスゴなったな。2chを笑うマ
スコミは誰や?誰ぞ反論ある?反論して欲しい。新聞読んでもアホクサなってくるさ
け。

910 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 22:58:14 ID:TvY5cUtT
>>905
マスコミが権力に押さえられてるので、何気にチャンネル回しても
世間は知らず知らずのうちに右派の影響を受けるだろうなということです。

質問を工夫してというのはあると思います。

ちょっとソースが出ないけど、産経がかなり妙な質問設定で愛国教育
が必要だって結論づけてました。政府も「親孝行が大切だと答えた層
の子は非行率が低い」とかバカなアンケートやってたし。

マスコミがやってるような電話質問だと聞き方次第な気がしてきた。

911 :トヨタ:2005/06/24(金) 23:02:22 ID:5WnhKk6J
:ジャスト 印 尾行 1747:2005/05/28(土) 00:48:18 ID:ylWbYFZn
:尾行はついてますか?8107:2005/05/25(水) 02:50:19 ID:SOGz0i+U0
名前:トヨタ王国の裏側 :2005/05/25(水) 02:30:54 ID:ywTVWTBA
会社の中の警察
「ケーサツというのは会社のケーサツですか?それとも民間の
   普通の警察ですか?」
「送るとき僕の名前はどうしましょう」
「なんでもいいですよ」
「封筒に指紋はつかないですか?」
いくらトヨタにカネがあったとしても郵便物の指紋をすべてチェックするのは
??だろう
「いや、こっちではなく、あなたのほうが調べられたりして」
もししらべるにしても僕なんかよりも 答えているうちになにか
薄ら寒い想いがしてくるのだった。
358 名前:元警察署長がトヨタには2人いる :2005/05/25(水) 02:44:43 ID:ywTVWTB
「尾行はついてなかったですか?」
「それなら、僕も注意して歩いています。ずーと見てきましたが
○○です」
「そうですか僕はクルマを、向こうの○○に置いてきたのです。
そこまで僕を運んでくれませんか?」
彼は歩いていて人目につくのを心配しているようだった。
わたしは、私が乗せてもらっているクルマのほうがまだ危ないと
思ったので
「歩いていったほうがむしろいいですよ」といい、そこの主人も
「裏口から出て行けばいいよ」と口を添えた。
彼は挨拶もそこそこに裏口から不安な表情で出て行った。
わたしは、約束どうりだいぶ間をおいてからそこをでた。
?月には2日間で3人の自殺者がでたという。
高岡工場でとりわけ自殺者が多いという。
トヨタ尾行レクサス星が丘には尾行する警察車両がたくさんいます。
尾行されたい人ぜひ

912 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 23:14:05 ID:I3ZkAaU/
>>853 オイチャン
マスコミの発表する小泉支持率、どの程度信憑性があるものか、私には掴みかねます。
マスコミを疑わないといけないことは解るけど、でもいくらなんでも、デタラメを発表する訳にもいかないだろうし。
私の身の回りは、圧倒的に「政治に無関心」が多いです。どうにもならないもの、と思って、
諦めきってるらしいです。小泉じゃ嫌だと思いつつも、どうせ他にいないんでしょ、とか、自分が関心を持ったところで何が変わる、と、そんな気持ちを持っているらしいです。

創価学会員の友人がいますが、選挙前はもう、めちゃめちゃ熱心な公明党支持者となり、電話による応援に精を出します。公明はマニフェスト達成度ナンバーワンだ、というのが誇りらしいです。そのための自民への協力なのだと、何の気持ちの揺らぎもないです。
ところが、選挙戦以外の時に話をしてみると、小泉は嫌いだと言い切ります。

宗教は恐ろしいなぁ、と思ってしまいますね。なんで公明という党は、許されるのでしょうね。

話がそれましたね、小泉支持率、信憑性は解りませんけど、マスコミはきちんと疑いたいと思います。

913 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 23:15:32 ID:I3ZkAaU/
>>854 
>関係者から聞いた。小泉内閣に都合の悪い記事を書きよったら、総理の秘書に呼ば
>れ、なぜこんな記事書きよったんかとひつこう問詰められるんいうとるや。

そんなこともあるかもしれないですね。でもま、政治的圧力って、多かれ少なかれ存在するのでしょう?
朝日と毎日にそれぞれ、毎週楽しみにしていた政治コラムがあったんですが、参院選前だったですかね、両方とも連載が終わってしまったんです。すげーショックでした。勘繰りでしかないけど、圧力がかかった可能性もあるかも。

小泉と右翼の関わりが強くて、右翼がマスコミに圧力かけることもありうるのかな。
でも、フジサンケイグループのはずなのに、小泉叩きしてるサイトも知ってますけどね。
恐らく、小泉叩きは、例えば週刊誌なんか、売れるんでしょうね。

どうも私のレスは余計な枝葉をつけてしまってすみません。

でオイチャンの、
>この掲示板で靖国問題について書く気になったんは、今始まっている恐ろしいこと
>を知ったのが原因や。なんで靖国に参拝する若もんがおるんやろってな。

それってそんなにすごいんですか?

914 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/24(金) 23:23:10 ID:I3ZkAaU/
>>871
平沼騏一郎の話、私も少し調べてみました。当時、その複雑怪奇という言葉が流行したそうですね。
A級戦犯として判決をうけ、終身刑により服役中に獄中で死亡 。
平沼赳夫前経済産業相は、平沼騏一郎の兄の曾孫で、平沼騏一郎の養子なのだとか。

戦前の右翼ってどんな存在なのか、想像がつかないです。戦後しか。

あと平沼赳夫前経済産業相に関しては、森岡発言、それに関する細田官房長官への見解を、以下のように話してますね。

>平沼前経産相:東京裁判めぐる森岡政務官の発言擁護
>自民党の平沼赳夫前経済産業相は23日、亀井派の派閥総会あいさつで、森岡
>正宏厚生労働政務官が東京裁判の正当性を疑問視する発言をしたことについ
>て「正論を述べた」と森岡氏を擁護した。一方、細田博之官房長官が記者会見
>で「発言は政府の見解とは違う」などと述べたことについて「官邸が過剰に反応し
>たのは非常に遺憾だ」と批判した。
毎日新聞 2005年6月23日 20時58分


因みに尾辻さんは

>尾辻厚労相:森岡政務官の東京裁判発言「不適切」
>尾辻秀久厚生労働相は24日、閣議後の記者会見で、同省の森岡正宏政務官(自
>民)が東京裁判の正当性を疑問視する発言をしたことについて「政治家と政務官の
>両方の立場をよく整理しておく必要がある。2、3日のうちに政務官とも話をしてみた
>いと思っている」と述べ、政務官としては不適切との考えを示した。
毎日新聞 2005年6月24日 10時33分


政治家の思想が、くっきり分かれてますね。

915 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 23:24:24 ID:TvY5cUtT
>910のソース見つけました(愛国関連のスレに結構貼ってあった)。特殊な例かもしれないけど。

学力低下心配 「愛国心」大切 小中学生保護者の7割
>…72%が教育基本法に「愛国心」を盛り込むことが大切と考えていることが十七日、
>日本PTA全国協議会(赤田英博会長)の調査で分かった。…
>
>…調査は昨年十月から十一月にかけて、全国のPTA会員六千人を対象に行われた。
>
>…教育基本法の改正で、懸案の「愛国心」を盛り込むべきかについては、「郷土と国
>を愛する心と国際社会の一員としての意識」が「大切」と答えた人が72%、
>「公共の精神の涵養(かんよう)」も半数が「非常に大切」と答えるなど、
>個人主義が過剰に強調される風潮に懸念を示す意見が多かった。…
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20050518/m20050518002.html

質問内容は、「郷土を愛する心」「国を愛する心」「国際社会の一員」が大切か?
と尋ねている。この3つを全否定する人などまずいない。
とくに最後のは愛国心と正反対の概念だし。
そもそもホントに「教育基本法の改正で、懸案の「愛国心」を盛り込むべきか」を尋ねたのかと。

調査にかかった日数からして面談方式だろうけど、
面と向かってこれを質問されて「大切でない」と答えた人が3割弱もいた方が逆に不思議。

916 ::2005/06/24(金) 23:26:52 ID:lvx3VbIR
小泉はマスコミと癒着してないとこがいい

加藤紘一みたいの最悪


917 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/24(金) 23:34:26 ID:5UQEB0zZ

ナショナリズムと、国家と国民の間の契約なんだけど、
ことさら、こうしたこうしたことを主張する人は、アメリカ人の
感覚に染まっていないだろうかと思うようになってきた。

国家には、ネーションとステーツという2形態がある。

ネーションとは、いわば、言語と生活習慣を共有する村落が、
集まって国になっというもので、日本はもちろん、ほとんどの
国がこの形態を持つ。

その一方でステーツは、言うなればアメリカを指すものとなる。
初めに国家がありきで、その方針に准じることができる人が
国民となる、移民国家のこと。

ステーツは、国家と国民の契約により成り立つものと言っても
ほぼ適切な表現になるだろう。国体こそが国家であり、そこでは
ナショナリズムが国家を維持するために重要な要素となる。

その点、ネーションとナショナリズムは縁が薄いと思える。
とりわけ、日本は、島国という大きな要素があり、世界の中でも
もっともナショナリズムが不要で、また似合わない国だと思う。

ナショナリズムの使い方を知らないと言ったほうが良いかも。

なんせ、使った途端に、全土が焼け野原になったのだから。


918 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 23:40:46 ID:JsFH7yMu
つまらねえ次元でナショナリズムの話しをするヒマがあるならさ、
おまえら、

>>847 ID:U3tu2us3

・・・こいつにレスを返せよ。
よpっぽどマシ。


919 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 23:44:15 ID:IPhDlGhg
>>912 :Tekkoはん。しいばはんが来んようになって淋しなった。
<圧倒的に「政治に無関心」が多いです>
そうやろ。政治に無関心の人が多いと言うこと、その理由だけでも支持率50%近い
言うのんが変やと思う。私の考えの方が変?
<それってそんなにすごいんですか?>
わてにとってはな。「>>834小泉政権下で日本が急速に右傾化した」言うことや。
スゴイと思うのんわてだけやろか?
 ついでに神道は他の宗教や儒教に比べて罪に対しての認識が甘いな。罪を犯す
事の重大さを説く言う個所が圧倒的に少ない。それは、人間の行き方を示すこと
があまり得意でないと言うことにつながる。そこで儒教と合体する必要があるの
やろとおぼろげながら思う。それは、かつてTekkoはんが言わはった事にも関係
があるかも知れへん。神さんにならはったらその人の罪を指摘する事がおそれ
多くなってしまう。そこに靖国参拝の霊的な問題がある。

920 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/24(金) 23:50:19 ID:5UQEB0zZ
オッチャンも、Teekoさんも、お久しぶりです。

>「>>834小泉政権下で日本が急速に右傾化した」言うことや。

ほんとうに、そうですね。なんでもかんでも、アメリカに右へならえだから、そうなっちゃう(笑)

良し悪しは別にして、日本が多民族国家の考え方に順じて どうなるって言うんでしょうね?


921 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 23:50:33 ID:lvx3VbIR
>>919
神道は人に説教などしない。
そこがいいのだ。



922 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 00:04:00 ID:I3ZkAaU/
しいばさんお久しぶりです。
ネーション?ステーツ?難しいなぁ…
でも、何となく意味解りましたよ。

戦前戦中の日本のナショナリズムも、アメリカの911テロ後のナショナリズムも、
結局、煽られた、作為的なものによるナショナリズム、っていうことのような気がします。
ナショナリズムの名を借りた、権力主義。権力者が、世論を操作し利用する。

敵対するものの存在があることから生じるんですね。


オイチャン
その支持率50%ね、回答のあった人の中の50%ではないのかな?
それとも無回答者を含めての50%?基礎知識がなくてすみません。

小泉政権下の右傾化、
結局ブッシュのイラク攻撃を支持した立場から、アメリカの姿勢を追従する形から、
それに合わせて日本も右傾化したということでもあるのかな。
そこへ、反日デモや、竹島問題でしょう?
日本人の中に、変なナショナリズムが湧いても、それは無理もないことかもしれない。
反日デモ・竹島問題は、どうもそのための策略のように思えて仕方ないんですけどね。
でも、その策略を、小泉がはかっているかどうかは私には疑問なのです。
小泉ももしかしたら神輿の部分がないだろうか?利用されていないだろうか?
これらは私の考えですね。

923 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:04:39 ID:JnAdvfMW
 あんまり詳しないけどキリスト教やったら罪の問題は聖書の中で重要なテーマや。
ほいやけど、古事記や日本書紀はいくら読んでもそんな問題はあまりテーマになってぇ
へん。それに比べて儒教は違う。人の生き方を説くところから罪の問題らしいもんを
扱いよる。神道は罪は誇りやチリを服からはたくようにはろたら聖うなると主張する。
とくに吉田神道は世界観については他の神道に比べて完成度は高い。しかし、国家の
進路を考えるにあたって無力である。そう明治政府内で結論付けられていた。そこで
しいばはんの言われたことを思い出した。神道と儒教のハイブリット!しいばはあん
やっと、あんさんの境地に到達したかも分かれへんど。最終解脱まで後少しかなあ。

924 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 00:17:16 ID:3G3ITPhw
オイチャン、神道の話ですが、
神道って神様という存在がいるだけの宗教みたいな感じで、教理ってあんまりないんでしょう?
オイチャンも前話してましたよね。形をなぞることから浸透している宗教だ、というような話を。
神道の教祖、っていないし。あ、でも神道もいろいろあるそうですね。

靖国に関わる神道は、何せ、教えも歴史もないですよね。
明治維新後、国家の精神的支柱とするためのものだから。
それなのに宗教観を持ってきて、日本人は水に流せる民族だの、死んだ人に鞭打たないだの、結局、話をすりかえようとしているだけにしか思えない。
いわゆる戦犯に罪はないものと主張している人たちの言い分は、どうにもこうにも理論が整然としていると思えないんです。
日本人だけが悪かったのか、って森岡は言うけど、だけじゃないけど日本人は悪かったんだよ、悪いことしたのは間違いないんだよ、と何故思えない。


あとね、神道ということで思ったんですけど、平将門さんみたいに、東條さんたちは、靖国神社の一祭神などではなくて、
別個にしっかりと祀らないと、化けて出るんじゃないでしょうかねー。
200何十万の一祭神じゃ、駄目なんじゃないですかね。
だから、今亡霊が暴れているのだったりして。
どうでしょ?

925 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:20:48 ID:53svTUQP
>>921 神道は人に説教などしない。そこがいいのだ。>
もっとはようおせておくれやす。
>>922その支持率50%ね、回答のあった人の中の50%ではないのかな?>
アンケートは有効回答だけを対象に調査します。荒っぽい書き方やけど、例え
ば2000人を対象に調査しますと有効回答は1200人くらいや。ほいやさ
け支持率50%にしようと思たら600人が指示する言うたらええ。小泉内閣
の支持率を50%にしよう思たら、もし実際の支持率が消費税なみの5%やっ
たら、後約536人絶対小泉総理支持するていう人で有効回答を100%でき
る人を探したらええんや。

926 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:37:55 ID:a8GjjwxE
>>924
<神道って・・、教理ってあんまりないんでしょう? >
そうやと本に書いてあったんやけど、実際は複雑怪奇?別の本には、神道は教理がない
言うのんは祭神論でもめたさけや。どの神さんが一番えらいんかって。多神教は喧嘩せ
えへんて言うのもあてになれへんかもね。そこで、国家がその問題に政治力を振るって
解決した。国家神道がそれや。ほいやさけ、教理はあると言うのんが正しい。と愛読書
に書いてある。
<形をなぞることから浸透している宗教だ>
日本人て、何を祀っているのか教理が何かは関心ない。形から入って何やら厳かなムー
ドを味わうのが好きみたいに思う。
<それなのに宗教観を持ってきて、日本人は水に流せる民族だの・・話をすりかえよう
としているだけにしか思えない。・・悪いことしたのは間違いないんだよ、と何故思え
ない。 >同感や。
<東條さんたちは、靖国神社の一祭神などではなくて、別個にしっかりと祀らないと、
化けて出るんじゃないでしょうかねー。>
あえて意味不明と言わせてください。皮肉や批判ともいろいろ意味があるように思うさ
け。

927 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:40:33 ID:xsKcLeYd
ふあ〜眠たいわぁ。しいばはんtekkoはんお休みやす。

928 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 00:45:29 ID:3G3ITPhw
<東條さんたちは、靖国神社の一祭神などではなくて、別個にしっかりと祀らないと、
化けて出るんじゃないでしょうかねー。>

えーと取りあえずこのことだけ。
絞首刑になったことの、祟り、のようなもの。
やったことの罪も重ければ、亡くなった後の霊魂の存在感も、違うのではないかと。
ナンセンスな話だったかな。私は自分でセンスあると思ってしまったんですが(笑)

オイチャンにしたら随分いっぱい書きましたね今日は。
おやすみなさいです、また今度〜。

929 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:46:01 ID:t7mFVdBB
>>924
神道は習合しているんだよ。教典などは存在しないが仏教教典を内在したものと理解すべきだよ。
神道は道教の巫女神道、鬼道、の系統から始まっている。
道教も儒教の思想も内包して発展してきている。
外来のものを取り込んでいくということが日本文化の神髄だ。

靖国はそうした思想的伝統を継承した上で成立している、教えも歴史もないという解釈は表層的な幼稚な解釈だ。

>日本人は悪かったんだよ、悪いことしたのは間違いないんだよ、と何故思えない。
馬鹿だな、日本人相手の議論と外国人が相手の場合は価値観が違うのだから単純に議論などしてはだめだよ。
悪というものや罪と罰に対する観念は天と地ほどの開きがある。
その事実を自覚しない振りをして、優しい日本人の感覚で反省の言葉を引き出そうとする狡猾な罠に掛ってはだめだ。





930 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 00:46:12 ID:iYZiXj4t
>>926
何が書いてあるのか分からないのはオレだけ?

931 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 00:49:49 ID:/ghERxKk
>>929

と言うか、神道自体が渡来人により持ち込まれたものかも知れませんね。




932 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 00:52:15 ID:3G3ITPhw
>外来のものを取り込んでいくということが日本文化の神髄だ。

そうでしょう?
それなのに、何で今だけ中国の人の思想を批難し続けるの?
日本人相手の議論と外国人が相手の場合は価値観が違うのだから単純に議論などしてはだめだ、などと言うの?

933 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 00:54:36 ID:3G3ITPhw
文化の違い、価値観の違いなんて、あって当たり前じゃないか。
それがあるのは当たり前で、その壁を乗り越えた上で、外交ってのが成り立つんじゃないか。
中国は野蛮だ、そう決め付けてかかったりしたら、どんな国とも外交なんて成り立たないんだよ。

934 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:00:35 ID:t7mFVdBB
>>931
漢字と同じで便利だから利用するが日本語という基本はある。
漢字を使っても中国語と日本語は別であるように、中国の思想を取り入れても、
日本の本来の思想系体を補完するためのものであり、中国思想になったのではない。

935 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 01:04:34 ID:/ghERxKk
>>934
>漢字と同じで便利だから利用するが日本語という基本はある。
日本語はウラルアルタイ語圏に属していて、たしか西はトルコ語
あたりまでが、同属の言語です・・・



936 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:09:37 ID:t7mFVdBB
>>932
>日本人相手の議論と外国人が相手の場合は価値観が違うのだから単純に議論などしてはだめだ、などと言うの?

本当に理解していないの?
議論する前に罪と罰 それに対する謝罪と、謝罪を認めるという意味を相互に理解して議論すべきだろう。
価値観の違いを無視して議論をするなど誤解を増幅させるための愚行だ。
修復不能な対立を作り出したいのか?

基本的価値観が異なっているということを相互に許容する知識と精神的余裕を持たないものが、
自己中心的解釈で議論し合っても、憎悪を産み出す誤解を重ねるだけだ。


937 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:12:42 ID:p0wADVUu
”靖国問題”は戦後の国家・国民が戦前の日本に60年も費やしながら
正面からきちっと向き合って、分析し、総括してこなかった後ろ向きな
(タブー視、思考停止状態)姿勢のために、中国・韓国に言われても
国民自体が戸惑い(そんなこと考えてこなかった)、意見も分裂する原因
の一因を作っていると思う。日本は加害者意識をボカシ(この時代の歴史は
きちんと学校では教えない)、中国・韓国は被害者意識を強調する・・
これではお互い歩み寄ることは非常に難しいだろう。
日本はドイツとよく比べられるが、まさに今がドイツが戦後の早い時に
経験した苦しみを味わっているのではないかと思う。
いくら、こちらに言い分があっても、近隣諸国とうまくやっていかなければ
ドイツ国家自体が困るという背景に今の日本もぶつかっていると思う。
これは日本が近隣のアジア諸国を無視して、アメリカさえ見ていれば
成り立つ時代では無くなった(中国・韓国などアジア諸国の経済発展のため)
ことを意味すると思うし、現実そうだと思う。
今まで、悩まなくてもよい・先送りしてきた問題に正面(いやだけど)から
向き合う時期に来たのかもしれない・・ 戦後の日本はドイツのような
敗戦国が故の面倒くさい・自分たちにとって不利な問題をアメリカに
くっ付いていれば考えることなく、経済発展に専念できた時代が長く
続けられてきたのだけれど、そういう時代も終わったって感じだね。

938 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 01:15:40 ID:3G3ITPhw
>>936
中国も韓国も、まずは精神論を言ってるんだと思いますよ。
そのことに対する文化・価値観の相違を私は感じない位ですね。

おまけに森岡のような思想の人間が肩で風切って歩くようになっているのでは、
こりゃまた、日本の戦後の、精神論というか、
中国や韓国とは対立こそすれ、歩み寄ることなど無理ですね。

中国韓国と睨み合っていて都合がいい人は文句言わないんですよ。
小泉靖国に参拝しろしろと言うんですよ。

あー。この国はどうなっていくんだろう〜。
修復不能なのかしら?この右傾化は。

939 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 01:17:22 ID:/ghERxKk
靖国のような、とってつけたような宗教の背後に隠れて、
何を言っても前時代的な民族主義を振り回しているだけと
受け取られてしまうのでは?

罪や罰や、謝罪など、、、そうしたものを議論するためにも、
靖国を振り払わないと、前進がないと思えるのだが。



940 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:20:02 ID:lBg4sKw4
>>936
「ごめんなさい」は「対不起」または「不好意思」っす。
よく話し合ったらいいと思うよ☆

941 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:20:24 ID:t7mFVdBB
>>933
>中国は野蛮だ、そう決め付けてかかったりしたら、どんな国とも外交なんて成り立たないんだよ。

いい加減なことを言うのはやめたまえ。少なくとも私は中国が野蛮だからという意見は一度も出したことはない。
中国が敵対した異民族や征服した王朝や帝国への苛烈な迫害の文化的伝統を持っていると述べているだけだ。
洗練された征服者の、容赦ない征服手段であり、決して野蛮などという粗雑なものではない。

迂闊に謝罪することは、隷属することを意味する危険があると自覚して、謝罪ということを議論すべきだ。

942 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 01:23:05 ID:/ghERxKk
Tekkoさん、先ほどはスペルを間違えてスマソ。

森岡発言に絡んでだけど・・・・

自民党にあれだけの頭数がいて、靖国に対して疑問を持つ議員が
一人もいないということ自体が、茶番の証明だと思わない?




943 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:29:00 ID:7AxAgv7d
戦時中、神社は鍛練の場として社会から利用されていただけ。
神社を攻撃するのは、筋違いだね。

944 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 01:29:03 ID:3G3ITPhw
>>937
> 正面からきちっと向き合って、分析し、総括してこなかった後ろ向きな
>(タブー視、思考停止状態)姿勢のために、中国・韓国に言われても
>国民自体が戸惑い(そんなこと考えてこなかった)、意見も分裂する原因
>の一因を作っていると思う。

同意です。


しいばさん、
靖国と神仏儒の読んで欲しい話があります。
ちなみにこういう話が。

>招魂社について司馬遼太郎は「神仏儒いずれにもよらず、超宗教の形式をとった」(この国のかたち)と書いている。
>靖国神社と改称したのは国家神道確立期の1879年。それに先立つ混乱期は「超宗教の国立追悼施設」だったというわけである。

「新追悼施設」考
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/hassinbako/archive/news/2005/06/20050620ddm002070030000c.html

>>942
ん?スペル?そんなの気付きませんでしたよ。何でもよござんす(笑)

靖国に対して疑問を持つ議員が一人もいないのか、どうか。
恐らく、触れることがタブーなんじゃないでしょうかね。いろんなタブーがあるように思います。
で、今そのタブーだったものがぶわーっと噴出している気がします。

今日はここらで失礼しますです。

945 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 01:30:50 ID:/ghERxKk
>>941
>中国が敵対した異民族や征服した王朝や帝国への苛烈な迫害の文化的伝統を持っていると述べているだけだ。
>洗練された征服者の、容赦ない征服手段であり、決して野蛮などという粗雑なものではない。

その中国ですが、あちら側から見れば、元と清と日本に隷属を強いられたと思っている。
そう思われても仕方ない部分があるのではないでしょうか?


946 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:33:16 ID:7AxAgv7d
負の歴史があるからといって、いちいち文化財を
破壊していたら、日本から歴史も文化も
何も無くなる。


947 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:34:08 ID:t7mFVdBB
>>940
素直に謝るのはいいことだが、日本人はこれを乱発する傾向があるので要注意。
ふつうの場合は語調を下げてDui bu qi. で十分です。

肝心なのは誤解のないようにちゃんとわからない気持ちを相手に伝えること。
不 憧 。 不 明白。

948 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 01:36:10 ID:/ghERxKk
Tekkoさん、

そうなんですよ。招魂社が最初から靖国ではなかったのですよね。

この辺は、調べてみたら面白いと思っているところです。サンクツです。

こちらも、落ちます。では、おやすみなさい・・・


949 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 01:38:09 ID:3G3ITPhw
休む前に、スレ立てときました。

靖国の背景を考える★22
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1119631032/

950 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/25(土) 01:40:03 ID:3G3ITPhw
はい、おやすみなさい。

昨日の人も、どうもでした。
また良かったら話しましょう。

951 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:42:35 ID:lBg4sKw4
>>950
一言もらえて一安心。どうもです。おやすみなさい。

952 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:47:51 ID:t7mFVdBB
>>945
>あちら側から見れば、元と清と日本に隷属を強いられたと思っている。
>そう思われても仕方ない部分があるのではないでしょうか?

その解釈は中国人のものですか?
私には中国人が日本を元や清と同列にあつかうことは絶対にないと理解していますが、
いったい何処から仕入れた解釈なのでしょうか?
日本人同士の議論ならわかりますが、中国の見方とは別の視点で見ていると思いますよ。

本気で元や清と同列に議論できたらどれほど楽かわかりません。
猿以下の野蛮人に屈辱を受けたと見ているのではないですか?
彼らの政府がだらしなかった事実は無視した自分勝手な議論です。




953 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 01:55:12 ID:WbE0C5jL
>>929
じゃなぜ明治初頭に神仏の分離なんぞ始めたんだ?
習合とは矛盾するな。
もともと日本の寺社は同じ場所にあったはずだ。
それが習合の具体的な現われだ。

ところが、維新以来いまだに寺院と神社はわかれたままだな。
>>944
司馬の理屈はあと付けの屁理屈だな。
この小説家はやたらに明治政府への憧憬が強いからな。
だから歴史家になり切れない。そもそも宗教なんて用語は
明治以降の翻訳語だ。さて当時そんな観念があったかどうか?
すくなくとも定着はしていまいな。典型的なあと付けの価値判断。

1879年は、素直に西南戦争(1877年)-近衛兵反乱(1878年)直後と理解すべきだろうな。
竹橋騒動は皇居焼き討ちする計画の近衛兵のクーデターだったらしいからな。
なるほど忠魂碑が必要になるわけだな。明治天皇もさぞかしキンタマ冷やしたろ。

954 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 02:23:48 ID:HKNqsOOh
>>953

おまい、この国のかたち(四)を読んでいないだろ?

955 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 02:26:17 ID:WbE0C5jL
>>954
じゃ感想聞かせ栗。

956 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 03:30:56 ID:/ghERxKk
>>952
@>本気で元や清と同列に議論できたらどれほど楽かわかりません。
中華から見れば、みな夷敵という意味で同じだと思うのですが。
たとえば、辮髪は満州族の慣習を強制されたものであったり、
それは それなりに、酷いことだと思います。

A>猿以下の野蛮人に屈辱を受けたと見ているのではないですか?
遣隋使や遣唐使の時代もあり、日宋・日明貿易があり、清代には
鄭成功が支援を求めてきたりとか、日本は儒教の落第生とは言え、
それなりの付き合いがあったはず。サル以下というのは、とても極端な、
あなた個人の見方ではないでしょうか?

B>彼らの政府がだらしなかった事実は無視した自分勝手な議論です。
これも、よく出てくる主張ですが、どの国でも、体制の大きな変わり目では
国力が低下するのでは?

私個人としては、Aの発言に興味を覚えます。


957 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 04:14:55 ID:KKLtT+Ma
東京で靖国キチガイ洗脳した結果、広島と長崎に原爆が落ちました。

958 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 04:26:42 ID:/HSthfb+ ?##
>>957
アメリカ大統領を東京で洗脳していた事実があるんだね。
初めて知ったよ。

959 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 04:31:50 ID:Lsx4TkaE
おい、おまえら、

ID:U3tu2us3 >>847〜のレスを読み直せよ。

先に進まない押し問答はもうたくさんだ。
おれはコイツのレスを読んで、ちょっとトラウマになってる。



960 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 04:50:22 ID:aCzCW4Bb
司馬のこの国のかたちは小説じゃなく、随筆。

招魂社については、大村がつくったとき(明治2年)、無宗教の施設で、
相撲興行や花火を打ち上げて慰霊したとか、書かれてあった。

それが、後(明治十何年か忘れた)に靖国神社という神道の施設になった。

とかいてあるだけだろ。

961 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 04:54:01 ID:aCzCW4Bb
たかだか、2〜3ページの随筆だったかな。
目次で、招魂かなんかで調べて
1〜2分で読めるぞ。
感想なんて人に聞かなくても、自分で嫁。

962 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 05:21:12 ID:YkG5lh8L
>>953
調べてやったぞ。

この国のかたち(四)文芸春秋 80 招魂 65〜71頁

いっぱしの司馬論を口にする前に、これくらい読んどけ。

君は はしれメロス を読んだだけで、一人前に太宰を論じるタイプだろ?



963 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 05:56:19 ID:4LwP/VFU
小泉は右翼じゃなくて稲川会じゃん?横須賀の親分が今では日本の親分だから立派なもん。
電通がちゃんと振り付けを仕込んでテレビ仕様になってるよん。
飯島マネもいろいろ苦心してるよん。
靖国もネタね。だって小泉最近受けるネタないじゃん。
靖国ネタで8月まで引っ張るけど、次のネタは何だろね。
おばさんのアイドルの純ちゃんだから、そろそろ下ネタ一発行くとか?


964 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 06:57:17 ID:DGXUF/Zo
首相の靖国参拝を国民投票で決めるというのはいかがでしょうか?

965 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 07:05:00 ID:dI+bLMVw
忘れたころにやってくる
靖国、教科書、自衛隊
いい加減に、はっきりさせろ!
糞政治家ども!


966 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 07:10:29 ID:O1rZ9Lef
もしそれ(小泉は稲川会)がほんまやったら、バブルを起こし育てるんに協力したんやさけ、日本がバ
ブル政策を選択した経緯を良う知っとるはずや。竹下が右翼に誉め殺しされとった時仲裁にはいったん
がそれや。金丸、山本、磯田・・・。大もんが動いたらマスコミは黙りよる。マスコミは「これから日
本がバブル政策をとりますよ」て、よう言わなんだんは、そうやったんや。マスコミは2chの変な書き
込みより低俗やな。

967 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 07:18:24 ID:Im7R3kgH
地方から見るとね、戦前も東京の国民をキチガイ靖国洗脳して勝手に戦争始めて
そしてそのツケがなぜか東京じゃなく広島と長崎に原爆投下されるかたちなんだよな

968 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 09:26:17 ID:t7mFVdBB
>>956
>@>本気で元や清と同列に議論できたらどれほど楽かわかりません。
>中華から見れば、みな夷敵という意味で同じだと思うのですが。

それは日本人の勝手な願望でしょう、中国人に聞いてみたのですか?
全然別なものとおもいますよ。

家族内の喧嘩と見知らぬ他人からの攻撃以上に受ける感情が今の中国人は違うと思いますよ。

969 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 09:29:04 ID:t7mFVdBB
>>956
>鄭成功が支援を求めてきたりとか、日本は儒教の落第生とは言え、
>それなりの付き合いがあったはず。
http://rousseau.jp/fom-kawachi-teiseikohbyo.html
日中混血の英雄・鄭成功は台湾の国神として敬われた。

台湾でさえ化外の地と考えていた中国人の基本的な考え方とは全く別のものだ。
台湾とその近郊限定のもので、39で早死に下から神格化されているだけだ。
個人に対する尊敬であり、日本人というものに対する評価などではない。

970 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 10:42:53 ID:/ghERxKk
>>968
>>@>本気で元や清と同列に議論できたらどれほど楽かわかりません。
>>中華から見れば、みな夷敵という意味で同じだと思うのですが。
>それは日本人の勝手な願望でしょう、中国人に聞いてみたのですか?
>全然別なものとおもいますよ。

万里長城は決して飾りで作ったものではないと思いますが?


971 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 10:45:22 ID:+SnQHXzV
>>935
ほんっとに下らないレス。
そんなとこ突いてどうしたいの?
話はぐらかしたいの?相手のミスはどんなに小さくても指摘したいの?

>>934は言語の体系について語りたいわけじゃなかろ?
言語の体系なんて、>>934の書き込みの大筋からすると、どうでもいいよね?
最後にやんわり訂正するとかなら分かるけど、その点指摘してレス終わり?

あんまりだろ・・・。

972 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 10:48:21 ID:/ghERxKk
>969

>日中混血の英雄・鄭成功は台湾の国神として敬われた。
>台湾でさえ化外の地と考えていた中国人の基本的な考え方とは全く別のものだ。

鄭成功のはなしをしても、あまり意味が無いとは思いますが・・・
彼はたしか、福建生まれの人で、漢民族による明朝の復権を目指して
清朝と戦った人です。いわゆる、いまの台湾人の本流(?)である、
省内人のさきがけとなった人ですね。

それと、同じく復明を目指した、朱なんとかという人は日本に
亡命して、水戸光圀の師となり、水戸学の大本を作りました。
そこから尊皇攘夷のエネルギーが生まれ、戊辰の役にいたります。


973 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 10:49:21 ID:/ghERxKk
>>971

事実は事実です。

974 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 10:55:58 ID:+SnQHXzV
>>973
一言も、あなたの事実認識がおかしいなんて言ってません。

もう一度>>971を良く読んでみてください。

975 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/25(土) 11:02:39 ID:/ghERxKk
>>974

文化に民族固有のものなど、ほとんどなく、また言語も例外ではなく、
それは人々の交流の中で生まれてくると言いたいのです。

日本の文化を大切にすることと、そのオリジナリティを主張することは
まったく別のことだと思います。



976 :さいころちゃん:2005/06/25(土) 11:22:07 ID:8LerBk51
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/shnagase/

神道は教義がないとか、説教しないとか言うけど

  お も い っ き り 説 教 し と る が な !!

977 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 11:56:30 ID:iYZiXj4t
>>976
本屋に行って「世界宗教辞典」ってタイトルの本を見つけてお読みなさい。

自分の勘違いを人のせいにしてはいけないよ。

978 : :2005/06/25(土) 12:04:48 ID:/LSs2/QJ
靖国神社が「アジア中の怒りの的」
米国最大の全国紙が見開き特集
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1232291/detail

 【ワシントン支局】米国最大の発行部数(二百三十万部)を擁する米唯一の全国紙
USAトゥデー二十三日付は、第八、九面の見開き特集で、「東京の神社がアジア中の
怒りの的」と題する記事を大きく掲載し、小泉首相の靖国参拝が日本に占領、じゅうりん
された諸国を怒らせ、日本外交の最大の問題になっていると指摘しました。
 東京発のポール・ワイズマン記者によるこの記事は、靖国神社の実態を紹介したなかで
、過去の戦争を正しい戦争だったとする「靖国史観」に言及しています。靖国神社がその
ウェブサイトで、真珠湾攻撃や中国、東南アジアへの侵略を「国の独立と平和を維持し、
全アジアを繁栄させるために、避け得なかった戦争」と説明していることを紹介。「靖国神社
は、悪びれることなく、十四人の戦犯を『連合軍のでっちあげ裁判で戦犯の汚名をきせられ
』た殉難者だと描いている」と伝えました。
 同記事は、靖国神社が「アジアの最大の紛争地の一つ」だと切り出し、「過去の記憶が問
題を起こしている」「数十年前に帝国日本軍に占領され、じゅうりんされた中国、韓国その他
のアジア諸国は、小泉首相の挑戦的な靖国参拝が血塗られた過去へ反省を示すことを日
本が拒否していることの象徴であるとみている」と指摘しました。またA級戦犯をひそかに合祀
(ごうし)したことが、戦中の日本の残虐行為をもみ消そうとする教科書とあいまって、「アジア
中の神経を逆なでしている」と指摘しました。
 記事はその一例として韓国の中央日報の報道を紹介。先の日韓首脳会談で盧武鉉韓
国大統領が「あなたが靖国神社への参拝をどう説明しようとも、私と韓国国民は日本の過
去を正当化するものと受けとめる」と、小泉首相を叱責(しっせき)したと伝えています。
 USAトゥデー紙は、アメリカだけでなくアジアからヨーロッパまで百カ国に読者を持っています。

979 :さいころちゃん:2005/06/25(土) 12:21:49 ID:8LerBk51
>977

意味不明

980 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 12:33:35 ID:7VWHhons
我が家は神道なんだけど、葬式なんか楽で良いよ。戒名いらない、つまり戒名のために
お金払う必要ない。塔婆もいらない。仏壇もいらない。
神棚なんてスペースいらないし、安いもんだ。
数年前、父が死んだとき実感した。
(参列者の多くが榊をくるくる回すのを間違えていたけど、神道で葬式する人って
少ないんでしょうね)
我が家のご先祖様、神道にしてくれてありがとうw

981 :さいころちゃん:2005/06/25(土) 12:38:30 ID:8LerBk51
>980

で墓はやっぱ前方後円墳かなにかなの?

982 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 12:57:01 ID:7VWHhons
墓は仏式の墓と同じ。塔婆がないだけ。
近くにバテレンの墓もあるけど、塔婆以外は仏式の墓と区別がつかない。

ところで神道には聖書やお経に相当するものがない。
以前、知人に神道って宗教なの?って聞かれたけど、一般に信仰する宗教としては
認知度低いんですね。

983 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 13:15:41 ID:bLCJtfoC
相手国の立場言い分ばかり主張して日本の総理大臣や
外交の足を引っ張ってばかりする議員やマスコミというのは
いったいなんなんだ。理解に苦しむね

984 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 13:20:20 ID:7VWHhons
それで部数出したり票を集めてんだからしょうがない。
そんなヤツに投票しなければそんな議員はいなくなるし、誰も買わなきゃそんなマスコミは
つぶれる。
迎合する国民が大勢いるから、マスコミも議員も存在するんだよ。

985 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 13:38:36 ID:T3jF9kmg
>>977 >>966
 そう、そこが複雑怪奇なんや。教義があるんか、はたまた、ないのんか。
まるっきりないんやったら分祀でけへんて言わへん。それは教義から言うてる
んやさけな。
 前にも書いたんやけど、キリスト教に刺激を受けて教義を作ろうとしたんや
けど、祭神問題で統一したもんがでけなんだ。どの神さんがいっち番偉いんか
言う問題や。えらいもめたらし。収拾がつかなんだんやけど、国家権力で一番
偉い神さんを決めた。国家神道の始まりや。その時から国家神道の教義はでき
てるはず。せやけど、今更現人神宣言したもんやさけ、教義はこれやて発表し
にくいん違うやろか。最後のあたりの主張は自信ないけどな。
 多神教でもどちらが偉い神さんか揉めるくらいやさけ仲ええとはあんまり言
えへんと思う。まあ殺し合いはせえへんけどな。

986 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 13:59:58 ID:+SnQHXzV
>>975
始めっからそういうレスにすれば良かったじゃん。
ひねてんだか、偉そうなんだか。

987 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 14:20:37 ID:5qgO1npY
>>985
<せやけど、今更現人神宣言したもんやさけ、教義はこれやて発表し
にくいん違うやろか。>
 これは丸っきりのピントはずれでおます。間違いです。
ええかげんなことを書きましたことお詫びします。もっと勉強して、
信頼できる文献が出てきましたらお知らせ致します。
いろいろ言われるやろな。気が重いなあ。ボロカスに言われるやろなあ。
ゴメン。ひやあやまり。うなされるやろなあ。


988 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 14:29:56 ID:AspLHrPt
これ○○省推薦してほしいな〜(ノ_・。)

http://ime.st/ime.st/gazo05.chbox.jp/flash/src/1117343899243.swf

989 :カーマスートラ:2005/06/25(土) 16:36:06 ID:inKiEaxh
>>982
塔婆梵語でストゥ−パ、卒塔婆だな。仏舎利の入れ物仏塔が礼拝の
対象になった。その入れ物はそのままインドの古い墓の形だよ。
土台に盛土があり柱状の石或いは積み石で縦に高くする。
それはバラモン教、ヒンドゥー教あたりの御神体とも同じ形だ。
つまりヨニとリンガの合体。これはつまりエッチだなww
死からまた生命が宿るという輪廻の思想に近いものだろうな。
墓場でセックスするのは間違いどころか供養かもしれないw

死体が養土となり新しい生命の土台になるという自然の循環としてとらえていた
のではないかな。日本にも性器信仰は残っているね。五穀豊穣、家族繁栄のためだな。

神仏はインドで既に習合していたのさ。
何千年も経ってから日本で分けても無理と言うものだ。

ストゥ−パの意味は高く、或いは顕現すると言う意味。
勃起??www

>>874
アブドラ・アジズ初代国王は実に良くアラブを理解していたな。
潔癖すぎた大正天皇とは対象的だ。
挙句後世に皇室典範改正等というテーマを残してしまうことになる。
当然政争の具にされるだろう。
女腹の唯一の皇太子妃を追い詰めた理由もこの辺りだ。>>875

さぁ、みなさん、少子化対策を含めて民族繁栄のためにセク−スしましょうww


472 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)